Menu
Close

製品の紹介

Sansan

Sansan株式会社

Sansan株式会社の営業DXサービスSansanは、シェアNo.1で82*%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されています。業種や従業員規模、売上高、役職者情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点がある・ないに関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。さらに、Sansanに取り込んだデータを外部システムと連携・統合することで、企業ガバナンスの強化といった営業やマーケティング以外の目的でのデータ活用も後押しします。
* 出典:営業支援DXにおける名刺管理サービスの最新動向2023 (2022年12月 シード・プランニング調査)

最終更新日: 2024/06/19
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 合併・営業スタイル変更により、顧客情報の共有と営業活動の可視化が課題になっていた
    • Sansanのコンタクト履歴を使って日報を書かせ、営業マンの活動を見える化した
    • 顧客情報を共有することで、個人ではなくチームでのソリューション営業を実現できた
    • 会社ごとに所有していた顧客データベースをまとめ、一元管理できるようになった

    製品を導入することになった背景

    三井情報株式会社は、もともと三社が合併してできた会社で、それぞれの会社が持っていた顧客情報の共有や、営業活動の可視化が大きな課題となっていました。このような背景から、効果的な情報共有ツールの導入が必要と感じられました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三井情報株式会社では、営業マンの日々の動きや活動を具体的に把握することが難しく、目標売上額に対する取り組みは定量的に管理されていましたが、日々の具体的な動きや活動の管理は行われていませんでした。また、営業マン同士の情報共有も十分に行われておらず、顧客情報の共有や営業活動の可視化が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    三井情報株式会社は、Sansanの「コンタクト履歴」機能を活用することで、営業マンの日々の活動を見える化する方法を採用しました。この機能を使用することで、営業マンが誰と会ったのか、どのような内容の話をしたのか、次にどのようなアクションを取るべきかなどの情報をタイムリーに共有することが可能となりました。また、名刺情報の自動入力機能を活用し、営業マンが簡単に情報を入力できるようにしました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、三井情報株式会社の営業マンは、日々の活動を簡単に記録し、情報を共有することができるようになりました。具体的には、移動中や会った直後に携帯電話を使用して情報を入力するなど、現場の営業マンが進んでSansanを活用しています。また、営業マン同士の情報共有もスムーズに行われるようになり、チーム全体での情報共有や戦略の練り直しも効率的に行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 情報共有スピードを強化し、拠点間での人脈情報共有を実現し、営業状況を可視化したい
    • 人脈の共有化から各プロジェクトの進捗管理に至るまで、「Sansan」を活用
    • 人脈の共有化、組織力の向上、 そして個々の営業スキルアップにまで発展した

    製品を導入することになった背景

    株式会社パソナは、商社、金融業、サービス業など、あらゆる業種の顧客との関係を重視しており、人との繋がりがビジネスの拡大において非常に大切であると認識しています。このような背景から、社内の人脈を最大限に活用し、雇用創出に繋げる方法を模索していた際に、Sansanというサービスに出会いました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社パソナは全国各地に拠点を持っており、各拠点間での人脈の共有や情報交換が求められていました。しかし、情報共有の取り組みは以前から行われていたものの、効率的な方法が確立されていなかったため、情報収集に時間がかかるという課題が存在していました。

    導入前の課題に対する解決策

    情報共有の課題を解決するために、Sansanを活用することで、情報を一目で把握できるようになりました。また、社外でもタブレット端末を使用することで、いつでもどこでも情報を確認することができるようになりました。このような機能を持つSansanを導入することで、営業の効率化が期待できると判断しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、情報共有のスピードが大幅に向上しました。具体的には、営業が必要とする情報を迅速に取得できるようになったことで、訪問先に合わせた情報提供が可能となり、お客様との関係が深まるとともに、新たなニーズの発掘やプロジェクトの発展に繋がっています。また、Sansanから送られてくる顧客情報や業界のニュースを活用することで、営業の機会創出が行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 豊富な人脈を活かした営業活動のために、非効率的な名刺管理が課題となっていた
    • 求めていた『人脈の可視化、共有化』の機能と利便性から、Sansanを導入した
    • 名刺情報等を容易に入力、検索/閲覧でき、業務の効率化と情報の共有化・可視化を実現
    • 半日以上かかっていた展示会来場者等へのメール配信を、簡単にできるようになった

    製品を導入することになった背景

    徳島県は、全国1位の普及率を誇るブロードバンド環境を持ち、デジタルコンテンツ産業の集積や都市部企業のサテライトオフィス誘致など、ITを活用した地域活性化の取り組みを進めています。このような背景の中で、より積極的なPRや企業誘致のための営業活動が必要となり、徳島県が人脈情報の可視化・共有化を目指してクラウド型の名刺管理サービス「Sansan」を選択しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    徳島県では、近年の自治体の中で企業誘致や観光、物産のPR活動における営業強化が課題となっていました。営業活動を進める中で、徳島県の貴重な人脈が十分に活かされていないことを痛感していました。職員の人事異動により築かれた人脈が途切れたり、名刺の管理が個別に行われていたため、情報の共有化が不十分であり、業務効率が低下していました。

    導入前の課題に対する解決策

    徳島県が求めていた人脈の可視化・共有化の機能を持つサービスとして「Sansan」を選択しました。Sansanは、名刺情報を基に管理・通知を行い、チーム内での情報共有を容易にします。また、名刺情報に基づいたデータでのメール送信機能や、スマートフォンでの名刺情報の閲覧など、多くの便利な機能を提供しており、これらの機能を評価して導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、徳島県は名刺情報の管理の負荷を大幅に軽減し、業務の効率化と情報の共有化・可視化を実現しました。展示会来場者へのフォローメールの送信も簡単になり、これまでできなかった業務も可能となりました。今後は、徳島県全体でのSansanの導入を提言し、さらに多くの人に徳島県を知ってもらう活動を進める予定です。
  • この導入事例のポイント
    • 人とのつながりを強化するための情報を蓄積し、営業プロセスを可視化したい
    • 会った人に関するすべての情報をSansanに蓄積し、社内の人脈情報を集約した
    • 営業に関する情報の共有基盤が構築され、業績が黒字に転じ、V字回復を遂げた

    製品を導入することになった背景

    丸喜鋼業株式会社は、一期一会を大切にし、地方の中小企業として人とのつながりを重視しています。その中で、たった一度の出会いでもビジネスに繋げることを目指しており、そのためのツールとしてSansanを導入することを決意しました。Sansanは、優秀な私設秘書のように、名刺交換の際の情報や印象を記録し、次回の会合に備えることができるため、丸喜鋼業株式会社にとって非常に魅力的なツールでした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    丸喜鋼業株式会社は、ルートセールスを中心とした営業活動を行っており、名刺交換の機会も少なく、営業の動きが頻繁に変わることはありませんでした。そのため、「営業は本当に活動しているのか?」という不安を感じることもありました。また、リーマン・ショックの影響で業績が回復せず、赤字続きの状況が続いていました。

    導入前の課題に対する解決策

    Sansanの導入を検討する中で、名刺情報の管理やコメント欄の活用、案件のメール通知機能など、多くの機能が丸喜鋼業株式会社の課題解決に役立つと判断されました。特に、営業の動きがリアルタイムで把握できる機能は、営業の進捗を確認し、安心感を得るための大きなポイントとなりました。Sansanの導入により、営業活動の透明性を高めることができると期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入後、丸喜鋼業株式会社は業績をV字回復させることができました。一時は賞与を落とさざるを得ない状況でしたが、2014年には年収ベースで社員の給与が大幅に増加し、全員に利益分を還元することができました。また、Sansanの機能を活用することで、営業の動きが見える化され、営業活動の質も向上しました。これにより、丸喜鋼業株式会社は地元の信頼をさらに深めることができ、北部九州での存在感を高めることができました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺情報をデータ化する時間を短縮させ、営業情報の整理・共有を実現したい
    • 自動的に「組織ツリーが可視化できる」ことが決め手となり、Sansanを導入
    • 名刺入力工数を削減でき、営業先企業の組織の可視化により営業活動が効率化した

    製品を導入することになった背景

    東京都で駐車場・駐輪場の総合プロデュースを展開している株式会社アップルパークは、コインパーキングビジネスの競争が激化している中で、営業先企業の組織を正確に把握することの重要性を認識していました。特に、一度アプローチした見込み客への対応や、名刺情報からの顧客リスト作成が課題となっていました。名刺をリスト化する作業は、事務スタッフが担当しており、その作業時間が増加して通常業務に支障をきたすようになっていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社アップルパークは、名刺情報をエクセルに入力する作業が増え、その作業時間が通常業務に支障をきたすようになっていました。また、名刺情報はリスト化されるだけで、営業にはあまり役立たない状態でした。営業情報の共有も十分に行われておらず、営業スタッフ間で情報が重複していることも多々ありました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社アップルパークは、名刺をスキャンするだけで自動的にデータベースが作成され、情報共有も可能なSansanを導入することを検討しました。Sansanの営業から、組織ツリーが自動で作成できるという機能の説明を受け、これにより営業先企業の組織を把握できることから、Sansanの導入を決定しました。また、Sansanの営業の方が幹部会に同席して説明を行い、導入がスムーズに進められました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、株式会社アップルパークは名刺情報のデータベース化の手間を大幅に削減することができました。また、情報共有が容易になり、営業情報の検索や活用が可能となりました。特に、組織ツリーの自動作成機能により、営業先企業の組織を瞬時に把握することができるようになりました。これにより、効率的な営業活動が実現され、業務の効率化と営業の質の向上が図られました。
  • この導入事例のポイント
    • 社内外のリソースを横断的に繋げる手段を確立し、メディアリストの管理を効率化したい
    • Sansanを導入することで、社内外の人脈を見える化・データ化し、共有することに
    • 社内人脈の可視化により営業活動がしやすくなり、メディア情報管理の効率化も達成
    • データがカバーできる範囲が広がり、効率的なマーケティングアプローチが実現

    製品を導入することになった背景

    三井化学株式会社は「新たな顧客価値の創造」をキャッチフレーズに掲げ、素材をお客様に単に販売・提供するだけでなく、ソリューション提供型の企業を目指しています。この背景には、創業から100年以上のビジネスの中で培われたお客様との強固な基盤と多様なテクノロジープラットフォームがあります。社内外のリソースを横断的に繋げることで、ソリューション提供力を向上させるため、名刺を会社の資産として捉え、社内外の人脈を見える化・データ化し、オープンなマインドで共有することが必要と判断されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三井化学株式会社は、化学メーカーとして素材のソリューション提供を行っており、お客様は各種メーカーが大半を占めています。商談の規模が大きく、商談開始から受注までの期間が長期に渡るケースが多いため、組織的な対応が求められていました。また、長期化する案件においては、異動などでチームメンバーが変わることもあり、情報の引き継ぎが課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    三井化学株式会社は、情報共有基盤としてSansanを導入することで、長期化する案件の引き継ぎや、誰が誰と会っているかの情報共有を効率的に行うことができるようになりました。Sansanの導入により、名刺の情報が可視化され、初めてお客様に会う際には、Sansanでの検索が行われるようになりました。これにより、社内で既に会ったことがある人の情報を事前に取得することができ、商談がスムーズに進むようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、三井化学株式会社は、営業案件の情報共有や引き継ぎが効率的に行われるようになりました。例えば、営業案件がうまく進行していない際に、Sansanでの社内の人脈検索を通じて、適切なキーマンとの繋がりを構築し、案件を無事にまとめることができるケースが増えました。また、Sansanの導入により、名刺の情報と人物像が一致するようになり、情報の管理や共有が容易になりました。これにより、組織全体としての情報共有基盤の強化と、新たな価値の創造が促進されています。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺は担当営業が個人で管理していたので、組織で情報共有する仕組みがなかった
    • 独自サービスとSansanを連携させ、名刺交換から年賀状交換につなげる環境を実現
    • 顧客情報のデータベースが簡単に作成でき、営業活動に役立てることができた
    • 異動時の引継ぎで苦労していたが、情報共有できるようになったことで解消された

    製品を導入することになった背景

    日本郵便株式会社は、1871年(明治4年)の郵便事業の創業以来、全国津々浦々の郵便局と配達網を活用し、郵便・貯金・保険のサービスを提供してきました。企業から差し出される年賀状が年賀状全体の約2割を占める中、ソーシャルネットワークの台頭や新たな挨拶の形が普及する中で、年賀状を通じた日本の伝統的な挨拶を守りたいとの思いが強まりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    日本郵便株式会社の組織内では、誰が誰に会ったのかという情報を郵便局間で共有することが困難でした。顧客の名刺は担当営業が個人で管理しており、組織全体での情報共有の仕組みが存在しなかったのです。このような状況は、組織的な営業力の強化や事業の成長を目指す上での大きな課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺を交換したビジネスパートナー同士が気軽に年賀状を出し合える環境の実現を目指し、Sansanの名刺管理サービスに注目しました。Sansanは、新規の名刺や人事ニュースにより情報が常にアップデートされ、人力での補正による高精度なデータ入力が可能であり、年賀状との親和性が高いと感じました。また、日本郵便株式会社のグループ会社である株式会社JPメディアダイレクトが提供する「B2B LoveLetter」というサービスとSansanの連携を進めることで、名刺のデータベースとはがき印刷のインフラを組み合わせた新しいサービスの提供を開始しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、日本郵便株式会社の営業部門は、顧客情報のデータベースを簡単に構築し、情報の検索や外出先での利用が容易になりました。また、異動時の引継ぎの効率化や、データベースの拡充を通じた営業活動の強化が実現しました。さらに、全国に広がる日本郵便の営業網を強固にするための取り組みとして、将来的には全国の郵便局へのSansanの導入も検討されています。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理の精度が低く時間がかかり、最新の情報が営業組織内で共有できなかった
    • 最新情報の通知機能と、セキュリティ方針との整合性が決め手となりSansanを導入
    • 展示会のフォローアップ体制が整い30件程の商談が掘り起され、数億円の商談が進んだ

    製品を導入することになった背景

    2013年、コニカミノルタジャパン株式会社は「ソリューション営業統括部」を発足させました。この部署は、単にデジタル複合機などの「モノ」を提供するだけでなく、企業のIT環境を全面的にサポートするサービスを提供することを目的として立ち上げられました。このようなソリューション営業では、多くの企業とのコラボレーションが必要となるため、人脈の連携ツールとしてSansanが有効であると判断され、導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    コニカミノルタジャパン株式会社は、スキャンするタイプの名刺管理を以前から使用していましたが、その精度が低く、時間もかかるという課題がありました。さらに、名刺の情報を更新する手段がなく、営業組織内でお客様の最新情報が共有されていないという大きな課題も存在していました。

    導入前の課題に対する解決策

    Sansanの導入を検討する中で、Sansanが提供する「名刺の最新情報を通知する」機能に驚きと期待を感じました。しかし、導入を決定する前に、個人情報管理やコニカミノルタジャパン株式会社の情報セキュリティ基本方針との整合性を確認する必要がありました。Sansanとの間で徹底的な確認を行い、セキュリティ面での整合性や法制度との整合性を確認した上で、Sansanの導入が決定されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報が会社全体で管理されるようになり、新しい営業スタイルが生まれました。営業マンが名刺交換を行った後、Sansanにその情報をスキャンすることで、他の社員との接点情報が共有されるようになりました。この効果により、社内の横や縦のつながりによる情報共有が増加し、Sansanの導入による大きな効果が実感されています。また、2014年7月に出展した展示会では、Sansanを活用して迅速なフォローアップを行い、30件近くの商談を実現し、数億円の商談につながったとのことです。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理が個人まかせになっており、人脈が可視化されていないという課題があった
    • 「Sansan」を全社導入することにより、顧客情報共有の基盤を構築した
    • 前任者からの情報に頼った引継ではなく、世代を超えて継承していくことが可能となった

    製品を導入することになった背景

    三井不動産株式会社は、物流施設を担当する新しい部門が設立された際、その部門が少数精鋭であったため、業務効率化の必要性が高まりました。特に、社内の人脈を効果的に共有することが求められていました。このような背景から、情報システム部では業務効率化のためのツールを検討し、Sansanの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三井不動産株式会社では、新しく設立された物流施設を担当する部門が少数精鋭であり、業務の効率化が求められていました。また、社内の人脈を共有することの重要性が増しており、そのための適切なツールが必要でした。

    導入前の課題に対する解決策

    物流施設を担当する部門の業務効率化のため、情報システム部はSansanの導入を検討しました。Sansanは、社内の人脈を共有するためのツールとして高い評価を受けていました。また、Sansanの社員が課題に対して具体的な提案を行い、ユーザー向けの説明も行ってくれたため、導入後の活用イメージがしやすくなりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、三井不動産株式会社の社員間での情報共有が大幅に向上しました。特に、他部署の社員からの紹介依頼が増加し、新しいつながりが会社内で可視化されるようになりました。これにより、社員は出会いをより大切にするようになりました。また、Sansanを活用することで、営業先への移動中の時間などを有効に利用することができ、業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 営業スタイルが担当者個人の判断に任され、情報共有や管理が行き届かず非効率だった
    • Sansanを導入して業務フローが明確になり、営業の動きがわかり効率が向上した
    • メール配信機能を利用し、影響力のある人々との交流イベントを効率的に開催している
    • メール配信機能でプレスリリースを配信し、メディア露出が増加し認知度が向上した
    • 営業担当者の無駄な動きがなくなり、結果的に集客にかかるコストが大幅に下がっている

    製品を導入することになった背景

    特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会は、2002年に設立され、日本のブラインドサッカーを統括する組織として活動しています。この協会は「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」というビジョンを掲げており、そのための活動を続けています。ブラインドサッカーは視覚障がい者と健常者が共に参加できるスポーツであり、その普及と育成が協会の主要なミッションとなっています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    日本ブラインドサッカー協会では、営業スタイルが担当者ごとの個別の判断に依存していたため、情報の共有や管理が不十分であり、非効率的な状態になっていました。特に名刺交換後のリレーション構築や情報の整理、共有が難しく、これが業務の効率化を妨げる要因となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題を解決するために、Sansanを導入することを決定しました。Sansanの導入により、業務フローを明確にすることが可能となり、営業担当者の動きが一目でわかるようになりました。特に名刺交換後のリレーション構築がSansanを通じて容易になり、名刺交換を行った際のリレーションを確実に築くことができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、営業の効率が大幅に向上しました。特に名刺交換後の業務フローがシンプルになり、集客にかかるコストが大幅に削減されました。また、Sansanのメール配信機能を活用することで、効果的な情報配信が可能となり、ブラインドサッカーの認知向上や資金調達の面での効果が実感されています。Sansanを活用することで、社外の方や社内のメンバーとのコミュニケーションがスムーズに行えるようになり、日本ブラインドサッカー協会のビジョン実現に向けた活動が一層進められるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理方法が個人管理で、部署や会社を超えて顧客情報をつなぐ手段がなかった
    • Sansanを導入し、アプローチできる顧客を広げ会社全体で名刺情報を共有した
    • 丸1日かかっていたメールマガジンの配信作業が、わずか5~10分に短縮された
    • コンタクト履歴によりアプローチ対象が約10倍に増え、能動的な営業活動が可能に
    • 導入前は2‐3日遅れることもあった成約に伴う事務作業を、迅速に処理できるように

    製品を導入することになった背景

    伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)は、伊藤忠商事のグループ会社として、コンサルティングからシステムの開発、運用・保守、管理、アウトソーシングなどのトータル・ソリューションを提供するシステムインテグレータ企業です。代表取締役は、伊藤忠グループに入社してから30年が経過し、商社グループでの経験を通じて、人とのつながりや情報の鮮度の重要性を痛感していました。しかし、部署や会社を超えて顧客情報を共有する手段が存在しなかったため、企業グループ内での人脈のネットワークをITでつなぐ夢のある仕掛けを作りたいという思いが強かったのです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    CTCでは、各部署が独自にSansanを導入・運用しており、部署内での名刺情報の共有は達成されていましたが、全社的なスケールメリットは享受できていませんでした。CTCグループ内には8,000人以上の従業員がおり、この中で名刺情報が共有できれば営業の質が大きく変わると考えられました。しかし、社内での情報共有を推進するリーダーが不在で、統一された名刺管理方法も確立されていませんでした。

    導入前の課題に対する解決策

    CTCは、Sansanをより効果的に活用するため、2015年8月に各部署で独自に運用していたSansanを一括管理化する取り組みを開始しました。この取り組みの中心となったのは、流通システム第1本部 商社ビジネス推進部であり、中心となる人物を中心としてSansanの効果を最大化するための活動が行われました。また、別の関係者は、Sansanを有力なサービス商材として位置付け、自分たちがSansanを使いこなすことから始めるというアプローチを採用しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、CTCグループ内での名刺情報の共有が実現され、営業の質が向上しました。部署を超えて人と人をつなぐSansanの活用により、情報の鮮度や人脈のネットワークがビジネスに与えるインパクトが大きくなりました。また、20以上の部署でのSansanの活用方法や情報を共有することで、営業の効果がさらに拡大しました。この活動は、CTCのお客様に対しても実績ある提案として活用されています。
  • この導入事例のポイント
    • 役員が各自で名刺管理しており、市販の名刺管理ソフトを使用したが精度が低かった
    • 役員の名刺を管理する手間を削減するため、秘書課に「Sansan」を導入した
    • 自動配信により人事情報の見逃しがなく 、コンタクト履歴で役員付秘書の情報も把握
    • タグ付け機能を活用することで、 簡単にエクセル化されたリストを作ることが可能

    製品を導入することになった背景

    全国に430店舗の寿司レストランを展開する株式会社あきんどスシローの秘書課は、業務の円滑化と役員の人脈管理や取引先への対応を強化するために、名刺管理の方法を見直す必要がありました。特に、ミスの許されない秘書業務において、名刺に関連する情報の蓄積と管理が課題となっていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社あきんどスシローでは、取引先の役員の異動情報などを新聞などの媒体で確認していましたが、毎日新聞をチェックする時間を確保するのは現実的ではありませんでした。その結果、取引先の人事異動や昇進・昇格情報をタイムリーにキャッチできず、祝電のタイミングを逃すことがあったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社あきんどスシローは、Sansanの導入を検討しました。選定の際には「精度の高さ」「導入のしやすさ」「費用」の3つの条件を重視しました。Sansanの営業担当者からの説明を受けた後、Sansanの高い性能と費用対効果を評価し、導入を決定しました。また、他の名刺管理ソフトとの比較も行いましたが、Sansanの機能面の充実度が高く、導入を決める大きな要因となりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、株式会社あきんどスシローの秘書課は、取引先の人事異動情報がメールで自動配信されるようになり、情報を見逃すことがなくなりました。また、コンタクト履歴の管理が進化し、役員付きの秘書情報や携帯番号などの重要な情報を随時追加・管理することができるようになりました。さらに、タグ付け機能を活用して、名刺の交換日や年度ごとの情報を効率的に管理し、年賀状の追加宛先リストの作成などの業務もスムーズに行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客情報をタイムリーにアップデートし、名刺情報を入力する時間を削減したい
    • 名刺情報を一元管理し、CRMのデータベースと連携させるため「Sansan」を導入
    • 名刺の取り込み枚数がわかることや組織ツリーの活用で、営業活動が可視化できた
    • 過去の情報を確認することが可能となり、飛び込み営業を減らすことができた
    • 営業のアプローチの仕方に変化が出て、より積極的に営業を行えるようになった

    製品を導入することになった背景

    レノボ・ジャパン合同会社は、顧客情報の管理において非常に重要視している名刺情報の取り扱いに課題を感じていました。従来のCRMのデータベースに各営業が名刺情報や顧客情報を入力する方式では、「タイムリーにアップデートできない」「入力に時間がかかる」という問題が生じていました。このような背景から、より効率的なソリューションを求めてSansanの導入を検討し、トライアルとしての導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    レノボ・ジャパン合同会社は、顧客情報を非常に大切にしており、特に名刺情報の重要性を高く評価していました。しかし、従来のCRMシステムでは、営業ごとに名刺情報や顧客情報を入力する必要があり、その結果、情報のアップデートが遅れることや、入力に時間がかかるという問題が生じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    レノボ・ジャパン合同会社は、これらの課題を解決するためにSansanのソリューションを探しました。Sansanは名刺情報を簡単にデジタル化できることから、その導入を決定しました。Sansanの導入により、名刺情報が会社のデータとして共有できるようになり、営業マンは他の社員が持っている名刺情報を検索することができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入後、レノボ・ジャパン合同会社は名刺情報のデジタル化が驚くほど簡単になったことを実感しました。また、名刺情報が会社のデータとして共有できるようになったため、新しいお客様へのアプローチ時に、営業マンが他の社員の名刺情報を検索できるようになりました。これにより、営業の拡販を狙うことができるようになり、ワークスタイルの変革をさらに加速させることができました。
  • この導入事例のポイント
    • 各社員が個別に名刺管理を行っており、社内共有がほとんどされていない状況だった
    • Sansanを導入して約70万枚の名刺を管理し、会社の組織力強化のために活用した
    • 導入後わずか1年間で、法人領域での新規契約数・取引商談数が30%も増加した
    • 全社員間の情報共有が円滑になり、横のつながりを活かした営業活動が実現した

    製品を導入することになった背景

    「働き方革命」に取り組む株式会社クレディセゾンは、2014年11月にSansanを導入しました。クレディセゾンは、クレジットカードビジネスを中心に、ネットビジネスやリース事業・ファイナンス事業、アジア圏内でのリテール金融ビジネスなど、総合的なノンバンク事業に取り組んでいます。全社員法人営業体制の徹底を目指し、経営幹部から一般社員まで全員が役職・所属に関係なく、当社商品・サービスの営業活動を行うことで、取引先との関係強化や隠れたニーズを掘り起こした新規ビジネスチャンスをつかんでいます。

    導入前に企業が抱えていた課題

    Sansanを導入する前の名刺管理方法は、各社員が個別に行っており、社内共有はほとんどされていない状況でした。このため、誰がその企業に営業を行っているのかを共有できず、会社の組織力強化に貢献できていないという課題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    全社法人営業を推進していくためには、膨大な数の顧客情報の管理が必要でした。営業進捗や商談内容などの情報共有に加え、人脈の共有も円滑に行い、組織としての営業力を強化するためにSansanを導入することに決めました。Sansanの利点として、全社員間の情報共有が円滑になり、個人の人脈を会社の社脈として活かした営業活動が行える点が挙げられます。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanを導入したことにより、新規契約取引・取引商談数が、導入後1年間で+30%以上増進しました。Sansanを導入したことによって、全社員間の情報共有が円滑になり、個人の人脈を会社の社脈として活かした営業活動が行えるようになったことが最大の成果です。また、社内で約70万枚の名刺を管理し、この名刺情報が会社の網羅的なデータベースとして全社の法人営業に役立っています。
  • この導入事例のポイント
    • 個人管理の名刺データを社内共有できておらず、全社での顧客情報基盤を構築したい
    • 少人数からSansanを使用し全社導入へ移行、全名刺を取り込みデータベースを構築
    • 取引先社員の昇進・昇格に関連する情報を得て、次のアクションが起こしやすくなった
    • 顧客とのコンタクト履歴から、部下が誰といつ会っているかなどを把握しやすくなった

    製品を導入することになった背景

    JA三井リース株式会社は、2013年に三井物産営業推進部の9名でSansanの利用を開始しました。その後、2016年1月には全社(国内一部グループ会社含む)従業員約1,200名にSansanのIDを付与して利用を始めました。全社導入の背景には、コストやセキュリティ面の課題がありましたが、Sansanの提案した「コーポレートライセンス」やクラウドサービスの安全性が認識されるようになったことが導入の決め手となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    JA三井リース株式会社は、様々な商材を扱うリース会社として、お客様の幅広いニーズに応えるための業務を行っていました。しかし、名刺交換の頻度や引き継ぎの問題、異動によるデータの引き継ぎなどの課題が存在していました。特に、名刺のデータ引き継ぎはアナログな方法で行われており、時間がかかるという課題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    JA三井リース株式会社は、Sansanの「コーポレートライセンス」を導入することで、コスト面の課題を解消しました。このライセンスは、組織単位で無制限にライセンスを付与できる新しい料金プランで、全社でID単位の課金に比べてコストが半分程度になります。また、Sansanを導入することで、名刺のデータ引き継ぎが簡単になり、異動による引き継ぎの問題も解消されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、JA三井リース株式会社は、名刺のデータベース構築を全社員で進めることができるようになりました。名刺は会社の資産であり、すべての名刺をSansanに取り込むことで、データベースの構築が進められました。また、Sansanの利用により、組織全体の力で営業を行うことが可能となり、営業の効果が高まりました。引き継ぎの問題も解消され、名刺のデータ引き継ぎが簡単かつ確実に行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 医師の名刺を管理できず、以前に会ったドクターに再度名前を聞く等、失礼があった
    • Sansan for kintoneを導入し、名刺入力の手間と入力ミスを解消
    • 適切な名刺管理が実現でき、医療活動における有効な人脈の獲得につながっている

    製品を導入することになった背景

    株式会社ナチュラルケアは、医師たちが医療に専念できる環境を提供することをミッションとしています。しかし、医師たちの人脈管理や看護師のリクルーティングにおいて、効率的なツールが不足していました。特に、医師たちは多くの人々と接触するため、名刺管理が非常に困難でした。医療業界は意外に狭く、同じ人と何度も会うことが多いため、名刺管理の不備はプロフェッショナルとしての礼儀を欠くことにもつながっていました。Sansanを初めて知った際、その機能性に感銘を受け、これによって現在の課題を解消できると感じました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ナチュラルケアは、医師たちの名刺管理に大きな課題を抱えていました。医師たちは多くの人々との接触が日常的であり、それに伴う名刺の量は膨大でした。しかし、これまでの名刺管理は不十分であり、同じ人との再会時に名前を尋ねるなどの失礼な状況が生じていました。また、医療業界のネットワークは狭く、同じ人との再会が頻繁にあるため、効率的な名刺管理ツールの不足は大きな問題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社ナチュラルケアは、Sansanを導入することで名刺管理の課題を解決しようと考えました。Sansanは名刺をスキャンするだけで、高精度のデータが得られる点が魅力でした。さらに、Sansanとkintoneの連携により、企業台帳や人物台帳のデータ管理が手入力からスキャン入力へと変わり、データの精度や効率が大幅に向上しました。この連携により、名刺データの入力ミスやデータのゆらぎが解消され、信頼性の高いデータベースの構築が可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、株式会社ナチュラルケアは名刺管理の効率化だけでなく、業務全体の効率化を実現しました。Sansanとkintoneの連携により、企業・人物台帳のデータが手入力からスキャン入力に変わり、データの精度が向上。これにより、書類送付や医師の一覧などのリスト出力が容易となりました。また、Sansanの人物IDを活用して、さまざまなリレーションを行い、業務効率化を実現しました。このような改善により、医療の質の向上や患者へのサービス提供がよりスムーズになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 分散された情報・非効率的な情報収集・名刺整理によるコストが課題となっていた
    • 全社員の名刺を共有化できること等が決め手となり「Sansan」を導入した
    • メール配信が簡素化しペーパーレス化を実現、ターゲットへのアプローチが効率化された
    • クリエイティブな業務に時間を使えるようになり、出会いを全社共有できるようになった

    製品を導入することになった背景

    マツ六株式会社は、住宅産業の中核である建築金物・建築資材の専門商社として、常に情報を先取りし、商品の研究開発やサービス向上を進めてきました。近年、高齢社会を見据えた高齢者住宅リフォーム建材の開発・販売を進めている中、生産性向上と働き方改革の一環として、ICTを活用することが求められました。社内には5つの事業部が存在し、各事業部内のコミュニケーションは円滑であったものの、事業部間の連携がスムーズに行えるシステムが欠けていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    マツ六株式会社は、5つの事業部が存在しており、各事業部内でのコミュニケーションは問題なく行われていましたが、事業部間での情報共有が難しく、効率的なコミュニケーションが取れていませんでした。また、クラウドサービスの導入は初めての試みであり、その運用が社内で可能かどうかの不安も存在していました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題を解決するために、Sansanのデモンストレーションを受け、社員の反応を確認した結果、Sansanを全社で導入することを決定しました。Sansanの導入により、散在していた情報が一元管理されることで、メール配信業務の簡素化やペーパーレス化が実現されるとともに、生産性の向上が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、社内のICT化がスムーズに進行し、新しいツールに対する抵抗感を持つ社員でも容易に活用することができるようになりました。情報が一元管理されることで、メール配信業務が簡素化され、ペーパーレス化が実現しました。これにより、生産性が向上しました。また、名刺管理の効率化により、情報収集に要する時間が大幅に短縮され、業務の効率化が図られました。さらに、Sansanのコンタクト機能を活用することで、商談内容や社外活動の情報を即座に記録し、情報共有が迅速に行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • Webで接触のあった人物以外を、ナーチャリング対象とすることができていない
    • オフラインの接点も完全にフォローできるように、SansanとMarketoを連携
    • インサイドセールス含めて、会社内での名刺情報の共有を効率化・省略化できた
    • オフラインとオンライン両面で獲得したリードを、タイムリーにフォローできるように

    製品を導入することになった背景

    トレジャーデータ株式会社は、2013年にSansanを導入しました。その後、2015年11月にSansan APIが公開されると、既に導入していたマーケティングオートメーションツールMarketoとの連携を開始しました。この連携により、オンラインだけでなくオフラインのリード化も可能となり、リードの価値を最大限に引き出すことができるようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    トレジャーデータ株式会社は、企業がライブデータマネジメントを行うためのプライベートDMPを提供しており、Webのログやアプリのログなどを収集・分析し、デジタルマーケティングに活用するサービスを提供しています。しかし、オフラインのリード化が課題となっていました。特に展示会やセミナーなどの場で得られるリアルな接点のデータを効率的に管理・活用する手段が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題を解決するために、トレジャーデータ株式会社はSansanとMarketoの連携を強化しました。MarketoはWebからのお問合せをリード化するためのツールとして使用されていましたが、Sansanの導入により、オフラインの接点もデータ化できるようになりました。具体的には、訪問先でのミーティングに同席する新たな関係者の名刺をSansanでデータ化し、そのデータをMarketoにインポートすることで、より包括的なリードナーチャリングが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    SansanとMarketoの連携により、トレジャーデータ株式会社はPDCAを高速で回すことができるようになりました。特に、展示会が終わった後の名刺データの迅速な取り込みや、それに続く迅速なコールアクションが可能となりました。また、Sansanを使用することで、個人や部署の間の繋がりを確認しながらのナーチャリングが可能となり、試行錯誤のスピードが大幅に向上しました。これにより、効率的なリードナーチャリングを実現し、成約率の向上を果たしました。
  • この導入事例のポイント
    • 58の媒体と多岐に渡るお客様との取引があり、情報管理とそのやりとりに苦心してきた
    • Sansanで顧客情報を一元化し、やりとりした内容を社内全体で共有する体制を構築
    • 引継時の抜け漏れが減少し、お客様との接点の可視化が実現、働き方が能動的になった
    • 部署内のコミュニケーション活発化し、お客様を多重的にフォローできるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社講談社は1909年に創業し、国内でも古い歴史を持つ総合出版社として、書籍や雑誌の出版を中心に、ウェブやライツといった二次利用商品の業務を拡大してきました。特に、広告事業や版権ビジネスを扱う部門では、多岐にわたる取引内容や情報管理に苦労していました。その中で、情報の正確な管理や効率的な情報の伝達が求められ、Sansanというツールの存在を知り、その導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社講談社は、58の媒体を持ち、広告主や広告会社との取引が多岐にわたっています。これらの取引内容は単純な広告掲載だけでなく、共同での事業展開など複雑なものも多く、お客様の情報管理や情報の伝達には長年の課題がありました。また、名簿管理のシステム移行時に名簿機能だけが移行できないという問題も生じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    情報の一元管理や効率的な情報伝達のために、Sansanの導入が検討されました。Sansanは情報を人に紐づけることができ、社内の異なる部署間でもお客様とのやり取りの内容を共有することが可能です。また、名簿機能の補完としてもSansanが適していると判断されました。Sansanの導入により、お客様との接点情報の整理や、社内の情報共有がスムーズに行えるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、お客様との接点情報が一目でわかるようになり、営業面での課題解決や人事異動時の引き継ぎ作業が効率的に行えるようになりました。また、名刺情報が常に最新であるため、送付物の宛先や役職の間違いがなく、お客様への失礼がなくなりました。さらに、発表会や説明会での名刺交換情報をSansanで管理することで、来場者への迅速なフォローアップが可能となりました。これにより、お客様との関係性の維持や新たな取引先の開拓など、業務の効率化と質の向上が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 属人的になっている人脈の管理と、非効率的な情報共有の方法が大きな課題だった
    • Sansanを導入し、企業の方といつ誰が・どこで会ったのか簡単にわかるようにした
    • 個人と企業だったコミュニケーションが、近畿大学と企業のつながりに発展した
    • 部下の名刺交換を把握できるようになり、安心して仕事を任せられるようになった
    • 内外のコミュニケーションがスムーズになり、本質的な業務に注力できるようになった

    製品を導入することになった背景

    近畿大学は、多くの話題を持つ総合大学として、日本一の志願者数やクロマグロの完全養殖などで注目を集めています。報道関係者からの取材が多く、発信したい情報はまだまだ豊富にありました。そのため、報道関係者の名刺は、次回の情報発信の際に活用できる大学の財産として捉え、接点情報の共有ツールとしてSansanの導入を検討しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    近畿大学では、企業の方が来校された際のコミュニケーションが個人と企業の間で行われており、接点情報が属人化していました。このため、企業とのつながりの情報が組織全体で共有されていなかったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    Sansanの導入を通じて、接点情報を組織全体で共有することを目指しました。Sansanを活用することで、個人ではなく、大学として企業とのつながりを持つことができるようになりました。また、企業の方との接触履歴やコミュニケーションの内容を簡単に確認できるようになり、円滑なコミュニケーションの実現を目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、業務のスピード感が大きく変わりました。特に広報活動において、Sansanを使用することで、情報の共有やニュースリリースの発信がスムーズに行えるようになりました。また、部下がどのような人と名刺交換をしているかを上司が把握できるようになり、組織内のコミュニケーションの質が向上しました。これにより、組織の文化や働き方が根本的に変わるとともに、業務の効率化が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺や顧客情報の管理方法が統一されておらず、共有や引き継ぎが難しかった
    • ニューヨークの現地法人を開設するタイミングで、駐在員事務所にもSansanを導入
    • 名刺情報の管理・共有が実現し、外出先でも正確な顧客情報が確認できるようになった
    • 出張や配属転換の多い社員も情報共有でき、人脈やナレッジを資産として継承可能に

    製品を導入することになった背景

    DBJ Americasの親会社である株式会社日本政策投資銀行(DBJ)は、日本の戦後復興期に国内のインフラへの長期融資を目的として設立された金融機関です。2008年に民営化され、新たなファイナンス手法に取り組む中で、国内金融市場の発展を目指してきました。DBJ Americasは、2018年10月にDBJの海外現地法人として設立され、DBJの南北アメリカ大陸全域のビジネスをサポートする役割を担っています。この背景から、効率的な情報管理ツールの導入が必要となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    DBJ Americasのスタッフは、出張が多く、オフィスでのデスクワークの時間が限られていました。そのため、他のスタッフとの直接のコミュニケーションが難しく、情報や人脈の共有が不十分でした。また、DBJでは配属転換が2~3年ごとに行われ、その都度、人的ネットワークや業界知識がリセットされる問題がありました。これにより、引継ぎ作業に多くの手間と時間がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    DBJ Americasのスタッフは、Sansanの導入を検討しました。DBJの日本本社では、2016年からSansanが導入されており、名刺情報のデジタル化や情報共有の効率化が実現されていました。生駒様自身もSansanの利便性を実感していたため、ニューヨークの駐在員事務所にSansanを導入する提案を行いました。その結果、現地法人設立のタイミングでSansanの導入が決定されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報をスマートフォンで簡単に記録し、外出先でも情報を確認することが可能となりました。これにより、外出時の情報確認の効率が大幅に向上しました。また、グリーティングカードの発送業務も効率化され、手作業が大幅に削減されました。Sansanのメール送信機能を利用することで、メールの誤送信リスクも低減されました。これらの改善により、業務の生産性が大幅に向上し、Sansanの活用が社内で習慣化されていきました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺や顧客情報を管理する手間がかかり、情報共有の方法もオフラインで非効率的だった
    • 海外支店を含めた3拠点でSansanを導入し、業務の効率化と営業力の強化を図った
    • 作業時間が56分の1に短縮され、年間1680~2520SGDのコスト削減を達成
    • 拠点間・部門間のコミュニケーションが効率化され、スタッフが本業に打ち込めている

    製品を導入することになった背景

    Global Partners Consulting Pte. Ltd.(GPC)は、シンガポールを中心に、シンガポール会計税務、クロスボーダーM&A、海外進出成長コンサルティングの3つの事業を展開する国際的なコンサルティングファームです。多国籍のスタッフと多岐にわたる業務を持つ同社は、出張が多く、多くの名刺を収集することが日常的でした。そのため、名刺の管理と人脈の共有に課題を感じていました。そんな中、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の存在を知り、業務の効率化と営業力の強化を目指して、シンガポール、日本、ベトナムの3拠点でSansanを導入することを決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    GPCは、シンガポール、ベトナム、カンボジア、香港など、複数の国に拠点を持つ国際的なコンサルティングファームとして活動しています。そのため、多国籍のスタッフが多数の名刺を収集することが日常的でした。しかし、これらの名刺の管理や人脈の共有には大きな課題がありました。特に、出張が多い業務の性質上、さまざまな国での新しい出会いや名刺の交換が頻繁に行われ、その管理方法に頭を悩ませていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺の管理に関する課題を解決するため、多くのアプリを試してきたGPCは、名刺アプリ「Eight」のメリットを実感していました。しかし、さらなる効率化と全社的な人脈の共有を目指して、法人向けの「Sansan」の導入を検討しました。Sansanは、各スタッフが築いた人脈を全社で管理・共有することが可能であり、その機能性と利便性から、GPCはSansanを導入することを決定しました。これにより、業務の効率化と営業力の強化を図ることができるとの期待が寄せられました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、GPCは名刺の管理や人脈の共有における多くの課題を解決しました。特に、展示会後のフォローアップ作業時間が56分の1に短縮され、年間1680~2520SGDのコスト削減が実現しました。また、スタッフがより付加価値の高い仕事に時間を使えるようになり、業務効率の向上を実感しています。さらに、Sansanのスマートフォンアプリを活用することで、いつでもどこからでも情報にアクセスでき、新しいビジネスのアイデアを形にしやすくなったとの声もありました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺や顧客情報の管理方法が属人的で、海外赴任・帰任時の引き継ぎが煩雑だった
    • Sansanを導入し、日本とアジアの拠点間で名刺情報を一元管理することにした
    • 海外赴任・帰任時の引き継ぎが効率化し、出張先でも顧客情報が確認できるようになった

    製品を導入することになった背景

    第一実業株式会社(DJK)の子会社であるDAIICHI JITSUGYO ASIA PTE. LTD.(DJKA)は、アジア地域統括会社としてASEAN諸国を中心に7カ国10拠点でビジネスを展開しています。Managing Directorは、ドイツ駐在時にテクノロジーを活用した経営手法を体感し、組織で共通データベースを構築することの重要性を認識していました。そのため、シンガポールに赴任後、情報基盤の構築を目指し、各種ITツールの導入を検討しました。その中で、顧客情報がデータの土台となるとの考えから、デジタルトランスフォーメーションの第一歩としてSansanの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    DJKの営業スタイルは、お客様との人間関係を重視しており、顧客情報は担当者個人に蓄積される傾向がありました。このような顧客データの属人化は、ビジネスの効率性やリプレイサビリティーの観点から問題があると感じられました。特に、顧客との信頼関係を基盤にビジネスを進める商社として、データ管理の効率化が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    Managing Directorは、ドイツ駐在時にテクノロジーを活用した経営手法の重要性を体感していました。その経験を活かし、DJKAでの情報基盤の構築を目指しました。顧客情報がデータの土台となることから、Sansanの導入を決定しました。Sansanは名刺情報のデジタル化を実現し、共通データベースの構築をサポートします。このような機能を活用し、組織全体での情報共有を実現することを目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報のデジタル化が進められ、スタッフ間での情報共有が容易になりました。特に、引き継ぎの際に前任者と後任者が同じデータベースを参照できることで、スムーズな業務の継続が可能となりました。また、Sansanの経歴画面を利用することで、お客様の異動情報のトレースが可能となり、ビジネスの継続性が向上しました。さらに、展示会での名刺情報の管理やメール配信機能の活用により、業務の効率化が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 人脈が可視化されない・部署間の情報伝達に手間がかかる・支店間の連携が取りにくい
    • Sansanにより全社員の人脈を可視化した結果「つながり」への意識の変化が生じた
    • 全社員の人脈が活用できるようになり、必要な企業・人物につながることが可能になった
    • 支店同士の連携が強化されたことで、お客様にとって利便性の向上にもつながった
    • お客様の情報を把握しておくことで話が広がり、良好な関係構築につながっている

    製品を導入することになった背景

    沖縄ツーリスト株式会社は、沖縄県を中心に日本国内やアジア各国で旅行商品や旅行関連サービスを提供している老舗の地元旅行会社です。社員数は沖縄ツーリスト単体で約650名、関連するグループ会社を含めると1,000名近くになります。各社員が持っている取引先の情報や、名刺交換をさせていただいたお客様の情報を一元管理したいというニーズが以前から存在していました。このニーズを解決するために、Sansanを導入することを決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    沖縄ツーリスト株式会社は、旅行商品の取り扱いやレンタカー業務、保険業務、空港でのハンドリング業務などを行っています。最も取り扱いが多いのは東京発着のツアーで、沖縄や北海道などのツアーも提供しています。しかし、各社員が持っている取引先やお客様の情報を一元的に管理する手段がなく、情報の共有や連携が難しくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    社員間での情報共有やコミュニケーションの促進を目的として、Sansanの導入が検討されました。Sansanは、名刺情報の一元管理や社員間の人脈の共有を可能にするサービスであり、これにより社員の取引先の情報やお客様の情報を一元管理するニーズを満たすことができました。また、Sansanの機能を活用することで、社員間の連携や情報共有がスムーズに行えるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、沖縄ツーリスト株式会社は多くの業務改善を実現しました。取引先やお客様との関係を深化させるための情報共有がスムーズになり、取引先やお客様からの問い合わせに迅速に対応することが可能となりました。また、Sansanの「One to Oneメール」機能を活用することで、返信率の向上や受注の増加が実現されました。さらに、各支店間の連携が強化され、お客様の利便性が向上しました。全体として、Sansanの導入により業務の効率化や生産性の向上が実現され、お客様との関係構築にも大きく貢献しています。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客リレーションのばらつきがあり、 顧客情報の共有が遅く、管理も属人的だった
    • 企業の業務体系や働き方変革に具体的なソリューションを提示するSansanを選定
    • コーポレートセクションの人脈を有効活用でき、部門を超えて情報共有する意識が定着
    • 顧客基盤の共有と可視化が実現でき、結果として企業の競争力強化につながった

    製品を導入することになった背景

    三菱地所株式会社は、1937年に設立され、東京・丸の内を中心に多岐にわたる不動産業務を展開しています。社員が持つ顧客情報の共有に時間がかかるという課題があり、特に顧客リレーションの可視化が求められていました。Sansanは、企業の業務体系や働き方の変革に関して具体的なソリューションを提供している印象が強く、三菱地所株式会社のニーズに合致していると感じられたため、導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三菱地所株式会社では、社員が持っている情報の共有に時間がかかっており、特に顧客リレーションの情報は個人のノウハウとして閉ざされがちでした。この情報を組織全体で共有し、組織知として活用することが大きな課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    情報共有のスピードアップと顧客リレーションの可視化を目的としてSansanを導入しました。Sansanは、企業の業務体系や働き方の変革に関して具体的なソリューションを提供しており、三菱地所株式会社のニーズに合致していると感じられました。Sansanのサービスを利用することで、顧客情報の共有がスムーズに行えるようになり、業務効率の向上が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、顧客情報の共有が非常にスムーズになり、部署間の連携が強化されました。特に、役員や総務、経理、人事、広報などのコーポレートセクションが持つ社外とのリレーションを前線の社員と共有することができるようになりました。また、Sansanの利用により、名刺情報のデータベース化が容易になり、業務効率が大幅に向上しました。今後は、グループ全体での顧客基盤の共有を進め、企業の競争力をさらに強化していく方針です。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客情報のデータ化にまつわる手間とストレスに加え、共有方法も非効率的だった
    • スキャナーに通すだけで正確なデータベースが構築される「Sansan」を導入した
    • 名刺情報の入力や管理に対するストレスからの解放され、 業務スピードと生産性が向上
    • 離れた拠点間で顧客に関する最新情報の共有が可能になり、顧客理解も深まった

    製品を導入することになった背景

    河合製氷冷蔵株式会社は、1876年に大阪で天然氷の卸業としてスタートし、2017年で創業141年を迎えました。社名に「製氷」との名が冠されているものの、現在は物流事業を主軸としており、福岡市を中心に3つの事業所を展開しています。また、2018年には新たな大型の物流センターの竣工が予定されています。営業活動を行う中で、名刺の管理が各個人によって異なり、顧客情報が更新されずに放置される状況が生じていました。このような背景から、社内で「生きたデータベース」を構築する必要性を強く感じるようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    河合製氷冷蔵株式会社の営業担当者は、それぞれが名刺の管理を個別に行っていました。この結果、顧客情報が更新されず、古い情報のまま放置されるという課題が生じていました。また、過去に使用していた名刺管理ソフトでは、情報の更新を手動で行う必要があり、その他の機能にも多くの制約があったため、日々の業務において多くのストレスを感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺の管理に関するこれらの課題を解決するため、河合製氷冷蔵株式会社はSansanの導入を検討しました。Sansanは、名刺をスキャナーに通すだけで正確なデータベースを構築することができる点が大きな魅力として挙げられました。また、Sansanの使用により、名刺情報の更新や共有が容易になるとともに、最新の顧客情報を常に把握することができるようになりました。これにより、社内の情報共有がスムーズになり、業務の効率化が図られることとなりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、河合製氷冷蔵株式会社は多くの業務改善を実現しました。まず、名刺の情報が自動で更新されることで、常に最新の顧客情報を取得できるようになりました。また、離れた拠点間でも情報がリアルタイムで共有されるため、各拠点の情報の整合性を保つことができるようになりました。さらに、新しい拠点の設立や新規のお客様との取引開始に際しても、Sansanを活用することで迅速な情報共有や連絡が可能となりました。これらの改善により、業務のスピードアップや顧客との関係構築が大きく進展しました。
  • この導入事例のポイント
    • 情報共有システムがなく、営業先が重複し、せっかく培った人脈も未活用だった
    • 名刺管理という切り口から社内の動きを横断的に見るため、Sansanの導入に至った
    • 分散管理されていた情報が一元化され、営業のバッティングが防止できるように
    • 営業をはじめとした各業務が効率化でき、事業成長へ向けたきっかけの創出が可能に

    製品を導入することになった背景

    カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループの一部として、データベースマーケティング事業を展開しているCCCマーケティング株式会社は、6500万人のT会員を持つ大規模なデータベースを活用して、多くの企業のマーケティング支援を行っています。その中で、事業と組織の成長に伴い、情報の共有や横断的な把握が必要となりました。特に、異なる部署間での情報共有が不足しており、名刺管理を通じて社内の動きを横断的に把握したいというニーズが高まっていました。この背景から、Sansanの導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    CCCマーケティング株式会社は、事業の成長とともに新しいサービスを次々と立ち上げ、社内の業務や部署も拡大していました。しかし、この拡大に伴い、全社横断での情報共有が難しくなり、異なる部署の担当者が同じ企業を訪問するなどの重複が生じることもありました。また、名刺情報は個々の社員が管理しており、組織全体としての活用が難しい状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    情報共有の課題を解決するため、全社的に共通のフォーマットで情報を確認できる環境の構築が求められました。Sansanの導入を検討した際、名刺情報を一元管理し、異動時の情報引き継ぎや営業活動の効率化など、多岐にわたる利点が見込まれました。特に、名刺に記載されていない情報も共有できる点や、最新の情報更新機能などが評価され、Sansanを選択することとなりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、過去の取引情報や営業先の情報が一元管理され、営業の効率化や情報共有の向上が実現されました。また、営業先の趣味や嗜好などの情報も共有できるようになり、より戦略的な営業活動が可能となりました。さらに、新しい出会いやビジネスの可能性を創出するための情報収集も容易となり、事業の成長と拡大をさらに加速することができました。
  • この導入事例のポイント
    • 各々が持っている名刺を集め、整理・共有したりするため、時間と手間ががかかっていた
    • Sansanを導入し、名刺管理方法の標準化と「見える化」による連携を強化した
    • 誰がどの顧客と付き合いがあるか可視化でき、 複数の段階を要する業務が簡素化された
    • 簡素化されたことで、情報共有に対してよりスピード感を持って対応できるようになった

    製品を導入することになった背景

    住友商事は国内外で多角的な事業展開を行っており、働き方改革にも積極的に取り組んでいます。その中で「人と人をつなぐ」という観点が重要とされ、Sansanがそのツールとして選ばれました。特に、クラウドサービスの導入によって、導入スピードや機能の改善、さらにはグループ企業への展開がスムーズに行えるというメリットがありました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    名刺管理や情報共有に非効率な手間がかかっていました。特に、社員が外出している際には、その担当者しか連絡を取れないという状況が多く、効率的な業務運営に支障をきたしていました。

    導入前の課題に対する解決策

    「見える化」と「スピード」をキーワードに、Sansanの導入を決定しました。これによって、社内の横の連携を強化し、スピード感を持ったビジネス運営が可能となると考えられました。また、働き方改革として「半分2倍」という言葉を掲げ、余った時間で新しい価値を創出する方向性が確立されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入によって、名刺管理や情報共有が効率化されました。特に、誰がどのお客様と一番付き合っているのかがすぐに見えるようになり、業務が簡素化されました。また、社員が外出中でも全員で情報を確認できるようになり、迅速な対応が可能となりました。さらに、海外の事務所とも情報交換がスムーズに行えるようになり、新しいビジネス創出にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺をExcelで管理していたが、全てを網羅できず、データを活用できていなかった
    • Sansanを導入し、全国で築いたつながりをクラブとして情報管理できるようにした
    • 導入前は1-2時間を要していた作業時間が、わずか数分までに短縮できるようになった
    • 顧客とのコミュニケーションを取る時間が増え、深い関係性を築くことができている
    • 最新の顧客情報がリアルタイムで共有でき、人のつながりを可視化することに成功した

    製品を導入することになった背景

    琉球ゴールデンキングスというプロバスケットボールチームを運営する沖縄バスケットボール株式会社は、バスケットボールを通じて社会を明るく、楽しくしたいという目的で活動しています。このチームは全国、さらにはアジアにも活躍の場を広げようとしています。名刺管理がExcelで行われていたものの、全てを網羅することができていなかったため、Sansanの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    名刺はExcelでリスト化されて管理していましたが、全てを網羅することはできていない状況でした。また、お客様のメールアドレスなどの情報もExcelで管理しており、定期的なデータ更新が必要でした。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺や顧客情報を効率的に管理し、それをクラブ全体で活用するためにSansanを導入することになりました。Sansanを利用することで、名刺や顧客情報をデータベースに落とし込むことができ、情報の更新も自動化されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、以前は1~2時間かかっていた名刺情報の入力作業が数分で済むようになりました。これにより、営業活動の効率が大幅に向上しました。また、Sansanのコンタクト機能を使ってリアルタイムで情報共有が可能になり、部署を超えて情報を活用することができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 拠点や部門を超えた情報共有を行い、より手厚い企業の支援体制を実現したい
    • 名刺の情報を正確に反映でき、行政機関への導入実績があるSansanを選択した
    • 名刺情報の共有と可視化により、拠点間や部門間での連携が大幅に強化された
    • データの入力や活用に関連する作業が大幅に効率化され、業務がスムーズ化した
    • 業務効率化と連携強化に基づいた、より詳細な企業支援の実現が可能となった

    製品を導入することになった背景

    さっぽろ産業振興財団は、札幌市内の産業や企業を支援するために多岐にわたる活動を展開しています。各拠点でセミナーの企画・開催、経営相談、企業マッチングなどを行っていましたが、企業の課題が多様化し複雑化してきたため、各部・各課・各チームが連携してより手厚い支援を行いたいと考えました。そのために、名刺の情報を担当者個人ではなく全体で共有することで、拠点間の連携を強化する目的でSansanを導入することになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前は、各拠点や部署が独立して活動していたため、情報の共有が不十分であり、それが業務効率やサービス品質に影響を与えていました。特に、セミナーの企画や企業マッチングにおいて、適切な講師や企業を見つける作業が手間取っていました。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策として、Sansanを導入することで名刺情報をデータベース化し、それを全拠点で共有することを計画しました。これにより、各拠点や部署が持つ情報や人脈を効率的に活用できるようになるとともに、セキュリティ面でも安心して情報を管理できるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、拠点間や部内の連携が強化され、必要な情報の収集にかかっていた手間が大きく削減されました。セミナーの企画・開催がスムーズになるだけでなく、過去にセミナーに参加した方や名刺交換をした企業に対して、ニーズに合った情報をより的確に案内できるようになりました。また、外出先からもSansanにアクセスできるため、より多くの企業への訪問が可能になり、業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理の工数が大きく、人脈をうまく活用できず部署間での情報共有も不十分だった
    • ICT化・生産性向上を後押しするモデルケースとして「Sansan」を導入
    • 名刺とそれに関連する情報を、管理・共有するための時間や手間が大幅に削減された
    • 部署間での横の連携が新たに生まれ、結果としてコミュニケーションが活性化された
    • 職員の働き方や時間の使い方に対する変化が生じ、結果として生産性が向上した

    製品を導入することになった背景

    北九州市は産業的な観点から多くの優位性を持っていますが、その成長を維持するためには、企業の生産性を高める必要がありました。市自体がITツールを活用して生産性を向上させる「グッドケース」を作ることで、その効果を市内の企業にも広めようという考えから、Sansanの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、北九州市では名刺管理に多くの工数がかかっており、その方法も標準化されていませんでした。職員それぞれが異なる方法で名刺情報を管理しており、その結果、情報の検索性や正確性に問題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    Sansanの導入を検討する際、そのコンセプトに共感を覚え、名刺情報やコンタクト、協議録の内容を組織として共有し、実際の仕事につなげていく方向性が見えました。特に、名刺情報を一元管理することで、情報の検索性や正確性が向上すると考えられました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報の一元管理が可能になり、それによって検索性や正確性が大幅に向上しました。また、訪問リストの作成工数が大幅に削減され、一人でその作業を完了できるようになりました。さらに、部署間のコミュニケーションが活発になり、横の連携によって生産性が向上しています。
  • この導入事例のポイント
    • Salesforceの入力負担と情報の散在が、顧客情報の正確性を低下させていた
    • Sansan Data Hubを活用、Salesforceの情報鮮度を向上させた
    • 顧客情報が見える化された結果、無駄な営業活動によって発生していたロスが大幅に減少
    • 名刺をスキャンし、Salesforceに最新の顧客情報を即座に反映できるように
    • 顧客データの名寄せ作業において、基準となる信頼性の高いデータを確保できるように

    製品を導入することになった背景

    株式会社PFUは、情報KIOSKやドキュメントスキャナー、セキュリティソフトウェアなど、多岐にわたるICTソリューションを提供しています。働き方改革を推進する一環として、業務効率の向上が求められていました。特に営業現場では、既存のお客様との関係深化と新規のお客様の開拓強化が課題とされており、これに対応するためにSansanを全社導入することになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    営業現場では、お客様との接点情報を正確に把握し、人の入れ替わりがある中で情報を正しく引き継いでいくことが難しかったです。また、Salesforceを用いたCRM(顧客関係管理)では、手作業でのデータ入力が負担となり、情報が陳腐化する可能性が高かったです。

    導入前の課題に対する解決策

    お客様との接点情報は会社の重要な資産であり、その情報を全社的に可視化することが業務改革につながると考えました。このため、名刺情報を一元管理するSansanを導入することで、情報の正確性と鮮度を保つことを目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入によって、過去の接点情報が簡単に分かり、営業ロスが減少しました。また、Salesforceと連携させることで、データの正確性が向上し、営業現場の負担が軽減されました。特に、Sansan Data Hubを活用することで、Salesforce上のデータを新鮮な状態に保ち続けることが可能になりました。これにより、営業活動全般の効率化が実現し、お客様への提案の質も向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺情報の属人的な管理と共有・リード獲得からフォローアップまでの長さが課題だった
    • Sansanを導入して名刺のデータ化と共有を実現、営業スタイルをアクティブに転換
    • 名刺情報の検索時間が89%削減し、担当者の振り分け時間は60%以上も削減した
    • 展示会で獲得したリード情報の即時活用が実現し、個別に最適化されたアプローチを実現

    製品を導入することになった背景

    レモジャパンは、スイスに本社を置くLEMOの日本法人で、高品質なコネクタソリューションを提供しています。2019年2月に新たな代表取締役が就任した際、ITによる業務効率化とビジネス価値の向上を目的とした「IT推進プロジェクト」が立ち上げられました。このプロジェクトの一環として、Sansanが導入されました。導入の背景には、業務の無駄を省き、営業やマーケティングの担当者が本来の業務に集中できる環境を作るという目的がありました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、レモジャパンでは名刺情報が属人的に管理されており、その情報を全社で共有する手段がありませんでした。また、展示会でのフォローに時間がかかり、効率的な業務運営が難しかった状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    導入前の課題に対する解決策として、Sansanを用いて名刺情報を一元管理し、それを全社で共有することが計画されました。また、展示会でのフォロー速度を上げるために、Sansanのスキャナーを展示会場に持ち込むことも検討されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報が一元管理され、全社での共有が可能になりました。これにより、営業戦略の検討や実践が効率的に行えるようになりました。展示会でのフォロー速度も大幅に向上し、即日発送などの迅速な対応が可能になりました。さらに、営業現場の業務効率が大きく向上し、新規問い合わせへの対応時間が60%以上削減されました。このように、Sansanの導入が多方面で業務効率化をもたらし、企業文化にもポジティブな影響を与えました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺や人脈情報を活用できておらず、同一対象に対してバラバラにアプローチしていた
    • Sansan導入により人脈情報のデジタル化と共有を行い、業務効率化を目指した
    • 他者との関係構築における合理化が図れ、業務が効率化され、時間やコストを大幅に削減
    • 情報共有や引き継ぎがスムーズになり、各職員の行動が見える化されるようになった

    製品を導入することになった背景

    経済産業省では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の時代において、人脈管理が非常に重要な要素となっています。特に、多岐にわたる業種とのコミュニケーションが必要な行政機関として、効率的な人脈管理とその活用が求められていました。このような背景から、Sansanの導入が検討され、最初はスモールスタートとして実証実験が行われました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、経済産業省では名刺や人脈情報の管理が個々の職員に依存しており、その情報は省内で十分に共有されていませんでした。このため、同じ企業や人物に対するアプローチがバラバラに行われるなど、業務の非効率が問題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    導入前の解決策としては、名刺や人脈情報をデジタルで一元管理し、それを省内で共有するシステムが必要でした。特に、多くの職員が同時に進行する多数のプロジェクトに関与しているため、情報の検索性と共有が重要でした。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報や人脈情報がデジタルで一元管理されるようになり、その結果、業務効率が大幅に向上しました。具体的には、企業名を入力するだけで、その企業と誰がつながっているのかがすぐに分かるようになりました。また、テレワークやオンライン会議が増えた現代でも、オンライン名刺交換を通じて効率的に人脈を築くことが可能となりました。これにより、政策立案やその他の業務がよりスムーズに進行するようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 部門間や拠点間で顧客情報が共有されず、営業活動におけるバッティングが発生していた
    • 顧客情報をデータベース化して共有・営業活動やマーケティングに活用するようにした
    • コールドコールのアポ獲得数が2倍以上にUP、メールマーケティングによる案件も創出
    • 営業効率がUPし成約/案件化率等が向上、 社員意識が変化し部門間の連携も生まれた

    製品を導入することになった背景

    三菱倉庫は、倉庫事業を中心に多角的な物流サービスを提供しています。しかし、社内での顧客情報の管理が個々の社員に依存しており、全社での情報共有が行われていなかったため、人脈を会社の資産として活用できていない状況がありました。この課題を解消するために、Sansanの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    特に営業部門でこの問題が顕著で、新規営業の際に他部署との情報共有がなく、既に失注している企業や他部署と取引のある企業に対してもコールドコールを行ってしまうケースが多発していました。このような状況が、業務効率の低下と無駄な労力を生んでいました。

    導入前の課題に対する解決策

    部門間での議論を経て、名刺のデータベース化が急務であるとの結論に達しました。また、当時社内でSFA(Sales Force Automation)の導入も検討されていましたが、その前段階として顧客情報を整理する必要があると認識されました。このため、Sansanを全社で導入する方針が決定されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、営業のアポイント獲得数が2倍以上に増加しました。これは、社内での情報共有が進み、営業のバッティングが減少したためです。また、過去に接点を持った企業に対しても効率的にアプローチができるようになりました。さらに、管理部門など外部との接点が少ない部署でも、ターゲットとなる企業のキーパーソンの情報が共有され、新たな商談の機会が生まれました。このように、Sansanの導入は業務効率化だけでなく、新たな商談の創出にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 営業情報の活用が不十分で、組織全体の成長に繋がらないという課題があった
    • 「Sansan」を導入し、顧客情報を全社で共有する環境を構築することに成功
    • 商談に関係した情報を、各拠点同士でリアルタイムに共有できるようになった
    • 各拠点の担当者が、顧客理解のために企業データベースを活用するようになった

    製品を導入することになった背景

    日本通運(現在はNXグループ)は、世界49カ国、311都市に731拠点を持つグローバルなロジスティクスカンパニーです。社会や環境が大きく変化する中で、お客様の本質的なニーズを把握し、データドリブンな営業マネジメント体制の構築が必要とされました。この背景から、Sansanの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    NXグループは、営業情報が各営業担当者の個人のパソコンや頭の中に散らばっており、組織としての情報の管理や活用ができていない状態でした。このような状況は、企業の成長や売上、利益の最大化において大きな障害となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    営業情報を可視化し、それを基にマネジャーが重要な事項を判断し、指示やアドバイスを出すサイクルを構築することが考えられました。また、経営層による強いコミットメントと、全社員が導入目的を理解するための教育が必要とされました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、企業データベースと社内の接点情報を組み合わせた営業シナリオの作成が可能となりました。また、営業日報のリアルタイム共有や、社内の人脈情報を活かした営業戦略の構築が容易になりました。これにより、営業効率が向上し、企業文化もデータドリブンな方向へとシフトしています。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客対応に対する情報の連携が不十分、顧客対応の重要度を定量的に把握したい
    • Salesforce上の情報を自動でアップデートする機能により、判断材料を獲得
    • 顧客との接点が可視化されることで、解約率が低下し継続的にサービスを提供できた

    製品を導入することになった背景

    ウイングアーク1stは、帳票事業とBI事業を展開しており、企業のデータ活用を支援しています。Sansanを導入する前は、社内で名刺情報の管理が個々に行われていました。その結果、お客様とのコミュニケーションがスムーズでなく、社内での情報連携も十分でなかったのです。SansanとSalesforceの連携により、これらの課題が解消されると考え、Sansanの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前の主な課題は、社内での名刺情報の管理が個々に行われていたため、お客様とのコミュニケーションがスムーズでなかったことです。また、Salesforceでのデータ管理が新規顧客中心であり、既存顧客に対する情報のメンテナンスが手作業で行われていました。

    導入前の課題に対する解決策

    SansanとSalesforceを連携させることで、名刺情報と顧客データを一元管理する解決策を採用しました。特に、Sansan Data Hubを活用することで、新規・既存顧客に関わらず、お客様とのつながりを可視化できるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、Salesforceに見込み顧客としてデータが連携され、CS部門でも手作業でのデータ入力が減少しました。また、Sansan Data Hubによって、役職名が統一された区分で分類されるようになり、キーパーソンとの接点が明確になりました。これにより、解約率が低下し、業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺のデータ化に時間がかかり、データの抜け漏れや情報共有の不備があった
    • Sansanのスキャン機能で名刺データの入力の削減、4200件の顧客データの重複を解消
    • データの正規化と統合により、ビジネスの効率性や生産性が向上した

    製品を導入することになった背景

    日本ビジネスシステムズは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の課題解決に貢献する企業として、多様なITソリューションを提供しています。しかし、名刺管理と情報共有が全社で徹底されていない状況がありました。特に、大量の名刺データを手作業で入力する作業に多くの時間と手間がかかっていました。これらの課題を解決するために、Sansanの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    企業が抱えていた主な課題は、名刺データの手作業による入力とその管理でした。営業のサポートスタッフが名刺データを手作業で入力していたため、入力ミスや重複が頻発していました。また、名刺が個々のフォルダーで管理されていたり、エンジニアが持っている名刺がデータベースに入力されていなかったりと、情報の断片化が進んでいました。

    導入前の課題に対する解決策

    導入前には、競合する名刺管理サービスとの比較調査を行い、Sansanのデータ化精度と使いやすさが他社製品を上回ると判断しました。Sansanの全社導入により、名刺をスキャンするだけでCRMシステムに自動的にデータが入力されるようになり、手間と時間を大幅に削減することができました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺データの手作業による入力が不要となり、その結果、業務の効率が大幅に向上しました。特に、CRMシステムとSansanがAPIで連携しているため、名刺をスキャンするだけで顧客データが自動的に更新されるようになりました。これにより、データの重複やミスが減少し、全社での情報共有がスムーズになりました。さらに、最新の人事情報が通知される機能など、ビジネスの機動力も向上しています。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理の属人化、データ化のラグと名刺情報の不正確さが問題だった
    • Sansanで営業先データを確認、正確な情報で営業のターゲティングをはかった
    • 約1000時間の時間の節約になり、受注率が20%から35%になった

    製品を導入することになった背景

    BtoB事業の拡大に伴い、顧客情報の管理の重要性が高まってきました。特に、社内だけでなくグループ会社の人脈も営業活動に活用する必要がありました。これにより、Sansanの導入が決定されました。Sansanを導入することで、名刺交換から始まる営業プロセスを効率的に構築する目的もありました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    展示会で集めた名刺のデータ化に時間がかかり、その後の営業アプローチに遅れが出ていました。また、MA(マーケティングオートメーション)やSFA(セールスフォースオートメーション)といったツールとの連携にも課題がありました。特に、各システムに登録されている企業情報が不足していたため、効率的な営業活動が難しかったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    Sansan Data Hubを利用することで、MAやSFAと連携させる際のデータの正確性を高めることができました。これにより、より詳細な営業戦略やデータ分析が可能になり、新たなリードを効率的に発掘することができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、一カ月当たりの業務効率が約1000時間分も改善されました。営業担当者は、顧客に関する情報を検索する時間が短縮され、より多くの時間を営業活動に充てることができるようになりました。また、MAやSFAで確認できる情報が豊富になり、ターゲティングが容易になりました。これにより、受注率も大幅に向上し、業績にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺データ化のスピードと、データ品質の向上、データ整備をしたい
    • 「Sansan」を利用し、データ化のスピード、品質の向上を目指した
    • 展示会開催からフォローまでの時間を、3分の1までに削減できた
    • マーケティング起点の案件創出額が2.3倍になり、利益が向上した

    製品を導入することになった背景

    NECソリューションイノベータは、デジタルマーケティングの展開を本格化させていました。特に、データを製品開発やプロモーションに活用する方針を強化していました。その中で、高品質なデータが必要とされ、Sansanの導入を2019年2月に決定しました。導入の最大の理由は、Sansan Data Hubによってリードデータのリッチ化を効率的に行える点でした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    企業は、SalesforceやPardotなどのツールを複合的に活用していましたが、データの品質に関する課題がありました。具体的には、データの項目の欠損や表記の揺れを整えるためのクレンジング作業が必要で、これに多くの手間と時間がかかっていました。また、適切なメタデータを付加するための要望もありました。

    導入前の課題に対する解決策

    Sansanの導入によって、リードデータのクレンジング作業だけでなく、リードが所属する企業の業種、売上高、従業員数、地域などの情報を効率的に分析・抽出できるようになりました。これにより、データの品質を向上させることができました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入後、名刺のデータ化にかかる手間と時間が大幅に削減されました。具体的には、毎月35時間かかっていたデータクレンジング作業が12時間に短縮され、人件費にして年間数百万円のコスト効率化が実現しました。また、リードデータの品質も大幅に向上し、案件創出額が2.3倍になるなど、マーケティング活動の効果が高まりました。
  • この導入事例のポイント
    • 非効率な名刺情報の確認、名刺の発見が困難で、情報共有ができていない
    • リモートワークによる生産性の向上と、名刺管理業務にかかる手間を削減
    • ツールに合わせて業務フローを見直し、不要な業務が洗い出された

    製品を導入することになった背景

    東急コミュニティーは、総合不動産管理サービスを提供しており、業界トップクラスのマンション管理戸数とビル・施設管理件数を誇っています。その事業活動において、人と人とのつながりが非常に重要であり、大量の名刺が日常的に交換される状況がありました。しかし、紙の名刺を手動で管理する方法では効率が悪く、情報の取得も遅れがちでした。そこで、より効率的な名刺管理を目指してSansanを導入することになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前の主な課題は、大量の名刺情報の効率的な管理でした。紙の名刺を手動で管理していたため、必要な名刺を素早く見つけることが難しく、情報の活用も限定的でした。また、リモートワークの推進にも力を入れていたが、その中での名刺情報のスムーズな共有が難しい状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の効率化を目指してSansanを導入することにしました。当初は限られた役職者だけを対象に導入していましたが、その効果を確認した後、営業開発事業部を始めとする他の部門でも導入が進められました。また、リモートワークの推進に合わせて、ICTツールを活用した柔軟なワークスタイルの確立を目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報の管理が大幅に効率化されました。PCやスマートフォンからいつでも名刺情報にアクセスできるようになり、リモートワーク環境でもスムーズな情報共有が可能になりました。さらに、名刺情報をCSV形式で取り出し、お礼状や挨拶状などの送付業務にも活用することができるようになりました。これにより、業務の効率が向上し、組織全体の生産性も高まりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理をデジタル化し、顧客情報の管理における属人化、海外利用をできるようにしたかった
    • Sansanのスキャナーを利用し簡単にデジタル化、中国語対応で中国でも利用できた
    • 中国だけでなく、韓国やシンガポールなどでも実績をもとに事業展開できるようになった

    製品を導入することになった背景

    ポリプラスチックスは、エンジニアリングプラスチック(エンプラ)のリーディングカンパニーとして、世界13カ国32拠点で事業を展開しています。企業内で「改善活動」という取り組みに力を入れており、その一環として名刺管理の効率化が必要とされました。特に、営業部門が抱える大量の名刺をデータ化し、人脈を共有することで、業務効率を向上させる必要がありました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    企業内での名刺管理が各自で行われており、その結果、情報の共有が難しく、業務効率が低下していました。また、フリーアドレス制度の導入にも障壁となっている個人キャビネットの削減が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の効率化を図るために、Sansanの導入が決定されました。複数の名刺管理サービスを比較検討した結果、Sansanが最も手軽で効率的な方法で名刺をデータ化できると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、名刺情報が簡単にデータ化され、企業内での情報共有が容易になりました。これにより、営業効率が大幅に向上しました。特に、新規開拓の際に既存の人脈を活用できるようになり、業務の効率化が実現しました。また、Sansanは中国語にも対応しているため、中国法人でも同様の効果が得られ、全社的な成長に寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • オンラインで名刺を受け取り、Salesforceに正確な情報を登録したい
    • オンライン上の名刺交換や、SalesforceやMAと連携させ、一元管理が可能になった
    • 顧客情報の登録数が、約1万5千件から約9万件にまで増え反応率も3倍ほど向上した

    製品を導入することになった背景

    アイデムは、多様な人材サービスを提供する企業であり、新聞折り込み求人紙や求人サイト、人材教育、人材紹介などを手がけています。企業との接点情報が不透明で、新規開拓のチャンスを逃していた状況がありました。特に、既存の顧客と新たに接点を持つ地方の営業所との情報が一元管理されていなかったため、Sansanを導入する決断をしました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前は、各担当者が名刺を個々に管理しており、その結果、企業との接点が不透明でした。例えば、本社とは既に取引があり、新たに地方の営業所にアプローチする場合、どの部署の誰がその企業と接点を持っているのかが分からない状態でした。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題を解決するために、Sansanを導入して名刺情報を一元管理することにしました。SansanをSalesforceやMAと連携させ、一元管理する顧客情報を営業活動だけでなく、メール送付などによるマーケティングにも活用する方針を採りました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、顧客情報の登録数が大幅に増加し、メールの開封率やクリック率も向上しました。また、オンライン名刺を活用することで、オンライン商談の質が向上し、新規の営業チャンスを逃さなくなりました。さらに、Sansan Data Hubを使って情報の名寄せやクレンジングも行い、Salesforceに登録された顧客情報を常に正確で最新の状態に保てるようになりました。これにより、効率的な営業活動とマーケティングが可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 組織変更のあいさつ回りの際、全ての客に会い名刺を見てもらうことが難しかった
    • Sansanのメール配信機能とオンライン名刺で名刺を見てもらえた
    • 合計1108通のうち、開封は417件で37.7%、URLのクリックは302件で27.3%になった

    製品を導入することになった背景

    城東テクノは、60年の歴史を持つメーカーとして、主に木造住宅向けの建築部材の開発を行っています。そのコンセプトは「ユニークな建材で長持ち住まいを支える」であり、建築現場での困りごとの解消を目指して、日々お客様の声を取り入れながら商品開発を進めてきました。全国18拠点には約70名の営業担当がおり、日常的にお客様とのコミュニケーションを取りながら商品提案やニーズのヒアリングを行っています。しかし、営業リソースの限界から、一部のお客様とのコミュニケーションが難しく、その解決のためにマーケティングの強化を考えるようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    城東テクノの営業担当者は日常的にお客様との面談を行い、商品提案やニーズのヒアリングをしていました。しかし、限られた営業リソースの中で、全てのお客様と十分なコミュニケーションを取ることが難しく、特に会えないお客様とのコミュニケーションが課題となっていました。また、2017年当時、顧客情報は個別に管理されており、マーケティング活動に活用するには不十分な状態でした。情報の精度も担当者によって異なり、メールアドレスの登録率も低く、未登録の顧客情報も多かった。

    導入前の課題に対する解決策

    マーケティングの最終的な目標は、営業を行わなくても商品が売れる仕組みを構築することでした。デジタルマーケティングのツールは多数存在するものの、まずは顧客情報のデータベース化が必要でした。2017年当時の状況を踏まえ、2018年12月にSansanを導入し、顧客データベースの構築を開始しました。わずか2カ月で、顧客情報は3万件から13万件に増加し、マーケティング活動に必要なデータベースが整備されました。

    製品の導入により改善した業務

    Sansanの導入により、顧客データベースが大幅に増加し、マーケティング活動の強化が可能となりました。メールマーケティングを開始し、地域限定での配信をテストしながら、休眠顧客からの案件も増加しました。また、ウェビナー案内メールの開封率やクリック率が向上し、600名を超える応募が得られるようになりました。営業担当者もSansanのメール配信機能を活用し、月平均で数千通のメールを配信するようになりました。新型コロナウイルスの影響で訪問が難しくなった中でも、メールマーケティングを通じてお客様に情報を提供し続けることができました。
  • よく比較されている
    「名刺管理ソフト」の製品:26件

    26件中 1~4件表示

    名刺管理ソフト SFA MAツール 顧客管理システム

    株式会社ハンモックのホットプロファイルは、ITreview Grid Award 2023 Winterで名刺管理・SFA・MA・CRM部門の4部門を受賞した名刺管理ソフトです。名刺管理だけでなく、営業支援(SFA)や見込み客発掘も可能であり、企業の売り上げアップと生産性を向上する機能を1つにまとめたソフトとなっています。基本的な名刺管理機能のほか、有料オプションを利用することでビジネス管理や地図連携、人事異動情報の確認だけでなくSalesforceとの連携も可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 営業支援ツールの組み合わせより低コストを実現可能
    • 顧客画面を1画面に集約し、営業活動を支援
    • 高い拡張性と盤石なセキュリティにより安心して利用できる
    運営企業情報 株式会社ハンモック
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 SFA 予実管理 顧客管理 商談管理 ToDo管理 営業日報 MAツール 名刺管理 報告管理 名寄せ機能 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 自動メンテナンス 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 GPS報告 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 ニュース通知 CRM 顧客対応管理 ファイル共有 
    推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 IT・情報通信 ビジネスサービス 製造
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 101名-300名 301名-1,000名

    Evernote株式会社のEvernote Scannableは、レシートや書類、写真、名刺、ホワイトボード、文書などをスキャンして、原稿の形状やサイズを問わず直接モバイル端末に保存できる無料の名刺管理アプリです。さらにスキャンした画像はEvernote に保存したり、メールや SMS で送信したり、クラウドなどにエクスポートすることも可能です。同じ Wi-Fi ネットワークに接続されている を、モバイル端末で操作することもできます。

    製品のおすすめポイント

    • カメラを向けるだけで簡単にスキャン可能
    • スキャン結果の確認画面で画像を編集できる
    • スキャンした画像はPDFまたは画像として保存・共有可能
    運営企業情報 Evernote株式会社
    ソフト種別 なし 
    基本的な機能 撮影取込 スマホスキャン取込 
    推奨環境 iOSアプリ 
    サポート チャット 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    eBASE株式会社の名刺えびすは、パソコン・スマートフォンのWEBブラウザから「いつでも・どこでも・簡単に」利用できる名刺管理システムです。クラウド型・オンプレミス型から導入タイプを選ぶことができるため、利用環境に合わせて最適なシステムを選択することができます。また、スマートフォンアプリ「eB-SmartCamera」を使えば、スマートフォンのカメラで撮影した名刺画像の登録も簡単に行うことができます。

    製品のおすすめポイント

    • スキャナやスマートフォンを使って簡単に登録可能
    • 全文検索機能で、必要なデータを簡単に見つけられる
    • 名刺以外の情報やドキュメントも併せて管理可能
    運営企業情報 eBASE株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 認識精度判定 顧客管理 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け GPS報告 メール配信 データ連携 
    推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    株式会社ウインディーネットワークのWorldCard V8 Ultra Plus-Personalは、安全な管理ができるサーバーでの名刺管理・閲覧を可能にするシステムです。名刺データ以外のメモやタグなどの情報管理や自由にカスタマイズ可能な付加情報により、運用に最適な方法での名刺管理が可能になります。 また他のユーザーとの名刺データの共有や様々な検索機能を活用することにより、名刺の一元管理や情報の公開による業務の可視化が可能となります。

    製品のおすすめポイント

    • サーバーで名刺情報を一元管理し、ブラウザで簡単に閲覧できる
    • スマホで名刺を撮影し、簡単にデータ登録できる
    • アプリ不要で、最適化ブラウザで名刺データを閲覧可能
    運営企業情報 株式会社ウインディーネットワーク
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 GPS報告 メール配信 データ連携 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    よく比較されている
    「企業データベース」の製品:14件

    14件中 1~4件表示

    企業データベース SFA

    株式会社ハンモックのホットアプローチは、狙った企業に営業ができるフォーム営業ツールです。フォーム営業とは、企業のホームページなどにある「お問い合わせ窓口」へ、営業アプローチを実施するデジタル営業手法のことです。 まだ取引をしていない企業の担当部門に情報をお届けできます。「ビジネス情報」を選ぶだけで企業選定ができ、送信する文面を決めて、各企業のお問い合わせ窓口に一斉送信できます。送信文面に含めたURLへのアクセスから「どのページを」「どれくらい」閲覧しているか分かるため、アプローチ先に対して優先順位をつけた攻めの営業が可能になります。

    製品のおすすめポイント

    • 470万社以上の「企業データべース」を活用、アプローチリストを簡単作成
    • アプローチ先へ営業したい内容を 雛形から選び、送信文面を作成
    • 各企業のお問い合わせ窓口に一斉に送信 経営者や責任者に情報が届く
    • 「反応があった」企業へアプローチ
    運営企業情報 株式会社ハンモック
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 企業データベース 営業リスト作成 MAツール連携 CRM・SFA連携 リストからメール配信可 メール配信 ABMツール 国内メーカー 潜在顧客企業リストアップ ターゲットリスト作成 SFA 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ABMツール 企業データベース

    スタティスタジャパン株式会社のStatistaは、150以上の国と170の業界をカバーし、登録ユーザー数250万人、統計データ数は100万件を超える統計調査データプラットフォームです。2万件以上の信頼できる情報ソースから提供される統計データは、企業がビジネスをするにあたって必要不可欠である競合調査や消費者調査、世界や業界のトレンド把握などにも大きく役立てられます。また、市場予測やStatista独自のマーケット予測も行われています。

    製品のおすすめポイント

    • トピックページによってビジネスに役立つ最新情報を把握できる
    • Statista独自のマーケティング予測で主要業界の未来を展望できる
    • 重要な指標を備えたデータベースにより手軽な競合調査が可能に
    運営企業情報 スタティスタ・ジャパン株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 市場予測 潜在顧客企業リストアップ 消費者調査 マーケット予測 業界・市場調査 AI分析 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    企業データベース

    株式会社日本経済新聞社の日経テレコンは、過去40年分の新聞・雑誌記事を中心に、国内外の企業データベース、人物プロフィルなど、幅広いビジネス情報を収録した日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービスです。戦略立案、業界分析、M&A、競合比較、リスク管理、海外進出など情報を必要とするすべての人々にとって欠かせないビジネスツールとなります。業界や部署によって異なる多様なビジネス課題を解決します。

    製品のおすすめポイント

    • 情報収集・調査ツールのスタンダード
    • 500を超える情報源をワンストップで検索
    • 日経グループが取材・調査した独自情報
    運営企業情報 株式会社日本経済新聞社
    ソフト種別 なし 
    基本的な機能 名寄せ機能 倒産予測値 人物データベース 企業信用調査 業界・市場調査 リストからメール配信可 ニュース配信 
    推奨環境 なし 
    サポート 電話 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    企業データベース

    株式会社soraプロジェクトのラクリスは、業界最多クラスの50サイトを情報源としたBtoBの営業リスト作成ツールです。電話帳、求人、ショッピング、飲食、美容、不動産、旅行の7ジャンルを情報源として、24時間365日独自の方法でWeb上データを取得することにより、確度の高い営業リストを作成できることが特長です。クラウド型サービスであることからソフトウェアをインストールする必要がなく、約700万件のデータからいつでも見込み客リストの作成ができる手軽さも魅力です。

    製品のおすすめポイント

    • 業界最多クラスの50サイトの求人情報から、成長力のある企業を絞り込める
    • 既存の情報に加え日々新たに収集される情報から、Web露出の少ない企業を絞り込める
    • 複数サイトの情報を合成することで、最大項目の情報として活用できる
    運営企業情報 株式会社soraプロジェクト
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 名寄せ機能 営業活動管理 営業リスト作成 顧客分析 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 「月額プラン」:1ヶ月、「従量プラン」「定額プラン」:最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる