Menu
Close

最終更新日:

おすすめのSEOツールを徹底比較!基本機能や導入のメリットを解説

近年、インターネットの検索からの流入に欠かせないSEO対策に取り組む企業は非常に増えています。検索順位でより上位に表示されることで、大きな利益をもたらしてくれるからです。しかし、上位表示させることは簡単なことではありません。

そこで、より効率的に正しいSEO対策を行うためにSEOツールを活用することをおすすめします。

本記事では、おすすめのSEOツールを徹底比較しながらご紹介します。SEOツールの基本機能や導入のメリット、選定のポイントについても解説しているため、参考にしてください。

そもそもSEOツールとは

「SEOツール」とは、SEO施策を実施するうえで分析や効果測定するためのツールです。御社のWebサイトのSEO対策をあらゆる面から支援してくれます。

そもそも「SEO」とはSearch Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」という意味です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示されることでWebサイトへの流入がアップし、結果的に集客や収益の向上に繋げられます。

少し前だと「対策キーワードをたくさん盛り込む」「被リンクをたくさん作る」といった単純なSEO対策が横行していました。しかし、近年Googleのアルゴリズムは頻繁にアップデートされ、「ユーザー第一主義」がより重視されています。そのため、単純なテクニックだけでは上位表示させることが難しくなっているのです。

上位表示のためには多くの条件を満たさなければならず、なにが不足しているかチェックするだけでも大変でしょう。そこで活躍してくれるのがSEOツールです。

SEOツールを使えば競合調査や検索順位の分析、内部・外部対策の不足箇所の提示など、さまざまな支援を受けられます。賢くSEOツールを使いこなすことで、検索結果に少しでも上位に表示させられるようになるでしょう。

SEOツールの基本機能

SEOツールと一言に言っても、その機能はさまざまです。1つの機能の特化したSEOツールから複数機能を兼ね備えたSEOツールまであるため、どのような機能が自社に必要か見極める必要があります。

SEOツールの基本機能は、主に5つあります。

  • アクセス解析
  • 内部診断
  • キーワード選定
  • 検索順位の調査・分析
  • コンテンツ作成・検証

どのようなことができるのかを1つずつ解説していきます。ぜひ、自社で必要な機能がなにかを考えてみてください。

アクセス解析

アクセス解析とは、自社のWebサイトに訪れているユーザーのアクセス状況を確認できる機能です。訪問ユーザーの行動や属性を知り、Webサイトの課題を把握したり効果を測定したりすることに役立ちます。

アクセス解析を使えば、以下のようなことが把握できます。

  • Webサイト全体の訪問者数
  • コンテンツごとの訪問者数
  • 訪問者数の推移
  • 内遊率
  • 離脱率
  • クリックされた外部リンク

どこの国からどんなデバイスを使ってアクセスしたユーザーであるかはもちろん、性別や年齢層まで確認できます。

また、どのページからWebサイトに入り、何分閲覧してどのリンクをクリックしたのか、どんな商品を購入したのかといったユーザーの動きの把握も可能です。さらに、日単位・週単位・月単位での推移を確認できます。

アクセス解析を使ってWebサイトの現状を把握し、集客力アップに向けて適切な戦略を立てましょう。

内部診断

内部診断とは、Webサイトを構成するHTMLタグやテキスト、メディアなどの内部要素が適切であるかを判断してくれる機能です。SEO内部対策は、検索エンジンにWebサイトの情報を正しく伝えるために欠かせません。また、内部対策ができていなければ、ユーザビリティの低下に繋がりかねません。

内部診断機能では、主に以下のような課題についてチェックしてくれます。

  • titleタグやmeta descriptionの記述はあるか
  • ページの表示速度は適切か
  • インデックスを阻害する要素はないか
  • canonicalタグは適切か
  • モバイルフレンドリーなデザインになっているか
  • 内部リンクのアンカーテキストが正しいか
  • リダイレクトの設定は適切か

このように、Googleのウェブマスター向けガイドラインに沿ったチェックをされるツールがほとんどです。最低限のSEO内部対策ができるため、検索エンジンから高い評価を受けやすくなるでしょう。

キーワード選定

キーワード選定機能とは、どのキーワードがよく検索エンジンで検索されているのかを調査するための機能です。

そもそもキーワード選定とは、コンテンツを作成するうえでSEO施策を行う「言葉」「単語」を選ぶことです。検索頻度の高いキーワードを対策キーワードにすることで、Webサイトの閲覧の可能性が高くなります。そのため、適切なキーワードを選定することは、商品・サービスに関心のあるユーザーを獲得するために重要な作業です。

SEOツールにおけるキーワード選定では、以下のようなことができます。

  • 検索ボリューム(月間)
  • 検索ボリュームの推移
  • キーワードの入札単価
  • 関連キーワード・サジェストキーワードの抽出
  • 流入している検索ワードの抽出

メインキーワードと一緒に検索されている関連キーワードやサジェストキーワードの抽出はコンテンツ作成に役立ちます。

たとえば、「SEOツール」と一緒に「おすすめ」「無料」といったキーワードも一緒に検索されることが多いです。サジェストキーワードからユーザーのニーズを推測してコンテンツに内容を盛り込むことで、ユーザーの知りたい情報を届けられます。

より多くのユーザーに閲覧してもらうために、キーワード選定機能は役立ちます。​

検索順位の調査・分析

検索順位の調査・分析の機能があれば、コンテンツ内容の見直しがしやすくなります。本来、狙ったキーワードで順位が取れているのかを確認するためには、実際に検索エンジンで検索して順位を確認しなければなりません。しかし、SEOツールを使えば、以下のようなことが簡単にできます。

  • 検索順位のトラッキング
  • 順位の取れているキーワードの抽出
  • 競合サイトの調査

どのようなキーワードが使われると上位表示されやすいのか、キーワードを変えたことでどのように順位変動したのかといった分析をしてくれます。SEO施策を実施した際の検証にも使える機能です。​​

コンテンツ作成・検証

コンテンツ作成・検証の機能があれば、より優位なコンテンツ作成をするための支援を受けられます。具体的にできることは、以下の通りです。

  • 競合サイトへ流入しているキーワードの調査
  • 1コンテンツでまとめて狙えるキーワードのグルーピング
  • 上位表示に必要な要素の抽出
  • 対策キーワード・サジェストキーワードの含有率
  • コピペ率のチェック

近年、コンテンツSEOは多くの企業が取り組むSEO対策の1つです。広告だけではなく、自社のWebサイトを通じてファンや見込み顧客を作れるため、力を入れる企業は少なくありません。しかし、どのようなコンテンツを作れば良いか分からなかったり、良いと思って作ったコンテンツの検索順位が上がらなかったときの対処法に悩んだりするWeb担当者もいるはずです。

コンテンツ作成から検証の支援を受けられるツールを使えば、より優位なコンテンツ作りができるでしょう。

SEOツールを導入する3つのメリット

企業がSEOツールを導入するメリットは、主に3つあります。

  • Webサイトの不備を見つけられる
  • 正しいSEO対策ができる
  • 競合調査が簡単にできる

具体的な例を交えながら、詳しく解説します。

Webサイトの不備を見つけられる

Webサイトの不備を自動で見つけられるため、業務効率化に繋がります。Webサイトの構築を正しくするためには、専門的な知識とSEOの知識が欠かせません。正しく検索エンジンに評価されるためには、やらなければならないことも多くあります。

しかし、社内のIT担当者がWebサイトを構築したり、コンテンツ作成したりしている場合、すべてに手が回らないこともあるでしょう。そこでWebサイトの不備や課題が自動抽出されれば、優先順位をつけて修正をするだけで解決できます。

長くWebサイトを運営していると、検索順位が下がったりSEOでの流入数が激減したりするケースは珍しくありません。また、新しいサーバーへの移行や新Webサイトのローンチなどで構造的変化がある場合にもトラブルが起きやすいです。トラブルの原因を探すには膨大な時間がかかります。

このような場合でも、SEOツールがあれば自動でWebサイトの不備を検知してくれます。IT部門やWeb担当者の負担を大幅に軽減できるはずです。

正しいSEO対策ができる

SEOツールが支援を行ってくれることで、正しいSEO対策ができるようになります。Google検索エンジンのアルゴリズムは日々アップデートされ、少し前に学んだ知識が通用しなくなるケースは少なくありません。しかし、SEOツールはアルゴリズムに合わせてアップデートされます。そのため、「今」通用するSEO対策を実践できます。

たしかに「SEO対策」「上位表示させる方法」といったキーワードで検索すれば、SEO対策の手法がたくさん出てくるでしょう。参考にはなるものの、最新の情報でなかったり、本当に正しい対策方法でなかったりと、効果的でないSEO対策もWeb上にはたくさん存在します。売上に直結するSEO対策をするためには、正しい対策をしなければなりません。SEOツールは適切な対処法を提示してくれるため、作業が無駄になることはないでしょう。

もちろん、あらゆるものの最新データが手に入るため、現状に合う施策が実践できることも魅力的です。よりコンテンツの上位表示に近づけるでしょう。

競合調査が簡単にできる

効率良く競合調査ができるため、より優位なコンテンツを作成することに役立ちます。競合調査をするには、検索エンジンから対策キーワードを実際に検索し、上位表示されるコンテンツに1つ1つアクセスしなければなりません。内容を確認し、どのようなコンテンツがユーザーに求められているのかを調査します。

また、同じ業界の企業のWebサイトを確認し、どのようなキーワードを狙っているか、どのようなユーザーを獲得したいのかを推測する必要があります。このような作業を行うには膨大な時間がかかりますが、実際にランキングを獲得しているキーワードや流入数を把握することはできません。つまり、推測にとどまります。

そもそも、競合調査の目的は、競合サイトの戦略や狙っているキーワードを分析して自社のWebサイトの戦略に活用することです。競合の多い業界であれば上位表示させることは激戦となりやすいため、あえて抜け穴を狙うことも戦略として考えられます。競合と差別化を図り、自社ならではのオリジナルコンテンツを提供するためにも、競合調査は欠かせません。

SEOツールを使って競合調査が簡単にできれば時間や労力を割くことなく、大きな効果を見込めます。

おすすめのSEOツールを徹底比較

SEOツール

Paddle SEO

株式会社プリンシプル

SEOツール

Paddle SEO

株式会社プリンシプル

株式会社プリンシプルのPaddle SEO(パドルSEO)は、Google BigQuery/BIツールTableau/Google Search Consoleと連携し、流入キーワードやランディングページからSEO上の改善施策を導き出すSEOモニタリングツールです。キーワードが取れない時代のSEOパフォーマンスモニタリングツールです。SEOのパフォーマンスを可視化し、ボトルネックと伸びしろを発見します。

  • 自然検索流入の伸びしろ、ポテンシャルキーワードを一目で発見
  • 専用ダッシュボードによる定点モニタリングで、SEOのPDCAをサポート
  • Googleの最新アルゴリズムで重要、CTR改善のためのレポートも完備
ソフト種別 なし 
基本的な機能 流入キーワード調査 キーワードグルーピング GoogleAnalytics統合 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

botify

日本法人Botify Japan株式会社

SEOツール

botify

日本法人Botify Japan株式会社

日本法人Botify Japan株式会社のbotifyは、業界を牽引するSEOプラットフォームです。Googleなどの検索エンジンは、大規模な法人ウェブサイトのコンテンツの約半分を見逃しています。認識されなかったコンテンツ=失われた収益です。Botifyはお客様のウェブサイトのサイズ、規模、複雑さに合わせて設計したプラットフォーム上で、失われた機会を掘り起こし、収益性の高いビジネス成果へと変換します。

  • 統合化したデータ Botify Analytics
  • 処方的なインサイト Botify Intelligence
  • 自動化されたアクション Botify Activation
ソフト種別 なし 
基本的な機能 検索順位チェック 
推奨環境 なし 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

DemandMetrics

DemandSphere株式会社

SEOツール

DemandMetrics

DemandSphere株式会社

DemandSphere株式会社のDemandMetricsは、エンタープライズに特化した検索マーケティング支援ツールです。実績は導入全世界10,000サイト以上でしす。経験が日本市場で10年以上の歴史があります。技術力はサードパーティデータに依存しない、完全内製データです。安心と安全は公共機関や金融機関にも導入できる、堅牢なセキュリティレベルです。高性能な5,000万クエリを処理するパワフルなシステムです。

  • エンタープライズに特化した検索マーケティング支援ツール
  • プロに選ばれるDemandMetrics
  • データ分析とブランドプロテクションやストア管理
ソフト種別 なし 
基本的な機能 内部対策 検索流入数予測 競合分析 コンテンツSEO対策 キーワードグルーピング GoogleAnalytics統合 
推奨環境 なし 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Moz Pro

iContact Marketing Corp

SEOツール

Moz Pro

iContact Marketing Corp

iContact Marketing CorpのMoz Proは、実績のあるオールインワンSEOツールセットです。基本的なSEOツールセットとしてキーワード調査、サイト監査、ランク追跡、レポートなど機能を持っています。検索結果でのトラフィック、ランキング、可視性を高めるのに役立つSEOソフトウェアです。あらゆる状況に対応するクラス最高のSEOソフトウェアを構築します。Moz Proを使うことはSEOを行うためのよりスマートな方法でしょう。

  • サイトをクロールして技術的なSEOの問題を監査する
  • サイトと競合他社のランキングを追跡します
  • 質の高いリンク プロファイルを成長させて、牽引力、注目、およびトラフィックを獲得
  • それらすべてを支配する1つのキーワード調査ツール
ソフト種別 なし 
基本的な機能 検索順位チェック 競合分析 
推奨環境 なし 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

パスカル

株式会社オロパス

SEOツール

パスカル

株式会社オロパス

株式会社オロパスのパスカルは、圧倒的に使いやすいSEOツールです。SEOやコンテンツマーケティングの作業時間を大幅短縮できます。1,540社の"Webのプロ"に選ばれているSEOツールです。パスカルはもともと社内ツールでした。パスカルを使うことで従来手作業で行っていた作業が20分の1まで圧縮できました。さらに嬉しいことに正しい統計分析を取り入れたことでSEO調査や分析精度は誰が行っても一律に正確な数値で表すことができるようになりました。

  • 競合サイト分析にかかる時間を大幅に短縮します
  • 検索順位に影響する内部SEO要因を網羅しています
  • 役立つレポート機能が充実、改善点がわかるSEO指示書
  • 指定エリア内の検索順位をチェックできます
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 検索順位チェック 競合分析 
推奨環境 なし 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信広告・放送・出版ビジネスサービス
よく導入している企業の規模
不明21名-50名301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数23

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Nobilista

株式会社IIP

SEOツール

Nobilista

株式会社IIP

株式会社IIPのNobilista(ノビリスタ)は、日本発のクラウド型の検索順位チェックツールです。インストール不要・ブラウザで利用できるため、Windows・Mac問わずあらゆるデバイスで利用可能です。Nobilista最大の特徴は、ブラウザで利用できる検索順位チェックツールであるということです。Nobilistaは日本市場に対して、「そろそろクラウドに切り替えてみてはどうですか?」と提案するようなサービスとなっています。

  • PCを起動することなく、検索順位を毎日自動で計測
  • 検索ボリューム・SEO難易度も可視化できます
  • 競合サイトとのパフォーマンスを比較できます
  • 検索順位が変動したらメールでお知らせします
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 検索順位チェック 競合分析 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

SEARCH WRITE

株式会社 PLAN-B

SEOツール

SEARCH WRITE

株式会社 PLAN-B

株式会社 PLAN-BのSEARCH WRITEは、知識がなくてもすぐに使えるSEOツールです。SEOに必須の機能が初心者でも使いこなせます。累計5,000社を支援したノウハウから、SEOの正しい方法までわかり、チームが自走できるように、「自分たちでできる」まで無償サポートします。さらに、AIが打つべき施策を提案、企画立案を強力サポートします。サービス開始1年半で、ご利用社数は600社を突破しました。

  • 対策すべきキーワードと施策案をツールが提案
  • 記事コンテンツに、必要な内容を一目で判断
  • 定点観測によるサイト全体の動向/変動を把握
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 検索順位チェック 検索流入数予測 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信小売・流通医療・化学
よく導入している企業の規模
不明101名-300名21名-50名

この製品の導入事例掲載数12

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Digital Marketing Intelligence

SimilarWeb Japan株式会社

SEOツール

Digital Marketing Intelligence

SimilarWeb Japan株式会社

Similarweb Ltd.のsimilarwebのツールの一つであるDigital Marketing Intelligenceは、競合のWebマーケティングを分析し、自社のWebサイトのトラフィックの増加をサポートするものです。キーワードリサーチと分析ツールにより、最新で正確なデータを使って、キーワードの競合状況を調査します。広告の調査も行えるので、競合のメディアバイイング戦略が明らかになり、自社の戦略構築にも役立ちます。

  • 競合分析により、自社のポジションを知り対策に繋げる
  • トラフィック上位のキーワードを検索し、価値あるキーワードを選定
  • 競合の広告クリエイティブとメディアバイイング戦略を知る
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 無料版あり 流入キーワード調査 競合分析 外部対策 有料広告検索調査 コンテンツSEO対策 キーワードグルーピング 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 1ヶ月
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

BULL

株式会社ディーボ

SEOツール

BULL

株式会社ディーボ

株式会社ディーボのBULLは、キーワードに対する検索順位を日々チェックできるツールです。効率的な完全自動チェックなので、休日も関係なく順位を取得できます。また、各種ブラウザやデバイスから、いつでもどこでも順位をチェック可能なのも魅力です。PCはもちろん、スマホでも見やすい画面設定がされています。月次レポートをCSVやエクセルで出力できるので、社内や得意先へのレポート提出や資料作成もスムーズに行えます。

  • PC起動なしでも、検索順位を自動取得する
  • 当日の検索順位の状況が、管理画面から一目で分かる
  • Googleの変動と検索順位を比較でき、メモ機能もあるので対策が立てやすい
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 検索順位チェック 外部対策 有料広告検索調査 Yahoo!検索対応 キーワードグルーピング 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 1年
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Keywordmap

株式会社CINC

SEOツール

Keywordmap

株式会社CINC

株式会社CINCのKeywordmapは、競合のWebサイトを分析し、SEO・コンテンツ制作をサポートする分析ツールです。成果創出に向けてCINCのカスタマーサクセスが顧客と伴走し、Webマーケティングにおける様々な悩みを解決します。Webマーケティングに必要なあらゆるステップで利用できる機能を搭載しており、競合サイトの分析、SEOキーワードの発見、コンテンツ制作、広告最適化、検索順位計測などでWeb集客最大化を実現します。

  • 世界最大級の、日本語のビッグデータを持つ
  • 指定キーワードの地域別の傾向も分かる、検索市場レポート
  • カスタマーサクセスチームによる、手厚いサポートが心強い
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 国内メーカー 検索順位チェック 検索流入数予測 流入キーワード調査 自然言語処理による共起語抽出 競合分析 競合サイト発見機能 外部対策 有料広告検索調査 コンテンツSEO対策 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 1年
よく導入している業種
IT・情報通信教育
よく導入している企業の規模
21名-50名51名-100名1,001名以上

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

SEOツール

EmmaTools

株式会社EXIDEA

SEOツール

EmmaTools

株式会社EXIDEA

株式会社EXIDEAのEmmaToolsは、効果的なSEOコンテンツ作成をサポートするツールです。SEOコンテンツの品質を自動で分析し、上位表示の可能性を高めます。SEO未経験でも分かりやすい設計が特長で、上位表示するための重要な関連キーワードを自動で提案したり、コンテンツのタイトルや見出しを自動で分析するなど、課題と具体的な解決方法を提案します。不安な方向けに、別途3ヵ月間の導入プログラムを用意するなど初心者にやさしいツールです。

  • コンテンツ内で使用するべきキーワードを自動抽出
  • コンテンツの自動分析と独自のスコアリングで、クオリティをアップ
  • ユーザーだけの特典としてSEO学習コンテンツを提供
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 国内メーカー 検索順位チェック 競合分析 文章作成アシスト機能 コンテンツSEO対策 キーワードネットワーク表示 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 無し
最低利用期間 1年
よく導入している業種
IT・情報通信不動産
よく導入している企業の規模
21名-50名301名-1,000名51名-100名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

SEOツール

TACT SEO

株式会社ウィルゲート

SEOツール

TACT SEO

株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートのTACT SEOは、SEOの課題を自動抽出するツールです。キーワードのボリューム・関連語・競合性・Google広告のクリック単価などを調査し、検索で上位に掲載されるための課題を発見します。また、指定キーワードの自社Webサイトや競合Webサイトの順位を日単位で計測・管理する機能もあり、SEO戦略の頼れるパートナーとなります。2022年時点では利用企業者数が4,100社を突破するなど広く支持されています。

  • 競合と比較し、検索上位化への課題発見力が高い
  • キーワードのグルーピングにより、SEO戦略をサポート
  • 自社や他社の流入キーワードの調査と、検索順位計測が可能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 国内メーカー 無料版あり 検索順位チェック 流入キーワード調査 自然言語処理による共起語抽出 競合分析 コンテンツSEO対策 キーワードグルーピング 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 1ヵ月
よく導入している業種
広告・放送・出版卸売
よく導入している企業の規模
101名-300名301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

SEOツール

tami-co

CROCO株式会社

SEOツール

tami-co

CROCO株式会社

CROCO株式会社のtami-coは、50以上の要素を多角的に分析するコンテンツSEOツールです。CROCO株式会社はSEOコンサルを行っており、そのノウハウが詰め込まれているのが特長です。自然言語処理「BERT」分析を搭載の先端技術を活用して共起語を抽出するなど、検索順位向上のための機能が充実しています。SEO初心者でも扱えるように分析・調査が自動化できるので、記事の構成や執筆の効率的なクオリティ向上が可能です。

  • キーワード分析で、カバーすべき箇所や競合との違いが認識できる
  • SEO初心者でも使いやすく、分析時間も短縮
  • オンライン企画作成講座など、サポート体制が充実
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 国内メーカー 検索順位チェック 自然言語処理による共起語抽出 競合分析 外部対策 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 6ヵ月
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Semrush

株式会社オロ

SEOツール

Semrush

株式会社オロ

株式会社オロが日本総代理店として提供するSemrushは、SEO対策と広告分析、SNS競合対策に有効な機能がオールインワンの分析ツールです。世界で1,000万以上のユーザーに利用されています。SEO、広告、SNS、コンテンツマーケティングなどオンラインの様々な領域で競合サイトの調査・分析を実現できます。このツールだけでデジタルマーケティングの広範囲をカバーし、施策の戦略立案・実行に活用できるのが魅力です。

  • デジタルマーケティングに必要なSEMツールを網羅
  • 世界基準のクオリティかつ、導入後サポートも充実
  • キーワードやドメイン、バックリンクなど信頼性の高いビッグデータを活用
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 無料版あり 検索順位チェック 流入キーワード調査 競合分析 競合サイト発見機能 外部対策 有料広告検索調査 キーワードグルーピング GoogleAnalytics統合 タスク管理機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 1ヵ月
よく導入している業種
IT・情報通信製造旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
1,001名以上21名-50名

この製品の導入事例掲載数4

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Majestic

Majestic-12 Ltd

SEOツール

Majestic

Majestic-12 Ltd

Majestic-12 LtdのMajesticは、自社や競合など様々なWebサイトの被リンクを解析するツールです。トラストフローというリンクの品質を示すスコアと、サイテーションフローというリンクの量を反映するスコアがあり、一側面からだけではない分析が可能です。また、トピカルトラストフローは、800を超えるカテゴリーの最も優れたサイトと比較して、自社のWebサイトがどのような影響を持つかを数値で示すことができるので客観性も担保できます。

  • サイトエクスプローラーで上位の被リンクを見つける
  • プログラミング不要で大量のデータを抽出。
  • 品質の評価により世界中で利用されており、フォーラムも充実
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 無料版あり 検索順位チェック 競合分析 外部対策 タスク管理機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Ahrefs

Ahrefs Pte.Ltd

SEOツール

Ahrefs

Ahrefs Pte.Ltd

Ahrefs Pte.LtdのAhrefs(エイチレフス)は、世界で60万以上導入されているSEO分析ツールです。世界最大級の被リンクデータ量を持ち、24時間ごとに約40億のWebページをクローするなど、スケールの大きさが特長です。その上で、見やすいインターフェイスで様々な切り口から簡単にSEO分析が可能です。ウェブサイトの監査と最適化や、競合他社分析、検索順位の推移をトラッキングするなど有用な機能が豊富に搭載されています。

  • 世界最大級の被リンクデータ量と、圧倒的に早いデータ更新
  • 競合サイトの流入も調査する「サイトエクスプローラー」
  • ソーシャルメディアのトレンドも調査できる「コンテンツエクスプローラー」
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 流入キーワード調査 競合分析 外部対策 有料広告検索調査 コンテンツSEO対策 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール チャット 
トライアル 無し
最低利用期間 1ヵ月
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

SEOマスターProfessional

株式会社ディテイルクラウドクリエイティブ

SEOツール

SEOマスターProfessional

株式会社ディテイルクラウドクリエイティブ

株式会社ディテイルクラウドクリエイティブのSEOマスターProfessionalは、2022年7月時点で業界初となる次世代型SEOソフトウェアです。客観的なGoogleアルゴリズム分析指標をもとにSEOノウハウを詰め込んでいます。表示されるアドバイスにしたがってHTMLコードやサイト内構造などの内部要因を訂正するだけで、簡単に高度なSEOを行うことができます。また、Webサイト内の全てのページを最適化できるよう、様々な機能を備えています。

  • 100項目以上のページ内要因を、リアルタイムに診断
  • 10万ページ以上の統計分析により、初心者もプロ並みのSEO対策が可能
  • キーワード上位表示の確率を表示し、キーワード選定をサポート
ソフト種別 パッケージ型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 文章作成アシスト機能 Yahoo!検索対応 キーワードグルーピング タスク管理機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 6ヵ月
よく導入している業種
IT・情報通信製造
よく導入している企業の規模
21名-50名101名-300名

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

SEOツール

DeepCrawl

GMO TECH株式会社

SEOツール

DeepCrawl

GMO TECH株式会社

GMO TECH株式会社が日本総代理店として提供するDeepCrawlは、世界最高水準のテクニカルSEOツールです。2022年時点では、世界的に有名な企業をはじめ1,700社以上に導入されています。また、2021年4月期の日本マーケティングリサーチ機構調べでは、大規模サイトSEO担当者の満足度No.1になっています。高度な機能、設定、レポーティングにより、ユーザーが手軽にクロールを開始できる機能などで、多くの企業に評価されています。

  • 250以上のSEO内部評価指標で、簡単に改善点が把握できる
  • Googleクローラーをよく理解した設計で、精度高く
  • JavaScriptの影響を確認し、自然検索トラフィックの減少にも対応
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 GoogleAnalytics統合 タスク管理機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 1年
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

Screaming Frog SEO Spider

Screaming Frog Ltd

SEOツール

Screaming Frog SEO Spider

Screaming Frog Ltd

Screaming Frog LtdのScreaming Frog SEO Spiderは、Webサイトをクロールして、SEOに関する情報を一覧化する監査ツールです。結果をリアルタイムで分析しながら、様々な規模のWebサイトを効率的にクロールできます。主要なオンサイトSEO要素(URL、ページタイトル、メタ説明、見出しなど)をスプレッドシートにエクスポートできるため、SEO推奨のベースとして簡単に使用できることが特長です。

  • 競合と自社の比較に使えるので、客観性を持ったSEO対策につながる
  • リンク切れなどのエラーページを見つけ、メタデータを分析する
  • リダイレクトや正規化されていないURLをチェックする機能を持つ
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 無料版あり 自然言語処理による共起語抽出 外部対策 文章作成アシスト機能 GoogleAnalytics統合 タスク管理機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 1年
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

ANATOMY

株式会社シンメトリック

SEOツール

ANATOMY

株式会社シンメトリック

株式会社シンメトリックのANATOMYは、専門家が行うようなSEO分析を、直感的な操作で視覚化するツールです。このツールを習得することで、高度な分析がすぐに可能になります。主な4つの情報源(Googleアナリティクス、Googleサーチコンソール、HTMLソース、画面キャプチャ)に、+αの情報を結合し、情報を横断的に分析します。定期的にWebのスナップショットを取得し、過去データとの比較が可能なので、継続的なSEO対策が実現できます。

  • コンテンツ解釈を妨げる要因を見つける「テクニカルSEO解析」
  • 検索意図を読み取る「SERP(検索結果画面)分析」
  • 検索ニーズを探る「検索インデックス分析」
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 内部対策 国内メーカー 無料版あり 検索順位チェック 検索流入数予測 流入キーワード調査 競合分析 競合サイト発見機能 外部対策 GoogleAnalytics統合 タスク管理機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 3ヵ月
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

SEOツール

MIERUCA

株式会社Faber Company 

SEOツール

MIERUCA

株式会社Faber Company 

株式会社Faber CompanyのMIERUCA(ミエルカ)は、1,500社が利用するコンテンツマーケ・オウンドメディア・SEO対策分析サービスです。SEO・コンテンツの課題を発見/見える化を無料で試せるSEOツールです。ITreview Grid Award 2022 Springにて「SEOツール」及び「アクセス解析・アトリビューション」カテゴリで、顧客満足度と認知度の双方が優れた製品に対して贈られる"Leader"を受賞しました。

  • SEO施策を重要度順に提案、検索上位へ導きます
  • 流入&問い合わせ増を強力支援、CV改善に足りないコンテンツを可視化
  • 検索ユーザーにマッチしたコンテンツ立案、検索ユーザーのインサイト調査ツール
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 内部対策 著作権侵害防止機能 競合分析 競合サイト発見機能 検索順位チェック 流入キーワード調査 キーワードグルーピング キーワードネットワーク表示 コンテンツSEO対策 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造小売・流通IT・情報通信
よく導入している企業の規模
101名-300名不明6名-20名

この製品の導入事例掲載数9

この製品の導入事例を見る

SEOツールを選ぶときの3つのポイント

SEOツールを導入したいと思っていても、どのSEOツールを選べば良いか悩むかもしれません。なぜなら、SEOツールには幾多のツールが存在するからです。

SEOツールを選ぶときのポイントは、主に3つあります。

  • 必要な機能や求める効果を明確にする
  • 有料ツールか無料ツールかを決める
  • 管理画面が使いやすい

自社にとって最適なSEOツールを選ぶための3つのポイントについて、詳しく解説します。

必要な機能や求める効果を明確にする

まずは、自社のWebサイトに必要な機能や求める効果を明確にしましょう。Webサイト構築前なのか、すでに公開したコンテンツの見直しを行うのかなど、どの段階であるかは各社によって異なります。

必要な機能や効果を明確にするには、Webサイトをどのような状態にしたいかを考えることが必要です。たとえば、以下のように考えましょう。

  • Webサイトを構築したい→キーワード選定、競合調査、コンテンツ作成・検証ツール
  • Webサイトの効果を検証したい→アクセス解析、検索順位の調査・分析ツール
  • より多くの集客・収益を見込みたい→競合調査、コンテンツ作成の検証、内部診断ツール
  • インデックスされない、順位が上がらないなどの課題を解決したい→内部診断、コンテンツ作成・検証ツール

すべての機能が備わっているSEOツールはほとんどないため、複数のSEOツールを組み合わせて活用することをおすすめします。一見多くの機能が備わっているように見えるSEOツールであっても、最低限のことしかできないケースもあるためです。

どのようなWebサイトにしたいかから逆算して、必要な機能や求める効果をリストアップしておくと、選定の際に迷いが出ません。自社の目的に合うSEOツールを導入しましょう。

有料ツールか無料ツールかを決める

SEOツールには、有料ツールと無料ツールがあります。かけられるコストは企業によってさまざまなため、予算に合わせて選ばなければなりません。一般的に、有料ツールでは毎月料金が発生する月額会員制の料金体系が採用されています。IT部門に予算が割けない場合には無料ツールから選ばなければなりませんが、無料だからといって機能が劣るわけではありません。

たとえば、Googleが公式で提供するツールは、登録するだけで無料で使えるものが多いです。Googleが提供するものであればデータの信頼度や正確性は高いと考えられます。しかし、1つのツールに1つの機能しか備わっていないため、効率的とは言えません。

予算に余裕があって、できるだけ効率良く効果を発揮させたいのであれば複数の機能を統合した有料ツールがおすすめです。ある程度の機能を同じ画面で使えるため、効率的にSEO対策を実施できます。

管理画面が使いやすい

管理画面が使いやすいかどうかも選定のポイントです。便利な機能がたくさん搭載されていたとしても、直感的に使いづらいと感じてしまうと作業に時間がかかってしまいます。たとえば、海外製のSEOツールには優秀なものがたくさんありますが、日本語表示されなければ使いづらいと感じるでしょう。1つの機能を使うために、翻訳する作業が発生してしまう。

無料ツールであれば試す必要はありませんが、有料ツールはトライアル期間を活用することをおすすめします。無料版・トライアル期間などツールによってまちまちですが、お試しで使えるように用意されていることがほとんどです。一度管理画面を見たり、実際に分析・調査の機能を使ったりしながら使いやすいかどうかを見極めましょう。

なかには導入時に研修を受けさせてくれたり、使い方のサポートをしてくれたりするSEOツールもあります。安心して導入・利用できるものを選ぶようにしてください。

SEOツールの導入が必要な企業

SEOツールを導入すべきかお悩みの方は多いかもしれません。たしかに使ったことのないツールの使い方を覚えることは大変です。なかには費用の発生するツールもあります。

しかし、自社のWebサイトで「集客をしたい」「売上を伸ばしたい」と考えているのであれば、導入を積極的に検討しましょう。具体的には、以下のような企業にはSEOツールの導入が必要だと考えられます。

  • Web経由の収益を上げたい企業
  • Webサイト運営に人員を割けない企業
  • 正しいSEO対策ができているか不安がある企業

これらの特徴に当てはまる企業は、SEOツールを使うことで効率的なWebサイト運営ができるようになるでしょう。3つの特徴について、具体的に解説します。自社に当てはまるかどうかを確認してみてください。

Web経由の収益を上げたい企業

Web経由の収益を上げたいと考えている企業はSEOツールを導入し、効率的なSEO対策をしましょう。Web経由で収益を上げるためには、多くの人に自社のWebサイトへ訪れてもらうことが大前提です。そのためには、検索結果でできるだけ上位に表示させる必要があります。

たとえば、以下のような企業はSEOツールを使うことでより多くの集客・収益を見込めるようになるでしょう。

  • ECサイト運営をする企業
  • お問合せや見積もり依頼を獲得したい企業
  • 会員登録やメールマガジン登録者を獲得したい企業
  • ブランド認知度を高めたい企業

今までは限定された顧客のみだったかもしれません。しかし、しっかりとしたSEO対策をしたWebサイトを運営することで検索流入が増え、購買意欲の高いユーザーを集められるうえに、全国へ販路を拡大することが可能です。

もしかすると「広告を出せば簡単」と考える方もいるかもしれません。しかし、長期的に見るとWebサイトをしっかり運営して流入を増やす方が投資利益率が高く、企業の資産となってくれます。

SEOツールを上手に活用し、Webきっかけで収益アップを目指しましょう。

Webサイト運営に人員を割けない企業

Webサイト運営に人員を割けない企業は、SEOツールを使うことで業務を効率化できます。中小企業、個人事業主だとWebサイト運営に時間と労力が足りないこともあるでしょう。なかには1つの企業のなかに複数のブランドやサービスを抱えていて、それぞれのWebサイトを運営している企業もあります。

このような企業だと、競合調査や内部調査にあまり手をかけられないことが現実です。そこでSEOツールを使えば、さまざまな分析や調査を自動で行なってくれます。たしかにSEOツールを使わなくても、競合調査や内部調査は可能です。しかし、1つ1つに時間がかかってしまい、大きなWebサイトほどコンテンツ量が多く作業量が増えてしまいます。

「Web運営をしていきたいけれども手が足りない」と感じているのであれば、積極的にSEOツールを活用しましょう。

正しいSEO対策ができているか不安がある企業

正しいSEO対策ができているか不安があるなら、SEOツールを使って検証することをおすすめします。Googleのアルゴリズムは日々アップデートされるため、Webサイト運営者は最新の情報に対応しなければなりません。もちろんWeb検索をすればSEO対策についての情報が掲載されていますが、常にトレンドは変わり続けます。

一方、最新の情報を取得するために精一杯になり、基本的な内部SEOが疎かになっているWebサイトは少なくありません。SEOツールがあれば、「インデックスされない」「急に上位表示されない」といった問題があったとしても、アラートでお知らせしてもらえるため早急な対処が可能です。常にWebサイトを最適化させるためにも、専門知識を持っていない方にこそSEOツールが必要と言えます。

Webで収益を上げるにはSEOツールの導入が必要不可欠

Webで収益を上げるためには、SEOツールの導入は必須と言っても過言ではありません。

SEO対策をするには、キーワード分析や競合分析などのさまざまな作業が必要です。今よりももっと多くのユーザーに訪れてほしいと思うなら、アクセス解析による現状把握も欠かせません。しかし、このようなSEO対策をするために時間が割けるIT部門は少ないでしょう。

より効率的に、より正確な分析をして検索エンジンから評価を受けるためには、SEOツールを上手に活用することをおすすめします。内部分析や競合調査など、あらゆる側面から自社のWebサイトの課題や施策を洗い出してくれます。もちろん、これからWebサイトを立ち上げる企業は戦略的にWebサイト構築するためにSEOツールが必要です。

ただし、SEOツールと言ってもさまざまな機能が搭載されています。自社に必要な機能や求める効果を優先して、目的に合ったSEOツールを選定することが大切です。今回ご紹介したSEOツールを参考に自社で活用できるものを導入し、収益アップに繋げましょう。

このカテゴリーの導入事例

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る