Menu
Close

【2024・比較表あり】予算管理システム26選をタイプ別に比較!選び方や機能も解説

この記事で解説すること

「予算管理システム」は、企業の予算と実績を分析するためのシステムです。継続的な利益を出すことは、企業の事業継続と成長のために必要不可欠ですが、適切な予算管理を行うためには、予算編成や進捗管理などに多大な工数を要します。

予算管理システムを導入することで、煩雑な予算管理を効率的かつ正確に行えるようになります。一方で、予算管理システムは多種多様な製品が販売されているため、自社の導入目的や課題にマッチするものを選ぶことが重要です。

本記事では、予算管理システムのメリットや選び方に加えて、「デジタル化の窓口」が厳選したおすすめ製品も合わせて紹介します。予算管理に課題を抱えている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

「予算管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • タグ分析機能
    • インメモリDB
    • 予測プランニング
    • 書類テンプレート
    • 自社システム連携
    • 未払い防止通知
    • 給与システム連携
    • 予算の自動仕訳
    • 会計システム連携
    • ERP連携
    • データ加工機能
    • Excelに組込み可
    • 経費や時間の自動按分
    • 取引明細の自動取得
    • 実績の自動反映
    • 見込自動作成
    • PL/BS/CF連動
    • グループ経営対応
    • 多言語対応
    • Excelファイル取込み
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
料金 要相談
制限なし
AVANT Cruise(アバントクルーズ)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年間~
Loglass 経営管理の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
・環境設定
・マスタ登録
・ユーザー教育 など
月額利用料 65,000円(税抜) / 5ユーザー~(初年度のみ年間契約)
備考
※月額利用料にはサポート対応費用、バージョンアップ費用を含みます
※月額利用料は利用ユーザー数に応じて変動します
※別途、下記の初期費用が発生します
※外部システム連携費用は別途必要になります
※最低利用期間は12カ月です
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
導入する機能や、利用社員数に応じて大きく変動します。
一括ライセンス買取型 要相談
備考
3年以上使用する場合は、月額ライセンスより当プランの方がコストパフォーマンスに優れます。
月額ライセンス利用型 要相談
備考
初期費用を抑えたい・利用人数を柔軟に変動させたい場合のプランです。
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
フリー 0円
備考
お試しでbixidを触りたい方向けのプランです。
スタンダード 6,000円/月額
備考
月次状況の把握と将来予測したい方向けのプランです。
プランニング 15,000円/月額
備考
経営計画と予算管理をしたい方向けのプランです。
プロフェッショナル 30,000円/月額
備考
経営計画と部門管理をしたい方向けのプランです。
制限なし
bixid(ビサイド)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
standard 0円
備考
3ユーザーまでご利用いただけます。
Q&Aをご利用いただけます
premium ワークグループ 600,000円〜/年額
備考
ユーザー数に応じて年間利用料が変動します。
メールによる製品サポートをご利用いただけます。
premium エンタープライズ 840,000円~/年額
備考
ユーザー数に応じて年間利用料が変動します。
メールによる製品サポートをご利用いただけます。
エクストリーム機能を除く、すべての機能をご利用いただけます。
cloud ワークグループ 1,200,000円〜/年額
備考
ユーザー数に応じて年間利用料が変動します。
メールによる製品サポートをご利用いただけます。
cloud エンタープライズ 1,440,000円~/年額
備考
ユーザー数に応じて年間利用料が変動します。
メールによる製品サポートをご利用いただけます。
エクストリーム機能を除く、すべての機能をご利用いただけます。
cloud エンタープライズノンストップ 2,760,000円~/年額
備考
ユーザー数に応じて年間利用料が変動します。
メールによる製品サポートをご利用いただけます。
エクストリーム機能を除く、すべての機能をご利用いただけます。
cloud エクストリーム 4,680,000円~/年額
備考
ユーザー数に応じて年間利用料が変動します。
メールによる製品サポートをご利用いただけます。
すべての機能をご利用いただけます。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ビジネスプラン Business Plan 要相談
エンタープライズプラン Enterprise Plan 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Personal 980円/月額
備考
利用可能人数 1名
メール送信元 固定
外部ファイル保管 ×
捺印申請 ×
通知機能 一部
データロック ×
対象 個人(法人不可)
Basic 1,980円/月額
備考
利用可能人数 3名
メール送信元 変更可
外部ファイル保管 1GB
捺印申請 〇
通知機能 〇
データロック 〇
対象 法人(個人可)
Standard 3,980円/月額
備考
利用可能人数 15名
メール送信元 変更可
外部ファイル保管 5GB
捺印申請 〇
通知機能 〇
データロック 〇
対象 法人(個人可)
Premium 5,980円/月額
備考
利用可能人数 50名
メール送信元 変更可
外部ファイル保管 10GB
捺印申請 〇
通知機能 〇
データロック 〇
対象 法人(個人可)
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

「予算管理システム」は、企業の予算と実績を分析するためのシステムです。継続的な利益を出すことは、企業の事業継続と成長のために必要不可欠ですが、適切な予算管理を行うためには、予算編成や進捗管理などに多大な工数を要します。

予算管理システムを導入することで、煩雑な予算管理を効率的かつ正確に行えるようになります。一方で、予算管理システムは多種多様な製品が販売されているため、自社の導入目的や課題にマッチするものを選ぶことが重要です。

本記事では、予算管理システムのメリットや選び方に加えて、「デジタル化の窓口」が厳選したおすすめ製品も合わせて紹介します。予算管理に課題を抱えている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

予算管理システムとは

予算管理システムとは、企業が毎年確保する予算を効率的に管理するためのツールです。各部署でローカルルールに従って管理されがちな予算データを、サーバで一元的に管理し、運用することで、予算管理全般の効率化を実現します。このシステムを導入することで、複数の従業員が同時に予算データを入力できるようになり、共通フォーマットの利用で集計データの計算が迅速に行えるだけでなく、予算と実績の差分も一目で把握することができます。

予算管理システムの導入により、入力ミスの防止や集計・分析の自動化などのメリットが得られ、予算管理に関する作業の手間と時間を大幅に削減できます。特に、エクセルでの予算管理に時間を費やしている企業にとっては、効率的な予算管理方法として有効です。また、オンプレミス型やクラウド型のシステムがあり、企業の規模やニーズに応じて選択することが可能です。

予算管理システムを活用することで、企業全体で予算と実績の差分を把握しやすくなり、経営者や管理職が容易に意思決定を行える環境が整います。これにより、企業としての成長を支えるための継続的な利益確保が実現されます。

予算管理システム導入のメリット

企業が予算管理システムを導入すると、これまでExcelなどで手作業で行っていた予算管理を、専用のシステム上で効率的に行えるようになります。さらに、手作業や工数が減るため人為的ミスが減り、適切な経営戦略により従業員のモチベーションも向上します。本章では、下記3つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

  • 予算計画や編成を効率化できる
  • 進捗状況の把握・分析ができる
  • 適切なセキュリティ対策ができる

予算計画や編成を効率化できる

予算管理システムの導入により、従来のエクセルでの予算管理から脱却し、情報収集やデータ管理が格段に効率化されます。また、部門を横断した予算管理が可能となり、手動でのデータ統合が不要になるため、業務全体の効率が向上します。

予算編成は年間予算だけでなく、四半期ごとに計画を立て、実績に応じて修正が求められるため、日々の実績入力が重要となります。予算管理システムを導入することで、データに基づいた正確な予算管理が可能となり、次期の行動指針を明確にすることができます。企業の規模が大きくなるほど、外部への公表が義務付けられている場合もあるため、正確さや公表のスピード、分かりやすさが求められます。予算管理システムを利用することで、こうした要件にも対応できるようになります。

企業に適した予算管理システムを導入することで、必要な情報を迅速に入手でき、従業員のモチベーション維持にもつながります。使い勝手の悪いシステムを使い続けることはストレスの原因となりますが、予算管理システムは操作性にも優れており、従業員の負担を軽減します。

進捗状況の把握・分析ができる

予算管理システムを導入することで、リアルタイムでの進捗状況の把握が可能になります。手作業でのデータ更新や進捗状況の確認には時間がかかり、リアルタイムでの状況把握が難しいことが多いですが、システムを利用することで各部門の進捗を迅速に確認することができます。これにより、問題が発生した際の対応も迅速に行えるため、担当者の負担が軽減され、スムーズな進捗管理が実現します。

予算管理システムを使えば、計画的に事業が進展しているかどうかを確認することが容易になります。経営や運営においては、必要に応じて目標に合わせた業務改善を行うことが重要です。売上や利益などの財務諸表に現れる数値だけでなく、KPI(重要業績評価指標)を設定することで、変化に気づき、いち早く立て直すことが可能です。

さらに、財務指標や顧客数、客単価などのデータを基に最適な運営への切り替えを行いやすくなります。予算管理システムを利用することで、企業はリアルタイムでの進捗状況を把握し、迅速に対応することで、目標達成に向けた効果的な運営を実現することができます。

適切なセキュリティ対策ができる

予算管理システムの導入には、セキュリティ対策の面でも大きなメリットがあります。従来のエクセルによる予算管理では、ローカルファイルを作成し、他の担当者にメールでデータをやり取りするため、誤送信や情報漏えいのリスクが常に伴います。しかし、予算管理システムでは専門的なセキュリティ対策が施されており、データのやり取りにおいても暗号化が可能です。

特に、クラウド型の予算管理システムを利用する場合、クラウド環境における最新のセキュリティ対策が施された状態でデータを管理することができます。これにより、ITセキュリティにリソースを割くことが難しい企業でも、安全性を高めることが可能です。クラウドサービスを提供する企業は、常にシステムを最新の状態にアップデートしており、最新のセキュリティ技術を取り入れています。

セキュリティ面での信頼性が高い予算管理システムを導入することで、情報漏えいや誤送信のリスクを大幅に軽減でき、企業の機密情報を確実に保護しながら安心してデータを扱えるようになります。これにより、全体的な業務効率化だけでなく、情報の安全性も確保されるため、企業運営におけるリスク管理が強化されます。

予算管理システム導入のデメリット

  • 初期導入費用
  • 導入までの手間がかかる

初期導入費用

予算管理システムを導入する際のデメリットの一つは、初期導入費用の高さです。この費用には、ソフトウェアの購入費用、ハードウェアのアップグレード費用、カスタマイズやインテグレーションのための専門家の費用などが含まれます。また、導入に伴う従業員のトレーニング費用や、既存のシステムから新システムへの移行に必要な時間とリソースも考慮する必要があります。特に中小企業や予算が限られている組織にとって、これらの初期投資は大きな負担となり、導入を躊躇させる要因となることが多いです。さらに、初期費用が高い場合、投資回収までの期間が長くなる可能性があり、短期的なコスト効果を求める企業にとってはネガティブな要素となります。

導入までの手間がかかる

予算管理システムを導入する際のもう一つのデメリットは、導入までに多大な手間がかかることです。まず、新しいシステムの選定から始まり、適切なベンダーの選定、契約交渉など、多くの時間と労力が必要です。次に、システムの設置やカスタマイズ、既存のデータの移行などの技術的な作業が発生します。この過程では、システムの専門知識を持つ技術者の支援が不可欠であり、その調整やコミュニケーションも重要です。

さらに、導入後も従業員に対するトレーニングが必要となり、これにより一時的に業務の効率が低下する可能性があります。特に、新しいシステムに慣れるまでの間は、操作ミスや混乱が生じることがあり、それが業務に支障をきたすリスクも伴います。このように、予算管理システムの導入は多くの準備と調整を要するため、その手間と時間は無視できないデメリットとなります。

 

予算管理システムの主な機能

予算管理システムには、企業の予算管理を改善してくれるさまざまな機能が備わっています。本章では、予算管理システムでとくに重要な下記6つの機能を解説します。

  • プランニング機能
  • モニタリング機能
  • シミュレーション機能
  • 情報の一元管理機能
  • フィードバック機能
  • KPI設定

プランニング機能

予算管理システムの「プランニング機能」は、予算編成のプロセスを効率化するための機能です。予算編成を行うためには、企業全体の業績はもちろん、各部門のデータを集約する必要があります。従来の手作業による予算管理では、この工程に多大な労力を要しました。

しかし、予算管理システムでは全社の情報を一元管理するため、データの取りまとめもシステム上で簡単に行えます。最終的な予算の根拠となる各部門のデータ収集、予実管理表の作成の大半を自動化してくれるため、予算編成の作業効率が飛躍的に高まります。

さらに、予算管理システムでは入力項目を細かくカスタマイズできるため、経営計画に基づくKPIを部門担当者に周知させることも可能です。情報の入力もシステム上のフォーマットで行われるため、データの転記や調整も不要となり承認過程の透明性も高まります。

モニタリング機能

予算管理システムの「モニタリング機能」は、予算編成後の企業活動をモニタリングするための機能です。システムが自動的にモニタリングを行うため、業績をタイムリーに把握することができます。予算編成が適切なものだったかを判断すると同時に、目標達成に対するマイナス要因・ボトルネックも迅速に分析可能です。

さらに予算管理システムでは、予実管理表が自動的に作成され、予算と実績の比較と分析が行われます。予算編成時に想定していなかった変化が起きたときは、マイナス要因を踏まえて予算を再編成して対応できます。これにより、予算と実績の乖離を防ぎ、予算が「絵に描いた餅」になってしまう事態を防ぐことが可能です。

シミュレーション機能

「シミュレーション機能」は、策定した予算計画が適切なものか判断するために、システム上でシミュレーションできる機能です。予算計画の手法には、トップダウン方式・ボトムアップ方式などさまざまな手法があります。予算管理のシミュレーション機能を活用すると、PDCAサイクルを回して予算編成の精度を高めやすくなるので便利です。

情報の一元管理機能

「情報の一元管理機能」は、予算に関する情報を全社的に一元管理するための機能です。予算管理でとくに重要なのが「人件費」ですが、従来の手法では人事部が全社の人件費を把握するのは困難です。企業規模が大きいほど、拠点ごとの人件費の統合に工数がかかるため、正確な人件費を把握しづらくなります。

予算管理システムには、この人件費の情報を一元管理できる機能が備わっています。あらゆる情報をシステム上で管理するので、情報収集の手間がかかりません。言い換えれば、これまでより高精度な予算編成を、システム上でタイムリーに行えるということです。人事管理システムと連携するとより効果的です。

フィードバック機能

「フィードバック機能」は、予算の目標達成度を評価するための機能です。年度末など予算の設定期間が終了すると、予算と実績を比較してその差分を評価します。予算管理システムには、さまざまな分析ツールとレポーティング機能が搭載されており、予算と実績の差分を図表やフラグなどグラフィカルな形式で可視化できます。

適切な予算編成を行うためには、予算と実績の比較データを蓄積し、PDCAサイクルを回しながら改善していくことが重要です。予算が未達成の場合も、システムが原因を分析してくれるので、今後の予算プランニングに役立ちます。これらの機能を活用することで、見通しの精度が向上し、適切な経営判断が行えるようになります。

KPI設定

「KPI設定」は、組織やプロジェクトの業績を測定し、目標に対する進捗を評価するための主要な業績評価指標(KPI)を定義し、管理する機能です。この機能には、KPIの具体的な数値目標の設定、階層的なKPIの整理、進捗のリアルタイムモニタリング、アラートや通知の発信、そしてKPIに関する詳細な分析とレポーティングが含まれます。これにより、組織は予算の達成度を把握し、必要に応じて迅速に対策を講じることが可能となります。

予算管理システムの比較ポイント5つ

予算管理システムにはさまざまな製品があり、機能性やコストなどが大きく異なります。そのため、予算管理システムの導入効果や成果を高めるためには、自社に合う製品を適切に選ぶことが大切です。本章では、予算管理システムの選び方としてとくに意識したい、下記9つのポイントを解説します。

  1. 導入目的に合う機能を備えているか
  2. 各種会計基準への対応ができているか
  3. 複数ケースのシミュレーションが可能か
  4. セキュリティ強度は万全か
  5. サポート体制がしっかりしているか

1.導入目的に合う機能を備えているか

予算管理システムの種類は多様で、システムごとに対応できる業務範囲が異なります。そのため、導入目的に適合する機能を備えた、自社にマッチする製品を選ぶことが重要です。たとえば、全社的な予算管理だけを行いたい、部門やプロジェクトごとの予算管理も行いたいなど、企業が抱える課題によってシステムが対応する領域は異なります。

また、予算管理システムには複数の提供形態があります。1台のコンピューターでの運用を想定した「パッケージ版」や、自社サーバーで大規模に運用する「オンプレミス版」、ベンダーのサーバー上で運用できる「クラウド版」などです。近年注目を集めているクラウド版は、低コストかつ手軽に導入できるので、多くのケースでおすすめです。

2.各種会計基準への対応ができているか

企業では「会計基準」に従って、決算に必要な「財務諸表」を作成しており、予算編成はそれを基に行います。しかし、日本には複数の「会計基準」があるため、自社が採用している会計基準に対応している予算管理システムを選ぶことが重要です。

適合しない予算管理システムを選ぶと、予算の記載内容や計上方法が異なるものになります。将来的に上場を検討している企業の場合は、「日本会計基準」「米国会計基準」「国際財務報告基準」などに対応した製品を選んでおくといいでしょう。

3.複数ケースのシミュレーションが可能か

予算編成時はシミュレーションを行うのが一般的ですが、複数パターンをシミュレーションできると便利です。それぞれの結果を比較検討すると、利益の確保と実現可能性を両立した、理想的な予算計画が立てやすくなります。予算の再編成時にも役立つ機能なので、システム選定時は複数ケースをシミュレーションできるものを選びましょう。

4.セキュリティ強度は万全か

予算管理システムでは、企業経営に関する機密情報を扱います。近年では、サイバー攻撃によって企業の機密情報が狙われることが増えています。クラウド版の予算管理システムを導入する場合は、ベンダーのセキュリティ体制について確認しておきましょう。

クラウド版のシステムは、ベンダーのサーバー上で稼働するため、ベンダーのセキュリティに問題があるとサイバー攻撃に対して脆弱になります。もし情報漏洩が発生すると、企業経営に深刻なダメージが生じかねないため、ぜひとも意識したいポイントです。

5.サポート体制は万全か

現行の予算管理体制から、予算管理システムを活用したものへ移行する場合、システムの初期設定が必要不可欠です。社内に専門知識がある担当者がいない場合は、システムの導入や移行にあたって不明点やトラブルが発生するかもしれません。

ベンダーによっては専任の担当者によるコンサルティングなど、丁寧な導入サポートを受けられることがあります。最新のマニュアルやセミナーなど、幅広いサポートが用意されていることもあるので、必要に応じて利用してみましょう。

また予算管理システムを導入してから、運用中にトラブルが生じることもあります。たとえば、システムに障害が発生して機能しなくなるなどです。そのときに、ベンダーのサポート体制が充実していると、すぐに問題を解決できるので安心です。

Excel同様に使いやすい予算管理システム8選

これらの製品は、Excelとの使用感が類似しているだけでなく、Excelからデータを簡単にインポートできたり、双方を効果的に連携させることも可能です。従って、Excelらしい使い勝手や柔軟性を保ちつつ、新たな予算管理ツールへの移行をスムーズに行いたい場合や、既存の管理手法や業務フローを変更せずに導入したい場合にお勧めです。

このタイプの予算管理システムは、既存のExcelスキルを生かしつつ、自由度の高いデータの操作や分析が可能です。組織が変化する中でも柔軟に対応でき、利用者がすでに馴染んでいる環境で予算管理を行えるため、導入段階からの適応がスムーズとなります。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    株式会社ログラスのLoglass 経営管理は、すべての経営管理がこれで変わるクラウド型の経営管理システムです。アナログ運用の多い、経営管理領域のデータを一元化ができます。表計算ソフトにおいてデータ収集・統合が難しく、経営分析の時間がとれない、スムーズにデータを取り出せない、データ保管における問題を解決します。東証プライム市場をはじめとした多くの企業に導入されています。予算策定、予実管理、見込み更新、管理会計のフローを効率的に仕組み化し、柔軟に“次の一手”を打ち出せる機動力を届けます。

  • 予算管理システム

    プライマル株式会社のBizForecast BCは、"脱Excel" ではなく "活Excel" を掲げて、Excelの柔軟性を確保しつつ、属人化や情報共有、情報保全と言った面を補うことができる予算管理システムです。また多種多様な業務に対応するために、コンサルティングにも力を入れており、利用者それぞれにあったソリューションを提供し支援可能です。Excelを利用したまま、管理会計業務を効率化し業績のアップに繋げます。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    株式会社フュージョンズのfusion_placeは、ワンパッケージで利用できる経営管理システムです。面倒な集計作業を効率化、予算編成からグループ全体業績管理までの工程をステップアップ可能。Excelに使いにくさを感じている、企画管理チームの業務を効率化します。面倒な集計作業を簡単に効率化するとともに、予算編成からグループ全体の業績管理まで対応。脱Excelをし、業務の効率化を図りたい企業にとって最適のソリューションを提供します。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    アウトルックコンサルティング株式会社のSactona(サクトナ)は、予算編成や予算管理、見込み管理が行えるグループ経営管理システムです。予算編成、予算管理、見込管理など、経営意思決定に必要な情報を提供し、それを実行し、さらに改善する管理会計・経営管理業務サイクルを支える最先端のシステムです。使い慣れたExcelの画面・機能は100%活用可能です。Excelのその先に。Sactona(サクトナ)が経営基盤をしっかりと支えます。

  • 予算管理システム

    株式会社インプレスのiFUSION(アイフュージョン)は、Excelに関する業務を効率化するための運用サポートシステムです。既存のフォーマットをデータベース化し一元管理することで、予算編成や予実・見込の管理、日々の報告書の作成といったExcelを活用している作業に費やされている多くの時間やコストを削減します。さらには権限設定による計算式やフォーマットの保護機能や収集時のエラーチェック機能など、業務を効率化する特徴が随所にあります。

  • 予算管理システム

    アドワー株式会社のBzPLANは、単年度の事業計画、予算編成・予算実績管理・見通し管理のための、100社以上の導入実績を誇る純国産の予算策定・管理会計パッケージです。予算・見通し・予実の3つのフェーズを販売・人員・投資・変動費・固定費の5つの切り口で管理、運用します。各部門・ビジネスユニット別の予算の集計や管理、損益計算を効率化し、見通し計画による年度未着地点の分析や仮説検証機能による経営判断をサポートします。

  • 予算管理システム

    株式会社ディーバのDiva System FBXは、グループ予算や見通しの管理など、グループ経営管理業務に必要なデータ集計・レポーティングを一元的に行える予算管理アプリケーションです。子会社や各事業部における予算管理業務など、メールやExcelにより手作業で行っている作業をシステム化し大幅に効率化します。集計フォーマットを変更する必要がなく使い慣れたExcelをそのまま利用することも可能なため、スムーズに導入できる点も魅力です。

  • 日本ラッド株式会社の集計名人アタボー5は、配布・収集・集計といったをExcel業務自動化することで作業負荷の軽減と作業ミスの削減を実現するExcelデータ統合プラットフォームです。Excelをインターフェースとしたデータベースアプリケーションをノンプラミングで構築可能です。多様なシステムとも連携が可能で、企業内に点在するデータの一元管理を実現します。DX化の促進をローコスト、短期間で実現したいという企業様におすすめしたいシステムです。

一元管理をしやすい予算管理システム5選

これらの製品は、従来のExcelなどとは異なり、直感的で洗練された入力画面やデザインが特長です。一元管理の手法を重視したシステムは、予算管理の機能性に優れており、これにより導入効果が著しく向上します。業務フローや管理方法が変更されても柔軟に対応できるため、組織が変化する状況にも迅速に対応できます。

特に、予算を一元管理したいというニーズに応えるために、画面構成や使用感が工夫されています。これにより、経営者や予算担当者は使いやすい環境で予算の作成や監視を行うことができます。結果として、シームレスな一元管理が実現され、企業は予算の透明性を高めつつ、迅速な意思決定と適切な資源配分を実現することができます。

  • 予算管理システム

    株式会社KSKアナリティクスのjedoxではあらゆる企業の業務に寄り添うため、多様化したデータの統合や分析化、可視化で業務の管理のプラットフォーム化をしていきます。企業の業務をシンプルかつスピーディにすることで、エクセルでは解決することが難しい問題や課題をJeboxでは解決していきます。Excelでは解決することのできない課題をJedoxでは解決することが可能です。自社に合うパッケージが見つからない、社内システムを統合できる管理システムが欲しい、それぞれの部署のデータ集約を簡単にしたいという企業様におすすめしたいシステムです。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    株式会社ナレッジラボのManageboardは、7,100社以上の導入実績のある、アジャイルな経営を支援する予算管理システムです。最新の正確なデータに基づくストレスフリーな戦略立案、時間と手間を削減した迅速なデータ集計と分析による意思決定の加速、スキルや経験に依存しない使いやすい業務プロセス、そしてManageboardに集約された社内データを基に全社員が業績向上のための経営判断を共有する体制が確立されます。

  • 予算管理システム

    株式会社電通国際情報サービスのSTRAVISは、グローバル経営向けに作られた予算会計システムです。グローバル経営の高度化を支え、グローバルなデータの収集を支援します。幅広い業務をカバーし、自動処理といった便利な機能が搭載。またサポートも充実しており、導入実績は950社とノウハウも蓄積しています。月次連結や連結予算、管理連結業務が可能で、グループ経営のデータを収集する基盤としても利用可能。IFRS/JGAAPにも対応しており、利用者のニーズに合わせて使えます。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    DIGGLE株式会社のDIGGLEは、予実管理を簡単にスマートに行え、従来のエクセル業務を簡略化させる経営管理システムです。経営報告をより簡単により正確に、早くすることが可能。JR東日本やchatwork、東急不動産SCマネジメントといった有名企業に導入されています。そのため信頼度も機能性も十分信頼度のあるソフトウェアです。経営管理に悩みを持っている企業や今度の経営管理をもっと簡単にしたいと考えている企業にとって最適なソリューションを提供できます。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    ワークデイ株式会社のWorkday Adaptive Planning は、組み込まれた AI と ML により、より的確で迅速な意思決定と、変化のへの適応を可能にする経営管理システムです。独自の拡張性/パフォーマンスと直感的なユーザーエクスペリエンスを提供します。また、AI/ML ドリブンのインサイトに基づいて、革新的な戦略的意思決定を行えます。導入実績は6,000 社に上り、業界最高レベルの顧客満足度 97% を達成しています。

業務の効率アップに特化した予算管理システム2選

これらの製品は、企業の予算作成と実績管理を迅速かつ効果的に行うための効果的なツールです。これらの製品は業務の効率アップに特化しているため、予算管理を効率的に行いたいと考える方におすすめです。直感的なインターフェースと柔軟なデータ表示機能により、部門ごとの透明性を高め、リアルタイムな分析が可能であり、これにより、迅速な意思決定と組織の生産性向上が実現します。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    予算会計エクスプレスは、複式簿記のプロセスで予算財務諸表(P/L・B/S・C/F)を作成し、予実管理と着地予想を一元管理するシステムです。非会計数値にも対応しており、自動仕訳を組み込んだ予算会計システムとして特許を取得しています。予算会計エクスプレスを導入することで属人化業務の課題を解決し、業務の標準化が可能になり、データ集計・レポート作成・外部データ入力等の自動化で工数を大幅削減できます。予実比較、着地予想レポートがタイムリーに確認できるため、PDCAの実効性が大幅に改善でき、予算財務諸表(P/L・B/S・C/F)の自動作成化により、業務レベル・生産性の向上を実現します。

  • 予算管理システム 請求書作成ソフト

    ヴェルク株式会社のboardは、請求書などの帳票作成システムだけにとどまらない、スモールビジネス向けに開発された業務・経営管理システムです。これまでに4,600社の導入実績を誇ります。Boardは業務・経営を効率化、自動化するために設計されたシステムで営業戦略や経営判断で重要な、未来の見込みを把握するための仕組みを搭載。大手企業の業務システムを構築してきた経験とノウハウを活かしてスモールビジネス向けに経営者自身が設計・開発しています。

データ分析機能に長けている予算管理システム3選

これらの製品は、主に「BI(ビジネスインテリジェンス)ツール」から派生し、経営に関連するデータを詳細に分析することが得意です。これらの製品は、多岐にわたるデータソースやデータベースとの連携が可能であり、これにより、経営者や分析担当者が洞察深い意思決定を行うための重要な情報を得ることができます。

特に大量のデータを効果的かつ精密に分析したい場合に、このタイプの予算管理システムが非常に有益です。経営改善や経営戦略の最適化に向けて、データ駆動のアプローチを採用する企業にとって、これらの製品は強力なツールとなり得ます。データの可視化やパターンの発見を通じて、素早い対応と競争力の獲得が実現されるでしょう。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    bixid(ビサイド)は会社経営をオモシロクをモットーにチームが社員が強くなるための経営管理システムや会計データの可視化、月次決算、キャッシュフローの把握、資金繰り対策、予算管理などを実現していきます。導入している事業者数は1,5万社以上を突破し、中業企業の会計管理システムとしてはNo1、資金繰りの見える会計ソフトNo1、使いやすいクラウド経営計画ソフトNo1を実践しています。経営報告をビジュアルで表現するため、細かく鋭い現状分析を可能にします。経営課題の解像度を高めることで、経営判断の一手を加速させていきます。

  • 日本オラクル株式会社のOracle Cloud EPM Planningは、財務、基幹業務、運用全体で使用できる予算管理システムです。シナリオ・モデリングにより先を予測し、組み込みのベストプラクティスと予測インテリジェンスを活用可能。DropboxやRoyal Bank of scotlandといった、世界各地の大企業でも使用されているソフトです。目標指向で要因ベースの計画を作成でき、複雑な財務のシナリオをモデル化。確実な予算編成を行えます。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    CCH Tagetikは経営管理を高度化してデータトリブル経営の実現を高速化可能な経営管理システムです。グループ全体の経理や、経営企画部門が関わる全ての業務とデータを戦略的に管理、強化して企業価値向上につなげていくプラットフォームです。世界での顧客数が1,600を超え、業務の効率化やコストの削減、リスク低減を実現しています。グループ会社全体のシステムを一元管理し、リアルタイムで信頼性の高いデータをもとに、決算の早期化と先を見据えたプランニングが可能です。

経営管理にも向いている予算管理システム4選

これらの製品は、経営管理システムとして提供されることもあり、多岐にわたる経営機能を網羅しています。また、企業の経営体制をサポートするために設計されており、予算の立案や実績の監視など、経営上の重要な業務を効果的にカバーしています。経営陣が意思決定に必要な情報を瞬時に取得すると同時に、柔軟性と拡張性を備えています。経営管理システムとして製品の導入を検討している方は、

経営管理システム11選を徹底比較!導入すべき理由と種類・選び方を解説の記事も参考にしてみてください。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    データがつながる、経営情報が整う、全てのヒトに届く次世代の経営管理システム【AVANT Cruise】

    AVANT Cruiseは、社内に点在したデータを明細単位で一つに集め、全てのステークホルダーにとって価値ある情報に加工し、利活用する経営管理システムです。
    ESG経営にかかわる非財務情報の義務化をはじめ、急速に変化する市場や外部環境への対応などVUCA時代における企業経営は困難を極めており、経営情報の管理・活用は一層、複雑化・高度化・多様化しています。
    財務・非財務に関わらず様々なデータを、組織や事業、用途に応じて一元的に活用できるように加工し、経営管理に必要な業務テンプレートを標準搭載。既に他のシステムを導入していても統合を必要としない分散型とデータレイク型を兼ね備えた次世代のアーキテクチャに基づいています。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    京セラコミュニケーションシステム株式会社のAmoeba Proは、企業の成長発展に欠かせない「経営改善・意思決定のスピード向上」をサポートするクラウドサービスです。業種・業界・企業規模を問わず、計画・予定の立案から、実績の集計作業を効率化し、自由度の高いレポート、グラフによる分析を行うことが可能です。部門別に加え、商品別やプロジェクト別などの様々な切り口で多角的に分析し、企業の実態把握・改善点を具体的に洗い出し、改善スピード向上をサポートします。アメーバ経営・管理会計の豊富な導入経験を持つ経営・ITコンサルタントが運用をサポートします。

  • 予算管理システム 販売管理システム

    株式会社オロのクラウドERP ZACは、案件や契約、プロジェクト単位で業務進行する業種に対応する販売管理システムです。プロジェクト別の収支管理や正確な売上予測をしたい企業に選ばれ続けています。また、システムの一元化により、データの重複入力などのムダを省き、業務の効率化を実現します。ログの自動保存によりいつ、誰が、どの案件で、どのような承認を行ったかを証跡管理できるため、内部統制を強化できるのも強みです。

万能で使いやすい予算管理システム3選

上記の製品のように、主な特徴はないものの、全体的な性能が優れた万能で使いやすい予算管理システムもあります。これらの製品は、経営陣や上級管理者から予算担当者、そしてExcelを使用しているユーザーまで、広範なニーズに応える理想的なツールです。多機能性、柔軟性、直感的なインターフェース、Excelとの親和性、そして高いセキュリティとデータ信頼性を兼ね備え、組織の変化に柔軟に対応しながら、効率的かつ安全な予算管理を実現します。これにより、万能性や業務の効率化を求める方々にお勧めします。

  • 予算管理システム

    株式会社ミロク情報サービスのGalileopt DXは、DXを実現し、データを連携して価値を高める経営情報システムです。外部連携基盤を強化し、AI仕訳の展開と拡張、ワークフローをスマホ対応で扱えます。Galileopt DXによって、社内のDXを推進出来ます。企業内の業務を最適化し、経理事務を省力化。決算の早期化に貢献可能です。業務のDX推進、処理速度や運用を改善、最新技術への対応を三本柱に、業務の効率化を達成します。

  • 富士通株式会社の予算管理クラウドは、財務のレポートやプランニングを包括的なソリューションで管理、編成、予実管理を行います。SASは高度な予想システムや、分析機能で企業の戦略から策定、共有、そして実践までを効率的に実現可能。ファイナンス部門のパフォーマンス管理と修正、改善を支援するプラットフォームです。日本の商習慣に対応している業務テンプレートや企業の変化に対応可能なフレキシビリティ、高精度の予測を手軽に実現するためのシステムや機能が整っています。

  • 経営管理システム 予算管理システム

    Anaplanは、現状を把握して未来を計画することでビジネスを進める方法に変革を加えていくための機能が備わっている経営管理システムです。Anaplanの特徴は過去の実績に基づいた計画ではなく、未来が秘めている可能性を見据えて計画を策定していきます。企業の事業戦略を確かな成果へ結びつけていき、信頼することができる唯一の情報源をもとにサポートします。革新的で競争力の高いAnaplanは有名な業界アナリストからも評価されており、世界中の各業界のトップ企業が導入。グローバルでの競争力を高めます。

適切で迅速な経営判断には予算管理システムが必要不可欠

企業が予算管理システムを導入すると、予算編成に関わる業務を効率化し、適切な予算管理を実現できるようになります。高度な分析とレポート機能により、状況に応じた経営判断をスピーディーに行えるなど、収益向上と企業向上のためのメリットは計り知れません。

予算管理システムの選定時は、導入目的に合う機能を備えているか、Excelからのスムーズな移行と既存システムとの連携が可能かという点に注目しましょう。実際に予算を編成するときは、正確な情報と担当者の意見を基に実現可能な予算を策定することが大切です。

【製品一覧】おすすめ予算管理システム26選

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • データが瞬時に集まるのですぐに分析作業ができる
  • データへのアクセス性を高めて質の高い意思決定が可能
  • マスタ管理を利用して経営状態を反映できる

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • グループ経営管理のベストプラクティス
  • データを一元管理
  • 経営管理ニーズに対応できる柔軟性・拡張性

予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 財務情報から非財務情報まで、関連組織からの報告の収集・統合業務を一元管理できる
  • 手作業が多い工程のみ自動化、使い慣れたExcelフォーマットはそのまま利用可能
  • 収集・統合業務のための集計・履歴管理・進捗管理・権限管理など、多様な機能が充実

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 管理会計のPDCAを強力にサポート
  • 多軸(多次元)管理によるセグメント分析
  • 豊富なノウハウと導入実績
  • 小規模ユーザー向けライセンス体系あり

予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 部門別、セグメント別、製品別等の予算管理・損益計算が可能
  • 150種類以上の業務テンプレートを搭載、各種業務機能の短期導入が可能に
  • 全ての画面のEXCEL・PDFへの出力・二次加工が可能なため、資料作成に活用できる

予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • フォーマットの一元管理やポータルサイトの活用により、データ収集の効率化が可能
  • 計算式やフォーマットの保護機能やエラーチェック機能により、修正作業の負担を削減
  • 誰でも簡単に習得可能なiFUSIONでExcel作業を圧縮、作業の属人化を防ぐ

予算管理システム販売管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • プロジェクト型ビジネスの収支を可視化する
  • 未来の売上利益を正確に予測し経営戦略をサポート
  • 処理の重複やモレを防ぐアラート機能でミス回避

予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 全社の業務データを一元管理、最速で最適な経営戦略をたてられる
  • 内部統制を強化し、コンプライアンスを守らせることができる
  • 1つのサーバーだけで運用しコストを削減可能

予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 他社システムとの連携が可能で互換性が高い
  • さまざまな切り口で集計することができる
  • PDCAサイクルを効率的に回せるようになる
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 企業の変化に対応したフレキシビリティで事業方針の変更、環境変化の影響にも対応
  • 高精度な予測を手軽に利用でき信頼度の高い分析を行うことが可能
  • 日本ならではのビジネス習慣に対応した業務テンプレートの提供

予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 自由度の高い業務データ管理システムでスピーディーに構築していく
  • 脱エクセルをすすめ、業務を簡略化可能になる
  • データの統合や入力、可視化までを一つのプラットフォームで完結する

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • お客さまの入力方式に合わせた柔軟な画面設計
  • 人手や工数を大幅削減し、ミスを減らすことができる
  • 高度な予実管理でPDCAサイクルをスムーズにする

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 会計ソフトと連携
  • 簡単に見やすいレポートを作成
  • KPI計画も立てる事ができる 詳細計画
  • 権限設定で必要な情報を 適切に開示
  • PL/BS/CFの連動で 資金繰り見通しも簡単に把握

予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 充実したサポートとサービス、アウトソーシングも可能
  • 幅広い導入実績があり、さまざまな領域で業務効率化を達成
  • 連結会計、管理会計、グループ経営データの収集が可能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • シナリオモデリングによって不確実な未来を予測
  • 企業全体を通して計画を作成、正確性と整合性を確保
  • 新しいテクノロジーを利用しユーザーを支援可能

予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • "脱Excel" ではなく "活Excel"ができる
  • 情報共有や情報保全の面を強化し、安全に情報を管理
  • 情報収集と集計・加工機能を会計業務に適用

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 鋭い現状分析を行い経営判断を加速させる経営支援クラウド
  • スマホアプリでいつでもどこでも簡単に確認
  • 「中期年次計画」機能で予算作成を含めた経営計画を立案

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リアルタイムで更新を可能にした多次元集計データベース
  • 高速なオンメモリー集計を実現し、最適な環境構築ができる
  • ワンパッケージで組み合わせが可能、柔軟に業務対応する

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • データを効率的に市場機会に変換し、収益の成長を加速させる
  • 課題を洗い出ししてニューノーマルで成功できる
  • 情報にアクセスし、認知されていない可能性を解放させる

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 予算や実績のデータ、突合・集計・蓄積を省力化
  • 企業の予算消化を可視化し、直感的に情報を収集できる
  • 予算・着地差異の要因を瞬時に把握し、アクションに映せる

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • クラス最高のアプリケーションで仕事の未来をリード
  • 的確な計画と予算編成でコストを削減
  • 唯一無二のエクスペリエンス、業界最高レベルの顧客満足度

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 統合的な機能によって、連結経営が可能になる
  • 将来予測のためにデータを効率よく収集できる
  • 無駄な作業を排して経営と業務の効率化を図る

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 需要と供給のバランスを取るサプライチェーンを計画する機能
  • 予算の編成や、計画ファーキャストにも対応
  • キャッシュフロー計画や分析ができ機能が充実

予算管理システム請求書作成ソフト

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • boardで解決できる4つの課題・ニーズ
  • boardがフィットする企業とフィットしない企業
  • 高い満足度、導入効果で有料の継続率は99%以上

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1542件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる