Menu
Close

最終更新日: 2022/02/09

【2022最新】RPAツール比較17選|導入事例と機能・価格から選ぶ

昨今話題となっているRPAツール、大手企業では50%以上が導入し広く普及しています。ここ1年でもその普及率は増え続け、今では中小企業でも導入する事例が増えています。時代の流れと働き方の変革によって業務の自動化は欠かせないものとなっています。現在においても導入を検討している企業は多いでしょう。しかし、RPAツールといっても具体的にどのようなことができるのか分かりづらく、ざっくりと業務を効率化できるといった理解の人も多いはずです。そこでこの記事ではRPAツールを導入するメリットを再確認し、自社に合ったものを選べるようにご紹介します。

そもそもRPAツールとは?

RPAとはRobotic Process Automationの略です。直訳すれば、「ロボットによる工程の自動化」となり、仮想知的労働者とも呼ばれています。今まで人間が手作業で行っていた業務をロボットが代行し効率化をするわけですが、ここで言うロボットというのは実際に形ある機械ではなく、アプリケーションのことを指します。

つまり、実際に営業に出向いたり店舗でモノを売ったり、お茶出しや来客対応をするツールではなく、主に事務作業を中心とした定型作業を自動化します。

入力や転記といった単純作業、大量に同じ動作を繰り返したり複数のシステムを跨って作業することに長けているため、発注業務・受注の登録・伝票入力・DMの一斉送信といったシーンで活用されます。

RPAツールを導入するメリット

近年話題となっているRPAツール。大企業だけでなくベンチャー企業やスタートアップ企業でも注目される、導入事例も増えてきています。なぜ、今になってRPAツールが話題になり導入する企業が増えているのでしょうか?

作業を効率化できる

RPAツールの真髄であるのが作業の効率化です。ロボットによって行われる作業は人間よりもそのスピードが早いだけでなく、24時間稼働することができるため時間に囚われず大幅に生産性を高めます。

またロボットの動作中、担当者は手を離して他の業務に時間を使えるため、ロボットではできない人間の判断が必要な仕事や人とのコミュニケーションなどより価値のある業務に時間を使うことができます。

例えば、営業担当であっても日々の顧客情報登録やレポートなどを自動化することによって、営業企画や顧客との打ち合わせに時間を使うことができるようになります。

人的ミスの防止

RPAツールは人間とは違い、設定された動作であれば正確に作業をします。人間であれば単純・繰り返しの作業であっても、逆に集中力を欠いてしまいタイプミスや入力漏れを起こしてしまいますが、その心配はありません。また、そういった人的ミスの確認作業も削減することができます。

残業時間の削減や人件費の削減ができる

作業を効率化し人間の代わりに動くということは、それまで作業をしていた担当者の業務時間を削減することができます。すなわちそれは残業時間を削減し、その担当者を他の業務に充てるなどすれば人件費の削減にも繋がります。

さらに、その作業をアウトソーシングしてる場合でもRPAツールを利用する方が遥かに費用を削減することができます。

人材不足の解消

大企業だけでなく、中小企業でもRPAツールが注目されている理由の一つが人材不足の解消です。大企業よりも人材の確保が難しく、なおかつ事務作業や入力作業にリソースを回せず他の担当者が兼任をするということもあります。

そういった人材不足の解消ができるのはRPAツールが専門の知識や工数を必要とせずに導入、運用できるという特徴があるからです。

従業員のストレスケアと働き方改革に繋がる

上記のメリットはいずれも従業員のストレスケアと、現代において社会的な動きである働き方改革に繋がります。

基本的に人はひたすら単純作業を繰り返すことにストレスを感じやすく、それによって残業が発生したり他の業務が圧迫されたりしたら尚更です。

またこれらに加え、ロボットの作業はテレワーク下においても可能であり、さらにこれからの労働人口減少といった課題も合わさっていることから、現代の日本社会においてRPAツールが注目されるのは必然とも言えるでしょう。

RPAツールの導入事例

RPAツールのメリットについて紹介しましたが、やはりまだ具体的にどんなことができるのか、どのようなシーンで活用されるのか分かりづらいという人も多いでしょう。

ここでは実際にRPAツールを導入した事例を紹介してイメージを掴みやすくしたいと思います。また、具体的な効果についても数字で分かるため導入後の成果基準としてどれくらいの数字を見込めれば良いか参考になるでしょう。

1.【株式会社JCアカウンティング】部門横断的な業務へRPAツールを導入

JCアカウンティングは外資系企業に対して記帳代行、支払代行、給与計算といった業務委託サービスを行う約70名規模の会社です。

クライアントは小規模な法人が主で、その数は毎年10%増加。増えるクライアントと業務に対してスタッフの確保が追いつかず、変革が必要となっていました。そのような中で「デジタル・サバイバル・プラン」として属人化の改善と生産性2倍、そして「どのメンバーが1か月有給をとっても業務に支障がない体制づくり」を目標にプロジェクトを立ち上げました。

課題

組織内の別部門で同じデータを入力していることに気づき、部門を横断する業務を自動化することに決め、さらに設定時に業務のプロセス自体も見直し、属人化されているフローを統一することで自動化できるタスクを増やしました。

受領した請求書で仕訳処理をし、その仕訳情報によって別部門が管理表作成及び納付書作成をしていた部分の自動化に成功します。

効果

1.自動で請求書の仕訳処理・納付書作成を行い、年間900時間の業務削減が実現した。
2.店頭納付時に発生していた銀行訪問の回数・滞在時間削減、さらなる業務時間削減が実現。
3.社員に業務標準化のマインドセットを定着化、業務の属人化も改善することができた。

出典:JCアカウンティング | 「無くなる仕事」の効率化によりデジタル・デザインの視点を醸成、「無くならない仕事」を強くする | RPA 国内シェアNo.1 「WinActor(ウィンアクター)」|NTTデータ公式サイト

請求書の情報入力、またそれらの集計入力作業を全て自動化し年間で900時間の削減に成功しました。また、電子納税データ生成業務、納税システムへのデータ転記業務も自動化していき、業務を標準化させることを従業員へ根付かせていきました。

RPAツールの種類は大きく分けて2つ

RPAツールを選ぶ第一歩として、まずは種類について説明します。
導入時の規模、将来的な運用規模、どこまで複雑に運用するかといった観点に加え、担当者や担当部署による導入と管理コストを中心に紹介します。

デスクトップ型

デスクトップ型はパソコンごとにインストールする種類です。PC1台に対して1つのツールを導入します。ロボットも1つのPC内で動くため、比較的導入が容易なのが特徴です。ロボットを利用したいPCごとに導入が必要なため、スモールスタートをしたい場合や小規模の事業に向いています。導入後も担当者が管理しやすく、ロボットも特定のPCのみでしか動作できないため社内的な機密情報などにアクセスはできないというのがメリットでもデメリットでもあります。

しかし、特定のPCに導入して担当者単位で管理をすることが多くなるため、管理やロボットのシナリオ設定が属人化しやすく、担当者が離れるといわゆる「野良ロボット」になりやすくなり誰も手がつけられなくなるという状態になりやすいです。

サーバー型

サーバー型はサーバーにRPAツールをインストールする種類です。サーバー型は大量に、横断的に作業を同時進行することができます。そのため、大規模な組織への導入に向いており、部署やチームをまたいだ作業も自動化できるようになります。また、ロボットの作業はサーバーのリソースを用いるため、PCのメモリを圧迫することが少なくなります。

しかし、サーバーからRPAツールを構築し横断的にシナリオを設定するため、導入は比較的難しく初期費用やランニングコストも高くなります。とはいえ、自動化できる作業も大量になるため費用対効果としては設定次第で大幅に見込めるでしょう。

RPAツールの選び方

RPAツールは大規模なものであれば初期費用に数百万円かかることもあります。組織として企業として導入の失敗はできないでしょう。ここではRPAツールの導入を検討するにあたって課題としている部分が解決できるか、どのような課題に合っているのかに注目して選び方を紹介します。

担当者が設定・管理をできるか

RPAツールの導入で特に懸念点となるのが設定・管理ができるかでしょう。これらの要素はRPAツールが組織内でしっかりとワークするかを左右します。特に動作させるロボットが多くなることが見込まれる場合や自社でシナリオを開発する場合は操作性やメンテナンス性が重要になります。

改善したい課題に対して有効的か

機能として、WEBやアプリケーションとの連携ができるか、複雑な条件分岐やAIによる学習機能など対応しているものを確認して改善したい課題に有効かどうか確認しましょう。MAツールとのAPI連携といった機能もあるため、顧客管理やWEBサイトに更新がある場合もRPAツールが連動します。そういったように、どこに課題があるかで対それに応する機能を確認しましょう。

業務は基幹的か特定的か

基幹業務とは企業において根幹となる販売や生産の管理、財務会計といった事業を行う上で欠かせない業務のことです。逆にそれらの基幹業務の中でも特定のものに絞って自動化をしたいという場合もあるでしょう。

基幹業務全般を横断的に自動化し、他ツールなどとの連携なども行いたい場合はメジャーで一般的なRPAツールを選ぶと良いです。特定的な場合はスモールスタートをすることも検討してデスクトップ型などからミニマムに導入をした方がよいでしょう。

RPAツールの比較17選

RPAツール

SynchRoid

ソフトバンク株式会社

RPAツール

SynchRoid

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社によるRPAソフトSynchRoidは、ノンプログラミングでロボット開発が可能な開発インターフェースです。コンパクトでユーザーに優しい設計のRPAなので、スモールスタートが可能。PC上の操作を記録し、人の代わりに作業できます。PCでの事務作業をソフトウェアロボットが代行することで、コスト削減や品質向上、業務スピード向上が見込めます。繰り返されるルーチンワークによる人為的ミスを減らし、カスタマーのさらなる発展に寄与できるのです。

  • 日常的に繰り返されるPC業務を代行し、作業を効率化
  • ユーザーに優しい開発インターフェースにより業務を効率化
  • 手厚いサポートと無料トライアルで安心したスタートを
ソフト種別 オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 データの転記作業 メール送信 データ集計 
推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ Macアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信その他不動産
よく導入している企業の規模
1,001名以上6名-20名51名-100名

この製品の導入事例掲載数9

この製品の導入事例を見る

RPAツール

OCEVISTAS

株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング

RPAツール

OCEVISTAS

株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング

株式会社大崎コンピュータエンヂニアリングのOCEVISTASは、国内RPA市場を牽引するRPAテクノロジーズ社製BizRobo!をベーステクノロジーとする自治体向けRPAソリューションです。長年のSIで培ったノウハウを基にインテグレーションを行い、自治体のDX推進を支援しています。利用者に対してバーチャルスタッフを提供して、顧客の負荷となる事務を高品質・高速処理で代行して大幅に削減します。

  • 自治体のDX化に最適なRPAで事業改革に貢献します
  • ロボットと協働し、よりクリエイティビティな業務への労働力シフトの実現
  • 社会変化に応じる様々なビジネスを迅速にサポートします
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 エラー処理 タスクレポート 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 一年間
よく導入している業種
公共機関・非営利団体
よく導入している企業の規模
不明

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

RPAツール

RaBit

ラディックス株式会社

RPAツール

RaBit

ラディックス株式会社

ラディックス株式会社のRaBitは、利用する企業ごとにオーダーメイドで定型業務の自動化が可能な専用ロボットを提供しているRPAツールです。専用ロボットを用いてPCでの単純作業の98%を削減可能で、それらの業務にかけていた時間やコスト、人手の有効活用により戦略業務の体制強化などを図ることができます。導入の際には専門的な知識を必要とせず、専任のエンジニアとのヒアリングで希望を言うだけで専用のロボットが入手可能となっています。

  • 専門的な知識は不要のまま、希望通りの業務ロボットを入手可能
  • RaBitの導入により、定型業務に割く人員や時間、コストを大幅に削減
  • 優れた費用対効果とプロによる充実のサポートで安心して利用できる
ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
旅行・宿泊・飲食小売・流通医療・化学
よく導入している企業の規模
101名-300名1-5名21名-50名

この製品の導入事例掲載数12

この製品の導入事例を見る

RPAツール

AUTORO

オートロ株式会社

RPAツール

AUTORO

オートロ株式会社

オートロ株式会社のAUTOROは、各種データ連携を実現するクラウド型システムで企業や個人、チームでの業務効率化や成長戦略推進のツールとして導入されています。大量のデータ転機やデータアップロードなどの事務作業をロボットが代わりに行い、作業効率やスタッフの負担軽減に繋がります。視覚的に操作ができ、一連の業務フローを記録することができるので、誰でも簡単にすぐに使い始めることができます。

  • 安心かつ充実のサポート体制で継続率99%
  • クラウド型RPAなのでいろいろな業務を 自由に自動化できます
  • 分かりやすい導入フローで気軽に始めることが可能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 紙資料の電子化 テキストのチェック エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 タスクレポート 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
その他広告・放送・出版IT・情報通信
よく導入している企業の規模
101名-300名301名-1,000名不明

この製品の導入事例掲載数10

この製品の導入事例を見る

RPAツール

NEC Software Robot Solution

日本電気株式会社

RPAツール

NEC Software Robot Solution

日本電気株式会社

日本電気株式会社のNEC Software Robot Solutionは、簡単・直感的にソフトウェアロボットが構築できる製品です。自治体や病院といった様々な業種の導入事例があります。この製品を導入することで、これまで人手で行っていた単純なデータ収集・加工作業を削減したことで、年間約73%の工数削減を実現することが見込める結果となりました。このように創出した時間を、より高付加価値な作業へとシフトできたことに加え、「人為的なミス」や「作業漏れ」などがなくなり、単純作業の品質向上に繋がります。

  • 充実したサポート体制で、誰でも安心して導入可能
  • 最先端AIを活用して様々な社会課題や企業が抱える課題を解決します
  • プログラミング不要で、簡単・直感的に操作可能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 紙資料の電子化 テキストのチェック エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 タスクレポート 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 1か月
よく導入している業種
医療・化学製造小売・流通
よく導入している企業の規模
1,001名以上不明301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数12

この製品の導入事例を見る

RPAツール

NOC RPAサービス

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

RPAツール

NOC RPAサービス

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社のNOC RPAサービスは企業のRPAツール導入をサポートするサービスです。これまで1000社を超える企業のアウトソーシングを30年以上サポートしてきたNOCが事前調査から導入支援、導入後のアフターフォローまでを一貫して担当します。豊富な導入実績から得た経験を用いて、RPAツール導入の必要性や実業務に即した導入を提案できます。NOC RPAサービスはRPAを介して、コア業務へ専念できる体制を提供します。

  • 業務調査から現状を把握し、導入の必要性を検討
  • 導入する業務範囲とRPAシナリオの定義の早期確定
  • 企業それぞれに合わせたRPAツールのシナリオ開発
  • 導入前から導入後までも充実したサポート
ソフト種別 なし 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 紙資料の電子化 データ集計 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
広告・放送・出版運輸・物流
よく導入している企業の規模
301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

RPAツール

BizRobo!

RPAテクノロジーズ株式会社

RPAツール

BizRobo!

RPAテクノロジーズ株式会社

RPAテクノロジーズ株式会社のBizRobo!は独自の価格体系を持ち、低コストで圧倒的な費用対効果を実現するRPAツールです。スモールスタート可能でありながら、1ラインセンスでロボットを無制限に作成可能。大規模運用すればするほどお得になる料金体系です。ブラウザからもロボットを実行可能で早朝や夜間のタスクを補助。他のRPAツールではエラーが起きる不安定なプロセスでも、BizRobo!であればまた機械学習機能があるので安定して稼働できます。

  • ノンITでもロボットをローコードで簡単に開発
  • デスクトップ版だけでなくサーバー版も提供
  • 充実の管理機能により指定した時間に簡単実行
ソフト種別 オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 エラー処理 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信小売・流通不動産
よく導入している企業の規模
1,001名以上301名-1,000名21名-50名

この製品の導入事例掲載数29

この製品の導入事例を見る

RPAツール

WinActor

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

RPAツール

WinActor

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のRPAツールWinActorは、国内6,500社以上が導入している純国産のRPAツールです。プログラミングの知識が不要で利用でき、導入から運用後もトータルでサポートしてくれます。純国産なので日本語環境下の現場でも安心して利用でき、コンサルを含めた手厚いサービスを利用可能。ソフト自体もNTT研究所で開発、継続的に改善されており、機能性でも充実しています。

  • プログラミング不要の簡単操作で自動化範囲を増やす
  • 純国産なので完全日本語対応、英語にも対応可能
  • 信頼のNTT研究所で開発、PC1台から始められサポートも充実
ソフト種別 パッケージ型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 データの転記作業 メール送信 データ集計 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信製造その他
よく導入している企業の規模
1,001名以上51名-100名101名-300名

この製品の導入事例掲載数28

この製品の導入事例を見る

RPAツール

Octoparse

Octopus Data Inc.

RPAツール

Octoparse

Octopus Data Inc.

octopus data inc.のOctoparseは、インターネット上にある情報の中から企業に必要なデータを自動で収集できるRPAツールです。コーディングが不要であるため、専門的な知識がなくても運用可能となっています。Webクローリングによる定期的な競合調査や、ウェブ上に掲載されている会社情報を自動収集した営業リスト抽出、口コミサイトのクローリングによる口コミ調査などができ、企業に必要な情報収集を支援してくれます。

  • プログラミングなしの簡単な設定で情報収集を自動化できる
  • クラウドによりデータ抽出速度が向上し、24時間の運用が可能に
  • 1,000社以上をサポートし、リピート率95%を誇る高品質なデータ収集代行
ソフト種別 クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 スケジュール設定 スクレイピング タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通IT・情報通信その他
よく導入している企業の規模
不明

この製品の導入事例掲載数4

この製品の導入事例を見る

RPAツール

ROBOWARE

株式会社イーセクター

RPAツール

ROBOWARE

株式会社イーセクター

株式会社イーセクターのRPAソフトROBOWAREは、オフィス業務を中心に人間が操作していた業務を自動化するRPAソフトです。アプリケーションやWebの画面を認識し、マウスやキーボード上の操作を自動処理。操作を再現し、業務効率の向上を目指します。ROBOWAREはRPAの定形業務はもちろん、RPA2.0で求められる企業や組織に合わせロボットを作成。RubyやJAVAなどで、プログラム初級者でもロボットの作成やメンテナンスができます。

  • 画面を認識し、人間の動きを自動的に再現する
  • 開発型ソリューションの決定版的存在であるRPAソフト
  • グリッド方式のソフトウェアを採用したRPA
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 メール送信 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

RPAツール

RoboTANGO

スターティアレイズ株式会社

RPAツール

RoboTANGO

スターティアレイズ株式会社

スターティアレイズ株式会社のRPAツールRoboTANGOは、業務度自動化によりミスを削減。人による確認作業を自動化、手作業を無くし、業務改善と効率化を行えます。今までのRPAで当たり前だった、高額かつ拠点間しか使えない部分と、ロボ作成が難しい部分を改善。RoboTANGOを使い、人で不足で回っていなかった作業を自動化することで、人手不足を解消できます。また単純作業から解放する事で、人間の仕事を価値を生み出すものに集中できるのです。

  • リーズナブルにRPAを使用し、業務改善可能
  • 録画機能により簡単記録、簡単ロボット作成
  • 安心のサポート体制によりロボ作成をアシスト
ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 紙資料の電子化 テキストのチェック エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 1ヵ月
よく導入している業種
製造建設その他
よく導入している企業の規模
101名-300名51名-100名

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

RPAツール

Autoジョブ名人

ユーザックシステム株式会社

RPAツール

Autoジョブ名人

ユーザックシステム株式会社

ユーザックシステム株式会社のRPAソフトAutoジョブ名人は、RPAの名前が世に出る前から業務効率化を手助けしてきた企業により作られました。エラーの多いRPAソフトの中でも、稼働安定性に定評があり、シナリオ作成のノウハウを学ぶセミナーも存在。費用対効果を大切にしており、導入しやすい価格で提供されているのが特徴。多くの大企業が導入しており、プログラミング経験が無くとも開発に問題がありません。導入後のフォローも手厚い事で信頼を得ています。

  • RPAのシナリオをかんたん作成、低いエラー率を達成
  • 安定性により、業務を滞りなく効率化できる
  • 手厚いサポートにより業務を止めずに行える
ソフト種別 パッケージ型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造小売・流通運輸・物流
よく導入している企業の規模
101名-300名1,001名以上301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

RPAツール

Work Fusion Studio

Workfusion

RPAツール

Work Fusion Studio

Workfusion

WorkFusionのRPAソフトWork Fusion Studioは、企業のチームを意味のある仕事に追加し、より大きなコストの削減を実現します。ユーザーが見込むより多くの利益を得られるでしょう。自動化する部分を12週間以内に発見し、ソリューションを運用環境にデプロイ可能です。自動化前と自動化後のギャップをなくし、可視化された設計と監査機能により、安全に自動化を達成する総合プラットフォームがWork Fusion Studioです。

  • 分野事に最適化されたソリューションの提供
  • コーディングを使用せずエンドツーエンドのワークフローを管理
  • 高度なドキュメント処理と解析により自動化レベルを向上
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 データ集計 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

RPAツール

Pega Robotic Process Automation

PEGA, Inc.

PEGAのPega Robotic Process Automationは、3,490万ドルの価値を企業にもたらしたRPAソフトです。タスクの実行に留まらず、素早く自動化を導入。成果も素早く実現します。反復作業の自動化により、つまらない単純作業から人間を開放します。システム間のギャップを捨て去り、複数のアプリ操作にかかっていた時間を削減。サイロをなくします。業務にデジタル開会をもたらす事で、プロセスを高速化。人為ミスをなくし、旧来のプロセスやレガシーから企業を開放できるでしょう。

  • タスクをプロセスに変え自動化を加速、素早い効率化
  • エンドツーエンドで完全に自動化、作業時間を短縮
  • 堅牢な管理コンソールにより監査をモニタリング
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 メール送信 データ集計 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
金融
よく導入している企業の規模
1,001名以上

この製品の導入事例掲載数1

この製品の導入事例を見る

RPAツール

AUTOMATION ANYWHERE

Automation Anywhere, Inc.

RPAツール

AUTOMATION ANYWHERE

Automation Anywhere, Inc.

Automation AnywhereのRPAソフトAUTOMATION ANYWHEREは、リーダーズクアドラントRPA部門でビジョンの完成度を2年連続で最高峰をマークする、実績のあるソフトです。大手10社中7社の通信会社がAUTOMATION ANYWHEREにより自動化しています。Webベースのプラットフォームにより、自動化プロセスの量は倍増化し、従来型RPAシステムのインフラストラクチャに比べスケーリングは3倍高速化します。

  • 自動化の力でビジネスを次のレベルへ進める
  • エンドツーエンドの自動化においてユーザー本位の設計
  • 総合的なプラットフォームのメリットを活用しさらなる効率化を図る
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 メール送信 データ集計 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造医療・化学運輸・物流
よく導入している企業の規模
1,001名以上101名-300名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

RPAツール

UiPath

UiPath株式会社

RPAツール

UiPath

UiPath株式会社

UiPathは、自動化領域の発見から実行までを行うプラットフォームです。G2 Crowdでも5段階評価のうち4.6を記録する高い評価を得ています。従業員から自動化のアイディアを募り、プロセスをキャプチャし文章化。様々な業務データを分析し、最適化します。また従業員の日々の作業を分析し、自動化可能な作業を発見。専門知識が無くとも、業務を自動化し、日々のルーチンワークから従業員を開放。人間的でクリエイティブな業務へ人員を割く事ができます。

  • シンプルな操作でスマートで堅牢なロボットの開発
  • ロボットを巧みに管理するシステムが充実している
  • あらゆる種類のロボットを実行し、協働できる
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 メール送信 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通製造IT・情報通信
よく導入している企業の規模
1,001名以上

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

Blue Prismのインテリジェントオートメーションは、自動化プロジェクトを戦略的に推進し、ビジネス変革を実現するRPAソフト。金融からヘルスケアまで様々な業界にわたり、ビジネス変革と長期的なROIを実現しています。Blue Prismは数多くの導入実績を持ち、先進的な取り組みを証明するだけでなく、企業にとっての問題解決の最短経路としてのサービスの提供も証明しています。RPAを超えて、自動化に関するイメージを一新するソフトです。

  • インテリジェントオートメーションにより投資を最大化
  • 正確かつ高速なマルチタスキングを実現可能
  • クラウドとマーケットにより無限の可能性を
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 入金管理 自動化業務の設定 スクレイピング 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
その他製造医療・化学
よく導入している企業の規模
1,001名以上301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

RPAツールが会社・組織にとって本当に必要か考えよう

ここまでRPAツールについて紹介しましたが、なんとなく導入をすると失敗する可能性はかなり高いです。どんなツールやサービスにも言えることではありますが、導入前に本当に必要かどうかを考えましょう。RPAツールの場合はどの点に注意するべきかご紹介します。

導入の成果基準は?

検討段階としてRPAツールの機能について理解できた次は導入後の成果基準を定めておくことが重要です。

導入段階では「とりあえず業務を効率化できそう」「会計業務の何かしらを自動化したい」というざっくりとした課題ではなく、「伝票入力業務の時間を月〇〇時間短縮したい」「会計業務の転記作業を自動化したい」というように具体的な課題感と成果基準を用意しておきましょう。

誰がいつ、どのくらい時間をかけて導入するか

導入、導入後のサポートはほとんどのツールで用意されていますが、それでもサーバ型ーで環境を構築する場合にはそれなりに工数がかかりますし、導入後のシナリオ設定についても部署間を横断したりと複数人の連携と作業が必要になるため通常業務を圧迫する可能性は大きくあります。

導入後、想定以上に時間と工数がかかってしまい結局後回しになってしまったり、中途半端な運用になってしまったりということもあるので、誰がいつ、どのくらい時間をかけるか慎重に見積もっておきましょう。

導入後の管理や設定はどうするか

RPAツールは導入後にもシナリオ設定が必要になり、それ以降に関しても随時メンテナンスを行わなければならなりません。それらの設定・管理を誰が行うのか、担当者を一人決めるか部署で担当を持つか、もしくは個人個人が設定・管理を行えるようにするかなどを考える必要があります。

特定の担当者が一人で設定や管理をすると、その人が退職や移動をした時に「野良ロボット」が生まれてしまう可能性がありますし、かといって個人個人で設定・管理をするには事前に運用ルールやフローのマニュアルを用意しておく必要があります。

これらが曖昧なまま導入してしまうと「野良ロボット」が動き回り、部署間ではロボットが重複するなどといった惨事が起こりかねません。

最終的な費用対効果はどれほど見込めるか

RPAツールは大規模なものによっては高額な初期費用とランニングコスト、そして運用とメンテナンスのコストがかかります。それらに対してどれほどの費用対効果が見込めるのかを見極めなければいけません。

生産性が何%アップして業績を伸ばせるか、自動化によって人件費を月何時間分カットできるか。もちろんそういった端的な効果だけでなく、自動化によって空いたリソースを他の業務に回したり新たなチームを結成したり、部署やチームを横断的に自動化し連携することで相乗効果を生むなど、中長期的な効果も視野に入れて検討しましょう。

このカテゴリーの導入事例

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る