Menu
Close

【全16製品】RPAツールとは?人気製品の比較や導入メリットを解説

この記事で解説すること

RPA(Robotic Process Automation)ツールは、繰り返しの業務やタスクを自動化するための革命的なテクノロジーとして、現代のビジネス環境において重要な役割を果たしています。急速な変化と競争の激化により、効率的な業務運用がますます求められており、多くの企業がRPAツールの導入を検討しています。

RPAツールは、業務プロセスの自動化を通じて、人的エラーを削減し、生産性を向上させることができます。しかし、ただツールを導入するだけでなく、適切なRPAツールを選択し、効果的に活用することが重要です。

この記事では、2023年の最新RPAツール16選を詳細に比較し、RPAツールの選定において注意すべきポイントや導入のメリットについて解説します。また、RPAツールが業務効率の最適化だけでなく、従業員のストレス軽減や生産性向上にどのように寄与するかについても検討します。

「RPAツール」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 自動化業務の設定
    • スケジュール設定
    • データの転記作業
    • 紙資料の電子化
    • テキストのチェック
    • エラー処理
    • メール送信
    • メールのファイル保存
    • PDF変換
    • スクレイピング
    • データ集計
    • タスクレポート
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Trial 0円
備考
試してみたい方向け
・月間契約→14日間無料
・AI OCR(上限枚数)→30枚
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Starter 120,000円/年間 (1ヵ月あたり1万円 )
備考
コストを抑えたい方向け
・月間契約→12,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→100枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→✕(制限あり)
Standard 600,000円/年間 (1ヵ月あたり5万円 )
備考
一般的なプラン
・月間契約→60,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→2000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Pro 1,800,000/年間 (1ヵ月あたり15万円 )
備考
処理枚数が多い方向け
・月間契約→180,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→10000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
OCEVISTAS mini 年額90万円~
OCEVISTAS BasicRobo 年額720万円~(月額60万円~)
備考
RPA導入にあたり、企画、導入、運用の各フェーズに対応するサービスについては個別見積にて対応いたします。
OCEVISTAS mini for 自治体 年間60万円~
一年間
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 60,000円
備考
初期費用には以下が含まれています。
・ご意向ヒアリング
・要件定義
・ロボット開発
・導入
月額利用料 9,500円/月額
備考
1つのロボット作業について、月額9,500円がかかります。 利用者のロボット作業数の算出については、初回の業務ヒアリング時に確認できます。
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
NEC Software Robot Solution 120,000円/月額
NEC Software Robot Solution 実行専用 40,000円/月額
その他要お問い合わせ その他要お問い合わせ
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
月額基本料 82500円(税込)
オプション(導入支援) 22000円(税込)
その他 要お問い合わせ
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用
備考
お問い合わせください。
BizRobo! mini 900,000円/年間
BizRobo! Lite 1,200,000円/年間
備考
初期費用30万円かかります。
BizRobo! Lite+ 1,800,000円/年間
備考
初期費用30万円かかります。
BizRobo! Basic 7,200,000円/年間
1年間
オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
WinActor フル機能版ライセンス 908,000円/年間
WinActor 実行版ライセンス 248,000円/年間
有償トライアルサービス (60日間) 190,000円
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
フリー 無料
備考
個人向け、一回実行あたり最大1万レコード導出可能、抽出ページ数制限なし、端末台数制限なし。
スタンダード $75/月額
備考
チーム向け、フリーのすべての機能に加えます。100タスクの同時保存、クラウド抽出(6台同時利用)、100種類以上のスターターテンプレート、基本APIアクセス。
プロフェッショナル $208/月額
備考
中規模の組織向け、スタンダードのすべての機能に加えます。250タスクの同時保存、クラウド抽出(20台同時利用)、高度APIアクセス、クラウド自動バックアップ、ワークフローチェック & 1対1トレーニング。
エンタープライズ ニーズに応じてカスタマイズ可能
備考
大規模、複雑な組織向け、プロフェッショナルのすべての機能に加えます。750タスクの同時保存、クラウド抽出(40台同時利用)、機能拡張、専任のサクセスマネージャー。
データサービス $399~
備考
フルカスタマイズ 、整理・標準化しデータを提供します 。 24時間年中無休のモニタリング
PoC試作サービスをご提供 、単発プロジェクトに最適
法的・GDPR対応
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 1,000,000円
オープン価格 2,500,000円
備考
パートナー契約の場合は安くなる可能性があります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
基本プラン 50,000円/月額
備考
初期費用100,000円かかります。
リモレクライト 80,000円/月額
備考
初期費用150,000円かかります。ロボ作成のサポートを受けられます。月1コマのオンラインレクチャーを受講可能です。
リモレク スタンダード 100,000円/月額
備考
初期費用150,000円かかります。作成したいロボがたくさんある方におすすめです。月2コマのオンラインレクチャーを受講可能です。
リモレク アドバンス 150,000円/月額
備考
初期費用200,000円かかります。早急に業務にRPAを定着させたい方におすすめです。月4コマのオンラインレクチャーを受講可能です。
1ヵ月
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Autoジョブ名人 開発版 1年間ライセンス 600,000円
Autoジョブ名人開発版 5年間ライセンス 2,700,000円
Autoジョブ名人実行版 1年間ライセンス 180,000円
Autoジョブ名人実行版 5年間ライセンス 810,000円
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ベーシックパック 要相談
備考
同時アクセス数10人のサーバ型。本格導入する方向けです。
ライトパック 要相談
備考
同時アクセス数1人のデスクトップ型。スモールスタートに。
制限なし
オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
別途お問い合わせ  
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ケースマネジメントエディション $97~$0.47/ケースから
備考
ケース単位はサービスリクエスト1件あたりの料金です。
エンタープライス $165~$0.80/ケースから
デジタルカスタマー用エディション $260から$1.26/ケースから
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
最小構成 1080,000円/年間
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ライセンス 1,200,000円/年間
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

RPAツールとは


RPAとはRobotic Process Automationの略です。直訳すれば、「ロボットによる工程の自動化」となり、仮想知的労働者とも呼ばれています。今まで人間が手作業で行っていた業務をロボットが代行し効率化をするわけですが、ここで言うロボットというのは実際に形ある機械ではなく、アプリケーションのことを指します。

つまり、実際に営業に出向いたり店舗でモノを売ったり、お茶出しや来客対応をするツールではなく、主に事務作業を中心とした定型作業を自動化します。

入力や転記といった単純作業、大量に同じ動作を繰り返したり複数のシステムを跨って作業することに長けているため、発注業務・受注の登録・伝票入力・DMの一斉送信といったシーンで活用されます。

似た意味を持つ用語との違い

RPAツールはよく、他の用語と意味が混同されがちです。それらの用語は、類似した目的を持つものが多いため、混同されることがあります。正しい意味を知り、それぞれの用語を理解し、適切なツールや技術を選択することが重要です。本章では、よく間違われる用語を挙げたうえで、RPAツールとの違いを解説します。

AI(人工知能)との違い

RPAツールとAIは、どちらも自動化技術ですが、それぞれ異なるアプローチと応用分野を持っています。AIは知識処理、学習、認識、推論などの人間の知的な機能を模倣することを目指す技術であり、データ解析やパターン認識を通じて、自然言語処理や画像認識、機械学習、深層学習などを活用して複雑な問題を解決します。

RPAツールはあらかじめ設定されたルールに基づいてタスクを自動化するため、自動化プロセスは静的であり、自己学習や適応能力は限られています。一方、AIはデータからパターンを学習し、継続的にタスクの改善を行います。AIは、複雑な状況や不確実な情報を扱う能力があり、大量のデータを解析し、予測や意思決定を支援する役割を果たします。

まとめると、RPAツールは主に定型的なタスクの自動化に適しており、具体的な操作の再現やタスクの効率化を目指しています。一方で、AIは知識の獲得と適用、複雑な問題の解決、自己学習といった高度な機能を持っており、膨大なデータを活用して人間の知的な能力を模倣することを目指しています。

BPM(Business Process Management)との違い

BPMは、ビジネスプロセス全体を管理し、プロセスの設計、実行、最適化、監視を行うアプローチです。この手法は、ビジネスの全体的な効率性向上を目指します。対照的に、RPAツールは主に特定のタスクや操作の自動化に特化しており、繰り返しのルーチンタスクを効率的に処理することに重点が置かれています。

BPMは、ワークフローデザイン、プロセス分析、プロセスモデリングなどのテクニックとツールを使用してプロセスを管理します。このアプローチは、プロセスの改善と進化に焦点を当てており、効率性の向上とビジネスの成長を支援します。一方、RPAツールは、特定のタスクを効率的に自動化することに特化しており、事前に設定された操作を自動的に実行します。

ソフトウェアボットとの違い

ソフトウェアボットは、特定の個別のタスクや操作を自動的に実行するためにプログラムされたコンピュータプログラムです。特定の作業に特化しており、単一のタスクを処理する能力に優れています。ソフトウェアボットは個別にプログラムされ、特定のプログラミング言語やスクリプトを使用して制御されます。

ソフトウェアボットは、単一のタスクの自動化に適しており、特定の作業を高度に効率化できます。一方、RPAツールは、多様なタスクやプロセスの自動化、ワークフローの管理、システム間の連携といった幅広いニーズに対応するために開発されています。

マクロ機能(VBA)との違い

マクロ機能(VBA)は、主に特定のアプリケーション内で繰り返し行われる操作やタスクを自動化するための機能です。これは、簡単なアクションやコマンドのシーケンスを録音・再生することで、アプリケーション内での自動化を実現します。しかし、限られた範囲のアプリケーション内での利用に限定されることがあり、複雑なワークフローやアプリケーション間の連携には向いていません。

マクロ機能は特定のアプリケーション内での簡単な操作の自動化を行う一方で、RPAツールは複数のアプリケーション間での連携や複雑なプロセスの自動化を支援するツールとして、より幅広い自動化の要件に対応します。

RPAツールでできる業務

RPAツールは、繰り返し行われる業務から複雑なプロセスまで、多くの業務を自動化するための強力なツールです。これにより、人間のエラーや遅延を最小限に抑え、効率性と正確性を向上させることができます。RPAツールの使用範囲は広く、データ処理、タスクのスケジューリング、通知の送信まで、多岐にわたる作業を自動的に実行します。本章では、RPAツールがどのような業務をサポートし、どのように効果的な自動化を実現するのかについて詳しく紹介します。

  • データ入力と処理
  • データ集計
  • 電子メールや通知の自動送信
  • タスクのスケジューリング

データ入力と処理

RPAツールは、手作業による繰り返しのデータ入力や処理を効率的に自動化するのに役立ちます。この機能により、大量の情報を高速かつ正確に入力し、処理するプロセスが向上します。従業員が時間を費やすことなく、高度なデータ品質を確保できるため、業務の効率性と正確性が飛躍的に向上します。

例えば、フォーム入力のタスクを考えてみましょう。従来は、手作業で顧客情報や注文データなどを入力する必要がありましたが、RPAツールを活用することで、フォームへのデータ入力が自動的に行われます。これにより、ミスが減り、作業の正確性が向上します。また、複数のシステム間でデータを移動させるタスクもRPAツールによって効率的に実行できます。

さらに、複雑なデータ変換や加工のプロセスもRPAツールで自動化できます。異なるフォーマットのデータを統合し、必要なフォーマットに変換する作業は、RPAツールのプログラミングによって効率的に行われます。

つまり、RPAツールが繰り返しのデータ入力や処理タスクを高精度で自動化することで、作業の効率化と正確性の向上を実現することができます。

データ集計

RPAツールは、データを収集し、要約、集計するタスクを効果的に自動化するためのツールとしても活用されます。データ集計は、企業の意思決定や戦略策定において不可欠な要素であり、RPAの導入によってこのプロセスを迅速化し、正確性を確保することが可能です。

従来の手作業によるデータ集計は、時間がかかり人的ミスのリスクが伴うことがありました。しかし、RPAツールを用いることで、複数のデータソースからデータをピックアップし、集計して要約するプロセスが自動化されます。これにより、正確な結果が得られ、追加の作業や修正が不要となります。

さらに、RPAツールは定期的なデータ集計を自動スケジュールすることも可能です。たとえば、毎月の売上データや在庫数を集計して報告書を生成するタスクは、RPAツールが特定のタイミングで実行し、結果を関係者に通知することで効率化できます。

RPAツールはデータの加工や変換も行うため、集計結果をグラフやチャートとして視覚的に表示することも可能です。これによって、膨大なデータを簡潔な形で理解しやすくすることが可能です。

電子メールや通知の自動送信

RPAツールは、特定の条件やイベントに基づいて電子メールや通知を自動的に送信する機能を提供します。この機能を活用することで、重要な情報や更新情報を迅速に関係者に通知するプロセスを効率的に自動化できます。

従来、手動で行われていた通知の送信は、遅延やミスのリスクを伴うことがありました。しかし、RPAツールを導入することで、特定のイベントや条件が満たされた場合に自動的に電子メールや通知を送信するように設定できます。これにより、迅速なコミュニケーションが確保され、重要な情報が見落とされる可能性が低減します。

例えば、顧客が特定のアクションを実行した際に自動で「ありがとうございます」のメールを送信したり、在庫が一定数以下になった場合に自動で調達チームに通知を送信するプロセスをRPAツールで自動化できます。また、特定の期日に報告書を提出する必要がある場合にも、RPAツールを用いて自動的に通知を送ることができます。

さらに、RPAツールは通知の内容をカスタマイズし、受信者ごとに適切な情報を提供することも可能です。これにより、効果的なコミュニケーションが実現されます。

タスクのスケジューリング

RPAツールは、特定の日時に基づいてタスクを自動的にスケジューリングし、実行する機能を提供します。この機能により、定期的な業務やプロセスの自動化が容易になり、作業の正確性と効率性を向上させることができます。

例えば、毎日特定の時刻にデータベースのバックアップを自動的に実行するタスクをスケジューリングすることが考えられます。また、毎週月曜日に営業報告書を生成し、管理者に通知するプロセスもRPAツールによって自動化できます。

RPAツールは、タスクのスケジューリングだけでなく、その実行状況を監視する機能も提供します。タスクが正常に完了しなかった場合やエラーが発生した場合には、自動的に通知を送信して問題を警告することが可能です。

RPAツールを導入するメリット

近年話題となっているRPAツール。大企業だけでなくベンチャー企業やスタートアップ企業でも注目される、導入事例も増えてきています。なぜ、今になってRPAツールが話題になり導入する企業が増えているのでしょうか?

作業を効率化できる

RPAツールの真髄であるのが作業の効率化です。ロボットによって行われる作業は人間よりもそのスピードが早いだけでなく、24時間稼働することができるため時間に囚われず大幅に生産性を高めます。

またロボットの動作中、担当者は手を離して他の業務に時間を使えるため、ロボットではできない人間の判断が必要な仕事や人とのコミュニケーションなどより価値のある業務に時間を使うことができます。

例えば、営業担当であっても日々の顧客情報登録やレポートなどを自動化することによって、営業企画や顧客との打ち合わせに時間を使うことができるようになります。

人的ミスの防止

RPAツールは人間とは違い、設定された動作であれば正確に作業をします。人間であれば単純・繰り返しの作業であっても、逆に集中力を欠いてしまいタイプミスや入力漏れを起こしてしまいますが、その心配はありません。また、そういった人的ミスの確認作業も削減することができます。

さらに、RPAツールは設定されたルールに従って作業を実行するため、プロセスの一貫性が確保されます。変更された情報や規則に即座に対応し、ミスや混乱を回避できるため、業務の信頼性が向上します。

残業時間の削減や人件費の削減ができる

RPAツールは、繰り返し行われる業務やタスクを自動的に実行することができます。これにより、従業員がこれらの繰り返し作業に費やす時間を削減できます。例えば、日次のデータエントリーやフォーム処理、請求書の生成など、時間を要する単純な作業がRPAによって自動化されることで、従業員はより戦略的な業務に集中できるようになります。

従業員の残業時間の削減もRPA導入の重要な効果の一つです。従業員が手作業で行っていた業務をRPAツールが自動的に処理するため、業務の処理時間が短縮され、従業員が残業をする必要が減少します。これにより、従業員のワークライフバランスが改善され、労働時間の過剰な拡大を抑制することができます。

また、RPAの導入によって人件費の削減が実現されます。人手による繰り返し作業をRPAツールが代替することで、多くの作業が効率的に実行され、追加の人員を雇う必要がなくなります。これにより、人件費の増加を抑えることができます。

人材不足の解消

現代のビジネス環境では、特に高度な専門知識やスキルを持つ人材の不足が顕著です。特定の業務プロセスやタスクが依然として適切な人材を必要とする状況であるか、またはその業務が単調かつ繰り返し行われるものである場合、その部分の人材不足が深刻な影響を及ぼす可能性があります。

ここで、RPAツールはプログラムされたルールに基づいて自動的にタスクを実行するため、人間の関与が最小限に抑えられます。これにより、専門知識を必要とする業務であっても、RPAツールが正確かつ効率的に実行できるようになります。

具体的な例を挙げると、医療業界では専門的な医療知識が必要な診断書の作成や患者の健康データの管理が行われますが、これらの業務でもRPAツールの導入により、必要な情報のピックアップや整理が自動的に行われるため、医療専門家の負担が軽減されます。同様に、金融業界でも複雑な業務の処理やデータ分析をRPAツールが担当することで、専門知識を持つ人材の不足を緩和できます。

従業員のストレスケアと働き方改革に繋がる

上記のメリットは、従業員のストレスケアと現代における働き方改革の取り組みにも繋がります。

基本的に、人々は単純な作業を繰り返すことによってストレスを感じやすく、それが残業や他の業務の圧迫と結びついた場合、さらに問題が顕在化します。

さらに、ロボットによる作業はテレワークの状況下でも可能であり、将来的な労働力の減少といった社会的な課題にも対応できる可能性があります。これらの要素から、現代の日本社会においてRPAツールが注目を集めるのは、必然と言えるでしょう。

RPAツールの選定ポイント

RPAツールの製品を選定する際、成功するためには慎重な検討が必要です。ここでは、適切なRPAツールを選ぶための以下の3つのポイントについて解説します。

  • 業務に合致する機能が備わっているか
  • 運営のメンテナンスやサポート体制は十分か
  • 製品の価格は導入したい規模感に見合っているか

業務に合致する機能が備わっているか

最初に検討すべき重要なポイントは、導入を検討しているRPAツールが対象業務に適した機能を提供しているかどうかを確認することです。一口にRPAと言っても、市場にはさまざまな製品が存在し、それぞれ異なる特徴や得意分野を持っています。会計ソフト業務の自動化に適したRPAツール、求人情報の管理に特化したRPAツールなど、業務ごとに最適な選択肢が異なります。

RPAの機能要件を明確にするためには、まず自動化したい業務プロセスを詳細に分析し、フローチャートなどを活用してどのようなアクションやステップが必要かを整理することが重要です。この段階で具体的な業務要件を洗い出し、その後、それらの要件に合致するRPAツールを探すことがスムーズな選定プロセスにつながります。

運営のメンテナンスやサポート体制は十分か

トラブルが発生したり、メンテナンスが必要な際のサポート体制を確認することは重要な選定ポイントです。無料版と有料版のRPAツールでは、サポート品質に大きな違いがあります。通常、無料版では高品質なサポートを期待するのは難しく、エラーやトラブルの解決に時間がかかる可能性があります。それに対して、有料版の製品にはトラブル対応などのサポートが含まれることが一般的です。

自身でトラブルに対処できる自信がない場合や、RPAツールが業務にとって不可欠な役割を果たす場合、しっかりとしたサポート体制が提供される有料版のRPAツールを選ぶことをおすすめします。

製品の価格は導入したい規模感に見合っているか

予算との調整やコストパフォーマンスも非常に重要です。RPAツールの導入には、様々な費用が発生することがあります。製品の種類や仕様によりますが、費用対効果を最大化するためには、まず機能要件を明確に定義することが必要です。無駄な機能や過度な性能はコストを無駄にする原因となります。自社の予算と必要な機能を考慮して、最適な製品を見つけることが重要です。

迷ったらおすすめの人気製品5選

RPAツールを初めて導入する場合や何を選べばいいかわからないという場合におすすめの人気製品を5つ紹介します。これらの製品は、品質、性能、使い勝手などの点で多くのユーザーから支持を受けているため、安心して導入することができるでしょう。

  • BizRobo!
  • Automation Anywhere
  • UiPath
  • Winactor
  • BluePrism

BizRobo!

おすすめポイント1「1か月の無料トライアル期間」

BizRobo!のおすすめポイントの一つは、1か月の無料トライアル期間が提供されていることです。ユーザーはリスクを取らずに、実際の業務環境でBizRobo!を試す機会を得ることができます。このトライアル期間を活用して、BizRobo!が自社のニーズに合っているかどうかを確認し、適切な判断を下すことができます。

おすすめポイント2「どれだけインストールしてもライセンスコストが一律」

BizRobo!のもう一つの魅力的なポイントは、どれだけ多くのインスタンスを導入しても、ライセンスコストが一律であることです。企業が複数の業務プロセスを自動化し、多くのインスタンスを必要とする場合でも、追加の費用がかからず、予算を効果的に管理できます。これにより、BizRobo!を活用して多くの業務領域を効率化できます。

Automation Anywhere

おすすめポイント1「幅広い業界での活躍」

Automation Anywhereの魅力的なポイントの一つは、多くの異なる業種で利用されていることです。このRPAツールは幅広い業界で適用可能であり、製造業、金融業、ヘルスケア、小売業などさまざまなセクターで採用されています。そのため、業界や業務領域に関わらず、企業が業務プロセスを自動化し、生産性を向上させるのに適しています。Automation Anywhereの柔軟性と多様性により、さまざまな業種のニーズに対応できます。

おすすめポイント2「データの分析」

Automation Anywhereの魅力的なポイントの一つは、データ分析に関連した機能を提供していることです。データ処理、収集、分析に関するタスクを自動化するための機能を備えています。

さらに、データ分析プロセス自体を自動化できるため、データの集計、処理、および分析が効率的に行えます。リアルタイムでのデータ分析が可能で、迅速な意思決定をサポートします。カスタマイズ可能なダッシュボードも提供され、データの可視化や重要な指標の監視を支援します。

UiPath

おすすめポイント1「ユーザーからの評価を得ている」

UiPathは、幅広い業界で高い評価を受けているRPAプラットフォームです。その魅力的な要点は、使いやすいインターフェース、多機能性、強力なコミュニティとサポート、スケーラビリティ、そして高度なセキュリティにあります。ユーザーからの高い評価は、UiPathが多くの業務プロセスを効率的に自動化し、多くの企業にとって信頼性のある選択肢であることを示しています。

また、受賞面では日経コンピュータの2020-2021年の顧客満足度調査において、RPAソフトウェアおよびサービス部門で2年連続で1位を獲得しています。

おすすめポイント2「難しい操作が不要で直観的」

UiPathのおすすめポイントのもう一つは、難しい操作が不要で直観的な使い勝手です。UiPathはその直感的なインターフェースとビジュアルプログラミングにより、ユーザーにとって複雑な操作やプログラミングのスキルが不要です。この使い勝手の良さにより、RPAツールの導入が初めての方でも迅速にRPAプロセスを設計および実行でき、効率的な業務自動化が実現されます。

Winactor

おすすめポイント1「大手会社が提供する製品だから安心」

WinActorは、日本の通信事業最大手のNTTグループによって提供されている製品です。大手企業が提供する製品であるため、信頼性と安心感が備わっています。大手企業による製品は、品質管理とセキュリティに厳格な基準を設けており、ユーザーはその信頼性から安心して利用できます。Winactorはこの大手企業の製品として、幅広い業務プロセスの自動化をサポートし、ビジネスの効率性を向上させる強力なツールです。

おすすめポイント2「プログラミングなしで自動化を行える」

WinActorのおすすめポイントのもう一つは、プログラミングの知識が不要で自動化を実現できることです。このツールは直感的な操作とマクロ録音機能を提供し、ユーザーは手動で作業を再現せずに自動化スクリプトを生成できます。これにより、技術的なスキルがないユーザーや非技術的なユーザーでも、様々なタスクや業務プロセスを効率的に自動化できます。プログラミング不要の利便性が、WinActorの魅力的な特徴の一つとなっています。

BluePrism

おすすめポイント1「大企業などでの大規模な業務が得意」

BluePrismは大規模な業務処理において優れた実績を持つRPAツールです。BluePrismは大量のデータやタスクを処理できるため、大規模な業務処理に対応できます。また、エンタープライズ対応のセキュリティとコンプライアンスに関する高い基準を満たしており、大企業の要求に応えるための信頼性を提供します。

さらに、BluePrismは大規模なロボティックワークフォースを管理し、調整するためのツールと機能を提供します。これにより、多くのロボットを効果的に運用でき、ビジネスの生産性を向上させます。したがって、BluePrismは大規模で複雑な業務処理が求められる状況において、信頼性の高いRPAソリューションとして選択されることが多く、特に大企業に向いています。

おすすめポイント2「API連携などにより活躍の幅が広がる」

Blue Prismは外部アプリケーションやシステムとのAPI統合に強力で、これにより、さまざまなシステムとの連携やデータの共有が容易になり、自動化の適用範囲が拡大します。API連携を活用することで、Blue Prismは多くの異なるプラットフォームやアプリケーションとスムーズに連携でき、ビジネスプロセス全体を効率的に自動化するための柔軟性と拡張性を提供します。これにより、自動化の適用範囲が大幅に拡大します。

全16製品のRPAツールの比較一覧

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 日常的に繰り返されるPC業務を代行し、作業を効率化
  • ユーザーに優しい開発インターフェースにより業務を効率化
  • 手厚いサポートと無料トライアルで安心したスタートを
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰でもカンタンに一つのツール・1クリックで業務完了
  • 注文書の明細行を抽出し、発注内容をテキストデータ化
  • FAXを自動検出し、業務システムに自動入力
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 自治体のDX化に最適なRPAで事業改革に貢献します
  • ロボットと協働し、よりクリエイティビティな業務への労働力シフトの実現
  • 社会変化に応じる様々なビジネスを迅速にサポートします
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 専門的な知識は不要のまま、希望通りの業務ロボットを入手可能
  • RaBitの導入により、定型業務に割く人員や時間、コストを大幅に削減
  • 優れた費用対効果とプロによる充実のサポートで安心して利用できる
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 安心かつ充実のサポート体制で継続率99%
  • クラウド型RPAなのでいろいろな業務を 自由に自動化できます
  • 分かりやすい導入フローで気軽に始めることが可能
トライアル 有り
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • 充実したサポート体制で、誰でも安心して導入可能
  • 最先端AIを活用して様々な社会課題や企業が抱える課題を解決します
  • プログラミング不要で、簡単・直感的に操作可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 業務調査から現状を把握し、導入の必要性を検討
  • 導入する業務範囲とRPAシナリオの定義の早期確定
  • 企業それぞれに合わせたRPAツールのシナリオ開発
  • 導入前から導入後までも充実したサポート
トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • ノンITでもロボットをローコードで簡単に開発
  • デスクトップ版だけでなくサーバ版も提供
  • 充実の管理機能により指定した時間に簡単実行
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • プログラミング不要の簡単操作で自動化範囲を増やす
  • 純国産なので完全日本語対応、英語にも対応可能
  • 信頼のNTT研究所で開発、PC1台から始められサポートも充実
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • プログラミングなしの簡単な設定で情報収集を自動化できる
  • クラウドによりデータ抽出速度が向上し、24時間の運用が可能に
  • 1,000社以上をサポートし、高いリピート率を誇る高品質なデータ収集代行
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 画面を認識し、人間の動きを自動的に再現する
  • 開発型ソリューションの決定版的存在であるRPAソフト
  • グリッド方式のソフトウェアを採用したRPA
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • リーズナブルにRPAを使用し、業務改善可能
  • 録画機能により簡単記録、簡単ロボット作成
  • 安心のサポート体制によりロボ作成をアシスト
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • RPAのシナリオをかんたん作成、低いエラー率を達成
  • 安定性により、業務を滞りなく効率化できる
  • 手厚いサポートにより業務を止めずに行える
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 分野事に最適化されたソリューションの提供
  • コーディングを使用せずエンドツーエンドのワークフローを管理
  • 高度なドキュメント処理と解析により自動化レベルを向上
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • タスクをプロセスに変え自動化を加速、素早い効率化
  • エンドツーエンドで完全に自動化、作業時間を短縮
  • 堅牢な管理コンソールにより監査をモニタリング
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 自動化の力でビジネスを次のレベルへ進める
  • エンドツーエンドの自動化においてユーザー本位の設計
  • 総合的なプラットフォームのメリットを活用しさらなる効率化を図る
トライアル 有り
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • インテリジェントオートメーションにより投資を最大化
  • 正確かつ高速なマルチタスキングを実現可能
  • クラウドとマーケットにより無限の可能性を

RPAツールの効果的な活用場面の例

RPAツールを導入することで様々なメリットを得られます。しかし、正しい活用場面を把握しておかなければ、その効果を最大限に引き出すことはできません。本章ではRPAツールの効果を発揮しやすい、下記3つの活用場面を紹介します。

  1. 顧客サポートと問い合わせへの対応
  2. 業務のデータ収集
  3. 受注、在庫、請求などの管理

1.顧客サポートと問い合わせへの対応

まず最も基本的な活用場面として、顧客への対応が挙げられます。顧客満足度を向上させるためには、迅速で正確な顧客サポートが欠かせません。

RPAツールは、顧客からの問い合わせや要望に迅速に対応する際に効果を発揮します。従来の手動処理にかかる時間を大幅に短縮し、同時に高い正確性で対応することが可能です。顧客の疑問や問題に即座に応えることで、顧客満足度の向上に寄与します。

さらに、RPAツールを活用することで、繰り返しの基本的な問い合わせに対する自動応答を行い、人的リソースをより高度な対応に集中させることができます。これにより、顧客サポート部門の効率化と品質向上を両立させることができます。RPAツールは、顧客との関係強化に向けた貴重なツールとして、顧客サポートおよび問い合わせ対応の分野で効果的な活用が期待されています。

2.業務のデータ収集

業務のデータ収集もその一環であり、ここでRPAツールが力を発揮します。RPAは繰り返しのデータ収集作業を自動化し、人的エラーやタイムラグを排除します。

例えば、顧客からの注文情報や販売データ、在庫情報などを定期的に集約するプロセスを自動化することで、正確なデータのリアルタイムな提供を実現します。これにより、企業は迅速かつ正確な情報に基づいて意思決定を行い、業務効率を向上させることができます。

また、RPAツールは異なるシステム間でのデータ統合をスムーズに行うため、複雑なデータフローをシンプルにする役割も果たします。業務のデータ収集はビジネスの基盤を支える重要な要素であり、RPAツールはそのプロセスを効果的に最適化するための強力なツールとして活用されています。

3.受注、在庫、請求などの管理

ビジネスの運営において、受注、在庫、請求などの管理は欠かせない重要な業務です。こうした業務の正確な処理は効率性と信頼性を求められますが、RPAツールがその効果的な活用場面として注目を浴びています。

RPAツールは受注から請求処理までの一連の作業を自動化し、人為的なエラーを最小限に抑えることが可能です。顧客からの受注情報を自動的にデータベースに入力し、在庫の変動を追跡し、請求書を生成するプロセスをRPAツールに任せることで、効率的かつ正確な業務運営が実現されます。また、RPAツールは異なるシステムやアプリケーション間でのデータのやり取りをスムーズに行うため、複雑なプロセスをシームレスに統合できます。

これにより、管理業務の迅速化と誤りの排除が可能となり、ビジネスの効率性向上と顧客満足度の向上が同時に達成されるのです。RPAツールは受注、在庫、請求などの管理業務において、生産性と信頼性の向上を実現するための有望なツールとして大いに注目されています。

RPAツール導入の際に注意すべきこと

RPAツールは、業務の自動化と効率化に優れた効果をもたらす一方、注意が必要なデメリットも存在します。本章では、RPAツールを導入する際に注意すべき下記のデメリット3つに焦点を当て、紹介します。

  • 料金など費用が掛かることがある
  • 慣れて使いこなすまでに時間がかかる場合がある
  • 複雑な業務の適用には向いていない

料金など費用が掛かることがある

RPAツールは、多くの場合、効率化と業務自動化を実現する優れたツールですが、導入には料金や費用が発生することがあります。ここでは、RPAツール導入に関連する費用について詳しく説明します。

ライセンス料

RPAツールの利用には、ツールのライセンス料がかかります。ライセンス料は通常、ユーザー数や機能に基づいて設定され、年間契約や月額契約などさまざまなオプションがあります。料金体系はツールプロバイダーによって異なります。

導入やカスタマイズにかかる費用

RPAツールの利用に際して、まず初期導入費用が掛かる場合がほとんどです。また、RPAツールは組織のニーズに合わせてカスタマイズする必要がある場合があります。カスタマイズや導入に関連するコンサルティング料やプロジェクトマネジメント費用がかかることがあります。

アップデート関連の費用

RPAツールは定期的なアップデートや保守が必要です。これには新しいバージョンの導入やセキュリティパッチの適用などが含まれます。アップデートにかかるコストはライセンス料に含まれている場合もありますが、それ以外の場合もあるので注意が必要です。

セキュリティ対策の費用

セキュリティ対策のコストは、データ保護やアクセス管理などを含みます。セキュリティ対策の費用がプラン内容に含まれている製品もあります。

慣れて使いこなすまでに時間がかかる場合がある

RPAツールを導入する場合、慣れて使いこなすまでに時間がかかることがあります。この時間がかかる要因はいくつかあります。

まず、従業員は新しい技術に慣れる必要があります。RPAツールの基本操作から高度なタスクの自動化までを理解し、スキルを習得するには時間がかかります。トレーニングと教育プログラムの受講が必要です。

また、RPAツールを最大限に活用するためには、業務プロセスを詳細にマッピングし、どのタスクを自動化するかを決定する必要があります。このプロセスの理解と文書化にも時間がかかります。さらに、特定の業務フローにRPAツールをカスタマイズする場合、設計やデバッグ作業が必要です。適切な設定を見つけるまでに試行錯誤が必要で、これも時間を要する作業です。

最後に、従業員は新しいスキルを習得する必要があります。RPAツールの操作や管理に関するスキルを習得するには、時間と練習が必要です。これらの要因を踏まえて、RPAツールの導入には時間と労力がかかることを考慮し、計画を立てることが重要です。

複雑な業務の適用には向いていない

RPAツールは、業務の自動化において優れたツールですが、複雑な業務プロセスには向いていない場合があります。これは、RPAツールの性質と複雑な業務の特性が合わないことに起因します。

複雑な業務においてRPAが適さない理由はいくつかあります。まず、RPAはある程度の決まったルールに基づいてタスクを自動化することが得意ですが、高度な判断力や複雑な意思決定が必要な業務には向いていません。戦略的な意思決定や緊急の問題解決など、人間の判断が必要な場面ではRPAは限界があります。

さらに、RPAツールは主に構造化データに対して効果的であり、非構造化データ(例: テキスト、画像、音声)の取り扱いには限定的です。複雑なテキストデータの解釈や意味抽出には、人間の理解が必要です。また、複雑な業務プロセスは通常、多層化され、条件分岐や例外処理が頻繁に発生します。RPAは通常、単純なワークフローを自動化するため、複雑な条件分岐に対応するのが難しい場合があります。

さらに、業務プロセスが頻繁に変更される場合、それに合わせてRPAツールを調整・変更する必要があります。変更への適応が難しい場合、RPAツールの利用は制約される可能性があります。

今、RPAツールが注目されている理由

ビジネスの現代化と効率化を求める中で、RPAツールが注目を集めています。この技術が注目を浴びている理由は、人間の手作業によるタスクの自動化を通じて、生産性の向上やエラーの削減、人的リソースの最適化など、多くの利点をもたらすからです。本章では、RPAツールがなぜ注目を集めているのか、その理由を以下の2つの点で解説します。

  1. 働き方改革を進めることができる
  2. 少子高齢化などによる労働力の不足

1.働き方改革を進めることができる

RPAツールが注目を浴びているのは、その働き方改革への寄与が大きいからです。通常の業務には繰り返しの単純作業が含まれることがあり、これによって労働時間が膨らむことがあります。RPAツールはこれらの定型的な業務を効率的に自動化し、労働時間を削減することができるため、働き方改革を実現する手段として注目を集めているのです。

この技術によって、労働者はより価値のある仕事に集中し、創造的な業務に時間を費やすことができるようになります。その結果、生産性向上やストレス軽減といった効果が期待され、企業の競争力向上にも寄与するでしょう。

2.少子高齢化などによる労働力の不足

RPAツールの注目度が高まっている背後には、少子高齢化などによる労働力不足が影響しています。経済や産業の成長において、労働力の確保は不可欠ですが、高齢化に伴う働き手の減少が進む中で、企業は労働力不足に対処する必要があります。ここでRPAツールが重要な役割を果たしています。

RPAツールは、繰り返しの単純な業務を自動化するための技術です。これによって、人間の手による作業の代替が可能になり、少ない人員で多くの業務をこなすことができるため、労働力不足に対処する手段として注目されています。高度な正確性と一貫性を持つRPAは、確保できる労働力を最大限に活用し、生産性の向上を実現するための有力な道具となっています。

少子高齢化による労働力不足が企業や産業に与える影響を軽減し、業務の効率化を図るためには、RPAツールの導入は戦略的な一環として非常に有望です。このように、RPAツールは労働力不足の課題に対処する手段として大きな注目を浴びています。

RPAツールの導入事例

RPAツールのメリットについて紹介しましたが、やはりまだ具体的にどんなことができるのか、どのようなシーンで活用されるのか分かりづらいという人も多いでしょう。

本章では、実際にRPAツールを導入した事例を紹介してイメージを掴みやすくしたいと思います。また、具体的な効果についても数字で分かるため導入後の成果基準としてどれくらいの数字を見込めれば良いか参考になるでしょう。

1.【株式会社JCアカウンティング】部門横断的な業務へRPAツールを導入

JCアカウンティングは外資系企業に対して記帳代行、支払代行、給与計算といった業務委託サービスを行う約70名規模の会社です。

クライアントは小規模な法人が主で、その数は毎年10%増加。増えるクライアントと業務に対してスタッフの確保が追いつかず、変革が必要となっていました。そのような中で「デジタル・サバイバル・プラン」として属人化の改善と生産性2倍、そして「どのメンバーが1か月有給をとっても業務に支障がない体制づくり」を目標にプロジェクトを立ち上げました。

課題

組織内の別部門で同じデータを入力していることに気づき、部門を横断する業務を自動化することに決め、さらに設定時に業務のプロセス自体も見直し、属人化されているフローを統一することで自動化できるタスクを増やしました。

受領した請求書で仕訳処理をし、その仕訳情報によって別部門が管理表作成及び納付書作成をしていた部分の自動化に成功します。

効果

1.自動で請求書の仕訳処理・納付書作成を行い、年間900時間の業務削減が実現した。
2.店頭納付時に発生していた銀行訪問の回数・滞在時間削減、さらなる業務時間削減が実現。
3.社員に業務標準化のマインドセットを定着化、業務の属人化も改善することができた。

出典:JCアカウンティング | 「無くなる仕事」の効率化によりデジタル・デザインの視点を醸成、「無くならない仕事」を強くする | RPA 国内シェアNo.1 「WinActor(ウィンアクター)」|NTTデータ公式サイト

請求書の情報入力、またそれらの集計入力作業を全て自動化し年間で900時間の削減に成功しました。また、電子納税データ生成業務、納税システムへのデータ転記業務も自動化していき、業務を標準化させることを従業員へ根付かせていきました。

2.【ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社】RPAが前提の業務設計に成功

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社はSo-netの運営やNURO 光の提供で知られている、1000人以上の規模の会社です。

この導入事例のポイント

  • 顧客のライフサイクルをサポートする業務において、様々な場面でRPAを活用したい
  • 通信キャリアのシステムとの連携部分など、コストのかかる定型業務にRPAを適用した
  • 1ヶ月あたり月900~1000時間の業務時間を削減でき、大きな導入効果を得ている

Blue Prismを導入し、顧客のライフサイクルを支援する業務の様々な側面で利用しています。特に、通信キャリアのシステムとの統合部分など、コストのかかる標準的な業務に適用し、月間900 ~ 1000時間の業務時間削減の成果を達成しました。

詳細な導入事例ページはこちら

3.昭和リース株式会社:年間2万時間の業務をロボットで自動化へ

昭和リース株式会社(以下、昭和リース)は、Blue Prismがメインフレームを含むすべてのシステムから情報を正確に読み取り、かつそれらのシステムに対してロボットがスムーズに入力できることを評価しました。

この導入事例のポイント

  • Blue Prismなら、メインフレームの画面を読み取れる
  • 入金消し込み業務で大きな成果
  • 多くの人がかかわり、処理の多い単純作業に効く
  • 年間2万時間の削減へ将来はAIやOCRも

近い将来、OCRによる手書き文字の認識精度が高まってくれば、書類をスキャンしてOCRに認識させ、ロボットに処理させるような展開も見えてくる。そして、AIも利用することになりそうだ。簡単な判断や単なるチェックなど、人の判断の重要性の低い領域からAIの活用を検討し、Blue Prismの適用業務領域を増やしていきたい考えとなっている。

その他の導入事例

実際のビジネス環境でRPAツールがどのように活用されているのか、導入事例をご覧いただくことで具体的な成功事例や成果をご確認いただけます。さまざまな業界や部門でのRPAツールの活用例を知り、自社の業務にどのように適用できるかのヒントを得るために、ぜひ導入事例の記事をご覧ください。RPAツールの導入事例9選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

RPAツールが会社・組織にとって本当に必要か考えよう

ここまでRPAツールについて紹介しましたが、なんとなく導入をすると失敗する可能性はかなり高いです。どんなツールやサービスにも言えることではありますが、導入前に本当に必要かどうかを考えましょう。RPAツールの場合はどの点に注意するべきかご紹介します。

導入の成果基準は?

検討段階でRPAツールの機能を理解したら、導入後の成果基準を確定させることが重要です。導入段階で、ざっくりとした課題ではなく、「業務を効率化したい」というレベルではなく、「月〇〇時間の伝票入力業務時間を削減」や「会計業務の転記作業を自動化」など、具体的な課題と目標を設定しておくことが必要です。

誰がいつ、どのくらい時間をかけて導入するか

導入および導入後のサポートは、多くのツールで提供されていますが、サーバー型の環境を構築する場合、一定の行程が必要です。また、導入後のシナリオ設定には部署間を横断する連携と作業が必要であり、通常業務への影響が懸念されます。

導入後、想定以上に時間と行程がかかり、計画が後回しになる可能性や運用の中途半端な状態に陥ることもあります。そのため、誰がどのくらいの時間を割くかを慎重に見積もり、適切なスケジュールを確保することが重要です。

情シス業務を効率化するならこちらの記事も参考になります

情シス業務を効率化する4つの方法!抱える課題やアウトソーシングのメリットも

導入後の管理や設定はどうするか

RPAツールを導入した後も、シナリオの設定が必要であり、その後も定期的なメンテナンスが不可欠です。設定や管理に関しては、誰が行うのかを考える必要があります。これは、特定の担当者を一人決めるか、部署全体で担当を分担するか、あるいは個々のメンバーが設定や管理を行えるようにするかという選択を含みます。

特定の担当者が一人で設定や管理を行う場合、その担当者が退職や移動した場合に「野良ロボット」が生じる可能性があります。逆に、個人ごとに設定や管理を行う場合には、事前に運用ルールやフローのマニュアルを整備する必要があります。

これらの側面が不明確なまま導入してしまうと、「野良ロボット」が存在したり、部署間でロボットの重複が発生するなどの問題が発生する可能性があります。

最終的な費用対効果はどれほど見込めるか

RPAツールを導入する際、大規模なプロジェクトには高額な初期費用やランニングコスト、そして運用とメンテナンスのコストがかかることがあります。そのため、これらの費用に対してどれほどの費用対効果が期待できるかを検討することが重要です。

RPAツールの導入によって生産性が何%アップするかや、業績をどれくらい伸ばせるかといった具体的な効果だけでなく、人件費を月に何時間分削減できるかなども見極める必要があります。さらに、これに加えて、自動化によって空いたリソースを他の業務に活用したり、新たなチームを結成したりすることで生まれる効果や、部署やチームを横断的に自動化し連携させることで生じる相乗効果も考慮すべきです。

短期的な効果だけでなく、中長期的な視点からも効果を評価し、費用対効果を十分に検討することが、RPAツール導入の成功につながるでしょう。

さらなるDX推進には「DX推進による業務改善の方法とは?手順や実行時のポイント」もご覧ください。
DX推進による業務改善の方法とは?手順や実行時のポイント

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1553件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる