Menu
Close

製品の紹介

SPEEDA

株式会社ユーザベース

株式会社ユーザベースのSPEEDAは、経営の意思決定を支える560業界の市場データやレポートを格納した、クラウドの企業データベースです。日本の上場企業約4,000社などの主要なデータをはじめ、日本・アジアの未上場企業約950万社や3,000部以上の国別業界レポートなど、幅広い情報をカバーしています。5GやAIなどといった最新テクノロジー・ビジネスについてまとめた約100以上のトレンドレポートも収録しており、様々な角度の有益な情報を得ることができます。

最終更新日: 2023/05/10
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 事業提携における企業・業界調査を短時間で行う必要があり、スピード感が課題だった
    • 情報のリサーチを、インターネット検索からSPEEDAを活用した方法に切り替えた
    • 丸2日かかっていた企業や業界に関する調査が、導入後は2-3時間で終わる様になった
    • 情報の出所が即座に確認でき、情報の信頼性が担保され裏を取る手間が省けるように

    製品を導入することになった背景

    ソフトバンク株式会社は、ソフトバンクグループの一員として、移動通信サービスや固定通信サービス、インターネット接続サービスを提供しています。さらに、IoTやロボット、エネルギーなどの新しい分野での事業拡大を目指しています。特に、国内ではモバイル通信事業を中心に、Yahoo! JAPANとの連携を強化し、新しいビジネス領域の拡大を進めています。このような背景の中、企業や業界の迅速な調査が必要となり、SPEEDAの導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ソフトバンク株式会社は、多くの提携の申し出を受ける一方、自ら提携を持ち掛けるケースも多くありました。そのため、提携先の企業や業界に関する迅速な調査が求められていました。しかし、以前の方法では、企業や業界の調査に丸二日間を要していました。このような状況の中で、業務の効率化と情報収集のスピードアップが急募の課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    ソフトバンク株式会社は、業務の効率化と情報収集の迅速化を目指して、SPEEDAを導入することを決定しました。SPEEDAは、企業情報や業界レポート、市場データなど、幅広い情報を提供するプラットフォームであり、これにより、以前に比べて大幅な時間の短縮が可能となりました。特に、SPEEDAの豊富なデータ量や業界レポート、資料自動作成機能などの機能が、情報収集の効率化に大いに貢献しました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、ソフトバンク株式会社は、提携における企業・業界調査の時間を大幅に短縮することができました。以前は2日間かかっていた調査が、SPEEDA導入後は2~3時間で完了するようになりました。また、SPEEDAには財務諸表やIR情報など、企業の詳細な情報が一元管理されており、これにより情報の信頼性が向上しました。さらに、業界の動向や最新のトレンドを迅速に把握することができるようになり、業務の質も向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 相当数の企業を調査するため、一括で大量の情報をスピーディーに処理する必要があった
    • 投資対象に適しているかを判断するため、SPEEDAを活用し企業調査を行っている
    • 「10時間が10分間で」というイメージで、一括で大量・迅速に情報処理できるように

    製品を導入することになった背景

    ユニゾン・キャピタル株式会社は、1998年の創業以来、日本のプライベート・エクイティ(PE)業界のパイオニアとしてその地位を築き上げてきました。投資チームは20名弱となっており、そのほとんどのメンバーがSPEEDAを活用しているとのことです。このような背景から、業務の効率化や情報収集の迅速化を目指して、SPEEDAの導入が検討されることとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ユニゾン・キャピタル株式会社は、多岐にわたる業種で「投資先企業の経営陣・従業員の方と協力しながら、新たな成長による企業価値向上」を目指して活動しています。累積で25社以上に投資を行っており、その検討段階では非常に多くの企業を調査する必要がありました。具体的には、年間で500~1,000件程度の企業を調査するという大量の情報収集が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    ユニゾン・キャピタル株式会社は、業務の効率化を図るためにSPEEDAの導入を検討しました。SPEEDAは、ワンストップで情報収集が可能であり、業界レポートや企業の財務情報など、多岐にわたる情報を迅速に取得することができる点が評価されました。また、SPEEDAのコンプス機能により、競合他社の情報も簡単に比較することができるという点も、導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、ユニゾン・キャピタル株式会社の業務は大きく効率化されました。特に、情報収集の際の時間短縮が実現され、10時間かかっていた作業が10分で完了するようになったという。また、SPEEDAのユーザーフレンドリーなインターフェースにより、直感的に操作することが可能となり、業務のスムーズな進行が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • リサーチに掛かる作業時間、とくにデータの集計・加工にかかる時間が課題となっていた
    • 社内メンバーがSPEEDAについて聞き、リサーチ業務の高速化のために導入した
    • リサーチの効率が向上し、データからいかに価値を生み出すかに集中できている
  • この導入事例のポイント
    • これまでにない新業態の企業が増えているため、リサーチ業務が不可欠となっていた
    • 他社ツールに比べて直感的に使用できることから、SPEEDAを導入することにした
    • 少なく見積もっても、リサーチ業務にかける時間として月平均10時間は削減できている

    製品を導入することになった背景

    インターネット専業証券であるマネックス証券株式会社は、日本株を中心に様々な金融商品をインターネットで提供しています。特に、森様が所属する「投資銀行部」は、IPOの引き受けを主に行っています。近年、ITを中心に新しい業態の企業が増加しており、これらの企業には前例がなく、上場する際のカテゴリ特定や同業他社分析が必要となっています。このような背景から、2010年にSPEEDAを導入し、リサーチ業務に活用することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    マネックス証券株式会社の投資銀行部では、新しい業態の企業が増える中、前例のない企業の上場に際してのカテゴリ特定や同業他社分析が課題となっていました。リサーチ業務が不可欠となり、そのための情報収集や分析が求められていました。また、リーマンショック前は、投資銀行部内にアナリストがおり、リサーチを依頼していたものの、主観が入りやすく、属人的な部分が課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    マネックス証券株式会社は、SPEEDAの導入を検討しました。グループ内のコーポレートベンチャーキャピタル事業の経験から、SPEEDAのサービス内容をよく理解していたため、トライアルを行いました。SPEEDAは、ログイン後に簡単に情報が取得できる点や、直感的に使用できる点が評価されました。また、SPEEDAはファイナンス関連の重要な情報のみを提供しており、余計な情報が上がってこない点も解決策としての魅力でした。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、マネックス証券株式会社の「投資銀行部」では、短時間での業界分析が可能となりました。ワンクリックで業界の状況や競合他社の情報、プレスリリースの内容などを確認できるようになり、レポート作成の時間が大幅に削減されました。具体的には、月平均で10時間の作業時間が削減されたとのことです。また、業界分析や課題に対する調査など、多岐にわたる業務でSPEEDAが活用されています。
  • この導入事例のポイント
    • 既存事業ではない業界の構造や競合を理解することがとても重要になっていた
    • 新規事業立案のための調査に、SPEEDAの業界レポートなどを活用するようにした
    • 相手の状況を知った上で業務をスタートでき、信頼関係の構築に役立っている
    • 提案先企業を深く理解できるようになり、商談での提案書の品質が向上している

    製品を導入することになった背景

    「デザイン」という言葉には、色・形のデザインの意味に加え、課題解決という意味が含まれています。この本来の「デザイン」の解釈が社内でも広まり、2014年に「ソリューション」デザインを実行する部門が設立されました。デザイナーには、事業部と一緒にビジネス全体をデザインする社内コンサルティングの役割が求められるようになりました。この変化がSPEEDAの導入の必要性を生み出しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三菱電機株式会社のデザイン研究所では、事業部の人たちとの会話がスムーズに進まないことが課題として存在していました。また、新規事業を検討する際には、プロジェクトの進行に合わせて、既存事業ではない業界の構造や競合を迅速に理解することが求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAの導入を検討した際、グラフィカルに情報が表現されており、理解しやすいと感じました。SPEEDAはデザイン研究所の新しい武器となると考え、導入を決定しました。SPEEDAを使用することで、事業部の人たちとの会話がスムーズになり、新規事業の検討時にも必要な情報を迅速に取得することができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、事業部の人たちとの会話がスムーズになり、打ち合わせの質が向上しました。また、新規事業立案の際には、ベンチマークとなる企業の調査やビジネスの成功確度の調査など、仮説検証にSPEEDAが役立ちました。商談の際にも、提案先の顧客に合わせた提案コンセプトや内容の調整を行うためにSPEEDAを活用しています。これにより、商談のクオリティが向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 投融資業務において必須である情報を、スムーズに取得し企業について把握したい
    • 直感で使えてサポートも充実しているSPEEDAを活用し、情報を取得するようにした
    • 半日以上はかかるCompsを行う作業が、30分ほどで完了するようになった
    • 情報収集・加工の手間がほぼ自動化されるため、「考える」業務に集中できるように

    製品を導入することになった背景

    株式会社SBI新生銀行の新規事業領域推進支援室は、ベンチャー企業への投融資を主な業務としています。また、既存のお客さまとベンチャー企業を結びつける活動や、企業の成長支援、OI支援も行っています。しかし、既存のプロダクトだけでは対応できない局面も存在し、新しいプロダクトの導入が求められていました。このような背景から、業務効率化や情報収集のための新しいツールの導入が検討され、SPEEDAが選ばれました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社SBI新生銀行は、ベンチャー企業への投融資を行う際に、業界の市場規模、構造、バリューチェーン、競合企業などの情報を正確に把握する必要がありました。しかし、これらの情報を一から収集し、整理する作業は非常に手間がかかり、効率的な業務遂行が難しくなっていました。特に、競合企業の有価証券報告書からの情報収集や、業界の最新ニュースのウォッチなど、情報収集のプロセスが複雑で時間がかかる課題が存在していました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社SBI新生銀行はSPEEDAを導入しました。SPEEDAは、専門アナリストが業界情報や競合情報を整理して提供しており、情報収集の手間を大幅に削減することができます。また、SPEEDAのデータダウンロード機能や、数クリックでの情報整理機能など、業務効率化のための多くの機能が備わっています。特に、競合企業の有価証券報告書からの情報収集や、業界の最新ニュースのウォッチなど、従来の手間がかかる作業を効率的に行うことができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、株式会社SBI新生銀行は、投融資業務の効率化を実現しました。例えば、5~6社の競合企業の情報を集める作業は、従来半日以上かかっていたものが、SPEEDAを使用することで30分ほどで完了するようになりました。また、SPEEDAのM&A情報を活用することで、投融資の判断を補強することができるようになりました。さらに、SPEEDAのニュース通知機能を活用することで、業界の最新動向を常にキャッチアップすることができるようになり、お客様との会話が盛り上がることが増えました。
  • この導入事例のポイント
    • 資料作りの手間と、情報を外部調達することによる時間とコストの課題があった
    • 比較検討の結果、一番使いやすかった事が導入の決め手となり『SPEEDA』を選択
    • 資料作りの手間と情報の外部調達コストが削減、付加価値を生む仕事に集中できている

    製品を導入することになった背景

    ソニー株式会社は、テレビやオーディオ、デジタルカメラ、スマートフォンなどのコンスーマーエレクトロニクス、プレイステーションのゲーム、半導体、金融、エンタテインメントなど、多岐にわたる事業を展開しています。特に、M&Aや提携業務を担当する部門では、全社的な規模の案件や事業をまたぐ案件を扱うことが多く、情報収集や分析が欠かせない業務となっています。そこで、生産性を向上させるための分析ツールの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ソニー株式会社の南谷様は、資料作りの手間と情報の外部調達による時間とコストの課題を抱えていました。具体的には、自分たちでデータを加工して資料を作成する手間がかかり、また、外部の会社にデータを取得してもらう際に1週間以上の時間がかかることもあり、そのコストもかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    上司からの方針により、分析ツールの導入が検討され、他社のツールとの比較検討の結果、SPEEDAが最も使いやすいと判断されました。SPEEDAの分かりやすいユーザーインターフェースや、直感的な操作性が評価され、導入が決定されました。また、SPEEDAはクラウド型であり、働き方改革の一環として推奨される在宅ワークでも利用可能である点も導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、1日かかっていた資料作りが3分で終わるようになり、資料作成のスピードが大幅に向上しました。また、外部の会社に情報収集を依頼する必要がなくなり、1日で情報を集めることができるようになりました。半導体事業部の島田様は、情報収集の仕事から解放され、付加価値を生む仕事に集中できるようになったと実感しています。
  • この導入事例のポイント
    • 未上場企業の価値を評価する時に、企業価値評価の手間と時間がかかっていた
    • 『SPEEDA』を導入し、企業・業界調査を効率化・標準化することにした
    • 3時間かかっていた企業価値評価における類似企業調査が、ワンクリックでできるように
    • 予め業界や類似企業を調査することで、営業現場における信頼獲得に繋がっている

    製品を導入することになった背景

    株式会社日本M&Aセンターは、M&Aの仲介業を主なビジネスとして展開しています。売り手企業として中堅・中小企業が多く、買い手企業としては上場企業から中堅・中小企業まで多岐にわたります。全国の地方銀行9割、信用金庫の8割、約730の会計事務所等と連携し、国内最大級のM&A情報ネットワークを持つ同社は、事業承継の課題を持つ経営者からの相談が多く寄せられています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社日本M&Aセンターの営業現場では、SPEEDA導入前の最大の課題として『企業価値評価』の手間が挙げられます。未上場企業の価値を評価する際に、類似のビジネスを行っている上場企業の業績を参考にすることが多く、そのための情報収集に膨大な時間がかかっていました。また、人の手でデータを収集する中でのミスの可能性も懸念されていました。

    導入前の課題に対する解決策

    上記の課題を解決するために、株式会社日本M&AセンターはSPEEDAを導入しました。SPEEDAを使用することで、類似のビジネスを行っている上場企業の情報が一瞬で手に入るようになり、3時間かかっていた作業がワンクリックで完了するようになりました。また、SPEEDAには完成したデータがアウトプットされるため、ミスを軽減できると感じています。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、株式会社日本M&Aセンターの業務は大きく改善されました。特に、業界の事を勉強する際や、訪問先と同じ業界の上場企業を調べる際に、SPEEDAの情報が非常に役立っています。また、SPEEDAにはM&A情報も豊富にあり、同じ業界の他社のM&A情報をお客様に伝えることができるようになりました。さらに、経営企画室では競合分析を行う際に、有価証券報告書の分析が効率的に行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客層が拡大していくにつれ、業界のトレンドなどを知る分析サービスが必要になった
    • 多様なシーンで高い利用頻度が見込めることが決め手となり「SPEEDA」を導入
    • 情報収集・分析時間が減、生産性が高まり提案力が向上したことで受注率が1.5倍に

    製品を導入することになった背景

    株式会社リブ・コンサルティングは、経営理念として「100年後の世界を良くする会社を増やす」を掲げる総合コンサルティング会社として活動しています。創業当初は中小・中堅企業を中心にコンサルティングを行っており、オーナー企業が多く、社長と共に会社全体の課題を解決する長期プロジェクトが多かったのです。しかし、時が経つにつれて大手企業のコンサルティングも増え、長期にわたるプロジェクトが続いています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社リブ・コンサルティングは、年商20億円程度のベンチャーや中堅企業のコンサルティングを行っていた際、SPEEDAのような分析サービスは必要としていませんでした。その規模の企業は内部の問題を解決するだけで十分でした。しかし、会社が成長し、年商500億円や1000億円を超える大手企業の顧客が増えると、業界のトレンドやプレイヤーの動向を知ることが不可欠となりました。この変化により、SPEEDAのような分析サービスの必要性を感じるようになりました。

    導入前の課題に対する解決策

    権田様は、アメリカの大学での留学経験から、多くの分析サービスの利便性を知っていました。日本に戻ると、情報アクセスが困難な環境に戻ることを懸念していました。そんな中、会社がSPEEDAの導入を検討していることを知り、その導入を強く推進しました。SPEEDAの情報収集・分析能力を活用することで、業界の動向や競合情報を迅速に取得し、より質の高いコンサルティングサービスを提供することができると確信していました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、株式会社リブ・コンサルティングのコンサルタントは、業界分析にかかる時間を大幅に短縮することができました。以前は半日かかっていた業界分析が、SPEEDAの導入後はわずか2時間で完了するようになりました。また、SPEEDAの情報を活用することで、提案資料がより充実し、全体の受注率が1.5倍に向上したと権田様は実感しています。このように、SPEEDAの情報はコンサルティングの品質向上だけでなく、業務効率の向上にも大きく貢献しています。
  • この導入事例のポイント
    • 情報収集にかかる時間を減らしていき、情報を活用するための時間を増やしたい
    • スピーディ且つ細かなリサーチまで行うサポートデスクが決め手となりSPEEDAを導入
    • 週1-2回サポートデスクを利用し、海外企業調査やターゲットリスト作成などに活用

    製品を導入することになった背景

    ソフトバンク株式会社は、ソフトウェアの流通業からスタートし、通信事業へと主幹事業を変遷してきました。現在、ソフトバンクグループは、米国の通信事業やヤフー、Alibabaなどの多岐に渡る事業をグローバルに展開しています。特に、グローバル営業本部新規事業統括部では、海外での新規事業開発をミッションとしており、「IT革命で人々を幸せにする」というソフトバンクグループのビジョンに基づき、IT関連の新規ビジネスを構築しています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ソフトバンク株式会社の愼様は、中長期のビジネスプランの策定がミッションであり、直ぐに収益を上げるわけではないため、人員リソースが限られていました。この限られたリソースの中で、高い成果を上げるために外部の力やツールを活用する発想が生まれました。特に、情報収集の部分で、外部に任せても同等のクオリティの情報が得られるのであれば、それを活用し、情報を活用する仕事に時間を充てるという考え方がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    ソフトバンク株式会社は、複数のサービスとの比較検討の結果、SPEEDAの導入を決定しました。導入の決め手として、SPEEDAのサポートデスクの存在が挙げられます。海外での新規事業の立ち上げには、各国の業界やビジネスに関する調査・分析業務が発生し、スピーディな対応が求められる中、SPEEDAのサポートデスクは他サービスにはない心強いサービスとして評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、ソフトバンク株式会社は、情報収集や分析業務の効率化を実現しました。特に、サポートデスクの利用により、週に1~2回のリサーチを依頼することで、数時間の手間が省けるようになりました。また、SPEEDAのサポートデスクは、情報が不足している部分を補完し、有料の信用調査レポートなどの情報提供も行っており、これにより業務の効率化と質の向上が図られました。
  • この導入事例のポイント
    • アルバイトを中心とした、人海戦術のリサーチが非効率的で限界を感じていた
    • 財務情報の比較が容易で、誰でもすぐ使用できる等が決め手となりSPEEDAを導入
    • 依頼に15分・収集に10時間要していたリサーチが、30秒・15分までに短縮された

    製品を導入することになった背景

    株式会社リンクアンドモチベーションは、組織人事コンサルティングを提供する企業として、特に「ヒト」や「組織」に焦点を当てています。エントリーマネジメント事業部では、新卒採用を中心とした人事採用に特化したサービスを展開しており、現在の就活市場の売り手市場の状況を鑑み、企業側が自社の強みを明確に伝える必要性を感じていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社リンクアンドモチベーションは、新卒採用市場での競争が激化している中、企業としての魅力を伝えるための情報収集と分析に課題を感じていました。特に、アルバイトを中心とした人海戦術のリサーチでは、非効率さや人材管理の問題、人件費や作業時間の増加などの問題が生じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    課題の解決のために、株式会社リンクアンドモチベーションは情報収集・分析ツールとしてSPEEDAを導入することを決定しました。SPEEDAは、企業の競争環境や財務情報の比較など、必要な情報を効率的に提供することができるツールであり、その使いやすさや直感的な操作性から、企業内での利用が容易であると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、株式会社リンクアンドモチベーションは、調査業務の大幅な効率化を実現しました。特に、財務情報の比較や競合分析が容易になり、情報収集にかかる時間が大幅に短縮されました。また、SPEEDAの情報を活用して、学生に対して企業の強みを的確に伝えることができるようになり、優秀な学生の採用に繋がっています。導入前に10時間かかっていた作業が、導入後は15分で完了するなど、業務の効率化が明確に実感されています。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客データやマーケティング施策が、各カンパニーごとにバラバラになっていた
    • 競合やインサイトの分析、事業の意思決定に必要なデータの参照にSPEEDAを活用
    • 確かなファクトデータを素早く収集・可視化でき、本質的な意思決定に注力可能となった
    • データを社内の共通言語として活用できるようになり、意思決定のスピードが向上した

    製品を導入することになった背景

    パナソニック株式会社は、デジタルマーケティングの推進を社内横断的に行っているデジタルマーケティング推進室を設置しています。この部署は、2017年に新設され、パナソニックに存在する4つのカンパニーと38の事業部のデジタルマーケティング活動を統一的に進める役割を持っています。従来、各カンパニーは独自にデジタルマーケティングを推進していたため、顧客データやマーケティング施策が統一されていなかったのです。このような背景から、デジタルマーケティング推進室の設置と、その中でのSPEEDAの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    パナソニック株式会社の各カンパニーは、それぞれ独立してデジタルマーケティングの活動を行っていました。その結果、顧客データやマーケティング施策がバラバラになっていたのです。特に、家電事業と住宅事業の顧客データの統合や連携が難しく、それぞれの事業部で管理していた顧客データを一元化する必要がありました。また、データの収集や分析に多くの時間と手間がかかり、効率的なマーケティング活動が難しい状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    デジタルマーケティング推進室では、家電事業と住宅事業の顧客データを一つのデータマネジメントプラットフォームに統合することを提案しました。この統合により、顧客のライフスタイルに合わせた提案が可能となりました。また、SPEEDAの導入を検討する中で、岸原様がビジネススクールを通じてSPEEDAを知り、トライアルを利用した経験が導入のきっかけとなりました。SPEEDAは、競合分析やインサイトの分析、事業の意思決定に必要なデータの参照など、多岐にわたる活動に活用されることとなりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、パナソニック株式会社は確かなファクトデータを素早く収集・可視化することができるようになりました。従来、データの収集や分析に多大な手間がかかっていたが、SPEEDAを使用することで、必要な情報を瞬時にグラフ化することが可能となりました。これにより、データ分析の後の知的生産に注力することができるようになりました。また、SPEEDAはウェブ上のプラットフォームであるため、場所や環境に関係なく利用することができ、情報収集力、分析力、意思決定のスピードが向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • マンパワーに頼った市場・競合情報により、精査が必要で、質もスピードも不足していた
    • 情報を深掘りし、データに基づいた仮説を立てるため、SPEEDAの導入を決定した
    • 多面的でより精度の高い情報を入手し、情報を素早く深掘り・分析できるようになった
    • 仮説検証の効率化が実現でき、情報をどう自分のものにするのか考えられるようになった

    製品を導入することになった背景

    アドウェイズ株式会社は、2001年に創業されたインターネット広告企業として、国内最大級のアフィリエイトサービスや総合管理システム、全自動マーケティングプラットフォームなどを展開しています。インターネット広告の市場は急速に変化し、競争も激化しています。このような状況下で、企業としての成長戦略を描くことが重要なミッションとなっています。新田様は、住宅業界からインターネット業界に移行した際、情報量の少なさや市場のスタンダードの把握の困難さを感じました。このような背景から、SPEEDAの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    アドウェイズ株式会社は、導入前に市場分析や競合調査を行う際、主に定性的な情報を基にしていました。しかし、この方法では情報の精査が難しく、特に海外情報のキャッチアップや事業セグメントレベルでの情報収集が困難でした。その結果、事業戦略を立てる上での情報の質やスピードが不足しているという課題意識を持っていました。

    導入前の課題に対する解決策

    新田様は、住宅業界においては第三者機関などの情報が豊富に存在していたことを背景に、インターネット業界においても同様の情報を取得する必要性を感じました。また、クライアントの要望が変化しており、デジタル領域を含めたトータルマーケティングの提案が求められていました。これらの課題を解決するために、SPEEDAを導入することを決定しました。SPEEDAは、情報を深掘りし、データに基づいた仮説を立てることができるツールとして選ばれました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、アドウェイズ株式会社は多面的で精度の高い情報を入手することができるようになりました。また、業界をさらに細かく区切ったミクロなセグメント別情報を即座に入手し、深掘りした情報分析を行うことができるようになりました。さらに、仮説検証のプロセスが効率化され、事業をデザインする際の思考プロセスが変化しました。具体的には、SPEEDAを使用してデータに基づいた仮説を立て、簡単に検証することができるようになりました。これにより、推論ではなく、事実に基づいた定量的な議論が行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • ベンチャー企業の情報を効率的に取得し、新規事業を作っていく際にデータを活用したい
    • ベンチャー経営者との面会時にSPEEDAのトライアルが役立ったため、導入を決意
    • 業界や類似企業などの情報をしっかりと調べることができ、面会の質が上がった
    • ニュース通知機能の活用により、新聞のように毎日見るメディアとしても利用している

    製品を導入することになった背景

    JR東日本スタートアップ株式会社は、新しい価値を世に生み出すための取り組みとしてCVCを立ち上げました。JR東日本単体の力だけでは、変革を起こすのは難しいとの認識から、ベンチャー企業との連携を強化することを決意しました。また、JR東日本のお客様に驚きやワクワクを感じてもらう新しいサービスや価値を提供することを目指しています。このような背景から、ベンチャー企業の持つ革新的なアイデアとJR東日本のインフラを組み合わせ、新しい価値を生み出す方針を採用しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    JR東日本スタートアップ株式会社は、ベンチャー系の企業情報を効率的に取得することや、新規事業を展開する際のデータ活用に課題を感じていました。特に、未知の業界のベンチャー経営者との面会の際、十分な情報を持たずに対応することが多く、その結果、誤った情報や判断を受け入れるリスクが高まっていました。また、情報収集のスピードや精度にも限界を感じており、より迅速かつ正確な情報収集の手段を求めていました。

    導入前の課題に対する解決策

    JR東日本スタートアップ株式会社は、SPEEDAを導入することで、情報収集の課題を解決しようと考えました。SPEEDAをトライアルで使用した結果、面会の際の情報収集や確認が格段に効率的になることを実感しました。また、SPEEDAにはベンチャー企業や業界に関する詳細な情報が豊富に収録されており、これにより誤った投資判断を下すリスクを大幅に減少させることができました。このような経験を通じて、SPEEDAが持つ情報の質や量、そしてその活用方法の有効性を確認し、正式に導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、JR東日本スタートアップ株式会社は、面会の質が向上しました。以前は相手の言葉を信じるしかなかったが、現在はSPEEDAを活用してリアルタイムで情報を確認することができます。また、投資委員会での投資判断の際にも、SPEEDAの情報を基にした資料を活用して、より的確な判断を下すことができるようになりました。さらに、日常の業務においても、SPEEDAのニュース通知機能を利用して、関心のあるキーワードに関する最新情報を収集することができるようになりました。これにより、業界の最新トレンドや動向を迅速にキャッチアップすることが可能となり、業務の効率化や質の向上が実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • 知財を経営に役立てる上で必要となる、業界・競合情報の収集を効率化したい
    • UIが優れていて使いやすく、データを一瞬でビジュアル化できるSPEEDAを導入
    • データを一瞬で可視化出来るため、情報を深掘りするための時間が捻出可能になった
    • メンバーの世界観が広がって意識改革が進み、提案に自信が持てるようになった

    製品を導入することになった背景

    セイコーエプソン株式会社の知財企画管理部は、特許を大量に出す時代から、知財を活用する新しい時代に移行していると考えています。10年後や20年後の会社の方向性を描き、その戦略に従って知財を活用することが重要であるとの認識を持っています。知財部門に配属された時は、特許の分析と発明の支援が主な仕事で、年間10,000件の特許出願を目指していました。しかし、時代の変化とともに、特許出願の数は年間3,000件ほどに減少し、知財部門の役割も変わってきました。この変化の中で、欧米の企業が知財を経営戦略に活用していることに注目し、日本もその流れに追いつく必要があると感じました。そんな中、SPEEDAというツールに出会いました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    セイコーエプソン株式会社は、知財を経営に役立てるために業界や競合情報の収集を行っていました。しかし、特許情報だけでは全ての情報を説明することができず、企業の開発方針と特許の出願数の相関関係などを理解するためには、企業情報と特許情報の組み合わせが必要でした。このような情報収集と分析を効率的に行うためのツールが求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAを導入することで、企業情報と特許情報の組み合わせによる分析が容易になると考えました。SPEEDAをトライアルで使用した際、データのビジュアル化が迅速に行えることや、UIの使いやすさに感銘を受けました。また、SPEEDAはIPランドスケープという新しい取り組みにも適していると感じました。このツールを使用することで、企業情報と特許情報を組み合わせた分析が効率的に行えるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、セイコーエプソン株式会社の知財部門は、情報収集と分析の時間を大幅に短縮することができました。以前は、情報のビジュアル化に多くの時間を要していましたが、SPEEDAの導入後は、情報を迅速に取得し、分析することができるようになりました。また、SPEEDAを使用することで、情報の深掘りが可能となり、より具体的な提案や戦略の策定が行えるようになりました。これにより、知財部門の役割も「特許を出す仕事」から「戦略提案する仕事」へとシフトしてきました。
  • この導入事例のポイント
    • 事業戦略・仮説の構築に市場規模・業界プレイヤー・バリューチェーン等を広く調べたい
    • 情報収集の方法を、Google検索や本ではなくSPEEDAを活用するようにした
    • Googleの検索とに比べ、平均してリサーチ時間が約半分くらい効率化できている
    • 『業界レポート』は、中身が充実しており、信頼性の観点からも重宝している

    製品を導入することになった背景

    株式会社ジェネシア・ベンチャーズは、2016年に創業したベンチャーキャピタルで、アジアのシード・アーリーステージ投資に特化したファンドを運用しています。日本と東南アジアを中心に投資活動を行っており、アジアにおける大きな産業を創出するプラットフォームを目指しています。その中で、新しい産業創出に関わる様々なプレイヤーにとってのハブとなる存在を目指しているのです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    投資の初期検討段階で起業家の方から相談を受ける際、議論の前提となる情報が必要でした。市場規模やその業界にいるプレイヤー、上場している企業の株式時価総額などの情報を踏まえて、投資支援先でモニタリングすべきKPIを設定する必要がありました。しかし、これらの情報を効率的に収集する手段が不足していました。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAは、業務の中での情報収集・分析における課題を解決するプラットフォームとして導入されました。SPEEDAを利用することで、市場規模やその業界にいるプレイヤー、上場している企業の株式時価総額などの情報を迅速に取得することができるようになりました。また、SPEEDAの情報から分からない事は、カスタマーサポートを利用して詳細を調査することも可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、リサーチにかかる時間が約半分に効率化されました。特にマクロ情報はSPEEDAですぐにアクセスできるため、探すのにかかる時間が大幅に減少しました。また、SPEEDAの『業界レポート』は信頼性が高く、業界のネイチャーやバリューチェーンの分析が充実しているため、より深い情報にたどり着くことができるようになりました。これにより、投資判断や投資後の経営支援の材料として、より質の高い情報を活用することが可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 中小・中堅企業を担当することもあり、情報収集にかかる時間と情報の質が課題だった
    • お客様を深く分析し、精度の高いターゲットリストを作成するためにSPEEDAを活用
    • SPEEDAの業界レポートと企業情報により、顧客理解をスピーディにできるように
    • 営業前の調査時間が1社あたり2時間から30分程度に削減され、商談化率も向上した

    製品を導入することになった背景

    株式会社セールスフォース・ドットコムでは、CRMの導入が「もっとお客様のことを知ろう」という思いから始まりました。CRM導入には社内の組織改革も必要であり、大きな決断が必要なため、経営層にしっかりと訴求する必要があると感じていました。この背景から、お客様の状況を深く理解した提案が必要となり、そのための情報収集ツールとしてSPEEDAを導入することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    インサイドセールス部門では、お客様へのアプローチ時に、お客様の状況をしっかりと理解した上で行うように心がけていました。しかし、中小・中堅企業を担当しているため、webなどから得られる情報が限られており、情報収集にかかる時間と情報の質が課題となっていました。特に、1社あたりの調査に2時間ほどかかるという状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAの主な機能である『業界レポート』が特に注目されました。インサイドセールス部門では、この業界レポートやSPEEDAで得られる企業情報を基に、初回の提案イメージを組み立て、顧客へのアプローチを行うようになりました。また、外勤営業がお客様を訪問する際の資料にも、SPEEDAの情報が活用されるようになりました。このようにして、SPEEDAは情報収集の効率化と質の向上のための主要なツールとして導入されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、インサイドセールス部門は、お客様の状況を理解した上でのコミュニケーションがスムーズに行えるようになりました。特に、商談に繋がる案件化率が向上しました。また、以前は1社あたりの調査に2時間かかっていたものが、SPEEDAの導入により30分程度に短縮されるなど、業務の効率化が実現されました。さらに、SPEEDAのデータを活用することで、より精度の高いターゲットリストの作成や、提案の質の向上が図られるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • リサーチ業務が負担となり、高スキルのメンバーに業務が集まり進行が滞ることもあった
    • 圧倒的な利便性の高さと検索スピードの早さが決め手となり、SPEEDAを導入した
    • 時間的コストが削減できたことで、1人あたり担当できるリサーチ件数が約5倍に増えた

    製品を導入することになった背景

    NTT東日本株式会社は、情報の収集や分析に多くの時間を要していました。そのため、効率的な情報収集と分析のためのツールが求められていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    NTT東日本株式会社は、情報の収集や分析に関して、多くの時間と労力を費やしていました。特に、業界の動向や競合情報の収集には、多くのリソースが必要でした。

    導入前の課題に対する解決策

    効率的な情報収集と分析のためのツールを導入することで、業界の動向や競合情報の収集を迅速に行うことができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAを導入することで、NTT東日本株式会社は情報収集の効率が大幅に向上しました。また、業界の動向や競合情報の収集も迅速に行えるようになり、業務の質も向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 探索テーマが定まらないときでも、スピーディかつ手軽にリサーチを行いたい
    • SPEEDAのトレンドレポートで、話題の技術について動向・分析を話し合えるように
    • 質の高い情報によりビジネスアイデアが生まれ、ビジネス視点を持った技術開発が実現

    製品を導入することになった背景

    パナソニック コネクティッド ソリューションズ社は、業務の効率化を図るための情報収集を行っていました。その中で、業界のトレンドや競合情報の収集が非常に重要であると感じていました。しかし、従来の情報収集方法では、情報の取得に時間がかかり、また、情報の精度や最新性にも課題がありました。そこで、より効率的かつ正確な情報収集の方法を模索する中で、SPEEDAを知ることとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    パナソニック コネクティッド ソリューションズ社は、業界のトレンドや競合情報を迅速にキャッチアップすることが求められていました。しかし、従来の情報収集方法では、情報の取得に多くの時間を要し、その結果、最新の情報を迅速に取得することが難しくなっていました。また、情報の精度や信頼性にも疑問が持たれることがあり、情報の品質に対する不安が常に存在していました。

    導入前の課題に対する解決策

    パナソニック コネクティッド ソリューションズ社は、情報収集の効率化と情報の品質向上を目指して、SPEEDAの導入を検討しました。SPEEDAは、多くの企業が信頼する情報収集ツールであり、業界のトレンドや競合情報を迅速かつ正確に取得することができるという評価を受けていました。そのため、SPEEDAを導入することで、情報収集の時間を大幅に短縮し、情報の品質も向上すると期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、パナソニック コネクティッド ソリューションズ社は、業界のトレンドや競合情報を迅速に取得することが可能となりました。また、情報の精度や信頼性も大幅に向上し、業務の効率化が実現されました。具体的には、情報収集の時間が大幅に短縮され、情報の品質に対する不安も解消されました。これにより、企業の意思決定を迅速かつ正確に行うことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • リサーチ業務はGoogle検索に頼っており、非効率的で多くの時間が取られていた
    • SPEEDAの業界やトレンドの情報を、新規事業のアイデア創出に活用するようにした
    • 業界情報・企業情報がワンストップで取得でき、情報収集や資料作成を効率化できた

    製品を導入することになった背景

    株式会社ポニーキャニオンの林様は、前職時代からSPEEDAやNewsPicksについて知っており、現在の経営企画部へ転職した際に、同じチームの檀原様にSPEEDAの存在を紹介しました。檀原様が経営陣への提案資料をまとめる際に多くのデータを調査していたため、SPEEDAがあれば効率的に情報収集ができると感じ、導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ポニーキャニオンは、デジタルトランスフォーメーションが進む中で、CDやDVDといったパッケージビジネスの市場が縮小しているという課題を抱えていました。一方、音楽業界全体の売上は増加しており、デジタル化に対応したナレッジやノウハウの蓄積、そして組織体制の転換が求められていました。また、新しいビジネス領域の創出も課題として挙げられています。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAを導入することで、株式会社ポニーキャニオンはリサーチ業務の効率化を図ることができました。特に、M&Aや協業の際の企業情報の調査が容易になり、業界の構造や企業の位置づけなどの情報を体系的に取得することができるようになりました。また、SPEEDAのトレンドレポートやテーマレポートを活用することで、新規事業のアイデア創出や情報収集の効率化が実現されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、株式会社ポニーキャニオンの檀原様は、投資関係の会議などで迅速に企業情報を提供することができるようになりました。具体的には、売上推移や株主構成などの情報をすぐに取得し、会議の効率化を図ることができるようになりました。また、新規事業の立案においても、SPEEDAの情報収集機能を活用することで、効果的な会議運営や新しいビジネスアイデアの創出が可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 資料作成や情報収集のため、時間がかかり過ぎていることがネックになっていた
    • SPEEDAを活用し、大量保有報告書や特定の機関投資家に関するニュースを自動配信
    • 情報収集にかかる時間と手間を大幅に削減でき、他の業務に集中できるようになった
    • 取引先を含めたステークホルダーの動向を、いち早く知ることが可能となった

    製品を導入することになった背景

    2020年に創業60周年を迎えた株式会社サンリオは、国内外でキャラクタービジネスやギフト商品の展開、自社店舗やテーマパーク事業などを手掛けています。特に2020年は、株式会社サンリオの歴史において初めての社長交代という大きな変化がありました。新しいリーダーシップのもと、サンリオはキャラクターだけでなく、グローバルなエンターテイメント企業へと変革を目指しています。このような背景の中、企業の成長と変革を支えるための情報収集や分析が非常に重要となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社サンリオのIR部門は、個人投資家や機関投資家に対して、企業の無形資産の価値を伝える役割を果たしています。特に、大手機関投資家の動向の把握は重要なミッションとなっており、株価の推移や競合他社の動向について常に注視していました。しかし、情報収集の方法は従来のものであり、各企業のウェブサイトを一つひとつ確認するなど、非常に時間がかかる作業となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    情報収集の効率化を図るため、SPEEDAという経済情報プラットフォームを導入することとなりました。SPEEDAは、株価や開示資料のチェック、大量保有報告書のニュース配信など、多岐にわたる情報を提供してくれるツールです。特に、SPEEDAの「有報・適時開示検索」機能を活用することで、大量保有報告書の情報を迅速に取得することができるようになりました。また、競合企業の動向やアクティビストの情報も簡単にチェックすることができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、株式会社サンリオの情報収集業務は大幅に効率化されました。従来は一つひとつのウェブサイトを確認していた作業が、SPEEDAを使用することで一気に簡略化され、情報収集にかかる時間と手間が大幅に削減されました。また、SPEEDAの自動配信機能を活用することで、関連ニュースが日付順に一覧で表示されるため、業界の動向を迅速に把握することができるようになりました。これにより、株式会社サンリオは、変化の激しい時代においても、迅速かつ正確な情報収集を行い、企業の成長と変革を支えることができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • マーケティング・プロモーション等も含めた総合力で勝負する方向にシフトチェンジ
    • 新規事業創造プロセスでもSPEEDAを活用し、マーケットニーズの拡大を狙った
    • 情報収集スピードが更に速くなり、知らない世界に触れ、視野を広げることができている

    製品を導入することになった背景

    TIS株式会社は、グループビジョン2026の達成に向けて事業構造転換を進めています。この転換の中で、社員の意識改革が非常に重要となってきました。特に、社会や市場の潮流から課題を読み取り、仮説提案に落とし込む能力を持つ人財の育成が必要とされています。このような人財を「Mover」と称し、経営層を含めてこの言葉を繰り返し使い、社内での浸透を図っています。この背景から、外部の力を取り入れるための新しいツールや情報の導入が求められ、SPEEDAの導入が検討されることとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    TIS株式会社は、AIの発展やクラウド型のSaaSの増加を背景に、SIerビジネスが縮小する可能性を予見していました。従来の営業スタイルは、お客様との1対1の関係性を重視していましたが、新しいビジネスモデルの展開に伴い、1対多の関係性が求められるようになりました。この変化に対応するためには、仮説をもとに迅速に提案できる営業スタイルへの転換が必要であり、そのための情報収集や分析ツールが不足していました。

    導入前の課題に対する解決策

    TIS株式会社は、外部の情報にも敏感になり、新しい情報を迅速に取り入れることを重視しました。このニーズに応えるために、SPEEDAが選ばれました。SPEEDAは、ビジネス情報を幅広く網羅しており、未知の情報にもアクセスすることが可能です。特に、技術トレンドに関する情報や他社の取り組み事例を確認することができる点が評価されました。また、SPEEDAのニュース機能やトレンド機能を活用することで、最新の技術動向やビジネスモデルの変革に関する情報を迅速に取得することができると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、TIS株式会社は新しい情報を迅速に取得し、ビジネスの提案や戦略策定に活用することができるようになりました。特に、技術トレンドや他社の取り組み事例を確認することで、新しいビジネスモデルの検討や事業戦略の策定が迅速に行えるようになりました。また、SPEEDAの企業リストアップ機能や特定企業のニュース検索機能を活用することで、マーケティングやプロモーションの戦略も効果的に策定することができるようになりました。これにより、TIS株式会社は市場の変化に迅速に対応し、競争力を高めることができました。
  • この導入事例のポイント
    • リサーチ業務に時間が取られ、経験の差がスキルの差に直結していることが課題だった
    • UIがシンプルで、幅広い年齢層の社員が利用できる「SPEEDA」を導入した
    • リサーチ業務が圧倒的に早くなったので、顧客の安心と信頼につながっている
    • 空いた時間を優先度が高い業務に回せるようになり、社内の生産性が向上した

    製品を導入することになった背景

    東京エグゼクティブ・サーチ株式会社の担当者によれば、SPEEDAを知ったのは「周囲からの口コミ」でした。自社のコンサルタントが前職でSPEEDAを利用していたり、導入している顧客から「SPEEDAはリサーチや分析に便利」というお話を聞いたりしていました。これらの情報を基に、SPEEDAが同社の課題を解決してくれる可能性を感じ、トライアルを申し込むことを決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    東京エグゼクティブ・サーチ株式会社が抱えていた課題は、「マーケットリサーチや業界動向等の調査業務に時間が取られること」と「経験の差がスキルの差に直結してしまうこと」の2つでした。特に、顧客の意向に合わせた情報を得るためには、インターネットや自社のデータベースだけでなく、調査会社を活用する必要もあったため、調査時間の短縮が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    東京エグゼクティブ・サーチ株式会社は、SPEEDAの「情報の質」と「年齢を問わず利用しやすいUI」を特に重視しました。情報の質に関しては、顧客の求める情報やトレンドワードの検索が可能であり、業界の最新ニュースやトレンドを迅速に知ることができる点が魅力的でした。また、年齢層が異なるコンサルタントが利用するため、どの年齢層でも利用しやすいUIが必要でした。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入後、東京エグゼクティブ・サーチ株式会社の業務は圧倒的に速くなりました。コンサルタントからは「これまで1ヶ月かかっていた調査業務が3週間に短縮できた」といった声が寄せられています。また、SPEEDAの情報量の増加により、若手のコンサルタントも経験の少なさをカバーできるようになりました。この結果、業務にかかるステップが1段階減少し、生産性が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 事業部と知財部での情報格差により相互理解が困難であり、目線を合わせる必要があった
    • 「SPEEDA」を導入し、事前リサーチや市場ファクトチェックに活用するようにした
    • 知財人材の重要スキルである、質問力や課題設定力・シナリオ構築力のレベルが向上した

    製品を導入することになった背景

    朝日化成株式会社は、情報収集の効率化と情報の質の向上を目指しておりました。そのため、情報収集の手間を削減し、より高品質な情報を迅速に取得するための方法を模索していました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    朝日化成株式会社は、情報収集の際に多くの時間を費やしていました。特に、国内外の企業情報を取得する際には、多くの情報源を一つ一つ手動でチェックする必要があり、その結果として情報収集の効率が低下していました。

    導入前の課題に対する解決策

    朝日化成株式会社は、SPEEDAを導入することで、情報収集の効率を大幅に向上させることができました。SPEEDAは、国内外の企業情報を一元的に取得することができるため、情報収集の手間が大幅に削減されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、朝日化成株式会社の情報収集業務は劇的に効率化されました。従来の手間のかかる情報収集作業から解放され、迅速かつ正確な情報を取得することができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客が属する業界特有の課題や経営課題を理解・解決して、企業価値の向上に貢献したい
    • SPEEDA導入により、業界概要・動向リサーチを一瞬で実現できるようにした
    • 正しくかつ適切な情報を整理された情報源から選べるため、顧客への提案の質が向上した
    • マーケティング活動においても、スピード感をもった仮説検証が可能になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社三菱UFJ銀行のコーポレート情報営業部では、お客様の企業価値向上を目指して活動しています。その中で、資本戦略や事業戦略に関する専門的なアドバイスを提供し、M&Aやコンサルティングなどの提案を行うことが求められています。このような背景の中で、迅速かつ正確な情報収集と分析が不可欠となり、そのためのツールとしてSPEEDAの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社三菱UFJ銀行の業務では、お客様の業界環境や競合他社の状況を分析し、お客様の強みや弱みを明確にすることが求められていました。しかし、従来の方法では情報収集に多くの時間がかかり、またその情報の信頼性や正確性にも課題がありました。特に、業界特有の課題やお客様の経営課題を正確に把握し、それに基づいた提案を行うための情報が十分でなかったことが大きな課題でした。

    導入前の課題に対する解決策

    上記の課題を解決するために、SPEEDAが提供する情報収集と分析のプラットフォームを導入することが検討されました。SPEEDAは、公表されているデータを一元化して提供し、データへのアクセススピードが非常に速いという特長があります。また、SPEEDAを使用することで、資料の信頼性も担保され、利益率や売上増加率などの指標を簡単にグラフ化することができるため、お客様に伝えたい情報を効率的にピックアップすることが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、株式会社三菱UFJ銀行の業務効率が大幅に向上しました。情報収集の際には、メンバー全員がSPEEDAを利用するようになり、情報の取得時間が大幅に短縮されました。また、SPEEDAのデータを使用することで、提案資料の信頼性が向上し、お客様にとってもメッセージが分かりやすくなりました。さらに、SPEEDAを活用することで、客観的なデータを基にした具体的な議論が可能となり、提案の質が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 研究開発において、暗黙知と形式知が相互に関係しながら発展する体制を構築したい
    • 暗黙知に頼らないイノベーションの構築のため、「SPEEDA」を導入した
    • 未来予想図となるロードマップを描く、IPランドスケープができるようになった
    • 調査力が高まったことで、翻訳の制度が高まり、提案力の向上にも繋がっている

    製品を導入することになった背景

    日東電工株式会社は、情報収集の効率化と情報の質の向上を目指しておりました。そのため、業界の情報を網羅的に収集し、迅速に情報を取得できるツールの導入を検討していました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    日東電工株式会社は、業界の情報収集に多くの時間を要しており、また、情報の質にも課題がありました。特に、情報の更新頻度や情報の正確性についての懸念が存在していました。

    導入前の課題に対する解決策

    日東電工株式会社は、SPEEDAを導入することで、業界の情報収集の効率を大幅に向上させるとともに、情報の質も高めることができると判断しました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、日東電工株式会社は情報収集の時間を大幅に削減することができました。また、情報の更新頻度や正確性も向上し、より質の高い情報を迅速に取得することが可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客の抱える課題やビジネス環境に対し、迅速かつ網羅的な初期リサーチを行いたい
    • アプローチ企業の情報や最新の業界動向を探るため、SPEEDAを活用するようにした
    • 情報収集の初動におけるリードタイムを、数日間から数時間へと大幅に短縮できた
    • 多様な知見と専門的な経験を持つ有識者から多面的に情報を得て、情報の俯瞰が可能に

    製品を導入することになった背景

    アクセンチュア株式会社は、2013年にデジタル専門組織を立ち上げ、デジタル戦略に注力してきました。2015年にはデジタル関連のプロジェクトが5%にも満たなかったものが、現在では70%を超えるまでに成長しました。2020年2月にはデジタル専門組織を発展的に解消し、全組織にデジタルのケイパビリティを組み込む方針を採用しました。この背景には、デジタルを前提としたビジネスの普及があり、アクセンチュア株式会社はその流れに対応するための組織変革を進めてきました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    アクセンチュア株式会社は、新しいプロジェクトを開始する際、情報収集の初動においてリードタイムが長く、数日間かかることが課題となっていました。特に、業界や特定のテーマ、企業に関する情報が体系的にまとまっていなかったため、情報収集に多くの時間と労力が必要でした。また、情報量が多く、内容が専門的であるため、得られた情報を深く理解するのにも苦労していました。

    導入前の課題に対する解決策

    アクセンチュア株式会社は、情報収集の効率化と質の向上を目指して、SPEEDAを導入することを決定しました。SPEEDAは、業種別、セグメント別、企業別などにわかりやすく情報がまとまっており、初期調査のスピードと質が向上する点が評価されました。また、FLASH Opinionを利用することで、多様な知見と専門的な経験を持つ有識者からの情報を迅速に収集することが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、情報収集の初動におけるリードタイムを大幅に短縮することができ、初期調査が数時間で終えられるようになりました。また、FLASH Opinionの導入により、インタビューを実施する際の時間的コストが3分の1に短縮され、情報を俯瞰できるようになったことで、情報収集の解像度が格段に向上しました。これにより、アクセンチュア株式会社はお客様の業界や課題に対する理解を深め、より的確な提案や戦略を構築することができるようになりました。導入後、業務の効率化だけでなく、質の向上も実感され、プロジェクトの成功率が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • デスクリサーチにかかる時間/作業コストを削減し、本質的な業務に使う時間をとりたい
    • デスクリサーチの効率化と工数削減を目指し、『SPEEDA』を導入することにした
    • デスクリサーチの時間を大幅に削減、インフォグラフィックやビジュアルで議論が活性化
    • 調査の効率化が実現し、クリエイティビティやオリジナリティを発揮することが可能に

    製品を導入することになった背景

    ソニー株式会社は、業界の変化とともに、新しいビジネスモデルの探求と事業の拡大を目指していました。その中で、情報収集の効率化と情報の質の向上が必要とされ、SPEEDAを導入することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ソニー株式会社は、多岐にわたる情報を迅速に収集し、それを基に適切な判断を下すことが求められていました。しかし、情報の収集に多くの時間を要し、その結果、迅速な意思決定が難しくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAの導入を検討する中で、ソニー株式会社は情報の一元化と効率的な情報収集の方法を模索していました。SPEEDAは、多岐にわたる情報を一元的に収集・整理することができるため、これにより情報収集の効率化が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、ソニー株式会社は情報収集の時間を大幅に削減することができました。また、情報の質も向上し、迅速かつ適切な意思決定を行うことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • イグジットプランを考える際、情報を集めるだけで膨大な手間と時間がかかっていた
    • デューデリジェンスやイグジットプラン策定時の市場分析などに「SPEEDA」を活用
    • 投資先のバリューアップやテクノロジーの吟味に、多くの時間をかけられるようになった

    製品を導入することになった背景

    デジタルガレージグループと大和証券グループが合弁で設立したベンチャーキャピタル、株式会社 DG Daiwa Venturesは、ブロックチェーン、xR、AI、セキュリティ、バイオヘルスという5つの最先端領域に投資を行っています。近年、ベンチャーキャピタルとしての資金面でのサポートだけでは、スタートアップからの注目を集めることが難しくなってきました。この背景から、スタートアップの技術やプロダクトを通じて、どのようなビジネスを展開できるか、市場をどのように開拓していくかという視点での共有が必要となりました。そのため、情報収集やリサーチの効率化が求められ、SPEEDAの導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社 DG Daiwa Venturesは、最先端の技術分野であるブロックチェーン、xR、AI、セキュリティ、バイオヘルスの領域に投資を行っているため、これらの分野でのビジネスモデルやサービスの成立とスケール化が非常に難しい課題となっていました。また、新しいキーワードや市場動向に関する専門的なデータへのアクセスが難しく、情報収集に多くの手間と時間がかかっていました。特に、イグジットプランを考える際の買収候補やバリュエーションのリサーチが困難であり、効率的なリサーチツールの必要性が高まっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    上田様は、長年SPEEDAを利用してリサーチ業務を進めてきた経験から、SPEEDAの情報収集能力の高さを評価していました。SPEEDAは、業界ごとに整理されたサマリーや最新のマーケット情報を提供しており、特に「エイジテック」や「AI画像診断」などの専門的なキーワードに関する情報も網羅している点が評価されました。このような背景から、株式会社 DG Daiwa Venturesは、SPEEDAを導入することで、情報収集の効率化とリサーチの精度向上を図ることを決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、情報収集にかかる時間が大幅に短縮され、より多くの時間を投資候補先のソーシングやデューデリジェンスに充てることができるようになりました。岩永様は、SPEEDAの情報力により、客観的かつフラットな情報収集が可能となり、投資候補先の選定がより冷静に行えるようになったと実感しています。また、上田様は、デューデリジェンスにおいて市場・競合リサーチやイグジットプランの精緻化など、多岐にわたる業務でSPEEDAを活用しており、その効果を実感しています。
  • この導入事例のポイント
    • 情報収集だけで半日を費やす等、リサーチに多大な時間と手間がかかっていた
    • リサーチ業務にSPEEDAの業界レポートや、中国語版SPEEDAを活用するように
    • ボタンひとつでレポート作成が可能となり、リサーチ時間を20分の1まで削減できた
    • 調達戦略を練る時間を確保できたので、結果として業務の質と効率が大きく変化した

    製品を導入することになった背景

    パナソニック株式会社の調達業務は、7カンパニー、34の事業部で使用する部品・原材料の調達が主なミッションとなっています。特に原材料機構集中センターでは、年間1.3兆円の調達を行っており、取引先との「共存共栄」の精神を大切にしています。しかし、情報収集の手段として、多大な時間と手間がかかっていたため、効率的な情報収集ツールの導入が求められていました。この背景から、SPEEDAの導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    パナソニック株式会社の主力製品である白物家電業界では、中国の巨大家電メーカーがシェアを伸ばしており、調達の現場でも競合が増えていました。また、欧米の半導体メーカーを中心にサプライヤーがM&Aによって規模を拡大しており、交渉力が増していました。これにより、必要な部品や原材料を効率的に調達するための新しい戦略が必要でした。さらに、情報収集に関しても、新規サプライヤーの情報や市場動向などをインターネットで調べることが多く、リサーチに多くの時間がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    情報収集の課題を解決するために、SPEEDAの導入を検討しました。SPEEDAは、業界レポートや企業情報など、多岐にわたる情報を提供しており、リサーチ時間を大幅に削減することができると期待されました。また、SPEEDAのセールス担当者からのプレゼンとデモを受けたことで、その利用イメージが湧き、導入を決定しました。SPEEDAの業界レポートや企業情報などの機能を活用することで、調達戦略の策定や市場動向の把握が効率的に行えるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入後、リサーチ時間が20分の1に削減され、戦略策定に注力することができるようになりました。特に半導体を担当するチームは、市場環境・部品環境・グローバルシェアのリサーチ時間を大幅に短縮できました。これにより、部品の品質や調達戦略を十分に考える時間を確保することができ、仕事の質と効率が大きく向上しました。また、SPEEDAを活用することで、市場の変化や現状を迅速に把握し、交渉や提案に活用することができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 経営改革として執行部門のアウトプットを高め、経営の意思決定スピードを速めるため
    • 情報収集やデータ分析を強化する一つの手段として、SPEEDAの導入を決定
    • 的確な情報をスピーディに得られるため、数日で意思決定につなげられることが可能に

    製品を導入することになった背景

    アサヒビール株式会社は、飲酒人口の減少が進む中、生き残るための変革を決意しました。2030年頃には市場が大きく縮小するとの予想のもと、新たな市場を創出する企業としての変革が必要となりました。この背景から、Value経営という経営方針を推進し、お客さまの期待を超える商品やサービスの提供、そして新しい価値やサステナビリティへの投資を目指す方針が打ち出されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    アサヒビール株式会社の経営企画部は、経営と執行部門の間に位置し、意思決定のスピードを速める役割を担っていました。しかし、従来の情報収集方法では、時間がかかり、効率的でないという課題がありました。特に、市場の販売データなどを深く掘り下げて分析するアプローチでは、新しい価値創造を目指すValue経営の視野を広げるための情報収集が難しくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    アサヒビール株式会社は、意思決定のスピードを上げるために、迅速に定量的な情報を取得できるプラットフォームとしてSPEEDAを、また定性的な意見を得るための仕組みとしてFLASH Opinionを導入することを決定しました。これにより、従来の情報収集方法に比べて時間を大幅に短縮することができるようになりました。また、SPEEDAのニュース機能を活用することで、業界の最新情報や他業界の情報を迅速に取得することが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAやFLASH Opinionの導入後、アサヒビール株式会社の経営企画部は、情報収集の時間を大幅に短縮することができるようになりました。特にFLASH Opinionを活用することで、1人の有識者に意見を求めるための時間を100分の1に短縮し、10人の意見を迅速に取得することができるようになりました。また、SPEEDAを使用することで、求めている情報を迅速かつ的確に取得することができるようになり、経営企画部の業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 事業環境の変化により、より深いレベルでの企業理解と情報提供の質が求められるように
    • 求人獲得と面談準備で、SPEEDAのターゲットリスト機能や業界レポート機能を活用
    • 書類通過率と成約率が共に1.5倍〜2倍に伸びて、過去最高の数値を達成できた
    • 売上拡大をしながらも従業員の労働時間を1割程削減でき、離職率も低下した
  • この導入事例のポイント
    • 外部環境や他社動向を幅広くかつスピーディに情報収集できるサービスを探していた
    • 競合動向の調査や海外の出資先の競合比較などに、SPEEDAを活用するようにした
    • 丸2日以上かかっていた財務データの調査が、たったの1時間で完結できるようになった

    製品を導入することになった背景

    大同特殊鋼株式会社は、情報収集のための時間を短縮し、より迅速な意思決定を実現するために、SPEEDAを導入することを決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    大同特殊鋼株式会社は、情報収集の際に多くの時間を費やしていました。また、情報の精度やタイムリーさに課題を感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAは、情報収集の効率化や情報の精度向上を実現するためのツールとして選択されました。この製品の導入により、情報収集の時間を大幅に短縮することが期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、大同特殊鋼株式会社は情報収集の時間を大幅に削減し、迅速な意思決定をサポートすることができました。また、情報の精度やタイムリーさも向上し、ビジネスの効率化が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 調査ツールを強化し、調査を行う各個人の蓄積したノウハウを効果的に共有していきたい
    • SPEEDAを導入し、ニュースの検索機能と業界レポートを活用するように
    • 情報が深掘りでき仮説検証と調査分析のサイクルが体感的に速まり、仕事の質が高まった

    製品を導入することになった背景

    京セラ株式会社は、情報収集の効率化と情報の質の向上を求めていました。そのため、SPEEDAを導入することを決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    京セラ株式会社は、情報収集の際に多くの時間を費やしていました。また、情報の質にも課題があり、正確で最新の情報を迅速に取得することが難しい状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    SPEEDAは、情報収集の効率化と情報の質の向上を実現するためのツールとして選ばれました。このツールは、最新の情報を迅速に提供し、情報収集の時間を大幅に削減することができます。

    製品の導入により改善した業務

    SPEEDAの導入により、京セラ株式会社は情報収集の時間を大幅に短縮することができました。また、情報の質も向上し、より正確で最新の情報を迅速に取得することが可能となりました。
  • よく比較されている
    「企業データベース」の製品:14件

    14件中 1~4件表示

    企業データベース SFA

    株式会社ハンモックのホットアプローチは、狙った企業に営業ができるフォーム営業ツールです。フォーム営業とは、企業のホームページなどにある「お問い合わせ窓口」へ、営業アプローチを実施するデジタル営業手法のことです。 まだ取引をしていない企業の担当部門に情報をお届けできます。「ビジネス情報」を選ぶだけで企業選定ができ、送信する文面を決めて、各企業のお問い合わせ窓口に一斉送信できます。送信文面に含めたURLへのアクセスから「どのページを」「どれくらい」閲覧しているか分かるため、アプローチ先に対して優先順位をつけた攻めの営業が可能になります。

    製品のおすすめポイント

    • 470万社以上の「企業データべース」を活用、アプローチリストを簡単作成
    • アプローチ先へ営業したい内容を 雛形から選び、送信文面を作成
    • 各企業のお問い合わせ窓口に一斉に送信 経営者や責任者に情報が届く
    • 「反応があった」企業へアプローチ
    運営企業情報 株式会社ハンモック
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 企業データベース 営業リスト作成 MAツール連携 CRM・SFA連携 リストからメール配信可 メール配信 ABMツール 国内メーカー 潜在顧客企業リストアップ ターゲットリスト作成 SFA 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    名刺管理ソフト 企業データベース

    Sansan株式会社の営業DXサービスSansanは、シェアNo.1で82*%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されています。業種や従業員規模、売上高、役職者情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点がある・ないに関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。さらに、Sansanに取り込んだデータを外部システムと連携・統合することで、企業ガバナンスの強化といった営業やマーケティング以外の目的でのデータ活用も後押しします。
    * 出典:営業支援DXにおける名刺管理サービスの最新動向2023 (2022年12月 シード・プランニング調査)

    製品のおすすめポイント

    • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
    • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
    • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理
    運営企業情報 Sansan株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 人物データベース 顧客分析 API自動連携 マーケティングタグ リストからメール配信可 ニュース配信 名刺管理 名寄せ機能 専用スキャナー取込 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 ニュース通知 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年間
    よく導入している業種 ビジネスサービス 公共機関・非営利団体 不動産
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 301名-1,000名 不明

    ABMツール 企業データベース

    スタティスタジャパン株式会社のStatistaは、150以上の国と170の業界をカバーし、登録ユーザー数250万人、統計データ数は100万件を超える統計調査データプラットフォームです。2万件以上の信頼できる情報ソースから提供される統計データは、企業がビジネスをするにあたって必要不可欠である競合調査や消費者調査、世界や業界のトレンド把握などにも大きく役立てられます。また、市場予測やStatista独自のマーケット予測も行われています。

    製品のおすすめポイント

    • トピックページによってビジネスに役立つ最新情報を把握できる
    • Statista独自のマーケティング予測で主要業界の未来を展望できる
    • 重要な指標を備えたデータベースにより手軽な競合調査が可能に
    運営企業情報 スタティスタ・ジャパン株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 市場予測 潜在顧客企業リストアップ 消費者調査 マーケット予測 業界・市場調査 AI分析 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    企業データベース

    株式会社日本経済新聞社の日経テレコンは、過去40年分の新聞・雑誌記事を中心に、国内外の企業データベース、人物プロフィルなど、幅広いビジネス情報を収録した日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービスです。戦略立案、業界分析、M&A、競合比較、リスク管理、海外進出など情報を必要とするすべての人々にとって欠かせないビジネスツールとなります。業界や部署によって異なる多様なビジネス課題を解決します。

    製品のおすすめポイント

    • 情報収集・調査ツールのスタンダード
    • 500を超える情報源をワンストップで検索
    • 日経グループが取材・調査した独自情報
    運営企業情報 株式会社日本経済新聞社
    ソフト種別 なし 
    基本的な機能 名寄せ機能 倒産予測値 人物データベース 企業信用調査 業界・市場調査 リストからメール配信可 ニュース配信 
    推奨環境 なし 
    サポート 電話 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる