Menu
Close

文書管理システムの導入に補助金は使える?申請の流れや注意点を解説

目次

文書管理システムの導入を検討しているものの、コストが高くて躊躇している経営者は多いのではないでしょうか。実は、補助金を活用することで、導入費用の負担を軽減できる可能性があります。

本記事では、文書管理システム導入に補助金が使える制度や、申請の流れ、注意点などを解説します。補助金を賢く活用し、スムーズにシステム導入を進めましょう。

文書管理システムの必要性とは?

昨今、企業における文書の電子化が急速に進んでおり、膨大な量の電子文書を効率的に管理することが不可欠です。従来の紙ベースの文書管理では、検索や共有に時間がかかり、生産性の低下を招く恐れがあります。また、文書の紛失や情報漏洩のリスクも高くなってしまいますね。

これらの課題を解決し、業務の効率化とセキュリティ強化を実現するために、文書管理システムの導入が不可欠となっているのです。

企業における文書管理の課題

企業における文書管理には、さまざまな課題が存在します。

まず、文書の検索や共有に時間がかかることです。紙文書の場合、目的の文書を探すために多くの時間を費やす必要があり、業務の効率化を阻害します。また、文書の複製や共有も容易ではありません。

さらに、紙文書は劣化や紛失のリスクがあり、重要な情報を失う可能性もありますよね。加えて、文書の保管スペースの確保も課題となります。これらの問題を解決するには、電子化された文書管理システムの導入が有効です。

コスト削減等の文書管理システムの利点

文書管理システムを導入することで、さまざまな利点が得られます。

まず、文書の検索や共有が容易になり、業務の効率化が可能です。必要な文書をすぐに見つけることができ、社員間での情報共有もスムーズに行えるようになります。また、紙の使用量が減ることで、印刷コストや保管スペースのコストを削減できます。加えて、文書の電子化により、バックアップの作成が簡単になり、災害時のデータ損失リスクを軽減できるでしょう。

これらの利点により、企業の生産性向上とコスト削減を実現できるでしょう。

法令遵守とリスク管理

文書管理システムは、法令遵守とリスク管理の面でも重要な役割を果たします。企業には、法律で定められた文書の保管期間があり、適切に管理する必要があります。文書管理システムを用いることで、保管期間の設定や管理が容易になり、法令違反のリスクを低減可能です。

また、機密情報を含む文書の取り扱いにも注意が必要です。アクセス制限や暗号化などのセキュリティ機能を備えた文書管理システムを導入することで、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることが可能となります。法令遵守とリスク管理は企業経営において欠かせない要素であり、文書管理システムはその実現に貢献するのです。

文書管理システムの機能と選び方

本章では、文書管理システムの主要な機能と、システム選定の際に考慮すべきポイントについて解説します。

文書管理システムには、検索、保存、共有、セキュリティなどの基本機能が備わっています。また、業務に合わせてカスタマイズできる柔軟性も重要です。システムの使いやすさも選定の際の判断材料となります。これらの点を総合的に評価し、自社に最適なシステムを選ぶことが必要でしょう。

  • 基本機能(検索、保存、共有、セキュリティなど)
  • カスタマイズ性と拡張性
  • 使いやすさ
  • 選定ポイント

基本機能(検索、保存、共有、セキュリティなど)

文書管理システムには、さまざまな基本機能が搭載されています。

まず、文書の検索機能は必須です。キーワードや条件を指定して目的の文書をすばやく見つけられるようにすることが重要となります。また、文書の保存機能も欠かせません。バージョン管理や履歴管理により、文書の変更を追跡できるようにすると良いでしょう。

文書の共有機能も業務効率化に役立ちます。権限設定により、適切な範囲で文書を共有できるようにすることが大切です。さらに、セキュリティ機能も重視すべきポイントです。アクセス制限やログ管理などにより、機密情報の保護を徹底することが求められます。

文書管理システムのより詳しい機能の紹介や導入メリットを解説した記事はこちら

カスタマイズ性と拡張性

文書管理システムは、業務に合わせてカスタマイズできる柔軟性が重要です。文書のワークフローや承認プロセスは企業によって異なるため、自社の業務に適した設定ができるようにすることが求められます。また、将来的な業務の変化や拡大に対応できる拡張性も考慮すべきでしょう。

APIやプラグインによる外部システムとの連携が可能なシステムを選ぶことで、長期的な利用に耐えうるシステムを導入できます。カスタマイズ性と拡張性の高いシステムを選ぶことが、業務の効率化とシステムの持続的な活用につながるのです。

使いやすさ

文書管理システムの使いやすさは、ユーザーの満足度と業務効率に直結します。直感的でわかりやすいユーザーインターフェースを備えたシステムを選ぶことが重要です。複雑な操作を要するシステムでは、ユーザーの習熟に時間がかかり、業務の効率化を妨げる恐れがあります。

また、モバイルデバイスへの対応も考慮すべきでしょう。スマートフォンやタブレットから文書にアクセスできるようにすることで、場所を問わずに業務を遂行することが可能となります。使いやすさを重視してシステムを選定することが、円滑な導入と業務の効率化につながります。

選定ポイント

文書管理システムを選定する際は、自社の業務内容や規模、予算などを総合的に考慮することが重要です。

まず、基本機能が自社の要件を満たしているかを確認しましょう。また、カスタマイズ性や拡張性の高さも重視すべきポイントです。使いやすさについては、実際にデモを体験するなどして、ユーザー目線で評価することをおすすめします。

加えて、導入コストだけでなく、運用・保守コストも考慮に入れる必要があります。ベンダーのサポート体制の充実度も見逃せない点です。これらの選定ポイントを踏まえて、自社に最適なシステムを選ぶことが必要です。

補助金の種類と申請方法

中小企業・小規模事業者等が活用できる主な補助金には、IT導入補助金、ものづくり補助金、事業再構築補助金、小規模事業者持続化補助金などがあります。それぞれ目的や対象、補助内容が異なるため、自社の状況に合った補助金を選ぶことが重要です。申請にあたっては、必要書類の準備や期限の確認が必要です。

本章では、これらの補助金の概要と申請方法について解説します。

  • IT導入補助金
  • ものづくり補助金
  • 事業再構築補助金
  • 小規模事業者持続化補助金

IT導入補助金

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助する制度です。IT導入支援事業者が提供する「ITツール」の導入費用に対して、最大50〜350万円が補助されます。

申請には「gBizIDプライム」アカウントの取得が必要で、必要書類を揃えて申請期間内に申請することが求められます。

ものづくり補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(通称:ものづくり補助金)は、中小企業・小規模事業者等が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援する制度です。補助上限額は1,000万円で、補助率は中小企業が1/2、小規模事業者が2/3となっています。

申請にはe-Govによる電子申請が必要不可欠です。

事業再構築補助金

事業再構築補助金は、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するための中小企業等の思い切った事業再構築を支援する制度です。補助上限額は通常枠で2億円、卒業枠で10億円であり、補助率は2/3(中堅は1/2)となっています。

申請には事業計画書や投資回収計画書などの提出が必要となります。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓等の取り組みを支援する制度です。補助上限額は50万円で、補助率は2/3です。

申請には申請書や経営計画書等の提出が求められます。各地商工会・商工会議所が窓口となり、申請のサポートを行っていますよ。

文書管理システム導入における補助金活用のメリット

補助金を活用することで、初期費用の軽減や投資対効果の向上が期待できます。また、補助金を活用して成功した企業の事例も参考になるでしょう。本章では、文書管理システム導入における補助金活用のメリットについて解説します。

  • 初期費用の軽減
  • 投資対効果の向上

初期費用の軽減

文書管理システムの導入には、ソフトウェアやハードウェアの購入、設置、設定など、初期費用がかかります。IT導入補助金を活用することで、これらの費用の一部を補助してもらうことが可能となり、初期投資の負担を大幅に軽減可能です。

補助金を上手に活用することで、予算の制約が緩和され、より高機能なシステムの導入も検討しやすくなるでしょう。

投資対効果の向上

補助金を活用してシステムを導入することで、投資対効果を高めることが可能です。初期費用が抑えられるため、システム導入による業務効率化やコスト削減の効果が相対的に大きくなります。また、補助金を活用して導入したシステムは、補助金の交付要件を満たすために、一定の機能や性能が求められます。

そのため、質の高いシステムを導入できる可能性が高まり、投資対効果の向上につながるのです。

補助金申請の成功ポイントと注意点

補助金を活用して文書管理システムを導入するには、申請を成功させる必要があります。しかし、初めての申請では、書類の準備や記載内容など、わからないことも多いのではないでしょうか。申請書の書き方や注意点を理解し、準備を万全にすることが重要です。また、専門家のサポートを受けることも検討すべきでしょう。

本章では、補助金申請の成功ポイントと注意点について解説します。

  • 申請書の書き方とアピールポイント
  • 失敗しないためのチェックリスト
  • プロのサポートを受ける方法

申請書の書き方とアピールポイント

補助金申請の成功には、申請書の内容が重要です。申請書では、導入するシステムの概要や目的、期待される効果などを明確に説明する必要があります。とくに、自社の課題をいかにシステム導入で解決できるかを具体的に示すことがポイントです。また、数値目標を設定し、定量的な効果をアピールすることも有効でしょう。審査員に自社の取り組みの真剣さと実現可能性を伝えることが、申請成功の鍵となります。

失敗しないためのチェックリスト

補助金申請で失敗しないためには、申請要件を満たしているか、必要書類が揃っているかなどを入念にチェックする必要があります。例えば、申請期限や提出方法を確認し、余裕を持ってスケジュールを管理することが重要です。

また、申請内容と実際の事業計画に齟齬がないか、費用の見積もりは適切かなども確認しましょう。チェックリストを作成し、漏れがないように注意することが失敗防止につながります。

プロのサポートを受ける方法

補助金申請は複雑で時間がかかる作業です。とくに初めて申請する場合は、専門家のサポートを受けることがおすすめです。IT導入支援事業者やコンサルタントなどの専門家は、申請書の作成や必要書類の準備をサポートしてくれます。

また、申請内容の改善点や注意点についてもアドバイスしてくれるでしょう。プロのサポートを受けることで、申請の質を高め、採択される可能性を高めることができるのです。

文書管理システム導入に補助金を活用しよう

文書管理システムの導入に補助金を活用することで、費用負担を軽減しつつ、業務効率化を実現できます。ただし、申請には条件や期限があるため、早めに情報収集し、準備を進めることが重要です。

補助金を賢く使って、文書管理を一新し、生産性向上やコスト削減を達成しましょう。システム導入で新たなステージへ踏み出す第一歩を踏み出してください。

「文書管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 動画共有
    • CSVファイル出力
    • ページ閲覧者表示
    • 属性登録
    • 外部連携
    • モバイル利用
    • ドラッグ&ドロップ登録
    • ワークフロー管理
    • 文書編集
    • ライフサイクル管理
    • アクセス制限
    • いいね・コメント機能
    • OCR登録
    • あいまい検索
    • 変更履歴記録
    • 属性検索
    • レポート機能
    • ISO文書管理
    • 自動アーカイブ
    • ログイン連携
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料トライアル 要相談
スターター 9,980円/月額
備考
同時利用制限数は1で、月間アップロード上限は10です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
ビジネス 49,800円/月額
備考
同時利用制限数は5で、月間アップロード上限は100です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
制限なし
OPTIM Contractの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ヶ月トライアルプラン 30,000円/月額
スモールプラン(クラウド版) 36万円/年(月額3万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数1.2万枚前後
スタンダードプラン(クラウド版) 96万円/年(月額8万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数6万枚前後
エンタープライズプラン(クラウド版) 240万円/年(月額20万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数26万枚前後
オンプレミスプラン(オンプレミス版) お客様に最適な プランをご提案いたします
備考
初期費用は不要!
1年
SmartReadの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
DX Suite Lite 30,000円/月額
備考
無料枠18,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
DX Suite Standard 100,000円/月額
備考
無料枠50,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
DX Suite Pro 200,000円/月額
備考
無料枠200,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
1か月
DX suiteの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円~
備考
プランは5種あり、プランによっては初期費用が発生し、タイムスタンプ機能の同梱などがなされます。
利用料金 30,000円~/10ユーザー/月額
備考
プランはクラウドサービス、オンプレミスの利用形態ごとにご用意しています。
ユーザー、ストレージ、AI OCR画像数の課金制です。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 無料
無料トライアル 月額無料
備考
年間アップロード上限:120(月間上限:10)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:6ヶ月
スターターS1 月額 9,980円(税抜)
備考
年間アップロード上限:1,200(月間上限:100)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS2 月額 19,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:6,000(月間上限:500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS3 月額 29,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:12,000(月間上限:1,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
ビジネスB1 月額 34,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:18,000(月間上限:1,500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB2 月額 39,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:24,000(月間上限:2,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB3 月額 49,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:36,000(月間上限:3,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
DenHo(デンホー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料プラン 0円
備考
5名まで無料で利用でき、200件までアップロード可能です。
スタータープラン 月額9,800円~
備考
アップロード可能件数は500件で、10名まで利用できます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
料金 要相談
12か月~
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 300,000円~
備考
パブリックSaaSの初期費用です。プライベートSaaS初期費用は1700,000円~です。
プラン1 20,000円/月額
備考
「パブリックSaaS運用基本サービス10アカウント」です。
プラン2 60,000円/月額
備考
「パブリックSaaS運用基本サービス50アカウント」です。
プラン3 100,000円/月額
備考
「パブリックSaaS運用基本サービス100アカウント」です。
基盤サービス(最小構成) 240,000円/月額
備考
プライベートSaaS運用基本サービスです。
基盤サービス(標準構成) 300,000円/月額
備考
プライベートSaaS運用基本サービスです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
文書管理サービス(SaaS) 120,000円/月額
備考
ディスク容量は10GBです。
文書管理パッケージ ライセンス 1,800,000円~
備考
100ID~の料金です。
6ヶ月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
スタンダードプランは300,000円、
MyQuickオンプレミスは600,000円かかります。
スタータープラン 20,000円/月額
備考
MyQuickクラウド版です。
同時アクセス数は4ユーザー、利用可能ディスク量は10GB、設定可能IP数は5IP、利用可能データベース数は1です。
スタンダードプラン 70,000円/月額
備考
MyQuickクラウド版です。
同時アクセス数は4ユーザー、利用可能ディスク量は50GB、設定可能IP数は20IP、利用可能データベース数は2です。
プレミアムプラン 要相談
備考
MyQuickクラウド版です。同時アクセス数は8ユーザー、利用可能ディスク量は100GB、設定可能IP数は無制限、利用可能データベース数は5です。
MyQuickオンプレミス 150,000円~/月額
備考
MyQuickオンプレミス版です。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
初回時に行う、契約書手動補正件数により異なります。
ライセンス費用 要相談
備考
契約書の年間アップロード件数によって異なります。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 132,000円(税込)/年額
備考
容量は5GBで、ユーザー数は無制限です。
スタンダードプラン 264,000円(税込)/年額
備考
容量は20GBで、ユーザー数は無制限です。
プレミアムプラン 528,000円(税込)/年額
備考
容量は50GBで、ユーザー数は無制限です。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
3ヵ月
スマートOCRの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 70,000円
保守料金 800円/月額
備考
リコー複合機1台ごとの契約となります。
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Team 500円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は10GB×契約ユーザー数。
Business 1,500円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は200GB×契約ユーザー数。
Enterprise 4,000円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は無制限。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
お問い合わせ お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
料金 要お問い合せ
備考
詳細は別途お問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用・サポート費用 0円
プラン 8 4,800円/月額
プラン 15 9,000円/月額
プラン25 15,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
料金 お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Project 開発キット50,160 円(税込)/年間 本番運用110,000円(税込)
Unlimited 1,650,000 円(税込)/1開発者
備考
次年度以降は330,000 円(税込)/1開発者の値段になります。
Corporate 3,300,000円(税込)/5台・年間~
備考
ユーザ企業(企業グループを含む)による「全社 Wagby 化」を実現可能です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ASTRUX文書管理システム Ver2.x 1サーバーライセンス (初年度保守付) 684,750円(税込)
ASTRUX文書管理システム 保守費用 (1年間) 136,950円(税込)
ASTRUX2.0 Option Kit 1サーバーライセンス (初年度保守付) 258,500円(税込)
ASTRUX2.0 Option Kit 保守費用 (1年間) 275,000円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
料金 お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要お問い合わせ
備考
Businessプラン
Businessプラン 要お問い合わせ
Business Plusプラン 要お問い合わせ
Enterpriseプラン 要お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる