動画編集ソフトの種類


実は動画編集ソフトといった大まかなカテゴリにはたくさんの種類があります。今回取り上げるのは、字幕作成や切り貼りができたり、トランジションがつけられるような一般的なものです。今回取り上げる一般的な動画編集ソフト以外も、ソフトによって得意とする編集スキルが変わるので、目的に合ったタイプのソフトを使用することをお勧めします。

 

  • アニメーションや合成に特化したソフト
  • 3DCG作成ソフト
  • 動画編集スマホアプリ
  • Web上で完結「オンライン動画編集サービス」

 

皆さんは「スマホ編集」をご存じですか?スマホで撮った動画を手軽に編集できるアプリがあります。テンプレートに動画を選択するだけで、自動で調整・編集をしてくれるのでいつでもどこでも手軽動画編集が可能です。SNSツールに連携または付随しているアプリであれば、そこからSNSに発信することができるため、メディアへの簡単な広告なども簡単に行うことができます。しかし、クレジットロゴが入ってしまったり、有料のテンプレートなどもあるので注意が必要です。最近は動画編集を手軽に委託できるようなサイトもありますが、クリエイターの技術は保証されておらず理想と違うものになる可能性もあります。

有料版と無料版の違い


有料版は機能が多いだけではなく、定期的にアップデートされるので最新のトレンドに合わせた編集ができることが特徴です。有料版には買い切りサブスクリプションの2つのシステムがあるので、次の項目で説明しています。無料版はファイルへの書き出しができない、もしくは低画質になる製品があるので注意が必要です。また、動画に製品のクレジットロゴが入ることもあります。もし、それらが問題になるのであれば有料ソフトを購入することを考えましょう。

買い切りとサブスクリプション版の違い


買い切りの場合は、1年に一度有料アップデートをすることによって最新機能でソフトを利用することができます。しかし、近年、買い切りの製品数が少なくなってきているのが現状です。多くの製品がサブスクリプション制に移行しようとしているので、アップデートした際にサブスクリプションに切り替わる可能性もあります。サブスクリプション制の動画編集ソフトは、定額を払えば無料でアップデートができるものがほとんどです。しかし、特殊なテンプレートなど種類によっては追加料金が発生してしまうこともあります。

動画編集ソフトを選ぶポイント

1.有料か無料か

近年、携帯でも高画質の動画を簡単に撮れるようになったことでYoutuberという職業が人気になり、動画編集というスキルの需要が高くなってきました。動画編集ソフトは多くの製品がクリエイター向けに作られているのが現状で、ビジネスプランはほとんど扱われていません。有料と無料では、使える機能が違ってきます。無料で足りるような、簡単な動画編集なら無料の方がいいことは確実です。自分たちの作りたい動画にはどんな編集機能が必要なのかを確認することが重要になってきます。

2.クリエイター向けか初心者向けか

初心者向けの製品は、素材やテンプレートが充実していて簡単にアイデアを考えたり編集することができます。しかし、一部には別途料金が発生する場合もあります。また、自動で音声編集やトリミングなどの機能がある製品を選ぶと、初心者でも簡単に編集作業ができます。
クリエイター向けの製品は、初心者向けよりも細かい調整や特殊な加工ができることが特徴です。それだけではなく、チュートリアル動画が充実しているのでクリエイターとしての動画編集スキルを向上することができます。

3.どんな機能がほしいか

先ほど述べたように、有料ソフトは無料ソフトよりも出来ることが多いです。4K360度カメラで撮影した映像などは、有料ソフトを使わないと編集できません。自動ミキシングといった編集を手伝ってくれる機能など、どのような機能が必要なのかしっかりと確認しましょう。無料ソフトでデータ出力ができない製品があるだけでなく、有料ソフトでもDVDやブルーレイに焼けないソフトもあるので確認が必要です。

4.クラウドがあるかどうか

この後にも詳しく述べていますが、動画編集ソフトは非常に落ちやすいです。しかし、近年のサブスクリプション制の動画編集ソフトは、クラウド機能を兼ね備えた製品が増えています。クラウド機能によって、自動的に保存されていれば復元しやすいので安心です。さらには、他端末との同期が出来る製品を選ぶと手軽に編集できます。

動画編集ソフトを使うときの注意点


動画編集ソフトの一番の懸念点といえば、「クラッシュしやすい」ということです。クラッシュとは、作業中に動作が固まってしまうもしくは強制終了して、編集中の動画データが消えてしまうことです。では、クラッシュを防ぐためにどんな対策ができるのか見てみましょう。

ソフトのスペックとPCのスペックは合っている?

実は、動画編集ソフトとPCの機能や容量がマッチしていないと作業中も動作が鈍くなってしまうんです。クラッシュの原因だけではなく、快適にソフトを使いこなしたいですよね。知らずに使い始めて困ることがないように、動画編集ソフトを利用する際に最低限必要なPCのスペックをご紹介します。

1.RAMは16GB以上

RAMとはランダムアクセスメモリの略称で作業用の主記憶装置です。簡単に言い換えるなら、作業机の広さを表現しています。例えば、Adobe premiere proを利用するのに、最低5GBはかかります。動画編集ソフトだけを起動しているなら問題ありませんが、実際は複数のアプリケーションを同時進行している場合がほとんどです。余裕をもった机の広さを用意しておきたいので、16GB以上が望ましいと言えます。

参考:ELECOM メモリのこれが知りたかった!

2.CPUはCore i7以上が望ましい

CPUとはPCの中央処理装置のことで、分かりやすく言うと頭脳の部分になります。インテル社のCoreシリーズが一番有名ですね。Coreシリーズの場合、i5でもソフト自体は使えますが動作はとても鈍くなってしまいます。したがって、i7以上がおすすめです。

3.HDDとSSDの二刀流でダブルストック

動画データは非常にサイズが大きいため、それらを保存するROMも容量の大きいものが必要となり、1TB以上が好ましいです。また、動画データを扱うには動作の早いSSDがおすすめですが、HDDに比べて価格が高いため、2TBやそれ以上の容量を用意しようとすると高額になってしまいます。そういった場合にはHDDとSSDを両方利用することによって、容量の問題を解決しつつコストを抑えるといった方法があります。また、大切なデータはHDD、SSD両方に保存しておくことによって、どちらかが故障などによってデータを失った場合にも安心できる保険になります。

4.グラフィックボード

グラフィックボードとは、PC内にあるディスプレイに画像や映像を映すための部品です。独立したグラフィックボードが搭載されているPCを選ぶとこがポイントになります。おすすめは、GeForceかRadeonと表記されているもので、「NVIDIA GeForce GTX1650」や「AMD RadeonRX 5600 XT」と書かれていたら完璧です。価格を気にしないならQuadroやFireProも良いですが、動画編集を専門とするクリエイター向けになります。

定期的にバックアップを取ろう

定期的にPC全体のバックアップを取っておくことは必須です。そして、作業中も定期的に保存ボタンを押して上書き保存をしておくことで、編集中のデータが消えてしまった際に「保存したところから再開」することができます。

動画編集ソフト比較16選

動画編集ソフト

トライアル期間 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 豊富なメディア素材で動画制作をレベルアップ
  • 400万以上のロイヤリティーフリーメディア素材
  • AIツールで動画編集のワークフローを高速化
  • 共同動画編集とシームレスな共有
トライアル期間 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 手軽にあらゆる動画ファイルをDVD ·ブルーレイディスクに焼ける
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • 強力な編集機能で動画をカスタマイズ
トライアル期間 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 編集に役立つ機能が満載のフリーソフトです
  • より簡単な色調補正、より簡単な速度変更。
  • より簡単なモーションパス、より簡単なオーディオ編集

動画編集ソフト

トライアル期間 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ビジネスでも通用する動画が、今すぐ作れるテンプレートが満載
  • 曲のリズムに動画が合うので、映像がよりドラマチックに
  • SNSでのプロモーションに大活躍、たくさんの人に観てもらおう

動画編集ソフト

トライアル期間 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 強力で柔軟なノードベースの合成を提供します
  • エンドツーエンドのカラーマネジメント
  • 堅牢でパフォーマンスの高いディスクキャッシュ

動画編集ソフト

トライアル期間 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • シンプル操作で瞬時にスタイリッシュな動画を作成
  • 作品をオリジナルにする、タイトルカスタマイズ
  • iPhoneで編集した動画をiPadやMacと連携
トライアル期間 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • AI技術の編集サポートにより、優秀な編集ツールが作業をシンプルに
  • 思い通りにストーリーを紡ぎ、かんたんにプロレベルの動画編集
  • 自分だけの編集スタジオで無限の可能性を引き出せます
  • 幅広いプラットフォームに動画を配信できます
  • 編集時間を大幅に節約、True4Kレンダリング速度は最高で他社の7.6×の実力

動画編集ソフト

トライアル期間 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • INFUSIONエンジン3を搭載しました
  • 直感的で分かりやすい編集機能で、柔軟なインターフェース
  • 豊富なエフェクトとクリエイティブツールを搭載しました
トライアル期間 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 革新的なビデオ編集と高速で簡単な編集作業
  • パワフルなメディア整理機能や共同作業を効率的に行えます
  • 一体化されたオーディオ編集機能で背景ノイズを抑え、声を分離します
  • 最適な出力をワンステップで簡単に実行できます
トライアル期間 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ハリウッドNo.1のポスト、プロダクション・ソリューション
  • DaVinci Resolveの新機能、リモート・コラボレーション
  • 唯一のマルチユーザー・コラボレーション機能
  • ポストプロダクション用のオールインワン・ソリューション
  • メディア&デリバー、驚くほど広範なフォーマットのサポート
トライアル期間 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 多彩な美しい切替え効果と特殊エフェクト
  • より美しく本格的な動画を作成する便利なツール
  • 出来上がった作品をお友達やご家族と簡単にシェア

動画編集ソフト

トライアル期間 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 4K HDRをネイティブデータのまま 高速に再生、編集する
  • 最新コーデック/カラースペースをサポート
  • 複数のコーデックを混在できる強力なマルチカメラ編集
  • 最新のCPUアーキテクチャーに最適化された高速エンジン
  • 編集効率を高める機能群 多彩で高機能なエフェクト

動画編集ソフト

トライアル期間 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 家族から会社までのどんな複雑な動画も作成できます
  • マルチメディア装置で、再生するためのビデオ変換が大幅に簡素化
  • オーディオ変換器はどんなフォーマットでも保存できます
トライアル期間 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 映像業界で標準使用されているアプリの安心感
  • バラエティ豊かな動画表現を可能にする機能
  • AI技術を活用した、精度の高いツールを使用してオーディオ調整
トライアル期間 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 美しいエンドロールやタイトルを制作できる
  • アニメーション化の力と、オリジナルなエフェクト追加
  • 高速な書き出しに、パワフルな3Dデザインスペースも魅力
トライアル期間 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 撮影・編集などオールインワンで動画作成ができる
  • 簡単な文字入れなど、SNS動画の編集に適した機能が揃う
  • 分かりやすいインターフェイスで初心者も安心

動画編集ソフト

トライアル期間 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 直感的な操作によるスムーズな編集と、ビルド済みグラフィックの力
  • 強化されたオーディオツールで、音声を調節
  • 様々なSNSへの投稿を見据えた機能を搭載

動画編集ソフト

トライアル期間 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • スタートからビジネスに使える素材が豊富に揃う
  • 動画の表現方法が多彩で、イメージを具現化できる
  • デバイス上に限らず、用途に合わせて動画をエクスポート
 

クローズアップ5選


本記事ではサブスクリプションと買い切り製品、無料ソフトを5選ピックアップして表にまとめました。見極めにくい動画編集ソフトを激選して、見える化をしたので見比べてみてください。

価格 知名度 使いやすさ テンプレート 特徴
Adobe premire pro サブスク 豊富な機能
Filmora サブスク買い切り ビジネスプラン
Final Cut pro 買い切り Macおすすめ
iMovie 無料 × Mac標準装備
PowerDirecter 買い切り 高速書き出し

自社で動画編集にチャレンジしよう


ここまで読んで動画編集ソフトについての理解が深まったと思います。最後にもう一度、製品県当時のポイントを振り返ってみましょう。

 

  • 製品によって得意とする編集スキルが変わるので、目的に合ったソフトを見つける
  • 有料ソフトは使える機能が豊富
  • 有料ソフトは買い切りかサブスクリプション
  • クラッシュの対策と解決策をしっかりと

 

SNSツールでの簡単な広告動画も、アイデアが浮かんですぐに実行に移すことができます。自社内で動画編集を一貫して制作することができれば、大きなコスト削減にもなりますよね。どういった動画を作りたいのか、そのためにはどんな機能があるといいのかをしっかりと吟味して、ぴったりの製品を探してみてください。ぜひ、本記事が動画編集に興味を持つみなさんの手助けになれば幸いです。