Menu
Close

SPEEDAの導入事例

顧客満足度を高めたい 市場・顧客分析したい 業務・情報を可視化したい 採用力を強化したい

「人材紹介サービスにおける重要な介在価値、『スピード』と『品質』。それを両立させてくれる手段がSPEEDAです。」

※出典:株式会社インターワークス | 経済情報プラットフォームSPEEDA

最終更新日: 2023/05/10

この導入事例のポイント

  • 事業環境の変化により、より深いレベルでの企業理解と情報提供の質が求められるように
  • 求人獲得と面談準備で、SPEEDAのターゲットリスト機能や業界レポート機能を活用
  • 書類通過率と成約率が共に1.5倍〜2倍に伸びて、過去最高の数値を達成できた
  • 売上拡大をしながらも従業員の労働時間を1割程削減でき、離職率も低下した

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

企業データベース

株式会社ユーザベースのSPEEDAは、経営の意思決定を支える560業界の市場データやレポートを格納した、クラウドの企業データベースです。日本の上場企業約4,000社などの主要なデータをはじめ、日本・アジアの未上場企業約950万社や3,000部以上の国別業界レポートなど、幅広い情報をカバーしています。5GやAIなどといった最新テクノロジー・ビジネスについてまとめた約100以上のトレンドレポートも収録しており、様々な角度の有益な情報を得ることができます。

製品のおすすめポイント

  • 経済情報のプラットフォームとして圧倒的な情報量を持つ
  • 競合社や顧客候補、M&A先も比較検討できる
  • 調査・分析や導入に対する手厚いサポートが受けられる
運営企業情報 株式会社ユーザベース
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 企業信用調査 顧客分析 業界・市場調査
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 金融 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 1,001名以上 301名-1,000名 51名-100名

導入前に知っておきたい基礎知識

「企業データベース」とは

企業データベースとは、企業の会社名や従業員数だけでなく業務内容や業績、主な取引先や倒産リスクまで様々な企業に関する情報をデーターベースにしたものです。主にBtoBの営業として、営業リストの作成や広告のターゲティング設定などに用いられ、様々な情報から自動抽出することもできるため、手間を省きながら精度の高い営業リストを作成することができます。
また、与信管理やリスク調査、さらにはMAツールやSFAツールなどと連携してそのまま営業活動を行うなどといった活用方法もあります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

SPEEDA

株式会社ユーザベース

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 経済情報のプラットフォームとして圧倒的な情報量を持つ
  • 競合社や顧客候補、M&A先も比較検討できる
  • 調査・分析や導入に対する手厚いサポートが受けられる

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「企業データベース」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる