Menu
Close

文書管理システムとは?電子決裁導入のメリットや注意点を解説

目次

書類の山に埋もれ、決裁に時間がかかりすぎて悩んでいませんか。文書管理システムと電子決裁の導入で、業務効率化とペーパーレス化が実現できます。しかし、導入前に注意すべき点も把握しておくべきです。

本記事では、文書管理システムの概要、電子決裁導入のメリット、そして導入時の注意点について解説します。

文書管理システムとは

文書管理システムは、企業や組織における文書の作成、保存、共有、検索、廃棄までのライフサイクル全体を効率的に管理するためのソフトウェアです。電子化された文書を一元管理することで、情報の共有や再利用が容易になり、業務の生産性向上に寄与します。

文書管理システムは、業種や規模を問わずあらゆる組織で導入されており、経営層から現場の従業員まで幅広く利用されています。

近年では、クラウド型の文書管理システムも普及しつつあります。クラウドを利用することで、初期コストを抑えつつ、場所や端末を選ばずに文書にアクセス可能です。また、災害対策やセキュリティ面でも優れたメリットがあります。

文書管理システムは、業務の効率化とペーパーレス化を推進する上で欠かせないツールとなっています。企業や組織の生産性向上と競争力強化に向けて、文書管理システムの重要性はますます高まっていくでしょう。

文書の作成から廃棄までの流れ

文書管理システムでは、以下のような流れで文書が管理されます。

  1. 文書の作成:テンプレートや雛形を利用し、効率的に文書を作成
  2. 文書の保存:作成された文書はシステム上に保存され、バージョン管理
  3. 文書の共有:関係者間で文書を共有し、コラボレーションを促進
  4. 文書の検索:キーワードや条件で目的の文書を素早く検索可能
  5. 文書の廃棄:保存期間を過ぎた文書は、自動的または手動で廃棄

これらの機能により、文書の二重管理や紛失のリスクを減らし、円滑な情報共有が可能です。

紙ベースとの違い

文書管理システムは、従来の紙ベースの文書管理と比べて多くの利点があります。まず、ペーパーレス化により、保管スペースを大幅に削減可能です。また、文書の検索性が格段に向上し、必要な情報にすぐにアクセスできるようになります。

さらに、複数人で同時に文書を編集できるため、コラボレーションがスムーズに行えます。加えて、セキュリティ面の強化により、機密情報の漏洩リスクを低減可能です。

これらの利点から、デジタル化時代に適応し、業務の効率化と生産性向上を目指す企業にとって、文書管理システムの導入は不可欠な選択肢といえるでしょう。

おすすめの文書管理システム全27製品を徹底比較した記事はこちら

電子決裁とは

電子決裁は、書類の申請や承認をデジタル上で行うシステムです。紙の書類を使わずに、パソコンやスマートフォンで決裁手続きを完結できます。この仕組みを導入することで、業務の効率化やペーパーレス化を推進可能です。

本章では、電子決裁の仕組みやワークフローの機能管理、承認プロセスの自動化について詳しく説明します。

仕組み

電子決裁の仕組みは、申請者が電子フォームに必要事項を入力し、申請書を作成することから始まります。作成された申請書はシステム上で決裁者に送られ、決裁者は申請内容を確認し、承認または却下を選択します。承認された申請書は自動的に次の決裁者へ送られ、すべての決裁者の承認が完了すると、申請が完了します。

この一連の流れが電子的に管理されることで、紙の書類を物理的に移動させる必要がなくなり、決裁プロセスの大幅な効率化が実現します。また、決裁の進捗状況がリアルタイムで把握できるため、申請者や関係者は常に最新の状況を確認できます。

ワークフローの機能管理

電子決裁システムでは、ワークフローの機能管理が重要です。申請書のテンプレート管理、決裁ルートの設定、代理承認者の設定、決裁状況の追跡、通知機能などがあります。これらの機能により、決裁プロセスを効率的に管理可能となります。

例えば、申請書のテンプレートを統一することで、入力ミスや記入漏れを防ぎ、申請内容の品質を高められます。また、決裁ルートを柔軟に設定できるため、案件に応じた最適な承認フローを実現します。代理承認者の設定により、決裁者の不在時にも滞りなく承認プロセスを進められます。

承認プロセスの自動化

電子決裁の大きなメリットは、承認プロセスの自動化です。決裁者への自動通知、決裁期限の設定と管理、条件に基づいた自動承認、承認完了後の自動アクションなどにより、人的ミスを減らし、承認プロセスを大幅に短縮できます。

例えば、決裁者に申請書の到着を自動的に通知することで、迅速な対応を促せます。決裁期限を設定することで、承認プロセスの滞留を防ぎ、業務の停滞を回避可能です。また、一定の条件を満たす申請を自動的に承認することで、決裁者の負担を軽減できます。

承認完了後に、関連部署への自動通知や、データの自動転記など、後続の業務プロセスを自動化することも可能です。

電子決裁が利用されない理由

電子決裁システムを導入しても、実際には利用されないケースが少なくありません。その主な理由として、電子化の難しさと使いにくさが挙げられます。

本章では、これらの問題点について詳しく解説し、電子決裁を成功させるためのポイントを確認していきましょう。

  • 電子化が難しい
  • 使いにくい

電子化が難しい

電子決裁を導入する際、既存の紙文書のデジタル化が必要です。しかし、文書の種類や形式が多岐にわたるため、電子化の作業が複雑で時間がかかる場合があります。また、電子化した文書の管理方法や保存期間の設定など、新たなルール作りも必要です。こうした電子化の難しさが、電子決裁の利用を妨げる一因となっています。

加えて、紙文書の中には、手書きのメモや図面、印鑑や署名が必要なものなど、デジタル化が困難な場合も。これらの文書を電子化するためには、特別なスキャナやソフトウェアが必要となり、コストや手間が増大します。また、電子化された文書の法的な有効性についても、慎重に検討することが大切です。

さらに、電子決裁システムを導入しても、紙文書の利用が完全になくなるわけではありません。外部との取引や、法的に紙の文書が求められる場合などでは、紙と電子の併用が必要です。この場合、紙文書とデジタル文書の同期や整合性を維持するための追加の作業が発生します。

こうした電子化の難しさを乗り越えるためには、段階的な移行計画の策定と、関係者への丁寧な説明が欠かせません。また、電子化に適したフォーマットやルールを事前に整備し、スムーズな移行を支援することも重要です。電子化の難しさに適切に対処することで、電子決裁の導入をより円滑に進められるでしょう。

使いにくい

電子決裁システムが使いにくいと、従業員の利用率が低下してしまいます。操作方法がわかりづらい、処理速度が遅い、モバイル端末での利用が難しいなど、ユーザーの利便性を考慮しないシステム設計が問題になるでしょう。

また、紙の書類に慣れ親しんだ従業員にとって、電子決裁への移行はハードルが高く感じられるかもしれません。使いやすさを追求し、従業員の理解を得ることが、電子決裁の定着に不可欠です。

具体的には、直感的に操作できるユーザーインターフェースの設計や、十分なパフォーマンスを確保するためのシステム最適化が求められます。また、モバイルデバイスへの対応や、オフラインでの利用を可能にするなど、柔軟な運用形態にも配慮が必要です。

加えて、電子決裁システムの導入に際しては、十分なユーザートレーニングを実施することが重要です。操作方法やルールを丁寧に説明し、実際の業務での利用シーンを想定した演習を行うことで、従業員の不安を払拭し、スムーズな移行を促せるでしょう。

さらに、導入後も継続的にユーザーの意見を収集し、システムの改善に反映していくことが欠かせません。利用状況のモニタリングや、定期的なユーザーアンケートの実施などを通じて、使いにくい点や改善要望を把握し、随時対応していくことが求められます。

電子決裁できる文書管理システムを導入するメリット

電子決裁機能を備えた文書管理システムの導入は、企業にとって多くのメリットをもたらします。ペーパーレス化による経費削減、業務の迅速化と生産性向上、セキュリティ強化とコンプライアンス対応など、さまざまな観点から業務改善が期待できるでしょう。

本章では、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

  • ペーパーレス化による経費削減
  • 業務の迅速化と生産性向上
  • セキュリティ強化とコンプライアンス対応

ペーパーレス化による経費削減

電子決裁を導入することで、紙の書類に関連する経費を大幅に削減できます。印刷やコピー、製本などの費用が不要になるだけでなく、書類の保管スペースも縮小できるため、オフィスの賃料や管理コストの節約も実現します。さらに、紙の購入費や廃棄費用も削減でき、経費全体の最適化が図れます。

加えて、書類の検索や共有にかかる時間も短縮されるため、業務の効率化に伴う人件費の削減も期待できます。電子化された文書は、キーワードや条件で簡単に検索できるため、必要な情報を素早く発見可能です。また、クラウドを活用することで、社内外の関係者とのスムーズな情報共有が可能となり、コラボレーションの促進にもつながります。

ペーパーレス化は、経費削減だけでなく、業務効率の改善や生産性の向上にも効果的です。環境への配慮という側面からも、紙の使用量を減らすことは重要な意義を持ちます。電子決裁の導入は、コスト面でのメリットだけでなく、業務全体の最適化を推進する効果的な手段といえるでしょう。

業務の迅速化と生産性向上

電子決裁システムを利用することで、決裁プロセスが大幅に短縮されます。書類の回覧や承認にかかる時間が削減され、業務の迅速化が実現します。また、決裁状況の可視化により、bottleneckの特定や業務の改善が容易になります。これにより、従業員の生産性が向上し、本来の業務に注力できる環境が整うでしょう。

さらに、電子決裁システムの中には、モバイルデバイスを活用した決裁も可能なものがあります。出張先やリモートワーク中でも、タイムリーに承認を行うことができるため、業務の停滞を防ぎ、迅速な意思決定をサポート。また、決裁に必要な情報を電子化することで、関連資料の検索や参照が容易になり、効率的な判断が下せるようになります。

加えて、電子決裁システムは、業務プロセスの自動化も可能に。条件に基づいて自動的に承認ルートを設定したり、定型的な処理を自動化したりすることで、人的ミスを防止し、業務の品質向上にも貢献します。業務の迅速化と生産性向上は、企業の競争力強化に直結する重要な要素です。

電子決裁の導入は、これらの課題解決に有効といえるでしょう。

セキュリティ強化とコンプライアンス対応

電子決裁システムでは、機密情報を含む文書のセキュリティを強化可能です。アクセス権限の設定や監査証跡の記録により、不正アクセスや情報漏洩のリスクを低減します。

また、法令で定められた文書の保存期間を自動的に管理できるため、コンプライアンス対応も容易になります。電子決裁は、セキュリティとコンプライアンスの両面で企業をサポートしてくれるでしょう。

具体的には、電子決裁システムでは、ユーザーごとに詳細なアクセス権限を設定できます。機密度の高い文書については、閲覧や編集を制限することで、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることが可能です。

また、決裁の過程で行われた操作や承認の記録を自動的に保存するため、問題が発生した場合の追跡や監査にも役立ちます。

さらに、電子決裁システムでは、文書の保存期間を自動的に管理可能です。法令で定められた保存期間を満たすように設定することで、コンプライアンス違反のリスクを回避できます。また、保存期間を過ぎた文書を自動的に削除することで、不要な情報の蓄積を防ぎ、ストレージの最適化にもつながります。

電子決裁可能な文書管理システムを導入する注意点

電子決裁システムを導入する際には、いくつかの注意点があります。ユーザートレーニングの必要性、セキュリティポリシーの整備、運用監視と継続的な改善など、導入前後の適切な準備と対応が必要です。

本章では、これらの注意点について詳しく解説します。

  • ユーザートレーニングの必要性
  • セキュリティポリシーの整備
  • 運用監視と継続的な改善

ユーザートレーニングの必要性

電子決裁システムを導入しても、ユーザーが適切に利用できなければ、その効果は限定的です。従業員に対して、システムの操作方法や注意点についての十分なトレーニングを行う必要があります。とくに、これまで紙ベースの決裁に慣れ親しんできた従業員にとっては、電子決裁への移行に戸惑いを感じるかもしれません。

そのため、トレーニングでは、電子決裁のメリットを強調しつつ、具体的な操作手順を丁寧に説明することが重要です。また、トレーニング後も、ユーザーからの質問や要望に対応できる体制を整えておくことが望ましいでしょう。ユーザートレーニングは、電子決裁システムの円滑な導入と定着に欠かせない要素といえます。

セキュリティポリシーの整備

電子決裁システムでは、機密情報を含む重要な文書を取り扱うため、セキュリティ対策が欠かせません。システム導入に先立ち、セキュリティポリシーを整備し、運用ルールを明確にしておく必要があります。

具体的には、ユーザーごとのアクセス権限の設定、パスワードの管理方法、外部からのアクセス制限、暗号化通信の採用など、多岐にわたる項目について検討が必要です。また、万が一の情報漏洩や不正アクセスに備えて、インシデント対応手順を定めておくことも重要です。

セキュリティポリシーの整備は、電子決裁システムを安全かつ適切に運用するための土台となります。企業の情報資産を守るためにも、十分な注意を払う必要があるでしょう。

運用監視と継続的な改善

電子決裁システムを導入した後も、運用状況を継続的に監視し、改善を図ることが重要です。システムの利用状況や決裁プロセスの進捗を定期的にチェックし、bottleneckや非効率な部分がないか確認します。また、ユーザーからのフィードバックを収集し、システムの使いやすさや機能面での改善点を見出すことも欠かせません。

運用監視を通じて特定された課題については、優先順位を付けて計画的に対応していくことが求められます。さらに、業務プロセスの変更や法令の改正などに合わせて、電子決裁システムの設定や運用ルールを適宜見直していくことも必要です。

運用監視と継続的な改善により、電子決裁システムの効果を最大限に引き出し、業務の最適化を推進することができるでしょう。

電子決裁できる文書管理システムを導入しよう

文書管理システムと電子決裁の導入は、業務効率化とペーパーレス化に大きく貢献します。導入前の準備と運用ルールの策定、セキュリティ対策、従業員教育を適切に行うことで、より高い効果を得ることができるでしょう。課題に合わせたシステム選定と計画的な導入で、業務改善を実現しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる