Menu
Close

【2024】車両管理システム比較19選!選び方・メリット・特徴を徹底解説

この記事で解説すること

車両管理システムとは、企業が利用する車両の管理・運用を効率化するサービスのことです。車両情報の管理だけでなくドライバーの勤怠管理からドライブレコーダーと連動した事故防止アラートまで、その機能は多岐にわたります。道路交通法の改正に伴うアルコールチェックの義務化により車両管理業務における法令順守の意識が高まりつつある今、多くの企業で車両管理システムが導入されつつあります。

車両管理システムにはモバイルアプリやクラウド型システム、車載デバイスなど様々な形態があります。導入費用や操作性などそれぞれの特徴を把握したうえで、自社に最も適した形態・機能を備えた車両管理システムを導入するとよいでしょう。

「車両管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 危険運転アラート通知
    • 請求書作成
    • 運転傾向分析
    • 車両整備情報管理
    • CSVデータ入出力
    • 車両予約管理
    • Excelデータ入出力
    • ドライバー勤怠管理
    • メール配信機能
    • 日報デジタル化
    • アルコールチェック
    • 車両稼働実績集計
    • ドライバー認証機能
    • 走行履歴管理
    • メッセージ送信機能
    • 車両位置情報管理
    • 外部システム連携
    • ドライブレコーダー連携
    • 事故情報管理
    • 到着時刻予測
    • 最適ルート検索
    • API連携
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
Safetyプラン 1,980円(税込)/月額
備考
的確な運転指導で事故を削減したい企業向けのプランです。
Locationプラン 1,980円(税込)/月額
備考
車両の位置を把握して動態管理したい企業向けのプランです。
セットプラン 3,080円(税込)/月額
備考
SafetyプランおよびLocationプランの機能をどちらも利用できる、車両管理業務をトータルで効率化したい企業向けのプランです。
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
基本プラン 0円
備考
管理者機能が備わったプランです。初期導入費・月額使用料が発生しません。
オプションプラン 1ユーザーIDあたり550円(税込)/月額
備考
運転者機能が備わったプランです。申込み単位は、10ユーザーIDです。利用開始から3ヶ月間は無料で利用することができます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
スタンダードサービス 一台あたり2,398円(税込)/月額
備考
車載機代が別途発生します。
動画ドラレコサービス 一台あたり3,179円(税込)/月額
備考
車載機代車載機代が別途発生します。スタンダードサービスに動画ドラレコ機能が加わったプランです。
商⽤⾞ナビサービス 一台あたり3,498円(税込)/月額
備考
車載機代が別途発生します。スタンダードサービスに 動画ドラレコ機能、商用車ナビ機能が加わったプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
送迎支援サービス 要相談
備考
送迎計画を自動作成できるプランです。
巡回支援サービス 要相談
備考
配車計画を自動作成できるプランです。
業務支援サービス 要相談
備考
活動の可視化や安全運転を支援するプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
端末ご購入プラン 980円~/月額
備考
端末台・取付費用は別途見積もりは別途見積もりが必要です。
端末レンタルプラン 要相談
備考
端末購入費用はかかりません。月額サービス利用料・取付費用は別途見積もりが必要です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン1 1,650円(税込)/月額
備考
フロントカメラ利用プラン
プラン2 1,980円(税込)/月額
備考
フロントカメラ+リアカメラ利用プラン
プラン3 1,980円(税込)/月額
備考
フロントカメラ+ドライバーモニタリングカメラ利用プラン

利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
機器購入プラン 要相談
備考
毎月の月額費用を抑えたい、機器を減価償却したいといった場合におすすめのプランです。
機器レンタルプラン 要相談
備考
初期費用を抑えたい、機器を自社で保有したくないといった場合におすすめのプランです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 0円
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
利用料金 1200円(税込)/月額
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
デバイス買取コースの場合は35,000円/台、デバイスレンタルコースは3,000円/台
デバイス買取コース 1台当たり1,500円/月額
デバイスレンタルコース 1台当たり3,000円/月額
12ヶ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン1 660円(税込)/月額
備考
「LINKEETH ALC CHECK」
ID1つ当たりの料金です。オプションの追加管理者アカウントは、ID1つ当たりで月額税込550円です。
プラン2 7,920円(税込)/年額
備考
「LINKEETH ALC CHECK for ビジネスプラス」
ID1つ当たりの料金です。オプションの追加管理者アカウントは、ID1つ当たりで年額税込6,600円です。
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 110,000円
備考
クラウドプランの金額です。
利用料金 20,900円~/月額
備考
クラウドプランの金額です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

車両管理/車両管理システムとは

車両管理システムとは、企業の保有する自動車の情報をデジタル化し一元管理を可能にするサービスのことです。配車計画や日報の作成といった管理業務の効率化から位置情報の管理まで、幅広い活用方法があります。以下で詳しく解説していきます。

車両管理とは

車両管理とは、企業が管理する社用車やレンタル車両を管理する業務のことです。車両の大きさや保有形態に関わらず含まれるため、トラックやリース車も対象となります。単に車両情報を管理するだけでなく、車両整備状況や車両保険などの管理から、ドライバーの情報や運転日報の管理まで幅広い業務内容が含まれます。

車両の故障による事故の防止や、車両の修繕やドライバーの手当などのコスト管理、アルコールチェック管理の法令順守などに取り組むにあたり、これらの車両管理業務を効率化することは非常な重要であるといえます。

車両管理システムとは

事故防止やコスト管理、法令順守の達成のために車両管理は必要不可欠であるといえます。しかしながらドライバー一人ひとりの日報や車両整備の情報など、社内に様々なデータが散らばっていて管理しきれないという課題を抱える企業も多いのが現状です。

このような課題を解決するのが車両管理システムです。車両情報の管理だけでなくドライバーの勤怠管理からドライブレコーダーと連動した事故防止アラートやアルコールチェック管理まで、多岐にわたる機能で業務の効率化をサポートします。

法改正により高まる 車両管理システムの必要性

2023年12月の道路交通法改正により、運送業や旅客運送業などいわゆる「緑ナンバー」だけでなく、一般的な自家用車である「白ナンバー」の車を規定の台数以上使用する事業者も、アルコール検知器を用いたチェック義務化の対象となりました。さらには2024年4月には働き方改革関連法案の施行により、運送・物流業を対象に時間外労働の上限規制が設けられるため、企業の経営改善は避けられない課題であるといえます。

このようにアルコールチェック管理などの企業の事故防止対策や、労働時間内の生産性向上に対する企業の取り組みの重要性は近年高まりつつあります。本記事では、このような課題の解決をサポートする車両管理システムの機能や選び方から、用途別のおすすめ製品まで紹介していきます。

車両管理システムの導入目的や用途

車両管理システムの導入目的や用途として以下が上げられます。

  1. 社用車の情報をまとめて管理したい
  2. 運送・営業における業務を効率化したい
  3. 具体的な事故防止対策を講じたい
  4. 経理業務の負担を軽減したい
  5. 配車の効率性を上げたい
  6. データ分析・活用を行いたい

1.社用車の情報をまとめて管理したい

車両管理システムを活用すれば、会社で保有・レンタルしている車両の台数や位置情報、さらには整備情報まで一括管理することができます。車両の稼働実績や燃費を把握し本当に必要な車両数に適正化することで、運用コストを削減するといった活用方法もあります。

2.運送・営業における業務を効率化したい

長時間労働や社用車の私的利用を防ぐために、車両管理システムにより車両の位置情報や従業員の勤怠状況を把握することは非常に有効であるといえます。さらには走行履歴の管理機能やルート検索機能を用いてドライバーのパフォーマンスの向上を促進することも可能です。また最適ルート検索やメッセージ送信機能など、ドライバーへの満足度向上にも貢献する機能を搭載しているサービスを活用するとよいでしょう。

3.具体的な事故防止対策を講じたい

ドライブレコーダーとの連携機能やAIによる危険防止アラート機能を活用することで、ドライバーの不注意による交通事故を未然に防ぐ事ができます。運転傾向評価機能を搭載したサービスを用いることで、ドライバーへの注意喚起を行うことも可能です。また実際に事故が起きた際にドライブレコーダーを自動送信したり、事故情報を報告したりすることができるツールを活用して、万が一の事態に備えることも大切です。

4.経理業務の負担を軽減したい

従業員の勤怠管理や日報の作成などといった経理業務は非常に大きな負担となります。車両管理システムを用いて経理情報を一元管理し日報の作成を自動化することで、作業時間や作業ミスを大幅に削減する事ができます。さらに勤怠情報や走行履歴などの一元化した情報を分析することで、時間外労働を防いだり運行ルートを効率化したりすることが可能です。

5.配車の効率性を上げたい

デイサービスの送迎計画や物流の輸送計画などを作成といった複雑な業務を、車両管理システムの機能により自動化することができます。経験の長い従業員しか行えなかった業務も、車両管理システムの蓄積されたデータを活用することで、誰でも効率化することができるようになります。

6.データ分析・活用を行いたい

配車計画や走行履歴を把握し可視化することで、業務効率化のためのデータ分析や経営方針の検討を支援します。さらにはExcelなど従来使っていたサービスとの連携が可能なサービスもあるため、導入時には他社サービスとの連携やデータ出力が可能か確認しましょう。

車両管理システムを導入するメリット

車両管理システムを導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

  1. 社内に散らばった情報を一元管理できる
  2. パフォーマンスを向上させることができる
  3. コストを削減することができる
  4. コンプライアンスの遵守やCSR活動に取り組むことができる
  5. 従業員の満足度を向上させることができる

1.社内に散らばった情報を一元管理できる

勤怠管理や車両整備情報など、社内のあらゆる情報をDX化し一元管理できるようになります。業務負担や時間を大幅に削減できるだけでなく、データの見える化や分析によって経営効率の向上も期待できます。

2.パフォーマンスを向上させることができる

車両の位置情報や勤怠情報がリアルタイムで共有されるため、メッセージ送信などですぐに指示を出すことが可能です。緊急の業務が発生した場合には最も近い車両を配車し、走行履歴を活用した最適ルートに沿って目的地に向かうことができます。さらには社用車の私的利用を防ぎ、業務に集中させることも可能です。

3.コストを削減することができる

走行履歴や車両稼働実績から燃費を削減したり、本当に必要な車両数を検討することが可能です。このように、データを活用することでコストの削減とパフォーマンスの向上を同時に実現することができます。さらには経理業務や事故発生後の対応業務などの負担を軽減し、人件費を削減することも可能です

4.コンプライアンスの遵守やCSR活動に取り組むことができる

アルコールチェックの管理機能や勤怠情報の一元管理により、時間外労働を防ぎ法令順守を徹底することができます。さらにはドライブレコーダーと連動したエコドライブ評価機能を活用すれば、二酸化炭素の排出量を削減することもできます。

5.従業員の満足度を向上させることができる

車両管理システムの導入には、日報作成が自動化される、メッセージ機能でやり取りが楽になるといった従業員に対する利点も多くあります。運転分析結果や業績情報を一元管理してパフォーマンスを見える化することで、従業員のモチベーションの向上も期待できます。ドライブレコーダーの事故防止アラートや顔認証機能、最適ルート検索機能など、従業員の安全を守りながら満足度を高める機能の導入を検討することも有効です。

車両管理システムを導入するデメリット

車両管理システムには以下のようなデメリットも考えられます。メリット・デメリットをそれぞれ把握したうえで導入を検討することが大切です。

  1. 不具合が発生した場合、業務に支障をきたす可能性がある
  2. 初期費用・運用費用がかかる

1.不具合が発生した場合、業務に支障をきたす可能性がある

全情報をデジタル化してシステム上で一元管理するため、万が一システムに不具合が起きたり操作方法がわからないといった場合に普段通りに業務を行えなくなるという可能性があります。電話やメール、チャットなどで迅速なサポートを受けることができるサービスを選ぶことが大切です。

2.初期費用・運用費用がかかる

多くの車両システムの導入や運用には費用がかかります。例えば配車計画を効率化したいにも関わらず勤怠情報の管理に特化したシステムを導入した場合、費用ばかりがかさんで期待した導入効果が得られないという可能性が考えられます。このような事態を避けるためには、自社のニーズに合った高い費用対効果の見込めるシステムを選ぶことが大切です。また、永年無料で利用できるサービスを利用する、導入費用の安いスマートフォンを用いたサービスを導入する、無料トライアルを利用してみるなどといった費用を抑える方法も考えられます。

車両管理システムを導入する際の注意点

車両管理システムのメリット・デメリットを踏まえたうえで、以下のような点に注意して導入を検討しましょう。

  1. 慣れやすい操作性であるか
  2. 十分な費用対効果が見込めるか
  3. スムーズに導入できるか

1.慣れやすい操作性であるか

車両管理システムの導入後は、従業員やドライバーに利用を浸透させる必要性があります。ITの発展的な知識がない社員でも利用できるような操作性であるか注目して検討するようにしましょう。管理画面が視覚的に捉えやすいサービスを選べば、社員にデータ分析結果を共有したり、プレゼン資料として活用したりする際に非常に便利です。

2.十分な費用対効果が見込めるか

機能やサービスが充実すればするほど、コストがかさんでしまうことも事実です。様々なプラン・オプションを検討する、無料トライアルを利用してみるといった工夫で費用を抑えることも大切です。ドライバーの人数に応じた利用料金、月額制などの料金体系があるため自社の規模に合ったサービスを選択することも有効であるといえます。

3.スムーズに導入できるか

使用している車両数が多い場合、車載デバイスの装着や工事の有無は特に大きな問題となります。時間とコストを削減するためにも、サービスの形態やドライバーが操作性に慣れやすいか確認するようにしましょう。勤怠管理など現在使っているシステムとの連携が可能かどうかも注目すべきポイントです。

車両管理システムを選定するポイント5点

車両管理システムの中にも、事故防止に特化したものから勤怠管理や配車計画に特化したものまで、多様なサービスがあります。現在の経営における課題や改善点を踏まえて、必要な機能を備えたシステムを選ぶことで、コストを抑えて運用することができます。以下では、車両管理システムの導入における選定ポイントを紹介します。

  1. 管理業務の効率化が可能か
  2. 安全指導のサポート機能
  3. 動態管理の精度
  4. 運用コスト面から選ぶ
  5. 導入しやすいサービス形態であるか

1.管理業務の効率化が可能か

車両情報や勤怠情報の管理をデジタル化することで、管理部門における業務負担や記入漏れなどのミスから、ドライバーの負担まで軽減することができます。日報の作成やドライバーの勤怠情報の自動出力といった機能が搭載されているか注目するとよいでしょう。またデータの分析や連携を行いたい場合は、Excelとの連携やCSV出力が可能かもポイントとなります。

2.安全指導のサポート機能

車両管理システムの活用により、データや映像に基づいた安全指導が可能になります。急ブレーキや速度超過などの危険運転に対するアラート機能を備えたサービスや、運転分析を点数化してレポートとして出力できるサービスがおすすめです。また事故対策として、アルコールチェック管理や事故発生時の映像自動アップロード機能を備えたシステムも検討するとよいでしょう。

3.動態管理の精度

急な依頼や問い合わせに対応したい場合、車両の位置情報のリアルタイム性が非常に重要となります。配送業務においては位置情報や走行履歴、ドライバーの業務進捗状況などの機能、デイサービスや営業訪問においては配車計画や車両予約管理などの機能に注目してみましょう。幅広い機能が存在するため、自社の課題を踏まえて業務内容に適した製品を選ぶことで、効率的に業務負担を軽減することが大切です。

4.運用コスト面から選ぶ

車載機の購入・レンタル数やアプリの利用人数など、サービスにより初期費用や利用料金は異なります。必要な機能を搭載したサービスを選定し、それぞれ比較し最も高い費用対効果を見込めるサービスを導入することが大切です。また基本的な機能は完全無料で利用できるサービスや、無料トライアルを提供しているサービスもあります。まずは車両管理サービスにより自社の業務を効率化できるか試してみるのもよいでしょう。

5.導入しやすいサービス形態であるか

スマートフォンやPCのアプリケーション形態である場合は、導入費用を抑えやすい、慣れやすい操作性であるといったメリットがあります。一方でドライブレコーダーなどのデバイスを車両に取り付ける形態では、AI分析やドライバー顔認証などの機能によりさらに高度な事故防止対策を行うことができます。以下で5つのサービス形態について紹介します。

  1. スマホアプリ型
  2. OBD-Ⅱポート型
  3. シガーソケット型
  4. デジタルタコグラフ搭載型
  5. ドライブレコーダー型

1.スマホアプリ型

スマートフォンのGPS機能などを用いて車両の位置情報を管理します。車に装置を取り付ける手間が省ける、ドライバーが操作性に慣れやすいといった特長があります。初期費用を抑えたい、慣れやすい操作性の製品を導入したいなど、導入障壁の小さい製品を探している企業におすすめのサービス形態です。

2.OBD-Ⅱポート型

OBD-Ⅱとは車両に搭載された事故故障診断システムのことで、故障だけでなく燃費や車速、エンジンの回転数まで検知します。OBD-ⅡポートにSIMカードを搭載した車載機を差し込むことで、車両情報を管理する方法です。足元付近のポートに差し込むだけで設置できるという手軽さが魅力です。

3.シガーソケット型

車両のシガーソケットに車載機を取り付けて車両管理を行う方法です。OBD-Ⅱポート型と同様に設置が簡単であることから、工事不要で初期費用を抑えることができるというメリットがあります。

4.デジタルタコグラフ搭載型

デジタルタコグラフ(デジタコ)とは、速度や走行時間、走行距離など細かい動態管理をリアルタイムで記録するデジタル式運行記録計のことです。車両総重量7トン以上または最大載積量4トン以上のトラックなどは装着が義務化されているため、併せて導入を検討するとよいでしょう。

5.ドライブレコーダー型

ドライブレコーダーの映像と連携して車両管理を行うサービスです。危険運転や車間距離のアラート機能やドライバー顔認証機能、事故発生後に映像を自動アップロードする機能を備えたサービスなどがあります。映像と組み合わせて高度な安全対策を行いたい企業におすすめのサービス形態です。

 

「車両管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 危険運転アラート通知
    • 請求書作成
    • 運転傾向分析
    • 車両整備情報管理
    • CSVデータ入出力
    • 車両予約管理
    • Excelデータ入出力
    • ドライバー勤怠管理
    • メール配信機能
    • 日報デジタル化
    • アルコールチェック
    • 車両稼働実績集計
    • ドライバー認証機能
    • 走行履歴管理
    • メッセージ送信機能
    • 車両位置情報管理
    • 外部システム連携
    • ドライブレコーダー連携
    • 事故情報管理
    • 到着時刻予測
    • 最適ルート検索
    • API連携
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
Safetyプラン 1,980円(税込)/月額
備考
的確な運転指導で事故を削減したい企業向けのプランです。
Locationプラン 1,980円(税込)/月額
備考
車両の位置を把握して動態管理したい企業向けのプランです。
セットプラン 3,080円(税込)/月額
備考
SafetyプランおよびLocationプランの機能をどちらも利用できる、車両管理業務をトータルで効率化したい企業向けのプランです。
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
基本プラン 0円
備考
管理者機能が備わったプランです。初期導入費・月額使用料が発生しません。
オプションプラン 1ユーザーIDあたり550円(税込)/月額
備考
運転者機能が備わったプランです。申込み単位は、10ユーザーIDです。利用開始から3ヶ月間は無料で利用することができます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
スタンダードサービス 一台あたり2,398円(税込)/月額
備考
車載機代が別途発生します。
動画ドラレコサービス 一台あたり3,179円(税込)/月額
備考
車載機代車載機代が別途発生します。スタンダードサービスに動画ドラレコ機能が加わったプランです。
商⽤⾞ナビサービス 一台あたり3,498円(税込)/月額
備考
車載機代が別途発生します。スタンダードサービスに 動画ドラレコ機能、商用車ナビ機能が加わったプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
送迎支援サービス 要相談
備考
送迎計画を自動作成できるプランです。
巡回支援サービス 要相談
備考
配車計画を自動作成できるプランです。
業務支援サービス 要相談
備考
活動の可視化や安全運転を支援するプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
端末ご購入プラン 980円~/月額
備考
端末台・取付費用は別途見積もりは別途見積もりが必要です。
端末レンタルプラン 要相談
備考
端末購入費用はかかりません。月額サービス利用料・取付費用は別途見積もりが必要です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン1 1,650円(税込)/月額
備考
フロントカメラ利用プラン
プラン2 1,980円(税込)/月額
備考
フロントカメラ+リアカメラ利用プラン
プラン3 1,980円(税込)/月額
備考
フロントカメラ+ドライバーモニタリングカメラ利用プラン

利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
機器購入プラン 要相談
備考
毎月の月額費用を抑えたい、機器を減価償却したいといった場合におすすめのプランです。
機器レンタルプラン 要相談
備考
初期費用を抑えたい、機器を自社で保有したくないといった場合におすすめのプランです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 0円
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
利用料金 1200円(税込)/月額
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
デバイス買取コースの場合は35,000円/台、デバイスレンタルコースは3,000円/台
デバイス買取コース 1台当たり1,500円/月額
デバイスレンタルコース 1台当たり3,000円/月額
12ヶ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン1 660円(税込)/月額
備考
「LINKEETH ALC CHECK」
ID1つ当たりの料金です。オプションの追加管理者アカウントは、ID1つ当たりで月額税込550円です。
プラン2 7,920円(税込)/年額
備考
「LINKEETH ALC CHECK for ビジネスプラス」
ID1つ当たりの料金です。オプションの追加管理者アカウントは、ID1つ当たりで年額税込6,600円です。
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 110,000円
備考
クラウドプランの金額です。
利用料金 20,900円~/月額
備考
クラウドプランの金額です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

【用途別】おすすめの車両管理システム19選

ドライバーの業務を効率化したい

ドライバーの業務効率を上げるためには、高精度な位置情報による車両位置や業務の進捗状況を把握することが有効です。さらには急用にも対応できるメッセージ機能や、ドライバーの実績を分析・評価できる機能が搭載されているかどうかも注目ポイントとなるでしょう。

  1. Cariot
  2. ロジこんぱすLite
  3. AI-Contactフリート

1.Cariot

3秒に1回の同期により、ライブ中継で全車両の位置情報とステータスをリアルタイムで可視化することができます。さらに当日の運転軌跡と次の目的地の到着予定時刻を把握し、社外関係者に共有することも可能です。運転日報のペーパーレス化やドライバーごと・顧客ごとでの業務効率の把握により改善活動も支援します。また、アプリ・車載デバイス・ドライブレコーダーの三種類の形態から選べるため、自社の業務形態に適したものを選ぶことがでる点も特長の一つです。高度な位置情報機能を利用したい企業におすすめしたいサービスです。

  • 車両管理システム

    株式会社フレクトのcariotは、車載デバイスまたはスマホアプリによるリアルタイムの位置情報活用と車両管理業務のDXにより、現場の業務効率化と事故防止を可能にする車両動態管理クラウドサービスです。動態管理や配送計画から危険運転察知やアルコールチェック、さらにはレポートの出力まで幅広い機能を搭載していることから、運輸・物流トラックや送迎バス、営業・サービス車など、さまざまな車両用途の企業におすすめしたいサービスです。

    基本的な機能 到着時刻予測 車両位置情報管理 運転傾向分析 日報デジタル化
    トライアル 無し
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社フレクト
    本社:
    東京都港区芝浦1丁目1番1号 浜松町ビルディング11F
    代表者名:
    黒川 幸治
    資本金:
    694,000,000円

2.ロジこんぱすLite

10分ごとの定期通信によるリアルタイムの位置情報管理に加え、走行実績や燃費を自動で出力できる点が魅力です。機能重視のOBDⅡタイプとコスト重視のシガーソケットタイプから選べ、両社とも工事不要で容易に取り付けることができます。初期費用0円のレンタルプランがあるため導入障壁が小さく、取り付け型の車両管理システムを探している企業におすすめしたい製品です。

  • 株式会社システックのロジこんぱすLiteは、端末をOBDⅡコネクターまたはシガーソケットに接続するだけで車両の位置管理を手軽に実現するクラウド型サービスです。位位置情報や走行履歴などの運行状況を可視化できるだけでなく、スピードの出し過ぎ・急加速・急減速を検知し安全運転管理を支援します。さらには走行の実績や燃費などの情報を日報や月報で自動出力することができるため、車両管理と安全運転管理を同時に実現したい企業におすすめしたいサービスです。

    基本的な機能 車両位置情報管理 走行履歴管理 運転傾向分析 日報デジタル化
    トライアル 無し
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社システック
    本社:
    鹿児島県鹿児島市平之町13-32
    代表者名:
    坂元 士郎
    資本金:
    50,000,000円

3.AI-Contactフリート

導入・運用費用が永年無料のAI-Contactフリートは、位置情報の把握やアルコールチェック、運行管理情報のデジタル化を行えるアプリケーション型の車両管理システムです。事故相談や運用コンサルなど有料のサポートプランも用意されているため、まずは無料で車両管理システムを使ってみたいという企業向けの製品です。

  • ジェネクスト株式会社のAI-Contactフリートは、運行管理、動態管理、車両管理、アルコールチェック記録管理などを完全無料でデジタル化できる車両管理システムです。一定台数の車両を保有している場合、車両管理のDX化を進める上で必要な車両情報の入力代行サービスをも無料で受けることもできます。スマホが走行情報を記録するため別途端末を購入・設置する必要がなく、コストをかけることなく導入できる点が魅力です。

    基本的な機能 車両位置情報管理 走行履歴管理 日報デジタル化 アルコールチェック
    トライアル 有り
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    ジェネクスト株式会社
    本社:
    神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目8-12 Attend on Tower 7階
    代表者名:
    笠原 一
    資本金:
    431,450,000円(資本準備金等含む)

配車計画を効率化したい

運送業や医療サービスにおいての配車計画は時間や場所、車種など様々な条件を考慮する必要がある非常に複雑な業務です。そんな配車計画も車両管理システムを活用すれば、道路状況や得意先情報を組み合わせて自動作成することができます。

  1. SmartDrive Fleet
  2. ビジネスナビタイム動態管理ソリューション
  3. DRIVE BOSS

1.SmartDrive Fleet

「経営者が使いたい法人向け車両管理サービス」、「ドライバーが使いたい法人向け車両管理サービス」ともに一位に輝いたSmartDrive Fleetは、走行履歴・位置情報・アルコールチェック・配車予約・ドライバー業務ステータス把握など多様な機能を搭載した車両管理システムです。シガーソケット・ドライブレコーダー・スマホアプリなど様々な形態から選ぶことができ、高精度なGPSを活用していることから、運送業だけでなく医療・金融・介護といった幅広い業種の企業におすすめしたいサービスです。

  • 株式会社スマートドライブのSmartDrive Fleetは、「経営者が使いたい法人向け車両管理サービス」「ソライバーが使いたい法人向け車両管理サービス」ともに1位を誇る車両管理システムです。車載デバイスやドライブレコーダーから走行データを自動収集し、リアルタイム位置情報や走行履歴、安全運転診断、運転日報・月報など様々な形で活用できます。わかりやすく直感的に作業できる洗練されたデザインにより、幅広い業種・業態の経営を支援します。

    基本的な機能 外部システム連携 車両位置情報管理 車両予約管理 走行履歴管理 運転傾向分析 日報デジタル化 アルコールチェック ドライブレコーダー連携 Excel出力
    トライアル 無し
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社スマートドライブ
    本社:
    東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12階(東京ミッドタウン日比谷)
    代表者名:
    北川 烈

2.ビジネスナビタイム動態管理ソリューション

ナビタイム独自技術による正確な到着時間予測や、到着希望時間や道路状況に応じた効率的な配送計画機能が魅力です。計画・移動・振り返りの運行管理業務に必要な機能がパッケージにまとまっており、それらをPCやスマートフォンで一元管理しすることができるため、効率的な配車により営業パフォーマンスを上げたい企業にぴったりの製品であるといえます。

  • 株式会社ナビタイムジャパンのビジネスナビタイム動態管理ソリューションは、配車計画や動態管理、リアルタイムの交通情報から様々な車種に対応したカーナビゲーションに至るまで、移動の最適化に特化した機能を搭載したクラウド型の車両管理システムです。独自技術により新規開通した道路に即座に対応できる、要望に合わせたカスタマイズも行える、時間帯規制や車種を考慮したルートを検索できるなど、独自技術による豊富な機能が魅力です。

    基本的な機能 到着時刻予測 車両位置情報管理 走行履歴管理 最適ルート検索 API連携 メッセージ送信機能 ドライブレコーダー連携
    トライアル 有り
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社ナビタイムジャパン
    本社:
    東京都港区南青山3-8-38
    代表者名:
    大西 啓介
    資本金:
    90,000,000円

3.DRIVE BOSS

2000件以上の導入実績を誇るDRIVE BOSSは、AIによる送迎・配車計画の自動作成やリアルタイムの動態管理を可能にする車両管理システムです。住所や時間、使用する車両などの条件を入力すればワンクリックでAIが最適な送迎・配車計画を自動作成します。操作性にこだわったインターフェースで、スマホによる位置情報把握やルート案内、走行履歴記録などを効率化します。送迎業務を効率化したいデイサービスや配車計画を効率化したい配送業、業務を見える化したい訪問営業などの企業におすすめしたいサービスです。

  • 車両管理システム

    パナソニック カーエレクトロニクス株式会社のDRIVE BOSSは、送迎・訪問・配送業務を効率化する自動配車・テレマティクスサービスです。介護施設の送迎やルートセールスなど、自動車による複数訪問先の送迎・配送業務の計画作成を、短時間で自動作成することができます。送迎・配送計画に沿ったルート案内だけでなく、クラウド上に保存された実績データから振り返りを行い、運転中には危険挙動にリアルタイムで警告するなど、安全運転を支援することができます。

    基本的な機能 車両位置情報管理 走行履歴管理 運転傾向分析 日報デジタル化 CSVデータ入出力 メッセージ送信機能
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    パナソニック カーエレクトロニクス株式会社
    本社:
    東京都品川区南大井6-22-7大森ベルポートE館11階
    代表者名:
    荒屋 和浩
    資本金:
    350,000,000円

事故防止策を強化したい

安全確認の不足やわき見運転など、自動車事故の原因には未然に防ぐことができるものも多くあります。ドライブレコーダーの映像をAIが解析し危険運転アラートを発令するなど、車両管理システムによる具体的な事故防止策は非常に有効な対策であるといえます。また、万が一事故が発生してしまった場合にも、映像の送信機能や情報管理機能を備えているシステムを利用していれば落ち着いて対応をとることができます。

  1. LINKEETH DRIVE
  2. LINKEETH ALC CHECK
  3. DRIVE CHART
  4. AORINO Biz
  5. ビークルアシスト

1.LINKEETH DRIVE

ドコモが提供するLINKEETH DRIVEは、導入実績3000社以上・シリーズ導入実績10万代を誇り、ドライブレコーダーのAIセンサー機能やアルコールチェック管理機能などにより事故防止を支援します。さらにはリアルタイム位置情報、日報デジタル化など業務効率化も同時に実現することができます。運転指導・車両位置把握、それぞれに特化したプランが用意されているため、用途に適したプランを選択することで費用を削減することもできます。事故防止策の強化や車両管理業務のDX化に取り組みたい企業におすすめしたいサービスです。

  • 車両管理システム

    エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のLINKEETH DRIVEは、AI搭載通信型ドライブレコーダーとアプリケーション、クラウドサービスの連携による次世代型のテレマティクスサービスです。安全運転支援や車両管理をワンストップで提供し、事故削減や業務効率化、ドライバーと管理者の円滑なやり取りをサポートします。事故を未然に抑止するAIの危険運転アラート機能や高機能な動態管理、車両管理のDX化が可能であるなど、3000社以上の導入企業数を誇る理由が随所に見受けられます。

    基本的な機能 外部システム連携 事故情報管理 危険運転アラート通知 車両整備情報管理 車両位置情報管理 走行履歴管理 日報デジタル化 API連携 メッセージ送信機能 ドライブレコーダー連携 ドライバー勤怠管理
    トライアル 有り
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
    本社:
    東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
    代表者名:
    丸岡 亨
    資本金:
    230,900,000,000円

2.LINKEETH ALC CHECK

同じくドコモが提供するLINKEETH ALC CHECKは、アルコールチェックに特化したクラウド型サービスです。同社システムの走行履歴や運転診断データとの連携やリアルタイムの点呼が可能であるなど、同社サービスと組み合わせて活用することも可能です。「アプリを起動→アプリ・Bluetoothで検知器と接続→呼気を吹き込む」という簡単な3ステップでアルコールチェックを完了させることができ、道路交通法改正で記録が義務付けられた八項目に対応しています。事故防止に加えて法令順守を強化したい企業向けのサービスです。

  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のLINKEETH ALC CHECKは、道路交通法改正に対応した
    クラウド型アルコールチェックサービスです。「全日本トラック協会助成金認定機器」、「アルコール検知器協議会認定機器」として認定されている高精度な検知器で誤検知を低減することができます。検知器をスマートフォンと連携することで測定データは管理簿上に自動入力され、管理者は管理画面を通して測定結果を一元管理することができます。

    基本的な機能 アルコールチェック ドライブレコーダー連携
    トライアル 有り
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
    本社:
    東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
    代表者名:
    丸岡 亨
    資本金:
    230,900,000,000円

3.DRIVE CHART

AIがドライブレコーダーで常に危険を検知し、解析データをもとに安全管理に特化した専門人材による運転事故防止の支援を受けたり、運転傾向をレポート画面で確認することができます。送業や営業系など業種に合わせた運用コンサルサポートを受けられる、初期費用のかからないレンタルプランも用意されているなど、手厚いサポートが欲しいというニーズに対応した次世代AIドライブレコーダーサービスです。

  • 車両管理システム

    GO株式会社のDRIVE CHARTは、AIを駆使したドライブレコーダーが常に運転解析を行い、それらのデータをもとに安全管理に特化した専門人材が会社チームと共に運転事故防止と業務効率化を支援します。ライブマップ機能では頻繁にリスク運転が検出される場所や場所ごとのリスク運転の検出項目が把握でき、リアルタイムでの車両の現在位置情報もドライバー単位で絞り込んで確認することができるなど、事故を未然に防ぐための多彩な機能が搭載された車両管理システムです。

    基本的な機能 危険運転アラート通知 車両位置情報管理 走行履歴管理 運転傾向分析 日報デジタル化 メッセージ送信機能 メール配信機能 ドライバー認証機能 ドライブレコーダー連携
    トライアル 有り
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    運営企業:
    GO株式会社
    本社:
    東京都港区麻布台1丁目3-1 麻布台ヒルズ森JPタワー 23F
    代表者名:
    川鍋 一朗
    資本金:
    1億円

4.AORINO Biz

押すだけで110番通報が可能な「緊急ボタン」やあおり運転対策、わき見・居眠り運転アラート機能など幅広い事故防止機能を備えた法人向けドライブレコーダーです。管理者画面から撮影動画や評価データのダウンロード可能であることに加え、GPSによる位置情報の把握やマップによる可視化、さらにはドライブレコーダー一台ごとの走行履歴の把握が可能です。危険防止対策と走行履歴などパフォーマンスの分析を同時に達成したい企業におすすめしたい製品です。

  • 車両管理システム

    スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社のAORINO Bizは、ドライバーの安全運転とデータのクラウド化で管理者の業務の効率化を支援する、法人向けに特化したドライブレコーダーです。AIが急な加減速や衝突注意などの運転時の危険を検知してアラート音で注意を促すことができる、押すだけで110番通報ができる「緊急ボタン」が搭載されているなど、高精度な事故防止機能を求めている企業におすすめのサービスです。

    基本的な機能 危険運転アラート通知 車両位置情報管理 走行履歴管理 運転傾向分析 CSVデータ入出力 アルコールチェック メール配信機能 ドライブレコーダー連携
    トライアル 無し
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社
    本社:
    東京都新宿区西早稲田二丁目20番9号小杉ビル西早稲田
    代表者名:
    鳥越 洋輔

5.ビークルアシスト

通信型のドライブレコーダーで事故リスクを見える化する車両管理システムです。夜間でも鮮明な映像をとらえることができ、画像分析AIによるあおり運転予防機能も搭載しています。管理画面からいつでも映像を確認可能できるため、ドライブレコーダーの映像を活用することで事故防止策を強化したい企業にぴったりのサービスであるといえます。

  • パイオニア株式会社のビークルアシストは、専用のドライブレコーダーで取得した危険運転映像および運行データをクラウドに送信し、データを管理・活用を可能にすることで、事故防止・安全運転の促進や車両管理業務の効率化、営業運行業務の生産性向上を支援します。AIによる画像解析や高精度な動態管理、データの一元管理など「BOXIL SaaS AWARD 2023車両管理システム部門」で1位を獲得しているサービスの充実が魅力です。

    基本的な機能 危険運転アラート通知 車両位置情報管理 車両予約管理 走行履歴管理 運転傾向分析 日報デジタル化 最適ルート検索 アルコールチェック メール配信機能 ドライブレコーダー連携
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    パイオニア株式会社
    本社:
    東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコート
    代表者名:
    矢原 史朗
    資本金:
    57,381,000,000円

管理業務のDX化に取り組みたい

日報・月報の作成や車両整備情報の管理といった業務は、ドライバーおよび管理者の双方にとって大きな負担になります。社内の全情報をデジタル化し一元管理することで業務の効率を上げつつミスを減らし、時間・コストの削減を実現することができます。

  1. mineoセーフティドライブサービス
  2. ODIN動態管理
  3. くるみえ
  4. MIMAMORI
  5. KIBACO

1.mineoセーフティドライブサービス

mineoのSIMカードを搭載した車載機を装着して利用するmineoセーフティドライブサービスは、車載機は工事不要かつ1分で取り付け可能、レンタルプランで初期費用を抑えられるなど導入しやすいという特長があります。車載機によるデータ収集からクラウド上のプラットフォームにおけるデータ管理までわたるトータルサポートの充実が魅力です。ガソリン車・ハイブリッド車などに対応しているため自動車業など一般車を用いる企業や、運転傾向分析・危険運転アラート・ヒヤリハットマップなどによる手厚い事故防止サービスにより事故防止を強化したい企業におすすめのサービスです。

  • 株式会社オプテージのmineoセーフティドライブサービスは、リアルタイムの走行位置の把握による的確な運行指示や、日報の自動化により業務効率の上昇を支援するクラウド型車両管理システムです。mineoのSIMカードを装着した車載機を車両の故障診断コネクタに接続するだけで、収集したデータをインターネット上で確認できるという導入のしやすさが魅力です。データ収集から見える化のプラットフォームまでトータルサポートを受けることができます。

    基本的な機能 危険運転アラート通知 車両位置情報管理 車両稼働実績集計 運転傾向分析 日報デジタル化
    トライアル 無し
    最低利用期間 12ヶ月
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社オプテージ
    本社:
    大阪市中央区城見2丁目1番5号オプテージビル
    代表者名:
    名部 正彦
    資本金:
    33,000,000,000円

2.ODIN動態管理

スマートフォンのGPS機能により車両位置を把握するODIN動態管理には、機器搭載の必要がなく車種を問わず利用できるという特長があります。日報自動作成、勤怠管理、メッセージ機能など配送業の業務の効率化に特化した機能が豊富に搭載されているうえに初期費用がかからないことから、初期費用を抑えて業務を効率化したい運送業の企業におすすめしたいサービスです。

  • 株式会社オンラインコンサルタントのODIN動態管理は、スマートフォンのGPSでリアルタイム位置情報を共有し業務効率化を支援する車両管理システムです。運転日報や勤怠管理だけでなく、配送先をカテゴリー別に視覚的に地図で管理し配送先の分析を行えるなど、BtoBの配送・運送業界に特化しているサービスならではの魅力が随所に見られます。導入企業数は3000社に上り、中小の運送企業を中心に卸売業やメーカーの自社配送など幅広い業種で利用されています。

    基本的な機能 外部システム連携 車両位置情報管理 日報デジタル化 CSVデータ入出力 API連携 メッセージ送信機能 ドライバー勤怠管理
    トライアル 有り
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社オンラインコンサルタント
    本社:
    神奈川県横浜市西区北幸2丁目10−39日総第5ビル 9F
    代表者名:
    後藤 暁子
    資本金:
    10,000,000円

3.くるみえ

NECのテレマクティス「くるみえ」はクラウド型のドライブレコーダーです。顔認証機能を搭載したドライブレコーダーの危険運転の映像を自動的にクラウドへアップロードできるため、映像の回収や保存の手間を省いて業務を大幅に効率化することができます。さらにはアラート通知、危険運転動画、安全運転月報等の機能を活用して個人の運転特性を見える化する、車両の保有台数を評価し本当に必要な車両台数に最適化することで車両や燃料などのコストを削減するなどの活用方法があります。運行管理のDX化により事業の効率化や、事故防止策を強化したい企業にぴったりのサービスです。

  • 車両管理システム

    日本電気株式会社(NEC)のくるみえは、ドライブレコーダーで記録した各種データや危険運転の自動抽出、確実な運転者特定などにより企業の安全運転を支援するクラウド型のドライブレコーダーです。NIST主催ベンチマークでNo.1評価を複数回受賞した顔認証技術を活用できる、保険代理店機能を持つNECファシリティーズの専門的な安全運転指導を無償で受けられるなど、大手メーカーが提供する利点が随所に見受けられます。

    基本的な機能 走行履歴管理 車両稼働実績集計 運転傾向分析 日報デジタル化 ドライバー認証機能 ドライブレコーダー連携
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    日本電気株式会社
    本社:
    東京都港区芝五丁目7番1号
    代表者名:
    森田 隆之
    資本金:
    427,800,000,000円

4.MIMAMORI

多様なデータ連携により運送業の運営を支援するクラウド型のプラットフォームです。日報作成や動態管理に加えてエコドライブトレーニングレポートや省燃費運転レポートといった機能が搭載されていることから、コンプライアンスの遵守を徹底したい企業におすすめのサービスです。ドライブレコーダーとの連携プランや車格に応じたナビ機能プラン、さらにはオプションのドライバー向けアプリも用意されていることから、最も適したプランを選択することで事故防止や動態管理の課題解決にも取り組むことができます。

  • 車両管理システム

    いすゞ自動車株式会社のMIMAMORIは、ドライブレコーダーやカーナビなどの車載機と連動した動態管理から、法令に対応した各種帳票の出力やデータ分析まで可能にする車両管理システムです。労務管理、動態管理、省燃費・安全運転など運行管理の基本を網羅できるスタンダードサービスに加えて、動画ドラレコサービス、商用車ナビサービスの3種からプランを選べるため、用途に合わせて様々なサービスを受けることができます。

    基本的な機能 車両位置情報管理 走行履歴管理 運転傾向分析 日報デジタル化 最適ルート検索 メッセージ送信機能 ドライブレコーダー連携
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    いすゞ自動車株式会社
    本社:
    神奈川県横浜市西区高島一丁目2番5号横濱ゲートタワー
    代表者名:
    片山 正則
    資本金:
    40,644,000,000円

5.KIBACO

クラウド型車両管理サービス「KIBACO」は、車両データ一括管理を含む管理者機能が無料かつ管理に合わせたミニマムな利用が可能であるという導入障壁の小ささが魅力です。有料オプションの運転手機能を追加することで、点呼機能やeラーニング機能、アルコールチェック機能を利用することができます。無料で車両データの管理やダッシュボードなどを一元管理したい、利用用途に合わせて最低限の機能を選択しコストを抑えたいという企業におすすめしたいサービスです。

  • 車両管理システム

    キムラユニティー株式会社のKIBACOは、事故情報やデータの一元管理を可能にし、業務の効率化を支援するクラウド型車両管理システムです。車両データの一括管理や満期タスク通知などを含む管理者機能は初期費用・月額利用料が無料であるため、コストをかけずに車両管理を行うことができます。点呼機能や運行日報入力、点検予約などを含む運転手機能や導入支援サービスを必要に応じて追加できるため、用途に合わせてミニマムな利用ができる特長があります。

    基本的な機能 危険運転アラート通知 事故情報管理 車両整備情報管理 日報デジタル化 アルコールチェック
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    キムラユニティー株式会社
    本社:
    愛知県名古屋市中区錦三丁目8番32号
    代表者名:
    成瀬 茂広
    資本金:
    3,580,350,000円

運送業務を効率化したい

請求書の作成や経費入力の一括管理、トラックの整備情報管理など、運送業に特化した車両管理システムも多く存在しています。労務管理から在庫や受発注の管理、点呼まで運送業界の業務を一元的に行えるようになるため、業務の効率化を実現しつつドライバーの満足度の向上を期待することもできます。

  1. KITARO
  2. Truck Care
  3. トラックメイトPro4

1.KITARO

「導入しやすい運行管理システムNo.1」を受賞したKITAROは、インターネットを活用したクラウド型デジタルタコグラフです。リアルタイムで位置情報や走行履歴を管理し、それらの情報をGoogleマップで把握できるため操作性に慣れやすいという特長があります。さらには日報の自動作成機能や、スマートフォンアプリによるドライバーとの連絡機能など、運送業の効率化に特化した機能が搭載されています。アルコールチェックの結果保存やBluetooth連携機能による事故防止策も講じることができる、運送業などドライバーのパフォーマンスを向上したい企業におすすめしたいサービスです。

  • 車両管理システム

    株式会社アクシスのKITAROは、リアルタイムな位置情報や走行状況の把握を可能にし、安全運転向上や業務効率化を支援する「導入しやすい運行管理システム No.1」を誇る車両管理システムです。走行履歴や安全評価などの自動集計、さらには日報月報の自動作成など多様な機能を搭載しているため、運送業や配送業など大型車両を保有する会社はもちろん、不動産業や食品業などの営業車を保有する会社にもおすすめのサービスです。

    基本的な機能 危険運転アラート通知 到着時刻予測 車両位置情報管理 走行履歴管理 運転傾向分析 日報デジタル化 アルコールチェック ドライブレコーダー連携
    トライアル 有り
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社アクシス
    本社:
    東京都港区西新橋2-3-1 マークライト虎ノ門 8F
    代表者名:
    小倉 博文
    資本金:
    38,770,000円

2.Truck Care

自動車検査や入出庫などのスケジュールカレンダーで分かりやすく管理し、社内に散らばっている車両情報を一元管理することができる、トラックを管理する運送業者に特化したクラウド型サービスです。出力したファイルをExcelで加工することもできるため、帳票の作成業務を効率化することもできます。トラックなどの車両や整備情報の管理をしたい、Excelでデータを扱いたいといったニーズに対応した運送業者向けサービスです。

  • 車両管理システム

    株式会社システム計画研究所のTruck Careは、車輌の情報管理や法定整備などのスケジュール管理をサポートする、トラックを管理する運送業に特化した車両管理システムです。車両の稼働状況を共有し監査に必要な書類を電子化することで、紙やExcelでの車両管理に限界を感じている、点検や整備の実施状況が共有されておらず法令遵守を徹底できているか不安、部品交換や修理にかかった費用を正確に把握できていないといった課題を解決します。

    基本的な機能 車両整備情報管理 請求書作成 Excelデータ入出力
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社システム計画研究所
    本社:
    東京都渋谷区桜丘町18-6日本会館
    代表者名:
    門脇 均
    資本金:
    80,000,000円

3.トラックメイトPro4

運輸・運送業のために開発された、業界独自の業務に特化したクラウド運送業管理システムです。請求・傭車・車両・乗務員などにおける情報を一元管理することができるため、請求書作成や経費入力などの業務を一画面で行えるという利点があります。運送業界独自の煩雑な業務を効率化したい企業におすすめのサービスです。

  • 株式会社タイガーのトラックメイトPro4は、運輸・運送業のために開発された、業界独自の業務に特化した車両管理システムです。運送業界の独自の煩雑な請求処理や特殊な業務に対応した多彩な機能を標準装備しているため、請求・傭車・車両・乗務員に関するデータの一元管理を可能にし、簡単な操作と充実した機能で業務の効率化をサポートします。会社の規模や業務にあわせた適切な機能・利用方法の提案や、導入前から導入後までの手厚いサポートも魅力です。

    基本的な機能 車両予約管理 請求書作成 車両稼働実績集計 日報デジタル化
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社タイガー
    本社:
    東京都千代田区神田猿楽町2-1-14(A&Xビル)
    代表者名:
    茂岡 賢明
    資本金:
    90,000,000円

車両管理システムを業務に活用した導入事例

自社の経営課題を解決するのに最も有効なサービスを探すためには、実際に導入した企業の事例を参考にすることも大切です。以下では車両管理システムを導入した企業の事例を紹介します。

  • 事例1:帝都自動車交通株式会社におけるDRIVE CHARTの導入事例
  • 事例2:ABC[株式会社におけるDRIVEBOSSの導入事例

事例1:帝都自動車交通株式会社におけるDRIVE CHARTの導入事例

一つ目の事例は、帝都自動車交通株式会社におけるDRIVE CHARTの導入事例です。「Safety Driving Award 2022」において「最小リスク運転部門(タクシーカテゴリー)」を受賞した帝都自動車交通株式会社は、車両管理システムを活用してドライブレコーダー映像確認の工数を削減し、ドライバー自身でのレポート閲覧・振り返りの徹底により事故削減を実現しました。

以前導入していたドライブレコーダーは車両からSDカードを抜きパソコンに取り込んで映像を確認しなければならなかったため、アクシデント発生時には運転日報等を見ながら発生時間を追って映像を確認する必要があり非常に労力がかかるという課題がありました。時間も管理者の数も足りず、安全運転を指導するための材料も十分に集められないという状況だったといいます。

そこで導入したDRIVE CHARTは、さまざまなリスク運転の映像が管理者のパソコンにデータとして送られてくるため、遠方にある車両の映像もすぐにダウンロードして対応を進められるようになりました。さらには運転状況が数字で可視化されるため、運転手に声掛けを行うことでリスク運転率が低くなり事故減少につながったといいます。ある営業所においては導入前と比較してリスク運転が75%削減、事故件数は64%削減を達成しました。

参照:【受賞企業紹介|帝都自動車交通】動画と数値によって「可視化」された運転状況。運転者が自ら運転を改善し、事故件数が激減 | DRIVE CHART(ドライブチャート)- 次世代AIドラレコサービス

事例2:株式会社SOYOKAZEにおけるDRIVEBOSSの導入事例

二つ目の事例は、株式会社SOYOKAZEにおけるDRIVEBOSSの導入事例です。約1,000台の車を保有しデイサービスの送迎を行う株式会社SOYOKAZEは、業務時間の3~4割を占める送迎業務を効率化し、サービスの充実やコスト削減につなげるため、219カ所の施設にDRIVEBOSSを導入しました。

DRIVEBOSSの導入により、全施設の送迎計画作成の平均時間が4割減少したといいます。 これまではExcelやホワイトボード、手書きなど施設ごとに異なっていた計画作成を標準化したことで、職員異動の際の負担も軽減させることができました。また送迎計画を作成できる職員が増えたことで属人化を解消できた、1週間以上先の計画もPC上で作成できるため職員のシフトの検討が可能になった、といった声もありました。

今後は送迎計画データから送迎車両の乗車率や稼働率を分析し効率的に送迎することで、車両の削減やリースを解約を行いコスト削減にもつなげたいと述べています。配車計画の効率化からデータ分析によるコスト削減まで、車両管理システムの導入による利点は様々な場面で見受けられます。

参照:株式会社SOYOKAZE 様 │ 【デイサービス】ITで送迎計画作成を効率化! DRIVEBOSS | Panasonic

法令順守や業務の効率化、事故防止には車両管理システムの導入が必須

車両管理システムには多くの活用方法があり、アルコールチェックによる法令順守や日々の業務負担の軽減、ドライブレコーダーと連携した事故防止など企業の様々な課題の解決策となります。車両位置の把握により業務を効率化し、走行履歴をもとに改善策を検討できるなど、データの分析や活用により更なる効果を発揮することもできます。

その一方で、多様な機能や形態のサービスが存在しているため、十分な費用対効果を得るには用途や目的に応じたシステムを選ぶ必要があります。社内の課題やニーズを見直したうえで、車両管理システムがそれらの解決策となるかどうか、慎重に検討することが重要です。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1586件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる