Menu
Close

【24年版】Web会議システム比較18選!必要知識や選定から導入まで徹底解説

この記事で解説すること

今や、ビジネスに欠かせないツールとして注目を浴びるWeb会議システム。その便利さや柔軟性から、ますます多くの企業が導入に踏み切っています。しかしながら、初めて導入する場合には、何から始めて良いのか戸惑うこともあるかもしれません。

そこで、本記事ではWeb会議システムの必要知識や選定方法、導入ステップなど紹介します。会議の場を限定せず、効率的なコミュニケーションを実現したい方はぜひ参考にしてください。

「Web会議システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 音声共有
    • 画面共有
    • テキストチャット
    • ホワイトボード
    • 録音・録画
    • 投票
    • ミュート
    • アンケート
    • 通信暗号化
    • バーチャル背景
    • 挙手
    • グルーピング
    • ライブ配信
    • メディア再生
    • ファイル共有
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
ベーシック課金 29円 / 分
ユーザー課金 990円 / 1ユーザー (月額) 最小購入単位:5ユーザー
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
無料 0円
プレミアム 200円/1ユーザ/月額
ビジネス プレミアム 10,000円/1ユーザ/月額
オンプレミス CAMServer 150円~/1ユーザ/月額
クラウド 300円~/1ユーザ/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
会議室(リソース)数1~5 15,000円/(固定)/月額
会議室(リソース)数6~9 3,000円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数10~29 2,500円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数30~49 2,000円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数50~99 1,500円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数100 以上 1,000円/ 部屋(リソース)/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Professional $12/月額
備考
最大150名の参加が可能です。
Business $16/月額
備考
最大250名の参加が可能で、無制限の録画が可能です。
Enterprise 要相談
備考
最大250名の参加が可能で、無制限の録画が可能です。モバイルアプリでのレコーディングができます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料版 0円
ユーザー課金タイプ 1,980円/月額/一人
備考
1人ずつ徹底的に活用したい場合におすすめ
ルーム課金タイプ 5,500円/月額/一部屋
備考
組織内で無駄なく活用したい場合におすすめ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
要相談 要相談
要相談
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
要相談 要相談
要相談
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
なし
Standard 60,000円/月額
備考
年払い契約の場合600,000円/年額
ライセンス追加2,400円/月額、24,000円/年額
Lite 42,000円/月額
備考
年払い契約の場合420,000円/年額
ライセンスの追加は不可
Super Lite 28,800円/月額
備考
年払い契約の場合288,000円/年額
ライセンスの追加は不可
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Free 0円
備考
無料で3名までの会議で利用可能。
Collabo6 30,000円/月額
備考
独自societyをお作りし提供します。独立した自社だけのサイト環境で運営できます。
IDの追加の際は、1IDあたり ¥5,000/月額で利用可能。
3カ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
備考
なし
月額利用 50,000円/月額
備考
カスタマイズ、サーバーの保守管理、独自ドメインの利用が可能。会議数は10まで利用できる。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 110,000円(税込)(クラウド)330,000円(税込)(オンプレミス)
備考
30,000円(税込)(オンプレミス)
リミット10従量課金プラン 16,500円
備考
~33,000円(税込)/月額まで。10時間の利用まで。5時間を過ぎると33,000円(税込)になる。
リミット20従量課金プラン 27,500円(税込)/月額
備考
~55,000円(税込)まで。20時間の利用。5時間を過ぎると55,000円(税込)になる。
フラット定額プラン 19,800円(税込)/月額
備考
~88,000円(税込)まで。無制限で利用可能。1時間ごとに1万円かかる。
~10台(オンプレミス)です。 88,000(税込)/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 別途お見積り
備考
別途お見積り
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 78,000円
備考
なし
クラウド型のASP版 3,000円/月額
備考
次年間度以降は初期費用がかからず安くなる。300,000円で多人数、スケジュール、コール機能、HD画質等が利用可能。
オンプレミス型のイントラパック版 1,000,000円
備考
ラインセンス78,000円。200,000円でID追加機能、300,000円でコール機能追加可能。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 45,000円
備考
なし
基本プラン 44,900円/月額
備考
サーバー導入型(ライセンス/イントラネット型)については別途ご相談。
別途お問い合わせ
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料 無料
Starter 1,490円/月額
ビジネス 2,980円/月額
Enterprise プラン 営業担当にお問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Google Meet 無料
GoogleWorkspaceIndividual $7.99/月額
GoogleWorkspaceEnterprise 要お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Microsoft Teams (無料) 無料
備考
ビジネスのための安全なオンライン会議、チャット、クラウドストレージの使用を今すぐ始めたい場合に最適です。これらの機能を1つにまとめたアプリを無料で利用できます。
Microsoft365BusinessBasic 540円/月額
備考
1ライセンスの価格。簡単なリモート業務を必要としている企業に最適です。MicrosoftTeams、安全なクラウドストレージ、OfficeOnline(デスクトップ版を除く)を利用できます。
Microsoft365BusinessStandard 1,360円/月額
備考
1ライセンスの価格。リモートワーク時のコラボレーションのツールを必要としている企業に最適。MicrosoftTeams、安全なクラウドストレージ、法人メールが含まれており、常に最新のOfficeアプリをあらゆるデバイスで使用できます。
Office365E3 1ライセンス2,170円/月額
備考
Microsoft365BusinessStandardの機能+以下の機能を利用できます。フル機能版のMicrosoftTeamsにて最大500,000ユーザー。最大10,000人のオンラインイベントを開催できます。情報保護のための"データ損失防止"をメールとファイルに対して使用できます。無料のFastTrack展開サポート(150シート以上の場合)。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

Web会議・Web会議システムとは?


昨今では働き方の多様化によりWeb会議のニーズが高まっていて、Web会議とはどういうものなのかを理解する必要があります。本章では、Web会議やWeb会議システムについての概要と始めるまでの手順について解説します。

Web会議とは?

Web会議とは、オンライン上で行われるビデオ通話を利用した会議のことです。Web会議を使うことで、時間や場所に縛られることなく、遠隔地の人々と直接話し合うことができます。ビジネスの現場においては、多忙なスケジュールの中でも会議を円滑に進めることが求められます。Web会議を利用することで、会議の時間や移動時間を節約し、より効率的なビジネス運営が可能になります。

Web会議を始めるには、以下の手順が必要です。

  • Webカメラ、マイク、スピーカーなどの必要な機材を用意する
  • Web会議システムを選び、アカウントを作成する
  • 参加する人々に招待状を送信する
  • Web会議システムにログインし、会議に参加する

Web会議は、ビジネスシーンだけでなく、オンライン学習や遠隔医療などでも活用されています。Web会議を使うことで、コミュニケーションの壁を取り払い、より円滑なコミュニケーションが実現できます。

Web会議システムとは?

Web会議システムとは、インターネットを通じて遠隔地にいる複数の人とビジネス会議を行うことができるツールです。昨今、リモートワークが増加する中で、Web会議システムの需要が高まっています。ビジネスシーンにおいて、必要不可欠なツールの一つとなっています。

Web会議システムを使うことで、会議の場所を選ばず、時間やコストの節約が可能になります。さらに、ビジネス上のパートナーや海外の取引先とのコミュニケーションを円滑に行うことができ、ビジネスの効率化につながります。

以下は、Web会議システムを利用するための手順です。

  • Web会議システムをインストールする
  • Web会議システムにログインする
  • 参加者に会議のURLを送信する
  • 参加者はURLをクリックし、会議に参加する
  • マイクやカメラなどの設定を確認する
  • 会議を開始する

Web会議システムは、ビジネスシーンにおいて重要な役割を果たします。自社のニーズに合ったWeb会議システムを選び、活用することで、ビジネスを効率化し、成功への近道を歩むことができます。

Web会議システムのタイプは3つ

Web会議システムは、様々なビジネスシーンで利用される便利なツールです。Web会議システムの製品は以下の3タイプに分けられます。ここでは、Web会議システムの製品タイプを紹介し、それぞれの特徴や利用シーンを解説します。

  • 会議や打ち合わせに適したシステム
  • オンラインイベントに適したシステム
  • 専門業務を得意とするシステム

1.会議や打ち合わせに適したシステム

会議や打ち合わせに適したWeb会議システムは、ビジネスや組織内でのコミュニケーションや調整、意思決定などのために利用されます。主な機能として、画面共有や資料共有、チャット機能、などがあり、多くの場合、参加者が10人以下の小規模なミーティングに適しています。

2.オンラインイベントに適したシステム

オンラインイベントに適したWeb会議システムは、WebセミナーやWeb講義、オンライン展示会、ウェビナー、ライブストリーミングなどのイベントに適しています。主な機能として、参加者の視聴や質問に対応するQ&A機能、参加者の投票に対応するポーリング機能、ライブ配信や録画再生機能、リアルタイムでのアンケート機能、コンテンツの配布機能などがあります。

3.専門業務を得意とするシステム

専門業務を得意とするWeb会議システムは、業務プロセスや業務上のタスクに合わせて設計された、特定の業務に特化したシステムです。例えば、医療現場でのテレカンファレンスシステム、教育現場での遠隔授業用システム、リモートサポート用システムなどがあります。業務に応じた機能を提供することで、特定業務に最適化された柔軟な運用が可能です。

Web会議システムの選定ポイント9つ

ビジネスでのコミュニケーション手段として、Web会議システムが注目されています。しかし、数多くの製品が存在するため、自社に合った製品を選ぶことは容易ではありません。以下のポイントを押さえて、最適なWeb会議システムを選びましょう。

  • ニーズに合った機能や同時に参加できる人数を把握する
  • 接続が安定しているか
  • 顧客や取引先の人などでも扱いやすいか
  • 操作性や使いやすさはどうか
  • 拡張性やカスタマイズ性はあるか
  • 利用しているグループウェアとの連携
  • 予算に合わせた製品を選ぶ
  • 評判や口コミを確認する
  • サポート体制は優れているか

1.ニーズに合った機能や同時に参加できる人数を把握する

自社が求める機能を洗い出しましょう。会議の規模や形態、音声・映像品質などの要素について明確にし、それに適した製品を選びます。例えば、多人数での会議には複数の画面を表示できる製品が必要になるなど、細かい要素にも注目して選びましょう。

大体は10人以下くらいの会議が多いとは思いますが、全社会議や新人研修、セミナーや会社説明会など大規模な接続が必要なシーンもあります。むしろ、大規模であるほどWeb会議の容易さがメリットとなるため、積極的に活用したいシーンになります。そういった際に、どれだけ同時接続できるのかは選ぶポイントになります。

1対1に特化している製品から250人の接続が可能な製品、中にはライブストリーミングで10,000人の参加ができる製品もあります。料版と有料版でもその人数が変わるため確認しておきましょう。

2.接続が安定しているか

対面で行う会議と比較するのであれば、この接続の安定性があります。Web会議の場合だと、どうしても会話がワンテンポ遅れたり、音声が途中で途切れたりなどオンライン特有のトラブルが発生します。

それらをどれだけ最小限に抑えられるか、大抵はインターネット環境やデバイスの処理能力が要因であることが多いですが、それでも製品によって差が出るため無料版などを利用して試してみると良いでしょう。

3.顧客や取引先の人などでも扱いやすいか

実はこの観点もWeb会議システムを選ぶうえでは重要になります。社外との会議やイベントでも頻繁に利用されることが想定される場合は、やはり社外の人も扱いやすい製品を選ぶ必要があります。

一般的でないWeb会議システムを導入した場合でよくあるトラブルは以下が挙げられます。

  • 会議への入り方が分からず開始が遅れてしまった
  • カメラやマイクの設定方法が異なっていて映らない、聞こえない
  • 画面共有のやり方が違うため手こずってしまう

これらが起こらないよう、導入する製品を一般的に使われる製品に揃えておくことや、導入企業が少ない製品でも操作性が良い製品を選ぶことが大事です。それによりこういったトラブルを軽減できます。

4.操作性や使いやすさはどうか

ビジネスシーンではスムーズなコミュニケーションが求められます。そのため、Web会議システムの使いやすさも重要なポイントです。マニュアルやトレーニングの提供があるかどうか、操作方法が分かりやすいかどうか、ユーザーインターフェースが使いやすいかどうかなど、使い勝手を確認しましょう。

5.拡張性やカスタマイズ性はあるか

ビジネスにおいては、急な変更や柔軟な対応が求められることがあります。そのため、web会議システムの拡張性やカスタマイズ性も重要なポイントです。例えば、人数の増減に対応できるかどうか、外部アプリケーションとの連携ができるかどうかなど、将来的な変化に対応できるシステムを選びましょう。

6.利用しているグループウェアとの連携

Microsoft TeamsやGoogle Meetのようにグループウェアの機能の一つとしてWeb会議システムが利用できる場合があります。その他の製品でもAPIを利用することでカレンダーからWeb会議の設定や招待を行ったり、Web会議のチャットをチャットツール上で行ったりなど様々な連携ができます。導入の際は連携のしやすさについても考慮しましょう。

7.予算に合わせた製品を選ぶ

Web会議システムには、様々な価格帯の製品があります。予算に合わせた製品を選ぶことで、無駄なコストを削減し、自社にとって必要な機能を確保できます。また、初期コストだけでなく、運用コストや保守コストなども忘れずに考慮しましょう。

8.評判や口コミを確認する

製品の性能やサポート体制、操作性などは、実際に使用した人の声から知ることができます。自社が検討する製品の評判や口コミを確認することで、製品の特徴やメリット・デメリットを把握できます。また、複数の製品を比較し、より優れた製品を選ぶことも可能です。

9.サポート体制は優れているか

サポート体制は、問い合わせ先や対応時間など、製品を導入した後に困った際のサポート内容も重要な選定ポイントです。以下はサポート体制についての説明です。予算照らし合わせてどの程度のサポートが必要か判断しましょう。

サポート体制の内容

問い合わせ先

製品の導入後に不具合や疑問が生じた場合、問い合わせ先が明確かつ簡単にアクセスできることが望ましいです。

対応時間

製品のトラブルはいつ発生するか分かりません。24時間体制で対応している企業や、休日でも対応している企業があるため、自社の利用シーンに合わせて選択すると良いでしょう。

対応内容

問題解決までのスピードや対応範囲、回答内容など、どのような内容に対してサポートしてくれるか、事前に確認することが大切です。

サポートの質

対応の質、スピードなどは、導入後のトラブル対応に影響するため、信頼できるサポート体制があるかどうかを確認することが重要です。

料金体系

製品導入後にサポートを必要とする場合には、料金が発生する場合があります。そのため、サポートにかかる料金体系を確認することが必要です。

サポート体制の確認方法

Webサイト

製品紹介ページやサポートページを確認し、問い合わせ先や対応時間、対応内容などが明記されているかを確認することができます。

口コミ・レビュー

利用者からの評価や意見を参考にすることで、サポート体制についての情報を入手することができます。

デモ・トライアル

実際に製品を使ってみることで、サポート体制についても実感することができます。

「Web会議システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 音声共有
    • 画面共有
    • テキストチャット
    • ホワイトボード
    • 録音・録画
    • 投票
    • ミュート
    • アンケート
    • 通信暗号化
    • バーチャル背景
    • 挙手
    • グルーピング
    • ライブ配信
    • メディア再生
    • ファイル共有
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
ベーシック課金 29円 / 分
ユーザー課金 990円 / 1ユーザー (月額) 最小購入単位:5ユーザー
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
無料 0円
プレミアム 200円/1ユーザ/月額
ビジネス プレミアム 10,000円/1ユーザ/月額
オンプレミス CAMServer 150円~/1ユーザ/月額
クラウド 300円~/1ユーザ/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
会議室(リソース)数1~5 15,000円/(固定)/月額
会議室(リソース)数6~9 3,000円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数10~29 2,500円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数30~49 2,000円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数50~99 1,500円/ 部屋(リソース)/月額
会議室(リソース)数100 以上 1,000円/ 部屋(リソース)/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Professional $12/月額
備考
最大150名の参加が可能です。
Business $16/月額
備考
最大250名の参加が可能で、無制限の録画が可能です。
Enterprise 要相談
備考
最大250名の参加が可能で、無制限の録画が可能です。モバイルアプリでのレコーディングができます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料版 0円
ユーザー課金タイプ 1,980円/月額/一人
備考
1人ずつ徹底的に活用したい場合におすすめ
ルーム課金タイプ 5,500円/月額/一部屋
備考
組織内で無駄なく活用したい場合におすすめ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
要相談 要相談
要相談
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
要相談 要相談
要相談
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
なし
Standard 60,000円/月額
備考
年払い契約の場合600,000円/年額
ライセンス追加2,400円/月額、24,000円/年額
Lite 42,000円/月額
備考
年払い契約の場合420,000円/年額
ライセンスの追加は不可
Super Lite 28,800円/月額
備考
年払い契約の場合288,000円/年額
ライセンスの追加は不可
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Free 0円
備考
無料で3名までの会議で利用可能。
Collabo6 30,000円/月額
備考
独自societyをお作りし提供します。独立した自社だけのサイト環境で運営できます。
IDの追加の際は、1IDあたり ¥5,000/月額で利用可能。
3カ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
備考
なし
月額利用 50,000円/月額
備考
カスタマイズ、サーバーの保守管理、独自ドメインの利用が可能。会議数は10まで利用できる。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 110,000円(税込)(クラウド)330,000円(税込)(オンプレミス)
備考
30,000円(税込)(オンプレミス)
リミット10従量課金プラン 16,500円
備考
~33,000円(税込)/月額まで。10時間の利用まで。5時間を過ぎると33,000円(税込)になる。
リミット20従量課金プラン 27,500円(税込)/月額
備考
~55,000円(税込)まで。20時間の利用。5時間を過ぎると55,000円(税込)になる。
フラット定額プラン 19,800円(税込)/月額
備考
~88,000円(税込)まで。無制限で利用可能。1時間ごとに1万円かかる。
~10台(オンプレミス)です。 88,000(税込)/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 別途お見積り
備考
別途お見積り
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 78,000円
備考
なし
クラウド型のASP版 3,000円/月額
備考
次年間度以降は初期費用がかからず安くなる。300,000円で多人数、スケジュール、コール機能、HD画質等が利用可能。
オンプレミス型のイントラパック版 1,000,000円
備考
ラインセンス78,000円。200,000円でID追加機能、300,000円でコール機能追加可能。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 45,000円
備考
なし
基本プラン 44,900円/月額
備考
サーバー導入型(ライセンス/イントラネット型)については別途ご相談。
別途お問い合わせ
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料 無料
Starter 1,490円/月額
ビジネス 2,980円/月額
Enterprise プラン 営業担当にお問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Google Meet 無料
GoogleWorkspaceIndividual $7.99/月額
GoogleWorkspaceEnterprise 要お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Microsoft Teams (無料) 無料
備考
ビジネスのための安全なオンライン会議、チャット、クラウドストレージの使用を今すぐ始めたい場合に最適です。これらの機能を1つにまとめたアプリを無料で利用できます。
Microsoft365BusinessBasic 540円/月額
備考
1ライセンスの価格。簡単なリモート業務を必要としている企業に最適です。MicrosoftTeams、安全なクラウドストレージ、OfficeOnline(デスクトップ版を除く)を利用できます。
Microsoft365BusinessStandard 1,360円/月額
備考
1ライセンスの価格。リモートワーク時のコラボレーションのツールを必要としている企業に最適。MicrosoftTeams、安全なクラウドストレージ、法人メールが含まれており、常に最新のOfficeアプリをあらゆるデバイスで使用できます。
Office365E3 1ライセンス2,170円/月額
備考
Microsoft365BusinessStandardの機能+以下の機能を利用できます。フル機能版のMicrosoftTeamsにて最大500,000ユーザー。最大10,000人のオンラインイベントを開催できます。情報保護のための"データ損失防止"をメールとファイルに対して使用できます。無料のFastTrack展開サポート(150シート以上の場合)。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

Web会議システム18選の比較一覧

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 会議のシーンに合わせて、画面表示モードを選択
  • 画面共有中にも使える便利な協業ツールが充実
  • 会議の満足度も効率もアップする機能が盛りだくさん
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 無料で十分利用できますが、有料プランもご用意
  • Web会議・ビデオ通話・音声通話・画面共有
  • オンプレミス・クラウドのハイブリッド使用とテレワーク
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リコーのテレビ会議・WEB会議システムの全体像
  • コンタクトID接続タイプ:場所や用途に合わせて、もっと自由に
  • 仮マルチ&グローバルに広がる、想会議室接続タイプ

会議室予約システムWeb会議システム予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • カラ予約防止、入室が確認できない予約は自動キャンセル
  • 来客情報や受付情報も一元管理、受付の無人化
  • 会議室端末・集中制御端末・フロアマップといった用途に合わせた利用が可能

Web会議システム

トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 会議のハイライトを自動で追う機能により、メモ不要に
  • モバイル参加が可能なので、チーム員の作業場所を問わない
  • あらゆる漏洩リスクを排除する、安心の情報管理機能
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 業界を超えて、多くの方々にご愛用いただいております
  • カンペで漏れなく要点を説明、社内共有できます
  • 電話しながらササッと画面を見せちゃいましょう
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 独自の映像伝達システムで高水準の高画質・高音質・低遅延を実現
  • 多彩な通信モードを多様な情報端末で利用可能
  • 業界最高水準のデスクトップ共有機能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰もが感覚的に操作できる
  • 高性能ネットワークと安心のセキュリティ
  • 現在利用しているデバイスもツールも

Web会議システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • クリアな音声でスムーズなWeb会議を
  • 高レベルのセキュリティで経営会議でも安心
  • 高い費用対効果

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • いつでも、誰とでもWebで会議可能
  • 世界最高水準のセキュリティと稼働率
  • Web会議で必要とされる快適機能を標準装備

Web会議システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • URLを教えるだけですぐに会議の開始が可能
  • 少人数の利用に絞ったシステムなので音質がクリア
  • シンプルな機能ながら、画面共有とホワイトボードが利用可能

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 複数拠点での同時発言があっても音が途切れない
  • Web会議の録音、録画、画面共有も可能で豊富な機能
  • オンプレミスの導入実績と手厚いサポート、セキュリティ

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • ボタン一押しだけで簡単に接続可能、運用しやすい
  • 豊富な画面レイアウトと、フルHDにも対応
  • 無線LAN採用かつ、高度なセキュリティを両立

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 独自技術により高画質・高音質を達成している
  • 高いセキュリティ性なので機密性の高い会議でも利用可能
  • 完全自社開発の日本製なので安心・高品質を実現
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 安心・安全・高品質を達成、シンプルなインターフェイスで操作可能
  • マルチデバイス対応でブラウザ上も利用できる
  • クラウド型サービスによりメンテナンスが不要

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • HD画質やファイル共有、ホワイトボード機能でスムーズなオンライン会議が可能
  • 完全な業務用の電話サービスをクラウドで提供
  • ミーティング後も作業を進められるメッセージ機能

Web会議システム

トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • Google基準の強固なセキュリティ機能
  • 最大100,000人の参加者でセミナーや大型イベントにも
  • 各自のパソコンからウェブブラウザを使ってオンラインのビデオ会議に参加
トライアル 有り
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • 柔軟なハイブリッドワークをオンライン会議で実現
  • 挙手機能、レコード機能など日常の会議にあると便利な機能が搭載
  • データをオンライン会議の参加者に見せながら説明ができる

Web会議システムに必要な機材

Web会議を行うにあたり、適切な機材が必要です。以下は、Web会議を始めるために必要な機材のリストです。

  • 映像機器
  • 音声機器
  • その他の機材

映像機器

  • ウェブカメラ:映像を提供するための基本的な機材です。高解像度かつ広角レンズが付いているものがおすすめです。

音声機器

  • マイク:音声を拾うために必要です。ヘッドセットマイクやUSB接続のマイクがおすすめです。
  • スピーカー:音声を出力するために必要です。パソコンの内蔵スピーカーでも使用できますが、外付けスピーカーを使用することで音質を改善できます。

その他の機材

  • インターネット接続:Web会議を行うためには、安定したインターネット接続が必要です。LANケーブルを使用することをおすすめします。
  • パソコンやタブレット:Web会議を行うためには、パソコンやタブレットが必要です。WindowsやMacなどのOSに対応したものを選ぶことをおすすめします。

これらの機材が揃っていれば、基本的なWeb会議を行うことができます。ただし、より高品質なWeb会議を行うためには、以下のような機材も用意することが望ましいです。

  • スピーカーフォン:多人数でのWeb会議を行う場合や、大きな部屋で行う場合には、スピーカーフォンがおすすめです。
  • 会議室用のモニターやプロジェクター:広い会議室でのWeb会議や、複数の人物を映す場合には、会議室用のマイクやモニター、プロジェクターなどがあると便利です。

適切な機材を選ぶことで、Web会議の品質を向上させることができます。是非、この機会に機材の充実を図り、効率的なWeb会議を実現してみてください。

Web会議システムを導入するメリット4つ


ビジネスの現場では、地域や時間を超えたコミュニケーションが求められます。そこで、Web会議システムが注目されています。ここでは、Web会議システムのメリットについて紹介します。

  • 場所や時間にとらわれないコミュニケーションが可能に
  • 柔軟なスケジュール管理による費用の削減や時間の節約が可能に
  • 多様な機能で円滑なコミュニケーションが可能に
  • 情報漏洩を防ぐためのセキュリティ機能も充実

1.場所や時間にとらわれないコミュニケーションが可能に

オフィス内や外出先、自宅など、場所を選ばずに参加できるため、場所に囚われずにビジネスコミュニケーションを行うことができます。また、リモートワークに適しているため、時間に制限されることなく、遠隔地や海外の取引先、社員と円滑にコミュニケーションを取ることができます。これにより、ビジネスのスピードアップやコストダウンが実現できます。

2.柔軟なスケジュール管理による費用の削減や時間の節約が可能に

出張や移動の必要がないため、参加者は出席までの移動時間や待ち時間を省くことができます。また、事前に共有できる資料や画面共有機能を使って、効率的にコミュニケーションを行うことができます。Web会議システムを利用すれば、時間や場所に制限されないため、柔軟なスケジュール管理が可能となります。また、交通費や宿泊費、会議室費用などが削減でき、出張費用の削減にもつながります。また、環境負荷も減らすことができるため、社会的な貢献にも繋がります。

3.多様な機能で円滑なコミュニケーションが可能に

多様な機能を持っているため、ビデオ会議や音声通話はもちろんのこと、画面共有やチャット機能、ファイル共有機能などがあり、コミュニケーションをより円滑にすることができます。これにより、遠隔地にいる人にもわかりやすくビジネスのプレゼンテーションを行うことができます。また、手書き入力機能や発言者を自動で切り替える機能などもあり、ストレスなくコミュニケーションを行うことができます。

4.情報漏洩を防ぐためのセキュリティ機能も充実

企業で重要な情報を扱う場合には、セキュリティが不可欠です。Web会議システムでは、暗号化通信やパスワード設定、入室制限などのセキュリティ機能が充実しているため、情報漏洩のリスクを低減することができます。

Web会議システムの注意点3つ

ビジネスシーンにおいて、Web会議システムは多くの利用者にとって、円滑なコミュニケーションを実現する貴重なツールですが、その中には注意すべき点があります。ここでは、Web会議システムの注意点について解説します。

  • 通信環境による不安定さ
  • 操作方法に慣れていない人にはハードルが高い
  • セキュリティに関するリスク

1.通信環境による不安定さ

Web会議システムは、インターネットを介してデータを送信するため、通信環境が不安定な場合、音声や映像が途切れることがあります。また、通信環境が悪いと、遅延が発生して、話し合いの流れが滞ってしまうことがあります。特に、遠隔地同士のWeb会議の場合は、通信がより不安定になる可能性が高くなります。このため、Web会議を行う前には、通信環境を確認し、適切な準備を行うことが必要です。

2.操作方法に慣れていない人にはハードルが高い

Web会議システムは、操作が簡単で使いやすいものが多いですが、操作方法に慣れていない人には、初めての利用時にはハードルが高いかもしれません。例えば、システムの起動方法やログイン方法、音声や映像の調整方法などが分からない場合、会議の進行が滞ることがあります。そのため、事前に操作方法の説明やトレーニングを行い、問題が発生した場合には適切なサポートを提供することが重要です。

3.セキュリティに関するリスク

Web会議システムは、インターネットを介してデータを送受信するため、不正アクセスや情報漏洩などのセキュリティリスクがあります。また、Web会議システムは、通常の電話会議と比較して、参加者の身元確認が難しいため、不正参加者が紛れ込んでしまう可能性もあります。このため、Web会議システムを利用する場合には、セキュリティ対策を徹底し、適切なアクセス制限を設定することが必要です。

Web会議システムの主な機能6つ

ビジネスのコミュニケーション手段として、Web会議システムは重要な役割を果たします。そのため、Web会議システムが備える主な機能について解説します。

  • 画面共有機能
  • チャット機能
  • 音声通話機能
  • 録画機能
  • 予定管理機能
  • セキュリティ機能

1.画面共有機能

画面共有機能は、プレゼン資料や報告書、画像などのデータを参加者と共有することができる機能です。この機能により、遠隔地の参加者とも効率的に意見交換ができます。また、チームでの作業を行う場合にも役立ちます。

2.チャット機能

Web会議中に、テキストチャットを送信できる機能です。発言が難しい場合や、発言順序をきちんと守りたい場合に役立ちます。また、質問や意見の共有などにも利用されます。

3.音声通話機能

Web会議システムには、音声通話機能が標準で備わっています。この機能により、画面共有やチャット機能を補完することができます。多くのシステムでは、音声通話機能に加え、ビデオ通話機能も利用できます。

4.録画機能

Web会議を録画することができる機能です。この機能により、後から参照することができるため、参加できなかった人にも情報共有が可能になります。また、振り返りや反省に役立ちます。

5.予定管理機能

Web会議をスケジュール管理できる機能です。参加者のスケジュール調整や、招待状の自動送信、リマインダーの設定などが行えます。この機能により、時間管理が容易になり、ミスの防止にも繋がります。

6.セキュリティ機能

Web会議システムには、機密情報が漏洩しないようにするためのセキュリティ機能があります。パスワード設定や参加者の認証、会議中の監視などの機能があるため、安心して利用することができます。

Web会議システムの便利機能3選

ビジネスにおいてWeb会議はますます普及しており、効率的かつ円滑なコミュニケーションを実現するために、多様な便利ツールが存在します。以下に代表的なものを紹介します。

  • ホワイトボードツール
  • 仮想背景機能
  • 自動字幕機能

1.ホワイトボードツール

手書きのメモや図面の共有に最適です。書き込みや削除が自由自在なため、議論の進行に合わせて臨機応変にアレンジすることができます。

2.仮想背景機能

ビデオ会議中に仮想的な背景を設定できる機能です。背景を変更することで、参加者のプライバシーやセキュリティの保護にもつながります。また、オフィスの外出先から参加する場合には、背景を変えることでプロフェッショナルな印象を与えることもできます。

3.自動字幕機能

音声をテキスト化する機能です。耳が不自由な人や英語の聞き取りに自信のない人にとっては特に有用です。また、会議の内容をまとめる際にも役立ちます。

Web会議システムを使うビジネスシーンの例5つ


ビジネスにおいて、Web会議システムを活用することで、時間や場所を選ばず、コスト削減にもつながるメリットがあります。以下に、代表的なビジネスシーンでのWeb会議システム活用例を紹介します。

  • リモートワークによる会議
  • 顧客とのオンライン打ち合わせ
  • オンラインでの講義や研修
  • リモートでの面接
  • ウェビナーやライブストリーミングにオンラインイベント

1.リモートワークによる会議

リモートワークが増加している現代では、オンラインでの会議が増えています。Web会議システムを利用することで、全国各地にいる社員同士での打ち合わせや報告をリアルタイムに行うことができます。事前に共有した資料を共有し、画面共有機能を利用してプレゼンテーションを行うことも可能です。

2.顧客とのオンライン打ち合わせ

顧客との打ち合わせを行う際にも、Web会議システムは有用です。顧客先に出向かなくても、Webカメラを利用したビデオ通話で顔を合わせたようなコミュニケーションを実現できます。また、事前に共有した資料を共有し、ビデオ通話と合わせてプレゼンテーションを行うことができます。

3.オンラインでの講義や研修

オンライン講義や研修にも、Web会議システムは活用されています。講義や研修の受講者は、オフィスや自宅などから参加することができ、時間や交通費の節約にもつながります。また、画面共有機能を使って、講師がパソコンの画面を共有しながら、実践的なトレーニングを行うことができます。

4.リモートでの面接

リモート面接も、Web会議システムを利用することで実現できます。遠隔地からの面接希望者との面接や、外国人候補者との面接など、場所や時間の制限を受けない柔軟な面接が可能になります。面接前に事前に共有した資料を共有し、面接官との対話に合わせて画面を共有して、面接を実施することができます。

5.ウェビナーやライブストリーミングにオンラインイベント

Web会議システムは会議のみならず、オンラインセミナーやウェビナーなど外部に向けたイベントにも活用できます。これまで参加できなかった遠方の参加者も集まり、リアルイベントよりも気軽に参加できます。

そういった用途に応じて、グルーピング機能や挙手機能、アンケート機能などが用意されている製品もあります。また、ライブストリーミングで一方通行にはなるものの、大規模なイベントを行える機能もあります。

Web会議を充実させる方法4つ

Web会議はビジネスにおいて重要なコミュニケーションツールの1つですが、会議の品質が低いと、情報共有や意思決定が円滑に進まず、時間の無駄になります。ここでは、Web会議を充実させるための方法を紹介します。

  • トラブルが起きないよう環境を整える
  • 会議の目的と進行を明確にする
  • 資料や画面共有を活用する
  • 音声や映像に注意する

1.トラブルが起きないよう環境を整える

Web会議は、テレビ会議や対面会議とは異なり、ネットワーク環境や機器のトラブルが起きる可能性があります。そのため、事前に必要な準備をしっかり行うことが重要です。インターネット環境や機器、ソフトウェアのアップデートなど、十分な時間をかけて準備を行いましょう。

2.会議の目的と進行を明確にする

Web会議の目的と進行を明確にすることで、参加者の意識が統一され、円滑な進行が期待できます。会議の目的やアジェンダ、参加者に事前に共有することで、議論に集中できるようになります。また、進行役の役割も明確にすることで、スムーズな進行が期待できます。

3.資料や画面共有を活用する

Web会議では、資料や画面共有機能を活用することで、より効果的な議論が可能です。共有する情報は、見やすく分かりやすいものを選びましょう。また、共有する前に必要な説明や質問を行うことで、参加者が理解しやすくなります。

4.音声や映像に注意する

Web会議では、音声や映像に異常が生じることがあります。そのため、会議中に参加者の音声が聞こえにくかったり、映像が乱れたりする場合は、すぐに対応することが重要です。また、音声や映像が正常に伝わるために、マイクやカメラの設置場所にも注意しましょう。

Web会議システムの導入ステップ7つ

Web会議システムを導入するには、以下のステップを踏む必要があります。手順を確実に実施することで、スムーズな導入ができます。

  • 導入の目的を明確にする
  • ユーザーのニーズを分析する
  • 製品の比較検討を行う
  • 導入コストを見積もる
  • 製品のトライアルを実施する
  • 導入計画の策定
  • 導入作業の実施

1.導入の目的を明確にする

Web会議システムを導入する目的を明確にしましょう。例えば、オフィスや工場、リモートワークなど、どのようなシーンで使用するか、導入することで得られるメリットは何かなどを確認しましょう。

2.ユーザーのニーズを分析する

導入するWeb会議システムのユーザーは誰で、どのようなニーズがあるかを分析しましょう。ニーズが明確でない場合は、社内の関係者とのヒアリングやアンケート調査を行い、必要な機能や製品の種類を洗い出しましょう。

3.製品の比較検討を行う

ユーザーのニーズに合わせた製品を選ぶために、複数の製品を比較検討しましょう。製品の特徴や価格、使い勝手などを比較し、ユーザーのニーズに最も適した製品を選択します。

4.導入コストを見積もる

導入コストを見積もり、予算内で導入できるかどうかを確認しましょう。導入コストには、製品購入費用、機器の設置費用、維持管理費用などが含まれます。予算に見合った製品を選ぶことが重要です。

5.製品のトライアルを実施する

製品の実際の使い勝手を確認するために、製品のトライアルを実施しましょう。複数の製品をトライアルすることで、ユーザーのニーズに合った製品を選ぶことができます。

6.導入計画の策定

導入前には、導入計画を策定することが必要です。以下の項目に導入にあたって考慮すべきポイントの例を挙げますので、自社に必要な項目を洗い出し、計画を策定しましょう。

  • 導入時期
  • 設置場所
  • 導入作業の担当者
  • スケジュールの確認
  • 社内での普及促進
  • 研修の実施
  • セキュリティ対策

7.導入作業の実施

導入計画が策定できたら、システム導入作業を実施します。必要な機材を準備し、必要な設定を行いましょう。また、社内での普及促進や研修を実施し、スムーズな導入を図りましょう。

Web会議とテレビ会議の違い

ビジネスシーンでのコミュニケーション手段として、テレビ会議やWeb会議が利用されます。それぞれの手段には、特徴やメリット・デメリットがあります。ここでは、Web会議とテレビ会議の違いについて説明します。

  • 使用する機器の違い
  • 利用するネットワークの違い
  • 参加者数の違い
  • 利用者の目的の違い
  • コストの違い

1.使用する機器の違い

テレビ会議は、会議室に特別な機器を設置することが一般的です。一方で、Web会議は、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、通常使用している機器で利用できます。

2.利用するネットワークの違い

テレビ会議では、会議室に特別なネットワーク環境が必要ですが、Web会議はインターネットを利用します。そのため、場所や時間に関わらず、誰でも簡単に参加できます。

3.参加者数の違い

テレビ会議は、大勢の参加者がいる場合でも、しっかりと映像や音声が届くように特別な機器が必要です。しかし、Web会議は、インターネット経由で参加できるため、多数の参加者でも手軽に開催できます。

4.利用者の目的の違い

テレビ会議は、重要なビジネスミーティングや説明会、大規模な会議などに使用されることが多いです。一方で、Web会議は、仕事の進捗報告やチームミーティング、営業活動など、小規模かつ日常的なコミュニケーションに利用されることが多いです。

5.コストの違い

テレビ会議は、専用の機器やネットワークを用意する必要があるため、高額な費用がかかることがあります。一方、Web会議は、インターネット環境があれば手軽に利用できるため、コストを抑えられます。

充実したWeb会議を行うにはWeb会議システムの導入が必須

この記事では、Web会議システムについて、その基本的な概念から導入ステップ、製品タイプ、比較ポイントまでを詳しく紹介しました。ビジネスの世界でもWeb会議システムが大きな注目を浴び、その導入が必要不可欠とされています。

しかし、Web会議システムの導入には、慎重かつ正確な判断が求められます。適切な製品選定と適切な導入ステップを踏むことで、より円滑なコミュニケーションと生産性の向上が期待できます。Web会議システムを上手く活用し、ビジネスの成果を最大化しましょう。

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1586件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる