Menu
Close

【2024年】OKR管理ツール10選を徹底比較|業績向上に役立つ理由と選び方

この記事で解説すること

「OKR管理ツール」とは、「目標(Objectives)」と「成果指標(Key Results)」を管理するためのツールです。プロジェクトを成功へ導くためには、企業と従業員が一体となって取り組むことが大切です。方向性と目標を定めて業務に取り組み、進捗と成果指標の評価を適切に行うことで、従業員のパフォーマンスと企業の業績が向上していきます。

しかし、OKRの導入と運用には多くの工数がかかるため、手作業で行うのは現実的ではありません。OKR管理ツールを導入すれば、OKRの設定や運用を効率化して、プロジェクトの最終的な成果を大幅に高めることができます。本記事では、OKR管理ツールの機能や導入メリット、厳選したおすすめ製品と選び方について詳しく解説します。

「OKRツール」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 昇格判定機能
    • 人事・給与システム連携
    • ニュースフィード
    • チャットボット自動質問
    • スマホから日報可
    • 1on1
    • 称賛機能
    • シングルサインオン
    • 関連業務抽出
    • 動画投稿
    • ランキング表示
    • slack連携
    • 基幹システム連携
    • 業務の結び付き表示
    • Microsoft Teams連携
    • 導入サポートあり
    • Gmail連携
    • 無料プランあり
    • Chatwork連携
    • 国内メーカー
    • 昇給・賞与算定機能
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
カオナビ(OKR/ワークフロー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1on1プラン 700円/月額/1人
備考
1on1機能・データ分析/伴走支援・導入支援をご利用できます。
フルパッケージプラン 1,500円/月額/1人
備考
1on1プランの機能に加えて、目標管理機能・フィードバック(評価)機能をご利用できます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
スタンダードプラン 1,500円/月額
備考
中小規模の組織やチームのOKRをクラウドで運用することができます。
運用サポートプラン 要相談
備考
100名以上での大規模な組織での運用を専門スタッフがサポートいたします。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1~3人 無料
4人~ 要相談
備考
ユーザー数によって価格は変動いたします。
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
基本利用料金 30,000円~/月額
フィードバック機能 500円/ユーザー/月額
サークル機能 500円/ユーザー/月額
メッセージ機能 300円/ユーザー/月額
翻訳機能 300円/ユーザー/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スイートプラン 1,500円/ユーザー/月額
備考
スイートプランは人事施策が決まっており、運用していく中でツールとして、HiManagerを利用したい企業様に適切です。
コンサルティングプラン 2,000円/ユーザー/月額
備考
コンサルティングプランはOKRや1on1を実施したことがなく組織の風土や文化を変えていきたいと考えている企業様に適切です。
プレミアムプラン 3,000円/ユーザー/月額
備考
プレミアムプランはコンサルティングプランで実施する内容に加えて、評価制度を変えていきたい企業様に適切です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

OKR管理ツール10選を徹底比較!

  • 人事評価ツールである「BizForecast HR」はUIがエクセルに似ておりとても使いやすい、そしてエクセル形式でもダウンロードできたり、いままでエクセルで管理をしていた企業には使いやすいシステムとなっている。さらには他給与システムなどの人事システムとの連携もできるため面倒な変更作業も不要である。目標管理、人事評価のシステムにおいても目標を細かく設定出来、人財の目標明確化や企業の経営管理の高度化に貢献できるツールとなっている。

    製品のおすすめポイント

    1 エクセル利用も可能、グラフ化してバラツキを確認

    多くのOKRツールはそれまで使っていたエクセルなどを使用することができず、OKRツールのみを使用することになります。BizForecastHRでは使いやすいUIのため直感的に操作がしやすく、csvでの取り込み、エクセル形式でのダウンロードも可能。標準に搭載されている分析ツールだけでなく、グラフ作成などもできるなど多機能で使いやすいことが特徴。

    2 他人事システムとの連携で煩わしい手間を削減

    さまざまな人事管理システムと連携ができ、社員マスタ、組織マスタのデータ連携ができるため、人事異動や部門統廃合の際の変更が簡単にできる。通常異動や部門異動などの際データ変更が手間を削減可能。いくつかの給与システムとの連携もできるため、人件費やボーナスなどの計算もできます。

    3 評価シートを細かく定義、OKR管理できる

    評価シートの定義を細かく設定でき、年次や役職、評価の分類、配点など、細かく設定可能。人事評価を評価観点によるばらつきを抑制し、一人一人の達成度合いが分かりやすくなります。このような細かい人事管理、目標管理を活用することでグループ経営の高度化を実現可能です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 基幹システム連携 1on1
  • 株式会社フルートのWistantは、企業と従業員の目標と成果の管理をするOKRツールです。wistantは進捗管理や目標が見やすく、扱いやすいことが特徴となっています。目標を明確化することで従業員のモチベーションアップ貢献、モチベーションに危惧があるときも数字に表れるよう設計。管理しやすく、当初に決めた目標に対し具体的にフィードバックができるため、メンター、プレイヤーともにPDCAを回し企業のKPIに貢献することが可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 事実ベースのフィードバックによりプレイヤー、メンターの成長に繋がる

    Wistantであれば、会社全体の目標も個人目標も進捗状況も可視化。フィードバックの時に、目標ヘルスチェックという目標に対する現状を確認できます。フィードバックが重要な1on1において、事実情報を元にし、メンターともにPDCAを回しやすい環境の構築が可能です。

    2 目標を明確化し、社員の状況が分かり、自発性もアップ

    Wistantを導入することでいままで曖昧だった目標設定も、より具体的にしっかりとすり合わせることができます。目標が明確化された。目標が明確化されることにより評価者、被評価者への評価も納得感が増し、日々の課題に自発感を持たせることが可能。進捗遅れの際も確認が容易なため社員のフォローもできます。

    3 外部ツールやスマートフォンにも対応

    Wistantは、Slack、Microsoft Teams、Chatworkなどといった主要なコミュニケーションツールに連携しています。また、スマートフォンにも対応しており、1on1の事前アンケートなどスマートフォンから簡単にお答えいただけるようになっております。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 1on1 Microsoft Teams連携 slack連携 Chatwork連携
  • 株式会社ResilyのResilyは、OKRの立ち上げと運用を効率化する、クラウド型のOKRツールです。170社以上から選ばれている実績があり、安心してOKRの導入を任せられます。OKRが初めてでも簡単に始められるようにデザインされており、透明性の高い目標設定によって企業の見通しをよくします。また頻繁な振り返りを入れることでエンゲージメントを強化。OKRの浸透を進める機能が充実していることが製品の特長です。

    製品のおすすめポイント

    1 個人やチームの目標をツリーで管理できるようになる

    Resilyを使用すれば、個人やチームの目標をツリーで管理することが可能です。プロジェクトのメンバーそれぞれの目標や現在の進捗状況を一元管理し、一覧で見られるようになります。目標に対してチームがどのように動いているか確認できるため、次の行動が分かりやすく、モチベーションのアップに繋げることが可能です。

    2 簡単に数値目標を更新して適切なアクションが可能

    簡単に数値目標を更新できるため、適切なアクションをとることが可能になります。目標を一括更新し、進捗の入力がスムーズに。進捗が更新された後はチャットツールに通知され、進捗状況をリアルタイムで把握できるようになります。更新の負担が減るため、管理者の業務負担が軽減します。

    3 定例会議や1on1の振り返り機能に優れている

    Resilyは定例会議や1on1の振り返り機能に優れているため、コミュニケーションを活発化させることが可能です。社内の議事録は整理していつでも確認可能。定例会議や1on1は目標に紐つけられます。情報取得が簡単に行えるため、業務が効率化され業績の向上に繋げることが可能です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 1on1 業務の結び付き表示
  • 株式会社O: (オー)のCo:TEAMは、1on1で納得感ある評価につなげることのできるOKRツールです。モバオク!や東京海上日動、おかもと整形外科など、規模や業種に関わらず幅広く使われています。経済産業省のJ-Startupにも選出されている信頼のあるソフトでもあります。「目標」「評価」「1on1」「称賛やフィードバック」を一元的に管理し、管理工数を削減し効率的・効果的に人材を管理することが可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 パフォーマンス・マネジメントによって人事評価を支援

    Co:TEAMパフォーマンス・マネジメントによって人事評価を支援します。「目標」「評価」「1on1」「称賛やフィードバック」といった、これまで別々に管理されていたものを一元管理。組織の生産性を向上させるだけでなく、管理工数の削減にもつながります。部下の期待に添い、1on1の実施が可能です。

    2 成長/キャリア開発目標を可視化して計測可能になる

    Co:TEAMによって、成長/キャリア開発目標を可視化して計測ができます。評価に必要な情報を1つに集約しているため、さまざまなシステムに散らばった情報を集める必要がありません。全社・チーム・個人の業績や、成長/キャリア開発目標を共有、可視化。目標管理の形骸化を防ぎます。

    3 適正な評価とモチベーションの向上を支援する

    Co:TEAMを使用することで、適正な評価とモチベーション向上の支援に繋がります。メンバーの貢献やサポートを可視化するので、メンバーの行動が適正に評価されモチベーションが向上します。上司や同僚からリアルタイムのフィードバック機能もあり、1on1機能と連携することで大きな効果を発揮可能です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 国内メーカー 1on1 称賛機能
  • Weekdoneは、組織全体の活動を調整するための、体系的な目標を設定可能なOKRツールです。週ごとを1つの単位に、計画と進捗を追跡。正確なフィードバックを提供し、メンバーが1つの目標に向かって行動を起こせるよう支援可能です。中小企業にとって最適なソリューションになるよう開発されており、チームの行動をより生産的にできます。SlackやMSTとの連携など機能も充実しています。Weekdoneにより、組織全体の幸福度を高めコミュニケーションの透明化が可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 従業員を目的に導くことが簡単にできるようになる

    Weekdoneによって、従業員を目的に導くことが簡単にできるようになります。組織にとって何が一番重要か、目標を明確にできます。一週間の予定と、それにともなう進捗や問題を共有。チームのリーダーとチーム全体に情報を繋げることで、より生産的、効率的に業務を行えるようになります。

    2 週ごとに行われる会議によって、より実践的な仕事ができる

    Weekdoneを使用し、週ごとに行われる会議を明確化。より実践的な仕事ができるようになります。Weekdoneを使用すれば、週ごとのに行われる会議のための準備に追われることがありません。OKRを単なる行動だけに留めず、実際の仕事に生かすことができるようになります。

    3 より生産的かつ効率的に業務を行えるようになる

    Weekdoneは目標を明確化する機能に優れているため、より目の前の問題に対して集中できるようになります。報告のスピードを速め、業務における決定を迅速に共有。業務における満足度を測り対処することで、チームの結束力を高めて、より業務にコミットできるようになります。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 無料プランあり Microsoft Teams連携 slack連携 ニュースフィード
    運営企業:
    Weekdone
  • 株式会社アックスコンサルティングのMotifyHRは、人事、人材開発の強い味方になるOKRソフトです。新入社員の受け入れ、社員の離職防止、パフォーマンスの向上といった課題を抱えている企業に、エンゲージメントサーベイやタスクの通知などの機能とコンサルティングを通してソリューションを提供します。幹部の育成方法や、コミュニケーションの活性化を促し、社員のモチベーションをアップ。業務を改善し、業績のアップにつながります。

    製品のおすすめポイント

    1 オンボーディングプロセスをシステム上で表現できる

    オンボーディングプロセスをシステム化することで、社員の定着や戦力化を図ることが可能です。システムを利用し、パフォーマンスを引き出すための教育、訓練プログラムによって技能の向上につながります。動画コンテンツやタスク、サーベイを企業が設定し、社員に対して適切な教育を提供することが可能です。

    2 1on1により、部下を成功体験へ導き成長させられる

    MotifyHRの1on1の利用することで、部下を成功体験に導き成長させられます。OKRを設定し、目標とその成果を記録、適切なアプローチが可能です。質問を事前に設定し、ログを引き継ぐことが可能。社員の目標管理を4半期ごとに行い、目標の数値を更新、部下を圧倒的に成長させます。

    3 エンゲージメントサーベイにより従業員のやる気を把握

    エンゲージメントサーベイを測り、組織への愛着心や思い入れを高められます。毎週または隔週で配信される9項目10問のアンケートによって、退職者の早期発見や防止につなげるからです。定期的にサーベイメールは自動配信されるため、作業負担は増えません。ローコストで社員の意識を高められます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 国内メーカー 1on1
  • 株式会社ColorkrewのGoalousは、日本マーケティング機構による組織改善ツール3部門でNo.1に選ばれたOKRツールです。NTTDATAや、FUJIFILMといった大企業や、中小企業も含めて幅広く使用されています。業務の見える化を推進することで、組織のエンゲージメント向上を支援。フィードバックの活性化を促し、組織を自律的に動くようにします。メンバーとの業務内容の共有、把握や、社内SNSで情報共有の活性化が可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 フィードバックや振り返りによって組織のエンゲージメントを高める

    goalousを利用することで、組織のエンゲージメントを高められます。業務の把握やメンバーの情報共有が活性化するからです。フィードバックによる業務のサポート、業務データの蓄積による振り返りによって、業務の量と質を向上。ナレッジシェアにより、日々の業務を共有し情報を展開させます。

    2 目標意識を高め、自律的に働くようになる

    ソフトを利用することによって、目標意識を高め自律的に働くようになります。情報の共有によって、業務を遂行する人の主体性を高めることが可能です。業務の報告による目標意識の向上、他のメンバーの業務が認識できることにより学びや発見につながります。モチベーションにつながることで、成長を促すことが可能です。

    3 充実した機能によって業務改善化につながる

    Goalousはスマートフォンからでも利用でき、いつでも業務を確認できます。作成された目標はオープンに社内で共有され、進捗や業務内容、コメントもいち早く確認。業務データは視覚化され、進捗率や業務内容を確認できるようになります。メッセージ機能やサークル作成機能によって、社内の結束を高められます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 国内メーカー 関連業務抽出
  • HiManagerは、リアルタイムフィードバックによって高いパフォーマンスを実現できる、OKRソフトです。パフォーマンス、マネジメントを実現し、業務を改善します。丸紅やMUFG、コロプラなど、さまざまな業種や規模で導入されており成果を出しています。リアルタイムフィードバックマネジメントと、目標の共有、エンゲージメントの把握と分析を行い、社員の現状を把握。組織のネクストアクションを手助けし会社目標の達成につなげます。

    製品のおすすめポイント

    1 リアルタイムフィードバックにより社員のパフォーマンスを向上

    HiManagerを利用することで、社員のパフォーマンスを向上できます。リアルタイムのフィードバックによりマネジメントするため、効率的にステップを進められるからです。アジェンダテンプレートがついており、成長のためのフィードバックを共有。お互いに称賛を送り合う機能もあります。

    2 社員のエンゲージメントを見える化できる

    10問の簡単なサーベイによって、会社おすすめ度やマネジメントに関する8つの観点から、情報収集を多角的に実施可能です。結果も直感的にわかりやすく表示され、分析も容易に可能。毎月定点観測を行うことで、リスクとなる事象に対応できるようになり、社員が心地よく働く環境作りにもつながります。

    3 テンプレートが豊富で会社に合わせて利用できる

    豊富なテンプレートによって状況に応じたサーベイを実施できます。通常時やハイブリッドワーク時などにも柔軟に対応。また、各社の業務の状況や形態に合わせて設問をカスタマイズできるため、企業特有の課題を明らかにして対処できるようになります。高いマネジメント能力の発揮が可能です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 OKRツール 1on1
  • 文書管理システム AI OCR 契約書管理システム

    株式会社オプティムのOPTIM Contractは、AIを活用した契約書管理サービスです。契約書データのアップロードでAIが契約書のタイトル・企業名・契約締結日・契約終了日を取得し、契約書一通ごとの情報を管理します。フリーワード・タグ・全文での検索など柔軟な検索機能を持ち、契約更新も自動でリマインドされるなど契約管理に必要な要素が詰まっています。また、権限の与えられた契約書にのみアクセスが許可され、役割に応じた権限管理が可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 AIが自動で、契約書の管理台帳を作成

    OPTiM Contractは、契約書管理業務を劇的に効率化できるサービスです。
    契約書の管理台帳をAIが自動作成してくれるので、手間のかかる入力業務をなくすことができます。契約終了や自動更新の時期を自動通知する機能があり、契約管理のミスも削減可能です。OPTiM Contractを導入すれば、契約管理業務の効率化だけでなく、ミスの削減にもつながります。

    2 スキャンした契約書をOCR処理でテキストデータ化

    サービスの使いやすさもOPTiM Contractの大きな魅力といえます。
    既存の契約書をOCR処理でテキストデータ化できるので、紙と電子の契約書が混在していても一元管理が可能です。スキャンデータの契約書に使われている単語でも検索でき、契約書の検索や確認にかかる時間の削減にも大きな効果を発揮します。

    3 電子帳簿保存法に則して電子契約を保管可能

    OPTiM Contractは、国内に利用企業の多い電子契約サービスとの連携機能も充実しています。連携済みのサービスで締結した契約書は、OPTiM Contractに簡単にアップロードが可能です。「Adobe Sign」や「クラウドサイン」、「GMOサイン」、「WAN-sign」、「Docusign」に対応しています。すでに電子契約サービスを利用している場合は、連携によりさらなる業務効率化につながります。

    4 セキュリティ対策も万全

    電子取引保存の法的要件認証であるJIIMA認証を取得しています。契約書PDFの手動アップロードも可能なので、紙契約と電子契約の両方を、改正電子帳簿保存法の電子取引の保存要件を満たした上で一元管理ができます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 属性検索 外部連携 CSVファイル出力 アクセス制限 OCR登録 ドラッグ&ドロップ登録 他サービス連携 英語対応 手書きの読み取り可 スキャンデータの文字検索可 AI自動管理 リスク検出 ワークフロー 帳票種類分け(タグ付け) 英語対応 非定型帳票対応 手書き文字対応 画像読み取り 準定型帳票対応 タイムスタンプ API連携 データベース連携

OKR管理ツール導入時の注意点

OKR管理ツールの導入時は、導入に手間とコストがかかることや、社内での浸透が容易ではないことに注意が必要です。OKR管理ツールは、紙やExcelでの管理よりはるかに工数は減るものの、導入段階では制度移行や情報入力などに手間と時間がかかります。

ツールを導入する以上、一定の導入コストや運用コストも必要です。また、従業員がOKR管理ツールに早く慣れるようにするために、マニュアルや研修なども用意しておくことも大切です。事前の準備を整えておくことで、OKR管理ツールの導入効果を最大化できます。

OKR管理ツールの導入前にやっておくこと4つ

OKR管理ツールは目標と成果指標の管理に便利なツールではありますが、必ずしも高い効果が得られるわけではありません。OKR管理ツールを導入するにあたり、下記4つのポイントを意識して運用体制を構築することが大切です。

  • 事前に目標を見える化しておく
  • 定期的にフィードバックを行う
  • 「O(目標)」は適度な難易度で設定する
  • 「KR(成果指標)」は「SMART」を意識する

1.事前に目標を見える化しておく

まずは事前に目標を「見える化」しておくことが重要です。この場合の目標の見える化とは、文章形式で明文化することではありません。図表や色分けなどグラフィカルな形で「可視化」する必要があります。

OKR設定では、企業・部門・個人それぞれが密接に関連し合った、適切な目標と成果指標を設定することが大切です。そのためには、個人としてではなくチーム・部門、さらに企業全体が一丸で目標に向かうという意識が欠かせません。

グラフィカルなイメージは、文章と比べて情報量が大幅に多く、認識や理解が深まりやすいことが明らかになっています。目標をグラフィカルに可視化することで、「何をすべきか」「何が足りないか」を明確化できます。

2.定期的にフィードバックを行う

OKR運用において、定期的なフィードバックを行うことが極めて重要です。たとえ目標と成果指標をあらかじめ入念に設定しておいたとしても、運用途中で達成状況に応じた見直しが必要だからです。

たとえば、設定期間内に目標を100%達成できそうなときは、さらに高い目標へ切り替えましょう。安心感や達成感で気が緩み、最終的に失速や品質低下を招いてしまう恐れがあるからです。一方で、想定より大幅に達成率が低そうなときは、従業員のモチベーション低下を防ぐために目標設定を下げる必要があります。

フィードバックを行うときに重要なことは、結果ではなくチームのパフォーマンスとモチベーションを最適化することです。これらが高ければ結果はおのずと出るので、必ずしも成果が優れている必要はありません。そのためにも、定期的に目標設定を見直しましょう。

3.「O(目標)」は適度な難易度で設定する

前述したように、OKRの「O(目標)」は適度な難易度で設定することが重要です。目標が高すぎると従業員に諦めが出て、逆に目標が低すぎると緩みが出てしまいます。適切な難易度の目標を設定すると、適度な緊張感と達成感で大きな結果を出すことが可能です。

OKRのO(目標)は抽象的なものでも構わないので、「ワクワク感」を演出することも肝心です。プロセスの過程でワクワク感があると、目標達成のための意欲とやる気も大幅に高まります。適切な目標を設定するためには、下記3つのポイントを意識するといいでしょう。

  • 「この機能を追加する」など具体的な到達点や状態を示す
  • 達成したらワクワクするような魅力的な目標を設定する
  • 企業やほかのチームの目標との整合性がある目標を定める

4.「KR(成果指標)」は「SMART」を意識する

目標の達成度を評価するための「KR(成果指標)」は、「SMART」を意識して設定することが重要です。OKRのO(目標)は曖昧なものやビジョンでもOKでしたが、KR(成果指標)は数値で表現できるような具体的なものが欠かせません。OKRの指標設定時は下記5つのポイントを意識しましょう。

  • 達成率60%~70%前後の成果指標
  • 「SMART」の原則に沿う成果指標
  • 目標達成に直接的に結びつく成果指標
  • あくまで目標達成度を測るための成果指標
  • 1つの目標につき3個〜4個くらいの成果指標

とくに重要なポイントが、達成率60%~70%の成果指標を設定することです。前述したように、適度な難易度のタスクを定めることで、チーム全体のモチベーションとパフォーマンスが向上します。なお「SMART」は下記5つの要素を指すので、確認しておきましょう。

  • Specific(具体的に)
  • Measurable(測定可能な)
  • Achievable(達成可能な)
  • Related(関連性がある)
  • Time-bound(期限がある)

最後に、OKRは「O(目標)」と「KR(成果指標)」に分かれますが、Oは挑戦的であり実現可能であることが重要です。さらに、KRを達成していけばOも達成でき、そのOは定量的に評価可能でなくても構いません。ただし、KRは客観的かつ定量的に評価できる内容であり、Yes・Noのバイナリ評価ではないほうが好ましいです。

企業の業績と生産性向上にOKR管理ツールの導入が必須!

企業がOKR管理ツールを導入することで、企業・部門・個人が一丸となってチャレンジングな目標に臨める体制を構築できます。全体の目標を達成するために各個人が何をすべきか明確化されることにより、パフォーマンスとモチベーションを最大化できます。

OKR管理ツールの選定時は、自社の導入目的に適合した機能を備えているか、テンプレートやカスタマイズ性が充実しているか、総合的に比較検討しましょう。OKRの設定時は、60%~70%の達成度と「SMART」な指標を意識すると、運用効果を最大化できます。

よくある質問

OKR管理ツールとは?

「OKR管理ツール」とは、目標管理のフレームワーク「OKR」を効率的に運用するためのツールです。OKRは「Objective and Key Result」の略称で、企業と従業員の「目標」と「成果指標」を明確にするものです。
OKRを導入することで、企業・部門・個人の方向性や目標が一致するため、業務効率とモチベーションの向上、コミュニケーション機会の創出など大きなメリットがあります。

OKR管理ツールの導入目的とは?

OKR管理ツールの導入目的の例として以下の3つが挙げられます。これらに問題を感じている場合はOKR管理ツールを導入するとよいでしょう。
1.社内でOKRの浸透や理解が十分に進まない
2.上位目標と下位目標の関連性が曖昧になる
3.OKRの運用負荷が高いため継続運用が困難

OKR管理ツールの代表的な機能とは?

OKR管理ツールの代表的な機能は以下の4つが挙げられます。
1.OKRツリーの作成機能
2.KRの進捗管理機能
3.議事録の記録管理機能
4.外部ツールとの連携機能

OKR管理ツールのタイプとは?

OKR管理ツールには以下3つのタイプがあります。
1.OKRの管理と運用に特化しているタイプ
2.マネジメントの実行支援に強いタイプ
3.評価制度の一元管理に強みを持つタイプ

OKR管理ツールを導入するメリットとは?

OKR管理ツールを導入するメリットとして以下の9つが挙げられます。
1.OKRの目標を効率的に設定できる
2.全社的な目標共有で達成度が高まる
3.OKRの運用と進捗管理の効率化できる
4.自社に合った人事評価制度を構築できる
5.パフォーマンスとモチベーションが高まる
6.過去の情報を新たなOKR設定に活かせる
7.社内コミュニケーションが活性化する
8.OKRを浸透させる手間が削減できる
9.OKR導入と運用支援が受けられる

OKR管理ツールの導入時に意識したい選び方とは?

OKR管理ツールの導入時に意識したい選定ポイントとして以下の6つが挙げられます。
1.自社に合うOKR管理体制が構築できるか
2.担当者や従業員にとって扱いやすい操作性か
3.テンプレートやカスタマイズ性は充実しているか
4.ほかの業務システムやツールと連携できるか
5.OKR導入と運営サポートが充実しているか
6.OKR以外の人事評価制度に対応できるか

OKR管理ツール導入時の注意点とは?

OKR管理ツールの導入時は、導入に手間とコストがかかることや、社内での浸透が容易ではないことに注意が必要です。OKR管理ツールは、紙やExcelでの管理よりはるかに工数は減るものの、導入段階では制度移行や情報入力などに手間と時間がかかります。
ツールを導入する以上、一定の導入コストや運用コストも必要です。また、従業員がOKR管理ツールに早く慣れるようにするために、マニュアルや研修なども用意しておくことも大切です。事前の準備を整えておくことで、OKR管理ツールの導入効果を最大化できます。

OKR管理ツールの導入前にやっておくこととは?

OKR管理ツールの導入前にやっておくこととして以下の4つが挙げられます。
1.事前に目標を見える化しておく
2.定期的にフィードバックを行う
3.「O(目標)」は適度な難易度で設定する
4.「KR(成果指標)」は「SMART」を意識する

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる