Menu
Close

最終更新日:

人事評価システム8選を徹底比較!導入するメリットと選び方を解説

「人事評価システム」は、人事評価に関する一連の情報を管理するためのシステム。従来の手作業による人事評価は、資料作成や運用などに工数がかかることや、担当者の主観によって公平な評価が難しくなることが問題でした。

人事評価システムを導入すると、より公平で効率的な人事評価を行えるようになります。しかし人事評価システムはさまざまな製品があるため、どれが自社にとって最適かわかりづらいこともあるでしょう。

本記事では、人事評価システムが注目されている理由や導入メリット、適切な選び方などについて解説します。さらに「デジタル化の窓口」が厳選した人事評価システムも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

人事評価システムとは

「人事評価システム」とは、企業が従業員の人事評価を行うために必要な業務を、コンピューター上で行えるようにするシステムです。

従来の人事評価は目標設定や評価、フィードバックなどの記入を紙やExcelなどで行う必要があり、余分な工数やコストがかかることが問題でした。また、人事評価の過程でどうしても主観が影響することがあり、公正公平な評価が難しいこともあります。

人事評価システムを導入すると、従業員の評価プロセスをコンピューター上で行えるようになるため、紙やExcelを使用するより効率的です。さらに、人事評価に関わるデータを一元管理して論理的に分析できるため、公平な人事評価ができるようになります。

近年では従業員が自らの人事評価に不満を抱き、エンゲージメントの低下や離職につながるケースが増加しています。企業が持続的な成長を続けるためにも、人事評価システムの導入が重要です。

人事評価システムが重要視されている背景

現在では多くの企業が人事評価システムを導入し始めていますが、その理由は従来の人事評価手法に課題や問題点があったためです。本章では、従来の人事評価手法でありがちな下記3つの課題点を紹介します。自社で当てはまるものがある場合は、ぜひ人事評価システムの導入を検討してみてください。

  • 従来の手法では余分な手間とコストがかかる
  • 適切な人材の配置や任命を行うことが難しい
  • 公平な人事評価が行えず社員の士気が下がる

従来の手法では余分な手間とコストがかかる

従来の人事評価の手法では、作業工数が多いため担当者に負担がかかることや、それにともなうコストの増大などが大きな問題でした。たとえば、評価制度や項目などが変わるたびに、Excelの形式やフォームを更新する手間がかかります。社内リソースに余裕がない場合は、人材育成のような重要な業務に十分な時間がかけられなくなるほどです。

適切な人材の配置や任命を行うことが難しい

従業員のスキルや経験と、配属される部署や役職に求められるものとのミスマッチも、従来手法の大きな問題点です。適材適所の人材配置を行うためには、個々の能力を正しく評価する必要があります。しかし、担当者の主観による人事評価が行われることが多い場合は、どうしても偏りが生じるためミスマッチを防ぐのは困難です。

配属先で本来のパフォーマンスを発揮できなければ、チームの生産性が下がるだけではなく、従業員のモチベーションも低下してしまいます。人事評価は企業の業績を左右するほど重要な要素ですが、手作業による人事評価には限界があるものです。

公平な人事評価が行えず社員の士気が下がる

人事評価を行うときは、担当者の経験や価値観など「主観」による評価がされることがほとんどです。人が他人を評価するのは意外と難しく、好き嫌いや親近感によって大きな偏りが出てしまうことがあります。そのため、評価される側が「不公平だ」と感じることは珍しくありません。

とくに優秀な人材ほど人事評価に不満を抱えることが多いようです。「能力が適切に評価されていない」と感じると、その従業員の自社に対するエンゲージメントは大幅に低下し、転職を検討するようになります。優秀な人材の離職は企業にとって大きな損失となるため、主観による人事評価の偏りは大きな問題です。

人事評価システムの主な機能8選

人事評価システムには下記8つの主な機能が搭載されています。本章ではそれぞれの機能の特徴や効果を解説します。

  • 社員情報と人事管理機能
  • 目標設定と進捗管理機能
  • 評価基準の設定と評価機能
  • 評価面談シートの作成機能
  • 評価ワークフローの構築機能
  • 紙面やCSV形式への出力機能
  • タレントマネジメント機能
  • 人材管理と人材育成機能

社員情報と人事管理機能

人事評価システムの最も基本的な機能は、社員情報と人事情報の管理機能です。住所氏名や年齢などの基本情報はもちろん、配属先や役職、業務内容などをシステムに登録して管理します。さらに、各従業員が保有している資格や能力、経験などスキル関連の情報も登録できます。

人事評価システムに登録された情報は、いつでも呼び出して可視化することが可能です。名前や役職などで検索すると、該当する従業員の情報を確認できるため、人事管理も行いやすくなります。

目標設定と進捗管理機能

個人やチームの目標設定と進捗管理を行う機能も重要です。業務遂行のためには目標設定が欠かせません。そのうえでマイルストーンを設置して、プロセスごとの進捗管理を行う必要があります。

人事評価システムでは、これらの情報をリアルタイムに共有・確認して、人事評価に活用できます。フィードバックの共有やデータの管理・分析もできるため、プロジェクトの完了後にプロセスを評価して、次の機会に役立てることも可能です。

評価基準の設定と評価機能

公正公平な人事評価を行うために役立つのが、評価基準の設定と実際に評価を行う機能です。評価基準の設定機能は、「従業員を評価する基準」を明確化できます。具体的な評価機能として、「360度評価」や「コンピテンシー評価」などが搭載されていることが一般的です。これらの機能を活用し、自社の評価手段を反映した人事評価が行えます。

重要なポイントは、人事評価システムで評価の「属人化」を防げることです。評価基準や項目はシステム上で管理されるため、人事評価の担当者が変わったとしてもすべての情報が引き継がれます。結果の集計もシステムで自動的に行われるため、担当者の業務負荷も大幅に軽減できます。担当者に左右されず、効率的で公平な評価ができることが大きな魅力です。

評価面談シートの作成機能

人事評価を行うときに重要なのが、人事評価時に担当者が使用する「評価面談シート」です。人事評価システムでは、評価面談シートの作成と配布、管理までシステム上で行えます。求められるシートの形式や項目は企業ごとに異なりますが、人事評価システムにはさまざまなテンプレートが用意されているため、自社に最適な評価面談シートを作成可能です。

評価面談シートがなかったり適切な形式でなかったりすると、評価時に抜け漏れが発生しやすくなります。しかし、人事評価システムで作成した評価面談シートを使用すると、適切に評価することが可能です。さらに、シートはシステム上で全社的に一括管理できるため、担当者の業務負担も軽減できるでしょう。

評価ワークフローの構築機能

人事評価システムは評価ワークフローの構築機能も備えています。「評価者」と「被評価者」が誰であり、どのような流れで評価業務を行うかシステム内で設定できます。紙面でこのようなワークフローを管理すると、申請書や承認者を確認する作業が必要です。

人事システムでは、一元管理されたワークフローを活用できるため、評価業務のスピードアップと可視化ができます。記入項目ごとに閲覧と編集制限をかける機能や、各所からの評価を一括集計できる機能を備えたシステムも。またペーパーレス化も促進できるため、紙面代やインク代などの余分なコストも削減できるでしょう。

紙面やCSV形式への出力機能

紙面への印刷やCSVファイルのエクスポート機能も、人事評価システムの便利な機能のひとつです。目標設定時の「目標管理シート」や評価担当者が使用する「評価面談シート」などを、紙面に簡単に出力・印刷できます。

さらに、集計が完了した評価や分析結果をCSVファイル形式でエクスポートして、給与システムなどほかの業務システムと連携することも可能です。現在では、多くの人事評価システムがエクスポート機能を備えており、活用することでデータ加工にともなう人為的ミスを防ぎやすくなります。

タレントマネジメント機能

人事評価システムには、「タレントマネジメント機能」を備えた製品もあります。タレントマネジメントとは、人事評価の結果や従業員のスキル情報などを基にして、最適な人材育成と配置を行うためのものです。

タレントマネジメントを導入することで、優秀な従業員の活躍の場を増やしたり、不適切な人事異動による離職を防いだりしやすくなります。タレントマネジメント機能はなくても問題ありませんが、ハイパフォーマーの活用や人材育成に取り組みたい場合は、タレントマネジメント機能に強みがある製品を選ぶと便利です。

人材管理と人材育成機能

人材管理や育成のための機能を備えた人事評価システムもあります。この機能を活用すると、従業員のスキル管理やキャリア設計のための「研修プロジェクト」の構築が行いやすくなります。人事評価のデータを人材育成に活用して、組織全体の生産性を向上させたい場合は、人材管理機能に強みがある人事評価システムを選ぶといいでしょう。

人事評価システムを導入することで得られる7つのメリット

企業が人事評価システムを導入すると、下記7つのメリットが得られます。本章ではそれぞれのメリットについて、具体例を交えてわかりやすく解説していきます。

  • 公平かつ明確な人事評価の制度を実現できる
  • 人事評価やマネジメント業務を効率化できる
  • 人事評価のデータを人材の育成に活用できる
  • 従業員へのフィードバックスピードが高まる
  • エンゲージメントの向上で離職を予防できる
  • 適材適所の配置でパフォーマンスが向上する
  • 人事情報の一元管理で他業務とも共有できる

公平かつ明確な人事評価の制度を実現できる

人事評価システムの導入により、評価基準や項目を明確化して公平な人事評価ができるようになります。人事評価には、目立つ要素に引きずられて評価が偏る「ハロー効果」が発生しがちですが、人事評価システムでは客観的で合理的な評価が可能です。これはハイパフォーマーとそれ以外の従業員双方にとって、大きなメリットとなります。

従来の人事評価手法ではハイパフォーマーが過小評価されたり、ほかの社員がハイパフォーマーとの相対評価を受けたりして、不満を抱く人が少なくありませんでした。従業員エンゲージメントの低下により、離職率が下がらないなどの問題が生じることもあります。

人事評価制度は、従業員の賃金や昇進などに関わる重大な要素なので、モチベーションにも大きな影響を与えます。評価制度が不透明・不公平であれば、従業員のパフォーマンス低下や不信感を招くことは避けられないでしょう。

人事評価システムでは、そのような問題を解決できます。評価項目を詳細に設定して、その基準に基づいた客観的で合理的な評価が行えるからです。その結果、人事評価制度に対する従業員の信頼度が大幅に向上するだけではなく、モチベーションとパフォーマンスも高まるなどさまざまなベネフィットが生じます。

人事評価やマネジメント業務を効率化できる

人事評価システムの導入により、人事評価の業務効率が大幅に向上します。従来の手作業による人事評価では、Excelによるシート作成や集計に加えて、シートの配布や回収などに多くの工数がかかります。さらに、評価の提出状況や進捗状況なども把握しづらく、人事評価全体を管理するのが困難なため、人為的ミスが生じることも少なくありません。

人事評価システムでは、さまざまな評価項目の設定と集計、分析など複雑な人事評価制度が容易に運用できるようになります。さらに、システムによって作成されたシートは高精度で実用的なものなので、より正確な人事評価が行いやすくなります。担当者の工数が大幅に減るため、人為的ミスとコストの削減を同時に実現することが可能です。

また人事評価システムは、評価業務全体を管理しやすいことも魅力です。評価の進捗状況がすぐにわかり、締め切りに合わせたリマインドも行えます。集計作業もシステム内で自動的に行い、グラフ形式でデータが表示されるので、報告書作成やフィードバックも迅速に行えるようになります。

人事評価のデータを人材の育成に活用できる

人事評価システムでは、評価結果をデータ化して人材育成に活用できます。蓄積したデータを分析することにより、各従業員が持つ潜在能力を可視化できます。そのデータを人材育成やタレントマネジメントに活用すれば、従来の人事評価制度では困難だった人材マネジメントが行いやすくなるでしょう。

どのような教育・研修プログラムが当人に効果的かは、個人のスキルや経験、特性によって大きく異なります。画一的な手法では当人のパフォーマンスを最大化することは困難で、むしろ悪影響を与えてしまう可能性もあります。人事評価システムのデータを分析すれば、「どこを育成すべきか」を的確に把握してフォローできるでしょう。

従業員個人としても、事前の目標設定や評価結果を基にして、改善すべき点を自身で確認できます。上司と協力して論理的な戦略を立て、学習と成長を続けることで、上司と部下の信頼を醸成しながらパフォーマンスが高まります。こうした丁寧で正確な人材育成を行うことで、従業員の自社に対する忠誠心も強くなり、全社的な生産性向上が期待できるでしょう。

従業員へのフィードバックスピードが高まる

人事評価システムは基本的にオンラインで動作するため、従業員がフィードバックを迅速に確認することができます。従来の人事評価フローでは、上司が評価してから審査会を通し、承認されてからようやくフィードバックが届くというものでした。

人事評価システムでは、オンタイムで被評価者へのフィードバックが届くため、業務と評価のタイムラグが軽減されます。自身の働きぶりへの評価を確認しやすくなることで、成長へのモチベーションも向上し、人事評価制度が効率的に機能しやすくなります。

エンゲージメントの向上で離職を予防できる

人事評価システムは、従業員のエンゲージメントを向上させるため、離職の予防効果も高いです。人事評価システムによる評価は、明確な指標や基準に裏付けられたものです。さらに、従業員が丁寧なフィードバックをシステム上で迅速に受けられるため、評価の理由や課題点などを認識して「納得感」を得ることができます。

離職理由の多くを占めるのが、自身の能力が的確に評価されないことや、ほかの従業員と比較した不公平感です。たとえば、優れた業績を出しているのに人事評価が低かったり、自分より働きぶりが悪い従業員の評価が高かったりすると、従業員の不信感が高まります。結果的に「ハイパフォーマーほど離職率が高い」という問題が生じることに。

後述するように、人事評価システムで採用される評価手法は、「目標管理制度」「コンピテンシー評価」「360度評価」などが一般的です。多角的で透明化されたプロセスでの評価により、従業員が「納得感」を得やすい人事評価制度が実現できます。その結果、自社に対する従業員の信頼性が高まり、従業員満足度が高い職場となるでしょう。

適材適所の配置でパフォーマンスが向上する

適材適所の人材配置ができることも、人事評価システムの大きな魅力です。人事評価は人材配置の判断材料にもなりますが、従来の手法では担当者の主観や経験に頼る部分が少なくありません。そのため本人のスキルや経験と、配属先の部署で求められるものにミスマッチが生じ、従業員が十分なパフォーマンスを発揮できないことがありました。

こうしたミスマッチはモチベーションの低下を招き、チームのパフォーマンス低下の原因となります。人事評価システムには、従業員のスキルやこれまでの取り組みなどのデータが集約されています。これらのデータを活用すれば、最適な人材を部署やプロジェクトに配置しやすくなり、従業員がパフォーマンスを最大限に発揮できる環境を構築可能です。

人事情報の一元管理で他業務とも共有できる

人事評価システムに集約された情報は、ほかの業務にも共有・活用ができます。企業の人事情報は人事部だけが使用するものではなく、給与の査定や労務管理、勤怠管理などにも必要です。しかし従来の手法では、手作業でデータの変換や入力を行わないといけないため、ほかの業務で使用する過程でミスが生じることがあります。

人事評価システムでは、さまざまな情報を一元管理できるだけではなく、ほかのシステムと連携してデータを共有することも可能です。たとえば給与管理システムや労務管理システムなど、社内ですでに導入しているシステムがある場合は、自動的にデータ共有が行われます。業務効率の向上とミスの予防に大きな効果があるでしょう。

人事評価システム8選を徹底比較!

人事評価システム

MINAGINE人事評価システム

株式会社ミナジン

人事評価システム

MINAGINE人事評価システム

株式会社ミナジン

ミナジンのMINAGINE人事評価システムは新規導入社数の増加率年間188%を誇る急成長の人事評価システムです。紙やExcelの評価シートでは煩雑になりがちな評価プロセスを一元管理することで人事評価業務を効率化します。シンプルな操作性と高いコストパフォーマンスにこだわった中小企業に導入しやすいクラウドシステムです。従業員100名以下の企業にも導入しやすいリーズナブルな価格で提供することで最高のコストパフォーマンスを発揮します。

  • 人事評価の機能だけにこだわったシンプル設計
  • 中小企業でも導入しやすいリーズナブルな価格
  • 評価制度がなくても導入可能。評価シート作成も支援します
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 目標管理機能 小中規模企業向け csv出力 MBO評価対応 PDF出力 評価シートのテンプレートあり 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 1年
よく導入している業種
IT・情報通信建設
よく導入している企業の規模
21名-50名51名-100名

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

人事評価システム

あしたのチーム

株式会社あしたのチーム

人事評価システム

あしたのチーム

株式会社あしたのチーム

あしたのチームは、人事システムシェアNo1、導入企業4000社以上を誇る人事評価制度のクラウドサービスです。他社にはない技術で人事評価における課題解決を実現します。クラウドシステムを用いることで、評価に対する社員の「納得できない」を88.5%改善することができました。また、人事評価にかかる時間の短縮や情報の管理も実現し、人事評価業務の効率化・課題解決・改善できたという企業は89%にも上り、みんなの「納得」に繋がります。

  • 報酬と評価の連動で「納得」の人事評価制度を実現
  • ペーパーレスで業務を完結でき、業務の効率化が可能になりました
  • 組織の全体像を把握できるため人財育成マネジメント力の向上に繋がります
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 人事給与システム連携 組織図作成 目標管理機能 大規模企業向け コンピテンシー評価対応 評価傾向分析 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
広告・放送・出版医療・化学旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
21名-50名51名-100名6名-20名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

人事評価システム

P-TH/P-TH+

AJS株式会社

人事評価システム

P-TH/P-TH+

AJS株式会社

AJSのP-TH(ピース)/P-TH+(ピースプラス)とは、あらゆる企業に適用可能な人事評価システムです。システム導入時に、これまでの評価制度を変更する必要がなく、評価制度と評価シートをそのままシステム化することが可能です。またWebとExcelが連動しているため使い慣れたインターフェイスそのままに簡単に人事評価業務を遂行できます。Web化することで、口頭やメールでの確認が必要だった評価進捗を可視化し、業務の負担を軽減します。

  • 今までの評価制度をそのままにシステム化を実現可能に
  • 集計や一覧表の作成を自動化し、業務の大幅軽減を実現
  • Webサービスだからこそ評価進捗をリアルタイムで確認可能
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 人事給与システム連携 目標管理機能 小中規模企業向け 帳票自動作成 勤怠管理システム連携 大規模企業向け 資格取得申請機能 Excel出力 csv出力 MBO評価対応 評価シートのテンプレートあり 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信小売・流通広告・放送・出版
よく導入している企業の規模
301名-1,000名不明101名-300名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

人事評価システム

人事評価ナビゲーター

株式会社日本経営

人事評価システム

人事評価ナビゲーター

株式会社日本経営

日本経営の人事評価ナビゲーターは、人事コンサルを通じてこれまで培ってきた経験やノウハウを詰め込んだ人事評価のクラウドサービスです。人事評価の手間や労力を削減することはもちろんのこと、人事考課が人材育成の機会として効果的に機能するためにコンサルのノウハウを詰め込んだ価値ある人事評価システムになりました。数あるクラウドサービスと比較してもサービスの質・価格・フォロー体制において確かな価値を提供します。

  • 人事担当者や評価者の業務時間を大幅に削減
  • インターネットとデジタルデバイスで手軽に運用可能に
  • サポート体制が充実しているから導入後も安心
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 目標管理機能 小中規模企業向け 帳票自動作成 大規模企業向け Excel出力 MBO評価対応 コンピテンシー評価対応 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
医療・化学
よく導入している企業の規模
1,001名以上不明

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

人事評価システム

ヒョーカクラウド

株式会社シーグリーン

人事評価システム

ヒョーカクラウド

株式会社シーグリーン

シーグリーンのヒョーカクラウドはExcelや紙で行っていた人事評価をクラウドかし、結果の出る人事評価制度を作り上げる管理システムです。これまでに約300社、500事業所で導入の実績があります。クラウドを利用して評価項目の設定やデータ分析などをすべて自動化。独自のフォーマットで従業員の評価状況を一元管理できるので担当者にかかる負担や時間を大幅に削減します。人事評価に必要な機能が充実していながら月額3万円~と業界最安値を実現しました。

  • 今の紙やExcelでの評価管理をそのままクラウド化
  • 誰でも使いやすい画面設計を採用することで簡単操作を実現
  • 成熟度の見える化で成長意欲の向上につなげます
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 人事給与システム連携 目標管理機能 小中規模企業向け 勤怠管理システム連携 資格取得申請機能 Excel出力 MBO評価対応 コンピテンシー評価対応 評価傾向分析 評価シートのテンプレートあり 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

人事評価システム

評価ポイント

株式会社シーグリーン

人事評価システム

評価ポイント

株式会社シーグリーン

シーグリーンの評価ポイントは、人事評価の構築から運用までをクラウドサービスで提供する人事評価制度です。人事評価に必要な基準をクラウドで一元管理することで、人事評価の効率化を図ります。またクラウドサービスで人事評価の見える化を実現。福利厚生に変換できる社内通貨を導入することで社員のモチベーションアップにも効果を発揮します。多様な評価で社員のモチベーションアップを図ることで離職率の改善が期待できます。

  • クラウドを利用することで社員の動向を一元管理
  • 獲得ポイントを福利厚生として活用可能できる社内通貨制度
  • 評価のリアルタイム記録、リアルタイム確認が実現
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 目標管理機能 小中規模企業向け 日報共有機能 勤怠管理システム連携 アンケート機能 Excel出力 csv出力 評価シートのテンプレートあり 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
卸売医療・化学小売・流通
よく導入している企業の規模
21名-50名6名-20名51名-100名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

人事評価システム

人財成長支援システム モノドン

株式会社くじらシステム開発

人事評価システム

人財成長支援システム モノドン

株式会社くじらシステム開発

くじらシステム開発の人財成長支援システムモノドンは、どんな人事考課にも対応できる人事評価システムです。最大の魅力は何と言っても柔軟なカスタマイズ性です。自社独自の評価制度を採用している企業でもモノドンなら柔軟にカスタマイズが可能です。システムに評価を合わせるのではなく、これまで積み上げた自社の人事評価をシステムに合わせることができるので、効率的な人事評価を実現したい企業にとっては待望のシステムです。

  • 人事担当者の作業負担削減を実現。社員の比較入力も可能に
  • カスタマイズ前提のシステムなので業務に合わせた人事評価が可能に
  • コンサルティングは一切なし。評価制度に口出しされたくない!という企業におすすめ
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 人事給与システム連携 目標管理機能 勤怠管理システム連携 大規模企業向け csv出力 MBO評価対応 コンピテンシー評価対応 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

人事評価システム

WiMS/SaaS 人事考課システム

株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー

人事評価システム

WiMS/SaaS 人事考課システム

株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー

ソリューション・アンド・テクノロジーのWiMS/SaaS人事考課システムは、テレワーク、在宅勤務にも有効なクラウド型の人事評価システムです。人事考課における目標設定、自己申告、評価、評定値の算出、面談までの一連のフローをクラウドサービスで提供しています。幅広い評価制度に対応し、データ集計を自動化。紙やExcelでの運用にかかる管理業務を効率化することで、現場部門でのマネジメントを強化し、人事考課本来の目的に比重を置いた運用が可能です。

  • 幅広い評価制度に対応し、効率化とパフォーマンス向上を支援します。
  • これまでの導入実績を生かしたテンプレートの提供、独自シートの利用も可能
  • 評価分布、傾向分析、ハイパフォーマー分析を搭載
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 人事給与システム連携 目標管理機能 勤怠管理システム連携 大規模企業向け アンケート機能 資格取得申請機能 Excel出力 csv出力 MBO評価対応 PDF出力 ハイパフォーマンス分析 評価分布表示 コンピテンシー評価対応 評価傾向分析 評価シートのテンプレートあり 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
301名-1,000名1,001名以上

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

人事評価システムの導入時に意識したい8つの選び方

人事評価システムにはさまざまな製品があり、企業の業種や業態によって相性があります。人事評価システムのメリットを得るためには、自社に合う製品を導入することが大切です。本章では人事評価システムの正しい選び方を、下記8つのポイントに分けて解説します。

  • 導入目的に合う機能を備えているか
  • 自社の規模や組織体制に適合するか
  • 販売形態が自社の環境に適しているか
  • ベンダーのセキュリティ対策が十分か
  • カスタマイズ性や拡張性は問題ないか
  • サポート体制や支援が充実しているか
  • 現状の人事評価制度と相性が良いか
  • 担当者にとって使いやすい操作性か

導入目的に合う機能を備えているか

自社の「導入目的」と人事評価システムの「機能」がマッチしていることが重要です。人事評価システムの導入目的には大きく分けて、「人事評価の効率化」と「人材マネジメント全般の効率化」の2つのパターンがあります。それぞれ必要な機能が異なるので、的確なシステム選定が重要です。

前者の場合は人事評価そのものに特化したシステムが最適です。自社独自の特殊な評価基準や指標がある場合は、カスタマイズ性の高い製品が向いています。後者の場合は人事評価に加えて、タレントマネジメント機能も備えた製品を選ぶと、人材育成や人材配置も効果的に行いやすくなるでしょう。

ただし「多機能なほど良い」というわけではありません。機能性が優れた製品ほどコストが高く、操作性が複雑になる傾向があります。あくまでバランスの取れたシステム選びが重要なので、自社の導入目的に合うかを必ず確認しておきましょう。

自社の規模や組織体制に適合するか

自社の事業規模や組織体制によって、適合する人事評価システムが大きく変わります。とくに大企業では組織構造が複雑なので、人事評価のワークフローも複雑です。多段階での承認フローやグループ間での人事情報共有が必要なこともあるので、それに対応できるかあらかじめ確認しておく必要があります。

人事評価システムによってデータの蓄積方法が異なり、部門統合に対応できないケースがあります。この場合は移動先でデータを再入力する手間がかかるので注意が必要です。ちなみに人事評価システムでは、従業員規模によって料金が変動するケースが多いです。増員の予定がある場合は余裕を見たプランで契約しておきましょう。

なお人事評価システムは、小規模事業者から大企業まで幅広く導入されており、「企業規模が小さければ不要」というわけではありません。むしろ中小企業や人材リソースに余裕がない企業ほど、人事評価システムの導入による業務効率改善の恩恵は大きいです。ただし組織規模や体制により適切な製品は異なるため、事前確認をしっかり行いましょう。

販売形態が自社の環境に適しているか

人事評価システムには、大きく分けて「パッケージ版」「オンプレミス版」「クラウド版」の3種類があります。

「パッケージ版」は社内のパソコンにインストールする、いわゆる「買い切り版」のことです。買い切りのため月額料金がかからず、導入コストも低いことが魅力ですが、カスタマイズ性が低いことが難点です。現在ではパッケージ版の人事評価システムは、あまり使用されていません。

「オンプレミス版」は自社サーバー上で稼働するタイプです。自社の状況に合わせたシステム構築ができるため、カスタマイズ性が非常に高いことが特徴。しかしサーバー構築に高額なコストがかかるため、大企業以外ではほとんど使用されていません。

多くのケースにおすすめなのが「クラウド版」の人事評価システムです。ベンダーのサーバー上で稼働するため自社サーバーの構築が不要で、社外からでもアクセスできることが魅力。しかしカスタマイズ性が低いことや、セキュリティレベルがベンダーの体制に依存する点は気になるかもしれません。

人事評価システムの販売形態に迷ったら、基本的にはクラウド版を選んでおくと間違いがないでしょう。

ベンダーのセキュリティ対策が十分か

クラウド版の人事評価システムを導入する場合は、ベンダーのセキュリティレベルに注意が必要です。人事評価システムでは従業員の住所氏名だけではなく、スキルや経験などの機密情報を取り扱います。これらの情報が漏洩すると、自社と従業員にとって大きな損害になるだけではなく、自社のコンプライアンスを損ねる事態になりかねません。

現在では、外部および内部からの不正アクセスにより、企業や従業員の機密情報が漏洩するケースが増えています。クラウド版の人事評価システムはベンダーのサーバー上で稼働するため、ベンダーのセキュリティ対策に不備があるとシステムが脆弱になります。データ管理の方法やバックアップ手段、セキュリティ対策などは必ず確認しておきましょう。

カスタマイズ性や拡張性は問題ないか

人事評価システムのカスタマイズ性や拡張性も、選定時の重要なポイントです。とくに社内で独自の人事評価制度を導入している場合は、一般的なシステムで採用されている評価制度が適合しない可能性があります。カスタマイズ性が高い製品であれば、自社制度に適合する評価手法や項目をシステムに設定し、従来同様の制度運営が可能となります。

また社内で労務や勤怠管理などの既存システムを運用している場合は、人事評価システムが「API連携」に対応しているかどうかもチェックしましょう。API連携は、システム間で円滑なデータのやり取りをするための機能で、これがあれば既存システムとのデータ共有や変換の手間がかかりません。不明点があればシステムの展示会に参加するのもいいでしょう。

サポート体制や支援が充実しているか

ベンダーのサポートや支援の体制も重要です。人事評価システムは企業の機密情報を取り扱うため、トラブルが発生すると自社の経営そのものに悪影響を与えかねません。たとえばシステムにトラブルが発生したとき、利用できない期間が長くなるほどダメージも大きくなります。ベンダーのサポート体制がしっかりしていれば、トラブルを早急に解決できます。

クラウド版の人事評価システムでは、原則として電話ではなくチャットのみの対応とするベンダーもあります。対応方法と対応時間に加えて、専任の担当者の有無なども事前に確認しておきましょう。業務システムに慣れていない場合は、操作マニュアルが豊富か、導入支援のサービスを利用できるかという点も、スムーズな導入と運用を実現するために重要です。

現状の人事評価制度と相性が良いか

人事評価制度は企業ごとに異なりますが、人事評価システムで採用できる評価制度は限られています。そのため、自社独自の評価制度を導入している場合は、それに対応できるカスタマイズ性を備えたシステムを選ぶことが重要です。

現状の人事評価制度がうまく機能している場合は、人事評価システムを導入するからといって、制度を変更する必要は基本的にありません。むしろ社内の制度にシステムを合わせるほうが、結果的に生産性と効率の向上につながるでしょう。

担当者にとって使いやすい操作性か

人事評価システムが自社に適合することは重要ですが、現場の担当者にとって「使いやすい」システムでなければうまく機能しません。どれだけ機能性が優れていても、担当者が使いこなせなかったり、社内の既存システムと連携できなかったりすると、業務効率はむしろ低下してしまうでしょう。そのため、システムの操作性を意識することは極めて重要です。

実際に人事評価システムを導入する前に、無料トライアルやデモ版を現場の担当者や従業員に試してもらいましょう。事前に操作感を確認しておくことで、導入後にミスマッチが発生するリスクが最小限に抑えられます。給与システムや勤怠管理システムなどの既存システムがある場合は、システム間の連携性も確認しておくことがおすすめです。

人事評価システムを導入するときの注意点

人事評価システムは、人事評価の最適化と効率化に極めて大きな効果がありますが、導入に手間とコストがかかることや、人事評価制度の再構築が必要なケースがあることに注意が必要です。

どの人事評価システムを選んだ場合でも、導入と運用のためのコストがかかります。とくに意識したいのが、自社にとって必要な機能を備えているか、不要な機能が多く搭載されていないかという点です。導入後に問題に気付いても解決は困難。高機能な製品ほどコストが増大するので、時間と手間をかけてでも自社に合う製品を選定することが重要です。

また、現状の人事評価制度がうまく機能していない場合は、あらかじめ評価基準を変更しておく必要があります。人事システムは、人事評価制度自体を構築してくれるものではありません。そのまま導入してもシステムは機能せず、なおさら手間がかかってしまいます。

人事評価制度を変更する場合は、新制度への移行に不安を感じる従業員も出てくるでしょう。すべての従業員が納得できるように、あらかじめ説明や周知を行っておくことも大切です。

人事評価システムを効果的に活用するために重要な4つの施策

人事評価システムを導入したからといって、すぐに効率的で公平な人事評価が行えるようになるわけではありません。事前の体制構築が不十分だと、人事評価システムをうまく運用できないことも。本章では人事評価システムの効果を最大化するために実施すべき、下記4つの施策を紹介します。

  • 導入目的を明確化して周知を行う
  • 事前に公平な評価制度を確立する
  • 絶対評価の導入で客観性を高める
  • 人事評価データを改善に活用する

導入目的を明確化して周知を行う

人事評価システムの導入は、全従業員に影響が出るような、企業にとって大きな改革となります。そのため、なぜ人事評価システムを導入するか、その目的をあらかじめ明確化しておくことが重要です。目的が定まっていなければ、適切なシステムの選定も困難です。

そのうえで従業員に周知を行い、全社的に新体制に備えておきましょう。人事評価システムを実際に使用する「評価者」と「被評価者」への操作方法の指導も欠かせません。人事評価システムをただ導入するのではなく、運用できる環境を事前に整備しておくことが、導入効果を高めるコツです。

事前に公平な評価制度を確立する

人事評価システムの導入前に、現在の人事評価制度が自社でうまく機能しているか再検討してみましょう。人事評価システムは、人事評価制度自体を構築・改善してくれるものではありません。現状でうまく機能していない人事評価制度は、人事評価システムを導入しても機能しないものです。

ここでは、人事評価システムで一般的に採用されていることが多い、「目標管理制度(MBO)」「コンピテンシー評価」「360度評価」の3種類の人事評価制度について確認しておきましょう。

目標管理制度(MBO)は事前に設定した目標の達成度を評価する手法で、評価のしやすさやコミュニケーションの活性化がメリット。しかし職種によって採用しづらいことや、あえて低めの目標を設定してバイアスがかかることがある点が問題です。

コンピテンシー評価は、従業員の行動特性を基準に評価する手法です。個々の従業員のスキルや能力を評価しやすいことや、プロセスにも焦点を当てられることが魅力。ハイパフォーマーの行動特性から制度を作成する手間がかかりますが、人事評価の結果を人材育成に応用しやすくなります。

360度評価は、上司・部下・同僚など複数人が多角的に評価する手法です。従業員が納得しやすいことや、上司が気づきにくいポイントを評価できることが魅力。しかし評価にバイアスがかかることがあるので、この手法を採用する場合は事前に対策を練っておく必要があります。

絶対評価の導入で客観性を高める

人事評価システムを導入するときは、「相対評価」ではなく「絶対評価」を導入することが重要です。相対評価では、ほかの従業員と比較して実績やスキルを評価します。しかし相対評価は社員のモチベーション低下や不満につながりやすく、個々が改善点を模索しづらくなることが問題です。

明確な評価基準を基にした絶対評価を導入すると、適切な評価が行いやすくなります。また業績のように定量的な成果だけではなく、従業員の働きやプロセスなど定性的な要素も評価に含めることが重要です。人事評価システムの導入で、評価基準による絶対評価が容易に行えるようになるので、絶対評価と定性評価を取り入れることをおすすめします。

人事評価データを改善に活用する

人事評価システムで集計した評価結果を、人事評価制度の見直しや業務の改善などに活用しましょう。人事評価データは、従業員のエンゲージメントや部署ごとのパフォーマンスの分析に役立ちます。

たとえば、これまで好調だった従業員の業績や評価が急に悪化したときは、その従業員に何らかの異変が起きている可能性が高いです。システムが蓄積したデータを分析すれば、その原因を正確に把握してフォローすることができるでしょう。

部署によって業績に偏りがある場合は、メンバー構成や組織構造に問題がある可能性が考えられます。あらゆるデータを分析して「見える化」することで、従業員や組織に対して必要なときに必要な改善策を講じやすくなります。

業務の効率化と企業の成長には人事評価システムの導入が必須

企業が人事評価システムを導入することで、人事評価業務の効率化と公平な評価を実現しやすくなります。不公平な人事評価は従業員の不満や離職を招くため、合理的で公平感のある人事評価制度の導入は極めて重要です。人事評価システムは、そのための強力なサポートを提供してくれます。

さらに、人事評価システムは適材適所の人材配置や、効果的な人材育成にも活用できます。選定時は自社の導入目的や組織体制に合うことや、セキュリティとサポート体制を重点的に確認しましょう。導入前に人事評価制度の方向性を決め、導入後はデータを積極的に活用することで、人事評価システムの導入効果は大きく高まります。

このカテゴリーの導入事例

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る