Menu
Close
DX suiteの資料サムネイル

\ 会員登録なしでOK!詳しい情報が載った資料をプレゼント! /

  • DX suiteがよくわかる!約40ページとボリュームある詳細資料
  • DX suiteの主要な機能2つが図解付きでよくわかる!
  • セキュリティ・サポート体制・料金プランまで記載された資料

この製品の資料をダウンロードする

製品の紹介

DX suite

AI inside 株式会社

AI inside 株式会社のDX Suiteは、これまで手入力で行っていた帳票のデジタル化を効率的に実現し、企業の課題解決に貢献するAI-OCRサービスです。あらゆる書類を高精度でデジタルデータ化できます。読み取りは日本語、英語に加え多数の言語をカバーします。コマかな設定作業は不要で、種類の違う帳票をまとめて読取りできるので、大幅な時間削減につながります。まとめてアップロードした書類の自動仕分け機能と連携することで、数百種類の帳票を瞬時に仕分けることが可能です。

最終更新日: 2024/03/19
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • アンケート調査票をExcelに入力することで生じる時間浪費と作業負担を改善したい
    • 高い読み取り精度、導入後も深層学習による精度向上が期待できたのが導入の決め手
    • 業務削減により、従業員のライフスタイルの向上や新規事業・製品の開発が可能に

    製品を導入することになった背景

    一般財団法人労務行政研究所では、人事・人材マネジメント領域での最先端情報を提供しており、働き方改革と生産性向上に積極的に取り組んでいます。その一環として、業務効率化を目指し、AI OCR製品「DX Suite」の導入を決定しました。この決断は、膨大なデータ入力作業の負担を軽減し、より効率的な業務プロセスを実現するためのものでした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    当所は、全国の主要企業を対象にアンケート調査を行い、その結果を基に人事関連の情報を提供しています。しかし、アンケートの回答は手書きであり、そのデータをデジタル化するためには、社員が手作業でExcelに入力する必要がありました。この作業は非常に時間がかかり、多くのリソースを消費していました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入を決定した背景には、その高い読み取り精度と、導入後もAIによる深層学習を通じて精度が向上する可能性が評価されました。また、他社製品と比較しても、DX Suiteは業務に耐えうる読み取り精度を持っていたため、業務効率化を実現するための最適なツールと判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、アンケート調査票のデータ入力作業が大幅に効率化されました。読み取り精度は非常に高く、手書き数字の読み取りも問題なく行えるレベルにあります。これにより、以前は数千時間を要していた作業が大幅に削減され、生産性の向上とともに、新たな時間の使い方を模索する余地が生まれました。
  • この導入事例のポイント
    • デジタル化において、手書き書類やFAX帳票が多く、効率的なデータ取り込みが課題
    • 他社製品よりも迅速な対応と機能改善が行われ、サポートが素早かったのが導入の決め手
    • BPO業務のデータ処理が効率化され、業務品質が向上。新たなビジネス展開の可能性に

    製品を導入することになった背景

    株式会社エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ西日本は、NTT西日本グループのシェアードサービス業務で培ったノウハウを活用し、一般市場のアウトソーシングビジネスに精力的に取り組んでいました。この企業は、RPA「WinActor」の導入を牽引してきたチームが、ナンバーワンのAI OCRプロダクトとして「DX Suite」を選定しました。その背景には、AIやRPAを最大限活用し、既成概念にとらわれず、既存業務を見直し、抜本的な業務改革を進める姿勢がありました。この革新的な取り組みは、「BPO×RPA×AI+"X"」の方程式を実現するための重要なステップであり、先進的なビジョンを持つBPOスペシャリストたちの挑戦でした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    NTTビジネスアソシエ西日本は、NTT西日本グループの人事・給与、福利厚生、経理、内部監査やコンプライアンスなどの間接業務を一手に担っていました。また、グループ外部の一般市場でBPO事業を立ち上げ、30社以上のクライアントから人事給与業務、経理業務を受託していました。しかし、デジタルトランスフォーメーションの推進やRPA導入に際して、「デジタルデータ化される前にこそ、より大きな問題がある」という課題がありました。特に、紙への手書きによる入力がデータ管理のエンドポイントでの主流の作業形態となっており、このアナログな業務工程をデジタル化する必要がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    NTTビジネスアソシエ西日本は、膨大なアナログ領域での業務工程をデジタル化することを目指しました。この目的のために、AI OCR製品の比較検討を行い、AI insideのDX Suiteを選定しました。DX Suiteの選定理由は、担当者の応対の品質と製品の使いやすさでした。DX Suiteのユーザーインターフェイスの使いやすさと、読取精度の高さが評価されました。また、DX SuiteとRPAの連携により、新たに大きな付加価値を生み出すことができると考え、導入に至りました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、NTTビジネスアソシエ西日本は、手書きの書類やファックス帳票を効率的にデジタルデータ化し、WinActorでシステムへ自動投入する連携を行いました。これにより、業務品質の向上と業務効率化を同時に実現しました。特に、社員の入社時の各種申請や、全国の取引先からの注文書の処理が効率化されました。DX Suiteのクラウドベースの利点と、納入価格の抑制、納期の短縮により、顧客からの評価も高く、ICT関連のセミナーでは「このような製品を待っていた」との声を多数得ています。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客企業からの受注処理が異なるフォーマットで、データ入力に時間がかかりやすかった
    • AI-OCR製品として機能に偏りがなく、異なるフォーマットの受注票を処理に対応
    • 受注票の入力作業時間が半減、業務効率向上で、現場に前向きなDXの空気が広がった

    製品を導入することになった背景

    株式会社アイケイでは、商品の企画、製造、販売、物流を一手に担い、雑貨、食品、化粧品を販売しています。通販会社や小売店からの異なるフォーマットの受注票を受け、これらを手動で基幹システムに入力していました。業務効率化のため、AIやRPAのツールを検討し、DX Suiteの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    受注票の多様なフォーマットと受信方法により、入力作業が複雑で時間を要していました。手入力によるデータ入力は、平均して週に数千枚の受注票を処理し、約3分の1がファックスでの取引でした。この手間のかかるプロセスにより、業務効率が著しく低下していました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入を決めた理由は、そのAI組み込みOCR機能に魅力を感じたからです。市販のファックスOCRソフトの精度不足と他社AI-OCR製品の機能偏りを経験した後、DX Suiteが提供する完成度の高いプラットフォームと使いやすさが決定打となりました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suite導入により、入力処理時間が半分に短縮され、業務効率が大幅に向上しました。さらに、チーム全体の業務改善意識が高まり、ITツールを活用する意欲が前向きに高まりました。DX Suiteの導入は、業務効率化のみならず、デジタルトランスフォーメーションへの意識変革にも貢献しました。
  • この導入事例のポイント
    • 選考業務における筆記試験採点や面談コメント入力などの作業と時間浪費を改善したい
    • マニュアル不要の直感的な操作性。現場主導で導入できる柔軟性が導入の決め手に
    • 筆記試験の採点時間が15分から30分に短縮。全体の効率向上と残業時間削減が実現

    製品を導入することになった背景

    株式会社パソナグループは、社会の問題点を解決し、心豊かな人生設計を描ける社会を築くことを目指しています。新たな社会インフラを創造し、総合人材サービスを提供している同社は、採用活動の効率化を目的にDX Suiteを導入しました。AIやITを駆使した働き方改革に対する強い意志のもと、業務プロセスの最適化を図り、クリエイティブな仕事への注力を可能にしました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    パソナグループは、新卒採用において筆記試験の採点や面談コメントの入力など、多くの時間を要する業務に直面していました。これらの作業は人手で行われており、採用プロセスの主要業務である学生への魅力発信に割ける時間を削減していました。その結果、より効率的な作業方法と時間の削減が急務とされていました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入を決定した主な理由は、そのユーザーインターフェースの使いやすさと、ITの知識がなくても現場主導で設定可能な点でした。パソナグループでは、セキュリティを確保しつつ、現場で迅速に業務を進めることができるよう、DX Suiteを活用することにしました。これにより、採用活動の効率化だけでなく、新たな働き方への意識変革も図ることができました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、パソナグループは筆記試験の採点時間を大幅に短縮し、面談コメントの入力作業を効率化することができました。これにより、残業時間の削減と、クリエイティブな業務への注力が可能になりました。また、筆記試験でAIを活用することを学生に伝えることで、企業への好印象を与えるなど、採用活動におけるポジティブな変化も見られました。
  • この導入事例のポイント
    • スポーツイベントでの学生データ収集が手作業での集計作業に時間と労力がかかっていた
    • 使いやすいUIや実際の現場での導入サポート、将来的な拡張性があるのが決め手
    • 業務効率化が確認され、手動での集計にかかっていた時間や労力が大幅に削減

    製品を導入することになった背景

    株式会社スポーツフィールドは、体育会系人材に特化した就職・転職支援を行っており、年間100回以上の採用イベントを開催しています。これらのイベントで、参加学生の情報やアンケートを集計する業務が非常に重く、時間とコストの削減を目指していました。最初はアルバイトを雇うことで対応しようとしましたが、根本的な解決には至らず、業務の効率化を図るためにOCR技術の導入を検討し始めました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社スポーツフィールドは、体育会系の学生と企業のマッチングを主なミッションとしており、採用イベントの企画・運営や研修の実施などを行っています。イベント後のアンケート集計作業には膨大な時間がかかり、2,000名を超える参加学生のデータを処理する際には、集計と入力作業の時間短縮が急務でした。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策として、AI insideのAI-OCR「DX Suite」の導入を決定しました。この製品を選んだ理由は、レスポンスの速さ、サービスの提供スピード、ユーザーインターフェースの使いやすさ、そして社内システムとの連携のしやすさでした。DX Suiteの導入により、業務の大幅な効率化とデータ処理のスピードアップを目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社スポーツフィールドは集計業務の大幅な時間短縮を実現しました。AI-OCR導入前は11名が3日間かかっていた作業が、導入後は4名で2日間で完了するようになり、大きなコスト削減効果を感じています。また、データの正確性が向上し、営業活動におけるデータの活用が進みました。社員の意識も変わり、データを見ることが主な仕事になり、よりロジカルな提案が可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 不動産業界特有の紙文化をがデジタル化し、手作業などの業務効率を改善したい
    • 高精度なAI-OCR、製品のアップデートが迅速で、開発・サポート体制が決め手
    • 従業員は定型業務から解放され、より価値のある業務に注力できるようになった

    製品を導入することになった背景

    三菱地所株式会社は、不動産の開発から運営管理までを行う総合不動産デベロッパーとして、長年にわたり業界をけん引してきました。この度、業務効率化と働き方改革を目指し、AI-OCR「DX Suite」の導入を決定しました。導入の背景には、定型業務からの解放と社員のパフォーマンス向上を図るというミッションがあります。不動産業界特有の紙文化が根強く残る中、大量の紙文書をデジタル化し、業務効率化を図る必要があったため、高精度なOCR技術を持つ「DX Suite」が選ばれました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三菱地所株式会社では、不動産業界の特性上、申込書や契約書などの紙文書が大量に存在し、これらを効率的に処理することが大きな課題でした。紙ベースの文書管理は、時間とコストの両面で大きな負担となっており、業務のデジタル化が急務とされていました。また、社員が定型業務に多くの時間を割かれることで、新しい価値創造やサービス向上に向けた活動が制限されている状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    三菱地所株式会社が抱える課題に対し、DX推進部とメック情報開発株式会社が中心となり、業務効率化を目指して「DX Suite」の導入を推進しました。初めにRPAの導入を検討したものの、その効果を最大化するためには高性能なOCRとの連携が必要であるとの結論に至りました。紙文書のデジタル化とRPAとの組み合わせにより、業務プロセスの効率化を図ることが解決策として提案されました。「DX Suite」はその高い読取り精度とシステムの柔軟性が評価され、導入が決定されました。

    製品の導入により改善した業務

    「DX Suite」の導入により、三菱地所株式会社では紙文書のデジタル化が進み、業務効率が大幅に向上しました。特に、申込書や契約書などのデータ入力作業において、AI-OCRを活用することで、手作業による時間とコストの削減が実現しました。また、デジタルデータの活用により、データベース化された情報を基にした新たなサービス開発や顧客サービスの向上が可能になりました。導入後は、社内でAI-OCRを前提とした業務プロセスの見直しが進み、社員がより創造的な業務に注力できる環境が整いました。
  • この導入事例のポイント
    • 紙をデータに置き換えることで、RPAとの連携や新たな業務プロセスの構築を行いたい
    • DX Suiteの導入の決め手は高いOCR読み取り精度に優れ、正確性も優れていた
    • 従来の2名で行っていた作業が1名分をカバーし、全体として50-60%の効率向上

    製品を導入することになった背景

    株式会社ジェーシービーは、デジタルトランスフォーメーションを全社で推進する中核として、DX Suiteの導入を決定しました。この決定に至った背景には、全世界で進むキャッシュレス化の波に対応し、組織全体の効率化や最適化を図る必要があったことが挙げられます。特に、紙媒体の情報をデジタル化するという課題があり、これを解決するためには、高い正確性と即時性を実現できる技術が求められていました。DX Suiteは、その期待に応える製品として選ばれたのです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、株式会社ジェーシービーは、紙・郵便・電話を主要な顧客との接点としており、これらの手段では顧客のニーズに迅速に対応することが難しい状況にありました。特に、膨大な紙媒体の情報を効率的にデジタル化する必要性が高まっていました。また、キャッシュレス化の流れが加速する中で、多様な決済サービスを提供するためには、デジタル化をさらに進める必要があったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社ジェーシービーは、導入前の課題を解決するために、DX Suiteを選択しました。この製品は、高い正確性を誇るOCR技術を用いて紙媒体の情報をデジタル化することが可能であり、RPAとの連携により業務の自動化と効率化を図ることができます。特に、商品交換申込書のデータ化を始めとする具体的な業務において、DX Suiteの導入が大きな効果を発揮することが期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社ジェーシービーは業務効率化を大幅に実現しました。具体的には、従来2名で行っていたキーパンチャーの業務のうち1名分をAI-OCRで代替し、全体として50%~60%の効率化を達成しました。また、この導入は、手書き文字のデータ化だけでなく、業務プロセスの再設計(BPR)の選択肢を広げ、組織全体の最適化に寄与しました。さらに、DX Suiteを活用することで、セキュリティ面でも大きな進歩があり、顧客情報の取り扱いにおける「安全・安心」の実現にも繋がったのです。
  • この導入事例のポイント
    • 紙帳票の手書き文字やFAXの処理、データ入力作業が非効率的な現状を改善したい
    • 手書き文字の認識率、高いセキュリティ、読み取り内容の確認と修正が可能なのが決め手
    • エラーチェックのサポート役として活用し、データの誤りを事前に検知する仕組みを構築

    製品を導入することになった背景

    株式会社LIXILは、働き方改革を加速させるためにDX Suiteを導入しました。この決断の背後には、ICTを活用した業務の効率化が欠かせないという認識がありました。長時間労働をなくすため、現場各部門でのRPAの利用を進め、手作業で行っていたデータ処理の自動化を推進してきたのです。しかし、RPAだけでは解決できない課題が浮かび上がり、さらなる効率化のためにDX Suiteの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社LIXILでは、業務効率化を目指してRPAの導入を進めていましたが、紙の帳票やFAX、PDFファイルを使用したやり取りが多く、RPAに処理させる前段階でのデータを現場が手入力で作成する必要がありました。この手作業は効率化の大きな妨げとなっており、業務の自動化をさらに進めるためには、この問題を解決する必要がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入を決定した背景には、従来のOCR技術では手書き文字やFAXで送られた帳票を正確に読み取ることが困難であったという課題がありました。そこで、AIのサポートを得て手書き文字も認識可能なAI-OCRの導入を検討し、複数社の製品を比較検討した結果、手書き文字の認識率の高さ、操作の分かりやすさ、セキュリティの高さなどを理由にDX Suiteを採用しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社LIXILでは手書き帳票類のデータ化を実現し、業務効率化をさらに高めることができました。具体的には、処理枚数の多い帳票フォーマットを中心に登録し、RPAによる業務効率化が加速しました。この結果、処理時間の大幅な短縮と手作業によるミスの発生率低下が期待できるようになりました。また、AI-OCRの導入は仕事の流れや方法を見直す機会ともなり、業務効率化のさらなる進展が期待されています。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き入力の人手不足により、入力業務の品質維持が難しくなり、生産性の低下が課題
    • 即時導入可能で読み取り精度、低初期投資、セキュリティ対策が優れているのが決め手
    • 熟練オペレーターとの比較検証で、約35%の入力時間短縮が可能だとが確認された

    製品を導入することになった背景

    株式会社恵和ビジネスは、データ・情報の活用を促進するプロフェッショナルとして、BPO企業としての役割を果たしています。事業内容としては、申込書など手書きされた紙媒体の入力をメインに扱い、データからDMの宛名印字やシステム投入用のデータを作成する一連のワンストップソリューションを展開しておりました。しかし、入力業務の品質を保持するための従来の2人体制が、人手不足などの理由で維持が難しくなってきたことが、新たな解決策を模索するきっかけとなりました。この状況を打開するために、AI-OCR技術の検討に至ったのです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社恵和ビジネスは、手書きされた紙媒体のデータ入力を主な業務としており、この入力作業を高品質に保つためには、通常、2人体制でのエントリーとベリファイが必要でした。しかし、人手不足によりこの体制を維持することが困難になり、加えて「ツータッチ連想入力」のような特殊なスキルを新たに習得させることの難しさも課題として浮上していました。これらの課題に対処するためには、従来の方法を見直し、新しい技術の導入が必要であると判断されました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社恵和ビジネスが直面していた課題に対する解決策として、AI-OCR技術の導入が検討されました。読み取り精度の高さを重視し、他社製品との比較検討を行った結果、DX Suiteが選ばれた理由は、すぐに利用開始できる環境が整っていたこと、トライアルを通じてその効果を実感できたこと、そして読み取り後のシステムがエントリー事業に適していたことなどが挙げられます。また、初期投資の低さやセキュリティ面での対策も評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社恵和ビジネスは入力時間を約35%短縮することが可能となり、読み取り精度のさらなる向上が期待されています。特に、漢字を含むデータの入力において高い効果が見込まれており、今後は「給与支払報告書」などの申込書への適用を検討しています。導入当初は訂正が多いとの声もありましたが、AIの学習により精度が向上していることを実感しており、今後もデータ入力業務のアシストとしてDX Suiteを活用していく予定です。
  • この導入事例のポイント
    • 手書きのクレジットカード入会申込書のデータ入力業務の効率の改善を図りたい
    • ユーザーフレンドリーなUIと高いOCR読み取り精度に優れ、使いやすさが決め手
    • 月約450時間/70%の業務効率向上を実現。プロセスの見直し・適正化も進んだ

    製品を導入することになった背景

    三菱UFJニコス株式会社は、金融・保険業界において、様々なキャッシュレス決済のサービス提供や基盤整備を担っています。同社は、業務効率化を目指し、紙帳票のデータ化に必要な技術を探求していました。特に、クレジットカードの「入会申込書」などの紙帳票をデジタル化することが急務でした。この背景から、高精度で読み取りが可能なOCRシステムの導入が検討され、多くの展示会への参加や情報収集を経て、DX Suiteの導入に至りました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三菱UFJニコス株式会社は、顧客から提出されるクレジットカードの入会申込書などの紙帳票をデータ入力する業務に多くの時間を費やしていました。この手作業によるデータ入力は、業務の効率性を大きく損なう要因となっており、業務プロセスの最適化が求められていました。また、紙帳票のデータ化には高い精度と効率が必要であり、これを実現できる技術の導入が急務でした。

    導入前の課題に対する解決策

    三菱UFJニコス株式会社がDX Suiteを導入した決め手は、その使いやすさ(UI、操作性)と読み取り精度の高さでした。DX Suiteはユーザー側で簡単に帳票設定ができる点が魅力的であり、他のOCRシステムと比較しても優位性が高かったです。また、検証時のSuccess Programを通じて、手書き・活字ともに高い精度での読み取りが可能であることが評価されました。これにより、業務の効率化とデータ化の精度向上が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、三菱UFJニコス株式会社は月450時間の業務削減を達成しました。これは約70%の業務効率化に相当します。特に、クレジットカードの審査業務において、RPAとの組み合わせによる本格導入が功を奏しました。導入後は、審査業務のスリム化だけでなく、業務全体のプロセスの見直しや適正化も実現しました。さらに、他の帳票においても帳票設定や精度検証を実施中であり、今後も活用範囲の拡大が予定されています。
  • この導入事例のポイント
    • 入力業務が煩雑で限られた情報しか取得できず、ミス発生時の原因特定が難しかった
    • 特殊な帳票形態に対する高い読取精度と、価格とスピーディーな対応が導入の決め手
    • 自賠責保険証の解約で人員削減、年間約5,000万円のコスト削減と解約金の増加達成

    製品を導入することになった背景

    中古車販売・買取事業で業界最大手の株式会社IDOMは、全国約500店舗から届く申請書の入力業務に対して、効率化の必要性を感じていました。これまでの手作業によるデータ入力は、時間がかかり、情報の取りこぼしが発生していました。また、申請書に含まれる情報を最大限活用できていないという課題もありました。これらの問題を解決するために、入力業務の自動化と効率化を追求する必要があったことが、DX Suiteを導入するきっかけとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社IDOMは、全国500店舗から送られてくる大量の帳票を14名のスタッフで手入力していました。この作業は、大きな工数を必要とし、データ入力の範囲を限定せざるを得ない状況でした。その結果、必要最低限の情報しか収集できず、データの活用が十分に行えていないという大きな課題がありました。また、多くの人が関わる入力業務では、ミスの発生時にどの工程で問題が起きたのか特定が困難であり、効率的な改善が難しい状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入を決定した理由は、その高い読取精度と、特殊な形態の帳票に対する対応能力にありました。株式会社IDOMが取り扱う自賠責保険証や車検証などの帳票は、裏地紋がある中でも読み取り精度が高かった点が評価されました。また、トライアルを通じて自社で検証できたことも、DX Suiteを選んだ大きな理由です。DX Suiteの導入により、入力業務の自動化と効率化を実現し、データ活用の幅を広げることが期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社IDOMは請求書、自賠責保険証、車検証の入力作業を効率化しました。特に、請求書の処理では、オークション会場から夜に送られてくるデータをその日中に処理する必要がありましたが、DX Suiteによる自動化により業務時間の短縮が実現しました。また、自賠責保険証の解約業務では、人員を3名削減しながらも処理量を約2倍に増やすことができ、年間約5,000万円のコスト削減を達成しました。これらの改善により、業務効率の大幅な向上とコスト削減が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • お中元やギフトのピーク時に大量注文があり、注文書のデータ化に時間がかかる
    • 高精度なOCR読み取り能力と、ユーザーが容易に設定できる使いやすさが導入の決め手
    • 注文書データ化において時間大幅短縮。従業員の作業効率向上、繁忙期の入力人員激減

    製品を導入することになった背景

    株式会社久原本家は、創業120余年を誇る食品メーカーであり、上質な国産素材を使用した商品を提供しています。特にインターネット通販やハガキでの注文販売を行っており、お中元やギフトシーズンには短期間で大量の注文が集まります。これらの注文を迅速に処理するため、外部委託によるデータ化を試みましたが、納品までに最低2〜3日を要し、顧客対応のスピードアップが求められていました。この課題を解決するため、AI-OCR技術に目を向け、DX Suiteの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社久原本家では、注文用紙や圧着ハガキの手入力によるデータ化作業に多大な時間を要していました。1人あたり2〜3日かけて大量の帳票を処理し、繁忙期には応援を呼んで対応していたほどです。この手間のかかる作業は、顧客からの迅速な対応を妨げ、業務効率の低下を招いていました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入を決めた理由は、その高い精度とユーザー側での簡単な設定可能性にありました。展示会でのデモンストレーションを通じて、DX Suiteが汚く書かれた文字でも正確に読み取る能力を持っていることが確認でき、これがテスト導入へとつながりました。また、運用を始める際の容易さや、カスタマーサポートの手厚い支援も大きな決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、注文用紙のデータ化作業が大幅に効率化されました。以前は2〜3日かかっていた作業が30分以内に完了するようになり、顧客対応のスピードが飛躍的に向上しました。繁忙期でも入力作業に追われることなく、業務の負担が減少し、社内処理で顧客を待たせる問題が解決されました。また、日々の注文書処理もスムーズになり、業務全体の効率化が実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • 手書きのFAX注文書をデジタル化、文字のサイズやフォーマットの制約に対応したい
    • 小さな文字や特殊なフォーマットでも高い読取精度、サポート体制が導入の決め手
    • 注文書のデジタル処理が正確で素早く行えるようになり、手作業の負担が軽減。

    製品を導入することになった背景

    アルケア株式会社は、多様化する医療ニーズに応えるため、技術の進化と新たな製品の開発に挑戦し続けています。しかし、未だに紙帳票を使用しており、これをデジタル化する必要性が高まっていました。そこで、DX Suiteの導入を決定しました。この決断に至ったのは、AI-OCR Success Programを経て、安心して本番導入へと移行できると確信したからです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    アルケア株式会社は、医療機器の開発、製造、販売を行っており、特に患者様が使用する消耗品を中心に取り扱っています。お客様からの注文用紙がFAXで届くことが多く、これを減らすことが大きな課題でした。データでの受領をお願いしても、さまざまな事情でFAXが残り続ける状況でした。以前、AI機能がないOCRを検討しましたが、多くの問題点があり、導入を断念していました。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策を模索する中で、アルケア株式会社は展示会に参加し、AIを搭載したOCR技術を知りました。これが新たなチャレンジのきっかけとなりました。AI-OCR Success Programを通じて、サポート面の充実や返信の速さ、的確なアドバイスにより、限られた時間内での問題解決が可能となりました。これらの経験から、DX Suiteの導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、注文用紙のデジタル化が進み、業務効率が大幅に向上しました。読取精度の高さと、帳票設定や機能の本利用への移行がスムーズであったことが、導入の大きな決め手となりました。また、展示会アンケートのデータ化など、他の業務にも横展開できる可能性が見えてきました。これにより、紙で残っている情報をデジタル化し、さらなる業務効率化と情報活用が期待されています。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き登録用紙のデータ化が煩雑、補助金申請書の手動処理が時間・労力集中
    • 高い認識精度・充実したサポート・使いやすい操作性が特徴のDX Suiteを導入
    • 業務時間外で入力業務が削減。補助金書類処理業務がおよそ3日間程度で完了するように

    製品を導入することになった背景

    近鉄情報システム株式会社は、情報技術を駆使してシステムの開発や運営を行っている企業です。近鉄グループのIT戦略において重要な役割を担い、特急券の発売システムやKIPSカードの管理システムのメンテナンスなどを主な事業としています。業務効率化を目指し、RPAの推進に加え、手書き帳票からシステムへの入力業務が多いことからOCRの導入を検討し始めました。DX Suiteに関心を持ったのは、その読取精度と操作性の良さからで、トライアルを経て親会社である近鉄グループホールディングスと共に導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    近鉄情報システム株式会社では、新入社員の情報登録や各種補助金の申請書類など、大量の手書き帳票をデータ化する必要がありました。これらの作業は従来、複数のスタッフが手入力で行っており、業務効率が著しく低下していました。特に新入社員の情報登録は、業務時間外に行われることが多く、担当者の負担が大きい状況でした。また、帳票のデータ化には精度と効率が求められるため、高い読取精度を持つOCR技術の導入が急務となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    近鉄情報システム株式会社は、業務効率化を目的としてDX Suiteの導入を決定しました。この決定に至った理由は、DX Suiteが提供する高い読取精度、充実したサポート体制、そして電話での問い合わせが可能であったことです。他社製品と比較検討した結果、DX Suiteは業務や運用に沿った提案をしてくれる点で高く評価されました。また、従来のOCR技術と比較して設定が容易であり、マニュアルを参照しながら簡単に操作できるユーザーインターフェースも導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、近鉄情報システム株式会社では新入社員の情報登録業務や各種補助金の申請書類のデータ化が大幅に効率化されました。特に新入社員の情報登録に関しては、専用の帳票を用いてOCRで読み取り、RPAを活用して人事システムへのデータ転換を行うことで、業務時間外の入力作業が不要となりました。また、補助金の申請書類については、以前は4〜5人で手入力していた作業を、DX Suiteを用いることで約3日間で完了させることが可能になり、業務効率が大幅に向上しました。これらの改善により、業務全体の効率化だけでなく、担当者の心理的負担の軽減にも繋がりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手動での膨大な請求書データ入力、大量の紙請求書処理における効率の低下を改善したい
    • AI insideの高精度なOCR読取と簡単な帳票設定が可能なDX Suite
    • 全国展開や社内説明会で、DX Suiteの利用を拡大し、業務のスムーズな遂行へ

    製品を導入することになった背景

    ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社では、全国の営業スタッフがスーパーやコンビニエンスストアでの商品販売に伴い発生する「条件補填請求書」の処理を簡素化する必要がありました。毎月約500社分、1,000枚以上の紙の請求書を手入力でエクセルにデータ化する業務は、時間がかかるだけでなく、休暇で業務が止まるリスクや個人差によるスピードと完成度の問題を抱えていました。これらの課題を解決するため、より正確かつ効率的な方法を模索していたところ、AI-OCR技術を活用したDX Suiteの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は、レモンやスープなどの食品事業や飲料事業の製造販売を国内外で行っており、カフェ事業も展開しています。しかし、営業スタッフが全国の部署で働く中で、紙の請求書を手作業でデータ化する業務には大きな負担がかかっていました。特に、紙の請求書が大量に届き、それらをエクセルでデータ化する過程で、業務の簡素化と効率化が急務となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策として、DX SuiteのAI-OCR技術を活用することが選ばれました。この技術を選んだ理由は、展示会でのAI insideのデモンストレーションにおける読み取り精度の高さと、ハンズオンセミナーで帳票設定の簡便さを実感したからです。これらの体験を通じて、他社製品と比較して導入のハードルが低いと判断し、Success Programを通じて具体的な検証を行うことにしました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、約100枚ある50社分の請求書を読み取る際の精度と時間短縮の効果が現在検証中です。初期のフィードバックによると、読取精度の高さと帳票設定の簡単さにより、業務の簡素化が期待以上に実現されたとのこと。この技術を活用することで、従来は手作業で行っていたデータ化作業が大幅に効率化され、業務の停滞リスクの軽減や個人差による問題の解消が見込まれます。さらに、今後は全国展開を目指し、各支社への展開も検討されています。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き登録用紙の増加に伴い、2重入力と差分確認による負担、多言語の取り扱いも課題
    • AI搭載OCRであり、学習能力がありながらコスト効率が高いDX Suiteを導入
    • 1日6時間の業務効率向上、2重入力を1回に削減、多言語の対応強化、入力作業削減

    製品を導入することになった背景

    株式会社杉養蜂園は、蜂蜜やローヤルゼリー、プロポリスなどの製品や化粧品の製造販売を手掛ける6次産業化企業です。国内外に広がる活動のフィールドを持ち、直接店舗販売と通販を通じて製品を提供しています。店舗数の増加に伴い、手書きの会員登録用紙の処理業務が増大し、業務効率化の必要性が高まりました。この課題に対処するため、デジタル化の選択肢を検討し始めたのが、DX Suiteを導入するきっかけとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    会員登録用紙の処理には、従来2人のオペレーターがそれぞれ1回ずつ、計2回の手入力を行っていました。この手間のかかるプロセスは、店舗数の増加とともに業務負担を大きくしていました。顧客からの申込書を迅速に処理するためには、より効率的な方法が求められていました。また、会員登録時のサービス提供をスムーズに行うためにも、業務のデジタル化が必要とされていました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社杉養蜂園は、業務効率化を目的として、複数のOCRソリューションを比較検討しました。その中で、AIを搭載し、使用するほどに学習して精度が向上するDX Suiteの魅力に注目しました。読み取り精度とコストのバランスを重視し、ヒューマンリソシアからの提案内容が良かったことから、DX Suiteの導入を決定しました。具体的には、各項目ごとの読み取り精度を検証し、精度向上のための提案を受けることで、会員登録業務のデジタル化に踏み切りました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社杉養蜂園は1日あたり約6時間の業務効率化を実現しました。これまで2人で行っていた申込書データの入力作業を1人分に削減し、その結果、データ分析などの専門部署を新たに設置することが可能となりました。この変化は、単に業務時間を削減しただけでなく、データ活用による新たな価値創出へと繋がっています。また、業務時間外での入力作業の減少は、従業員の働き方改革にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 手入力での紙の入会申込書のデータ化が繁雑で時間がかかり、業務負担が大きかった
    • DX Suiteは高いOCR読取精度と汎用性があり、効率的な業務処理が可能に
    • AI-OCRとRPAの組み合わせにより、業務時間を8割削減し、大幅な業務効率化へ

    製品を導入することになった背景

    株式会社学研ロジスティクスは、物流事業を中心に、出版物流、通販フルフィルメント、カタログやチラシの発送など、物流周辺で発生する様々な流通加工に対応したサービスを展開しています。また、物流に関する付帯業務やダイレクトマーケティング支援、自社の物流運用で培ったノウハウを生かしたシステムの提供も行っており、一連の業務を一括で行えることが同社の強みです。しかし、学研教室の入会申込書や月謝引き落とし用紙など、紙媒体のデータ化を手入力で行っていたため、業務の負荷が大きく、特に繁忙期には業務量が通常の約3倍に増加し、大きな課題となっていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社学研ロジスティクスは、幼児から大人まで幅広い層の方が受講できる科目が増えたことにより、申込書の種類や枚数が増加しました。この結果、20名の入力専門の人材を雇用し、すべて手入力で対応していましたが、新学期などの繁忙期には業務量が著しく増加し、30万枚にも及ぶ書類を処理する必要がありました。この大量の手入力作業は、業務効率の低下を招き、大きな課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    同社は、業務の効率化を目指し、OCR(光学文字認識)とRPA(ロボティックプロセスオートメーション)の組み合わせによる入力業務の負荷軽減を模索しました。2018年の展示会でDX Suiteを知り、デモンストレーションを見た際に、乱雑に書かれた文字を非常に高い精度で読み取れることに衝撃を受け、DX Suiteの導入を決定しました。DX Suiteの読取精度の高さと汎用性、特に氏名や住所などの必須項目の精度の高さが評価されました。また、Success Program中のサポートも導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    DX SuiteとRPAを導入したことで、入会申込書のデータ化作業が従来の8時間から1〜2時間に大幅に短縮されました。これにより、業務効率が大幅に向上し、コールセンターなどの外部業務にも人員を割り当てることが可能になりました。また、DX Suiteは入会申込書、月謝引き落とし用紙、紹介チケットのデータ化に利用され、CSV出力後はRPAを使って専用システムへの転記や取り込みを行っています。この導入により、業務の大幅な効率化を実現し、外部業務への対応力も向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 手作業での落とし物通知依頼書の転記業務で、ミスが多発し、業務遅延が生じていた
    • 高い読取精度と既存システムとの連携性が良くセキュアな環境で実施できるのが決め手
    • 1日200件の依頼書を1人で処理可能、従来10人で行う業務が大幅に削減された

    製品を導入することになった背景

    ソフトバンク株式会社では、全国に約13拠点あるコールセンターの管理を行っており、主にコールセンターの教育や運営管理と携帯電話の拾得連絡の業務を担当しています。特に、警察署からFAXで届く携帯電話の「落とし物通知依頼書」の転記業務は、毎月約6,000件の帳票が届き、これを10人のチームで手入力していました。この大量の帳票を効率的に処理する方法を模索していた中で、AI-OCRとRPAの導入を検討することになりました。この技術を導入することで、業務の自動化と効率化を図り、コールセンター業務により集中できる環境を整えることが目的でした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ソフトバンク株式会社が抱えていた主な課題は、毎月6,000件もの「落とし物通知依頼書」を手作業でデータ入力することでした。この作業は時間がかかる上に、週末には書類が溜まり、月曜日には大量の入力作業が発生していました。また、人の手で行う作業であるため、処理速度に個人差があり、その結果、お客様への連絡が遅れる可能性がありました。さらに、個人情報を扱う書類であるため、導入できるサービスには制限があり、セキュリティ面での課題も大きかったです。

    導入前の課題に対する解決策

    ソフトバンク株式会社は、バックオフィス業務の効率化を目指し、AI-OCRの導入を検討しました。この技術により、手作業でのデータ入力作業を自動化することが可能になります。DX Suiteの採用は、その読取精度の高さと、既に使用していたWinAcorとの連携が可能である点が決め手となりました。また、セキュリティ面での課題に対しては、社内のセキュリティ担当と相談し、業務プロセスを見直すことで、クラウドサービスの導入を可能にしました。これにより、業務効率化を実現するための第一歩を踏み出しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX SuiteとRPAの導入により、ソフトバンク株式会社は大幅な業務改善を実現しました。以前は10人が担当していたデータ入力作業を、現在は1人で完結させることができるようになりました。これにより、1日に200件の依頼書をその日のうちに入力完了させることが可能となり、月200時間の業務時間削減を達成しました。また、ミスの減少とともに、肉体的、精神的疲労の軽減も実感しており、コールセンター業務への集中が可能になりました。この導入効果は、お客様への連絡が早くできるようになったことにも表れています。
  • この導入事例のポイント
    • 伝票起票業務を目的とする事業の人的リソースへの依存に限界を感じていた
    • 高い読取精度と柔軟なシステム連携、AI insideの卓越したサポート体制
    • AI-OCRとRPAにより、伝票起票業務を全自動化。繁閑差解消と業務効率向上

    製品を導入することになった背景

    ブリヂストンファイナンス株式会社は、グループ全体の業務効率化を目的として、伝票起票業務の受託をきっかけに、DX SuiteとRPAの導入を決定しました。この決定に至った背景には、業務集約を目指す中で人的リソースに依存する限界を感じ、業務効率化を図る必要があったことが挙げられます。特に、ブリヂストンファイナンス株式会社は、タイヤ市場で世界シェアNo.1を誇るブリヂストングループの金融子会社として、グループ経理業務のシェアードサービスを提供しており、その一環として伝票起票業務の全自動化を目指すことになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ブリヂストンファイナンス株式会社は、グループ全体の資金を一元化する金融事業と、グループ全体の業務効率化を目的としたBPR事業を展開しています。BPR事業部では、ブリヂストングループの基幹システムであるSAPの運用管理を含め、経理や給与計算等の受託業務を行っていました。しかし、業務を集約するだけでは人的リソースに依存しており、効率化の限界を感じていました。特に、伝票起票業務では、月間150件ほどの業務があり、繁閑差が大きく、他業務への影響も懸念されていました。

    導入前の課題に対する解決策

    ブリヂストンファイナンス株式会社が直面していた課題に対する解決策として、AI-OCRとRPAを組み合わせた業務効率化の手段が採用されました。この導入の決め手となったのは、DX Suiteの読取精度の高さと、システムとの連携のしやすさでした。特に、請求書のデータ加工設定が可能である点や、AI insideのカスタマーサポートの質の高さが評価されました。これにより、伝票起票業務をはじめとする経理業務の全自動化が目指され、業務効率化に大きな期待が寄せられました。

    製品の導入により改善した業務

    DX SuiteとRPAの導入により、ブリヂストンファイナンス株式会社では伝票起票業務の全自動化を実現しました。具体的には、月間150件の伝票起票業務を読み取りから入力まで全て自動化し、繁閑差の解消と他業務への影響の軽減を図ることができました。また、AI-OCRとRPAの連携により、人が介在せずに業務を行うことが可能となり、業務効率化だけでなく、業務の質の向上にも寄与しました。この導入効果により、ブリヂストンファイナンス株式会社は、業務推進部としての受託業務の拡大と、ブリヂストングループ全体の効率化を目指しています。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き書類のデータ化が手間と時間を要し、人的ミスが頻発する状況を改善したい
    • 優れた性能とユーザフレンドリーな操作性を有し、ユーザが簡単に帳票設定ができる
    • 入力時間削減、業務効率化。給与関連書類でミスが減り、担当者の業務が楽に

    製品を導入することになった背景

    パーソルテンプスタッフ株式会社は、「はたらいて、笑おう。」というグループビジョンのもと、働く人々がその状況やライフステージに応じて力を発揮できる環境を整えてきました。しかし、アウトソーシング事業部において、バックオフィス業務の事務処理における手書き書類のデータ化作業が大きな課題となっていました。従来は全てのデータ入力をスタッフが手作業で行っており、時間がかかるだけでなく、どれだけ注意深く作業をしても人的ミスが避けられない状況でした。このような課題を解決するために、AI-OCR技術を導入することを検討し始めたのです。AI insideのDX Suiteに出会ったのは、派遣事業部経由での紹介がきっかけであり、その高い読取精度とユーザー側での簡単な帳票設定が可能な点が、導入を決める大きな理由となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    パーソルテンプスタッフ株式会社では、アンケートや奨学金の申込書など、多種多様な手書き書類のデータ化を担当していました。これらの作業は全て手作業で行われており、大量の紙帳票を扱うことで時間がかかるだけでなく、人的ミスが頻繁に発生していました。また、従来のOCR技術では手書き文字の読み取り精度が低く、実際の運用が困難であることが判明しました。このため、より効率的で精度の高いデータ化方法を模索していたところ、AI insideのDX Suiteが提案されました。

    導入前の課題に対する解決策

    AI insideのDX Suiteを導入する決定は、その読取精度の高さと、帳票設定をユーザー側でいつでも簡単に行える機能に魅力を感じたためです。他社製品との比較検討を行った結果、DX Suiteは操作が簡単であり、多種多様な帳票フォーマットに対応できる点が評価されました。特に、帳票ごとにベンダーへの設定依頼とそれに伴う費用が発生する他のサービスと比較して、DX Suiteはユーザー自身が設定を完結できるため、迅速かつ柔軟に対応可能であると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、パーソルテンプスタッフ株式会社は手書き書類のデータ化作業において大幅な効率化を実現しました。具体的には、学内アンケートや奨学金申込書、技術者採用試験で提出される論文、タイムカード、社会保険加入手続き書類など、多岐にわたる書類の入力時間を大幅に削減しました。また、人的ミスの防止にも寄与し、担当者の精神的負担の軽減が実感されています。導入後の反応として、担当者からは作業の効率化だけでなく、気分的にも楽になったとの声が聞かれ、DX Suiteが業務改善に大きく貢献していることが明らかになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手動テロップ変換業務が、属人的で新人の習熟に時間がかかる。変換ミスも起きた
    • テレビテロップの特殊な書体や文字に対応し、手書き文字の読み取りでも優れた性能
    • 30時間以上の無人配信が可能となり、従来に比べて変換速度もおおよそ1/3に短縮

    製品を導入することになった背景

    株式会社テレビ朝日は、テレビ中継のテロップ交換業務の効率化を目指し、AI-OCR技術の導入を決定しました。この技術導入の背景には、スポーツ中継における英語選手名のテロップを瞬時に日本語に変換する必要性がありました。特に、テレビ朝日グループが扱うスポーツの世界大会の増加と、多様な配信チャンネルを通じたコンテンツ提供の拡大が挙げられます。これらの要因が組み合わさり、業務効率化と働き方改革の必要性が高まっていたのです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、株式会社テレビ朝日はテロップ交換業務において複数の課題に直面していました。業務は専門的で属人化が進んでおり、新人スタッフが熟練するまでには長い時間が必要でした。また、人的ミスを許さない高い精度が求められる業務であり、オペレーターは選手の顔や名前を正確に覚え、迅速にテロップを変換する必要がありました。これらの課題は、業務の効率化と精度向上を求める大きな声となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    課題に対する解決策として、株式会社テレビ朝日はAI insideと共同で「Video OCRシステム」を開発しました。このシステムは、英語選手名のテロップを自動で日本語に変換する能力を持ち、読取精度の高さが選定の重要なポイントとなりました。DX Suiteが採用された理由は、特に手書き文字や特殊な書体においても高い読取精度を実現できたからです。この技術により、テレビ朝日はテロップ変換業務の自動化を目指し、業務効率化と精度向上を図ることができました。

    製品の導入により改善した業務

    「Video OCRシステム」の導入により、株式会社テレビ朝日はテロップ交換業務における複数の改善を実現しました。まず、精度100%でシステムに業務を任せることが可能となり、人的ミスを大幅に削減。また、このシステムを活用することで、複数の競技にわたる業務効率化が期待できるようになりました。具体的には、「全英オープン」のインターネット配信で100%の精度を達成し、変換速度も従来の約1/3に短縮されました。これらの成果は、業務効率化だけでなく、新たな技術導入による働き方改革の一例としても評価されています。
  • この導入事例のポイント
    • 過払い金調査でOCRサービスの低精度・遅延による手入力の高コストと時間消費
    • DX Suiteは多様な書類の仕分けが可能で、クラウド利用で開発や初期費用を軽減
    • 手入力コスト削減、教育期間1/3に短縮、業務安定、20%生産性向上した

    製品を導入することになった背景

    司法書士法人中央事務所は、お客様の過払い金調査や返済計画の策定を通じて生活再建を支援する債務整理事業を展開しています。事業の規模拡大に伴い、業務効率化の必要性が高まりました。特に、過払い金調査に必要な取引履歴のデータ入力作業は、精度が求められるため、従来のOCRサービスでは精度の低さや処理速度の遅さが課題となっていました。これらの課題を解決するために、最新鋭の技術を取り入れることを決定し、AI-OCR技術を搭載したDX Suiteへの切り替えを検討し始めました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    司法書士法人中央事務所では、過払い金調査において、顧客と業者間の貸借履歴を入力する業務に多大な時間と労力を要していました。従来のOCRサービスの利用にもかかわらず、その精度の低さと処理速度の遅さから、手入力での対応を余儀なくされていました。1円の誤差も許されない業務の性質上、新たな社員の採用とその教育には莫大な時間とコストがかかり、教育担当者は本来の業務から目を逸らすことが多くなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題を解決するために、司法書士法人中央事務所は、AI-OCR技術を搭載したDX Suiteの導入を決定しました。DX Suiteは、高い精度で文書を自動認識し、データ化することが可能であり、特にElastic Sorter機能を用いて書類の仕分けからOCRでのデータ化までを一貫して行うことができます。この技術を活用することで、入力業務の効率化と精度向上を図ることができると判断しました。また、DX Suiteはクラウド環境からオンプレミス環境への移行も容易であり、事業の拡大に伴う業務量の増加にも柔軟に対応できる点が評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、司法書士法人中央事務所は入力業務にかかるコストと時間を大幅に削減することができました。具体的には、入力業務専門の社員の採用と教育にかかる期間が半年から2週間へと短縮され、教育担当者が本来の業務に専念できるようになりました。また、1日に約7,500枚から9,000枚発生する取引履歴の入力と確認作業を行っていた20名の社員による業務量が約20%削減され、これらの社員はシステムで処理できないイレギュラーな対応やデータの確認業務に専念できるようになりました。このようにDX Suiteの導入は、業務の効率化だけでなく、社員の業務負担の軽減にも寄与しました。
  • この導入事例のポイント
    • 市役所業務の定型作業と紙申請からのスタートにより、事務省力化が制約されていた
    • 地方公共団体専用のセキュアな閉域網かつ高い読取精度であることから採用した
    • RPAと組み合わせで、医療費申請業務の年間2,000時間を短縮。職員の意欲向上へ

    製品を導入することになった背景

    長岡市役所では、市民の生活をサポートする多岐に渡る業務を担っております。その中で、特に医療費助成申請書や診療費請求領収書など、毎日繰り返し発生する単純作業に多くの時間を要していました。このような状況を改善するため、業務の効率化を目指し、地方公共団体向けサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」の導入を決定しました。この導入は、業務改善に対する意識の高まりとともに、市役所内での挑戦する文化を生み出すきっかけとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    長岡市役所では、市の魅力を伝える地域活性化や市民の快適な生活を支える税金や公衆衛生、健康福祉に関する業務など、幅広い業務を行っています。これらの業務の中で、特に医療費助成申請書や診療費請求領収書の処理には、毎日繰り返し発生するため、大量の時間と労力が費やされていました。この反復する単純作業の効率化が求められていたのです。

    導入前の課題に対する解決策

    長岡市役所の業務効率化を目指し、2018年にRPAを導入しましたが、紙の申請書をデジタル化する必要があり、これを解決するためにAI-OCRの導入を検討し始めました。セキュリティやコストの問題からオンプレミスサービスの導入を断念した後、「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」が選ばれました。この製品は、地方公共団体専用のセキュアな閉域網であり、読取精度の高さが評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」の導入により、長岡市役所は年間約2,000時間の業務時間を短縮することに成功しました。特に医療費助成申請書と診療費請求領収書の入力業務において、AI-OCRとRPAを組み合わせることで、一気通貫の自動化を実現しました。これにより、職員は確認作業のみを行うようになり、手が空いた時間を政策立案や市民対応の充実など、より価値の高い業務に充てることができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 総合金融サービスに対応した業務プロセスの再構築、作業時間を削減を図りたい
    • 高い読取精度と使いやすさがあり、クラウド上での利用可能性があるDX Suite
    • 業務標準化・単純化が達成され、帳票処理が効率的になり、リソース有効活用に成功

    製品を導入することになった背景

    リコーリース株式会社では、2017年頃から業務プロセスの再構築を目指し、業務オペレーションの作業時間削減とリソースの有効活用を目的に、ITを活用した業務プロセスの改革を推進していました。バックオフィスの業務改善や企画を担当する業務戦略室は、「業務の標準化・単純化、場所にとらわれない業務化」をミッションとして掲げ、紙帳票の入力業務の効率化を図るためAI-OCRの導入を検討し始めました。この動きは、属人化が課題とされる業務の改善を目指すものでした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    リコーリース株式会社は、リース・割賦事業と金融サービス事業を軸に展開しており、働き方改革の一環として、場所にとらわれない働き方とITを活用した業務プロセスの改善を目指していました。特に、紙帳票の入力業務における属人化が大きな課題であり、業務の効率化と標準化が求められていました。紙帳票の管理と入力は時間と手間がかかる上、リモートワークなどの柔軟な働き方にも対応できない状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    リコーリース株式会社は、AI-OCR技術を活用することで紙帳票の入力業務の効率化を図ることを決定しました。AI insideを含む複数の製品を比較検討した結果、読取精度の高さ、操作のわかりやすさ・簡単さ、クラウド上での利用可能性からDX Suiteを採用しました。この製品選定は、業務部門が主体となって行われ、システム部門でなくても導入が可能な製品であることが評価されました。また、DX Suiteは枠ギリギリに書かれた文字でも読取りが可能であり、他製品では対応できなかった課題を解決しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、リコーリース株式会社は紙帳票の入力業務を大幅に効率化しました。特に、満了終了回答ハガキの入力業務では、以前は社内のBPO業者が直接管理システムに入力していた作業を、スキャンニングからCSVでのダウンロードに変更し、業務を効率化しました。この変更により、帳票を画像で保管し、誰でもどこでも確認できるようになったことは大きな改善点です。また、「業務の標準化・単純化、場所にとらわれない業務化」のミッション達成に向けた大きな一歩となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き帳票の手動登録が煩雑で時間を要し、業務のピーク時には限界を感じていた
    • 手書き文字読み取り精度とシンプルな操作性。他のOCRサービスと比較した信頼性
    • 登録業務の効率向上により、業務時間が約60%削減。スムーズな対応が可能に

    製品を導入することになった背景

    静岡ガス株式会社は、都市ガス事業を中心に、お客様のライフスタイルや社会のニーズに応える地域No.1ソリューション企業グループを目指しております。その一環として、お客様から年間約15,000件もの新規口座振替依頼を受け取っていましたが、これらを全て手入力で基幹システムに登録する作業は膨大な時間と労力を要しておりました。特に3月から5月の引越しシーズンには、1日に100件以上の登録が必要となり、多くの人手と時間を費やしても対応が困難な状況にありました。このような課題を解決するため、AI-OCR技術を活用したDX Suiteの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    静岡ガス株式会社では、お客様の約70%が口座振替で毎月のガス料金や電気料金を支払っており、新規口座振替依頼の手入力による基幹システムへの登録作業が長年の課題となっていました。1日に約60件、引越しシーズンには100件以上の登録が必要であり、6~7人が延べ10時間を費やしても対応が難しい状況でした。この手間のかかる作業は、業務効率の低下だけでなく、作業者のストレスやミスのリスクを高めていました。

    導入前の課題に対する解決策

    静岡ガス株式会社がDX Suiteを選んだ理由は、その読み取り性能の高さと操作のシンプルさにありました。AI insideを含む複数のサービスを比較検討した結果、どんな手書き文字でも高い精度で読み取ることができ、さらに修正に手間がかからないDX Suiteが最適であると判断しました。また、専門知識や長時間の指導が不要で、誰でも簡単に帳票の設定ができる点も魅力的でした。1ヶ月のトライアル期間を経て、実際に利用している帳票でDX Suiteを操作し、その効果を実感しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、静岡ガス株式会社の口座振替登録業務は大幅に効率化されました。導入前は1日あたり約60件の登録を6~7人が延べ10時間かけて行っていましたが、導入後は3~4人で延べ4時間程度で対応可能となり、1ヶ月あたりの業務時間は約200時間から約80時間に短縮され、約120時間の労働時間削減を実現しました。この効率化により、引越しシーズンでも他のチームの協力を得ずに乗り切ることができ、登録業務にかかる時間の削減とストレスの低減を実現しました。また、DX Suiteを活用することで、口座振替依頼書の取り扱いにおけるミスのリスクを減らし、より多くの業務に集中できるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き検収書類が30人で手動入力・確認、業務繁忙でモチベーション低下に
    • 手書き文字の高精度認識、システム連携容易性、手動作業削減にはDX suite
    • 入力業務の自動化で1人で対応可能になり、精度向上により人的ミス減少、業務効率向上

    製品を導入することになった背景

    安全なまちづくりを提供する東電タウンプランニング株式会社は、無電柱化・地域開発事業、広告事業、配電事業を柱に事業を展開しています。工事現場との連携が欠かせないため、従来の業務フローを変えずに業務効率化を図る必要がありました。この課題を解決するために、AI-OCRを活用するDX Suiteの導入を決定しました。導入のきっかけは、他部署でRPAを導入する予定があり、良いRPAを探す過程でAI insideを知ったことでした。手書き文字を読み取るAI-OCRサービスのデモを見て、その精度の高さに驚き、DX Suiteを採用することを決めました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    東電タウンプランニング株式会社では、1日約1,500枚発生する帳票の入力と確認を30名の従業員で行っていました。これらの帳票は、防護管取り付け工事の検収業務に必要な「受付連絡票」「概算見積書」「確認書」であり、業務フローを維持するために人の手で処理していました。この一連の業務は毎日繰り返される単純作業であり、担当者は精神的にも負担を感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入により、帳票の読み取り精度が高いAI-OCRを活用することで、入力業務を自動化しました。また、システム連携が容易であることもDX Suiteを選んだ理由の一つです。社内に既に存在する工程管理システムとの連携を保ちつつ、必要な部分だけにDX Suiteを活用することで、業務フローを変更せずに効率化を実現しました。帳票のフォーマットを修正し、QRコードを用いて事前に書類を仕分けることができるように工夫しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入後、1日に30人が行っていた入力と確認の業務を1人で対応できるようになりました。これにより、大幅な業務効率化を実現し、人的ミスの防止にも繋がりました。以前は、入力後に2回の確認を行っても間違いが発生していましたが、DX Suiteを利用することでそのリスクを大幅に減少させることができました。また、帳票のフォーマットを修正し、QRコードで自動仕分けを行うことで、さらに効率的な業務処理を実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き文字の入力業務、伝票やアンケートの紙データ処理が時間と精神的な負担に
    • 読取精度が高く、現場での設定が可能、使いやすさとユーザビリティが評価された
    • 帳票入力時間が半減以下。アンケート入力業務は1200時間から500時間に削減

    製品を導入することになった背景

    創業明治38年の株式会社神戸製鋼所は、鉄鋼をはじめ、機械製作や電力事業にも手を広げる大手企業です。全国に拠点を持ち、納品書や作業証明書、アンケートのデータ入力を手作業で行っていました。この手作業によるデータ入力は、業務の効率化を図る上で大きな負担となっており、特に社内アンケートの入力作業には年間1,200時間もの時間が費やされていました。このような状況を改善するため、DX Suiteの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社神戸製鋼所では、紙ベースの入力業務が業務の大きな負担となっていました。具体的には、納品書や作業証明書、社内アンケートのデータ化作業に膨大な時間が割かれていました。これらの業務は、本来の業務から時間を奪うだけでなく、入力ミスによる再作業のリスクも伴っていました。この問題を解決するためには、業務のデジタル化が急務であると認識されていました。

    導入前の課題に対する解決策

    課題解決のために、株式会社神戸製鋼所はAI-OCR技術を活用することを検討し、複数のツールを比較検討しました。その結果、高い読取精度と使いやすさ、現場での読取設定が可能なDX Suiteを選択しました。DX Suiteの導入は、手書き文字のシステムへの入力業務を効率化し、紙の入力業務による負担を軽減することを目的としていました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社神戸製鋼所は約60%の業務時間削減を実現しました。特に社内アンケートの入力業務では、従来1,200時間かかっていた作業が大幅に削減され、業務効率が飛躍的に向上しました。また、全社で同じツールを使用することで、ノウハウの蓄積や使い方の共有が容易になり、業務の質も向上しました。このように、DX Suiteの導入は、単に業務効率を向上させるだけでなく、業務プロセス全体の改善にも寄与しました。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き文字の帳票処理が、業務効率性低下に。以前のOCRツールは使い勝手が悪かった
    • 手書き文字の読取精度が高く、使用が簡単で柔軟な設定が可能なDX suiteを導入
    • 業務負担が減り、法人向けの見積依頼書や社内帳票のデータ処理が迅速かつ正確に

    製品を導入することになった背景

    株式会社サカイ引越センターは、引越業界において紙の文化が根強く残る中、時代と顧客の変化に遅れを取らないために、AI-OCRの導入を決定しました。特に、新生活シーズンの引越需要に応えるため、業務のデジタル化が急務となりました。社内業務をデータ上で処理できるようにすることで、変化に対応しようという方針が背景にあります。この方針の下、電話やファックスが中心であったアナログな受注の効率化を目指し、ホームページや公式LINEアカウントを通じた見積もり依頼のデジタル化を進めました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社サカイ引越センターは、6,000人規模の現場社員が手作業でデータ入力を行っており、深刻な人手不足の中で業務の効率化が急務となっていました。特に、運送業界ではドライバー不足が深刻で、新生活シーズンには引越しの需要に応えられない「引越難民」が出るほどでした。このような状況の中、業務のデジタル化と効率化が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社サカイ引越センターは、業務のデジタル化と効率化を目指して、AI-OCR技術を導入することを決定しました。DX Suiteの選定にあたっては、手書き文字の読取精度や扱いやすさ、設定の柔軟さを重視しました。特に、ITに強くない現場の事務員やパートの方でも簡単に扱えることが重要視されました。DX Suiteを導入することで、紙ベースの業務をデジタル化し、業務効率の向上を図りました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社サカイ引越センターは業務効率が大幅に向上しました。特に、法人向けの見積依頼書やお客様のアンケートハガキ、出張申請書や運送ドライバーの運転記録証明書などの帳票類のデータ化が効率化されました。繁忙期には1日に300枚から500枚もの見積依頼書が処理されるようになり、年間で78万枚の帳票類のデータ化を実現しました。これにより、「劇的に業務が減った」と現場からの感想が寄せられ、重要な業務に集中できるようになり、さらなる品質向上につながりました。
  • この導入事例のポイント
    • 固定資産税の課税明細書処理が手間・ミスが多発。人員と時間の膨大な負担が発生
    • 9割超の高い読取精度とコストパフォーマンス、AI-OCRで業務を効率化
    • 帳票設定が自社で可能で外部人員不要に。業務全体の効率化、経営の見える化に貢献

    製品を導入することになった背景

    日本貨物鉄道株式会社は、全国約300市町村から送付される約13,000件の課税明細書のデータ入力と納付業務において、大きな負担を抱えていました。これらの業務は、財務部税務部グループにとって、時間も労力も大量に消費するものであり、毎年の固定資産税の納付には、3ヶ月かけて8名のスタッフが手作業で入力していたのです。この状況を改善するため、業務の効率化を目指してDX Suiteの導入を決定しました。この技術を用いることで、入力業務の自動化を図り、業務負担の軽減を目指すことができると判断されたのです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    日本貨物鉄道株式会社では、全国の鉄道貨物輸送を管理するため、毎年固定資産税を納付しており、約300市町村から本社へ送付される約13,000件の課税明細書のデータ入力と納付業務が、非常に大きな負担となっていました。特に、課税明細書のデータ入力には、大量の時間と人員が必要であり、ミスが許されない納付業務では、精度も求められていました。このような状況下で、効率的かつ正確な業務遂行のための解決策が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    課税明細書のデータ入力業務の効率化を図るため、日本貨物鉄道株式会社は、AI-OCR技術を活用するDX Suiteを導入することを決定しました。この技術により、紙の文書から文字を自動で読み取り、データ入力の自動化を実現することが可能になります。導入の決め手となったのは、DX Suiteの高い読取精度とコストパフォーマンスであり、試験導入を通じて、他の製品と比較しても優れた性能を確認できました。この技術を活用することで、入力業務の大幅な効率化と精度向上を図ることができると判断されたのです。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、日本貨物鉄道株式会社は、課税明細書のデータ入力業務を大幅に効率化することができました。以前は3ヶ月かけて8名で行っていた入力業務が、1〜2名で完了する見込みとなり、仕分け機能の活用により、入力業務以外も自動化することが可能になりました。また、導入後は、約13,000件の課税明細書を迅速かつ正確に処理することができるようになり、業務効率化だけでなく、誤入力による再作業のリスクも大幅に減少しました。この技術を活用することで、業務プロセスの全体的な改善と、経営資源の有効活用が実現されたのです。
  • この導入事例のポイント
    • 手作業で帳票処理の人件費とFAX受信に起因する人的ミス、新規採用の難しさが課題
    • テレワークに対応し、AI-OCRとRPAで業務の自動化できるDX suiteを導入
    • 月20万円の人件費削減、人的ミスの軽減、動画とアンケート活用により全社展開促進へ

    製品を導入することになった背景

    リース車両の管理を行う株式会社ナルネットコミュニケーションズは、テレワークの導入といった時代の流れに伴い、全社的に効率よく生産性を高めることが求められていました。しかし、社内では毎月約6,000枚の帳票がFAXで届き、全て人の手で基幹システムへの入力が必要でした。新しい人材の採用にも限界があり、根本的な解決策としてシステムの導入が急務となりました。この背景から、業務効率化を目指しDX Suiteの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ナルネットコミュニケーションズでは、FAXで届く帳票の処理に毎月約6,000枚の帳票が関わっており、これらはすべて人の手によって基幹システムへ入力されていました。この大量の帳票処理は、大きな労力と時間を要し、人的ミスのリスクも伴っていました。効率化が急務であり、何らかの形でこの問題を解決する必要がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策として、株式会社ナルネットコミュニケーションズはAI-OCRとRPAを活用するDX Suiteの導入を決定しました。このシステムは、帳票の自動読取りとデータ入力を可能にし、業務の大幅な効率化を実現します。AI-OCRによる読取り精度の高さと、RPAによる自動化処理の導入は、帳票処理の時間短縮と人的ミスの削減に大きく貢献しました。特に、読取り設定の簡単さには驚き、これが導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社ナルネットコミュニケーションズは月間20万円の人件費削減を実現しました。AI-OCRとRPAの活用により、帳票処理業務全体の効率化が図られ、人による二重チェックや人的ミスがなくなりました。また、クラウドベースのため、テレワーク環境でもスムーズに業務を行うことが可能になりました。この導入により、帳票処理の時間短縮だけでなく、将来的にさらなる削減効果が期待できるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 建物管理業界での紙の伝票処理が膨大で手間がかかり、業界内でのIT未導入が課題
    • 開発のスピード感、高い読取精度、住所や氏名など読取条件の柔軟性 が決定要因
    • 業務効率向上、人件費削減、セキュリティ確保、社内広報での浸透促進された

    製品を導入することになった背景

    大和ライフネクスト株式会社は、全国に8,000もの建物を管理しており、管理業務で発生する報告書の量が膨大であるため、各事業所では入力業務に多くのリソースを割いていました。この状況を改善するため、データ入力の効率化を目指してDX Suiteの導入を決定しました。会社としては、IT投資を積極的に行い、業務効率化を図る方針を早い段階から採用しており、紙の文化が根強いマンション管理業界において、経営層はITによる業務改善の重要性を認識していました。人口減少や管理員の高齢化といった社会的課題に対応し、質の高い管理業務を提供するために、DX Suiteの導入が選ばれました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    大和ライフネクスト株式会社は、全国8,000の建物の管理を担当しており、管理業務においては建物の点検や修繕、マンション管理組合の理事会運営補助、資金管理などが含まれます。これらの業務には、多くの報告書作成が伴い、特に紙ベースでの作業日報は読み取りにも時間がかかり、月に20〜30時間を超える時間が1,000枚以上の書類入力に費やされていました。この状況は、業務の効率化を阻害し、人件費の増加やヒューマンエラーのリスクを高めていました。

    導入前の課題に対する解決策

    大和ライフネクスト株式会社が抱える課題に対して、DX Suiteの導入が解決策として提案されました。DX Suiteは、高い読取精度と開発のスピード感、読取条件の選択が可能な点が導入の決め手となりました。特に、AI-OCR技術を活用することで、紙ベースの書類のデータ化を効率的に行うことが可能になり、これにより大量の書類入力作業を大幅に削減することが見込まれました。導入前には、他の製品との比較検討も行われましたが、DX Suiteの機能改善の迅速さや将来の開発方針が評価され、最終的に選択されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、大和ライフネクスト株式会社では、入力作業が月1〜2時間に短縮され、人件費で計算すると1支社あたり月20万円の削減が実現しました。また、管理状況報告書のデータ化により、迅速なフィードバックが可能になり、作業日報のデータ化によって、きめ細やかなフィードバックが実現しました。これらの改善により、業務の効率化だけでなく、誤字やヒューマンエラーの減少、セキュリティ面での安心感も得られるようになりました。導入後の効果は、定量的にも定性的にも大きな成果をもたらし、業務改善に大きく貢献しました。
  • この導入事例のポイント
    • 管理部門に業務集中による負担増。従業員の疲労やミスが発生しやすい状況を改善したい
    • AI-OCRと組み合わせ、支払業務の自動化し、クラウドRPAも導入で業務変革へ
    • 支払業務の対応を3人から2人へ。業務フロー見直しや全社最適の視点を持てるように

    製品を導入することになった背景

    BizteX株式会社は、経理業務の完全自動化を目指し、管理部門の業務効率化に取り組んできました。この目標に向けて、同社は業務プロセスの自動化に必要な技術を探求し始めました。特に、繁忙期における業務負荷の軽減と、人的リソースの有効活用が急務であると認識していました。このような背景から、AI-OCR技術とクラウドRPAを組み合わせたソリューションに注目し、その導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    BizteX株式会社の管理部門では、取引先から受け取る請求書やPDFなどの書類をデータベースに残す業務が続いていました。これらの業務には多くの人的リソースが割かれており、特に経理業務では月末月初、労務では勤怠の締日から給与支給日までの短期間に業務が集中し、業務負荷が高まっていました。外部委託はコストがかかるため難しく、従業員の過剰な努力に依存する状況でした。この結果、人的ミスが発生しやすく、従業員の肉体的、精神的な負担も大きくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策として、BizteX株式会社はAI-OCR技術とクラウドRPAの組み合わせによる業務自動化に着目しました。この技術を活用することで、支払申請や経費計上などの繁雑な業務を自動化し、業務効率を大幅に向上させることが可能になります。特に、クラウドRPA「BizteX cobit」とAI-OCR「DX Suite」の組み合わせにより、業務プロセスの自動化を実現しました。この選択は、業務の自動化に対する高い関心と、これらの技術が管理部門の業務にもたらす可能性を認識した結果です。

    製品の導入により改善した業務

    製品の導入により、BizteX株式会社の管理部門は支払業務の請求書受領から経費計上までのプロセスを自動化することに成功しました。具体的には、支払申請のプロセスと経費計上のプロセスが自動化され、これにより業務効率が大幅に向上しました。導入前は3人が対応していた業務を、導入後は2人で対応可能になり、さらに慣れることでより多くの工数削減が見込まれます。また、自動化の実現だけでなく、業務フローの見直しのきっかけにもなり、管理部門の業務改善に大きく貢献しました。
  • この導入事例のポイント
    • 業務の手作業における時間と、従来OCRの低い読取精度による効率低下を解消したい
    • 高いAI-OCR読取精度と初心者でも使いやすい操作性があるDX suite
    • 申込書の入力業務を86%削減し、月間136時間の業務時間短縮を実現

    製品を導入することになった背景

    通信業界において、KDDI株式会社は法人顧客を主な対象としてサービスを提供しています。業務効率化の一環として、入力業務の自動化に向けた「AI-OCR導入プロジェクト」が立ち上がりました。このプロジェクトの発端は、申込書の手入力に多大な工数がかかっていたこと、および従来のOCR技術の読取精度の低さが業務に適用できなかったことにあります。これらの課題を解決するために、DX Suiteの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    KDDI株式会社では、申込書や請求書などの帳票処理において、従来のOCR技術では読取精度が低く、手入力に多くの工数を要していました。特に「auでんき」のサービス開始時には、申込書の手入力作業が前提となっており、業務効率化の大きな障壁となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策として、DX SuiteのAI-OCR技術が選ばれました。この技術は、読取精度の高さと、IT知識がなくてもすぐに使用できる操作性の良さが選定理由でした。DX Suiteの導入は、展示会での情報収集と、複数の製品を比較検討した結果、約半年間のトライアルを経て決定されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、KDDI株式会社は申込書の入力業務で約86%の業務時間削減を実現しました。特に、受注業務と支払業務において大きな効果が見られ、申込書や請求書の処理時間が大幅に短縮されました。また、社内への展開にあたっては、作業の洗い出し、運用ルールの取り決め、マニュアル作成の3つのステップが実施され、業務全体の自動化に向けた取り組みが進められました。
  • この導入事例のポイント
    • 調達本部が複雑な業務処理を紙ベースで行っており、書類処理による負担が大きかった。
    • 手書き文字の読取精度と非定型帳票の読み取りができるDX Suiteを導入
    • 従来の処理工数が年間5,267時間から3,107時間に短縮され、工数は59%削減

    製品を導入することになった背景

    NECネッツエスアイ株式会社では、企画からシステム構築、保守・運用まで、日本全国でICTシステムの導入支援を行っています。同社の調達本部では、発注業務のすべてを紙ベースで行っていました。この方法は、年間に大量の時間を消費し、業務効率の低下を招いていました。紙ベースの発注プロセスの非効率性と時間の浪費を解消するため、同社は業務のデジタル化を検討し始めました。この背景から、DX Suiteの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、NECネッツエスアイ株式会社の調達本部は、年間約3,000社に発注を行うなど、大量の発注業務を紙で管理していました。このプロセスは年間5,267時間もの処理工数を要しており、業務の大部分が紙の書類に起因する負担であることが明らかになりました。この状況は、業務効率の大きな障壁となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    NECネッツエスアイ株式会社は、発注業務の効率化を目指して、AI-OCR技術を検討しました。手書き文字の読取精度の高さと非定型帳票の読み取り能力を重視し、DX Suiteを選択しました。DX Suiteの高い読取精度は、他社ツールと比較しても顕著であり、90%を超える精度でデータを処理する能力が評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、NECネッツエスアイ株式会社は発注業務を完全にペーパーレス化し、年間2,160時間の労働時間を削減しました。これは、全体の処理工数における59%の削減に相当します。さらに、文書管理のコスト削減にも貢献し、以前は必要だった物理的な書類保管のためのコストが、サーバー管理費だけになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 業務フローの効率性と購買品の最適性の確認が難しくなり、人員の増加が難しい状況
    • AI-OCRとRPAの組み合わせ、使いやすいUI、簡単な内製化が可能に
    • 月100時間の発注業務を17%削減し、業務効率化、購買本部全体への水平展開検討も

    製品を導入することになった背景

    日本を代表する電気通信事業者であるKDDI株式会社では、発注業務に毎月数万件の伝票が発生し、膨大なリソースが必要でした。この業務の効率化が急務となり、AI-OCRとRPAの導入が決定しました。これは、業務プロセスの自動化を通じて、効率化を図るための重要なステップとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    KDDI株式会社の購買部は、毎月数万件の発注業務を担当し、業務量の増加とクオリティの維持が大きな課題でした。特に、帳票の数の増加により、業務が煩雑化しており、効率的な処理とミスのダブルチェックに多くの工数がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    業務の効率化を目指し、KDDI株式会社はAI-OCRとRPAを組み合わせることで、日々の帳票処理を自動化する方向で検討を開始しました。この技術の組み合わせにより、帳票の情報を自動で読み取り、システム上でチェックすることが可能となり、業務効率化の近道となりました。

    製品の導入により改善した業務

    導入後、KDDI株式会社は購買部内でのAI-OCRの水平展開を進め、毎月約100時間かかっていたソリューション発注業務の時間を約17時間削減することに成功しました。これは約17%の業務効率化を意味し、他部署やグループ会社からも注目される結果となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 業務時間不足により配送手配が滞り、東南海地震に備えBCP対策が急務であった
    • 高い読取精度で簡単にインターネットFAXと連携できるDX suiteを導入
    • 業務時間約65%削減、当日手配可能、紙の管理負担軽減、難読漢字も高精度に処理

    製品を導入することになった背景

    愛知県に拠点を置く株式会社ティーエムホールディングスでは、災害時に本社機能を維持するためにペーパーレス化の推進が急務とされていました。特に、東南海地震が発生した場合の全国的な事務処理の停止を防ぐ必要があり、大量のFAXが届く事務処理部門でのペーパーレス化が試みられました。この動きは、インターネットFAXの導入と、入力業務を自動化するAI-OCR「DX Suite」の導入検討へと繋がりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ティーエムホールディングスでは、事務代行やITコンサルティングなどを提供しており、特にBPO部門では毎日100〜200枚の申込書がFAXで届いていました。これらの申込書は、80項目を人の手で入力する必要があり、大量の人員と時間が必要でした。人員の確保や日々の処理枚数に応じた計画立てが困難であり、業務時間の削減と質の維持が大きな課題でした。

    導入前の課題に対する解決策

    対策として、株式会社ティーエムホールディングスは複数のAI-OCR製品を検討し、その中でも読取精度が高かった「DX Suite」の導入を決定しました。この製品は、インターネットFAXで届いた申込書データをAPI連携で自動アップロードし、AI-OCRによる読取からCSV出力までのフローを効率化します。この導入により、入力業務の自動化と、帳票の仕分けからシステム入力までのプロセスが大幅に改善される見込みでした。

    製品の導入により改善した業務

    「DX Suite」の導入後、年間4,896時間かかっていた業務時間が1,750時間へと削減され、約65%の業務時間が削減されました。これにより、申込書の入力が不要となり、人員を最低限に抑えつつ、他の業務に注力することが可能になりました。また、配送手配の迅速化が実現し、申込書が届いた当日中の手配が可能となり、業務効率の大幅な向上が達成されました。
  • この導入事例のポイント
    • 紙ベースの業務が多く、読み取り誤りや手間が発生。セキュリティ上の懸念も。
    • 100以上の帳票対応可能なユーザカスタマイズ性があり、セキュリティ基準に適合
    • 業務効率の向上と入力ミス削減。セキュリティ強化と柔軟な業務対応が実現。

    製品を導入することになった背景

    トヨタファイナンス株式会社は、グループ全体でデジタル化を推進する方針を採用していました。金融・保険業界における厳しいセキュリティ基準を遵守しつつ、紙ベースの業務を効率化する必要があると感じていました。そこで、業務効率化とコスト削減を実現するために、オンプレミス版AI-OCR「AI inside Cube」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は、クレジットカード事業などで紙を多用する業務が多く、デジタルサービス化の過渡期にありました。毎月約10万件以上の書類登録処理を行う中で、繁忙期には書類が大量に一度に到着し、登録までのリードタイムの短縮や急な人員増員が困難な状況でした。加えて、手書き内容の読み間違いや入力ミスが発生しやすく、二重の作業が必要であるなど、業務効率化に大きな課題を抱えていました。

    導入前の課題に対する解決策

    AI inside Cubeの選定では、ユーザーカスタマイズが可能であること、100種類以上の帳票に柔軟に対応できることを重視しました。読取精度や機能面、コスト面で他社製品と比較し、最終的にこの製品を選んだ理由です。また、クラウド版からセキュリティ基準を満たすオンプレミス版への移行も、業務効率化の大きな要因となりました。

    製品の導入により改善した業務

    導入後、書類の登録業務が大幅に効率化されました。AI-OCRを用いて書類を読み取り、事前に定義した項目を「OCRにエントリー」し、登録情報と照合するプロセスを確立。これにより、人の確認作業が削減され、残業や人員調整の必要性が軽減されました。また、入力ミスや情報漏洩のリスクを減少させ、1人で登録作業を完結できるようになり、業務の生産性と品質が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 業務量の急増により、保育所入所事務が非効率的で、職員の超過勤務が頻発した
    • セキュリティ確保と高性能なDX Suiteで、大量の申請書を効率的に処理可能
    • AI-OCRとRPAにより受付簿作成が自動化、500時間の業務時間削減

    製品を導入することになった背景

    横浜市役所では、紙ベースの行政手続きにおける業務オペレーションの効率化を目指し、オンプレミス版AI-OCR「AI inside Cube」の実証実験に踏み出しました。全国で最も多い人口を抱える政令指定都市として、大量の紙文書をデジタル化し、処理することの必要性が高まっていたため、この技術の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    横浜市役所では、保育所への4月入所を目指す約17,000件の申請書類を人の手で処理しており、短期間での大量の書類処理による業務負荷が課題でした。申請期間中は超過勤務が常態化し、申請内容の手入力やチェックには膨大な時間とコストがかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    デジタル化への移行を検討する中で、横浜市役所はAI-OCR「AI inside Cube」の導入を選択しました。セキュリティ基準の厳しさ、高い読取精度、センシティブな個人情報の取扱いの安全性を考慮して、この製品が最適であると判断。保育関連事務業務の効率化を目指し、実証実験を通じて導入の決定を行いました。

    製品の導入により改善した業務

    AI-OCR技術の導入により、横浜市役所は業務時間を500時間削減し、デジタル化による多くのメリットを享受しました。特に、申請書類のデータ化により、区役所間での情報共有が容易になり、市役所で一括して行なっていた認定業務に関する問い合わせ対応が効率化されました。
  • この導入事例のポイント
    • 手書きの入居申込書のFAX入力が煩雑で読みにくく、時間的・精神的な負担が大きい
    • AI-OCR機能が充実し、導入しやすい価格で、サポートが充実したDX suite
    • 入居申込書のデータ化がスムーズに。サポートの良さで安心して活用できるようになった

    製品を導入することになった背景

    横浜市大倉山を中心に賃貸住宅の管理業務を展開している株式会社オキムスは、紙ベースの帳票が多い不動産業界において、業務の効率化を目指し、AI-OCRの「DX Suite Liteプラン」を導入しました。FAXで届く年間約300件の入居申込書の手入力が大きな負担であり、業務改善の必要性を感じていたことが導入のきっかけです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社オキムスは、入居申込書などの帳票をFAXで受け取り、手入力でデータ化していました。この手作業は時間がかかるだけでなく、精神的な負担も大きく、特に1〜3月の繁忙期には作業量が増加していました。また、不動産業界特有の紙帳票の多さがデジタル化の妨げとなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    導入の決め手は、DX Suiteの充実した機能と導入しやすい価格でした。AI insideの講演を聞いたことがきっかけで、DX Suiteを選択。トライアルを通じてFAXの読取精度や現場の使いやすさを確認し、細かな設定なしで容易に導入できる点も魅力でした。また、DX Suite講座の動画などのサポートツールが理解を助けました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、入居申込書のデータ化業務が大幅に効率化されました。手入力に比べて時間短縮が実現し、精神的な負担も軽減されたことで、社員からは業務が楽になったとの声が挙がっています。また、導入後のサポートも充実しており、月額3万円のプランで費用対効果にも納得しています。導入効果は、業務時間の短縮に留まらず、会議の議事録や行政からの指示など、他の文書のデータ化にも活用されています。
  • この導入事例のポイント
    • 新契約処理業務の日々の大きな変動と多様な申込書類、職員教育コストの増大
    • 高い読取精度、ユーザビリティ、コスト削減、セキュリティ確保に対応DX suite
    • 約40-50%のコスト削減、業務処理時間3時間に短縮、在宅勤務が可能に

    製品を導入することになった背景

    日本生命保険相互会社では、社会の変化に伴う顧客サービスの向上と業務効率化を目指し、「デジタル5カ年計画」を掲げてDXに取り組んでいます。特に金融法人契約部では、新契約申込書類の処理コストの削減を目的に、AI-OCR「AI inside Cube」の導入を決定しました。この動きは、紙ベースの業務が多く、デジタル化が強く求められていた背景からきています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は新契約申込書類の処理に関して、何百枚もの書類を手作業で入力し目視で点検するなど、時間とコストの大きな負担を抱えていました。加えて、業務量の波が大きく、人手に頼る体制が課題となっていました。特に、新契約業務においては、日々大量の紙ベースの申込書が届き、それらの効率的な処理が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    日本生命保険相互会社は、上記の課題を解決するために、AI-OCR技術を活用することを選択しました。特に「AI inside Cube」は、読取精度の高さ、ユーザビリティの良さ、コストの低さ、強固なセキュリティを理由に選ばれました。この技術導入により、紙ベースの申込書類をデジタル化し、自動で処理する体制を確立することを目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    「AI inside Cube」の導入により、新契約処理業務のコストを約40%〜50%削減し、業務効率が大幅に向上しました。この結果は、手作業での処理時間が大幅に短縮されたことによるものです。さらに、在宅勤務がしやすくなるなど、働き方の柔軟性も向上しました。これらの成果を基に、社内でのさらなるDX推進への動きが加速しています。
  • この導入事例のポイント
    • 育休中の人手不足やFAX注文の処理を改善し、営業部の働きやすい環境を実現したい
    • 高いAI-OCR読取精度、RPA組み合わせやすいDX Suiteを導入
    • 50%も業務時間削減し、育休社員補完を達成。 入力業務も効率化が実現した

    製品を導入することになった背景

    未来工業株式会社は、「日本一幸せな会社」を目指し、社員の働きやすさを重視しております。特に、最長3年の育休制度を設け、出産後の社員がほぼ全員職場に復帰しています。しかし、この育休制度により一時的に人手不足が発生し、特に営業部門ではこの人手不足が大きな課題となっておりました。全国27営業所で毎日約4,000枚から5,000枚のFAXによる注文書を処理しており、この業務の継続が困難な状況にありました。この課題を解決するために、AI-OCR「DX Suite」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    未来工業株式会社は、育休による担当者不在期間の乗り越え方を模索していました。特に、注文書の処理を担う営業部門では、FAXによる注文の多さに加え、Web経由の注文も増加しており、当日中の処理が求められている状況でした。育休取得による一時的な人手不足は、周囲の協力だけでは解決できず、新規の人材採用も困難であったため、営業部門の業務継続に大きな課題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    AI-OCR「DX Suite」の導入は、以前からOCR技術を利用していた経験があり、その認識精度の高さから選ばれました。DX Suite の読取精度は、辞書設定やデータ加工を利用した結果、FAXの活字読取精度が100%であったことが決め手となりました。この高い精度により、育休期間中の業務継続を支える解決策として、DX Suite の導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suite の導入後、未来工業株式会社ではRPAとFAX受注システムとの組み合わせにより、注文書処理業務の約50%の時間短縮を実現しました。この結果、育休社員の業務補完の目標を達成し、以前に比べて効率的な業務が可能になりました。さらに、導入直後から、業務の効率化を実感する声が多数寄せられ、他の営業所からも導入の要望がありました。
  • この導入事例のポイント
    • 請求書や工事書類の手入力による業務遅延とさまざまな紙の書類をデータ化を改善したい
    • AI-OCRの高い読取精度と使いやすさ、簡単な導入が可能なDX Suiteを導入
    • 請求書処理時間を大幅に短縮し、業務効率化を実現。手書き情報のデータ化も実現した

    製品を導入することになった背景

    旭シンクロテック株式会社は、デジタル化の必要性を強く感じておりました。特に、紙の資料を活用しきれていないことや、紙による業務効率の低下が課題であると認識していました。この認識のもと、業務効率化を目的としてAI-OCRとRPAの導入を決定しました。AI-OCR「DX Suite」の読取精度の高さが、導入の決め手となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は毎月600〜1000件の請求書を手入力で処理しており、その他にもヒヤリハット報告書などの紙資料をPDFで保存し、本社にメールで送信後、原本はファイルで保管していました。このような手作業によるデータ管理は、時間がかかり、業務効率が著しく低下している状態でした。

    導入前の課題に対する解決策

    旭シンクロテック株式会社は、読取精度と使いやすさを重視して、AI-OCRソリューションの中から「DX Suite」を選択しました。DX Suiteの高い読取精度と、従業員が簡単に使いこなせるシステムの操作性が評価されました。これにより、請求書の読取りを自動化し、業務の効率化を図ることができました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、請求書の入力業務が自動化され、月に約100時間を占めていた手作業によるデータ入力の必要がなくなりました。また、ヒヤリハット報告書を含む紙資料のデータベース化が進み、すべてのデータをデジタル化して効率的にアクセス可能になりました。これらの改善により、業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 不動産業界での契約書と請求書の大量処理が手作業で時間と労力を要し、誤りも発生
    • 高い読取精度と非定型データ対応、コストの低さと定義設定が簡単なDX suiteを導入
    • 契約書処理において92%の業務時間削減、請求書データ化は2時間から20分に短縮

    製品を導入することになった背景

    東京建物株式会社は、多岐にわたる不動産事業を手掛ける日本で最も長い歴史を持つ総合不動産会社です。同社は紙ベースの業務処理に課題を抱えており、特に請求書や契約書の処理に多大な時間と労力がかかっていました。これらの課題を解決するため、効率化と業務のデジタル変革を目指しAI-OCRの「DX Suite」を導入するに至りました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は、年間約12,000枚の請求書と契約書を手作業で処理しており、繁忙期には業務量の増加が著しく、効率の低下と誤入力のリスクが高まっていました。紙ベースの作業が多いため、データのデジタル化や集約が困難であり、経験と勘に頼る事業戦略から脱却し、データに基づく意思決定を行う必要性が高まっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    東京建物株式会社は、DX Suiteの導入を決定しました。この決定は、ビジネスブレイン太田昭和によるDX Suiteの紹介と、他社の推薦に基づくものでした。DX Suiteの高い読取精度、特に手書き文字の認識能力、および非定型文書の処理能力に魅力を感じ、比較検討の結果、この製品を選択しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、東京建物株式会社は契約書と請求書の処理時間を大幅に削減しました。具体的には、契約書処理で92%、請求書処理で84%の時間削減を達成。これにより、業務の平準化が実現し、季節的な業務の偏りが解消されました。DX Suiteは、まるでもう一人の社員のように機能し、少ない人手で以前と同じ業務を効率的にこなすことが可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 年間20〜30万件の返品伝票の手入力と処理業務を効率化し、現場の負担を解消したい
    • 高精度な手書き文字の読取精度と初めてのAI-OCRでも導入しやすいサポート体制
    • 導入後、業務効率向上で返品業務が75%削減され、デジタル化に対して積極的に

    製品を導入することになった背景

    セロリー株式会社は、事業用ユニフォームを製造する岡山県倉敷市の企業です。デジタル化に遅れをとっていた同社は、業務効率化とDXの必要性を感じ、返品伝票の手入力作業に対処する方法を模索しました。これがAI-OCR「DX Suite」の導入につながりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    セロリー株式会社は年間約20〜30万件の返品業務を処理しており、返品伝票の手入力によって大きな労力がかかっていました。営業事務員は返品伝票の処理に毎日1時間以上を費やし、締日前には残業が発生する状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策を探求する過程で、セロリー株式会社はAI-OCR技術に注目しました。特に「DX Suite」は、手書き文字の読取精度の高さが導入の決め手となり、トライアルを経てこの製品を選択しました。同社はWebセミナーを活用して、担当者一人での導入が可能であることを確認しました。

    製品の導入により改善した業務

    「DX Suite」の導入後、返品業務にかかる時間は75%削減され、残業が発生しなくなりました。また、返品伝票以外の紙資料の処理にも同製品を活用し、業務効率化を実現しました。これにより、現場からもデジタル化に対する積極的な提案が出るようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手動での大量の回答用紙入力が負担。在宅勤務や少人数で効率化が求められた。
    • 高い読取精度、Elastic Sorter機能が搭載されたDX Suiteを導入
    • 在宅勤務で少人数でも繁忙期の業務対応が可能となり、サービス信頼度向上も向上した

    製品を導入することになった背景

    株式会社ジィ・ディー・エルは、人事アセスメントツールの運営や人事コンサルティングを提供しており、「CUBIC適性検査」の回答用紙の入力業務の効率化を目指していました。繁忙期には一日で数百枚の回答用紙を手入力する必要があり、現場の身体的な負担も大きかったため、業務の効率化を図るためにAI-OCR「DX Suite」とRPAの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社では、採用や人材活用に関する各種サービスを提供していましたが、適性検査の回答用紙を手入力することによる業務の非効率性と、繁忙期の業務負担の増大が課題となっていました。特に、3〜5月の採用シーズンには、1日に50〜60社分の入力が必要であり、残業が増え、身体的な負担も大きかったです。

    導入前の課題に対する解決策

    AI-OCRの技術に関する知識がありながらも、以前は読取精度の低さから導入を見送っていた株式会社ジィ・ディー・エルは、DX Suiteの市場シェアの増加と導入実績の充実を受け、その高い精度と効率性に魅力を感じ、トライアルを実施。読取精度の高さと、帳票の種類ごとに自動で仕分ける機能など、期待を超える機能によりDX Suiteの導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、株式会社ジィ・ディー・エルは業務フローを大幅に改善。以前は手入力と手作業に頼っていた業務が、DX SuiteとRPAにより大幅に自動化され、在宅勤務でも少人数で業務を完結できるようになりました。特に、レポート作成と顧客への返送が迅速化され、サービスの信頼性向上に貢献しました。この変化は、顧客に対するサービスの質の向上という形で明確な成果をもたらしました。
  • この導入事例のポイント
    • 紙媒体ベースの業務で手間と誤りが発生。既存OCRの認識精度不足を解消したい
    • 高精度な読み取り機能、手頃な価格で、迅速なサポート体制のDX Suiteを導入
    • 住宅ローン作成自動化により年間1,000時間以上の業務時間削減、業務効率向上。

    製品を導入することになった背景

    株式会社名古屋銀行は、地域社会への奉仕を目的とし、金融業務の枠を超えたサービスを提供してきました。中期経営計画でテクノロジーの活用を重点戦略と位置付け、その一環としてAI-OCR「DX Suite」の導入を決定しました。この技術を用いることで、業務のデジタル化を加速し、銀行業から『未来創造業』への転換を目指すというビジョンが背景にあります。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社名古屋銀行では、紙ベースの業務が多く、特に住宅ローンの事前審査申込書などの手入力作業が存在していました。これらの業務は時間がかかり、過去のデータデジタル化も困難でした。効率化とデジタル化を目指す中で、紙の業務プロセスの自動化が大きな課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題に対し、AI-OCR技術を核とする「DX Suite」が選ばれました。この製品は紙媒体のデータをデジタル化し、後続処理を自動化する能力を持っています。株式会社名古屋銀行は、この技術を活用することで業務効率化を実現しようと考えました。DX Suiteの導入は、その読取精度の高さやExcelとの連携機能による自動化の実現が決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    「DX Suite」の導入により、株式会社名古屋銀行は年間1,000時間以上の業務時間削減を実現しました。住宅ローンの事前審査申込書のデジタル化をはじめ、過去データのデジタル化が可能になり、業務効率化を大きく進めることができました。また、デジタル化により、データの活用範囲が拡大し、銀行業務の枠を超えた新たなサービス提供が可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 業界の人手不足に対応し、手書きの発注書や請求書関連業務の停滞を改善したい
    • シンプルで使いやすく、AI技術で約9割の高い読取精度のDX Suiteを導入
    • 業務の生産性は2倍に向上し、1時間あたりの処理件数が40から80〜90に増加

    製品を導入することになった背景

    ビーウィズ株式会社は、人手不足の問題に直面し、業務の効率化が急務となりました。特にコールセンターサービスやBPOサービス、デジタル/AIソリューション販売を手掛ける同社では、顧客の高い要求に応えるため、最新技術の導入が必要でした。AI-OCR技術への関心が高まり、その活用方法を社内で模索し始めたのがきっかけでした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ビーウィズ株式会社は、人手不足の深刻化に伴い、業務運営の効率化が急務となっていました。従来のOCR技術では、要求される業務の幅広さに対応できず、特に発注書や請求書など手書き書類の処理には効率の良い解決策が必要でした。これらの課題に対処するため、新しい技術の導入が検討されました。

    導入前の課題に対する解決策

    ビーウィズ株式会社は、業務効率化のためにAI-OCR技術の導入を決定しました。数ある製品の中から、DX Suiteが選ばれた理由は、その使いやすさと高い読取精度にありました。同社はAI技術を活用して読取精度を向上させるAI-OCRの導入を進め、業務のデジタル化と自動化を図りました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、ビーウィズ株式会社の業務生産性は約2倍に向上しました。特に、文書のデータ化作業において、以前は1時間で処理できた件数が、導入後は80〜90件に増加しました。この改善により、人手不足の問題を軽減し、より多くの顧客要求に応えられるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手作業による請求書や伝票の処理を自動化し、 社内全体で業務効率化を図りたい
    • 手書き文字の高精度な読取、多機能なデータ変換に対応するDX Suite
    • 年間約1,200件の請求書処理が自動化、手書き文字の読取精度が99%以上に達した

    製品を導入することになった背景

    アルファテックス株式会社は、業務効率化とデジタルトランスフォーメーションを目指し、顧客のDX支援と社内業務の改善を進めていました。先進的な技術を取り入れる中で、AI-OCR技術に着目。従来のOCR技術では対応できなかった手書き文書の処理を効率化するために、DX Suiteの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は請求書や伝票の処理を人手に頼っていましたが、その量は膨大で、紙ベースでの作業はミスや残業を引き起こす原因となっていました。効率化のためにデジタルツールの導入が急務とされ、特に手書き文書の正確な読み取りが可能なソリューションが求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX SuiteのAI-OCR機能は、手書き文字の読み取り精度が99%以上と高く、その他にもデータ変換機能が充実している点が評価されました。展示会での発見から、様々な製品を比較検討し、読み取り精度と機能性の両面でDX Suiteを選択。導入にあたり、AI insideのサポートも決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、年間約1,200件の請求書処理を自動化しました。紙の請求書をスキャンし、PDF化してからDX Suiteでテキストデータ化し、会計システムへの自動連携を実現。これにより、請求書入力作業が大幅に削減され、経理部門の社員はより専門的な業務に注力できるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 不安定な手書き文字の読み取りが可能なAI-OCRの導入と紙に伴う業務を改善したい
    • API連携がしやすく、高い読取精度機能が搭載し手軽な価格なDX Suiteを導入
    • 手書き文字の読み取り精度の向上や業務のデジタル化に伴う効率化を達成した

    製品を導入することになった背景

    株式会社インターパークは、業務アプリプラットフォーム「サスケ Works」の開発・運営を行っています。顧客から手書きのデータ化ニーズが高まる中、読取精度の高いAI-OCRを求めていました。AI-OCR「DX Suite」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は手書きデータのデジタル化に関する要望に応えるため、効率的なソリューションを探求していました。特に、アンケート用紙や契約書などの手書き文書の読取精度の向上が課題でした。

    導入前の課題に対する解決策

    AI-OCR機能を備えた「DX Suite」をサスケ Worksに追加することで、手書き文書のテキストデータ化を可能にしました。この技術選定は、APIの連携のしやすさ、高い読取精度、手頃な価格などを基準に行われました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入後、顧客は手書き文字の読取精度の向上により高い評価を得ました。例えば、ある企業では月に1,000件近くの作業報告書がデータ化され、業務の効率化が実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • AI-OCRの読取精度の不足と人手不足による年末調整業務の遅れを改善したい
    • 読取精度の向上と豊富な導入実績、現場の要望に柔軟に対応するDX Suite
    • 人手不足の解消により、自社で入力業務が完了でき、入力業務において読取エラーが減少

    製品を導入することになった背景

    日本総合住生活株式会社は、集合住宅管理のパイオニアとして、UR都市機構の賃貸住宅や分譲マンションの管理を担っています。デジタル化の波に乗り遅れないよう、2019年から本格的にデジタル化の取り組みを開始しました。2020年7月には、デジタル化戦略推進室を立ち上げ、業務効率化を目指しています。特に年末調整の時期には人材不足の影響で外部からの支援が得られなくなり、自社での入力業務が困難になったことから、AI-OCR技術への注目が高まりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は、約90万戸の管理業務を全国で展開しており、年末調整書類の入力業務など、多くの紙ベースの業務をアウトソースしていました。しかし、以前導入したAI-OCR技術では読取精度が低く、業務に適応できなかったため、効率化には至りませんでした。このような背景から、業務効率化を実現するためには、より高い精度と機能を持つ製品が必要だという認識が深まりました。

    導入前の課題に対する解決策

    DX Suiteの導入は、社内の業務デジタル化を加速するための突発的なトラブルから始まりました。人材不足によるアウトソースの困難さを背景に、AI-OCR「DX Suite」が選ばれた理由は、読取精度の高さと大手企業での導入実績の豊富さでした。DX Suiteには、仕分け機能や自動画像補正など、以前のAI-OCRにはなかった機能があり、これらの機能が業務の効率化を大きく前進させる鍵となりました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、年末調整をはじめとする複数の業務で大幅な効率化が実現しました。特に、年末調整業務では外部への依頼が不要となり、自社内での入力作業が可能になったことは大きな進歩です。また、入金関連の業務では、DX Suiteを活用することで以前は時間がかかっていた入力作業の時間を大幅に短縮し、入力ミスの削減にも成功しました。これらの改善により、他の業務に割ける時間が増え、業務全体の生産性向上に貢献しています。
  • この導入事例のポイント
    • 入力業務の人権コスト抑制とデータ入力のスピードや正確性の確保を図りたい
    • 手軽かつ柔軟に帳票設定ができ、API機能で自動化が実現するDX suite
    • 人件費約40%の削減と全体の業務を自動化。夜間や休日でも業務が継続可能に。

    製品を導入することになった背景

    SCSKサービスウェア株式会社は、新型コロナワクチンの予診票を効率的にデータ化する必要性から、AI-OCR「DX Suite」を導入しました。労働人口の減少とデータ入力業務のコスト削減が急務となり、高い手書き文字読取精度を持つDX Suiteが選ばれました。この背景には、ペーパーレス化の推進と、市場の変化に迅速に対応するためのデジタル化の必要性がありました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    SCSKサービスウェア株式会社は、新型コロナワクチンの予診票のデータ入力において、手作業での入力による人件費の増加と業務の平準化の難しさに直面していました。データ入力は労働集約型のビジネスであり、高齢化の進展と労働人口の減少は、オペレーターの確保とコスト管理に大きな課題をもたらしていました。

    導入前の課題に対する解決策

    SCSKサービスウェア株式会社は、手書き文字の読取精度が高く、セキュリティ面で優れたDX Suiteを選択しました。この製品の導入により、入力から出力までのプロセスを全自動化し、人件費を大幅に削減することが目指されました。AI inside Cubeの導入により、セキュリティを確保しつつ、データ化業務を効率化することが可能になりました。

    製品の導入により改善した業務

    導入後、SCSKサービスウェア株式会社は人件費を約40%削減し、最大で月間40万枚の帳票をデータ化する能力を実現しました。DX Suiteの高い読取精度と、APIを活用した業務の全自動化により、データ入力と確認作業を効率化しました。これにより、短いリードタイムでのデータ化が可能となり、業務プロセスの大幅な改善を達成しました。
  • この導入事例のポイント
    • 従来の紙の帳票を各地で回収し、システムへの手動入力作業の作業負担の軽減を図りたい
    • 従来の手動作業に伴う課題を解決し、業務全体の品質と効率を上げる DX Suite
    • 帳票データの自動読み取りに成功し、手動入力業務を10分の1まで削減した

    製品を導入することになった背景

    エームサービス株式会社は、1976年に設立され、食を中心に多岐にわたる新しいサービスを提供してきました。毎日約130万食を全国約3,900の施設で提供する同社は、業務効率化を図るためにDX Suiteの導入を決定しました。導入の大きなきっかけとなったのは、納品伝票や売上集計表などのデータ化における業務の負担でした。これらの業務を効率化することで、より本質的な業務に注力できるようになることを目指しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社は、日々約300枚の納品伝票や売上集計表を手作業でデータ入力していました。この手作業によるデータ化は、業務時間の大幅な消費を招き、本来の業務に専念できない状況を生み出していました。データ入力に追われることで、効率性の低下や業務の遅延が発生していたのです。

    導入前の課題に対する解決策

    エームサービス株式会社は、課題解決のためにDX SuiteのAI-OCR機能に着目しました。この製品を選んだ理由は、高い読取精度と操作性の良さにありました。トライアルを通じて、読取精度が90%を超えることを確認し、他社製品との比較検討を行わずに導入を決定しました。また、導入前の課題を軽減するために、紙の帳票をデジタル化し、データ入力作業を自動化することで、業務効率の向上を図りました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、エームサービス株式会社は業務時間を約90%削減することに成功しました。毎日約300枚の帳票を効率的にデータ化できるようになり、入力担当者は本来の業務に集中できるようになりました。この改善により、社内の業務効率が大幅に向上し、デザイン業務など他の重要な作業にもより多くの時間を割くことが可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手書き文字の高精度なデータ化で修正作業の削減と紙の帳票による業務の効率化
    • 紙の帳票からの自動アップロード機能と高い読取精度が特長のDX suite
    • 読取精度向上により修正作業が軽減、軽減業務の効率化により、会社全体で業務効率化

    製品を導入することになった背景

    日本ガス株式会社は、業務効率化とデジタル化を推進する一環として、AI-OCR「DX Suite」の導入を決定しました。この決断は、全社的な業務効率化を背景に、手作業での入力業務の時間短縮と精度向上を目指すためのものでした。鹿児島市を中心に総合エネルギー事業を展開する同社は、この技術を用いることで、事務センターでの紙帳票の手入力作業を効率化し、業務時間を大幅に削減する目標を持っていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、日本ガス株式会社は業務のデジタル化、DXを推進していましたが、特定の業務では紙ベースの運用が残っており、これが効率化の妨げになっていました。具体的には、事務センターのオペレーターが紙帳票を手入力しており、業務にかかる時間の削減と精度の向上が求められていました。また、社内での業務効率化意識の向上も必要とされていました。

    導入前の課題に対する解決策

    同社は、効率化とデジタル化を進めるために、AI-OCR技術の導入を検討し始めました。複数のAI-OCRツールを比較検討した結果、「DX Suite」を選択しました。その決め手は、手書き文字の高精度なデータ化能力、読取精度、操作性、セキュリティ面での優れた性能でした。特に、読取精度を最優先事項とし、システム全体の使い勝手やセキュリティ面での安全性も重視されました。

    製品の導入により改善した業務

    「DX Suite」の導入により、日本ガス株式会社では業務時間が大幅に削減され、5分かかっていた作業が30秒で完了するようになりました。この効率化は、事務センターの申込書入力業務だけでなく、導管部門の保安業務にも及んでいます。導入後、業務効率化に対する社内意識が向上し、業務の幅を広げることができ、会社全体での業務効率化が進んだことが実感されています。
  • この導入事例のポイント
    • 手動の事務作業と紙の帳票データ化にかかる時間の削減により、生産性向上を図りたい
    • 必要な操作が一画面に、ボタンをクリックするだけで作業完了するDX Suite
    • 業務プロセスの効率化と生産性向上が達成され、現場のストレスが軽減された

    製品を導入することになった背景

    日本通運株式会社では、業務効率化と自動化を目指し、DX Suiteの導入を決定しました。IT中期経営計画に掲げられた「年間100万時間の削減」目標達成への貢献と、慢性的な労働力不足及び高年齢化による経営上の課題解決を図るため、2018年3月にRPAプロジェクトが立ち上げられました。RPAとAI-OCRの導入により、ルーティン業務を自動化し、営業活動やマーケティング活動への人材再配置を目指しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    日本通運株式会社は、全国の物流拠点でトラックドライバーとアルバイトによる運転日報と勤務日報を手作業でExcelにデータ入力していました。この煩雑なデータ入力作業は、毎月平均450件の帳票を処理し、業務効率の低下を招いていました。また、紙の帳票をデータ化するためのアウトソーシングでは、スピード感の欠如が課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    課題解決のため、DX Suiteを含む複数のAI-OCRツールを比較検討しました。最終的に、ユーザーフレンドリーなインターフェースと直感的な操作が可能なDX Suiteを選定。このツールの導入により、紙の帳票をデジタルデータに自動変換し、RPAを利用して業務プロセスの自動化を図ることにしました。導入の決定は、現場ユーザーの使いやすさを最優先事項として行われました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、日本通運株式会社は全国93拠点で年間6万時間弱の事務作業を削減する成果を達成しました。入力ミスの大幅な減少により、業務の正確性が向上。さらに、事務作業の効率化だけでなく、業務フローの見直しを通じて、運転日報の標準化や帳票の項目数削減など、業務改善にもつながりました。これらの改善により、事務作業にかかる時間と労力が大きく削減され、より戦略的な業務に注力できるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • アジャイル開発の方針と、送付物が社員に通知されるシステムの構築を図りたい
    • コスパの良さ、高い読取精度、専門知識がなくても使いやすいDX suiteを導入
    • 送付物管理システムの構築により、在宅勤務中や外出時でも送付物を確認できるように

    製品を導入することになった背景

    株式会社テプコシステムズは、電力業界全体の環境変化に応じて、より迅速な開発を実現するために、アジャイルを中心とした業務改革に取り組んでいました。その一環として、「送付物管理システム」の構築に際して、AnyDataとDX Suiteを導入しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、同社では総務部が送付物を一括受領し、各部署に配布していましたが、コロナ禍での在宅勤務の導入により、送付物を確認するためには出社する必要があるという課題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    この問題を解決するために、株式会社テプコシステムズはAnyDataを利用して簡単にAIモデルを構築できる方法を採用しました。これにより、リソースをシステム開発に集中させ、送付物をどこからでも確認できるシステムを構築することができました。

    製品の導入により改善した業務

    導入により、社内の送付物管理が大幅に効率化されました。社員は在宅勤務中も送付物を確認できるようになり、送付物確認のための出社が不要になりました。これにより、ハイブリッドな働き方が実現し、業務効率が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 入力期間は疲れやストレスが溜まってしまい、通常業務と並行しなければならない
    • クリックのみのシンプルな操作性が職員間で好評でDX Suite 導入を導入した
    • 単純な入力業務を効率化し、職員にしかできない業務に時間を使えるようになった
  • この導入事例のポイント
    • 現場で機材を点検しながら記入しなければならない点検記録や、日報の入力の多さが課題
    • 手書き文字の読取精度が高く、また可変帳票にも対応するAI-OCRの導入
    • 点検記録、作業日報、請求書、出勤簿合わせて、月間約400時間の業務時間削減に成功
  • この導入事例のポイント
    • 受注業務、紙やFAXで届く注文書の入力業務を人の手で対応していたことが課題
    • インターネットで情報を収集するなかでAI-OCRを知り、DX Suiteを導入
    • 読み間違いなどの人的ミスがなくなり、繁忙期の残業も減り、時間を作ることができた
  • この導入事例のポイント
    • FAXや紙で帳票が届き、入力に時間がかかり、保管や廃棄のコストがかかるのが課題
    • 同じ悩みを抱えていた企業様からDX Suite をご紹介され、導入した
    • 納品書の処理が、処理に時間がかかっていたが、導入してから数分で終わるようになった

    製品を導入することになった背景

    ケイティケイ株式会社は、業務効率化とデジタル化を目指していました。特に、注文書、納品書、請求書のデータ化が必要で、多くの時間と労力がこれらの入力業務に費やされていました。そこで、AI-OCR「DX Suite」の導入を決定しました。この製品は、他のOCRソフトと比較しても読取精度が高く、多機能であるため選ばれました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ケイティケイ株式会社は、多くの紙の帳票を処理する必要がありました。特に、納品書の処理には毎日多くの時間がかかっていました。また、これらの帳票は1年間保管され、その後廃棄されるため、保管コストと廃棄コストもかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    同社は、多くのOCRソフトを検討しましたが、DX Suiteが最も適していると判断されました。DX Suiteは、読取精度が高く、利用ユーザ数や帳票の設定数が無制限であるため、多くの帳票を効率よく処理することができました。

    製品の導入により改善した業務

    DX Suiteの導入により、納品書の処理時間が大幅に削減され、月に90時間もの時間を節約することができました。これにより、他の業務にも対応できるようになり、業務の柔軟性が向上しました。また、紙のコストも削減され、より効率的な業務運営が可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 処理する書類は膨大な量 業務効率化を実現し、繁忙期の業務量を少しでも削減したい
    • SCSK株式会社のご担当者から、DX Suite の読取精度の高さを伺い、導入
    • 千葉ニュータウンの事業所では11名分のコストが削減、新規採用をする必要がなくなった
  • よく比較されている
    「AI OCR」の製品:38件

    38件中 1~4件表示

    文書管理システム AI OCR 電子帳票システム

    株式会社インフォディオのDenHo(デンホー)は、オフィスの紙帳票・PDFをいつでもどこでも検索・閲覧可能に、電子帳簿保存はこれ1つで簡単対応できる電子帳簿保存クラウドサービスです。DenHo(デンホー)はAI-OCR・タイムスタンプも標準搭載だから、追加料金は不要。これひとつで電子帳簿保存法対応することができます。また、非常にシンプルな機能であることから誰でもすぐに使いこなすことができます。初期設定もほとんど不要なため、すぐに使い始めることができます。電子帳簿保存で業務効率化を図りたい企業はもちろん、電子帳簿保存の準備にまだ手をつけられていない企業や、電子帳簿保存の準備に人的リソースを割けそうにない企業への迅速な電子帳簿保存導入をDenHo(デンホー)は強力に支援いたします。

    製品のおすすめポイント

    • ラクラク電子保存、 AIが自動で分類・データ化
    • 全ての保存帳票の文字列を検索可能(全文検索)
    • どこからでも確認・検索OKでテレワークを促進
    • 手書き文字の帳票もデータ化
    • 大手企業で実績のある安心の技術
    運営企業情報 株式会社インフォディオ
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 電子帳票システム 電子帳簿保存法対応 インボイス制度対応 タイムスタンプ AI OCR機能 名刺スキャン 帳票種類分け(タグ付け) ワークフロー 非定型帳票対応 手書き文字対応 撮影画像対応 画像読み取り 準定型帳票対応 スマホでスキャン可 タイムスタンプ PDF編集 API連携 Excel変換 Word変換 RPA連携 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    文書管理システム AI OCR 契約書管理システム

    株式会社オプティムのOPTIM Contractは、AIを活用した契約書管理サービスです。契約書データのアップロードでAIが契約書のタイトル・企業名・契約締結日・契約終了日を取得し、契約書一通ごとの情報を管理します。フリーワード・タグ・全文での検索など柔軟な検索機能を持ち、契約更新も自動でリマインドされるなど契約管理に必要な要素が詰まっています。また、権限の与えられた契約書にのみアクセスが許可され、役割に応じた権限管理が可能です。

    製品のおすすめポイント

    • AIが自動で、契約書の管理台帳を作成
    • スキャンした契約書をOCR処理でテキストデータ化
    • 電子帳簿保存法に則して電子契約を保管可能
    • セキュリティ対策も万全
    運営企業情報 株式会社オプティム
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 属性検索 外部連携 OCR登録 CSVファイル出力 アクセス制限 ドラッグ&ドロップ登録 他サービス連携 英語対応 手書きの読み取り可 スキャンデータの文字検索可 AI自動管理 リスク検出 帳票種類分け(タグ付け) ワークフロー 英語対応 非定型帳票対応 手書き文字対応 画像読み取り 準定型帳票対応 タイムスタンプ API連携 データベース連携 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    文書管理システム AI OCR

    株式会社インフォディオのスマートOCRは、紙の文書や帳票をスキャン・撮影された画像データからテキストデータを抽出するクラウド型業務効率化支援ソリューションです。AIによるディープラーニングを活用し、手書き文字や非定型帳票などにも対応した高精度の読取を実現します。使用の際、毎回アップロードを行う必要はなく、フォルダ指定を行うだけで自動アップロードからOCR変換、そしてCSV出力までできる使い勝手の良さも魅力です。

    製品のおすすめポイント

    • 基本の特長となる高精度な文字認識と全自動変換
    • 各書類への対応力が高い、頼れるデータ抽出エンジン
    • 操作画面もユーザー管理も分かりやすく、セキュリティも安心の設計
    運営企業情報 株式会社インフォディオ
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 名刺スキャン 帳票種類分け(タグ付け) ワークフロー 取消線対応 英語対応 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 撮影画像対応 画像読み取り 準定型帳票対応 スマホでスキャン可 API連携 RPA連携 ベリファイ機能 データベース連携 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 3ヵ月
    よく導入している業種 小売・流通 ビジネスサービス 金融
    よく導入している企業の規模 51名-100名 6名-20名 不明

    ソースネクスト株式会社の本格読取は、紙の資料をExelやWordなどデータに変換するOCRソフトです。名刺からデーターベースを作れるなど資料のペーパーレス化に役立ちます。パナソニック製の高精度OCRエンジンを搭載しており、高い文字認識力を持ちます。FAX文書や複写した文書に多い、かすれ文字や解像度の低い画像もしっかり認識するので、元の文書をしっかりと再現できます。EVERNOTEと連携しているので、データ化した結果をそのままアップロードできます。

    製品のおすすめポイント

    • 元の資料を再現する高精度のOCRエンジン
    • 斜めになっている文章も、自動補正で綺麗に読み取り
    • 簡単テキスト化と名刺管理の便利なソフトを搭載
    運営企業情報 ソースネクスト株式会社
    ソフト種別 パッケージ型ソフト 
    基本的な機能 名刺スキャン 自動補正機能 非定型帳票対応 撮影画像対応 画像読み取り 準定型帳票対応 Excel変換 Word変換 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる