Menu
Close

【2024】企業データベースおすすめ比較11選!機能や特長も詳しく解説

この記事で解説すること

企業データベースとは、業務内容、規模、業績、財務情報、倒産リスクなど企業に関する莫大な情報を掲載しているシステムです。データベースを利用することによって、営業先のリストを作成したり、なじみのない市場の調査を簡単に行ったりすることができます。

また、データベースから潜在顧客を抽出することで、人員にかかるコストや作業にかかっていた手間を削減することに加えて、効果的な営業やマーケティングが行えるようになります。リスク調査や与信調査にも活用できるので、目的に合わせて最適な企業データベースを選択すると良いでしょう。

「企業データベース」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • ニュース配信
    • 人物データベース
    • 顧客分析
    • CRM・SFA連携
    • AI分析
    • API自動連携
    • 営業リスト作成
    • Excelアップロード
    • マーケティングタグ
    • 倒産予測値
    • RPA連携
    • 消費者調査
    • 特許動向調査
    • 企業信用調査
    • 業界・市場調査
    • 名寄せ機能
    • リストからメール配信可
    • メール分析
    • 営業活動管理
    • MAツール連携
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 4万円~/月額
備考
送信できる件数によって金額が異なります。
詳しくはお問い合わせください。
制限なし
ホットアプローチの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
すでに保有している名刺をデータ化するための費用です。
過去の名刺情報や人脈をすべて可視化することで、導入直後からデータベースを活用できます。
運用支援費用 要相談
備考
Sansanの導入や運用支援を行うための費用です。
8,000社の実績と蓄積されたノウハウで、継続的な運用や活用促進をサポートします。
ライセンス費用 月額
備考
企業規模や用途に合わせて複数のライセンス体系を用意しています。
オプション費用 月額
備考
用途に合わせてさまざまな機能を追加することで、データベースをさらに便利に活用できます。
Sansanスキャナ 月額
備考
顧客情報の一つである名刺を簡単にデータ化できます。
1年間
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 16,000円~/月額
月額基本料金 8,000円~/月額
備考
毎月のご利用料金には、情報利用料金(5円~)も含まれます。
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額プラン ライト 10,000円/月額
月額プラン ライトPlus 15,000円/月額
月額プラン レギュラー 30,000円/月額
月額プラン アドバンス 50,000円/月額
定額プラン 30,000円
従量プラン 要相談
「月額プラン」:1ヶ月、「従量プラン」「定額プラン」:最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 100,000円
備考
6ヶ月以上の契約の場合、初期費用は発生しません
利用料金 30,000円~/月額
利用期間の最低制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Basic Account 無料
備考
無料お試しプラン
・ 基礎的な統計データを閲覧
・ PDF・PNG形式でのダウンロード
Starter Account 月額 $149
備考
個人ユーザー向けプラン
・ すべての統計データを閲覧
・ スタンドアローン・ライセンス
Business Suite オンデマンド
備考
企業向けプラン
・ プラットフォーム全機能の無制限アクセス
・ ユーザー数を自由に指定可能
・ オプションで専門ツールを利用可能
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
Free 0円
備考
月に100件利用可能です。
個別購入 5,000円~
備考
100件・5,000円から件数に応じて購入できます。
定額プラン5000 24,900円/1ヵ月~
備考
月毎に5,000件利用可能です。
定額プラン1000 4,980円/1ヵ月~
備考
月毎に1,000件利用可能です。
3ヶ月
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 ¥0
備考
初期費用は発生しません。
フリープラン ¥0
備考
企業取得可能数30件
3ヶ月スタートプラン ¥55,000/月
備考
企業取得可能数3,000件/月
メール配信可能数9,000件
初回限定
6ヶ月プラン ¥50,000/月
備考
企業取得可能数6,000件/月
メール配信可能数18,000件
12ヶ月プラン ¥45,000/月
備考
企業取得可能数12,000件/月
メール配信可能数36,000件
単月プラン/スモールプラン ¥60,000/月
備考
企業取得可能数1,000件/月
メール配信可能数2,000件
単月プラン/ミディアムプラン ¥120,000/月
備考
企業取得可能数2,000件/月
メール配信可能数4,000件
単月プラン/ラージプラン ¥330,000/月
備考
企業取得可能数6,000件/月
メール配信可能数12,000件
単月から契約可能
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 0円
備考
ログイン不要で無料です。
FUMAデータサービス 500円(税込)~
備考
単価5円(税込)・計500円(税込)から自由に作成したリストをCSV納品可能です。
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

企業データベースとは、業務内容や規模、業績、財務情報、倒産リスクなど企業に関する莫大な情報を掲載しているシステムです。データベースを利用することによって、営業先のリストを作成したり、なじみのない市場の調査を簡単に行ったりすることができます。

また、データベースから潜在顧客を抽出することで、人員にかかるコストや作業にかかっていた手間を削減することに加えて、効果的な営業やマーケティングが行えるようになります。リスク調査や与信調査にも活用できるので、目的に合わせて最適な企業データベースを選択すると良いでしょう。

企業データベースとは?

企業データベースとは、企業に関する詳細な情報を包括的に収集し、整理された形で保存するデータベースのことです。これには企業の基本情報(会社名・代表者名・所在地など)や、財務情報(売上高・利益・資産など)、業界・市場の評価、倒産リスク、過去の取引履歴などが含まれます。これらの情報は、市場調査や営業活動、マーケティング戦略の策定、与信調査、新規顧客の特定など、さまざまなビジネス活動に活用されます。

企業データベースは、情報を効率的に管理し、アクセス可能にすることで、企業が顧客や取引先との関係を構築し、戦略的な意思決定を行うのに役立ちます。データベース内の情報は、検索やリスト作成を通じて容易に抽出でき、これにより新たなビジネスチャンスを見つけたり、信用調査を行ったりする際の手間を軽減します。

企業データベースの導入目的や用途とは

企業データベースを導入しようとすると高額になる場合が多いので、目的をはっきりさせてから導入することをおすすめします。ここでは社内で実際に起こりうる状況をいくつか取り上げて、それぞれの問題を解決する企業データベースの活用方法を紹介します。

  1. 営業リストを作成したい
  2. 与信調査をしたい
  3. マーケティングを見直したい
  4. データの一元管理をしたい
  5. 海外の進出を考えている

1.営業リストを作成したい

営業リストの作成には、さまざまな情報と作成する人の力量が必要です。作成には手間がかかる上、質の高いリストを作成できているかどうかは主観的な判断になるのが問題として挙げられます。営業がチームとして一丸となる環境づくりのためにも、客観的な視点からリストを作成できていることは非常に重要です。ツールによっては成約確度を算出できる場合もあり、リストの作成が一気に容易に行えるようになります。

2.与信調査をしたい

企業データベースには財務管理、過去の取引などから産出された評点が掲載されており、それらを参考に与信管理を行うことが可能です。与信調査だけを行おうとすると一社ごとに費用がかかるので、かなり大きな額になることも考えられます。与信調査以外でも企業データベースを利用する環境であれば、与信調査だけを行うよりも企業データベースを利用する方がお得に済むかもしれません。

3.マーケティングを見直したい

企業データベースで管理されている情報によって取引先の中から明確なターゲットを設定できるので、効果的なマーケティングを行うことが可能ですコロナウイルスの拡大により訪問営業などが難しくなる中で、企業データベースの活用は時代に合わせたマーケティングの手段といえます。製品を本当に必要とする顧客を洗い出せるので、それぞれの顧客に合わせた適切なマーケティングを行うことができるようになるでしょう。

4.データの一元管理をしたい

企業データベースを利用すると複数の拠点から情報を共有でき、排他制御が実装されデータの整合性が保たれることから共同作業が可能となります。企業のデータは莫大な量になるので紙媒体で管理することはまず難しく、自動で安全に管理してくれる企業データベースは非常に便利です。また、莫大な情報の中から特定の情報を探し出すのも簡単に行うことができるようになります。

5.海外の進出を考えている

事業の海外展開を考えていても正確な海外の情報を手に入れるのは難しい現状がありますが、企業データベースには各国の必要な情報がまとまっています。ビジネスのチャンスになるような情報やリスクに関する情報を手に入れることができるので、ビジネスを多方面から考慮して計画することが可能です。海外の市場は、当然国内の市場やニーズとは違ってくるので、海外の情報を踏まえて他社との差別化や投資を考えましょう。

企業データベースを活用するメリット4つ

企業データベースはさまざまな職種で業務の効率化が可能です。膨大な情報が手に入るので、本来の目的以外でも活用できるかもしれません。本章では、企業のデータベースを活用することで考えられる業務改善や、業績向上のポイントについていくつか具体的に紹介します。

  1. 効率的な情報収集が可能に
  2. 質の高い企業情報が手に入る
  3. 企業のリストアップが簡単
  4. 情報の可視化が可能に

1.効率的な情報収集が可能に

企業データベースを利用することで情報収集を効率的に行うことができます。数十万という企業データの中から特定の情報を探すためにこれまで費やしてきた時間や経費、人員を企業データベースの利用で全て補うことができます。そのため、他の重要な意思決定などの部分にリソースを費やすことができ、情報収集の効率化が可能になります。

2.質の高い企業情報が手に入る

企業データベースの利用によって最新の莫大な情報が手に入り、簡単に管理できるようになります。人の手で情報を集めるよりも情報の質が高いので、営業やマーケティングに活用することで必然的に質の高いパフォーマンスを実現することが可能です。データベースは更新され続けるので、より質の高い情報を求めている場合は情報の更新が最新であることやどういったスパンで更新されているかを確認しましょう。

3.企業のリストアップが簡単

人の手で企業をリストアップする場合は、一社一社情報を収集して作成するので非常に時間がかかります。また、リストを作成する際には企業の詳細な情報を把握し整理する必要があるので、できる人材も限られてきます。このような作業で企業データベースを利用すると、必要な条件で絞り込むことで一瞬にして企業をリストアップすることができます。より精度の高いリストを作成できることはもちろん、リスクのある企業との取引を回避できるのもメリットの一つです。

4.情報の可視化が可能に

多企業のデータベースが一か所にまとまって管理されており、グラフやチャートでデータを可視化することができるので情報をわかりやすく全体で共有できます。レポートの出力も可能なのでレポート作成の手間も削減可能です。現場と経営層で簡単に情報が共有できる点は、大きなメリットであるといえます。

企業データベースの選定ポイント4つ

企業データベースの種類はさまざまで、何を基準に選べばよいかについても多くの視点があります。ポイントとして、価格帯が全体的に高めなので本当に必要な機能が最低限そろっているツールを選択することが重要ですが、ほかにもいくつか基準となる点があるので説明します。

  1. 最も重要なのは「コスパ重視」か「データ量重視」か
  2. 登録されている情報の内容
  3. 導入コストを基準に
  4. 他システムとの連携は可能か

1.最も重要なのは「コスパ重視」か「データ量重視」か

データベースの選び方についてはさまざまな視点がありますが、特に重要なのがコストパフォーマンスを重視するかデータの充実さを重視するかという点です。企業データベースは基本的に高価格なので、想定するコストと必要としているデータ量の適切なバランスを見極める必要があります。データ量、価格帯、どういった目的で導入するのか、それに対してどの程度のスペックの企業データベースが必要かを説明します。

◎コスパ重視の場合

企業データベースは価格帯が全体的に高いツールです。予算をあまりかけずに企業データベースを利用したい場合は、無料のツールを利用したり本当に必要な情報を精査したりする必要があります。コストパフォーマンスを考える際に本当に重要な点は、必要以上の情報が含まれているがために高価格になるツールを選択しないことです。抱えている問題点や利用する目的を事前に洗い出し、それぞれに合った適切なツールを選択しましょう。

企業情報を無料で調査できるデータベース3選!選定方法や導入事例も紹介

◎データ量重視の場合

データ量を重視する場合、まずはどの程度の企業が登録されているか、登録されている内容が充実しているのかどうかを確認すると良いでしょう。企業の登録件数が多い場合、情報量が多いことは確かなので、たくさんのデータを必要としている状況では非常に役に立ちます。しかし情報量に伴って金額も高くなるので、導入する前に莫大な情報をどのように利用するのか、不要な情報は含まれていないか、莫大な情報を使いこなせる人材がいるのかという点まで確認する必要があります。

2.登録されている情報の内容

登録されている件数がどのくらいなのか、情報の項目・精度はどういったものか、必要としている情報の範囲は網羅されているのか、を基準に最適なツールを選択することが重要となります。各ツールが掲げている機能として、詳細フィルタ検索で情報の絞り込みがどの程度行えるかどうかも機能として重要なので確認してみると良いでしょう。

3.導入コストを基準に

目的や必要としている情報の条件を明確に設定することで、必要以上の内容を搭載した高額なツールを選択しないようにする必要があります。予定しているコストとサービス内容の最も釣り合うツールを選ぶことが重要です。

例えば「BIZMAPS」は会員登録をしなくても一定の機能を利用することができ、登録すると月100件まで無料で企業情報を閲覧することができます。また、「Musubu」も会員登録することで、月30件まで無料で企業データを閲覧することが可能です。コストの関係で企業データベースの導入を迷っている場合は、無料のもので一度試してみると良いでしょう。

4.他システムとの連携は可能か

他システムとの連携が可能であると、よりシステムの効率化を図ることができます。連携できるシステムの例としてはMAツールやABM、SFAなどが代表的なものとして挙げられます。

すでにこれらのツールの中で利用しているシステムがある場合はもちろん、今後利用を考えているシステムがあるのであれば確認する必要があります。それぞれのツールに関する連携に関しては記事の後半で説明しているので、気になる方はそちらをご覧ください。

【2023】ABMツール比較6選|機能や導入手順、特徴を徹底解説!

おすすめの企業データベース11製品

企業データベースには様々なサービスがあります。機能や費用、使いやすさを比較することで自社に最も適した製品を見つけましょう。ここでは特におすすめの11製品を紹介します。

  1. uSonar(企業データベース)
  2. FORCAS
  3. ホットアプローチ
  4. Statista
  5. SPEEDA
  6. 東京商工リサーチ
  7. BIZMAPS
  8. Beegleデータ
  9. Musubu
  10. SalesNow
  11. FUMA

1.uSonar(企業データベース)

企業データベース uSOnar

ユーソナー株式会社のuSonarは、日本最大の820万拠点の法人企業データを持つ企業データツールです。上場企業から医療法人、個人事業主まで様々なデータを保有します。企業の資本関係、本社・事業所関係のグループ情報を保持し、日々企業情報の変化をチェック・更新し、データの精度と鮮度を維持した高精度なデータであることが特長です。

  • 日本最大の法人企業データベース「Linkage Business Code」
  • レベルの高い名寄せ機能により、データの精度が高い
  • 検索や連携により、普通では見つかりにくい企業関連情報も取得

日本最大の法人企業データベース「Linkage Business Code」

国内拠点網羅率99.7%の日本最大の法人データベースです。日本全国の事業所に11桁の企業コードを採番し、小規模な企業を含めて豊富な属性項目を共に保有しており、さらに企業コード体系により「親会社・子会社」「本店・支店」の関係などの法人企業の資本関係、本社・事業所関係まで把握することができます。

レベルの高い名寄せ機能により、データの精度が高い

通常の名寄せで行われる表記統一・市町村合併のデータ処理に加え、略称名・誤記名で登録された情報を正式な名称に転換するデータ処理も行っています。また、吸収合併やホールディングスへの移行にともなう法人企業の系列情報を最新の系列情報に転換も行っており、非常に整理されたデータとなっています。

検索や連携により、普通では見つかりにくい企業関連情報も取得

多彩な検索条件を組み合わせて、ターゲットリストを作成できます。また、Sales CloudなどのCRM・SFAに、LBCを連携させ、営業活動の効率を高めることができます。企業に関連した情報が紐づけられ、属性を組み合わせたターゲットリストが入手できるので、営業効率がアップします。

uSonarの詳しい製品紹介はこちらから
uSonarの導入事例はこちらから

 uSonar 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース uSonar 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型 × 最低利用期間の制限なし 要問合せ 要問合せ
【公式】データベースマーケティングのユーソナー

2.FORCAS

企業データベース FORCAS

株式会社ユーザベースのFORCASは、150万社以上の企業データベースを保有する、B2B事業向け顧客戦略プラットフォームです。受注率や営業効率を高めたいという課題を持つ大手企業からスタートアップまで幅広く導入されています。

  • 法人ビジネスに特化した560区分、150万社以上の企業データベース
  • 企業分析で、受注傾向やポテンシャルを可視化
  • 知識のない業界概要や競争環境も素早く把握できる

法人ビジネスに特化した560区分、150万社以上の企業データベース

各種データサプライヤーと提携し、上場企業、非上場企業、スタートアップを網羅した150万社以上の企業データは、クラウド上でいつでも何度でもアクセスできます。業界、企業規模、シナリオ、成約確度スコアなどを軸に絞り込み、リストの保存やダウンロードも自由に行えるので、営業戦略の構築に役立ちます。

企業分析で、受注傾向やポテンシャルを可視化

分析対象となる企業が持つ業界区分、シナリオ、利用サービス、企業規模や所在地などの分布が瞬時に可視化されます。併せて、各特徴の重要度や、潜在顧客企業数も把握できます。また、リードや商談データをアップロードすることで、受注率の実績、ホワイトスペースの大きさなどを可視化します。

知識のない業界概要や競争環境も素早く把握できる

560業界分類に基づいて、業界概要・市場環境・競争環境を解説したレポートを入手できます。新しい開拓先で知識がない場合も業界構造の理解を深められます。また、法人ビジネスに関連する国内外100メディアのニュースやプレスリリースを扱う「PR TIMES」と連携し、対象企業に関連する記事がリストアップされます。

【2024】FORCAS(企業データベース)の特徴や機能を徹底解説!導入事例も紹介!

FORCASの詳しい製品紹介はこちらから
FORCASの導入事例はこちらから

FORCAS 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース FORCAS 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型 最低利用期間の制限なし 要問合せ 要問合せ
【公式】FORCAS(フォーカス)|営業DXソリューション|企業データベースと顧客分析

3.ホットアプローチ

株式会社ハンモックのホットアプローチは、狙った企業に営業ができるフォーム営業ツールです。フォーム営業とは、企業のホームページなどにある「お問い合わせ窓口」へ、営業アプローチを実施するデジタル営業手法のことです。

  • 1470万社以上の「企業データべース」を活用、アプローチリストを簡単作成
  • アプローチ先へ営業したい内容を 雛形から選び、送信文面を作成
  • 各企業のお問い合わせ窓口に一斉に送信 経営者や責任者に情報が届く
  • 「反応があった」企業へアプローチ

470万社以上の「企業データべース」を活用、アプローチリストを簡単作成

国税庁や経済産業省の信頼性の高い情報をもとにした日本全国470万社以上の企業データベースが活用できます。 業界、エリア、ビジネス情報、連絡先の有無(住所、電話、問い合わせフォーム、メールアドレスなど)などから、マウス操作でかんたんにアプローチしたい企業が絞り込めます。

アプローチ先へ営業したい内容を 雛形から選び、送信文面を作成

送信すべき内容は企業の業態などに応じてある程度カスタマイズが必要になりますが、「ホットアプローチ」は送信内容の雛形を複数用意しているため、各企業に刺さりやすいアプローチ文をかんたんに作成できます。

各企業のお問い合わせ窓口に一斉に送信 経営者や責任者に情報が届く

フォーム(お問い合わせ窓口)は企業にとって顧客との大事な接点であるため、フォームからのお問い合わせ内容は決済者へ連携されやすいのが特徴です。「ホットアプローチ 」は連絡先を知らない経営者や責任者へダイレクトにアプローチが可能。アプローチした企業から、メールや電話でお返事をいただくことで商談創出につながります。

「反応があった」企業へアプローチ

お問い合わせ窓口に配信する文面に「行動ログ」がわかるURLを含めることで、自社ホームページにアクセスした企業が判明します。「どのページを」「どれくらい」閲覧しているか分かるため、アプローチ先に対して優先順位をつけた攻めの営業が可能になります。

ホットアプローチの詳しい製品紹介はこちらから

 ホットアプローチ 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース ホットアプローチ

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型 × 最低利用期間の制限なし 要問合せ 月額4万円~
【公式】狙った企業に営業ができる”フォーム営業ツール” l ホットアプローチ

4.Statista

スタティスタジャパン株式会社のStatistaは、150以上の国と170の業界をカバーし、登録ユーザー数250万人、統計データ数は100万件を超える統計調査データプラットフォームです。2万件以上の信頼できる情報ソースから提供される統計データは、企業がビジネスをするにあたって必要不可欠である競合調査や消費者調査、世界や業界のトレンド把握などにも大きく役立てられます。

  • トピックページによってビジネスに役立つ最新情報を把握できる
  • Statista独自のマーケティング予測で主要業界の未来を展望できる
  • 重要な指標を備えたデータベースにより手軽な競合調査が可能に

トピックページによってビジネスに役立つ最新情報を把握できる

テーマごとに関連データをまとめたトピックページによって世界のトレンドや業界のトレンド情報を把握できます。また、Staticsは170の業界をカバーしているため、自社の業界のみならず他業界のトレンドや新ビジネス、注目の話題などを自社に活用することも可能です。情報は日々更新されるため最新情報を確認できます。

Statista独自のマーケティング予測で主要業界の未来を展望できる

産業や製品・サービス、消費者トレンドなど、地域ごとのレポートやデータ集が約10,000点用意されています。さらに、先が読みづらい現代に必要な主要業界のマーケット予測をStatista独自の技術で可能にし、コンテンツとして提供されています。経営判断やビジネス展開の際などで活用することが可能です。

重要な指標を備えたデータベースにより手軽な競合調査が可能に

世界中の 6,000万を超える株式非公開企業と50,000を超える株式上場企業に関する関連情報を検索することで、ビジネスに必要な情報が一目でわかり、業界を把握しやすくなります。ビジネス情報には収益性と流動性の指標や株価パフォーマンス指標などを含めた20を超えるKPIにアクセスでき、手軽な競合調査が可能となります。

Statistaの詳しい製品紹介はこちらから

 Statista 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース statista 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型 × 1年 要問合せ 月額$59~
【公式】スタティスタ – 世界の統計調査データを使い放題 | Statista

5.SPEEDA

企業データベース SPEEDA  

株式会社ユーザベースのSPEEDAは、経営の意思決定を支える560業界の市場データやレポートを格納した、クラウドの企業データベースです。日本の上場企業約4,000社などの主要なデータをはじめ、日本・アジアの未上場企業約950万社や3,000部以上の国別業界レポートなど、幅広い情報をカバーしています。

  • 経済情報のプラットフォームとして圧倒的な情報量を持つ
  • 競合社や顧客候補、M&A先も比較検討できる
  • 調査・分析や導入に対する手厚いサポートが受けられる

経済情報のプラットフォームとして圧倒的な情報量を持つ

経営をサポートする情報の厚さが魅力です。業界データは560に渡り、そのレポートを3,000本以上有するなど、豊富な情報を有します。また、上場区分に関わらず国内外の会社概要などベーシックな情報を揃えるほか、「水素エネルギー」「サブスプリクション」などトレンドについてもサーチすることができます。

競合社や顧客候補、M&A先も比較検討できる

ピボットテーブルのような形で、複数企業の財務数値、経営指標、株価などを比較、ダウンロードできるので、競合社の現状把握が容易で、顧客候補の優先順位もつけやすくなります。また、M&Aに関しても190万件以上の案件データを格納しており、多様な切り口から検索が可能です。

調査・分析や導入に対する手厚いサポートが受けられる

「データが見当たらない」「探し方が分からない」などの困りごとを、SPEEDAのサポートデスクに問い合わせると、経験豊富なプロフェッショナルが30分で初期回答を行うので、悩んで時間を無駄にすることがありません。また、導入後のスムーズな運用と、導入効果を最大化するため、運用支援サービスも用意されています。

SPEEDA の詳しい製品紹介はこちらから
SPEEDAの導入事例はこちらから

SPEEDA 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース SPEEDA 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型 最低利用期間の制限なし 要問合せ 要問合せ
【公式】経済情報プラットフォームSPEEDA

6.東京商工リサーチ

名刺管理ソフト 東京商工リサーチ

株式会社東京商工リサーチの東京商工リサーチは、240ヵ国超、4億件を超える世界最大の企業情報を持つ企業データベースです。与信管理や取引先候補など様々なデータのニーズに応えます。

  • 世界最大の企業データベースとして、世界へ挑戦する企業を支援
  • ニーズに合わせて企業の詳細な情報を獲得できる
  • 3確度の高い見込み客へのアプローチをサポート

世界最大の企業データベースとして、世界へ挑戦する企業を支援

株式会社東京商工リサーチは、世界各国の企業信用調査会社のリーディングカンパニーで組織された「D&B Worldwide Network」ネットワークの一員で、世界一のデータ量を持ち、その中から顧客のニーズに沿ってデータを提供します。海外の情報が豊富なのでグローバル展開する企業の心強いパートナーとなります。

ニーズに合わせて企業の詳細な情報を獲得できる

通常のインターネット検索だけでは分からない、企業の詳しい実情が調べられます。過去6期分の業績や取引先をはじめ企業概要を凝縮した情報や、D&B信用格付、ペイメント情報、財務情報、企業識別コードなど幅広い情報を収録した海外調査レポートなど、圧倒的なコンテンツ力を持ちます。

確度の高い見込み客へのアプローチをサポート

既存顧客の属性を分析することで、どのような企業が自社の顧客と成りうるかが可視化されます。また、情報システム部門、経営企画部門の連絡先を収録したリストも抽出できるので具体的なアプローチ先も知ることができます。統計モデルによる顧客分析で、売れる確度を算出することも可能です。

東京商工リサーチの詳しい製品紹介はこちらから

東京商工リサーチ 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース 東京商工リサーチ 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
なし  × 最低利用期間の制限なし 要問合せ 要問合せ
【公式】東京商工リサーチ

7.BIZMAPS

企業データベース BIZMAPS 

株式会社アイドマ・ホールディングスのBIZMAPSは、登録企業者数が170万社以上の日本国内最大級の企業検索サービスです。会員登録のみで月100件までなら、業種、事業内容、売上など複数の項目から絞り込んだ企業情報を無料でダウンロードできるのが特長です。

  • 月100件まで無料でダウンロード可能で、目的に合わせたリストが作成できる
  • 全国約3,200人のリサーチャーにより常に鮮度の高いデータベースを提供
  • 営業効率をアップに役立つ、実用的なデータが手に入る

月100件まで無料でダウンロード可能で、目的に合わせたリストが作成できる

月100件までリストのダウンロードが無料なので、今までかかっていたリスト購入費を削減できます。リスト作成は地域や業種などの条件で絞り込んでダウンロードボタンを押すだけです。複雑な操作や設定は一切不要で、様々な条件を掛け合わせた「受注が期待できるリスト」を作成することが可能です。

全国約3,200人のリサーチャーにより常に鮮度の高いデータベースを提供

データベースは、全国約3,200人のリサーチャーが目視でチェックし、最新情報として更新しています。これにより、常に鮮度の高いリストを利用できます。会社の移転や電話番号変更、解散、合併、役員交代などのあらゆる変化をリサーチャーが定期的にチェックして更新するので精度の高いデータと言えます。

営業効率をアップに役立つ、実用的なデータが手に入る

提供されるデータは、住所、電話番号だけでなく売上高や従業員数、代表名なども記載されています。また、新規法人も含めホームページの存在する会社を日々調査しているので、ワンクリックで相手企業のホームページにたどり着くことができるので、情報収集の時間を削減し、営業活動を効率化できます。

BIZMAPS の詳しい製品紹介はこちらから

BIZMAPS 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース BIZMAPS 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
なし  〇 3カ月 0円 4980円~/月額
【公式】営業リストおすすめ無料検索サイト|BIZMAPS(ビズマップ)

8.Beegleデータ

企業データベース Beegleデータ

ネットビジネスサポート株式会社のBeegleデータは、営業のDX化に最適な企業データベースサービスです。インターネット上の企業データを、法人番号をもとにデータベース化し、集めたデータにタグつけすることで情報を整理することが可能です。

  • 国内ナンバーワンの企業データ数!60万社からの最新データを収録
  • 独自のマーケティングタグを付与、顧客のターゲティングに最適
  • API連携で企業内既存システムと連携可能!NBSサービスも利用でき強固な営業DXに

国内ナンバーワンの企業データ数!60万社からの最新データを収録

Beegleデータは、60万社の公式サイトより企業データを収録しています。また、AIやRPAを活用して2ヶ月ごとに最新の企業情報をデータベースに更新します。国税庁法人マスタと連携しており、膨大なデータ量でも専用エンジンで法人番号をキーに名寄せしているので、欲しい最新の企業データがすぐに入手できます。

独自のマーケティングタグを付与、顧客のターゲティングに最適

企業活動、事業分野、トレンドでタグを企業データに表記することで、より顧客属性の細分化が可能です。例えば、企業活動では「経営・事業展開」、「採用・雇用・働き方改革」などといったカテゴリーでタグを付与できます。そのため、営業やマーケティングの顧客開拓のデータベースとして活用可能です。

API連携で企業内既存システムと連携可能!NBSサービスも利用でき強固な営業DXに

API連携により、企業内のシステム、例えばSFA、CRM、RPAとBeegleデータが連携できます。そのため、各システム内において、より精密なデータ分析とAI活用が可能になります。また、同社の提供する営業サービスも連携利用ができるため、強固なデータをもとにした営業DX化の促進が可能となります。

Beegleデータの詳しい製品紹介はこちらから

Beegleデータ 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース Beegleデータ 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型  × 最低利用期間の制限なし 0円 4980円~/月額
【公式】営業DXの礎となる「Beegleデータ」

9.Musubu

企業データベース Musubu  

Baseconnect株式会社のMusubuは、140万件を超えるデータを持つクラウド型の企業データベースです。サービス名の通り、営業活動の情報を登録し、企業に関連する情報と繋ぎ合わせることで、今まで知らなかったことや、獲得に時間がかかっていた情報を即座に入手できるのが特長です。

  • 法人営業に必要な、新規営業先の選定からリスト抽出まで簡単に行える
  • データの構造化により、ビジネスに繋がるアプローチが可能に
  • 本当に必要な情報だけを狙って使用できるので無駄がない

法人営業に必要な、新規営業先の選定からリスト抽出まで簡単に行える

140万件を超える信頼度の高い企業情報から、成約やアポにつながる可能性の高い営業先リストを、たった30秒程度で作成できるスピード感が魅力です。売上など25種以上の絞り込み軸や、事業キーワード・商品名などを指定して全国から企業をリストアップするので、効率的な情報収集が可能になります。

データの構造化により、ビジネスに繋がるアプローチが可能に

提供データは、無秩序な情報を整理して置き換える「構造化」の工程を経ています。この工程により、多彩な検索軸や分析などを実現し、「より最適な顧客層」「より最適なアプローチ」を提示します。また、機械工程による自動取得と人力の文章化やチェックを組み合わせ、データ作成のプロセスを標準化して情報のエラーも低減します。

本当に必要な情報だけを狙って使用できるので無駄がない

25以上の高度な検索軸を使って自社でデータを作成することで、新規開拓営業で使用するのに必要な情報量の企業データだけを高い精度・ローコストで入手できます。売上高や上場市場種別など基本的な軸はもちろん、従業員数増加率や、約10,000タグの事業内容キーワードでも検索が可能です。

Musubu の詳しい製品紹介はこちらから

Musubuデータ 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース Musubu 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型  〇 3ヶ月 0円 25000円~/月額
【公式】Musubu (ムスブ) – 法人営業の新規開拓を支援するクラウド型企業情報データベース

10.SalesNow

企業データベース SalesNow

株式会社QuickWorkのSalesNowは、500万社以上の企業データをリアルタイムで収集している、顧客開拓向けのプラットフォームです。2022年時点で約12,500社以上の企業に導入されています。日次で30万件以上のデータを更新するので、常に最新の情報が手に入ります。

  • 500万社の企業データと100万件の連絡先情報を検索、抽出しリスト化
  • 企業のリアルタイムの情報をもとにシナリオを設定
  • 設定したシナリオに該当した企業の情報をタイムリーに通知

500万社の企業データと100万件の連絡先情報を検索、抽出しリスト化

日本全国500万社超のデータから、156項目を超える検索条件を駆使してターゲットを絞りこみできるので情報収集の時間を大幅に短縮できます。また、100万件の連絡先データを使用して、人物データも確認が可能。SNS情報もあるため、決済者を探してダイレクトに連絡することも可能です。

企業のリアルタイムの情報をもとにシナリオを設定

80.3億以上のデータ量から、5,000件を超えるシナリオパターンに沿った、タイムリーな営業リストを作成することが可能です。リアルタイムで更新される求人情報をもとに企業を絞り込むことで、新着企業順に企業が並びます。例えば設定したシナリオで、求人募集を開始した新着企業について日次通知を設定することもできます。

設定したシナリオに該当した企業の情報をタイムリーに通知

事前に設定したシナリオに当てはまった企業をメールや Slackで通知してくれます。例えば、「昨日Reactエンジニアの求人を更新した企業10社」「リスティング広告を実施している企業120社」などピンポイントの情報が最適なタイミングで届くので、営業チャンスを逃しません。

SalesNow の詳しい製品紹介はこちらから

SalesNow 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース SalesNow 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型  〇 最低利用期間の制限なし 要相談 要相談
【公式】SalesNow

11.FUMA

企業データベース FUMA 

株式会社PlainworksのFUMAは、有力企業160万社のデータからオリジナルリストを作成できる、無料で使用可能な企業データベースです。地域や業種、40,000種以上のタグによる検索条件を指定して、希望のリストを抽出できるのが魅力です。

  • 膨大なデータを手軽に抽出できる、年間利用者300万人の人気サービス
  • 無料で希望条件に合ったリストが作成できる
  • オプションで良質な企業リストを必要な分だけ抽出

膨大なデータを手軽に抽出できる、年間利用者300万人の人気サービス

全国160万社以上のデータを提供します。会員登録は不要でブラウザ上で無料・無制限で利用できる手軽さが支持され、年間で300万人が利用している人気のサービスです。表示された件数や基本情報の見出しからリストの中身をすぐに確認できます。従来の営業リスト作成や企業調査にかかるコストや時間を大幅に圧縮します。

無料で希望条件に合ったリストが作成できる

地域や業種といった条件から業績や規模といった詳細な条件まで好みの条件で最短5秒でリスト表示できます。FUMAが独自開発したタグが40,000種類以上あり、細かなターゲティングが可能です。例えば、「関西で数十人規模のソフトウェア開発業者」などピンポイントでリスト化できます。

オプションで良質な企業リストを必要な分だけ抽出

オプションの「FUMAデータサービス」を利用することで、非公開企業情報などの良質なデータがCSVデータで手に入ります。業界平均価格よりも安い単価5円で必要な時に必要な分だけ入手できるので気軽に利用できます。納品データはメールで送付され、見積書や領収書も各画面から発行可能です。

FUMA の詳しい製品紹介はこちらから

FUMA 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース FUMA 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
なし  × 最低利用期間の制限なし 0円 500円~
【公式】完全無料で今すぐ使える企業リスト「FUMA」は法人営業リストの決定版
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 470万社以上の「企業データべース」を活用、アプローチリストを簡単作成
  • アプローチ先へ営業したい内容を 雛形から選び、送信文面を作成
  • 各企業のお問い合わせ窓口に一斉に送信 経営者や責任者に情報が届く
  • 「反応があった」企業へアプローチ

名刺管理ソフト企業データベース

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
  • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
  • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理

ABMツール企業データベース

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • トピックページによってビジネスに役立つ最新情報を把握できる
  • Statista独自のマーケティング予測で主要業界の未来を展望できる
  • 重要な指標を備えたデータベースにより手軽な競合調査が可能に
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 情報収集・調査ツールのスタンダード
  • 500を超える情報源をワンストップで検索
  • 日経グループが取材・調査した独自情報

企業データベース

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 業界最多クラスの50サイトの求人情報から、成長力のある企業を絞り込める
  • 既存の情報に加え日々新たに収集される情報から、Web露出の少ない企業を絞り込める
  • 複数サイトの情報を合成することで、最大項目の情報として活用できる

企業データベース

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 圧倒的な求人データ情報量から、最新の求人ニーズがわかる
  • 求人特化だからこそ、採用意欲の高い企業にリーチできる
  • 知識豊富なスタッフによるヒアリングで、運用まで手厚くサポート
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 日本最大の法人企業データベース「Linkage Business Code」
  • レベルの高い名寄せ機能により、データの精度が高い
  • 検索や連携により、普通では見つかりにくい企業関連情報も取得

企業データベース

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 経済情報のプラットフォームとして圧倒的な情報量を持つ
  • 競合社や顧客候補、M&A先も比較検討できる
  • 調査・分析や導入に対する手厚いサポートが受けられる
トライアル 無し
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 法人ビジネスに特化した560区分、150万社以上の企業データベース
  • 企業分析で、受注傾向やポテンシャルを可視化
  • 知識のない業界概要や競争環境も素早く把握できる
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 世界最大の企業データベースとして、世界へ挑戦する企業を支援
  • ニーズに合わせて企業の詳細な情報を獲得できる
  • 確度の高い見込み客へのアプローチをサポート

企業データベース

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 月100件まで無料でダウンロード可能で、目的に合わせたリストが作成できる
  • 全国約3,200人のリサーチャーにより常に鮮度の高いデータベースを提供
  • 営業効率をアップに役立つ、実用的なデータが手に入る

企業データベース

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 国内ナンバーワンの企業データ数!60万社からの最新データを収録
  • 独自のマーケティングタグを付与、顧客のターゲティングに最適
  • API連携で企業内既存システムと連携可能!NBSサービスも利用でき強固な営業DXに

企業データベース

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 法人営業に必要な、新規営業先の選定からリスト抽出まで簡単に行える
  • データの構造化により、ビジネスに繋がるアプローチが可能に
  • 本当に必要な情報だけを狙って使用できるので無駄がない

企業データベース

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 500万社の企業データと100万件の連絡先情報を検索、抽出しリスト化
  • 企業のリアルタイムの情報をもとにシナリオを設定
  • 設定したシナリオに該当した企業の情報をタイムリーに通知

企業データベース

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 膨大なデータを手軽に抽出できる、年間利用者300万人の人気サービス
  • 無料で希望条件に合ったリストが作成できる
  • オプションで良質な企業リストを必要な分だけ抽出

企業データベースを業務に活用した導入事例2選

企業データベースを導入する多くの企業の目的の中心は、情報管理の効率化や営業の成約率の向上などです。企業データべースが実際に企業で活用されている事例をいくつか紹介します。似たような状況であれば、問題の解決を現実的に考えることができるはずなので参考にしてみてください。代表的な事例以外に、新たな活用方法を見出せるような事例も紹介していきます。

  • 事例1:富士通JapanにおけるFORCASの導入事例
  • 事例2:I雑貨卸売業者における東京商工リサーチの導入事例

事例1:FORCASにおける富士通Japanの導入事例


一つ目の事例は、富士通Japan株式会社の営業戦略の立案・マーケティングを中心に行う部署によるFORCASの導入事例です。新規事業開拓にまだ伸びしろがあると考えたため、幅広い顧客層を獲得することや営業に関する負担が大きいことから営業の生産性向上を目的としました。新しいソリューションにおける明確なターゲティングができないという問題は、多くの他企業も抱えていることでしょう。

FORCUSは細かな業種区分で細分化していくことができるので、明確なターゲティングを行うことができます。導入を機に初めて営業とマーケティングが新規開拓先を作成する経験となり、共通の目的をもって目標に向かっていけるようになりました。また、営業とマーケティングがFORCASを通して対等な目線を持つことで営業の負担を軽減させ、より戦略的なマーケティング思考を推進するようになった、と大きな環境の変化が述べられています。

参照:富士通Japan戦略企画統括部の挑戦|FORCAS

事例2:I雑貨卸売業者による東京商工リサーチの導入事例


二つ目の事例は、I雑貨卸売業者の海外事業部準備室による東京商工リサーチの導入事例です。I雑貨卸売業者では国内需要が伸び悩んだことからアジア進出を決意したものの、海外展開のさまざまなリスクに対応するために東京商工リサーチを導入しました。

海外進出を考える際には、正確な市場ニーズの把握をしたうえでの差別化、事業計画の妥当性やカントリーリスクに対する検討がかかせません。東京商工リサーチの運営するD&B WorldBaseのような海外の同業他社の企業情報得られるツールやD&B D-U-N-S® Registered™といった取引先に自社の信頼性を保証するツールを活用することで、プロジェクトのスピードが一気に加速し、中国企業とのアライアンス締結に向けて交渉を行うことが可能となりました。今後、海外ビジネスがさらに進展した際にも確実に役に立つ、と述べられています。

参照:導入事例|I雑貨卸売業者|東京商工リサーチ

MAやSFAの意味と連携するメリットを解説

企業データベースの選び方でも取り上げたように、他ツールと連携できるかどうかという点も企業データベースを選択する上で重要な基準となります。企業データベースと連携すると良い代表的な他ツールの説明を加えつつ、各ツールと連携できる企業データベースの種類や、連携することによってどういう効果が生まれるのかを解説していきます。

MAについて

MAとは、マーケティングオートメーションツールのことです。主にマーケティング部門で活用されているツールで、画面上で顧客の情報を可視化して管理することで個別に応じたアプローチを行うことができるようにするものです。個々の情報・ニーズ管理がされているので、それぞれの要望に沿った提案ができ顧客との信頼関係が築けるとして、これまで営業にかかっていた様々なコストを削減することができます。

MAとの連携について

MAツールで企業に関する個別の情報・ニーズが詳細に記載されているものの、一覧の企業の中で企業として成約可能性は高いのかどうかといった優先順位を判断することは難しいかもしれません。企業データベースとMAツールを連携すると、蓄積された情報から企業の傾向を分析して明確なターゲティングを行うことができ、マーケティングの効率化が可能です。

SFAについて

SFAとはセールスフォースオートメーションのことで、営業の生産性を向上・改善させる営業支援システムを指します。営業で必要となる情報や業務を自動化することで、効率的に情報を蓄積・分析できるような環境を構築します。コロナウイルス拡大の影響もあり訪問営業が難しくなる中で、情報管理を効率化し営業プロセスを簡略化することが重視されるようになったことからSFAの導入が急速に進んでいます。

SFAとの連携について

SFAには日々営業に関する情報が更新されていくので、SFAと企業データベースを平行して利用すると二重登録や誤入力を注視する必要性が生じてきます。こうした状況の中では企業を新規登録することや情報を更新していくことが負担となってしまうかもしれません。SFAと連携を行うことができると、簡単な操作で企業の詳細情報を抽出・転記ができるようになり、それ以降の更新も自動で行えるのでリアルタイムでデータの品質を維持して情報を共有することができます。

MA/SFAとの連携可能な企業データベース

  1. FORCAS
  2. uSonar
  3. Beegleデータ

効率的に企業の情報収集や業務活用には企業データベースの導入が必須

企業データベースには多くの活用方法があり企業の抱える様々な問題を解決する手段となりえますが、平均的に高価格なツールであることから使い方をよく考える必要があります。まずは、抱えている問題を明確に洗い出し、本当に必要な情報を精査します。そのうえで、想定するコストと求めるスペックの釣り合った企業データべースを選択すると良いでしょう。

企業データベースには多くの情報が記載されており、抱えている問題以外をも解決できる可能性があります。導入するきっかけとなる問題はもちろんですが、それ以外の問題にもできる限り対応できるような企業データベースを選ぶ方がコストの削減・営業の効率化など、多くの改善が見込めます。まずは、社内の具体的な問題を見直してみましょう。

よくある質問

企業データベースとは何ですか?

企業データベースとは、企業が所有する様々な種類のデータを保存、管理、使用するためのシステムです。企業データの中には主に、顧客情報、商品情報、在庫情報、財務情報、人事情報などが含まれます。

企業データベースにはどのような種類がありますか?

企業データベースの種類としては、関係データベース、オブジェクト指向データベース、データウェアハウスなどがあります。

企業データベースのメリットは?

企業データベースを利用することで、現在企業が管理している情報をより正確に管理することができ、情報の共有や分析、レポート作成などの業務が効率化されます。また、管理しているデータのセキュリティが確保され、不正アクセスや情報漏洩のリスクを低減することが期待できます。

企業データベースの活用例は?

企業データベースの活用例としては「顧客管理」「商品管理」「財務管理」「人事管理」「ビジネスインテリジェンス(BI)」「クラウドストレージ」などが挙げられます。

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1589件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる