Menu
Close

【最新】採用管理システム(ATS)比較29選!選び方やメリットとは

この記事で解説すること

採用管理システムを検討する理由として、採用数が増えてきたり、エクセルやスプレッドシートでの管理に業務負担を感じていて採用活動を効率化・改善する方法がないかと模索しているなどの様々な理由があると思います。本記事では、採用管理システムについて機能からメリット、比較のポイントまで詳しく解説しているため、システムの理解を深めることで導入する際の参考にしてください。

「採用管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 適正面接官の選定
    • 採用サイト作成
    • フラグ機能
    • 学校群管理
    • セグメント配信
    • メッセージ自動応答
    • チャット機能
    • 限定公開の求人作成
    • 入力フォーム作成
    • アルバイト・パート採用に対応
    • レポート機能
    • LINE連携
    • 新卒・中途の両方に対応
    • 他社システム連携
    • 中途採用に強い
    • エージェント連携
    • 新卒採用に強い
    • 求人サイト連携
    • アンケート機能
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 70,000円/月額
備考
500店舗までで、基本機能のみのプランです。オプション機能追加はオーダーメイドです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
備考
採用人数が増えても費用は定額なので変わりません。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Aプラン 30,000円~/月額
備考
応募者管理、Web面接機能、適性診断テストなどが可能なプランです。アカウント数は100までです。
Bプラン 60,000円~/月額
備考
応募者管理、Web面接機能、適性診断テスト、面接管理機能などが可能なプランです。アカウント数は100までです。
Cプラン 90,000円~/月額
備考
応募者管理、Web面接機能、適性診断テスト、面接管理機能、集計機能などが可能なプランです。アカウント数は300までです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン1 85,000円~/月額
備考
自動媒体連携、応募者管理データベース、応募者対応/進捗管理機能などの基本機能に、同時アクセス数増加、自動返信メール、媒体連携数増加、月間取扱応募者増加をプラスしたプランです。
プラン2 130,000円~/月額
備考
自動媒体連携、応募者管理データベース、応募者対応/進捗管理機能などの基本機能に、同時アクセス数増加、自動返信メール、媒体連携数増加、月間取扱応募者増加、自動面接予約、SMS配信をプラスしたプランです。
プラン3 200,000円~/月額
備考
自動媒体連携、応募者管理データベース、応募者対応/進捗管理機能などの基本機能に、案件管理
広告管理、新規・既存スタッフ判定、Googleカレンダー連携、自動面接予約設定、媒体連携数増加、月間取扱応募者増加、利用ユーザ数増加をプラスしたプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Free 0円
備考
採用を始めたばかりの企業様向けのプランです。必要な機能だけを備えた「完全無料プラン」により
小規模事業における採用業務の改革を支援します。
Basic 要相談
備考
複数人で採用管理を行うチーム向けのプランです。
Business 要相談
備考
多くの求人、候補者を複数人で管理する必要がある企業向けのプランです。
Enterprise 要相談
備考
高度なセキュリティや多くの求人、候補者を複数企業で管理・運用が必要な企業向けのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
engage 0円
備考
無制限の求人掲載、自社の採用ページ作成、応募者管理などに加え、Indeed、スタンバイへの自動掲載、Google しごと検索、求人ボックス、求人サイトのエンゲージに対応。 エン転職ユーザーへのDM送信、Twitter連携など、応募者集客もサポートします。
engageプレミアム 要相談
備考
求人の露出を大幅に増やせる有料プランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
自社採用無料プラン 0円
備考
スタートアップ企業向けのプランです。有効求人数は1件です。
自社採用スタンダード 3,600円/月額
備考
さらなる従業員増を目指す企業向けのプランです。有効求人数は10件です。
自社採用エンタープライズ 7,200円/月額
備考
自動化と一括採用の機能を強化したプランです。有効求人数は20件です。
人材紹介会社無料プラン 0円
備考
スタートアップ企業向けのプランです。有効求人数は1件です。
人材紹介会社スタンダード 3,600円/月額
備考
クライアント増を目指す人材紹介会社向けのプランです。有効求人数は100件です。
自社採用プロフェッショナル 7,200円/月額
備考
AIを活用したプランです。有効求人数は250件です。
自社採用エンタープライズ 10,800円/月額
備考
自動化と一括採用の機能を強化したプランです。有効求人数は750件です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 0円
備考
ユーザーアカウント、紹介会社、候補者ともに登録数に上限はありません。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
採用管理プラン 19,800円/月額
備考
採用サイト制作のプランです。
応募者管理プラン 29,800円/月額
備考
採用サイト制作と応募者管理のプランです。
制作代行パック 190,000円
備考
撮影やライティング、採用サイト制作まですべて行うオプションプランです。
3ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料プラン 0円/月額
LITEプラン 候補者登録 〜50名/月 8,500 円/月額
LITEプラン 候補者登録 51〜150名/月 30,000 円/月額
LITEプラン 候補者登録 151〜300名/月 70,000 円/月額
LITEプラン 候補者登録 301〜1,000名/月 120,000 円/月額
STANDARDプラン 候補者登録 〜150名/月 30,000 円/月額
STANDARDプラン 候補者登録 151〜300名/月 70,000 円/月額
STANDARDプラン 候補者登録 301〜1,000名/月 120,000 円/月額
候補者登録 1,001名/月以上 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額利用料 5万円〜/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
標準価格 50,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ライトプラン 39,800円/月額
プレミアムプラン 69,800円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ライトプラン 25,000円~/月額
備考
応募者数の上限は300人です。
スタンダードプラン 65,000円~/月額
備考
応募者数の上限は無制限です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ジョブスイートキャリア単独 5万円/月額~
ジョブスイートフレッシャーズと同時契約 7万円/月額~
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

採用管理システム(ATS)とは?

採用管理システムとは、採用活動における求人の作成や情報管理、採用後のフォローまでを一元管理できるシステムです。別名で「ATS」といい、「Applicant Tracking System」(直訳:応募者追跡システム)の略称で、応募者がどの段階にいてどのような評価を受けているか追跡できるシステムという意味合いを持っています。下記のような課題を解決するために導入されています。いずれかに当てはまる場合は採用管理システムの導入がおすすめです。

1.採用業務を効率化したい

採用業務の効率化により、求人の掲載、応募者のスクリーニング、面接スケジュールの調整など、手作業にかかる時間や手間を減少させます。これにより、選考プロセスがスムーズに進行し、タイムリーな人材採用が可能となります。また、採用管理システム上に情報が一つにまとめられることによって、複数人での情報共有が可能になります。

2.求人媒体やエージェントからの情報を一元管理したい

複数の求人媒体を利用している場合、各サイトから応募者情報が送られてくるため、情報管理が煩雑になりがちです。採用管理システムは、求人媒体と連携することができ、応募情報が送られるたびに自動で反映させることが可能となっているため、情報の把握が大幅に効率化することが期待できます。

3.セミナー・面接日程の調節を自動化したい

セミナー・面接日程の調節は、採用業務の中でも特に煩雑で人的リソースが消費されやすいです。採用管理システムで自動化することによって、最小限の人的リソースで抑えられ、他の業務を行う時間を確保するできるようになります。

4.より効果的な採用戦略の策定を図りたい

採用管理システムはデータを収集・分析し、採用プロセスの評価や改善に活用できます。応募者の動向や選考フィードバックの分析により、採用プロセスの効果や課題を把握し、戦略的な意思決定が可能となります。

5.細かな業務の対応ミスを減らしたい

多くの応募者に対応していると、連絡の遅れや情報の取り違いといった対応ミスが起こりやすくなる傾向があります。対応ミスによって、信用と満足度が下がり優秀な人材を逃してしまうことがあります。採用管理システムは、応募者に対する適切な情報提供や迅速な対応により、候補者の信用と満足度を向上させ、ポジティブな印象を与えることができます。

6.法的コンプライアンスを確保したい

採用プロセスには法的な規制やガイドラインが存在します。採用管理システムの導入により、選考プロセスが適切な法的基準に則って実施され、法的なリスクを低減することができます。

ATSについての記事はこちら↓

ATS(採用管理システム)29選!料金や機能、強みなどで徹底比較










採用管理システムの機能とは?

年々、導入率が増加している採用管理システムでは、表計算ソフト(エクセルなど)や紙で管理するよりも便利で効率的に採用活動を進められる仕組みが整っています。

本章では、具体的に採用管理システムを導入することで何ができるのかを以下6つに分けて解説していきます。

  • 自社の求人ページを作成できる
  • 日程調整やメール送信を自動化
  • 応募者の情報をシステム上で一元管理
  • 選考評価やフィードバック、進捗もシステム上での管理できる
  • レポート機能で分析して採用活動の強化や改善が可能に
  • 内定通知とその後のフォローまでシステム上で可能

1.採用ページの作成を補助する機能

自社の採用ページを作成する機能です。採用管理システムにテンプレートが用意されており、簡単に採用ページを作成することができます。採用ページは、求人広告と比べてより詳細な情報を自由に提供ができ希望する人材が集まりやすくなります。また、採用ブランディングがしやすいといったメリットもあり、社風や働く環境の情報提供を行うことで、自社のブラントイメージを確立させることができればにつながります。

2.日程調整やメール送信を自動化

採用活動において必ず発生する応募者や関係者との連絡、日程調整などのオペレーション業務も採用管理システムの機能で自動化できます。メールシステムやLINEと連携し、予約ページのURLを送ることで応募者が面接の日程を予約でき、日程が近づいた時のリマインド通知もシステムが自動で行ってくれます。

また、日々のやりとりで送られてきた内容をパターン化して「こういう文章が送られてきたら、このように返信する」といったメッセージの自動化ができるシステムも存在します。

3.応募者情報管理

求人媒体やエージェントごとから送られる応募者の情報をシステム上で一元管理できる機能です。

そのため、求人媒体ごとに連絡手段を変えることや手入力で応募者情報を打ち込んだりする必要がなくなり、業務効率化や人的ミスの削減に繋げられます。

また、この連携機能により各サービスに提出する求人情報や求人票も一元管理が可能となっています。

4.選考評価やフィードバック、進捗もシステム上での管理できる

採用活動で選考を進めるにあたって、応募者の評価や選考の進捗を管理することは必須の業務となってきます。

採用管理システムを使えば、選考後のフィードバックをシステム上に記載できるため、応募者がどの選考段階にいてこれまでの選考でどんな評価を受けたのかを簡単に把握し、社内に共有できます。

また、面接後に応募者が面接官を評価できる機能が備わっているシステムもあり、それを確認することで面接の改善や、質の向上を図ることも可能です。

5.レポート機能で分析して採用活動の強化や改善が可能に

採用管理システムでは、システム上で行なった採用活動をデータとして蓄積し、レポートに自動でまとめて表示できます。その項目はシステムによって様々ですが、そのレポートを分析することで採用活動の改善・強化に繋げられます。

たとえば、採用のデータ化を強みとしている「HRMOS」では、応募率や通過率、辞退数などを見やすくデータ化してくれます。今後、採用を強化を図っているのであれば、レポート機能のある採用管理システムを検討してみると良いでしょう。

6.内定通知とその後のフォローまでシステム上で可能

システムによっては、最終選考に合格した応募者に対して内定通知を出せます。さらに、システム上で内定者のフォローも可能となっているため、しっかり活用することで内定辞退者数の減少を図れます。

システムによっては内定者のサポート機能に力を入れているものもあるので、内定辞退に悩んでいる企業はこの機能に注目してみると良いでしょう。

採用管理システムのメリット4つ

企業が採用管理システムを導入すると、下記3つのメリットを得ることができます。本章ではそれぞれの観点から、実務に役立つ具体的なベネフィットについて確認していきましょう。

  • 作業工数を減らし、本質的な業務に時間を割くことができる
  • 採用活動の改善・強化が可能になる
  • 人的ミスを削減できる
  • データ分析と洞察

1.作業工数を減らし、本質的な業務に時間を割くことができる

採用管理システムで応募者の一元管理やオペレーション業務の自動化などを行うことで、導入前よりも大幅な時間削減と業務効率化が可能となります。これにより、雑務に割いていた時間を採用に関わる重要かつ本質的な業務に使うことができます。

2.採用活動の改善・強化が可能になる

上記により削減できた時間は採用の強化にも活用できます。採用管理システムに備わっているレポート機能を用いて採用方針を決定していくことで、高いコストパフォーマンスを保ちながらもより良い採用活動が可能となります。

実際に導入したことによって、採用人数の増加や優秀な人材の採用に成功した事例が多くあるので、大きなメリットであるといえるでしょう。

3.人的ミスを削減できる

これまでエクセルや紙で管理していて人の手が多く加わっていた雑務をシステムに任せ、一つのシステム上で求人募集から内定までを管理することで人的ミスが起きる可能性を大幅に低減できます。

人的ミスを削減することで、ミスした際の時間や進捗への影響もなくなるためスムーズな採用活動が実現可能となります。

4.データ分析と洞察

応募者データやプロセスの分析により、選考の強みや課題を把握し、戦略的な改善を行うことができます。

例: 応募者の応募経路やコンバージョン率の分析により、最も効果的な求人媒体を特定することができる。

採用管理システムおすすめの選び方

採用管理システムを導入するときは、自社に最適な製品を選ぶことが重要です。本章では下記5つの観点から、自社に最適な採用管理システムを選定するポイントを解説します。

  1. どのような人材を採用したいのか(新卒、中途、アルバイト・パート)
  2. 採用活動において改善・効率化したいことは何か
  3. 自社の採用ページを作成できるか
  4. 利用している求人媒体やエージェントとの連携に対応しているか
  5. サポート体制に優れているか

1.必要な機能を洗い出す

採用管理システムはどんな人材を採用するのかによって製品選定の軸が異なってきます。システムの種類は大きく下記のように分けられます。

  • 新卒採用を強みとしているシステム
  • 中途採用を強みとしているシステム
  • アルバイトやパートの採用を強みとしているシステム

1.新卒採用を強みとしているシステム

新卒採用がメインの場合は、フロー管理や連絡機能の充実度を重視するのがおすすめです。新卒採用はインターンシップや企業説明会など、工程が多く、それに合わせて面接の日程調整などやり取りが頻繁であるからです。採用人数が多い企業は、情報や選考管理のしやすさに注目しましょう。

2.中途採用を強みとしているシステム

中途採用がメインの場合は、エージェントや求人管理機能を重視するのがおすすめです。第二新卒や転職では、求人媒体や人材紹介会社を利用するのが一般的です。機能は、多くの求人媒体と連携しやすさに注目しましょう。

3.アルバイトやパートの採用を強みとしているシステム

アルバイトやパート採用には、様々な求人媒体と連携しやすいか、システム上で素早く連絡ができるものを重視しましょう。また、自社サイトの構築や自動受付ができるシステムは、大量採用に繋がります。Web面接や動画面接機能があると、スピーディーな人材確保に役立つでしょう。

このことから、システムを検討する際には今後採用する人材を明確にしてから製品を選定することが重要だといえます。新卒も中途も採用したい場合は、一つのシステム上でその両方に対応している製品を選ぶのがおすすめです。

2.予算を決める・確認する

費用は、トータルで検討することが大切です。運用には初期費用に月額使用料、場合によってオプション料金がかかるため、合算して比較しましょう。提供される形態や応募人員、機能によって、料金はさまざまです。

例えば、「無料で使える採用管理システム」とは、大きく3つに分かれます。

  1. システム全体を無料で使える採用管理システム
  2. 無料プランのある採用管理システム(機能制限あり)
  3. 無料トライアル期間のある採用管理システム

無料の採用管理システムを選択するメリットとしては、低コストで基本的な機能を利用できるだけでなく、中小企業にとっては予算の負担を軽減する手段ともなります。しかしながら、制約も存在します。一般的に、高度なカスタマイズや大規模な採用プロセスへの対応が難しい場合があります。また、セキュリティ機能やサポートの品質も確認が必要です。無料プランの選択肢を検討する際には、ビジネスのニーズに合ったバランスを考えることが大切です。

3.クラウド型かオンプレミス型のどちらか

プロジェクト管理ツールには、主に「クラウド型」と「オンプレミス型」の2種類の販売形態があります。基本的にはクラウド型が主流ですが、自社サーバーで運用できるオンプレミス型にはセキュリティ面で有利なので、機密情報を多く扱う場合はおすすめです。

しかしオンプレミス型は自社サーバーの構築が必要なので、導入コストが肥大化します。ほとんどのプロジェクトではベンダーのサーバーで運用できるクラウド型のほうがいいでしょう。クラウド型のプロジェクト管理ツールであれば、社外からもアクセスできます。

4.実際の使用感を確認する

どれだけ機能性が優れた採用管理システムを導入しても、メンバーが使いこなせなければ十分な効果を発揮できません。自社の課題や目的に合わせて選ぶことも重要ですが、チームメンバーのITリテラシーに合わせて、「使いこなせる」製品を選ぶ必要があります。

使いにくいものだと作業効率も低下するため、学習コストが低く直感的に操作できるものがいいでしょう。

採用管理システムを導入する際の注意点

導入によって多くのメリットがある採用管理システムですが、システムが自社に合っていないと導入後に思ったほど費用対効果を得られない可能性もあるため、導入する際は選定ポイントをしっかりと確認しておきましょう。

数多くある採用管理システムにはそれぞれに異なる強みがあり、費用もプランによって大きく変わってきます。料金体系で見ると、大手企業向きで採用人数が多いほど費用対効果が高くなるものもあれば、採用人数ごとにプランが決められていて、採用人数が少ない方が安く済むものもあります。

そのため、確認不足によって製品選定やプランを誤ると、その強みを活かせずに費用対効果が得られなくなる可能性が出てきてしまいます。

「採用管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 適正面接官の選定
    • 採用サイト作成
    • フラグ機能
    • 学校群管理
    • セグメント配信
    • メッセージ自動応答
    • チャット機能
    • 限定公開の求人作成
    • 入力フォーム作成
    • アルバイト・パート採用に対応
    • レポート機能
    • LINE連携
    • 新卒・中途の両方に対応
    • 他社システム連携
    • 中途採用に強い
    • エージェント連携
    • 新卒採用に強い
    • 求人サイト連携
    • アンケート機能
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 70,000円/月額
備考
500店舗までで、基本機能のみのプランです。オプション機能追加はオーダーメイドです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
備考
採用人数が増えても費用は定額なので変わりません。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Aプラン 30,000円~/月額
備考
応募者管理、Web面接機能、適性診断テストなどが可能なプランです。アカウント数は100までです。
Bプラン 60,000円~/月額
備考
応募者管理、Web面接機能、適性診断テスト、面接管理機能などが可能なプランです。アカウント数は100までです。
Cプラン 90,000円~/月額
備考
応募者管理、Web面接機能、適性診断テスト、面接管理機能、集計機能などが可能なプランです。アカウント数は300までです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン1 85,000円~/月額
備考
自動媒体連携、応募者管理データベース、応募者対応/進捗管理機能などの基本機能に、同時アクセス数増加、自動返信メール、媒体連携数増加、月間取扱応募者増加をプラスしたプランです。
プラン2 130,000円~/月額
備考
自動媒体連携、応募者管理データベース、応募者対応/進捗管理機能などの基本機能に、同時アクセス数増加、自動返信メール、媒体連携数増加、月間取扱応募者増加、自動面接予約、SMS配信をプラスしたプランです。
プラン3 200,000円~/月額
備考
自動媒体連携、応募者管理データベース、応募者対応/進捗管理機能などの基本機能に、案件管理
広告管理、新規・既存スタッフ判定、Googleカレンダー連携、自動面接予約設定、媒体連携数増加、月間取扱応募者増加、利用ユーザ数増加をプラスしたプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Free 0円
備考
採用を始めたばかりの企業様向けのプランです。必要な機能だけを備えた「完全無料プラン」により
小規模事業における採用業務の改革を支援します。
Basic 要相談
備考
複数人で採用管理を行うチーム向けのプランです。
Business 要相談
備考
多くの求人、候補者を複数人で管理する必要がある企業向けのプランです。
Enterprise 要相談
備考
高度なセキュリティや多くの求人、候補者を複数企業で管理・運用が必要な企業向けのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
engage 0円
備考
無制限の求人掲載、自社の採用ページ作成、応募者管理などに加え、Indeed、スタンバイへの自動掲載、Google しごと検索、求人ボックス、求人サイトのエンゲージに対応。 エン転職ユーザーへのDM送信、Twitter連携など、応募者集客もサポートします。
engageプレミアム 要相談
備考
求人の露出を大幅に増やせる有料プランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
自社採用無料プラン 0円
備考
スタートアップ企業向けのプランです。有効求人数は1件です。
自社採用スタンダード 3,600円/月額
備考
さらなる従業員増を目指す企業向けのプランです。有効求人数は10件です。
自社採用エンタープライズ 7,200円/月額
備考
自動化と一括採用の機能を強化したプランです。有効求人数は20件です。
人材紹介会社無料プラン 0円
備考
スタートアップ企業向けのプランです。有効求人数は1件です。
人材紹介会社スタンダード 3,600円/月額
備考
クライアント増を目指す人材紹介会社向けのプランです。有効求人数は100件です。
自社採用プロフェッショナル 7,200円/月額
備考
AIを活用したプランです。有効求人数は250件です。
自社採用エンタープライズ 10,800円/月額
備考
自動化と一括採用の機能を強化したプランです。有効求人数は750件です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 0円
備考
ユーザーアカウント、紹介会社、候補者ともに登録数に上限はありません。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
採用管理プラン 19,800円/月額
備考
採用サイト制作のプランです。
応募者管理プラン 29,800円/月額
備考
採用サイト制作と応募者管理のプランです。
制作代行パック 190,000円
備考
撮影やライティング、採用サイト制作まですべて行うオプションプランです。
3ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料プラン 0円/月額
LITEプラン 候補者登録 〜50名/月 8,500 円/月額
LITEプラン 候補者登録 51〜150名/月 30,000 円/月額
LITEプラン 候補者登録 151〜300名/月 70,000 円/月額
LITEプラン 候補者登録 301〜1,000名/月 120,000 円/月額
STANDARDプラン 候補者登録 〜150名/月 30,000 円/月額
STANDARDプラン 候補者登録 151〜300名/月 70,000 円/月額
STANDARDプラン 候補者登録 301〜1,000名/月 120,000 円/月額
候補者登録 1,001名/月以上 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額利用料 5万円〜/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
標準価格 50,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ライトプラン 39,800円/月額
プレミアムプラン 69,800円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ライトプラン 25,000円~/月額
備考
応募者数の上限は300人です。
スタンダードプラン 65,000円~/月額
備考
応募者数の上限は無制限です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ジョブスイートキャリア単独 5万円/月額~
ジョブスイートフレッシャーズと同時契約 7万円/月額~
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

【導入事例あり】おすすめの採用管理システム29選

採用管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 初回の契約継続タイミングにおいて契約を継続されたお客様の契約継続率95%以上
  • 徹底した安全性、情報漏洩のリスクを減らすことができます
  • 徹底した安全性、情報漏洩のリスクを減らすことができます
  • 聞きたいときに気軽に相談できる体制を整えています
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 研究により高度なSEOを施した採用Webサイト
  • 主要な求人検索エンジンへの求人情報の自動配信や、セグメントした求職者への広告配信
  • 今後の採用戦略に活かせる効果測定が可能に
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • オリジナルカスタマイズの公式採用Webサイトを作成
  • 求人案件の管理を容易にするための、さまざまな機能を搭載
  • Indeedのオーガニック求人に無料で自動転載
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 全ての応募者情報を一元管理
  • 1件の応募を大切にする様々な機能
  • 課題の抽出と解決方法をご提案

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 多くの媒体の自動取り込みを実現し、システムも随時アップデート
  • リアルタイムに採用活動を管理し、情報のアウトプットも簡単
  • 求人原稿ごとの応募状況、広告の登録・管理が可能

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • フォーム作成も可能な採用ページを作成し、エージェントとの連携も可能
  • 情報を整理しやすい選考管理の仕組みが心強い
  • 評価と内定通知も適切かつ効率的に推進できる

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 簡単、手軽に求人掲載できる入力フォーマット
  • 採用ページを自社Webサイトに表示可能で、大手求人サイトへの掲載も自動
  • スマートな応募者確認・対応が可能で、面接日時の設定もチャット形式でスムーズ

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リファラル採用の活動量と定着度を可視化して課題を把握
  • 大事な社員心理のフォローと、分かりやすい紹介のフロー
  • 経験豊富なアドバイザーの支援で運用面も安心
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • マイナビとシームレスに連携しているので、多くの学生が使いやすい
  • 採用のすべてをオンラインで行えるので、仕事場所を問わない
  • Web管理と見やすさを両立するPDF帳票

採用管理システム

トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 自社採用のプロセスを効率化し、従業員の定着も行う
  • 人材紹介会社の採用を、プラットフォーム上で管理して効率化
  • 外部ツールとの連携やSNSの利用で採用活動の幅が広がる

採用管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 状況に応じて2種類のWEB面接手法を使い分け
  • AIの力で印象を定量化し、公平な選考を実現
  • 映像データから、AIでコミュニケーションを定量化
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 会社の理解を促進するコミュニケーション機能
  • 経験に即した万全のサポート体制とセキュリティ
  • ビジネスマナーとExcel講座のeラーニングなど充実の教育機能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • エージェントからの候補者情報を自動で登録
  • 登録数は無制限なので、上限を気にせず採用活動を管理できる
  • メール不要の日程調整機能で、採用業務を効率化

採用管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リファラル採用を手軽に導入し、社員参加を促進
  • 活動状況が分かりやすいので、分析・対策もスムーズに行える
  • イメージ調査にてNo.1獲得の実績があり、サポートも万全

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 自社の採用Webサイトがドメイン不要で、誰でも簡単に作れる
  • 応募者の進捗がひと目で分かりやすい応募者管理
  • 採用Webサイトを作ることで自社のブランド価値も向上
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • Indeed/Googleしごと検索など各求人検索エンジンと連携
  • 採用のプロフェッショナルチームが専属サポート
  • 採用活動に必要な機能は全て用意しています
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 初めてシステムを利用する方でも誰でも簡単に使えるシンプルな設計です
  • 業界最安値クラスの利用料金を実現・維持しています
  • エージェントとの円滑なコミュニケーションを実現します
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • あらゆる採用手段で母集団形成を強化できます
  • 採用課題を発見、データで採用強化・効率アップ
  • 面倒な作業を削減し、採用活動に集中できる

採用管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 新卒採用・中途採用の状況が一元管理できます
  • わかりやすさ」にこだわったデザインです
  • 複雑な採用業務を一目でわかるフロー図で可視化できます

採用管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • LINE連携の採用管理システムだと管理が楽になる
  • チャート形式による 選考状況の可視化で、他の採用管理システムにはない使いやすさ
  • Reworksで、新卒採用はこう変わる!
  • AWS利用による万全のセキュリティ体制を実現
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • Indeedを中心としたさまざまな求人検索サイトへの連携
  • 人材業界のノウハウを活かしたリッチな採用HPで応募集客の向上を実現
  • 応募から採用までの煩雑な採用業務を効率化
  • 採用状況を可視化することでボトルネックを解消し採用コストダウン
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 候補者の母集団に頼った採用の限界を突破する
  • HRアナリストが採用面接官のスキルアップをお手伝い
  • 現場への導入はカンタン。パソコン・タブレットでも書類でも

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • これからは、採用「管理」だけでは不十分です
  • next≫なら採用移行率が驚くほど上がります
  • 初回接点から内定後フォローまですべてがLINEで完結
  • 採用担当者にとって「これがあればいい」という採用ツールは存在しない
  • 募管理+採用マーケティングに特化した機能

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • LINEを採用活動で利用する企業が急増中
  • HR PRIMEは採用活動を成功に導きます
  • LINEを使って採用業務工数の削減と、採用成果の最大化を実現する

採用管理システム

トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • LINEとメールを一元管理でらくらく操作
  • 初めての方でも安心の導入実績600社以上です
  • LINE上で求職者に自動で選考の日程を調整

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 卒採用向け採用管理システムでは導入シェアNo.1
  • 採用効果を高めながら業務を効率化できます
  • ヒューマネージの採用ソリューション。企業が求める人材をいかに獲得するか
  • 豊富な機能と“人”による充実したサポートで採用業務を最適化
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • んなが使いやすい、シンプルでわかりやすい設計
  • 採用コミュニケーションのスピードアップに貢献
  • 圧倒的コストパフォーマンス、必要な機能を低価格で定額で活用可能
  • 外部サービスとの連携も充実、様々なサービスと連携
  • 厳重なセキュリティと高い信頼性で、大切なデータを守ります

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 採用活動の全てをハーモス採用1つで完結しているので採用状況がカンタンに可視化
  • 採用レポートから、自社の採用課題が分かります
  • データに基づき採用を改善し、自社の採用力が上がります
  • 豊富な機能であらゆる採用業務をサポートします

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • スクラム採用のための採用管理システム
  • 業務に沿ったシームレスな体験で候補者対応がスムーズ
  • 本当に必要なデータだけを正確に可視化

採用管理システムの導入後に失敗する例

失敗する例としては、有料のオプション機能を付けたが実際には必要がなかったり、欲しい機能が標準ではなくオプションとして別料金になってしまうなどが挙げられます。こうしたミスを避けられるように、必要な機能と予算に関しては導入前に明確にしておきましょう。

また、採用人数が少ない場合は本当にエクセルやスプレッドシートで管理するよりも費用対効果が得られるのかをあらかじめ確認することが重要です。

採用管理システムの便利な機能を4つ紹介

ここでは、採用管理システムに備わっている便利な機能について4つ紹介します。すべての製品に備わっている機能ではなく、製品を差別化できるように備わっている機能であるため、その機能が備わっている製品も挙げながら解説していきます。

  • 限定公開の求人作成
  • フラグ機能
  • セグメント配信
  • 適正面接官の選定

1.限定公開の求人作成

この機能は「ジョブカン採用管理」などに備わっている機能で、求人ページのURLを知っている人だけが閲覧できる限定公開求人の作成ができます。URLを社内に共有することで、リファラル採用に活用できる機能となっています。

リファラル採用(別名:社員紹介採用) … 企業が自社の社員から友人や知人を紹介してもらう採用手法のこと。企業側と人材側のミスマッチが起こりにくく比較的社員が定着しやすいため、近年では注目を浴びている。

2.フラグ機能

フラグ機能は「MOCHICA」などに備わっている機能で、応募者を「文系」と「理系」、「総合職」と「研究職」のようにわかりやすく属性で分けて管理できます。属性を自由に分けて管理できるため、どの企業でも独自の管理方法で便利に使える機能となっています。

3.セグメント配信

セグメント配信は「採用一括かんりくん」などに備わっている機能で、卒業年度や大学群、選考ステータスなど、様々な条件に合わせてメッセージ配信を行い応募者にアプローチできます。

4.適正面接官の選定

適正面接官の選定機能は「HRアナリスト」などに備わっている機能で、システム独自の診断を行うことで、その結果をもとに応募者と相性の良い面接官を選定することができます。

この機能を使うことで面接の質や満足度の向上を図れることはもちろん、診断結果で選出した社員を学生のリクルーターにすることで志望度の向上に繋げることも可能となっています。

採用活動を効率化し、採用強化を図るには採用管理システムの導入が必須

ここまで読んで採用管理システムについての理解が深まったと思いますが、最後にもう一度導入することのメリットをおさらいしてみましょう。

  • 作業工数を減らし、本質的な業務に時間を割くことができる
  • 採用活動の改善・強化が可能になる
  • 人的ミスを削減できる

採用管理システムでは採用活動の効率化だけでなく改善・強化も可能になります。これまで、紙や表計算ソフトで採用管理を行なっていて、採用活動の改善を図っているのであれば、予算や費用対効果などをしっかりと確認した上で導入を検討してみると良いでしょう。

採用管理システムを使うべき理由はこちらの記事で詳しく解説されています。併せてご確認ください。

ATS(採用管理システム)を使うべき5つの理由

よくある質問

採用管理システムとは?

採用管理システムとは、採用活動における求人の作成や情報管理、採用後のフォローまでを一元管理できるシステムです。

採用管理システムの機能でできることとは?

採用管理システムの機能でできることは以下の6つが挙げられます。
1.自社の求人ページを作成できる
2.日程調整やメール送信を自動化
3.応募者の情報をシステム上で一元管理
4.選考評価やフィードバック、進捗もシステム上での管理できる
5.レポート機能で分析して採用活動の強化や改善が可能に
6.内定通知とその後のフォローまでシステム上で可能

採用管理システムのメリットとは?

採用管理システムのメリットは以下の3つが挙げられます。
1.作業工数を減らし、本質的な業務に時間を割くことができる
2.採用活動の改善・強化が可能になる
3.人的ミスを削減できる

採用管理システムの選定ポイントとは?

採用管理システムの選定ポイントは以下の5つが挙げられます。
1.どのような人材を採用したいのか(新卒、中途、アルバイト・パート)
2.採用活動において改善・効率化したいことは何か
3.自社の採用ページを作成できるか
4.利用している求人媒体やエージェントとの連携に対応しているか
5.サポート体制に優れているか

採用管理システムを導入する際の注意点とは?

導入によって多くのメリットがある採用管理システムですが、システムが自社に合っていないと導入後に思ったほど費用対効果を得られない可能性もあるため、導入する際は選定ポイントをしっかりと確認しておきましょう。

採用管理システムの失敗例とは?

失敗する例としては、有料のオプション機能を付けたが実際には必要がなかったり、欲しい機能が標準ではなくオプションとして別料金になってしまうなどが挙げられます。こうしたミスを避けられるように、必要な機能と予算に関しては導入前に明確にしておきましょう。

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1521件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる