Menu
Close

【最新】生産管理システム15選比較|機能や選び方を解説

この記事で解説すること

生産管理システムを検討する理由として、生産工程の可視化や業務効率化、人的ミスの削減、表計算ソフト(エクセルなど)での管理に限界を感じているなどの様々な理由があると思います。
しかし、生産管理システムの導入を検討していても、種類や機能が豊富にあるため絞り込むのが難しいのではないでしょうか。
そのような担当者に向けて、この記事では生産管理システムの種類や機能、比較のポイントなど、システムの理解から製品を選定するまでに知っておくべきことを詳しく解説しています。導入を検討する際の参考にしてみてください。

「生産管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 使用エネルギーの監視
    • 加工業向け
    • 個別生産に特化
    • 複数の生産方式に対応
    • 海外工場対応
    • グループ工場の管理可
    • 全業種対応
    • 発注業務の自動化
    • 複数業種対応
    • 生産計画の自動立案
    • 消費期限管理
    • ガントチャート表示
    • 小売業向け
    • 設備管理
    • 卸売業向け
    • 品質管理
    • 製造業向け
    • 金型管理
    • BOM統合
    • 不具合解析
    • カスタマイズ可
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
備考
導入には別途諸経費が必要となります
料金 要相談
備考
WorkGear-X(生産&業務総合システム)
5ライセンス: 3,800,000-
WorkGear-UZ (ユニット在庫生産管理システム)
5ライセンス:4,800,000-
制限なし
オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
月額費用 33,000円~
備考
企業毎に発行。1ユーザーを含みます。
※追加ライセンスは、3,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後に見積。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 1,100,000円(税込)
備考
・システム購入の場合
・タイプにより購入価格は異なる
・年間保守を追加することも可能
・別途同時稼働ライセンスが必要
サブスクリプション 45,000円/月額(税込)
備考
・タイプにより価格は異なる
・別途同時稼働ライセンスが必要
サブスクリプション 495,000円/月額(税込)
備考
・タイプにより価格は異なる
・別途同時稼働ライセンスが必要
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後に対応。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後、調査・見積もりとなります。
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後にヒアリングの後、見積
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
見積り依頼後にデモ導入可能
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
見積り依頼後プランニング
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,500,000円
備考
・パッケージ料金
・別途、導入費用・オペレーション指導が必要となります。
・カスタマイズが発生した場合、別途お見積りとなります。
・ハードウェア費用、諸経費は含まれておりません。
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

生産管理システムとは

生産管理システムとは、製品の生産に関わる納期や在庫、工程、原価などの項目を一つのシステム上で統合的に管理できるシステムです。多くのシステムでは業務の流れや進捗状況をリアルタイムに把握でき、スムーズな指示出しや業務時間の短縮が可能となっています。

生産管理システムの種類

生産管理システムの種類は豊富にありますが、大きく分けると以下の3つとなります。

  • 特定の業種や生産方式に特化しているもの
  • 複数の業種や生産方式に対応しているもの
  • 全ての業種や生産方式に対応しているもの

対応する業種や生産方式が多くなるほど必要となる機能も増えるため、コストがかかります。大規模な企業であれば複数の業種や生産方式に対応させる必要がありますが、それらが限られている小規模の企業は余分なコストをかけなくて済むように特化型のシステムを導入するとよいでしょう。

生産管理システムの機能

生産は、①調達(購買)、②生産、③販売、④開発、⑤管理の5つが基幹機能として成り立っています。

  1. 生産計画 … 製品を生産する際の日数や量、費用などを計画できる機能
  2. 調達管理 … 必要な資材を生産計画の通りに調達するための管理機能
  3. 販売管理 … 製品の見積もりや受注、売上などを管理するための機能
  4. 購買管理機能
  5. 工程管理 … 生産ラインごとの負荷調整や進捗の把握、円滑な指示出しなどを行うための機能
  6. 在庫管理 … 在庫の不足や過剰が生じないように最適化し、管理できる機能
  7. BOM管理   … BOM(部品構成表)をデータ化し、システム上で管理できる機能
  8. 予算管理 … 組織全体や工場別で最適な予算を編成し、管理できる機能
  9. 原価管理 … 原価をシステムが自動計算することで、正確な原価を管理できる機能

主な機能は上記の通りですが、生産管理システムを提供している企業によって生産計画がしやすくなる機能を揃えている製品やBOMの管理を強みとしている製品、機能を全体的に網羅している製品などがあります。選ぶ製品にとってコストが変わってくるため、選定の際には製品の強みをしっかりと把握しましょう。

製品を比較する際のポイント5つ

豊富な種類や機能がある生産管理システムですが、比較のポイントを抑えることで失敗しない製品の選定が可能となります。ここでは、比較のポイントを5つにまとめたので、読み進める中で製品選定の判断基準を作ってみましょう。

1.対応させたい業務の機能が備わっているか
2.自社の生産方式に対応しているか
3.業界や業種に対応しているか
4.サポートは充実しているか
5.操作性に優れているか

1.対応させたい業務の機能が備わっているか

生産管理システムを選ぶうえで、欲しい機能がシステムに備わっていることは絶対条件となります。上記で主な機能を8つ挙げましたが、製品によって強みとしている部分が異なったり、機能が限定されていたりする場合があります。そのため、システムを検討する際は対応させたい業務に必要な機能が強みとされている製品をピックアップするとよいでしょう。導入後に欲しい機能をオプションで追加しなければならず、余計にコストがかかってしまうことや、そもそも備わっていないなどのトラブルが起きないよう、必要な機能を明確にしておくことが大切です。
また、不要であるにも関わらず過剰なまでに多機能な製品を選んでしまうのも好ましくありません。不要な機能の分にも余計なコストがかかったり、操作が複雑となり混乱を招いてしまったりする可能性があるため、不要であれば過剰な機能がある製品は避けた方がよいでしょう。

2.自社の生産方式に対応しているか

生産方式の種類は時期や方式、量によって下記のような例が挙げられます。

【生産時期】

  • 見込生産
  • 受注生産
  • 部品仕込生産

【生産方式】

  • ライン生産
  • ロット生産
  • 個別生産
  • 連続生産

【生産量】

  • 多品種少量生産
  • 少品種大量生産
  • 変種変量生産

このように生産方式は多種多様にありますが、生産管理システムの中には一つの生産方式に特化した製品も存在しているため、採用している生産方式によって選ぶ製品が変わってきます。たとえば「TECHS-S」という製品は個別生産に特化していて、個別生産方式を採用している企業にとっては使いやすい機能が備わっています。対応している範囲が狭いと費用が抑えられるなどのメリットもありますが、将来的に別の生産方式を採用する可能性がある場合などは、それを見越して製品を選ぶとよいでしょう。

3.業界や業種に対応しているか

生産管理システムには、全ての業界・業種に対応している製品や、対応している業界・業種が限定されている製品があります。特殊な業種であるため対応している製品がない場合などは全業種対応の製品を選ぶとよいですが、対応している製品がある場合はそれを選んだ方がより使いやすく、無駄なコストがかからずに済みます。製品選定の際にはどの業界・業種に対応しているかをしっかりと確認しておきましょう。

4.サポートは充実しているか

サポートの充実度はシステムを提供している企業によって異なってきます。サポートの例は下記が挙げられます。

  • 導入時のみ
  • 導入時から導入後の運用まで
  • 導入時から導入後の運用、業務改善の支援など

システムに不慣れで不安がある場合や、導入から運用までをスムーズに行いたい場合は、選定する製品にどの程度サポート体制があるかを必ず確認しましょう。スムーズな導入や運用を実現するためには、サポートが充実している製品を選ぶ方がトラブルも減り、確実性も高いため多少のコストをかけてでも選ぶ価値はあるといえます。

5.操作性に優れているか

生産管理システムは機能で対応できる業務範囲が広いため、操作性に優れている製品を選んだ方がスムーズな業務進行が可能となるでしょう。システムの導入後に使いづらいことが分かると、業務に混乱を招く恐れや、機能を使いこなせず他のシステムに乗り換えを検討する必要などが出てきてしまいます。そのため、無料トライアルによって導入後の業務を体験できる製品や、操作性が具体的に分かる説明がされている製品を検討するとよいでしょう。

生産管理システムの比較15選

受発注システム生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 必要な機能をフル装備した超低価格システム
  • オーダーメイドの様なシステムが低価格、短納期で実現
  • 使う人の立場に立った人にやさしいシステム作り

受発注システム生産管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 月額33,000円から利用できます
  • 個別・連続生産どちらも対応可能なハイブリットタイプ
  • 2か月間無料でお試しできます
  • 自由にカスタマイズできます
  • バージョンアップの費用は無料です

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • OA(オートメーション)効果による工数削減、ミス防止効果
  • 進捗・納期管理の強化と原価の低減効果を実現
  • 会社の品質を向上させ、利益体質への改善を実現
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 中堅・中小製造業が必要とする基幹システムの機能がすべて組み込まれています
  • 得意先との企業間EDI連携、ファイル転送型とWEB型に対応しています
  • 最小限の在庫で納期を守る製品在庫引当・生産計画引当
  • 「照会遷移機能」と「EXCEL連携機能」で社内の情報共有を簡単に実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 進化するリアルタイム統合部品表を採用しています
  • 設計~保守まで、幅広い業務機能に対応しています
  • 各部門間の壁を取っ払い、全社業務の最適化を実現します
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 安定した品質を持つ、生産性が高いシステム
  • QCDの効果的・効率的な運用とKPI作成を支援
  • 企業の成長に合わせた事業展開を容易に実現
  • グループ会社の生産管理業務を統制管理できます

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 製造業における生産管理システムとして必要な基幹機能はすべて標準装備
  • 販売管理システムや生産管スケジューラなどと連携も可能
  • 受注、出荷、発注、受入などの基幹業務のみでの利用も可能

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 製造現場の実務経験者が作った高機能で柔軟性の高いシステム
  • 情報の鮮度と活用方法にこだわったシステム
  • ご利用方法に合わせたご提案が可能なシステム

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 製造業の生産管理に必須である3つの管理機能を搭載
  • サプライチェーン全体にまたがる在庫を一元管理
  • 期限管理・鮮度管理・トレーサビリティなど高度な在庫管理を実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 選択できる価格形態と徹底した導入コストの低減
  • 要望・変化に素早い対応が可能な生産計画作成機能
  • 他システムとの連携インタフェースを標準装備

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • OA(オートメーション)効果による工数削減、ミス防止効果
  • 進捗・納期管理の強化と原価の低減効果を実現
  • 会社の品質を向上させ、利益体質への改善を実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • インターネットを介してどこからでも利用可能で多言語・多通貨対応
  • ノンプログラミングでカスタム可能なABBRを搭載
  • サブスクリプションモデル採用で、初期導入コストを大幅に抑制

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 日本国内の製造現場の実情にベストマッチな提案
  • 時代のニーズに応えて変革し続けるパッケージ
  • 導入だけで終わらない、稼働後も安心のサポート体制

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 在庫、現場、経営、あらゆる情報を「見える化」
  • 生産、販売から輸出入まで豊富な機能を搭載しました
  • 25年以上のノウハウと安定したサポート体制
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • タイトルや項目の名称を「使いやすい言葉」に変更可能
  • 統計・集計できるBIツール(分析機能)を標準装備
  • オプションででハンディ―ターミナル入力、Web入力を実現

生産管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リアルタイムでのオーダー・工程の見える化を実現
  • 生産実績のロット管理を搭載。トレーサビリティ機能も実現
  • 使いやすさを追求したインタフェースを実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 見積から受注の入力が簡略化。作業指示もスムーズに
  • 作業指示や材料受入の手間を簡略化。進捗状況も一目で管理可能
  • 進捗状況の確認画面と得意先への進捗状況の公開も可能に
  • 過去のトラブル表示機能で再発防止、クレーム防止対策が可能

生産管理システムのメリット4つ

ここまでで、生産管理システムの理解や比較のポイントについて解説しました。ここからは、より具体的なメリットを知っていただくために、生産管理システムを導入すると得られるメリットを5つにまとめて紹介します。

1.生産スケジュールや生産量決定の効率化、発注手配の自動化が可能に
2.どの工程に不具合が起きたか確認でき、再発を防止できる
3.情報共有の体制が構築され、迅速な状況把握やトラブル対応が可能に
4.人員計画や先々の有効在庫数を考慮し、最適な計画ができるようになる

1.生産スケジュールや生産量決定の効率化、発注手配の自動化が可能に

多くの生産管理システムでは、生産スケジュールの自動算出や在庫状況を加味した生産量の自動算出、発注業務の効率化・自動化ができる機能が備わっています。たとえば「ASPAC-生産管理」という製品では、得意先の情報に基づいた生産量の決定を行い、関連する部品も含めた発注業務を完全に自動化できます。また、他のシステムでもロットやリードタイムを加味した生産スケジュールと発注計算を自動で行う機能や、最安の発注先を自動で選択してくれる機能などがあります。このように、どこまで工程の補助ができるのかは各システムによって異なりますが、人の手で行うよりも素早く確実な算出が可能であるため、この機能で削減できた人員や時間をより本質的な業務に割くことができます。

2.どの工程に不具合が起きたか確認でき、再発を防止できる

生産管理システムには業務効率化だけでなく、品質を向上するための機能が備わっているものもあります。品質管理の機能では、不良品やトラブルの発生を未然に防ぐため生産工程ごとに検査できます。
また、不良品が発生した場合は原因の究明ができ、不具合箇所の素早い発見や再発の対策が可能となっています。原因を調べる際は、集計した不良品から不良が起きている箇所を分析することで、どの工程に原因があったか推測し、具体的な原因究明に入ります。システムを活用して原因を突きとめ、再発防止策を練るなど、不具合の対策をしていくことで、不良率の低減や納期の短縮などの効果も見込めるでしょう。

3.情報共有の体制が構築され、迅速な状況把握やトラブル対応が可能に

生産管理システムを導入することで、生産業務に必要な情報の共有体制が構築され、業務改善に繋げられます。業務の進捗や不良箇所、受発注などの業務に必要な情報をシステム上でリアルタイムに共有できるため、システム導入前に比べて状況の把握にかかる時間が大幅に削減され、状況にあった最適な指示出しや迅速なトラブル対応が実現できます。

4.人員計画や先々の有効在庫数を考慮し、最適な計画ができるようになる

在庫管理や人員計画もシステムを用いて最適化を図れます。在庫管理の機能では、在庫の過不足を確認することはもちろん、先々の有効在庫数まで算出できるため、より正確な生産計画を立てられます。さらに、人員計画の機能を用いることで、生産ラインに負荷の偏りや人員不足がないかを把握し、臨機応変に人員を配置できるため、状況に合った最適な人員計画の立案が可能となります。これらの機能を活用することで、急な在庫消費やトラブルが起きた場合にも体制を整えて対応できるでしょう。

導入に失敗しないためのポイント3つ

生産管理システムには導入前も導入後も失敗が起きる要素がいくつかあります。事前に気をつけておかないと、せっかく導入したのにトラブルが起き、システムの恩恵を得られなくなってしまいます。そうならないためにも以下の3つを確認し、失敗の可能性を減らしましょう。

1.導入目的を明確化し、メンバーと共有する
2.導入後に得られる効果を明確化する

3.必要な機能を明確化する

1.導入目的を明確化し、メンバーと共有する

導入前に必ず目的を明確化し、メンバーと共有しましょう。導入目的の例は下記が挙げられます。

  • 在庫の過不足を防止
  • 納期短縮
  • 原価の管理
  • 発注業務の自動化、効率化
  • 品質の向上

導入の目的が明確になっていない場合は、妥協すべき点などが不明確であるため部分的に最適化できても全体的にみると中途半端になってしまう可能性があります。そのため、改善すべきことに優先度をつけ、限られた予算で妥協できるポイントを明確にすることで優先的に達成したい目的に注力できます。また、目的や優先度を事前にメンバーへ共有することで、予算と優先度に折り合いをつけた結果、最適化する部門間に差が出てしまってもメンバーの納得を得られるでしょう。

2.導入後に得られる効果を明確化する

システムを導入する際に導入の承認権を持つ決定者の理解を得る必要がある場合は、システムの導入によって得られる効果をできる限り明確にし、導入目的と合わせて説明できるようにしましょう。導入効果の例は下記が挙げられます。

  • 余剰在庫〇%減
  • 〇日の納期短縮
  • 発注業務を〇時間削減
  • 品質不良の改善効果

導入効果の明確化ができていないと決定者の理解が得られなくなり、導入が中断となってしまう可能性があります。導入目的とその効果を説明できるようにしておくことで、決定者の理解が得やすくなるでしょう。

3.必要な機能を明確化する

導入前に必要な機能を明確にしておくことは、導入後に失敗しないための大切な要素です。必要な機能が明確になっていないと、製品を選定する際の判断基準が曖昧になるため、製品の決定に時間がかかってしまいます。さらに、導入する際に使わないはずの機能も無駄に取り入れてしまい、操作性の悪化や余分なコストがかかる可能性も出てきます。そうならないためにも、導入目的を明確にした後は必ず優先度と予算をみて必要な機能を選定しましょう。

 

生産管理システムとERPとの違いとは?どちらを導入すべきか?

生産管理システム

生産現場のニーズに合わせた機能が充実しています。局所的に業務改善や現場での効率化を行いたい場合におすすめです。

ERP

生産管理システムとの違いとして、生産管理だけでなく、会計や人事給与などにまで発展させたシステムになります。特徴として、基幹業務や部門間の情報を1つのシステムで一元管理することができます。基幹業務とは、生産管理・販売管理・購買管理・在庫管理・会計・人事給与など会社の経営上必要な業務のことを指します。それぞれのシステムを連携せずに、会社の経営状況を俯瞰的に見たい場合におすすめです。

 

生産管理システムを活用し、業務の最適化を図ろう

生産管理システムを導入することで見込める効果をまとめると下記となります。

  • 在庫の最適化
  • 品質の向上
  • 納期の短縮
  • 人的ミスの削減
  • 情報共有体制の強化
  • 生産計画の最適化

このように多くのメリットが見込める生産管理システムですが、選定のポイントをしっかりと理解していないと導入後に後悔することにもなりかねません。そうならないためにも、目的の明確化や選定基準を忘れず、自社に合う生産管理システムを導入することで最適な生産管理を実現しましょう。

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる