Menu
Close

安否確認システム25選比較|選び方やメリット、導入手順などを徹底解説

この記事で解説すること

安否確認システムとは、万が一の災害や緊急事態における安否確認を迅速に行うためのシステムです。このシステムの選定や導入にはポイントがあり、平時からの活用方法も重要です。さらに、安否確認システムの機能や導入メリット、デメリット、注意点なども理解することが必要です。本記事では、安否確認システムの全体像を把握し、選定から導入までの手順を解説していきます。

「安否確認システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 位置情報通知
    • 日時予約送信
    • 緊急連絡網
    • 自動集計
    • 掲示板
    • メールテンプレート
    • ファイル添付
    • 外国語対応
    • ユーザー情報連携
    • GPS安否確認
    • 自動一斉送信
    • マルチデバイス
    • 外部サービス連携
    • 感染症確認
    • 健康状態管理
    • グループ管理
    • メールアドレスクリーニング
    • 災害訓練
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 要相談
備考
ご利用人数とオプションを選択していただくだけで、簡単にお見積りできます。
プロプラン 要相談
備考
ご利用人数とオプションを選択していただくだけで、簡単にお見積りできます。
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ライトプラン 11,000円/月額(税込)
備考
初期費用0円、利用人数1~1,000名です。
お手軽導入プラン 11,400円月額(税込)
備考
初期費用100,000円、利用人数10~100,000名です。
通常プラン 11,400円月額(税込)
備考
初期費用200,000円、利用人数10~100,000名です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
50ユーザー 3,500円/月額
100ユーザー 7,000円/月額
200ユーザー 10,500円/月額
300ユーザー 14,000円/月額
500ユーザー 17,000円/月額
1000ユーザー 21,000円/月額
1500ユーザー 30,000円/月額
3000ユーザー 51,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 100ユーザー 6,800円/月額
備考
50ユーザー
プレミアプラン 8,800円/月額
備考
50ユーザー
ファミリープラン 10,800円/月額
備考
50ユーザー
エンタープライズ 14,800円/月額
備考
50ユーザー
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
シンプル 550円(税抜500円)/ID
スタンダード 1,540円(税抜1,400円)/ID
プレミアム 3,300円(税抜3,000円)/ID
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 150,000円(税別)
人数分課金 80円~/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 105,000円
ビジネス Edition 21,500円/月額
ノーマル Edition 18,000円/月額
スタート Edition 15,000円/月額
プロ Edition 30,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 12,000円~
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
基本料金 40,000円/月額
備考
100名まで
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 一律 55,000円(税込)
100名まで 19,800円/月額(税込)
500名まで 37,400円/月額(税込)
1,000名まで 48,400円/月額(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
100名以下 12,000円/月額
200名以下 14,000円/月額
300名以下 16,000円/月額
400名以下 18,000円/月額
500名以下 20,000円/月額
600名以下 22,000円/月額
700名以下 24,000円/月額
800名以下 26,000円/月額
900名以下 28,000円/月額
1000名以下 30,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタンダードユース 1,250円/月額
備考
利用人数:1~50
上記人数を超えた場合は50名毎に1,250円ずつ加算。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
100人以下 12,300円/月額
200人以下 15,500円/月額
300人以下 18,400円/月額
400人以下 22,500円/月額
500人以下 25,700円/月額
600人以下 28,500円/月額
700人以下 31,500円/月額
800人以下 30,500円/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
A 4,400円/月額
備考
100人までの価格です。
B 7,700円/月額
備考
200人までの価格です。
C 15,400円/月額
備考
400人までの価格です。
D 20,000円/月額
備考
600人までの価格です。
E 24,000円/月額
備考
800人までの価格です。
F 27,000円/月額
備考
1,000人までの価格です。
G 33,000円/月額
備考
1500人までの価格です。
H 44,000円/月額
備考
2,500人までの価格です。
I 66,000円/月額
備考
4,000人までの価格です。
J 110,000円/月額
備考
7,000人までの価格です。
K 154,000円/月額
備考
10,000人までの価格です。
L 要相談
備考
10,001人以上
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期使用400 48,000円
備考
400人までの初期費用です。
初期使用1000 68,000円
備考
1,000人までの初期費用です。
初期使用10000 148,000円
備考
10,000人までの初期費用です。
初期費用50,000 400,000円
備考
50,000人までの初期費用です。
1〜100人 9,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
101〜200人 12,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
201〜300人 15,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
301〜400人 18,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
401〜500人 21,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
501〜600人 23,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
601〜700人 25,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
701〜800人 27,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
801〜900人 29,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
901〜1,000人 31,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
1,001〜2,000人 49,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
2,001〜3,000人 71,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
3,001〜4,000人 83,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
4,001〜5,000人 95,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
5,001〜6,000人 101,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
6,001〜7,000人 108,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
7,001〜8,000人 113,300円
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
8,001〜9,000人 119,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
9,001〜10,000人 126,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
10,001〜50,000人 248,000円/月額
備考
※初期費用には導入支援サービスが含まれます。
ご利用人数は、家族登録人数を含めた人数となります。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
1年間
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
6ヵ月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
~50名 61,560円/年額
備考
初期導入は25,000円 です。

100名 66,120円/年額
備考
初期導入は50,000円 です。
150名 84,360円/年額
備考
初期導入は57,500円 です。
200名 102,600円/年額
備考
初期導入は65,000円 です。
250名 116,280円/年額
備考
初期導入は72,500円 です。
300名 127,680円/年額
備考
初期導入は75,000円 です。
350名 147,060円/年額
備考
初期導入は84,000円 です。
400名 165,300円/年額
備考
初期導入は90,000円 です。
450名 177,840円/年額
備考
初期導入は96,500円 です。
500名 189,240円/年額
備考
初期導入は100,000円 です。
550名 196,080円/年額
備考
初期導入は105,000円 です。
600名 202,920円/年額
備考
初期導入は110,000円 です。
650名 209,760円/年額
備考
初期導入は115,000円 です。
700名 216,600円/年額
備考
初期導入は120,000円 です。
750名 222,300円/年額
備考
初期導入は125,000円 です。
800名 229,140円/年額
備考
初期導入は130,000円 です。
850名 235,980円/年額
備考
初期導入は135,000円 です。
900名 242,820円/年額
備考
初期導入は140,000円 です。
950名 249,660円/年額
備考
初期導入は145,000円 です。
1,000名 256,500円/年額
備考
初期導入は150,000円 です。
1,100名 267,900円/年額
備考
初期導入は151,500円 です。
1,200名 279,300円/年額
備考
初期導入は153,000円 です。
1,300名 290,700円/年額
備考
初期導入は154,500円 です。
1,400名 303,240円/年額
備考
初期導入は156,000円 です。
1,500名 314,640円/年額
備考
初期導入は157,500円 です。
1,600名 326,040円/年額
備考
初期導入は159,000円 です。
1,700名 337,440円/年額
備考
初期導入は160,500円 です。
1,800名 349,980円/年額
備考
初期導入は162,000円 です。
1,900名 361,380円/年額
備考
初期導入は163,500円 です。
2,000名 372,780円/年額
備考
初期導入は165,000円 です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
プランフリー 0円
備考
20人まで、無料で使用できます。
プラン25 1,000円/月額
備考
25名までです。
プラン50 2,000円/月額
備考
50名までです。
プラン100 4,000円/月額
備考
100名までです。
プラン200 6,000円/月額
備考
200名までです。
プラン300 8,000円/月額
備考
300名までです。
プラン400 10,000円/月額
備考
400名までです。
プラン500 12,000円/月額
備考
500名までです。
プラン600 14,000円/月額
備考
600名までです。
プラン700 16,000円/月額
備考
700名までです。
プラン800 18,000円/月額
備考
800名までです。
プラン900 20,000円/月額
備考
900名までです。
プラン1000 22,000円/月額
備考
1,000名までです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
社員数 : ~30名 総登録者数 : 300名 3,000円/月額
社員数 : ~50名 総登録者数 : 500名 5,000円/月額
社員数 : ~100名 総登録者数 : 1000名 10,000円/月額
社員数 : ~200名 総登録者数 : 2,000名 20,000円/月額
社員数 : ~300名 総登録者数 : 3,000名 30,000円/月額
社員数 : ~400名 総登録者数 : 4,000名 40,000円/月額
社員数 : ~500名 登録者数 : 5,000名 50,000円/月額
社員数 : ~600名 総登録者数 : 6,000名 60,000円/月額
社員数 : ~700名 総登録者数 : 7,000名 70,000円/月額
社員数 : ~800名 総登録者数 : 8,000名 80,000円/月額
社員数 : ~900名 総登録者数 : 9,000名 90,000円/月額
社員数 : ~1,000名 総登録者数 : 10,000名 100,000円/月額
社員数 : 1,001名~ 総登録者数 : お問い合わせ対応 要相談
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 100,000円
プラン1 23,500円/月額
備考
従業員100名の場合(100ID)です。家族安否機能・危機管理情報メールなども料金に含みます。
プラン2 37,500円/月額
備考
従業員500名の場合(500ID)です。家族安否機能・危機管理情報メールなども料金に含みます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 55,000円(税込)
基本料金 11,000円(税込)/月額
備考
3,000ユーザー登録可能
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

安否確認システムとは

安否確認システムとは、災害や事故などの発生時に、従業員や関係者の安否を迅速かつ正確に把握するためのシステムです。従業員や関係者が安否確認システムに登録することで、災害や事故発生時にシステムが一斉に確認の連絡を行い、安否の確認を取ることができます。

また、安否情報の共有や情報の集計もシステム上で行えるため、安否情報の収集と管理の効率化が図れます。安否確認システムは、災害や事故に備える企業や自治体、学校、団体などで導入され、事前の準備とともに、迅速な対応を可能にします。

安否確認システムの導入が進んでいる背景

日本は地震大国であり、マグニチュード6.0以上の地震の約20%が国内で起こるため、企業には災害時の被害を最小限に食い止め、事業継続・早期復旧のための計画策定が求められています。災害時には携帯電話やインターネットが使えなくなる可能性が高く、従業員や関係者の安否確認が困難になることが予想されます。

このことから導入の背景には従業員や関係者の安全確保、緊急時のスムーズな対応が必要とされます。安否確認システムは、情報収集や従業員への周知を事前に行い、緊急時にスムーズに安否確認を実施することができます。

安否確認システムを選定する際のポイント12個

安否確認システムを検討する際は選定ポイントをしっかりと押さえておくことが大切です。本章では、安否確認システムの選定ポイントについて具体的に解説します。

  • 想定している運用シーン
  • 自動送信機能の有無
  • 連絡手段は豊富に用意されているか
  • 動作実績
  • 緊急時に必要な機能の確認
  • システムの利便性や使いやすさ
  • システムの信頼性や安全性
  • 保守・運用管理のしやすさ
  • ユーザー数や拡張性の検討
  • 価格やコストパフォーマンスの比較
  • 顧客サポート体制の確認
  • システムのカスタマイズや柔軟性の有無

1.想定している運用シーン

安否確認システムは性質上、緊急時以外においても利用することができます。どの機能により重点を置いて製品を選ぶのか、具体的にまず以下の2点から選ぶことができます。

  • 災害時の安否確認だけではなく、日常の業務連絡ツールとしても利用したい
  • 災害発生時の運用安定性を最重視したい

2.自動送信機能の有無

従業員数によっては、災害発生時に従業員一人ひとりに手作業で安否確認を行うのは非常に困難です。そのため、安否確認システムには、災害発生時に一斉に安否確認を送信する機能が必要です。緊急事態の場合、誰でも動揺して通信も混雑するため、自動送信機能があれば、迅速かつ正確に安否確認を行うことができます。このように自動送信機能は、安否確認システムにおいて必須の機能といえます。

3.連絡手段は豊富に用意されているか

被災地が社内に限定されない場合、複数の通信手段を用意し、登録者のニーズに合わせて異なる通信手段を提供することが重要です。そのため、安否確認システムがモバイルデバイスに対応していることも確認してください。さらに、プライバシー保護にも配慮しながら、登録率を上げるために、研修や啓蒙活動を行うことでシステムの普及を促すことが望ましいです。

4.動作実績

安否確認システムが災害時に不安定になることは許されません。システム導入の際は、価格や機能面だけでなく、実際の動作実績も確認することが重要です。100%動作保証されたシステムは存在しないかもしれませんが、大規模災害下で稼働した実績がある製品は、動作が保証されていると言えます。高額なコストをかけて導入したシステムが災害時に動作しないことがないよう、動作実績を重視して確実にシステムを選定しましょう。

5.緊急時に必要な機能の確認

緊急時には、迅速な安否確認が求められます。そのため、システムには緊急時にスムーズに情報収集ができる機能が必要です。また、不特定多数の人が利用する場合があるため、シンプルでわかりやすいUI/UXが求められます。さらに、一斉メッセージ配信や非常時のアラート機能なども必要とされます。これらの機能があることで、緊急時にはスピーディーな情報共有ができ、迅速な避難や救援活動を支援することができます。

6.システムの利便性や使いやすさ

従業員が円滑な情報共有を実現するために、利便性の高いシステムが必要です。導入前にはシステムの操作感やユーザビリティを確認するため、デモや試用期間を設けることが大切です。また、システム利用に必要な研修やマニュアルの充実度も重要です。使いやすさの高いシステムであれば、ユーザーの負担を軽減し、運用効率を向上できます。

7.システムの信頼性や安全性

安否確認システムは、緊急時に正確な情報を提供する必要があります。信頼性が低いシステムでは正確な情報を得られず、情報の誤解や誤報に繋がる可能性があります。また、システムにアクセスできる人が限定されているか、システム内の情報が適切に保護されているかなど、セキュリティ面についても確認が必要です。

8.保守・運用管理のしやすさ

システムの保守や運用にかかる負荷が大きい場合、緊急時の安否確認に支障が出る可能性があります。そのため、システムのアップデート方法や障害発生時の対応方法などを確認し、運用管理がしやすいシステムを選択することが重要です。また、システムの運用担当者には十分な教育やトレーニングが必要です。運用管理が効率的であれば緊急時の対応力を向上させ、より安全かつスムーズな運用が可能となります。

9.ユーザー数や拡張性の検討

安否確認システムを選定する際には、現在のユーザー数や今後の拡張性を検討することが重要です。例えば、規模の拡大に伴いユーザー数が増加する場合、システムのユーザー数制限や負荷に耐えられるかどうかを確認する必要があります。また、新たな機能や機能拡張が必要になった際に、システムが柔軟に対応できるかどうかも検討する必要があります。このような点を考慮することで、将来的にもシステムの使い勝手を維持することができます。

10.価格やコストパフォーマンスの比較

製品によっては、同様の機能を持ちながら価格に大きな差がある場合があります。また、初期費用やランニングコストも考慮する必要があります。ただし、価格だけで判断するのではなく、機能や信頼性、保守・運用管理のしやすさなども含めたトータルコストを考えることが重要です。また、長期的な視点でコストパフォーマンスを評価することで、より経済的な選択ができる場合があります。

11.顧客サポート体制の確認

安否確認システムを導入する際には、顧客サポート体制の確立が不可欠です。システム利用者にとって、万が一の際に素早くかつ正確に対応してもらえるかどうかは非常に重要です。業者選定前にはサポート内容や対応時間、問い合わせ方法、料金体系などを明確に確認する必要があります。また、運用後のサポートについても考慮し、信頼できる提供業者を選択することが必要です。

12.システムのカスタマイズや柔軟性の有無

企業が抱える問題やニーズが多様化する中で、1つの汎用的なシステムでは対応できないことがあるため、システムの柔軟性やカスタマイズが重要な要素となっています。柔軟なシステムは、企業が自社の業務や環境に合わせてシステムをカスタマイズできるため、運用コストの削減や業務効率の向上につながります。

ただし、システムが複雑化する可能性があるため、カスタマイズの範囲を明確化することが重要です。企業が柔軟性やカスタマイズ性を持ったシステムを導入することで、ビジネスの変化に迅速に対応でき、競争力を高めることができます。

「安否確認システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 位置情報通知
    • 日時予約送信
    • 緊急連絡網
    • 自動集計
    • 掲示板
    • メールテンプレート
    • ファイル添付
    • 外国語対応
    • ユーザー情報連携
    • GPS安否確認
    • 自動一斉送信
    • マルチデバイス
    • 外部サービス連携
    • 感染症確認
    • 健康状態管理
    • グループ管理
    • メールアドレスクリーニング
    • 災害訓練
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 要相談
備考
ご利用人数とオプションを選択していただくだけで、簡単にお見積りできます。
プロプラン 要相談
備考
ご利用人数とオプションを選択していただくだけで、簡単にお見積りできます。
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ライトプラン 11,000円/月額(税込)
備考
初期費用0円、利用人数1~1,000名です。
お手軽導入プラン 11,400円月額(税込)
備考
初期費用100,000円、利用人数10~100,000名です。
通常プラン 11,400円月額(税込)
備考
初期費用200,000円、利用人数10~100,000名です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
50ユーザー 3,500円/月額
100ユーザー 7,000円/月額
200ユーザー 10,500円/月額
300ユーザー 14,000円/月額
500ユーザー 17,000円/月額
1000ユーザー 21,000円/月額
1500ユーザー 30,000円/月額
3000ユーザー 51,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 100ユーザー 6,800円/月額
備考
50ユーザー
プレミアプラン 8,800円/月額
備考
50ユーザー
ファミリープラン 10,800円/月額
備考
50ユーザー
エンタープライズ 14,800円/月額
備考
50ユーザー
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
シンプル 550円(税抜500円)/ID
スタンダード 1,540円(税抜1,400円)/ID
プレミアム 3,300円(税抜3,000円)/ID
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 150,000円(税別)
人数分課金 80円~/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 105,000円
ビジネス Edition 21,500円/月額
ノーマル Edition 18,000円/月額
スタート Edition 15,000円/月額
プロ Edition 30,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 12,000円~
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
基本料金 40,000円/月額
備考
100名まで
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 一律 55,000円(税込)
100名まで 19,800円/月額(税込)
500名まで 37,400円/月額(税込)
1,000名まで 48,400円/月額(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
100名以下 12,000円/月額
200名以下 14,000円/月額
300名以下 16,000円/月額
400名以下 18,000円/月額
500名以下 20,000円/月額
600名以下 22,000円/月額
700名以下 24,000円/月額
800名以下 26,000円/月額
900名以下 28,000円/月額
1000名以下 30,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタンダードユース 1,250円/月額
備考
利用人数:1~50
上記人数を超えた場合は50名毎に1,250円ずつ加算。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
100人以下 12,300円/月額
200人以下 15,500円/月額
300人以下 18,400円/月額
400人以下 22,500円/月額
500人以下 25,700円/月額
600人以下 28,500円/月額
700人以下 31,500円/月額
800人以下 30,500円/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
A 4,400円/月額
備考
100人までの価格です。
B 7,700円/月額
備考
200人までの価格です。
C 15,400円/月額
備考
400人までの価格です。
D 20,000円/月額
備考
600人までの価格です。
E 24,000円/月額
備考
800人までの価格です。
F 27,000円/月額
備考
1,000人までの価格です。
G 33,000円/月額
備考
1500人までの価格です。
H 44,000円/月額
備考
2,500人までの価格です。
I 66,000円/月額
備考
4,000人までの価格です。
J 110,000円/月額
備考
7,000人までの価格です。
K 154,000円/月額
備考
10,000人までの価格です。
L 要相談
備考
10,001人以上
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期使用400 48,000円
備考
400人までの初期費用です。
初期使用1000 68,000円
備考
1,000人までの初期費用です。
初期使用10000 148,000円
備考
10,000人までの初期費用です。
初期費用50,000 400,000円
備考
50,000人までの初期費用です。
1〜100人 9,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
101〜200人 12,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
201〜300人 15,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
301〜400人 18,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
401〜500人 21,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
501〜600人 23,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
601〜700人 25,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
701〜800人 27,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
801〜900人 29,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
901〜1,000人 31,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
1,001〜2,000人 49,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
2,001〜3,000人 71,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
3,001〜4,000人 83,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
4,001〜5,000人 95,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
5,001〜6,000人 101,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
6,001〜7,000人 108,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
7,001〜8,000人 113,300円
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
8,001〜9,000人 119,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
9,001〜10,000人 126,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
10,001〜50,000人 248,000円/月額
備考
※初期費用には導入支援サービスが含まれます。
ご利用人数は、家族登録人数を含めた人数となります。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
1年間
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
6ヵ月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
~50名 61,560円/年額
備考
初期導入は25,000円 です。

100名 66,120円/年額
備考
初期導入は50,000円 です。
150名 84,360円/年額
備考
初期導入は57,500円 です。
200名 102,600円/年額
備考
初期導入は65,000円 です。
250名 116,280円/年額
備考
初期導入は72,500円 です。
300名 127,680円/年額
備考
初期導入は75,000円 です。
350名 147,060円/年額
備考
初期導入は84,000円 です。
400名 165,300円/年額
備考
初期導入は90,000円 です。
450名 177,840円/年額
備考
初期導入は96,500円 です。
500名 189,240円/年額
備考
初期導入は100,000円 です。
550名 196,080円/年額
備考
初期導入は105,000円 です。
600名 202,920円/年額
備考
初期導入は110,000円 です。
650名 209,760円/年額
備考
初期導入は115,000円 です。
700名 216,600円/年額
備考
初期導入は120,000円 です。
750名 222,300円/年額
備考
初期導入は125,000円 です。
800名 229,140円/年額
備考
初期導入は130,000円 です。
850名 235,980円/年額
備考
初期導入は135,000円 です。
900名 242,820円/年額
備考
初期導入は140,000円 です。
950名 249,660円/年額
備考
初期導入は145,000円 です。
1,000名 256,500円/年額
備考
初期導入は150,000円 です。
1,100名 267,900円/年額
備考
初期導入は151,500円 です。
1,200名 279,300円/年額
備考
初期導入は153,000円 です。
1,300名 290,700円/年額
備考
初期導入は154,500円 です。
1,400名 303,240円/年額
備考
初期導入は156,000円 です。
1,500名 314,640円/年額
備考
初期導入は157,500円 です。
1,600名 326,040円/年額
備考
初期導入は159,000円 です。
1,700名 337,440円/年額
備考
初期導入は160,500円 です。
1,800名 349,980円/年額
備考
初期導入は162,000円 です。
1,900名 361,380円/年額
備考
初期導入は163,500円 です。
2,000名 372,780円/年額
備考
初期導入は165,000円 です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
プランフリー 0円
備考
20人まで、無料で使用できます。
プラン25 1,000円/月額
備考
25名までです。
プラン50 2,000円/月額
備考
50名までです。
プラン100 4,000円/月額
備考
100名までです。
プラン200 6,000円/月額
備考
200名までです。
プラン300 8,000円/月額
備考
300名までです。
プラン400 10,000円/月額
備考
400名までです。
プラン500 12,000円/月額
備考
500名までです。
プラン600 14,000円/月額
備考
600名までです。
プラン700 16,000円/月額
備考
700名までです。
プラン800 18,000円/月額
備考
800名までです。
プラン900 20,000円/月額
備考
900名までです。
プラン1000 22,000円/月額
備考
1,000名までです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
社員数 : ~30名 総登録者数 : 300名 3,000円/月額
社員数 : ~50名 総登録者数 : 500名 5,000円/月額
社員数 : ~100名 総登録者数 : 1000名 10,000円/月額
社員数 : ~200名 総登録者数 : 2,000名 20,000円/月額
社員数 : ~300名 総登録者数 : 3,000名 30,000円/月額
社員数 : ~400名 総登録者数 : 4,000名 40,000円/月額
社員数 : ~500名 登録者数 : 5,000名 50,000円/月額
社員数 : ~600名 総登録者数 : 6,000名 60,000円/月額
社員数 : ~700名 総登録者数 : 7,000名 70,000円/月額
社員数 : ~800名 総登録者数 : 8,000名 80,000円/月額
社員数 : ~900名 総登録者数 : 9,000名 90,000円/月額
社員数 : ~1,000名 総登録者数 : 10,000名 100,000円/月額
社員数 : 1,001名~ 総登録者数 : お問い合わせ対応 要相談
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 100,000円
プラン1 23,500円/月額
備考
従業員100名の場合(100ID)です。家族安否機能・危機管理情報メールなども料金に含みます。
プラン2 37,500円/月額
備考
従業員500名の場合(500ID)です。家族安否機能・危機管理情報メールなども料金に含みます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 55,000円(税込)
基本料金 11,000円(税込)/月額
備考
3,000ユーザー登録可能
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

安否確認システム25製品の比較一覧

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 通常用と緊急用と二つの連絡先の設定が可能
  • 回答結果の自動集計によりいつでも一覧参照が可能
  • 気象庁のシステムと連携した自動発信が可能
  • 専用スマートフォンアプリでより確実、便利
  • バックアップ・データセンター運用による信頼性向上
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 国内最大規模のSMS配信を支える大規模配信プラットフォームを提供
  • 行政専用ネットワークに対応、自治体として被害状況を把握
  • ユーザーフレンドリーなウェブ管理画面で直感的な操作を

安否確認システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • メールと同時に位置情報を報告、迅速な避難指示へ
  • 組織図で社員の管理を見える化、組織間のユーザー移動も簡単
  • チャット機能・掲示板を活用し、情報共有をスムーズに

安否確認システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • URLの開封確認機能で、自社の戦略を強化
  • IVRへ電話を掛けるだけでSMSを自動送信
  • API機能を利用することで貴社システムと連携したSMSを送信
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 地震発生時に安否確認メールを簡単自動送信
  • 最大6問のアンケート機能で、被災状況を簡単に把握
  • 回答状況を速やかに確認し、的確な二次対応へ
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 社員の体調や、出社予定などの状況把握ができます
  • 個人情報に配慮した閲覧権限設定が可能です
  • 災害時はもちろん、緊急連絡網等としても活用できます
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 震度7に耐えられる、通信事業者だからこその強固なネットワーク
  • スマホアプリやメール、電話での通知にも対応
  • 再送信機能や権限設定、健康管理アンケートなど多機能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 災害発生時に自動送信で安否確認メールが送れる
  • リアルタイムに状況把握し、再送機能も搭載
  • 確実・高速でメールを届けて、SMSとの併用でさらに安心
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 強固なサーバー環境と、厳格なプライバシー保護
  • ログイン不要で回答、マニュアルも不要で使いやすい
  • リーズナブルな価格ながら、ガラケーやアプリにも対応

安否確認システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • GPS共有チャット「Linkit Maps」の利用で社員の位置を把握
  • 「Linkit Maps アドバンス」は位置情報のリアルタイム管理ができる
  • 「Linkit チャット」でコミュニケーションをスマートにできる

安否確認システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • マルチデバイスに対応、LINEやTwitter、Facebookでも利用可
  • 数々の災害に対応してきた実績のあるソフト
  • 高速配信エンジンのアンピロイドが搭載されている

安否確認システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • グッドデザイン賞を受賞しており、見やすいデザイン
  • 3,000社以上が利用中のソフト、万全のセキュリティ
  • 無料トライアルでUXデザインを体験可能、他社からも移行も
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 国内外にサーバーを複数設置しているため、災害に強い
  • マルチデバイスに対応し、アプリ利用で災害時に強い
  • 万全のセキュリティ、管理者による個人情報の収集は不要
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 過去の震災でも安定して稼働、実績が評価されている
  • 利用者の立場に立ったインターフェースの提供
  • システム利用の定着をサポートし、BCPでのフェーズで生かす
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 安否確認メールを自動配信、送信、確認可能
  • 管理者による手動配信や、自動再送信もできる
  • 情報配信サービスや、社内掲示板、家族安否(オプション)などの提供
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 簡単操作で災害時に安否確認、震度にあわせて自動メール
  • スマホでも安否確認可能、emailを使用しなくても使えるシステム
  • 全組織に対して一斉にメール送信可能、業務連絡ができる
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 気象庁の震度速報と連動し安否確認メールを自動送信
  • 緊急時だけでなく、平常時にも活用可能なホワイトボード機能
  • 「家族の安否確認」機能により家族の安否情報も確認可能
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 自動発信・主導発信により様々な事例に対応可能
  • 自主応答・代理応答機能により臨機応変な運用が可能
  • 居住地や勤務地など様々な単位での集計が可能
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 豊富な機能によりユーザーの様々なニーズに対応可能
  • 自動配信メール機能により効率的な情報配信が可能
  • 新型コロナウイルス対策に対応可能な健康管理機能
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 月間624億ページビューに耐えている強靭なインフラ
  • 余計な機能を除いた必要最低限のシンプルな機能
  • Yahoo! JAPANのプラットフォームを利用することで業界最低水準の価格設定
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 一斉連絡メール受け取った社員は、数回のクリック操作で簡単に回答が可能
  • 回答結果は自動集計され、管理者にてリアルタイムに確認
  • 回答結果は管理者によってリアルタイムに自動集計
  • あらゆる気象情報と自動で連動しており自動配信が可能
  • 出勤確認機能で、社員が会社に到着するまで管理が可能

安否確認システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 地震以外に7種類の防災気象情報と自動通報連携
  • 社員のみならず、社員の家族も安否確認できます
  • 社内メッセージや連絡手段としても大活躍です

安否確認システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 緊急時でも片手で簡単・安心の3ステップ操作
  • 万が一の災害時に備えた安否情報の報告確認訓練
  • 災害時の通信異常状態でもメール+SMSで確実に届く
  • 災害時にも安心のセキュリティ維持体制づくり
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 静岡県立大学と共同開発した産学連携開発システム、業界最安値の価格帯
  • Amazonサーバーを使っているため、災害時でも安定稼働
  • 直感的な簡単操作が可能、自動集計結果も一目瞭然
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • インターネット利用のメール一斉配信サービス
  • 無料で今すぐ使えて試せるメール一斉配信サービス
  • 一斉配信のみ一方通行のコミュニケーションではなく、回答&データの収集が可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 一番大切な家族の安否確認。安否確認はBCPの最優先事項です
  • パニック時でも使いやすい、ワンプッシュインターフェイス
  • 安心な日常生活、万が一に備えて導入が容易でしかも超低価格でご提供
  • マルチデバイス・マルチキャリア。通信端末を持たない家族の安否も可能
  • 被災を防ぐ分散配置二重化構成。最小データ通信量
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 緊急時だからこそ必要な、迷わず使えるシンプルな操作性
  • 専任のスタッフが設定から運用まで丁寧にサポート
  • 普段から使える危機管理情報メールで、サービスを社内共有
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 海外の従業員に対応した多言語選択することが可能
  • メール・電話・FAXと多様な配信手段で、一斉配信
  • リアルタイムで集計結果データを確認できる
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 自社に保有のデータセンターよりサービスを提供し稼働率99.999%を実現
  • 専用アプリによる迅速な安否確認と回答を実現
  • 視認性を重視した状況表示と安否情報のリアルタイム確認が可能

安否確認システムを導入するメリット6つ

安否確認の方法をいくつか紹介した中で、機能的に災害時の安否確認に特化している安否確認システムが最も適していることがお分かりいただけたかと思います。ここでは安否確認システムの機能とそれによってもたらされる導入メリットについて解説しようと思います。

  • 災害時にも安定して動作する
  • 管理者の負担を最小限に抑えられる
  • 大規模な災害でも迅速な安否確認が可能
  • 従来手段よりも効率的で信頼性が高く、誤った情報拡散リスクが低減
  • 災害時のリスクマネジメントに役立つ
  • 日常での業務連絡ツールに活用できる

1.災害時にも安定して動作する

安否確認システムは災害時において信頼できる情報伝達ツールとして機能します。一般的なメールやSNSなどと比較してシステムの動作が安定しており、多様な連絡手段を提供しています。また、サーバーダウンのリスクが低く、連絡先の変更も追跡可能なため返信率が向上します。

運用コストには注意が必要ですが、システムの不具合が業務に影響を及ぼすことを考慮すると安否確認システムは非常に重要なツールであることがわかります。災害時には通信回線に集中が生じることが予想されますが、安否確認システムを利用することで確実な情報伝達を実現することができます。

2.管理者の負担を最小限に抑えられる

安否確認システムは、災害発生時に迅速な対応が求められる状況下で大きな役割を果たします。その中でも、自動送信や一斉送信、回答内容の自動集計などの機能は、管理者の負担を大幅に軽減します。これにより、管理者はより効率的かつ的確に安否確認作業を行うことができ、被災者の安全確保に向けた最大限の支援が実現します。また、自動化によって誤情報の伝達を防止することができ、信頼性の高い安否情報を素早く集めることができます。

3.大規模な災害でも迅速な安否確認が可能

安否確認システムは、複数の人に同時に確認連絡を送信できるため大規模な災害でも素早く確認できます。このシステムは、管理者の負担を最小限に抑え、回答内容を自動的に集計するため、最短時間で正確な情報を収集できます。また、従業員や家族が一斉に連絡を受け取ることにより、不安を解消し迅速かつ的確な行動を促進することができます。

4.従来手段よりも効率的で信頼性が高く、誤った情報拡散リスクが低減

安否確認システムは、従来の電話やメールよりも迅速で正確な情報収集が可能です。情報の伝達にかかる時間を短縮し、多くの人に簡単に安否確認を依頼することができます。また、自動化された回答機能により、誤った情報を拡散するリスクを低減することができます。信頼性の高い情報を素早く収集することが、災害時には生死を分ける重要な要素となります。

5.災害時のリスクマネジメントに役立つ

安否確認システムは、災害が発生した際に事前に登録した情報をもとに安否確認作業を迅速に行うことができます。登録された情報により被災者の居場所や連絡先、身体的な状態などを把握することができます。こうした情報はリスクマネジメントに役立ち、緊急事態に備えて最善の対応をすることができます。また、登録情報は更新することで常に最新の情報を保持し、より迅速な安否確認が可能となります。

6.日常での業務連絡ツールに活用できる

安否確認システムは、高い情報セキュリティ面と安定した動作により、業務連絡ツールとしても活用可能です。日常業務において緊急事態が発生した場合、急な予定変更や応援要請、事故発生にも対応可能です。安否確認システムを緊急連絡網として利用することで、一斉送信や指定した部署への情報共有が簡単かつ迅速に行え、業務効率を高めることができます。

安否確認システムのデメリット3つ

安否確認システムには多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。本章では、安否確認システムのデメリットについて解説します。

  • 個人情報の漏洩や不正利用のリスクがある
  • システムの導入や運用にはコストがかかる
  • システムに登録されていない人については安否確認ができない

1.個人情報の漏洩や不正利用のリスクがある

安否確認システムの導入や運用にあたっては、個人情報保護に十分な配慮が必要です。例えば、システムに登録された情報を厳重に管理することや、不正アクセスを防止するためのセキュリティ対策を講じることが求められます。また、システムの利用者に対しては、個人情報の重要性や適切な取り扱い方法について啓発することも必要です。

2.システムの導入や運用にはコストがかかる

安否確認システムは、システムの導入や運用に一定のコストがかかるため、導入に踏み切るには慎重に検討する必要があります。特に、規模の大きな企業や組織で導入する場合は導入コストだけでなく、運用コストも大きくなることが予想されます。また、システムの導入に伴って、従業員のトレーニングや専任スタッフの配置が必要になる場合もあります。このように、コストがかかることはデメリットの一つですが、適切な導入と運用を行うことで多大なメリットを享受することができます。

3.システムに登録されていない人については安否確認ができない

安否確認システムには、システムに登録されていない人については安否確認ができないという欠点があります。これは、登録された情報に基づいて自動的に確認するため、システムに登録されていない人に対しては確認ができないからです。また、登録情報が古くなっている場合や登録が漏れている場合もあり、これらの場合にも確認ができなくなります。そのため、システムの利用者は、定期的に登録情報の更新や、登録の漏れがないかの確認を行う必要があります。

安否確認システムを平時で活用する方法5つ

安否確認システムは緊急時だけでなく、日常業務などの平時でも活用できます。本章では、安否確認システムを平時でも活用する方法について解説します。

  • 社員や学生の定期的な健康状態の確認
  • 職場や学校の遅刻・欠席の理由確認
  • 災害や感染症など、緊急時に備えた情報登録や緊急連絡先の確認
  • 定期的な防災訓練の実施とその結果の集計や分析
  • 業務上必要な各種情報の収集や共有

1.社員や学生の定期的な健康状態の確認

安否確認システムは社員や学生の健康状態の確認にも利用できます。疫病や季節性インフルエンザの予防接種など、健康状態の定期的な確認が必要な場合がありますが、安否確認システムを使えばオンライン上でアンケートを実施し、健康状態を簡単に把握できます。これにより、健康管理の効率化が可能となり、緊急時の迅速な情報共有や避難・救援活動の支援にも役立ちます。

2.職場や学校の遅刻・欠席の理由確認

社員や生徒が遅刻や欠席した場合、その理由を確認することができます。これにより、社員や生徒の安全状況や健康状態を把握し、早期の対応が可能になります。また、休暇申請や出張などの承認もシステム上で行えるため、管理者の負担も軽減されます。さらに、システムを活用することで、社員や生徒の情報共有もスムーズになります。

3.災害や感染症など、緊急時に備えた情報登録や緊急連絡先の確認

安否確認システムは、災害や感染症などの緊急事態に備えた情報登録や、緊急連絡先の確認を行うことができます。例えば、個人が登録した緊急連絡先の情報を事前に把握することで、緊急時にスムーズな情報共有が可能になります。また、感染症などで自宅待機が必要な場合には、システムを利用して安否確認を行い、必要なサポートを受けることができます。平時から情報を登録・管理し、必要に応じて迅速な対応を行うことで、より安心・安全な生活を送ることができます。

4.定期的な防災訓練の実施とその結果の集計や分析

定期的な防災訓練は安否確認システムの活用に不可欠です。訓練を通じて、システムの使い方に熟知し、改善点を把握し、防災体制を見直すことができます。さらに、訓練結果を集計・分析することで、システムの活用に向けた取り組みや防災体制の強化を図ることができます。安否確認システムを活用するためには、定期的な防災訓練の実施と結果の集計・分析が重要です。

5.業務上必要な各種情報の収集や共有

安否確認システムは、災害時だけでなく、在宅勤務や出張中の社員の安全確保、業務報告などにも活用できます。システムを導入すれば、管理者は常に社員の安全を把握できるため、組織の安全確保に役立ちます。平時においても、安否確認システムは、組織の安全確保や業務効率化に貢献する重要なツールとなります。

安否確認システムに備わっている主な機能7つ

安否確認システムには様々な機能が備わっています。本章では、安否確認システムに備わっている主な機能について解説します。

  • 安否情報の登録・管理機能
  • 緊急時の迅速な情報共有機能
  • 一斉メッセージ配信機能
  • 非常時のアラート機能
  • 安否情報の閲覧・確認機能
  • 安否情報の集計・分析機能
  • セキュリティ対策の機能

1.安否情報の登録・管理機能

安否確認システムに登録される情報は、被災者の氏名や住所、安否状況、連絡先などが含まれます。管理者はこの情報を確認することができ、被災者の安否確認や救援物資の配分などに役立てることができます。また、被災者自身も登録された情報の修正や更新ができるため、迅速な情報共有が可能となります。

2.緊急時の迅速な情報共有機能

安否確認システムには、緊急時の迅速な情報共有機能があります。システムには一斉メッセージ配信や非常時のアラート機能など、スピーディーな情報共有を支援する機能が必要です。また、事前に適切な訓練を受けてシステムを適切に活用することで、緊急時の迅速な情報共有を実現し、被害を最小限に抑えることができます。

3.一斉メッセージ配信機能

一斉メッセージ配信機能は、緊急時に必要な情報を一斉に配信することができる機能です。例えば、災害時には被災地の状況や避難場所、救援物資の受け入れ状況などの情報を一斉に配信することで、被災者や関係者に必要な情報を迅速に提供することができます。また、企業内での業務連絡や社内イベントの案内など平常時にも利用することができます。一斉メッセージ配信機能があることで、迅速な情報共有ができ、円滑な業務遂行や、災害時の救援活動を支援することができます。

4.非常時のアラート機能

非常時のアラート機能は、災害や事故、テロなど緊急事態が発生した際に被災者や関係者に緊急情報を迅速に伝達するための機能です。システム上で予め設定された条件を満たすと自動的にアラートが発せられ、利用者は迅速な対応が可能になります。アラートの配信先を設定できるため、必要な人に必要な情報をスピーディーに伝え、迅速な避難や救援活動を支援し、被災者や関係者の安全確保に役立てることができます。

5.安否情報の閲覧・確認機能

安否確認システムの重要な機能の一つに、安否情報の閲覧・確認機能があります。管理者は利用者が入力した安否情報を一元的に閲覧し、必要に応じて適切な対応を取ることができます。利用者自身も、自分の情報がどのように表示されるかを確認することができます。安否確認システムが適切に導入されることで、緊急時には情報を素早く集約・共有し、円滑な避難や救援活動を実現することができます。

6.安否情報の集計・分析機能

被災者の居住地や安否状況の傾向を分析することで、救援物資の配分や救助の優先順位を決定することができます。集計されたデータをもとに、今後の災害対策や安否確認システムの改善点を洗い出すことも可能です。このように、安否情報の集計・分析機能は、災害対策やシステムの改善に役立ちます。

7.セキュリティ対策の機能

安否確認システムには、多くの個人情報が含まれるためセキュリティ対策が必要不可欠です。アクセス制限、二要素認証、IPアドレス制限、データ暗号化などの方法が使われ、不測の事態に備えてバックアップや復旧機能なども備わっています。ログ取得と監視機能も欠かせません。これらの対策が万全であれば、利用者は個人情報が安全に保護され、安心してシステムを利用できます。

安否確認システムの注意点3つ

安否確認システムを利用する前に確認すべき注意点があります。本章では、安否確認システムの注意点について解説します。

  • 登録情報が正確でない場合、迅速な対応ができなくなる可能性がある
  • システムが稼働しないと災害時に重要な情報共有ができない場合がある
  • システムが情報漏洩や不正アクセスのリスクにさらされる可能性がある

1.登録情報が正確でない場合、迅速な対応ができなくなる可能性がある

安否確認システムにおいて、登録情報が正確でない場合、迅速な対応ができなくなる可能性があることに注意が必要です。特に緊急時には正確な情報を素早く把握することが重要となります。そのため、登録時には正確な情報を提供することが求められます。また、情報の更新も定期的に行い、変更があれば速やかにシステムに反映することが必要です。

2.システムが稼働しないと災害時に重要な情報共有ができない場合がある

安否確認システムが正常に稼働していないと、災害時に重要な情報共有が遅延したり、不可能になったりする可能性があります。システム障害の場合、システムの修復に時間がかかり、復旧まで情報伝達が遅れる可能性があります。そのため、システム稼働前に定期的な点検や保守を行い、可能な限り稼働率を高めることが大切です。また、災害時には予備の通信手段や情報共有方法を確保することも重要です。

3.システムが情報漏洩や不正アクセスのリスクにさらされる可能性がある

安否確認システムを導入する際には、情報漏洩や不正アクセスのリスクに備える必要があります。これには、システムにアクセスできる人を限定するアクセス制御の強化や定期的なシステム点検と更新、セキュリティ対策の強化が必要となります。また、万が一に備えて、データのバックアップや復旧プランも策定する必要があります。情報セキュリティ対策が不十分な場合、安否確認システムの導入は逆にリスクを増加させることになりますので注意が必要です。

安否確認システムの導入手順9ステップ

安否確認システムをどのように導入するのか手順がわからないという方も多いのではないでしょうか。本章では、安否確認システムの導入手順について解説します。

  • システム導入の目的と必要性を明確にする
  • システムの導入に関する計画を立てる
  • 導入に必要な予算やリソースを確保する
  • システムに必要な情報を定義し、データの整合性を確保する
  • システムの設計や機能を決定する
  • システムを開発・導入するためのベンダーやエンジニアを選定する
  • システムの導入前にテストを実施し、品質を確認する
  • システム導入後に運用管理や保守体制を整備する
  • 社員への研修や啓蒙活動を行い、システムの普及を促す

1.システム導入の目的と必要性を明確にする

システム導入の目的と必要性を明確にすることで、どのように業務や事業に貢献するかを明確にし、導入後の効果検証にもつながります。また、目的や必要性を明確にすることで、システム導入に関する情報共有を行うことができ、導入後のトラブルや課題にも対応しやすくなります。最終的には、導入の成功につながるためにも、このステップをしっかりと踏むことが必要です。

2.システムの導入に関する計画を立てる

導入計画では、システムの目的や必要な機能、導入予算やスケジュール、関係者の役割やタスクなどを明確にしましょう。また、システム導入にあたっては、業務プロセスの見直しや改善点の洗い出しも重要です。

3.導入に必要な予算やリソースを確保する

安否確認システムの導入にあたり、予算やリソースの確保が必要です。具体的には、システム導入に伴う費用の見積もりや必要なハードウェアやソフトウェアの導入、専門知識を持ったスタッフの配置が必要となります。また、導入後の運用においても、システムの保守やアップグレードのための費用や、情報管理のための人員や時間を確保する必要があります。

4.システムに必要な情報を定義し、データの整合性を確保する

安否確認システムを導入する際には、事前にシステムに必要な情報を明確に定義し、データの整合性を確保することが重要です。例えば、避難所や家族の連絡先、緊急時の体調や居場所など必要な情報を事前に整理しておくことで、災害時に円滑な情報共有ができます。また、定期的な情報更新やデータのバックアップなど、システムの安定性を確保する対策も必要です。このような手順を踏むことで、安否確認システムの導入効果を最大限に発揮できます。

5.システムの設計や機能を決定する

システムの設計や機能を決定することが必要です。どのような情報を集めるか、どのような形式で報告するか、どのような条件で通知を行うかなど、検討すべき項目は多岐にわたります。これらを明確にして、システムの運用や管理に必要な要件を整理することが、導入の成功につながります。また、従業員への周知やトレーニングも不可欠であり、導入前から従業員とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。

6.システムを開発・導入するためのベンダーやエンジニアを選定する

安否確認システムを導入するにあたり、システムを開発・導入するためのベンダーやエンジニアを選定することが非常に重要です。適切なベンダーを選ぶことで、システムの開発・導入・運用が円滑に進むことが期待できます。また、エンジニアの技術力や専門知識が高いかどうかも検討ポイントです。選定の際には、実績や評価、対応力、コミュニケーション能力、サポート体制なども考慮し、慎重に検討することが重要です。

7.システムの導入前にテストを実施し、品質を確認する

テストを実施することで、システムの動作や機能に問題がないかを確認し、品質向上につなげることができます。また、テストを実施することで、導入後にトラブルが発生するリスクを低減することができます。テストの実施は、システム導入前に十分な時間を確保し、細部まで確認することが重要です。

8.システム導入後に運用管理や保守体制を整備する

システムが正常に動作し続けるためには、障害や不具合が発生した場合に迅速かつ適切に対応する必要があります。また、システムの改善や機能追加も必要になるため、システム導入後の運用管理や保守体制はシステムの品質や信頼性を維持するために欠かせないものとなります。

9.社員への研修や啓蒙活動を行い、システムの普及を促す

安否確認システムの導入にあたり、社員への研修や啓蒙活動は非常に重要です。システムが正しく運用されるためには、システムを理解し、適切に利用することが必要です。研修では、システムの機能や利用方法、情報セキュリティに関するポリシーなどを学ぶことができます。啓蒙活動では、システムの重要性や利用方法について周知し、社員の意識改革を促すことができます。社員全員がシステムを理解し、積極的に利用することで、安否確認システムの導入効果を最大化することができます。

安否を確認するための手段は5種類

現在の日本における理想的な安否確認ツールとはどういったものでしょうか。本章では、現時点において緊急連絡手段として取り得る5つの選択肢をそれぞれ紹介します。

  • 電話
  • メール
  • SNS・チャット
  • 災害伝言ダイヤル・伝言板
  • 安否確認システム

電話

電話は多くの人が利用可能で、災害時にリアルタイムでの安否確認にも役立ちます。しかし、災害時に通信が集中し、通信規制がかかる可能性があるため、利用には注意が必要です。また、対応者の負担も大きくなるため、適切に対応する必要があります。

メール

メールによる安否確認は回線に依存しないため、利用することができますが、災害時にはメールの送受信量が急増するため、サーバーが重くなり、受信にタイムラグが生じる可能性があります。また、メールに比べて電話の方が受信に気づきやすいという問題がある他、メールアドレスの変更によって正確な情報が得られないという問題も発生しやすいため、最善の方法とは言えません。

SNS・チャット

SNSサービスは業務連絡や安否確認に利用されることが増え、多くの人が利用しています。しかし、個人情報の漏洩などのリスクも存在します。社内チャットを利用することもできますが、回答集計に時間がかかるデメリットがあります。災害発生時には管理者の負担を軽減する必要があります。従業員がアカウントを共有したがらない場合もあるため、複数のツールを用意することが望ましいです。

災害伝言ダイヤル・伝言板

災害伝言ダイヤルや伝言板は通信事業者が提供する安否確認手段であり、回線混雑による影響を受けず利用できます。ただし、一度に確認できる回数に制限があり、集計作業に時間がかかるため、大規模な安否確認には不向きです。企業での利用も可能ですが、その際は注意が必要です。

安否確認システム

安否確認システムは、災害発生時に従業員の安否確認を効率的かつ迅速に行うための機能を備えたサービスです。従業員の安否確認に特化し、キャリア回線規制下でも安定して運用できます。災害発生時には、自動的に安否確認通知を一斉送信し、回答内容を自動集計することも可能です。平時には、従業員間のコミュニケーションツールとしても活用できます。

災害時に情報共有や安否確認を最適に行うには安否確システムの導入が必須

本記事では、災害時に欠かせない安否確認システムについて詳しく紹介しました。このシステムは、無料のメールやSNSサービスと比較しても高い動作の安定性と迅速かつ確実な情報伝達を保証しており、災害時の情報共有に大きな貢献をしています。さらに、アプリや自動音声ガイダンスなど多様な連絡手段を提供し、連絡先の変更を追跡する機能も備えています。

システムの不具合により業務が滞ることを避けるためにも、情報セキュリティ対策や研修・啓蒙活動を行い、システムの普及を促すことが大切です。安否確認システムの導入は、いざという時に役立つ頼もしいツールであり、全ての企業や自治体、学校などが導入することが望ましいと言えます。

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる