Menu
Close

製品の紹介

メイシー

株式会社もぐら

株式会社もぐらのメイシーは、たまった名刺を送るだけで簡単に名刺管理ができる名刺管理ソフトです。BOXIL SaaS AWARD 2021やGRID AWARD 2021 Fallなどを受賞しており、カスタマイズ性やサービスの安定性、機能性に優れています。アプリ版も用意されており、メイシーに契約しアカウントを発行するだけで利用ができます。データはISMSを取得したセキュリティ性の高いデータセンターに格納され、SNSのように勝手にユーザー同士をつなげたり宣伝メールを送ることが無いため安心です。

最終更新日: 2022/02/04
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 既存のクライアント・顧客から頂いた名刺がきちんと整理、管理できていなかった
    • 価格がリーズナブルで、郵送すれば全てデータ化してくれる手軽さから、メイシーを選定
    • アプリも使いやすく、外出先でもすぐクライアントの連絡先などが確認できるように
    • 会社全体の名刺を取り込めるので、名刺が社内資産として効率的に活用できている

    製品を導入することになった背景

    株式会社オルガロのセールスマーケティング事業部マネージャーは、新規商談設定を成果報酬型で提供しており、中小企業さまの営業活動を決裁権者に限定するアポイント代行という形で支援しています。入社当初はクライアント様の会社に常駐し、営業をサポートしていましたが、2年後に業務が拡大し、事業部として展開するようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社オルガロでは、既存のクライアントさま・顧客さまのDB活用についての管理が課題となっていました。特に、名刺の整理・管理が適切に行われていなかったため、大切なお客さまの名刺を効果的に整理し、活用する方法を模索していました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理サービスを探していたマネージャーは、常駐していたお客様先の営業マンからメイシーの存在を知りました。メイシーを選んだ理由として、価格がリーズナブルであり、名刺を郵送するだけで全てデータ化してくれる手間がかからない点が挙げられます。このサービスにより、顧客対応のスピードアップと有益な情報の迅速な提供を目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社オルガロは名刺の手間なく効率的な管理が可能となりました。アプリの使いやすさや、スマートフォンからのアクセスの簡便性により、外出先でもクライアントさまの連絡先の確認が容易になりました。この結果、業務の効率化が実現し、より充実した日々を過ごすことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • ローロデックスや名刺入れなど、アナログな方法で名刺管理をしようと思っていた
    • 紙の名刺管理からクラウド型のサービス「メイシー」へ移行し、データ化することに成功
    • キーワードで検索できるようになり、顧客データを探す時間が大幅に短縮された
    • 電話番号・FAX番号もすぐわかり、変更も名刺を送るだけでアップデートが可能に

    製品を導入することになった背景

    高見公認会計士事務所では、以前はローロデックスや名刺入れなどのアナログな方法で名刺の管理を試みていました。しかし、どのようなルールで名刺を保管したかがわからなくなることが多く、効率的な管理が求められていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    アナログな方法での名刺管理は、キーワードでの検索ができないため、必要な名刺を探す時間が非常に長くなってしまっていました。特に、外出先での急な連絡や、正確な肩書を確認する必要がある場面での名刺検索が難しく、業務の効率化が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理アプリ「メイシー」の導入を決定しました。メイシーはデータ化された名刺情報をキーワードで検索できるため、探す時間が大幅に短縮されると考えられました。また、電話番号やFAX番号、肩書などの情報がすぐに検索できる点や、移転や組織変更などの情報更新が容易である点が、メイシーを選択する大きな要因となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺情報の検索時間が大幅に短縮されました。特に、外出先での急な連絡が必要な場合や、正確な肩書を確認する場面での迅速な情報検索が可能となりました。また、移転や組織変更などの情報更新も容易となり、業務の効率化が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 出先から電話をして、従業員にPCの名刺ソフトを開かせ相手先を確認してもらっていた
    • メイシーを導入し、外出先からでもキーワード1個で相手について検索できるようにした
    • 住所から地図ができるのはもちろん、直接電話をかけたりメールをしたりが可能となった
    • 相手の名刺をすぐ確認でき、住所から地図を出して迷わず目的地にたどり着けるように

    製品を導入することになった背景

    有限会社 山根商店の代表取締役は、パソコンの名刺ソフトで管理していたデータが飛んでしまったことや、外出先からグーグルのカレンダーが見れなくなったことが導入のきっかけでした。そういったタイミングでメイシーを知り、導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    有限会社 山根商店では、名刺ソフトはPCにしか入っておらず、外出先では事務所に電話して住所や電話番号を聞く必要がありました。1日に3回ほど事務所に電話をしていたとのことです。また、データが飛んだり、パソコンが壊れてデータが消えるといったトラブルも発生していました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーの導入により、携帯から名刺情報を一発で検索できるようになりました。キーワードを入力するだけで、名前や住所、メモ欄に入力した文言まで検索できる機能が特に評価されています。さらに、住所から地図を出す機能や、直接電話やメールができる機能も利用されています。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、外出先からも名刺情報を簡単に検索できるようになり、事務所に電話をする回数が大幅に減少しました。また、名刺のデータ入力の手間がなくなり、データが消える心配もなくなったと担当者は述べています。代表取締役は、外出先での利用頻度が高く、毎日フル活用しているとのことです。
  • この導入事例のポイント
    • アパレル関連の方とお付き合いすることが多く、人脈や人付き合いを大事にしている
    • どんどん増えていく名刺を管理するため、名刺管理サービス「メイシー」を選定
    • 紙の名刺は破棄できるうえ、登録日も自動で入ってわかるので引き継ぎにも安心

    製品を導入することになった背景

    有限会社shoichiの代表取締役は、アパレル関連の業務を中心に行っており、人脈やお付き合いが非常に重要であると語っています。その中で、名刺の管理が欠かせない要素となっていました。しかし、名刺の情報をすぐに検索して取得することができるツールがなく、月に一、二度は名刺の情報がわからず困る状況が発生していました。このような背景から、名刺管理アプリ「メイシー」の導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    有限会社shoichiでは、アパレル関連の方とのお付き合いが多く、人脈やお付き合いが業務の中心となっていました。しかし、名刺の情報を必要とする状況が頻繁に発生し、その都度、名刺の情報を探す時間がかかっていました。また、名刺の情報が散逸することで、ビジネスの効率が低下するリスクも感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺の情報を迅速に検索し、取得するためのツールとして「メイシー」が提案されました。メイシーは、名刺のデータを簡単に検索して見ることができる機能を持っており、さらに名刺の画像も保存することができるため、形が独特な名刺や透明の名刺などもデータとして残すことができます。このような機能性を持つ「メイシー」を導入することで、名刺の情報管理の効率化を図ることができると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    「メイシー」の導入により、名刺の情報をすぐに検索して取得することができるようになりました。これにより、名刺の情報が必要となる状況での作業時間が大幅に短縮され、業務の効率が向上しました。また、名刺の画像もデータとして保存されるため、名刺の形やデザインから情報を思い出すことも可能となりました。さらに、名刺のデータがクラウド上で管理されるため、どこからでもアクセスすることができる安心感を得ることができました。
  • この導入事例のポイント
    • クラウド系サービスを使い、名刺データや顧客管理などを一元管理したいと思っていた
    • 「メイシー」を導入し、スタッフに渡すだけで名刺の管理ができるようになった
    • 自社で好きなスキャナを買って、スキャンしてアップロードするだけでデータ化できる
    • 一斉にメールできる機能が最初からついているので、安心して顧客への案内ができている

    製品を導入することになった背景

    株式会社キバンインターナショナルは、e-ラーニング領域のプラットフォームと開発ツールを提供しており、最近ではコンテンツの制作も行っています。社名の「キバン」というのは、社会基盤となる教育のインフラを作りたいという思いから名付けられました。その中で、名刺のデータや顧客の管理を一元化したいというニーズが高まっていました。そんな中、社内のスタッフからクラウド系サービスの紹介を受け、メイシーを知りました。その機能性と使い勝手の良さに魅力を感じ、導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社キバンインターナショナルは、名刺のデータや顧客情報を一元管理したいという強いニーズを持っていました。しかし、従来の方法では効率的な管理が難しく、特に顧客への情報送付などの業務において誤送信のリスクも存在していました。また、オフライン環境での名刺情報のアクセスや検索が難しいという課題も抱えていました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーは、名刺をスキャンしてアップロードするだけでデータ化できる機能を持っています。また、一斉にメールを送る機能も最初から備わっており、これにより顧客への情報送付の効率化や誤送信のリスクの軽減が期待できました。株式会社キバンインターナショナルは、これらの機能を活用して業務の効率化を図ることを決意しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社キバンインターナショナルは名刺のデータ化や顧客情報の一元管理が効率的に行えるようになりました。特に、名刺を交換した際に「これメイシーしておいて」とスタッフに依頼することで、迅速なデータ入力が可能となりました。また、顧客への情報送付の際の誤送信のリスクも大幅に軽減され、安心して業務を進めることができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 東京に営業所を作ることと、展示会に多く出展することが重なり、名刺管理が課題だった
    • 一番シンプルでコストも安かった「メイシー」を導入し、名刺をデータ化することにした
    • これまでは増えた名刺の扱いに困っていたが、今では名刺を送るだけになり、楽になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社アラタナの担当者は、東京の営業所を設立する際に、展示会への出展が増えることが予想されました。このため、東京と宮崎の両方で名刺を共通で管理する必要が生じました。名刺管理の方法について悩んでいた中、多数の名刺管理サービスを調査した結果、メイシーが最もシンプルでコストも手頃であると感じ、導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社アラタナは、ECサイトの立ち上げパッケージを主力商品として販売しており、商品写真の撮影やメルマガの発行、ページの更新などの業務を行っています。しかし、名刺の増加に伴い、管理が難しくなってきました。特に、東京と宮崎の両方で名刺を共通で管理する必要があったため、効率的な方法を模索していました。

    導入前の課題に対する解決策

    担当者は、名刺管理サービスを多く調査していましたが、メイシーのサービスが他のサービスと比較してシンプルであり、コストも安かったため、これに決定しました。また、メイシーの名刺送付サービスを利用することで、名刺を封筒に入れて送るだけでデータ化してもらえる点や、システムのユーザーインターフェースのシンプルさも魅力的でした。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺の管理が非常に簡単になりました。以前は、名刺が机の上に増え続ける問題がありましたが、現在はメイシーの封筒に名刺を入れて送付するだけで終了するため、業務が大幅に効率化されました。また、メイシーのシンプルなユーザーインターフェースのおかげで、データの移動も簡単に行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺がコンタクトリストになるため、そこの管理をどうにかしたいと思っていた
    • 入力1枚当たり25円という安さとシンプルさが決め手となり、メイシーを導入
    • 名刺画像が綺麗で見やすく、郵送で送ってデータ化してくれる点が気に入っている

    製品を導入することになった背景

    株式会社手嶋屋はオープンソースのSNSの開発を手掛けており、そのSNSの構築や運営を主な事業としています。社内のナレッジ共有やゲーム会社向けのコミュニティSNSの構築運営などを行っており、SNS自体は無料で提供しているため、現在3万組織・300万人に利用されています。名刺はその人とのコンタクトリストとしての役割があり、名刺管理に関する課題を感じていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    以前、株式会社手嶋屋ではアルバイトスタッフに名刺の入力を依頼していました。しかし、単調な作業のためミスが生じることがあり、特にメールアドレスなどの間違いが発生するとその名刺の情報が無意味となってしまいます。また、名刺に会社名が複数記載されている場合などのルール化が難しく、名刺の管理が困難でした。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理サービスの中から、メイシーを選択することとなりました。その理由として、メイシーのコストパフォーマンスの良さやシンプルさが挙げられます。特に、1枚当たりの入力コストが25円という低価格で、高精度でほとんどの項目を入力してもらえる点が魅力的でした。また、名刺の画像も綺麗に保存され、郵送でのデータ化サービスも提供されているため、名刺のスキャン作業の手間が省けました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺の入力ミスが大幅に減少しました。また、名刺の画像が綺麗に保存されるため、情報の確認が容易になりました。さらに、名刺を郵送するだけでデータ化してもらえるサービスを利用することで、スキャン作業の手間がなくなり、業務の効率化が図られました。これにより、名刺管理の課題が解消され、よりスムーズな業務運営が可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺量の増加に伴い、様々な管理方法を試してみたが、自分で入力するなど面倒だった
    • スキャンも入力も低価格でやってもらえるというのが決め手となり、メイシーを選定
    • 必要な時に検索するだけでよく、メール一斉送信の機能でメルマガ送信にも使えている
    • 画像も全てデータ化されるので、実物の名刺自体を捨てることが出来るのもうれしい

    製品を導入することになった背景

    株式会社F-Questの代表取締役は、面倒くさがり屋と自称しており、名刺の管理についても効率的な方法を求めていました。社会人になった頃、代表取締役は名刺ファイルでの管理を試みましたが、その方法では名刺の活用が限定的であり、データベース的な使い方が求められていました。ネットでメイシーのサービスを知り、その低価格と効率的なサービスに魅力を感じ、導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    代表取締役は、名刺ファイルでの管理において、名刺の活用が2割程度しかできないと感じていました。また、SFAの機能は必要以上であり、メール配信サービスを使用しても、名刺の画像が登録されないため、名刺を捨てられないという課題がありました。このような状況の中、効率的な名刺管理方法を求めていました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーのサービスを導入することで、名刺のスキャンからデータ化までを低価格で実現できると感じた代表取締役は、このサービスを選択しました。特に、名刺を送るだけでデータ化される点や、名刺の画像も全てデータ化されるため、実物の名刺を捨てることができる点が魅力的でした。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺の管理が非常にシンプルかつ効率的になりました。必要な時にすぐに名刺情報を検索できる点や、メール一斉送信の機能が標準であるため、メルマガ送信にも利用できる点が特に気に入っています。また、名刺の画像もデータ化されるため、物理的な名刺を捨てることができ、スペースの節約や整理が容易になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 他社製の名刺管理サービスを使っており、便利だったがコスト面で課題があった
    • コスパの良い「メイシー」を導入し、名刺データを迅速にデータ化できるようにした
    • 月60枚~100枚ほど増える新しい名刺データを、逐一入力する手間がなくなった
    • 連絡したい人のデータを検索してすぐ探し出せるようになり、スタッフが楽になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社あきない総合研究所は、ベンチャー企業や起業家の支援に特化した経営コンサルティング企業として活動しています。彼らはコンサルティングだけでなく、起業・独立サポート「katana」サービスとして、ファンドやインキュベーションオフィスの提供も手掛けています。また、横浜市の創業支援事業「横浜ベンチャーポート」の運営も行っています。メイシーのサービスを導入する前、同社は他の名刺管理サービスを使用していましたが、コストや機能面でメイシーが優れていると感じ、導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社あきない総合研究所の代表は、講演やイベントなどで多くの人と接触するため、名刺のデータが1万5千枚以上も存在していました。エクセルでの管理は困難で、毎月60枚から100枚の新しい名刺が増えるため、その入力作業も非常に大変でした。また、名刺の情報を求めるスタッフからの問い合わせが多く、情報の共有や検索が効率的ではありませんでした。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーのサービスを導入することで、名刺のデータ化が迅速に行えるようになりました。特に、名刺のスキャンからデータ化までのスピードが非常に速く、これにより業務の効率化が図られました。また、スタッフ全員がログインして名刺情報を閲覧できるため、情報の共有が容易になりました。さらに、CSVエクスポートの機能により、データの出力や他のサービスへのインポートもスムーズに行えるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺のデータ管理が大幅に効率化されました。新しい名刺の追加やデータの検索が迅速に行えるようになり、スタッフ間の情報共有もスムーズになりました。特に、名刺のデータ化スピードの向上は、業務の効率化に大きく寄与しています。また、CSVエクスポート機能の導入により、他のサービスへのデータ移行も容易になりました。これらの改善により、業務の質と速度が向上し、企業全体の生産性が高まりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理をExcelやOCRスキャンで試してみたが、どれも使いづらかった
    • 「メイシー」の導入により、全部の名刺をデータ化していつでも見れる状態にした
    • 携帯からすぐ見れるし、修正にも即対応できるので、名刺管理がとても楽になった

    製品を導入することになった背景

    ファシオ国際特許事務所の代表弁理士は、特許や商標などの知的財産に関する業務を全般的に行っています。東京の特許法律事務所や特許事務所の大阪支店での経験を経て、2007年に独立しました。その事務所は、大企業から中小企業まで、知財に関する相談を受け、知財に伴う戦略も提案しています。また、海外の弁護士事務所や弁理士事務所とのネットワークを活用して、グローバルなビジネスをサポートしています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    代表弁理士は、名刺管理に関して、以前はエクセルを使用していました。しかし、外出先からはデータにアクセスできず、修正記録も残らないため、いつ情報を変更したのかが分からない状態でした。特に年賀状の準備時期には、情報の整理や更新に苦労していました。また、OCRを使用した名刺のスキャンも試みましたが、修正が頻繁に必要であり、効率的ではありませんでした。

    導入前の課題に対する解決策

    知財の業務はプロジェクト単位での取り組みが多く、継続的な関係が少ないため、名刺の情報はすぐにアクセス可能な状態でデータ化されていることが理想的でした。そこで、メイシーのサービスを知り、コスト面や利便性を考慮して、メイシーを導入することを決意しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーを導入してから、代表弁理士は名刺の管理が非常に楽になりました。名刺の情報を携帯から検索して確認することが多く、名刺の画像も携帯から閲覧できるようになりました。また、自分で簡単に情報を修正したり、新しい情報を登録することができるようになりました。特に、役職や肩書が変わる方の情報の更新が重要であり、メイシーを使用することで、すぐにアクセスして全てのデータを確認できることが、業務の効率化に大きく寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理はファイリングなどをしてみたが、実際は全然活用は出来てなかった
    • 「メイシー」を導入し名刺をデータ化したことで、情報の変更に対応できるようにした
    • 打ち合わせ中はiPadでメイシーを見ながら即検索して連絡できるので楽になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社メディアリーフは、インディーズミュージシャンの曲の無料試聴やSNSのaudioleafというサイトを主に運営しています。また、レコード会社や大手オンラインチケット販売会社のサイトのコンテンツ制作や音楽系サイトのディレクション、アーティストのグッズ制作など、多岐にわたる業務を手掛けています。メイシーのサービスを知ったのは、もぐらの代表からの紹介で、その便利さに魅力を感じ、導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社メディアリーフは、多くの名刺を管理していましたが、紙ベースの管理では情報の更新が難しく、特に音楽業界では住所の移転や所属の変更が頻繁にあるため、古い名刺の情報が役立たなくなることが多かったです。また、他社からの紹介依頼時に名刺を探すことが困難で、効率的な名刺管理が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーは、名刺のデータ化を可能にし、検索や変更が容易になるという特長がありました。この機能により、株式会社メディアリーフは、古い情報を持つ名刺の問題を解消できると考え、メイシーを導入することを決定しました。また、打ち合わせ中に即座に名刺情報を検索し、連絡を取ることができる点も、導入の大きな決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社メディアリーフは打ち合わせの効率が大幅に向上しました。iPadでメイシーにログインしておくことで、打ち合わせ中に関連する名刺情報を即座に検索し、その場での問題解決が可能となりました。また、メール一斉送信機能を活用して、新しいリリース情報などを関連する業界関係者に効率的に伝えることができるようになりました。これにより、業務のスピードアップと効率化が実現され、多くのパートナーとの連携もスムーズに行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺の増加で管理が困難に、他社名刺ソフトではスキャンを自身で行うのが面倒だった
    • 名刺管理ツールを探している中で、サポートがしっかりしていた「メイシー」を選定
    • メール一斉送信の機能を一番使っており、 細かくセグメントして送れるので重宝する
    • iPhoneからメイシーで検索をして、地図を出して打ち合わせに行く等もできている

    製品を導入することになった背景

    クックビズ株式会社は、飲食店向けの人材紹介サービスと求人サイトの運営を主な業務としています。代表取締役は、大学卒業後、1年間の起業準備を経て学生起業家として会社を設立しました。当初は食の専門学校の学生向けのアルバイト探しの支援を中心に活動していましたが、徐々にサービスを拡大し、一般の方も対象とした飲食特化の人材紹介業を展開してきました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    名刺の管理に関して、従来はファイリングを行っていましたが、検索ができない点が課題でした。また、名刺ソフトの導入も検討しましたが、OCRの精度が低く、スキャンの時間も長かったため、効率的な名刺管理が難しかったのです。名刺を捨てるわけにもいかず、適切な管理方法を求めていました。

    導入前の課題に対する解決策

    クックビズ株式会社の代表取締役は、名刺管理の問題を解決するために、メイシーをインターネットで検索して知りました。メイシーのサービス内容や社名、サービス名に魅力を感じ、問い合わせを行いました。その際、メイシーのサポート体制の良さや、質問に対する迅速な対応に安心感を覚え、メイシーの導入を決意しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺の検索や管理が格段に効率的になりました。特に、メルマガの配信時に一斉メール送信機能を頻繁に使用しており、その送信精度の高さや不着数の確認機能に満足しています。また、外出時にはiPhoneを使用してメイシーから名刺情報の検索や地図の表示を行い、打ち合わせ先への移動がスムーズになりました。導入から1年が経過していませんが、今後の年賀状作成時の利便性も期待しています。
  • この導入事例のポイント
    • 大量の名刺管理に困っており、他社の名刺管理サービスも活用できていなかった
    • メイシーで名刺をデータ化、見込み顧客管理はCSVデータを出し、エクセルで管理
    • 展示会などで名刺をもらって、すぐデータ化してそこから営業に繋げ、便利に使っている

    製品を導入することになった背景

    株式会社ユビレジの代表取締役は、BtoBのスタートアップベンチャーとして活動しています。同社はiPadをPOSレジとして飲食店や商店に提供するサービスを展開しており、このサービスを利用することで、飲食店や商店が大きなシステム投資をせずにPOSレジとしてiPadを使用できるようになります。このサービスの提供を通じて、多くの店舗や企業との取引が増え、名刺の管理が必要となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ユビレジは、多くの取引先や顧客とのやり取りを行っているため、多数の名刺を管理する必要がありました。最初は名刺を机の上に積み上げて管理していたが、名刺の数が増えるにつれてその方法では効率的な管理が難しくなりました。ローロデックスに名刺を入れる方法も考えられましたが、それ自体が面倒であると感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺の管理に関する課題を解決するために、株式会社ユビレジの代表取締役はいくつかのCRMサービスを試してみましたが、コストの割に十分な利用価値を感じられなかったため、他の方法を探していました。そんな中、メイシーという名刺管理サービスを知り、その機能や利便性に魅力を感じて導入を決意しました。メイシーを使用することで、名刺をデジタル化し、見込み顧客の管理や営業活動を効率的に行うことができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社ユビレジは名刺の管理が格段に楽になりました。展示会などで受け取った名刺をすぐにデータ化し、営業活動に繋げることができるようになりました。また、特定の会社や人物を検索して、過去の取引や会話の履歴を確認することも容易になりました。これにより、効率的な営業活動や顧客管理が可能となり、業務の質が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理には苦労しており、1000枚以上になった名刺を整理することが出来ない
    • 紹介してもらった名刺管理ツールの中で、シンプルで入力費なども安価なメイシーを導入
    • 肩書が2つ3つあったりと、何かとややこしいデータを正確に入力してもらっている
    • 入力のスピードも、遅くても2日以内にはデータ化されていて非常に助かっている

    製品を導入することになった背景

    シュアールグループの代表は、名刺管理に関して多くの課題を抱えていました。特に、1000枚以上の名刺の整理が難しく、市販の名刺管理ソフトを試しても結果的に挫折していました。そんな中、SNSなどで名刺管理のおすすめを尋ねたところ、メイシーというサービスを知ることとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    シュアールグループでは、名刺管理に大きな課題を感じていました。特に、1000枚以上の名刺を効率的に整理・管理する手段がなく、市販の名刺管理ソフトを使用しても、その課題を解決することができませんでした。また、ご挨拶のメールを迅速に送るための情報整理も難しく、業務効率の低下が懸念されていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の課題解決のために、シュアールグループの代表はSNSで名刺管理のおすすめを尋ねました。その結果、メイシーをはじめとするいくつかのサービスを紹介されました。メイシーはシンプルな操作性を持ちつつ、入力費も安価であることから、シュアールグループにとって最適な選択となりました。特に、メイシーの入力は人の手によって行われるため、名刺の情報が正確にデータ化される点が評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、シュアールグループの名刺管理は大きく改善されました。入力のスピードが早く、2日以内に名刺情報がデータ化されるため、業務効率が向上しました。また、名刺の情報が正確に入力されるため、ご挨拶のメールなどのコミュニケーションがスムーズに行えるようになりました。ただ、シュアールグループの代表は今後のサービス改善として、オフラインでのデータ閲覧機能の追加を希望しています。
  • この導入事例のポイント
    • ちょうど名刺が溜まったままになっていて、管理するのがめんどくさいと感じていた
    • 紙で名刺を持つことに抵抗があったため「メイシー」を導入し、データ化した
    • 「メイシー」を活用し名刺のデータ化に成功、今後は自動バックアップ機能の搭載を希望

    製品を導入することになった背景

    株式会社の代表取締役は、名刺をシンプルにデータ管理したいという思いがありました。紙の名刺を持ち歩くのは好ましくないと感じていたため、デジタル化の方法を模索していました。メイシーについては、知人がFacebookでの投稿を通じて知ることができました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    多くの名刺を持っていましたが、それらが溜まったままで管理が難しくなっていました。名刺のデータ化は手間がかかるものであり、その作業を自分で行うことはコスト面でも非効率であると感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーは名刺のデータ化をサポートするサービスであり、ある方はこのサービスを利用することで、名刺のデータ化にかかる手間やコストを削減できると判断しました。特に、自分でデータ化するよりもコストパフォーマンスが高いという点が、メイシーを選択する大きな理由となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、ある方は名刺のデータ化を効率的に行うことができるようになりました。紙の名刺を持ち歩く必要がなくなったことで、データ管理がシンプルになりました。また、営業活動を行っていないため、積極的に名刺データを活用するわけではありませんが、必要な時にすぐにアクセスできるデータとして持つことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理でevernoteを使っていたが、検索でうまくピックアップできないことも
    • 名刺を送るとガサッとデータ化してくれるところにひかれ「メイシー」を導入
    • 「メイシー」を導入後は、名刺をデータ化するのが大変ラクになり、重宝している

    製品を導入することになった背景

    この事例の女性は、9年間ソフトウェア会社に勤務した後、独立を決意しました。育休を取得したことが独立の大きなきっかけとなり、子どもを持つことで「働くことの素晴らしさ」を再認識しました。しかし、彼女が勤めていたSIerの業界は、残業が前提の現場であり、自身の活躍の場がないことに対する不満が募っていました。そこで、自らの手で新しい場を作るべく、社内起業に挑戦。iPhoneアプリの開発を始め、オフィスの余剰スペースを企業内コワーキングスペースとして開放するなどの取り組みを行いました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    名刺交換を通じて得た多くの縁を大切にしたいと考えていました。名刺はビジネスの中で非常に重要な役割を果たしており、その名刺を適切に管理し、繋がりを深めることが求められていました。以前は「evernote」を使用して名刺管理を行っていましたが、検索機能に不満を感じていました。特に、名刺の情報を正確に検索し、ピックアップすることが難しく、効率的な名刺管理が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    渋谷のワーキングスペース「lightningspot」を利用しており、そこで他の会員が「メイシー」を活用しているのを目の当たりにしました。その魅力的な機能や、3ヶ月の無料キャンペーンなどがきっかけとなり、メイシーを導入することを決意しました。メイシーの最大の魅力は、名刺を送るだけでデータ化してくれる点であり、特に初めの300枚のデータ化が無料であったことも導入の大きな理由となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺のデータ化作業が非常に楽になりました。名刺のデータ化において大変助かっていると感じています。しかし、名刺の枚数を一定数貯めてから送る必要があるため、その間のタイムラグで連絡を取りたい場合に不便を感じることもあるとのこと。今後は、スマートフォンのカメラで簡単に名刺を取り込み、リアルタイムでデータ化する機能が追加されることを期待しています。
  • この導入事例のポイント
    • 会社継続するため、会社のファンをたくさんつくりたいと思い、名刺管理をしたかった
    • 価格と機能性、名刺を送るだけという手軽さが魅力的な「メイシー」を導入した
    • 少数で事業展開してるため「メイシー」を導入したことで、業務負担が極めて軽くなった

    製品を導入することになった背景

    からくり株式会社は、事業を継続していくためには多くのファンを作ることが必要だと考えています。その中で、名刺管理やその活用は極めて重要であるとの認識を持っていました。名刺交換を通じてのコミュニケーションは、ビジネスの中でのファンづくりの一環として非常に価値があると感じていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    名刺管理の業務負担が大きく、特に少数での事業展開をしているからくり株式会社にとっては、その負担はさらに大きなものでした。名刺の情報を効率的に管理し、それを活用するための方法を模索していました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーの名刺管理アプリは、価格と機能性のバランスが魅力的であると感じました。特に、名刺を送るだけで情報が管理される点は、業務の負担を大きく軽減する要因となりました。この機能性と手軽さが、からくり株式会社にとっての最大の解決策となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺管理の業務負担が極めて軽くなりました。少数での事業展開をしているからくり株式会社にとって、この業務の効率化は大きなメリットとなりました。また、メイシーの機能を活用することで、名刺交換を通じたコミュニケーションの質も向上し、ビジネスの中でのファンづくりをより一層進めることができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • クライアントの顧客データを、自動でデータベース化できるようなシステムを探していた
    • 名刺管理からメール配信まで連動できるという機能性と価格の安さから、メイシーを選定
    • メイシーを使い、新月と満月の月に2回ほどメールを配信しており、目的を達成している

    製品を導入することになった背景

    株式会社LIGはウェブ制作をメイン事業としており、ホームページ制作やシステム開発、ウェブマーケティングの運用、企画の提案などを手掛けています。企業理念として「ワクワクをつくる」という思いを持ち、他社が手を出さないようなユニークな情報・コンテンツをSNSアカウントや公式ホームページで配信しています。その結果、会社のブログの月間PVが10万PVから70万PVに増加しました。このような背景の中、名刺の活用についてメールマガジン配信との連動でソリューションを探していたところ、知人の経営者からメイシーの話を聞き、興味を持ちました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社LIGは、ユニークなアイディアを持つ社員が多く、ブログやメールマガジンを通じて面白くてバズるようなコンテンツを作成し、情報発信を行っていました。しかし、名刺の活用に関しては、メールマガジン配信との連動でのソリューションが見つからず、課題として感じていました。また、クライアントの顧客データを自動でデータベース化するシステムも求めていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺の活用に関する課題を解決するために、メイシーを導入することを決定しました。メイシーは名刺管理からメール配信まで連動できる機能性を持ち、価格もリーズナブルであるため、株式会社LIGにとって魅力的でした。また、名刺を郵送すればデータ化を全て行ってくれるというシンプルさも評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社LIGは名刺管理とメールマガジン配信の一連の業務をスムーズに行うことができるようになりました。新月と満月の月に2回、メールマガジンを配信しており、その内容はファンからの高い評価を受けています。また、配信停止希望もしっかりと反映できるようになり、雛型の下書き機能などのサポートメニューも充実しているため、業務の効率化が図られました。
  • この導入事例のポイント
    • ベンチャー関連の企業や起業家とお会いすることが多く、皆様の名刺をDB化したかった
    • 圧倒的なコスパとメール配信機能をはじめ、必要な機能が揃っていたメイシーを選定
    • メルマガ配信が非常に簡単にでき、CSVでデータを無料でインポートできるのが嬉しい

    製品を導入することになった背景

    ブレイクポイント株式会社は、都内にインキュベーション(創業を支援するレンタルオフィス)施設を4拠点運営しています。この施設は賃貸のみならず、創業を支援するソフトサービスも提供しています。創業者たちとの交流が多く、名刺の管理が必要となりました。特に、ベンチャー関連の企業や起業家との接触が多く、彼らの名刺をデータベース化することで、より効果的なサポートを行いたいと考えました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ブレイクポイント株式会社は、多くのベンチャー関連の企業や起業家との接触があり、その都度名刺を受け取っていました。しかし、これらの名刺を効率的に管理し、必要な情報を迅速に取り出すことが難しくなっていました。また、メルマガでの情報発信を行っており、名刺情報をもとにターゲットを絞った配信を行いたいというニーズもありました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の課題を解決するために、ブレイクポイント株式会社は名刺管理サービスの導入を検討しました。インターネットでの検索を通じて「メイシー」を知り、他のサービスとの比較を行いました。導入費用、ランニングコスト、機能性を重視し、初期の名刺数や月間の名刺数をもとに各社のコストパフォーマンスを比較。メイシーは、メール配信機能をはじめとする必要な機能が揃っており、コストパフォーマンスも良好であったため、選択されました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、ブレイクポイント株式会社は名刺情報のデータベース化を効率的に行うことができるようになりました。特に、メルマガ配信が非常に簡単になり、イメージ通りの使いやすさを実感しています。また、CSVでのデータインポートが無料で行える点も評価しています。これにより、名刺情報をもとにしたターゲットを絞った情報発信がスムーズに行えるようになり、業務の効率化が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺が山積みになっていき、誰と会ったことすら忘れていくことにストレスを感じていた
    • Zohoやセールスフォース等と連携し顧客のステイタスを管理するためメイシーを導入
    • カスタマー応対が迅速・フレンドリーであり、名刺を封筒で送るのみで楽に感じている

    製品を導入することになった背景

    株式会社イノーバの代表取締役は、前職で新規事業の立ち上げを担当していました。その際、ソーシャルメディア関連の事業を進め、海外とのアライアンスも成功させました。一区切りついたタイミングで、起業の夢を持っていた代表取締役は、新たな挑戦として株式会社イノーバを設立しました。その後、コンテンツマーケティング事業を中心に事業展開を進めている中で、多くの人とのミーティングや交流が増え、名刺の管理に頭を悩ませるようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    代表取締役は、多くの人との交流を通じて、名刺がどんどん増えていく中で、その管理にストレスを感じていました。名刺の山積みになることや、誰と会ったのかを忘れてしまうことなど、名刺管理の課題が日々増えていったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の課題を解決するために、代表取締役はウェブでの検索を通じて「メイシー」を知りました。メイシーのサービス内容や価格に驚き、特に名刺を封筒で送るだけという手軽さに魅力を感じました。また、メイシーの対応がフレンドリーであり、メール応対も迅速で丁寧だったことから、メイシーを導入する決意を固めました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーを導入することで、名刺の山積み問題や、誰と会ったのかを忘れるという課題が大きく改善されました。名刺を封筒で送るだけの簡単な手続きで、名刺のデータ化が行えるため、手間がかからずに名刺管理ができるようになりました。これにより、代表取締役はより効率的に名刺管理を行うことができ、ビジネスの効率化にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 外出先でExcelに名刺データをまとめて電話番号検索していたが、限界を感じていた
    • メイシーのシンプルさと世界観が好きになり、遊びも感じられる当製品を導入した
    • 外出先でスマホから電話番号や地図の検索をして、迅速なリレーションがとれるように

    製品を導入することになった背景

    株式会社スマレジの代表取締役は、東京ビックサイトで開催されたリテールテックJAPANに出展していました。その際、モバイルのPOSレジとして「スマレジ」というサービスを展示していました。このサービスはiPhoneやiPadを使用した店舗向けのレジシステムで、シンプルさとコストパフォーマンスの良さから多くの反響を得ていました。代表取締役は、シンプルで独自の世界観を持ったサービスを提供したいという思いから、スマレジを開発し、展示に至ったのです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社スマレジは、東京と大阪を中心に全国に顧客を持っています。外出先でExcelシートに名刺データをまとめ、電話番号を検索するなどの作業を行っていましたが、その作業に限界を感じていました。特に、情報の整理整頓やリレーションの維持が難しく、効率的な名刺管理が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    代表取締役は、名刺管理サービスを導入することで、外出先からもスマートフォンを使用して電話番号や地図の情報を瞬時に検索できるようにしたいと考えていました。また、ハードウェアとソフトウェアのパートナーとのリレーションを強化し、情報を整理整頓することで、いつでもリレーションを取ることができるようにしたいという思いもありました。そんな中、メイシーという名刺管理サービスを知り、そのシンプルさと独自の世界観に魅了され、導入を決意しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社スマレジは名刺管理の効率化を実現しました。外出先からも瞬時に情報を検索できるようになり、業務のスピードが大幅に向上しました。また、パートナーとのリレーションも強化され、情報の整理整頓が容易になりました。代表取締役は、メイシーの導入により、目的を達成できたと感じており、今後もこのサービスのシンプルさを維持してほしいと期待しています。
  • この導入事例のポイント
    • 社員が自分で名刺を管理しており、探すのに時間がかかり、活用しきれていなかった
    • メイシー運営会社の社長と会い、名刺管理に困っていたタイミングもあり当製品を導入
    • 思いついて検索してすぐに見つけてメールを出せるため、完全にノンストレスになった
    • 登録日が自動で記録され、担当者が変わっても歴代の前任者がわかるので便利になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社ユニクエスト・オンラインの取締役は、メイシーを運営している株式会社の社長との忘年会で知り合いました。その際、名刺管理に関する課題を抱えていた取締役は、メイシーの存在を知り、その機能の魅力に引かれて導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ユニクエスト・オンラインでは、各スタッフが個別に名刺を管理していました。特に、社長の名刺は一箇所にまとめて保管していたものの、実際には活用されていなかったとのこと。取締役自身も、頻繁に参照する名刺を特定の場所に保管していましたが、名刺の検索に時間がかかり、効率的な管理ができていなかったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーの導入を検討する中で、特に魅力的だったのは、名刺の検索機能の手軽さと、名刺の登録日が自動で記録される点でした。これにより、担当者が変わった際の前任者の情報なども簡単に確認できるようになりました。また、メイシーには他にも多くの高機能があり、それらの機能を活用することで、名刺管理の課題を解決することができると確信しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入後、株式会社ユニクエスト・オンラインでは、名刺の検索が非常にスムーズになりました。特に、社長からの急な連絡先の問い合わせにも迅速に対応できるようになったことは、大きなメリットとして挙げられます。また、名刺の登録日が自動で記録されることで、担当者の変遷も一目で確認できるようになりました。これにより、過去の担当者情報を迅速に取得することが可能となり、業務の効率化が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 自分が会った人をデータベース化し、一元管理して見たい時にすぐに取り出したい
    • 送るだけ、というその簡単さが決め手となり名刺管理サービス「メイシー」を導入
    • スマホに移行してデータベース化して持ち歩きたい、という目標を完全に達成している

    製品を導入することになった背景

    プラス株式会社の代表は、多くの人との出会いと繋がりを通じて新たな創造を起こすことをミッションとしています。日本のオフィスワーカーの数は減少しており、ペーパーレス化の流れが進んでいる中で、代表は多くの人との出会いを通じて新しいビジネスの創造を目指しています。その中で、名刺管理が非常に重要な役割を果たしています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    代表は多くの人と会う中で、月に約100枚の名刺を保存する必要がありました。これまでの方法では、名刺をスキャンして自分で取り込む作業が必要であり、これが非常に時間がかかるという課題がありました。また、名刺の情報をスマホに移行し、一元管理してすぐに参照できるようにしたいというニーズもありました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理サービスを探していた代表は、Facebookの広告や友人のタイムラインを通じてメイシーを知りました。他の名刺管理サービスと比較して、メイシーの利点は名刺を送るだけで管理ができる点でした。他のサービスでは自分でスキャンや撮影が必要であったのに対し、メイシーはその手間が不要であったため、代表はメイシーを選択しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーを導入することで、代表は名刺の情報をスマホに移行し、データベース化して持ち歩くことができるようになりました。これにより、名刺の情報をすぐに参照できるようになった他、名刺の管理が非常に簡単になりました。また、メイシーのユーザーイベントに参加することで、メイシーの社長に直接会う機会も得られ、代表はメイシーのサービスに大変満足しています。
  • この導入事例のポイント
    • 前職でも名刺のExcel管理で苦労しており、名刺管理サービスを探していた
    • 無制限でかつ費用内で使えるメール配信機能が決め手となり、メイシーを導入
    • プレスリリース時などに、保存したテンプレートから迅速にメール作成が可能となった

    製品を導入することになった背景

    株式会社gambaの代表取締役は、自らの手で作ったものを社会に届け、役立てたいという思いから起業を決意しました。当時、起業に関する多くのサポートが存在し、情報拡散性が高まっていたことも、起業への後押しとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    前職では、多くの営業マンが情報の共有に苦労していました。チームの目標設定が伝わらなかったり、コミュニケーション不足に対する不満が存在していました。メールやチャットのようなツールでは、これらの課題を解決することが難しかったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社gambaでは「gamba!」というクラウドの「日報」作成・共有サービスを立ち上げました。このサービスは、企業のコミュニケーションを応援するサービスを提供することを目指して名付けられました。WEB上で簡単に日報が作成・共有できるこのサービスは、社内のコミュニケーションを円滑にすることを目的としています。

    製品の導入により改善した業務

    「gamba!」の導入により、社内のコミュニケーションが大幅に改善されました。特に、日報の作成や共有がWEB上で簡単に行えるようになったことで、社員間の情報共有がスムーズになりました。また、モバイルやタブレットからも利用できるため、場所を選ばずに日報を確認・作成することが可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺を交換させていただいてもリスト化まで追いつかず、営業活動に活かしきれない
    • 他社さまがメイシーでメール配信しているのを知り、コスパも良かったメイシーを選択
    • 名刺郵送後は管理画面でデータの名寄せをすれば即アプローチできるという体制が整った

    製品を導入することになった背景

    株式会社クラウドワークスは、フリーランスのデザイナーやエンジニア、ライターとの仕事のマッチングをインターネット上で行うクラウドソーシングサービスを提供しています。このサービスの展開に伴い、多くの名刺交換が行われるようになりました。特に、イベント出展時には多数の名刺を受け取る機会が増え、それらの名刺を迅速にデータ化し、営業活動に活かす必要が生じました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社クラウドワークスは、プロモーションの一環として様々なイベントに出展しており、その際に多くの名刺交換が行われていました。しかし、イベントで受け取った100枚を超える名刺を、複数の担当者が重複なく1,2日でデータ化するのは非常に困難でした。名刺を多数交換しても、リスト化まで追いつかず、営業活動に十分に活かせない状況が続いていました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題を解決するために、名刺管理サービスの導入が検討されました。株式会社クラウドワークスでは、クラウド日報サービス「gamba!」がメイシーを使用していることを知り、その後の情報収集を経て、メイシーのコストパフォーマンスの良さを評価し、導入を決定しました。メイシーは、名刺のデータ化やメール配信機能など、多機能なサービスを提供しており、これにより名刺管理の効率化が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社クラウドワークスは名刺の郵送後、管理画面上でデータの名寄せを行うだけで、即座にアプローチが可能となりました。また、メイシー上のリストからのメール配信機能を活用し、何度も配信が行えるようになったほか、下書き内容の共有やテンプレート化、不着メールアドレスの自動受付など、多くの機能が営業活動をサポートしています。これにより、名刺管理の効率が大幅に向上し、営業活動におけるアプローチのスピードが加速されました。
  • この導入事例のポイント
    • 別のサービスを利用していたが、都度発注する手間や後処理などが面倒くさかった
    • コワーキングスペースで利用者が使っているのを見て、「メイシー」を選定した
    • アプリやPCでいつでも名刺情報が瞬時に見れ、顧客とのつながりに役立っている

    製品を導入することになった背景

    Crevo株式会社の代表取締役は、渋谷のコワーキングスペースのライトニングスポットでメイシーのスキャンスポットを目にし、そこで名刺をスキャンしている人を見て、その便利さを感じ、メイシーに興味を持ったのが導入のきっかけです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    Crevo株式会社は、グローバルなデザイナーやクリエイターと日本企業とのマッチングを行うクラウドソース事業を展開しています。導入前は、海外のクラウドソーシングサービスを利用してエクセルでデータベースを作成してもらっていましたが、都度発注する手間や、エクセルで受け取ったデータを自社で加工する必要があったため、効率的な名刺管理方法を求めていました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーのサービスを知った後、毎月の名刺量を計算し、メイシーを使用することでコストと手間を削減できると判断しました。メイシーは名刺のスキャンからデータベース化までの一連の作業をシンプルに行うことができるため、Crevo株式会社にとって最適な解決策となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、日常業務中の名刺の検索や管理が非常にスムーズになりました。特に外出先でもアプリやPCを使用して、瞬時に名刺情報を参照できる点が大きな利点となっています。また、会話中に相手の情報をすぐに検索できるため、お客様とのコミュニケーションの質も向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺のデータ化と修正に負荷がかかり、展示会後などの肝心な時に連絡ができない
    • コスパがよく、ScanSnapがあればデータ化だけの料金で出来るメイシーを選定
    • 名刺をスキャン、データアップロードからデータ化されるまでのスピードが早くなった

    製品を導入することになった背景

    ZOHO株式会社はアメリカをスタートとし、インドのチェンナイに本拠地を持つグローバルカンパニーです。クラウドサービスのZohoやManageEngineなど、多岐にわたる事業を展開しています。特に、クラウドサービスのZohoは2005年からサービスを提供しており、多くの製品群を持つ中でZoho CRMが現在最も売れているサービスとなっています。日本支社は2001年に設立され、現在では40名のスタッフが在籍しています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ZOHO株式会社は、展示会などの機会が増える中で、名刺のデータ化とその修正に時間がかかる問題を抱えていました。具体的には、ScanSnapのスキャナーを使用してOCRの機能で名刺のデータ化を行っていたものの、そのデータの精度が低く、修正に多くの時間を要していました。また、スキャナー自体にもトラブルが発生し、データ化が追いつかない状況が生じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理に関する課題を解決するため、ZOHO株式会社は外部のサービスを検討し始めました。その中で、メイシーという名刺管理サービスを知り、その導入を決定しました。メイシーの導入を選んだ理由としては、費用面でのメリットや、ScanSnapを使用した場合のデータ化料金の安さ、さらにZoho CRMとの連携が可能であることなどが挙げられます。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺のデータ化速度が大幅に向上しました。特に、データアップロードからデータ化されるまでのスピードが非常に速く、業務の効率化が実現されました。また、メイシーの機能を活用することで、名刺データの編集や検索が容易になり、業務の流れをスムーズにすることができました。さらに、名刺の画像データが裏表ともに残るため、名刺に書かれたメモなどの情報も確認することができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 営業マンが名刺を個別管理し、その人が辞めた時に培った人脈リストが社内に残らない
    • CRMとの連動機能や、使い勝手がシンプルなことが決め手となり「メイシー」を選定
    • 社内全員のコンタクトリストのデータが簡単に集約し、メールマーケティングが始まった

    製品を導入することになった背景

    株式会社インディバルは、短期バイトや単発バイトの求人サイト「ショットワークス」を運営している企業であり、ヤフーとリクルートの合弁で10年前に設立されました。ショットワークスは、求職者が条件や仕事内容を確認した上で応募することができるサービスとして、従来の求人広告とは異なる閲覧課金方式を採用しています。このような背景の中、社内でCRMのシステムを導入するタイミングが訪れ、CRMとのデータ連携がスムーズに行えるかどうかが、新たな名刺管理ツール「メイシー」を導入する際の大きな決め手となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、株式会社インディバルでは営業マンが各自で名刺を管理しており、取引が始まる段階で初めて顧客管理データベースに情報を入力するという状態でした。このような管理方法では、営業マンが退職した際にその人が築いた人脈リストが社内に残らないという問題が生じていました。また、コンタクトリストの管理やリードの移行などのプロセスも十分に行われていなかったため、効率的な営業活動が難しい状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理ツール「メイシー」の導入を検討する中で、既にメイシーを利用している企業からの紹介を受け、その特長を知ることとなりました。メイシーの最大の特長は、CRMとの連携が簡単であることでした。また、メイシーは非常にシンプルなサービスであり、導入時の教育コストがほとんどかからない点も魅力的でした。このような特長を持つメイシーを導入することで、前述の課題を解決する方向性が見えてきました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社インディバルの社内全員のコンタクトリストのデータが一元的に管理されるようになりました。これにより、メールマーケティングの取り組みが始まり、業界情報や法の改正などの情報をメルマガとして送信する活動が行われるようになりました。また、CRMとの連動機能を活用することで、営業活動の効率化が図られ、顧客との関係構築もスムーズに進められるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 大量の名刺管理に困っており、既存の名刺管理サービスでスキャンを行うのが面倒だった
    • シンプルかつトライアルや導入がスムーズだったことが決め手となり、メイシーを選定
    • 全員の分を集めるようになったので、導入半年の間に名刺データが月ベースで倍増した
    • 名刺データからメルマガの登録・購読者が増加し、新たなプロジェクト生まれている

    製品を導入することになった背景

    株式会社ロフトワークは、クリエイティブ・エージェンシーとして2万人以上のクリエイターネットワークと協業し、Webやデジタルコンテンツ、映像、印刷広告プロモーションなどの幅広いクリエイティブ制作をクライアントに提供しています。事業の拡大に伴い、名刺管理の必要性が高まってきました。特に、新しい取り組みやプロジェクトを関わったすべての方に伝えるための名刺の回収とリスト作成が必要となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ロフトワークでは、部署ごとに名刺を投函する箱を設置し、定期的に名刺を集めて基幹システムに登録していました。しかし、進行中のプロジェクト関係者の名刺は手元に置いておきたいという要望が多く、名刺の回収が難しくなっていました。また、ロフトワークは多岐にわたるプロジェクトを手掛けており、外部との接触が多いため、名刺管理の重要性が増していました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理のサービスを導入することを検討していた際、株式会社ロフトワークはメイシーを知りました。他社のサービスと比較して、メイシーはシンプルで使いやすいと感じたため、デモを試し、トライアルを実施しました。メイシーのサービスは、電話でのサポートが迅速であり、トライアルもすぐに提供されたため、非常にスムーズに導入を進めることができました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入後、株式会社ロフトワークは週一で名刺を集め、スキャンするようになりました。この結果、半年で名刺データが月ベースで倍に増加しました。名刺から登録した連絡先は、自社のメルマガの送付先リストに直結し、新たなプロジェクトの機会も増えました。また、データ化のコストが安価であるため、名刺のスキャンとデータ化が効率的に行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺の量が増え、エクセルでの管理は面倒であり、名刺管理ソフトも不便だった
    • メイシーを導入し、名刺を送るだけで修正も全て行い、データ出し放題のサービスを利用
    • 年賀状印刷が楽になり、外出先で情報が見られるうえ、名前での検索も容易になった

    製品を導入することになった背景

    石川金網株式会社は、金網の製造販売を主業務としており、93年の社歴を持つ3代目の企業です。創業当初から金網の製造を行っており、昔は手作業で編んでいました。戦争で焼失した旧社屋から現在の場所に移転してきました。主にメーカーなどと直接取引を行い、金網の劣化に伴うメンテナンスも提供しています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    石川金網株式会社は、名刺管理をエクセルで行っていましたが、その作業が非常に面倒でした。また、過去には様々な名刺管理ソフトを試してきましたが、どれも大きな違いを感じられず、不便に感じていました。顧客管理は基幹のシステムで行っているものの、名刺に記載されている方々の情報はそこには含まれておらず、管理が難しくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    石川金網株式会社は、名刺管理の解決策として「メイシー」を導入することを決定しました。メイシーを知ったきっかけは、単純にインターネットでの検索であり、その安さに魅力を感じたからです。メイシーは、名刺情報の管理を効率化するための機能を多数持っており、それらの機能を活用することで、名刺管理の課題を解決しようと考えました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、石川金網株式会社の年賀状印刷作業が大幅に楽になりました。ラベルを付けてリストをCSVで出力し、郵便局に持っていくだけで、年賀状の印刷が完了するようになりました。また、外出先でも名刺情報を確認できるようになったため、情報の参照が非常に便利になりました。特に、名前での検索やラベルを使用したグループ分けなど、日常業務で頻繁に使用する機能が充実しているため、業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 修正入力などを人がやってくれるクラウドソーシング型の名刺管理クラウドを探していた
    • Google検索で見つけ、ITツールに詳しくない人でも使えると感じメイシーを導入
    • 名刺データを必要な人が必要な場所で必要な情報を必要なだけ、迅速に取り出せるように

    製品を導入することになった背景

    TANREN株式会社は、教育×テクノロジーやITという領域で動画を主体とする事業を展開しています。特に「接客ロープレ」を起点とした「クラウド型ロープレ鍛錬アプリ」を2015年の4月にサービスインして販売しています。過去13年間、携帯電話販売業界で人材育成を行ってきた経験から、接客の教育である「ロープレ」がアナログであることを大きな課題と感じていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    課題は、デジタルの時代にも関わらず、接客のメインの教育である「ロープレ」がアナログで行われていることでした。ロープレ研修を行う際、時間や場所、予算などの制約が多く、研修を行ったとしても、全国各地からスタッフを集めるなどの過度な経費がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    スマホやタブレットで対策を講じることができるクラウドツールを提供することを考え、名刺管理に関しても効率的な方法を求めていました。Google検索で「名刺 管理 クラウド」と検索した結果、メイシーを発見し、導入事例の中で「魚屋のおっちゃんでも使えるクラウド」というキーワードが心を掴み、メイシーを導入することを決意しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーを導入することで、名刺データを必要な人が、必要な場所で、必要な情報を、必要なだけ、迅速に取り出せるようになりました。特に起業後は、営業範囲が一気に広がる中で、名刺情報は非常に重要となりました。メイシーのアクセスの速さや使い勝手の良さ、API連携などの機能を活用することで、業務の迅速性が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺量がどんどん増えていき管理が困難になり、スキャンと修正作業が大変だった
    • 名刺を送るだけで修正も全て行い、データ出し放題の「メイシー」を導入した
    • 外出先からでも、アプリですぐ訪問先の確認や情報の管理ができるようになった

    製品を導入することになった背景

    ビジネスコンサルタントとして活動している方は、ネットワーク機器のメーカーに所属し、新規事業の創出を担当する部門のリーダーを務めています。業界を問わず多くの企業との関わりを持ち、年間で1000名から1500名の方々との接触があるため、名刺の管理が非常に重要となっています。特に、クラウドに関する本を出版した際のイベントなどで、多くの名刺を受け取る機会が増えました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    前職時代から多くの人々との接触があり、名刺の量が爆発的に増加していました。特に、執行役員パートナーになった際には、さらに多くの人々との接触が増え、名刺の管理が課題となっていました。当初は、名刺サイズの小型スキャナー付きの名刺ソフトを使用していましたが、スキャンから修正までの作業が非常に手間がかかり、効率的ではありませんでした。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺の量が増える中、「メイシー」のサービスを紹介されました。他の名刺管理サービスと比較しても、メイシーのサービスは名刺を送るだけで、修正からデータの出力までを一手に担ってくれる点が魅力的でした。特に、自分でスキャンや写真撮影をする手間を省ける点や、大量の名刺を一度に送れる点が、課題解決に最適であると感じました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、訪問先の確認や、相手の肩書きや前回の接触日などの情報を簡単に管理・参照することができるようになりました。特に、外出先でのアプリの利用頻度が高く、受付前での情報検索や、相手先の連絡先への電話、地図の参照などがスムーズに行えるようになりました。また、CSVデータのエクスポート機能を活用し、Outlookへのインポートや年賀状の送付先管理など、メイシーをデータの基盤として多岐にわたる業務を効率化することができました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺を手動で入力してもらっていたが、データの不備やファイルを紛失していた
    • メイシーを導入することですぐに検索でき、データの品質も安定した
    • メールマガジンの一斉送信や、セミナーの案内を送れるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社アントレプレナーファクトリーは、ベンチャーキャピタル出身の代表取締役が様々なベンチャー企業への投資を行っていた経験を持っています。その中で、多くの会社が基本的な運営方法を知らずに困難に直面していることを感じ、自身の知識を活かしてベンチャー企業をサポートするためにこの会社を設立しました。初めはコンサルティングを中心に活動していましたが、後に動画コンテンツの制作と販売にシフトしています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社アントレプレナーファクトリーは、名刺管理に関して大きな課題を抱えていました。具体的には、インターンやアルバイトの方にExcelに名刺情報を入力してもらっていたものの、入力ルールの徹底が難しく、データの不備や探しにくい情報、さらにはファイルの所在がわからなくなるなど、名刺管理の失敗が続出していました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社アントレプレナーファクトリーは、他社でメイシーを導入しているところを見て、その便利さやコストの安さを聞き、メイシーを選択しました。メイシーは名刺を送付するだけで、一定のルールに基づいてデータ化されるため、データの品質が安定し、実際に使用できるデータとして管理することが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社アントレプレナーファクトリーは名刺管理がしっかりと行えるようになりました。具体的には、お会いした方全員の情報を手元で検索できるようになったこと、データの品質が安定したことが挙げられます。また、メイシーの一斉メール機能を活用して、セミナーの案内などをメルマガで送信しており、この機能の高性能さにも感銘を受けています。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺をファイル管理していたが、外出する際は会う人の名刺を抜き取り持っていく必要があった
    • メイシーを利用し、スマートフォンなどから検索、電話をし、アプリ内で業務が完結させた
    • 定期的に担当者が変わる金融機関などでも、履歴管理が楽になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社ファイナンスアイの代表取締役は、銀行に長く勤めた後、上場企業での財務担当者としての経験を持っています。その経験から、実際の経営を深く理解し、財務戦略を考え、実行することが中小企業を元気にすると感じました。この思いから、株式会社ファイナンスアイを創業し、財務やファイナンスのコンサルティングを主に行っています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、株式会社ファイナンスアイは名刺をファイルで管理していました。外出する際には、その日に連絡を取らなければいけない方の名刺を抜き出して持っていくという手間がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    代表取締役が以前からメイシーのサービスを知っており、他の名刺管理サービスも検討しましたが、メイシーのシンプルさと使い勝手の良さに魅力を感じ、導入を決定しました。メイシーはスマートフォンのアプリから名刺を簡単に登録でき、データ化された後の検索もスムーズに行えるため、これにより名刺の管理が効率的になると考えました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーを導入してから、名刺のファイル管理やそれを見るという手間がなくなりました。スマートフォンのアプリから直接電話をかけたり、検索したり、事務のスタッフに書類の送付先をコピーして送るなど、全ての業務がアプリで完結するようになりました。特に、金融機関などの担当者が定期的に変わる中、お会いした履歴の管理が非常に楽になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 月に100枚ぐらい名刺交換をするので、ファイル別の整理が大変だった
    • メイシーを利用し、溜まった名刺を送りデータ化してもらうようにした
    • 検索してすぐに顧客と連絡をとれるようになった。出先でも名刺情報の確認ができる

    製品を導入することになった背景

    株式会社TIWの代表取締役によれば、メイシーを知ったきっかけはFacebookで友人が紹介していたことだと思われます。具体的な出来事ははっきりと覚えていないものの、その紹介を見て「これはいい」と感じたことが導入の背景となっています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社TIWは、オンラインや地方の証券会社向けに企業のアナリストレポートを提供している会社です。アナリストレポートを作成するために上場企業のIR担当者や経営陣との面談が頻繁に行われ、月に約100枚の名刺交換が行われていました。そのため、名刺の整理が大変で、アナログ的に名刺ファイルに分野別に整理していました。この方法では、名刺ファイルが6冊以上も必要であり、整理するだけでも非常に手間がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    メイシーの導入を検討する中で、代表取締役は他社の名刺管理サービスとの違いを感じました。他社のサービスではメールが頻繁に送られてきたり、写真を撮るだけの機能しかないものもあったため、それらのサービスは使用していませんでした。メイシーのシンプルさや、スマートフォンのアプリとPCの両方での利用が可能な点が魅力的であり、これらの理由からメイシーを選択しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入後、名刺管理が非常に楽になりました。名刺をメイシーに送るだけでデータ化されるため、以前のような手間をかけての整理は不要となりました。また、スマートフォンのアプリで出先での名刺情報の確認や、PCからの電話の発信が容易になったことも大きなメリットとして挙げられます。特に、スマートフォンのアプリを使用して先方の肩書きや部署の確認を行うことが多くなりました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺を机の中に放置していたため、コンタクトリストを作りたいと思っていた
    • メイシーを利用し、名刺の情報を登録、情報をすぐに見つけられるようにした
    • アプリ利用をし、外出先からメールや電話を参照できるようになった

    製品を導入することになった背景

    ヴァズ株式会社は、SnapDishというカメラアプリを運営しています。このアプリは「Instagram for food」と称され、料理に特化したものを提供しています。主なユーザー層は料理好きな主婦の方々で、彼女たちが自分の料理を多くの人に見てもらいたいという欲求を満たすためのプラットフォームとして機能しています。また、食品メーカーや調味料メーカーとのコラボレーションを通じて、主婦向けの企画を実施し、ビジネスを展開しています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ヴァズ株式会社の従業員は、名刺管理に関して特にシステムを導入していなかったため、名刺が机の中に散乱している状態でした。クライアント企業とのコミュニケーションが増える中で、コンタクトリストを適切に管理する必要性が高まっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    ヴァズ株式会社は、名刺管理の課題を解決するためにメイシーを導入することを決定しました。メイシーを選んだ理由としては、情報を一つのサービスに預けることなく、シンプルでライトに使用できる点、そしてチーム全体で名刺情報を共有できる点が挙げられます。また、コスト面でもメイシーは手頃であったため、これが選定の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、名刺管理が非常にスムーズになりました。名刺情報を検索してすぐに見つけることができるようになったため、業務効率が向上しました。また、名刺に似顔絵を描くなどの工夫をすることで、情報を思い出しやすくする工夫も行われています。外出先からもアプリを使用して、メールや電話の情報を参照することが多くなり、業務の柔軟性が増しました。
  • この導入事例のポイント
    • 従来の名刺管理サービスはデザイナーの名刺が読み取りにくかったり、オーバースペックだった
    • メイシーを使いコストを削減しつつ、デザイナーの名刺も読み取ってもらった
    • メールでお知らせを一斉配信するのが簡単になった。名寄せも簡単にできるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社キッズプレートは、ウェブサイトの制作と運用を主軸として事業を展開しています。代表取締役は、20年前からウェブの仕事に従事しており、大手企業のプロモーションサイト制作を多く手掛けてきました。しかし、プロモーションが終了するとサイトが消えてしまう現状に対する想いから、継続して利用されるウェブサイトの制作を目指して独立。その後、企業とユーザーのコミュニケーションを楽しく構築するウェブサイト制作を中心に事業を展開しています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社キッズプレートでは、総務担当者がExcelを使用して名刺管理を行っていましたが、その作業は非常に大変でした。特に、外部のデザイナーとの取引が多い同社では、デザイナーの名刺がスキャナーで読み取れないことが多く、そのための手間がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の課題を解決するために、株式会社キッズプレートは名刺管理アプリの導入を検討しました。検索を通じて「メイシー」を知り、他社のアプリと比較検討した結果、CSVデータでのエクスポートが簡単にできる点や、価格面でのメリットから「メイシー」を選択しました。

    製品の導入により改善した業務

    「メイシー」の導入により、株式会社キッズプレートではメールでの一斉配信が楽になりました。また、年賀状の送付も効率化され、名寄せ機能を利用して人の移動情報を簡単に更新できるようになりました。特に、ウェブ業界では人の移動が激しいため、この名寄せ機能は非常に役立っています。
  • この導入事例のポイント
    • Excelに名刺情報を手入力していたが、業務が大変だった
    • 皆の名刺を集め、メイシーを利用し手入力なしで簡単に名刺のデータ登録をした
    • 管理が楽になるだけでなく、一斉メール機能の機能も使えるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社サービシンクは、代表が元々大手不動産住宅情報サイトの創業メンバーであったことから、不動産業界に特化したウェブの制作会社を主に運営しています。現在は受託制作が主な事業としていますが、街の不動産屋さんを対象としたチャットサービス「アトリク」をリリースしました。このサービスは、店舗窓口での顧客とのコミュニケーションを円滑にするためのもので、顧客が安心して不動産会社とコンタクトを取ることができる環境を提供することを目的としています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社サービシンクでは、代表が個人で名刺管理アプリを使用していましたが、ディレクターの名刺は総務が都度Excelに手打ち入力していました。営業活動が主ではなかったため、電話などのコンタクトは少なかったものの、暑中見舞いや年賀状などの挨拶状を送る際のリスト管理が課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の課題を解決するために、株式会社サービシンクの取締役がメイシーを提案しました。メイシーは、価格が手頃で、ユーザーの増減が自由に行える点や、一斉メールなどの機能が付いていることが導入の決め手となりました。この製品を利用することで、名刺の情報を簡単に共有し、効率的に管理することが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、総務が手打ちで行っていた名刺の入力業務がなくなり、業務の効率化が図られました。また、新規事業を始めたことで、過去に会った方々への一斉メールの送信が容易になりました。特に、一斉メールの機能は、同じメールアドレスに重複して送信しない機能や、メールの予約、テンプレートの登録など、多くの便利な機能が含まれており、業務の効率化に大きく貢献しています。
  • この導入事例のポイント
    • 紙の名刺は残しておきたいが、名刺の情報はデジタル化したい
    • メイシーを導入し、名刺の情報をデジタル化
    • 紙の名刺はこれまで通り保管しつつ、デジタル化した情報を利用できるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社働きごこち研究所の代表取締役は、名刺交換の重要性を認識しており、名刺のデザインや紙質にこだわりを持っていました。名刺交換を「大人の挨拶」と位置づけ、出会ったその場の印象や雰囲気を記憶に残すためのデザインを重視していました。しかし、名刺の記録に関してはデジタルでの管理が適していると考えており、その背景からメイシーを知ることとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    代表取締役は、名刺管理に関して全く手段を持っていなかったと述べています。以前はCRMを使用していたものの、使い勝手が悪く、効果的な名刺管理ができていなかったのです。また、古い友人の名刺がメイシーに入っておらず、講演の案内などが送れていないという問題も発生していました。

    導入前の課題に対する解決策

    「1分で話せ」の著者であり、Yahoo!アカデミア学長がメイシーを使用していることを知り、興味を持ちました。メイシーの高い入力精度やメールの一斉送信機能に魅力を感じ、名刺管理の課題を解決するために導入を決意しました。特に、名刺のデザインや紙質にこだわる代表にとって、デジタルでの名刺管理は劣化の心配がなく、長期的な保存が可能であるという点が魅力的でした。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、株式会社働きごこち研究所では名刺管理が効率的に行えるようになりました。以前はCRM的な使い方をしていたものの、現在はメイシーをそのように活用しています。代表は、お会いした人の情報が一箇所に集約されることに満足しており、高度なCRM機能よりもシンプルで使いやすいメイシーの機能を重視しています。また、今後の要望として、ダッシュボード機能の追加を希望しており、名刺の枚数や不着メールの割合などを一目で確認できる機能があれば更に便利だと感じています。
  • この導入事例のポイント
    • 人との出会いが大切だと感じ、名刺管理をきちんとしようと思った
    • ファイリングなどの必要が無く操作も簡単なメイシーを導入した
    • 顧客である中小企業の活性化をする際に、シンプルで簡単なので勧められる

    製品を導入することになった背景

    株式会社Samurai CEOの代表取締役は、自身のキャリアの中でのマーケティングや事業再生の経験を活かし、中小企業のブランディングのお手伝いを目的として現在の会社を立ち上げました。大手町経営者クラブや21世紀ビジネスモデル研究会といった経営者の集まりや勉強会の開催も行っています。このような背景から、効率的な名刺管理の必要性を感じていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    代表取締役は、名刺をファイルで管理していましたが、その方法には限界があり、非常に手間がかかっていました。特に、多くの経営者やビジネスパートナーとの交流がある中で、名刺の管理や情報のアップデートが大変でした。

    導入前の課題に対する解決策

    名刺管理の課題を解決するために、代表取締役はメイシーを検索で見つけました。最初は会社名がひらがなであることから面白いと感じましたが、製品を詳しく検討すると、シンプルで説明がわかりやすく、非常にスマートな製品であると感じました。そのため、メイシーを導入することを決意しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、代表取締役は一斉メールでの勉強会の募集や案内、経営者の会への連絡などが非常に簡単になりました。特に、月に十数回のメール送信の機会があり、それをDMや郵送で行っていたら大きなコストがかかっていたでしょう。また、メイシーのメール一斉機能は非常に格安で、入力も正確であるため、メールアドレスの入力ミスが減少しました。これにより、業務の効率化とコスト削減が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 名刺管理ができておらず、何かしなければいけないと感じていた
    • メイシーを導入することで名刺をモバイル環境で確認できるようになり、便利に
    • 出張先で時間が空いた時にメイシーの機能を利用し、会うこともできた

    製品を導入することになった背景

    株式会社タスクールPlusの代表取締役は、元々自動車業界でシステムエンジニアとして活動していましたが、狭い業界内での仕事に限界を感じ、中小企業診断士の資格を取得しました。その後、様々なイベントに参加し、新たな人脈を築く中でコワーキングスペースの開設などのビジネスを展開しました。このような背景から、日々多くの人との交流が増え、名刺管理の必要性を強く感じるようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    代表取締役は、多くの人との交流を持つ中で、名刺管理が全くできていないという課題に直面していました。日常的に多くの方とお会いする機会が増えたため、名刺の管理方法を見直す必要があったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    Facebookを通じて、知り合いの起業家がメイシーを使用しているのを見たことが、メイシー導入のきっかけとなりました。メイシーはモバイル環境で名刺情報を直ぐに確認できる点や、連絡先の自動登録機能などが魅力的で、これにより名刺管理の課題を解決することができると判断しました。

    製品の導入により改善した業務

    メイシーの導入により、代表取締役は全国を飛び回る中でも、モバイル環境で直ぐに名刺情報を確認できるようになりました。また、出張先での空き時間に、メイシーを使用して近くの方との名刺検索を行い、連絡を取ることも増えました。特に、検索機能や電話、Googleマップでの住所確認などの機能を頻繁に利用しています。さらに、会員向けのメール配信機能も活用し、ニーズに合わせた情報提供を行っています。
  • この導入事例のポイント
    • 溜まっていた名刺を安価にかつシンプルにデジタル化したかった
    • 溜まっていた名刺を管理し、メールでお知らせをしたりできるようになった
    • 過去の仕事履歴を社内スタッフと共有できるようになった

    製品を導入することになった背景

    企業はデジタルメディアを主軸に多様なクリエイティブ業務を手がけており、名刺情報は非常に重要な資産でした。しかし、名刺管理が各担当者任せであり、情報の一元管理がされていなかったため、効率的な名刺管理サービスの導入が必要とされました。特に、モバイルでも簡単に名刺情報が参照できるようなサービスが求められました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    名刺情報は非常に重要なものでありながら、その管理が十分に行われていなかったため、情報の散逸や二重管理が問題となっていました。また、多くの案件と人脈を持つ企業として、誰がいつどの方と会っていたかという情報が非常に重要であり、その管理が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    企業は、名刺情報を正確に、素早く、楽にデータ化できるサービスを探していました。また、モバイルでも簡単に情報が参照できるという点も重要視されました。多くの名刺管理サービスを検討した結果、本質的な名刺管理の価値をシンプルかつ安価に提供するサービスが選ばれました。

    製品の導入により改善した業務

    製品の導入によって、名刺情報が一元管理されるようになりました。これにより、誰がいつどの方と会っていたかという情報が全て可視化され、非常に役立っています。さらに、メール送信機能を活用して顧客管理も行い、ターゲットを絞ったメールマーケティングが可能になりました。全体として、業務効率が大幅に向上しました。
  • よく比較されている
    「名刺管理ソフト」の製品:22件

    22件中 1~4件表示

    名刺管理ソフト SFA MAツール 顧客管理システム

    株式会社ハンモックのホットプロファイルは、ITreview Grid Award 2023 Winterで名刺管理・SFA・MA・CRM部門の4部門を受賞した名刺管理ソフトです。名刺管理だけでなく、営業支援(SFA)や見込み客発掘も可能であり、企業の売り上げアップと生産性を向上する機能を1つにまとめたソフトとなっています。基本的な名刺管理機能のほか、有料オプションを利用することでビジネス管理や地図連携、人事異動情報の確認だけでなくSalesforceとの連携も可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 営業支援ツールの組み合わせより低コストを実現可能
    • 顧客画面を1画面に集約し、営業活動を支援
    • 高い拡張性と盤石なセキュリティにより安心して利用できる
    運営企業情報 株式会社ハンモック
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 SFA 予実管理 顧客管理 商談管理 ToDo管理 営業日報 MAツール 名刺管理 報告管理 名寄せ機能 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 自動メンテナンス 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 GPS報告 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 ニュース通知 CRM 顧客対応管理 ファイル共有 
    推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 IT・情報通信 ビジネスサービス 製造
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 101名-300名 301名-1,000名

    名刺管理ソフト 企業データベース

    Sansan株式会社の営業DXサービスSansanは、シェアNo.1で82*%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されています。業種や従業員規模、売上高、役職者情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点がある・ないに関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。さらに、Sansanに取り込んだデータを外部システムと連携・統合することで、企業ガバナンスの強化といった営業やマーケティング以外の目的でのデータ活用も後押しします。
    * 出典:営業支援DXにおける名刺管理サービスの最新動向2023 (2022年12月 シード・プランニング調査)

    製品のおすすめポイント

    • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
    • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
    • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理
    運営企業情報 Sansan株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 人物データベース 顧客分析 API自動連携 マーケティングタグ リストからメール配信可 ニュース配信 名刺管理 名寄せ機能 専用スキャナー取込 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 SFA・MA連携 URL名刺交換 スマホスキャン取込 メール配信 データ連携 ニュース通知 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年間
    よく導入している業種 ビジネスサービス 公共機関・非営利団体 不動産
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 301名-1,000名 不明

    名刺管理ソフト

    Eight(エイト)は、Sansan株式会社が提供する名刺管理アプリケーションで、ビジネスユーザーにとって名刺交換と管理をシームレスに行える強力なツールです。Eightは名刺をデジタルフォーマットに変換し、情報を整理・保存・共有できるため、名刺関連の煩わしさを一掃し、ビジネスネットワーキングを効率化します。名刺の紙の束から解放され、クラウド技術の恩恵を受けつつ、名刺情報をすばやくアクセスできるEightは、現代のビジネス環境において不可欠なツールとなっています。

    製品のおすすめポイント

    • 無料で使える使い勝手のいい名刺管理アプリ
    • 名刺の高精度な検索機能
    • 高い入力精度とどこでもスキャン機能
    運営企業情報 Sansan株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 名寄せ機能 専用スキャナー取込 組織図表示 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 メール配信 データ連携 
    推奨環境 iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    名刺管理ソフト

    INTSIGInformationCorporation(イントシグ)が提供しているCAMCARDは、名刺管理を効率化し、デジタル時代に合わせた革新的なソリューションを提供するクラウド型名刺管理アプリケーションです。名刺はビジネスコミュニケーションの重要な一環であり、CAMCARDは名刺の収集、整理、共有をシンプルかつ効果的に行うためのツールとして、ビジネスプロフェッショナルに不可欠です。

    製品のおすすめポイント

    • 高精度な名刺データ取り込み
    • メモとリマインダー機能
    • 効果的なメール配信
    運営企業情報 https://www.camcard.jp/personal/company/
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 名寄せ機能 多言語化 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 
    推奨環境 iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート 電話 メール チャット 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる