Menu
Close

WMS(倉庫管理システム)比較18選!選び方や導入事例、失敗事例も紹介

この記事で解説すること

倉庫管理システムとは、現代のビジネスにおいて欠かせないシステムの1つです。品目管理や在庫管理、出荷管理など、倉庫内のさまざまな業務を自動化することで、業務の効率化やコスト削減につながります。しかし、システムの運用には専門知識が必要であることや、システムに依存しすぎることで従来の手順を忘れることがあることを知っておく必要があります。

本記事では、倉庫管理システムの概要や倉庫管理システムと類似している管理システムとの違いなどを解説し、導入のメリット・デメリットや比較ポイントについても詳しく説明します。

「倉庫管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 作業帳票出力
    • 入庫検品
    • 出荷引当
    • マルチデバイス
    • 出庫指示一覧表示
    • 権限マスタ
    • 入庫実績出力
    • 取引先マスタ
    • 棚入れ作業
    • ロケーションマスタ
    • セット品構成マスタ
    • 出荷検品
    • 入庫予定一覧表示
    • 商品マスタ
    • 棚卸
    • 在庫移動
    • 在庫表出力
    • 在庫検索
    • 在庫一覧表示
    • ピッキングリスト
    • 出荷実績入力
    • 外国語対応
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 30,000円/月額
備考
中規模事業者向けのプランです。プラスで出荷伝票数に応じた課金があります。
スタンダードプラン 50,000円/月額
備考
中規模以上の事業者向けのプランです。プラスで出荷伝票数に応じた課金があります。
1ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
従量課金制です。お問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
基本利用料 90,000円~/月額
備考
1~5アカウントまでの料金です。追加アカウント料金は1アカウントにつき5,000円/月額です。追加ショップ・荷主料は50,000円/月額です。
1ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
mylogi basic 15,000円/月額
mylogi standard 30,000円/月額
6ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 300,000円
利用料金 50,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 35,000円
利用料金 要相談
3か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
パブリック版クラウドサービス 50,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
5人 2,300,000円〜
10人 3,200,000円〜
15人 4,000,000円〜
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途相談 別途相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

倉庫管理システム(WMS)とは

倉庫管理システムは、WMS(Warehouse Management System)とも呼ばれ、倉庫内業務の入荷、在庫、出庫などを支援するシステムです。また、ロケーション管理や入出庫時の在庫変動、納入書の作成などのマネジメントも可能です。

倉庫管理システムを導入することで、ハンディ型の専用機器を使用できます。これにより、棚卸業務の効率化や倉庫内の在庫情報を一元管理することができ、作業工数や人件費の削減につながります。また、簡単なボタン操作で帳票やラベルの発行もできるため、業務の効率化と正確性の向上が期待できます。

倉庫管理システムの導入によって、倉庫業務の生産性向上が期待できます。特に、大量の在庫を管理する場合は手作業での管理が煩雑で人的ミスのリスクも高くなります。倉庫管理システムを導入することで正確性と効率性を高め、コスト削減と生産性向上につながることが期待できます。

倉庫管理システムが必要な理由

以下の項目でお悩みの人は、倉庫管理システムの導入をすることで解決できる可能性があります。

  • 倉庫が広すぎてどこに何が保管されているか把握することが困難
  • 現場の状態とデータとの間で在庫に相違が発生している
  • 在庫管理がうまくいかず、度々欠品が発生してしまう
  • 倉庫内の作業工程が複雑で、時間と人件費が余計に発生している

大型倉庫において商品管理の担当者にはさまざまな課題が存在します。倉庫の広大なスペースにより商品管理が非常に複雑なものとなっており、目視による管理だけでは不十分です。紙ベースの在庫管理システムも限界があり、正確性や効率性が欠如する場合があります。

また、在庫の管理が不十分なため実際の在庫と記録上の在庫に誤差が生じたり、発注が間に合わず欠品が発生したりすることがあります。このような問題は倉庫内の商品管理が適切でないことが原因で、表向きの業務にも影響が出る可能性があります。

物流においてコストを抑えつつ倉庫業務を適切に行うことは非常に重要です。しかし、倉庫内の在庫管理には多くの人員が必要となり、人件費が高額になることが課題となります。また、倉庫内の作業工程が複雑であり、担当できる人員数にも限界があります。

基幹システム・在庫管理システム・TMS・OMS・WES・WCSとの違い

倉庫管理システムと比較されやすいものに基幹システムや在庫管理システムなどがあります。本章では、それらの具体的な違いを解説します。

  • 基幹システムとの違い
  • 在庫管理システムとの違い
  • 輸配送管理システム(TMS)との違い
  • 注文管理システム(OMS)との違い
  • 倉庫運用管理システム(WES)との違い
  • 倉庫制御システム(WCS)との違い

基幹システムとの違い

現在、多くの企業が基幹システムを導入していますが、現場ごとに異なる倉庫管理の方法があるため基幹システムを用いた倉庫管理は適切ではありません。実際の現場では、商品の保管場所は指定された場所以外にも設置されることがあります。また、商品の取り出しや補充などの作業が行われるため、保管場所も変更されることが多々あります。

このような現場の実情があるため、企業で統一された大まかな在庫管理しか行えない基幹システムでは現場の状況に合わせた管理が困難となります。したがって、倉庫管理には現場の実情に合わせた、より細かい管理が可能な倉庫管理システムが適していると言えます。

在庫管理システムとの違い

在庫管理システムと混同されることがあるため、倉庫管理システムとの違いを明確にしておく必要があります。在庫管理システムは商品を管理する点では倉庫管理システムと共通していますが、在庫管理システムは倉庫内だけでなく倉庫外の在庫情報も管理します。

一方で、倉庫管理システムに含まれる在庫管理機能は倉庫内の管理に特化しており、倉庫内での在庫情報や人員の管理に限定されています。そのため、在庫の範囲という点において、倉庫管理システムと在庫管理システムは異なると言えます。倉庫や物流拠点などでの業務効率化を図りたい方は、倉庫管理システムや在庫管理システムの適切な導入を検討することが重要です。

輸配送管理システム(TMS)との違い

輸配送管理システムは、出荷前後の物流業務に特化したシステムであり、輸送ルートや配送スケジュールの管理、輸送費用の計算、配送状況の把握などが主な機能となります。一方で、倉庫管理システムは倉庫内での物流業務に特化したシステムであり、入荷管理、在庫管理、出庫管理、ロケーション管理などが主な機能となります。輸配送管理システムは出荷前の物流業務、倉庫管理システムは倉庫内での物流業務を支援するためのシステムであることが異なる点となります。

注文管理システム(OMS)との違い

注文管理システムと倉庫管理システムは、両者が異なる目的で使用されることがあります。注文管理システムは、顧客からの注文を処理し、受注・請求書・配送などの管理を行います。主に販売業務に重点を置き、顧客とのやりとりに特化しています。

倉庫運用管理システム(WES)との違い

倉庫運用管理システムは倉庫内の作業プロセス全体を自動化し、自動的な商品運搬や受注処理、在庫管理、ピッキングなどの作業を管理します。また、自動倉庫の操作、補充作業の自動化、リアルタイムでの在庫管理なども可能です。倉庫運用管理システムは高度な自動化により作業の生産性を向上させ、コスト削減に貢献することができます。

倉庫制御システム(WCS)との違い

倉庫制御システムは、物流システムにおける倉庫の自動化を担当するシステムで、コンベアーやロボットなどの機器を制御し、自動化された倉庫の運用を管理します。物流システム全体を制御するための役割を担っており、WMSとは異なる役割を持っていることが分かります。

倉庫管理システムの基本的な機能7つ

倉庫管理システムには倉庫管理を効率化するための機能が備わっています。本章では、倉庫管理システムの基本的な機能について7つ紹介します。

  • 入荷管理
  • 出庫管理
  • 在庫管理
  • 棚卸管理
  • 納入書作成機能・ラベル発行
  • 返品管理
  • ロケーション管理機能

1.入荷管理

倉庫管理システムの入荷管理機能は商品の入荷に関する情報を管理し、正確な在庫管理を行えます。具体的には入荷予定日や入荷数量、商品名、ロット番号、仕入先情報などを入力し、入荷処理を行います。これにより商品の入荷を自動的に把握し、在庫数を正確に反映させることができます。また、入荷データは入荷検品や納品書の作成にも活用され、業務の効率化と精度の向上にも貢献しています。

2.出庫管理

倉庫管理システムの出庫管理機能は出荷する商品の在庫状況を確認し、出荷に必要な情報を管理するための機能です。具体的には出庫日や出庫数量、商品名、顧客情報、出荷先などを入力し、出庫処理を行います。これにより在庫から商品を引き出し、出荷することができます。出庫管理機能を使用することで出荷手続きの効率化が可能になり、出荷ミスの防止や顧客満足度の向上につながります。

3.在庫管理

倉庫管理システムの在庫管理機能は、在庫数や品目、場所などをリアルタイムに管理するための機能です。商品の入荷や出荷に伴う在庫数の変動を自動的に反映し、在庫情報を最新の状態に保ちます。在庫数が一定数以下になった場合は自動的に発注を行うこともでき、在庫切れを防ぐことが可能です。また、飲食物や生活消耗品などの消費期限や使用期限があるものは、古いものから出荷する必要があるので倉庫管理システムで管理することで作業の効率化につながります。

4.棚卸管理

棚卸の時に必要となるデータの作成や棚卸の指示、検品数などの入力などをスキャナによる簡単な操作で完結させます。これにより、倉庫管理システムを使った棚卸作業では人員や時間を大幅に削減することができます。

5.納入書作成機能・ラベル発行

納入書作成機能は、入荷した商品の情報を管理する機能です。倉庫で入荷された商品は、納入書を作成することで、正確な情報を把握できます。納入書には商品名や数量、納品日などが記載されており、これらの情報を正確に管理することで在庫管理や売上管理などの業務において正確な情報を利用することができます。納入書作成機能を利用することで、納品書の作成にかかる手間や時間を大幅に削減できます。また、商品コード・シリアルナンバーなどのラベルを簡単に発行することが可能です。

6.返品管理

返品された商品の情報をシステムに登録することで、在庫数の自動更新や返金処理の自動化などが可能となります。また、返品商品の状態によっては再販可能な商品や不良品として廃棄する必要がある場合もありますが、システム上で状態を管理することで効率的な処理が行えます。

7.ロケーション管理機能

ロケーション管理機能とは倉庫内の商品の位置情報を管理する機能です。倉庫内での荷物の取り扱いを効率的に行うためには、各商品の位置を正確に把握しておくことが必要です。ロケーション管理機能はバーコードやRFIDなどの技術を用いて商品の位置情報を登録し、管理します。これにより、商品の入出庫時の迅速な検索や在庫の管理が可能となります。ロケーション管理機能を利用することで、商品の紛失や検索による時間のロスを防ぐことができ、倉庫業務の効率化につながります。

倉庫管理システムを選択する際の比較ポイント9つ

自社の倉庫管理形態に合ったシステムを選ぶことができれば倉庫管理の効率は向上します。本章では、比較の際に参考にしたいポイントを9つ紹介します。

  • 複数の拠点や品目に対応しているか
  • 業務内容に合わせた機能の有無
  • 提供形態の違い
  • システムの安定性と信頼性
  • 導入にかかる費用と運用コスト
  • システムの利用に必要な技術や知識のレベル
  • 導入前後のサポートやトレーニング体制
  • システムの柔軟性とカスタマイズ性
  • その他管理システムとの互換性

1.複数の拠点や品目に対応しているか

倉庫を複数運営している物流業などは複数の倉庫からの在庫や入出荷を一元管理することができるシステムを選ぶ必要があります。また、製造年月日や入庫日、賞味期限など、業種ごとに異なる管理項目が必要とされる場合もあります。特に、製造業などはこれらの管理項目がシステムに含まれているかどうかを確認しましょう。

このような点を確認することで製品ロスを抑制したり、適切な順番で出荷を行ったりすることができます。業種ごとに適切な管理項目が用意されている在庫管理システムを選定することが重要です。

2.業務内容に合わせた機能の有無

倉庫管理システムを選ぶ際にそのシステムが企業の業務内容に合わせた機能を備えているかは重要なポイントです。例えば、食品や医薬品のような品目を扱う場合には商品の賞味期限やロット番号の管理機能が必要です。また、物流倉庫やオムニチャネルなど複数の倉庫を運営する場合には、在庫数や商品の移動履歴をリアルタイムで把握できる機能が必要です。そのため、倉庫の業務内容に応じて必要な機能を確認し、倉庫管理システムの選定を行うことが大切です。

3.提供形態の違い

倉庫管理システムの提供形態には、クラウド型とオンプレミス型の2つがあります。

クラウド型システムはデータをクラウド上に保存することで専用の端末やサーバを必要とせず、場所を選ばずにシステムを利用できます。そのため、外で利用したい人や拠点が複数ある場合に向いています。また、比較的低い費用で導入できるため、ハードルが低い選択肢としても注目されます。

一方、オンプレミス型システムは、自社専用のサーバを設置し、その上にシステムをインストールして使用する形態です。初期費用は高めですが、自社に合わせたカスタマイズができる点や、インターネット環境がない倉庫でも利用できるという点がメリットとして挙げられます。どちらの提供形態が適しているかは、自社のニーズに応じて検討する必要があります。

4.システムの安定性と信頼性

倉庫管理システムは、倉庫内での在庫管理や出荷管理などの重要な業務を担っています。そのため、システムが停止した場合には深刻な影響が出る可能性があります。従って、倉庫管理システムを選ぶ際には、そのシステムの安定性や信頼性が非常に重要なポイントとなります。

システムの安定性は、長期間にわたって正常に稼働し続けることができるかどうかを示します。また、信頼性はシステムが正確な情報を提供し、操作ミスやシステムエラーが発生しないかどうかを示します。これらのポイントを踏まえ、システムの安定性と信頼性を確認することが大切です。

5.導入にかかる費用と運用コスト

倉庫管理システムの導入には、システムの導入費用や運用コストが必要です。導入費用はシステムのライセンス料やハードウェア、ソフトウェアの導入費用、システム導入時のカスタマイズ費用などが含まれます。

一方、運用コストはシステムの運用にかかる人件費やメンテナンス費用、システムのアップデート費用などが含まれます。これらの費用は、倉庫管理システムを導入する前に明確に把握しておくことが重要です。

6.システムの利用に必要な技術や知識のレベル

倉庫管理システムを導入する際には、システムを利用するために必要な技術や知識のレベルを確認することが重要です。使用するシステムによってはプログラミングやデータベースの知識が必要な場合があります。選定するシステムに応じて、適切なレベルの技術や知識を持ったスタッフを確保し、システムの安定的な運用を目指しましょう。

7.導入前後のサポートやトレーニング体制

導入前にはシステムを提供する企業が専門の担当者を派遣して、現場でのニーズをヒアリングすることが重要です。また、導入後にはトラブルシューティングや質問に迅速に対応できるサポート体制が整備されているか確認しましょう。さらに、システム利用者には適切なトレーニングが提供されることで、システムの有効活用が期待できます。

8.システムの柔軟性とカスタマイズ性

システムが柔軟であることは、ビジネスの変化や成長に合わせて柔軟にシステムを変更できることを意味します。また、カスタマイズ性が高いシステムであれば、自社独自の業務フローに合わせてシステムをカスタマイズすることができます。システムの柔軟性やカスタマイズ性を確認することで、長期的な視点でのシステム導入が可能となります。

9.その他管理システムとの互換性

倉庫管理システムは、企業の管理業務をサポートするために開発されたシステムです。受注管理システムと同様に、倉庫管理システムも受注管理機能を含んでいます。そのため、両方のシステムを導入する場合にはシステム同士の連携が非常に重要な要素となります。倉庫管理システムを導入する場合には、受注管理システムなどのその他システムとの互換性も考慮する必要があります。これにより、企業はシステム導入に関する不具合を最小限に抑え、スムーズな業務運営を実現することができます。

「倉庫管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 作業帳票出力
    • 入庫検品
    • 出荷引当
    • マルチデバイス
    • 出庫指示一覧表示
    • 権限マスタ
    • 入庫実績出力
    • 取引先マスタ
    • 棚入れ作業
    • ロケーションマスタ
    • セット品構成マスタ
    • 出荷検品
    • 入庫予定一覧表示
    • 商品マスタ
    • 棚卸
    • 在庫移動
    • 在庫表出力
    • 在庫検索
    • 在庫一覧表示
    • ピッキングリスト
    • 出荷実績入力
    • 外国語対応
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 30,000円/月額
備考
中規模事業者向けのプランです。プラスで出荷伝票数に応じた課金があります。
スタンダードプラン 50,000円/月額
備考
中規模以上の事業者向けのプランです。プラスで出荷伝票数に応じた課金があります。
1ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
従量課金制です。お問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
基本利用料 90,000円~/月額
備考
1~5アカウントまでの料金です。追加アカウント料金は1アカウントにつき5,000円/月額です。追加ショップ・荷主料は50,000円/月額です。
1ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
mylogi basic 15,000円/月額
mylogi standard 30,000円/月額
6ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 300,000円
利用料金 50,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 35,000円
利用料金 要相談
3か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
パブリック版クラウドサービス 50,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
5人 2,300,000円〜
10人 3,200,000円〜
15人 4,000,000円〜
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途相談 別途相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

倉庫管理システムの比較18選

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ロケーション管理で、入出庫をスマートに行える
  • 自由度の高い、商品管理と在庫情報共有が可能
  • 専任のスタッフが万全の体制で、徹底サポート

在庫管理システム倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 現場のニーズに即した多くの機能で、課題を解決
  • 直感的な操作性と、場所を問わないクラウド管理
  • 様々な業務シーンにて利用可能で、コストパフォーマンスも高い
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 始めやすく、必要な時に必要な分だけ利用できる便利なシステム
  • ロジスティクス大賞を受賞している、技術とノウハウを持つ会社が提供
  • 多種多様な、現場のリアル課題に対応する機能群

倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • データの一元管理が可能で、他システムとの連携もしやすい
  • 現場に合わせて、ハンズフリーによる作業効率化も可能
  • 物流のプロによる「導入支援サービス」が充実

倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 小売業・製造業を中心に、さまざまな業種・業態に対応
  • 実情に合わせた、ユーザーフレンドリーな操作環境
  • 各種デバイスに標準対応可能で、作業効率の向上に貢献

倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 柔軟な運用変更や、製品特性に合わせた管理が可能
  • 汎用性と拡張性を高く保つ、さまざまな機能
  • 運用情報が分かりやすく、業務改善につながる
  • 管理情報の共有と権限設定で、情報をコントロール

倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ロット管理機能の標準装備で安全な運用を実現
  • ピッキング導線の設定で、ロケーション管理を快適に
  • フリーロケーション&ダブルトランザクションで保管と出荷の効率アップ
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リアルタイムな作業状況と、在庫状態を管理
  • フリーロケーション方式の採用で、作業と保管の効率を向上。
  • ハンディ機器を使った入荷検品により、品質を向上

倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 食に関する鮮度管理・ステータス管理に強みを持つ
  • 食の3温度管理や重量管理も、しっかり対応
  • 食だけではなく、衣・住に関する管理機能も充実

在庫管理システム倉庫管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • EC運営に携わってきたからこその使いやすいシステム
  • ECサイトの注文データを取り込み、シンプル運用
  • 充実のサポートと、既存システムとの充実した連携
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 上位システム連携機能により管理業務を簡素化
  • 見える化による製品管理を省略化
  • オフライン動作モード搭載
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 在庫情報をリアルタイムに把握可能
  • ロケーション管理方法の選択が可能
  • 初心者でも使いやすいシステム
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ハンディターミナルをAndroidアプリし低コストを実現
  • 特許取得のバッチ処理技術により業務の効率化を実現
  • 3PL業務の請求を自動化(オプション)
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 入出荷作業の進捗管理が可能
  • 在庫の受け払い管理により物流品質の改善が可能
  • セキュリティ対策と個人情報保護の強化により安心・安全な運用が可能

倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • IoT活用によってスマート工場化を支援する
  • 在庫管理業務を低コストで効率化できるようになる
  • RFIDやQRコードなど、マルチベンダー対応している

倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 複数のピッキング方法に対応、チェック作業をなくし精度向上
  • データ連携可能、作業工程ごとに実績データ出力
  • 高いトレーサビリティと見える化によって信頼性が向上

在庫管理システム倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 最先端のシステムで柔軟なカスタマイズが可能
  • ローコストで運用可能、60%以上のコスト削減ケースも
  • 国内外における、大規模も含めたWMSの運用実績が豊富

在庫管理システム倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 周辺システムと連携し、ノンカスタマイズの導入が可能
  • ノウハウの蓄積により工夫が凝らされた基本機能、安心のサポート
  • オムニチャンネルやOMO、DtoCを見据えた仕組みにより柔軟に対応

倉庫管理システムの導入で得られるメリット7つ

企業が倉庫管理システムを導入することで、さまざまなメリットが得られます。本章では、倉庫管理システムの導入メリットについて説明します。

  • 倉庫管理の作業効率が向上する
  • 属人化を解消できる
  • 倉庫内のロケーション管理を簡略化できる
  • 人件費や人的ミスを軽減できる
  • 倉庫内の在庫管理が正確かつ効率的になる
  • 経営判断に役立つデータを得られる
  • 盗難や品質低下のリスクを軽減する

1.倉庫管理の作業効率が向上する

倉庫管理システムを導入することで、商品とそれに紐づけされたロケーション指示を確認しながら業務を行えるため、作業時間の短縮が実現できます。また、使用期限が設定されている製品についても、使用期限やロット単位の管理を自動で行うことができるため、食品ロスなどの心配がなく、常に安定した品質管理を行うことが可能となります。

このように、倉庫管理システムの導入は業務プロセスを効率化するだけでなく、品質管理の向上にもつながることが期待されます。作業時間の短縮や人的ミスの軽減により、作業の生産性が向上し、倉庫の業務全体の効率化に繋がります。

2.属人化を解消できる

倉庫内での在庫の管理や探し出しには、高度な経験と技術が必要です。しかし、倉庫管理システムを導入し、未経験者でもハンディ端末の基本的な操作を覚えるだけで、作業品質を一定レベル以上に保つことができます。そのため、企業では短期間で即戦力となる派遣社員やアルバイトを戦力化することができ、人材育成に費用をかけずに作業の効率化を図れます。

3.倉庫内のロケーション管理を簡略化できる

従来、倉庫内でのロケーション変更は非常に手間のかかる作業でした。ピッキング作業ではロケーション変更後の製品の場所を把握できずに時間を浪費することや、登録データを更新するのにも時間がかかるなど問題がありました。

しかし、倉庫管理システムを導入することで、ロケーションを変更するとデータが即座に更新されるため、ピッキング作業員は製品の新しいロケーションに迷うことなく業務を進めることができます。これにより、倉庫内のロケーション管理作業にかかる時間と手間が大幅に軽減されます。

4.人件費や人的ミスを軽減できる

倉庫内での在庫管理は、膨大な数の商品を把握するために多大な手間がかかるため、人的ミスが起こりやすい業務です。アナログでの倉庫管理は工程が多く膨大な工数と時間がかかります。また、不足分の労力を人材の数で補填しようとするとそれだけ作業を教えるだけの時間的ロスや人為的ミスの発生確率が高くなります。

しかし、倉庫管理システムを導入することで、在庫の自動管理や商品の受発注の自動化が可能となります。これにより、在庫数の把握や商品の管理作業が簡素化され、人的ミスを減らすことができます。

さらに、倉庫管理システムでバーコードを活用することで、従来のような目視での確認作業が不要となるので誤出荷などの人為的ミスのリスクは大幅に軽減され、より少ない人材でかつ短時間という条件下でもこれまで以上の作業効率を実現します。

5.倉庫内の在庫管理が正確かつ効率的になる

システムを使用することで、在庫数や商品の種類、保管場所などが常に最新の状態で把握でき、在庫の受発注や移動作業を正確かつ迅速に行えます。また、在庫数が減少するタイミングを予測して欠品を回避することができるため、お客様に迅速かつ正確なサービスを提供することができます。

6.経営判断に役立つデータを得られる

倉庫管理システムは、在庫の状況や受発注の状況などのさまざまなデータを取り扱うことができます。そのため、システムから出力されるレポートを利用することで、経営判断に役立つデータを得ることができます。例えば、売れ筋商品の把握や、在庫の滞留商品の確認、受発注における誤差の分析などが可能です。これにより、経営の改善や戦略の立案に役立つ情報を得ることができます。

7.盗難や品質低下のリスクを軽減する

バーコードやRFIDなどの技術を活用してリアルタイムで在庫の移動履歴を追跡することで、在庫の紛失や盗難を早期に発見し、監視を強化できます。倉庫管理システムには在庫の保管状況や期限などを管理する機能があり、品質低下のリスクを未然に防ぐことも可能です。これらの機能によって、倉庫管理システムは在庫の安全性を向上させ、盗難や品質低下のリスクを軽減することができます。

倉庫管理システムのデメリット5つ

倉庫管理システムにはさまざまなメリットがある反面、デメリットも存在します。本章では、倉庫管理システムのデメリットについて解説します。

  • 導入コストが高くなる場合がある
  • システムによっては複雑な操作や設定が必要である
  • 故障や障害が発生した場合に影響が大きくなる可能性がある
  • メンテナンスやアップデートにコストや時間がかかる場合がある
  • 専門知識や技術力がない場合、適切に活用できない可能性がある

1.導入コストが高くなる場合がある

倉庫管理システムを導入するには、システムの機能や性能に応じた高価なソフトウェアやハードウェアが必要となる場合があります。また、導入に際してはシステム導入に伴う作業やトレーニングの費用もかかるため、初期投資が必要となります。

2.システムによっては複雑な操作や設定が必要である

倉庫管理システムの中には、複雑な操作や設定が必要なものもあります。そのため、専門的な知識やスキルが必要となる場合があります。また、システムが複雑な場合はシステム導入後のトレーニングやサポートが重要となります。そのため、システム導入前には、導入するシステムの使い勝手や操作性をよく検討する必要があります。

3.故障や障害が発生した場合に影響が大きくなる可能性がある

倉庫管理システムは業務がシステムに依存するため、システムに何らかの故障や障害が発生した場合は業務に深刻な影響を与える可能性があります。そのため、システム導入後も運用管理に力を入れてシステムの安定稼働を確保することが必要です。

4.メンテナンスやアップデートにコストや時間がかかる場合がある

倉庫管理システムは常に最新の状態を保つ必要があるため、定期的にアップデートを行う必要があります。しかし、アップデートにはコストや時間がかかる場合があり、予期せぬ障害や不具合が生じることもあります。そのため、システムを導入する前にメンテナンスやアップデートに関する契約内容を十分に確認し、適切なサポートを受けることが大切です。

5.専門知識や技術力がない場合、適切に活用できない可能性がある

倉庫管理システムは高度な技術力を必要とするため、システムの運用に関する専門的な知識や技術力が必要となります。また、システムの導入前にトレーニングを受けたとしても、実際の運用では想定外の問題が発生することもあります。そのため、システムを導入する前にシステムの運用に必要な知識や技術を持った人材を確保し、適切なトレーニングやサポートを受けることが重要です。

倉庫管理システム導入前に知っておくべき注意点6つ

倉庫管理システムを導入する前に注意しなければならないことがあります。本章では、倉庫管理システムを導入する前に知っておくべき注意点について解説します。

  • システムの導入目的を明確にする
  • 現場のニーズを確認する
  • 拠点により業務内容が異なる
  • 利用環境に注意する
  • システムに依存しすぎることで従来の手順を忘れる場合がある
  • 現状の業務プロセスをよく理解しておく必要がある

1.システムの導入目的を明確にする

どのようなシステムを導入するにしても、まずは自社の目的を明確にすることが必要です。例えば、倉庫管理システムを導入する場合には、管理対象とする倉庫が一つか複数かによって、適した製品が異なってくることがあります。また、問題の原因を明確にし、それに対応する機能を持ったシステムを選ぶことが重要です。これにより、効果的な改善を行うことが可能となり、スムーズな業務運営を実現することができます。

2.現場のニーズを確認する

倉庫内の業務効率を向上させるために、倉庫管理システムの導入は有効な手段の一つです。しかし、倉庫内で業務に携わっている従業員は製品の特性や経験則に基づいて作業を最適化しており、現場のニーズを把握しています。そのため、現場の意見を無視して一方的に管理システムを導入すると、現場の作業効率が低下する可能性があります。

例えば、倉庫管理システムを導入することで、ロケーションの変更が容易になることがありますが、現場のニーズに合わない場所に商品を保管してしまうことになり、かえって作業効率が悪化する恐れがあります。そのため、従業員の意見を取り入れながら倉庫管理システムの導入を進めることが重要です。

3.拠点により業務内容が異なる

倉庫管理システムを導入する際には試験的な運用を特定の倉庫で行うことが考えられますが、この手法は逆効果になる可能性があります。例えば、複数の拠点で共通のデータを管理している中で、ある倉庫だけが異なる形式の帳票や伝票を使用し始めた場合、データの形式が異なることでデータの統合管理に問題が生じることがあります。

そのため、倉庫管理システムを導入する場合は全ての拠点で同じ形式のデータを共有することが必要です。そうすることで、システムに関する問題を最小限に抑え、正確かつ効率的な業務運営を実現することができます。

4.利用環境に注意する

クラウド型システムは社外でも利用が可能である一方、オンプレミス型は専用のインターネットに接続された倉庫内でしか利用することができません。オンプレミス型のシステムを導入する際は、この点を考慮することが非常に重要です。不注意にもシステムを導入してしまうと、運用できないなどの問題が発生する可能性があるため事前に注意を払う必要があります。

特に倉庫内のシステムという性質上、導入前にシステムの適用範囲や利用環境を確認することが必要です。このような対策を講じることで、円滑なシステムの導入・運用が可能になります。

5.システムに依存しすぎることで従来の手順を忘れる場合がある

過度なシステム依存は、手順の過失を招く可能性があります。倉庫管理システムは自動化されたプロセスを管理するための有用なツールであり、手作業や判断が必要な場面もあることを忘れてはいけません。そのため、システムを使用する場合は従来の手順や業務フローを正確に理解し、必要な場面でシステムを活用することが大切です。

6.現状の業務プロセスをよく理解しておく必要がある

倉庫管理システムを導入する前に現状の業務プロセスをよく理解しておく必要があります。業務プロセスによっては既存のシステムで十分にカバーできる場合もあります。そのため、業務プロセスの詳細な分析とシステム導入で得られるメリット、コストを総合的に検討することが重要です。また、システム導入後も業務プロセスの改善や最適化を行い、システムと共に業務フローを継続的に改善しましょう。

倉庫管理システムの課題

倉庫管理システムには高度化する業務ニーズに合わせて改善が求められる課題が存在します。例えば、古いシステムの場合に最新の技術やセキュリティ対策に対応できていない可能性があります。また、倉庫内でのデータの収集・分析が不十分なため、生産性向上や在庫管理の改善につながるデータ活用が行えていない場合もあります。

加えて、専門的な知識を持つ人材の不足や、システムの導入や運用にかかるコストなども課題として挙げられます。これらの課題を解決するためには、最新技術の導入やデータ活用の推進、専門知識を持つ人材の育成などが必要とされます。

倉庫管理システムの失敗事例

倉庫管理システムには準備不足などによる失敗事例が存在します。本章では、倉庫管理システムの失敗事例について解説します。

  • 事例1:在庫数が合わなくなる事例
  • 事例2:操作ミスによる誤配送や重複発注が起きる事例
  • 事例3:現場との折り合いがつかず、結局システムが導入されなかった事例
  • 事例4:システムの不具合で急遽手動での在庫管理を行うことになった事例
  • 事例5:システム導入による業務フローの大幅変更で従業員の混乱やストレスが発生した事例

事例1:在庫数が合わなくなる事例

倉庫管理システムの在庫数は入庫や出庫時に自動で更新されることが期待されますが、稀にシステムの誤作動や不具合が原因で在庫数が合わなくなる場合があります。特に、複数の倉庫で同時に管理している場合には在庫数の差異が生じることが多いため、倉庫管理システムを導入する前に十分な準備と検討が必要です。

事例2:操作ミスによる誤配送や重複発注が起きる事例

倉庫管理システムは人手によるミスを減らし、効率的な業務を実現するために導入されますが操作ミスによって予期せぬ事態が起こる可能性があります。例えば、商品コードの入力ミスやシステム上のバグにより誤配送や重複発注が発生することがあります。これらのミスを防ぐためには、システムの操作マニュアルの徹底やトレーニングの充実が必要です。

事例3:現場との折り合いがつかず、結局システムが導入されなかった事例

倉庫管理システムを導入する際には現場の要望やニーズを十分に把握し、システム要件を検討することが重要です。しかし、導入前に現場との調整を怠り、システムが現場の要望に沿わなかったためシステムが導入されなかったケースがあります。システム導入は現場との綿密なコミュニケーションが欠かせません。

事例4:システムの不具合で急遽手動での在庫管理を行うことになった事例

システムの障害が起きたため、予期せぬ手動管理に切り替えることが必要になりました。このようなトラブルが発生すると、在庫管理にかかる時間や労力が増大することになり、生産性が低下する可能性があります。この課題を解決するためには、システムの予防メンテナンスや障害対応に備えることが重要です。

事例5:システム導入による業務フローの大幅変更で従業員の混乱やストレスが発生した事例

従業員が新しいシステムを使いこなすことに苦労し、業務に支障が出たりミスが発生したりすることがあります。その結果、生産性や品質に影響を与えることになる可能性があります。この問題を解決するためには、従業員に対するトレーニングやシステムの使いやすさを考慮したシステムの導入が必要です。また、適切なコミュニケーションやフィードバックを行い、従業員のストレスや不安を軽減することが重要です。

適切な倉庫管理システムを導入して倉庫業務を効率化しましょう

本記事では、倉庫管理システムの導入メリット・デメリットや注意点などについて紹介しました。倉庫管理システムを導入することで在庫管理の効率化や精度向上、安全性の向上が期待できます。しかし、システムの導入や運用にはコストや時間がかかることや、専門知識や技術力が必要になります。

また、システムに依存しすぎることや現状の業務プロセスを理解していないことで、思わぬトラブルが発生する可能性もあります。倉庫管理システムの導入を検討する際には、これらのメリット・デメリットや注意点をよく理解し、慎重に判断することが大切です。

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる