Menu
Close

電子カルテはタブレットでも使える?使い方と注意点を徹底解説

目次

電子カルテの導入は、医療現場のデジタル化において重要な一歩です。しかし、その導入や日々の使用にあたっては、様々な機器が選択肢に上がりますが、最も身近で使い勝手の良い「タブレット」に注目が集まっています。タブレットを使用することで、従来のデスクトップPCやノートPCと比較しても、さらに柔軟性が高まり、医療現場のニーズに応えることが可能になります。

しかし、全ての電子カルテがタブレットに対応しているわけではなく、また、対応しているタブレットの種類やOSもさまざまです。この記事では、以下のように医療従事者や医療機関のIT担当者が抱える疑問や悩みに寄り添いながら詳しく解説します。

  • タブレットで使用する際の基本的な知識
  • メリット
  • 活用方法
  • 選び方

是非参考にしてみてください。

【結論】電子カルテはタブレットでも使える

電子カルテの導入は、医療現場における情報管理の革新をもたらしました。そして今、タブレットを用いた電子カルテの活用が注目されています。本セクションでは、電子カルテがタブレットで使えることの結論と、それに伴う具体的な利用方法や注意点について深掘りします。

電子カルテ製品によってタブレットにも対応している

電子カルテシステムが医療現場で広く普及する中、その使い勝手をさらに向上させるために、タブレットへの対応が求められています。実際、多くの電子カルテ製品がタブレット対応を謳っていますが、すべての製品が全てのタブレットで利用できるわけではありません。このため、選択にあたっては以下の点を考慮する必要があります。

  • 対応しているOSの確認:電子カルテ製品が特定のOS(iOS or Android or Windowsなど)にしか対応していない場合があるため、事前の確認が不可欠
  • 実際の使用シーンに合致する機能の確認:タブレットを使用するシーン(例えば診察室内での記録確認、訪問診療での携帯性など)に応じて、必要となる機能は異なるため、これらのニーズを満たす機能が備わっていること

選定の際は、単にタブレット対応を謳っているかどうかだけでなく、どのようなタブレットで、どのような形で利用できるのかを具体的に確認することが重要です。

対応しているOSはマチマチなので事前の確認が大事

電子カルテシステムをタブレットで活用する際、対応しているオペレーティングシステム(OS)を確認することは非常に重要です。タブレットは様々なOSで運用されており、電子カルテ製品によって対応しているOSが異なるため、事前の確認が必須となります。この点を見落とすと、導入後にタブレットが利用できないという事態に陥る可能性があります。

対応OSの確認にあたっては以下のステップを踏むと良いでしょう。

  1. 製品の仕様を確認:電子カルテの提供元や公式サイトで、対応しているOSの情報を確認
  2. デモやトライアルを利用:実際のタブレットでデモやトライアルを実施し、問題なく動作するかを確認
  3. サポート体制を確認:OSのアップデートに伴い、互換性の問題が発生する可能性があるため、製品のサポート体制についても確認

これらのステップを踏むことで、タブレットを活用した電子カルテシステムの導入において、OSの互換性に関するリスクを最小限に抑えられます。医療現場でスムーズに電子カルテを利用するためにも、対応しているOSの確認は避けて通れない重要なプロセスです。

タブレットで使う電子カルテの機能

タブレットで使う電子カルテの機能は、医療現場の効率性と利便性を大きく向上させます。以下で紹介する多彩な機能が医療従事者の業務をサポートします。ここでは、これらの機能がどのように日常の診療活動を効率化し、患者さんとのコミュニケーションを改善するかを詳しく見ていきましょう。

定型文の登録

定型文の登録機能は、タブレットでの電子カルテ使用を効率化する重要な機能の一つです。この機能を活用することで、医療従事者はよく使用する文言やフレーズをあらかじめ登録しておくことができ、診療記録の作成時に時間を大幅に節約できます。

定型文の登録がもたらすメリットは以下の通りです。

  • 時間の節約:同じ文言を繰り返し入力する手間が省ける
  • 記録の一貫性:文言のバリエーションが減り、記録の品質が向上する
  • ミスの軽減:手入力による誤字脱字のリスクが減少する

医療現場では、病歴の聴取や診療の記録など、同じような情報を頻繁に記録することが多いです。定型文を用いることで、これらの作業が迅速かつ正確に行えるようになります。特に忙しい医療現場では、このような小さな効率化が大きな差となり、患者さんへの対応時間を増やすことにつながります。

音声での入力

音声での入力機能は、タブレットを使用している医療従事者にとって大きな利便性を提供します。この機能により、手を使わずにカルテ情報の入力が可能になるため、患者さんとの対話や診察中に直接記録を行えます。音声入力の導入により得られる主なメリットは以下の通りです。

  • 効率性の向上:手を使わずに入力できるため、診察の流れを止めずにカルテを更新可能
  • 記録の正確性:音声認識技術の進化により、話した内容を正確にテキスト化できる
  • 操作の簡便性:物理的なキーボードやタッチスクリーンを操作する手間が省けるため、利便性向上

音声入力機能を活用することで、医療従事者は患者さんとのコミュニケーションにより集中できるようになり、診察の質を向上させることが可能です。

データ入力の簡略化

データ入力の簡略化は、タブレットを使用する電子カルテシステムにおける重要な機能の一つです。この機能により、医療従事者は患者の診療情報を迅速かつ容易に記録できるようになります。データ入力を簡略化することのメリットは複数ありますが、主なものを以下に挙げます。

  • 時間の節約:入力プロセスが簡略化されることで、医療従事者は診療により多くの時間を割ける
  • 入力ミスの軽減:自動入力機能や入力支援ツールを活用することで入力ミスが減少
  • ストレスの軽減:煩雑なデータ入力から解放されることで、医療従事者の作業負荷とストレスが軽減

データ入力の簡略化は、タブレットを活用することで実現されます。例えば、タッチスクリーンを利用した直感的な操作や、音声認識技術を使用した入力などが挙げられます。

タッチペンでの手書き入力

タッチペンを用いた手書き入力は、タブレットを活用する電子カルテシステムにおいて特に注目される機能の一つです。この機能を活用することで、医療従事者は直感的に、かつ自然な形で患者情報を記録できます。タッチペンでの手書き入力がもたらすメリットは以下の通りです。

  • 直感的な操作:タッチペンを使用することで、紙のカルテに書き込むのと同じ感覚で情報入力が可能(特に図やスケッチを用いる際に有効)
  • 柔軟性の向上:様々な形式での情報入力が可能になるため、診察や治療の詳細をより正確に記録可能
  • 効率的な記録:手書きのメモや図をデジタル化することで、情報の検索性と共有性が向上

タッチペンを用いることで、医療従事者は患者さんの症状や治療過程をより詳細に、かつ迅速に記録できます。また、手書き入力は、特定の専門用語や図表が多用される医療現場において、情報伝達の精度を高めるために特に有効です。このように、タッチペンによる手書き入力機能は、医療現場の効率化と患者ケアの質の向上に貢献します。

Bluetoothでのキーボード接続

Bluetoothでのキーボード接続は、タブレットを使用する電子カルテシステムにおいて、効率性と利便性をさらに向上させる機能です。タブレットの画面上でのタッチ入力に加えて、Bluetoothで物理キーボードを利用することで、長文の記入や複雑なデータ入力作業をより快適に行うことが可能になります。この機能により得られる主なメリットは以下の通りです。

  • 高速なテキスト入力:物理キーボードを使用することで、タッチスクリーン入力よりも高速で正確なテキスト入力が可能
  • 作業効率の向上:キーボードショートカットやタイピングのスピードアップにより、医療従事者の作業効率が大きく向上
  • 操作の快適性:長時間の入力作業でも疲れにくく、より快適に作業を続けられる

Bluetoothキーボードの接続は、設定も簡単で、多くのタブレットが標準でサポートしています。キーボードを使用することで、医療従事者は患者さんとの対話や診察に集中しながら、効率的にデータを記録することが可能となります。

過去のカルテのコピー

過去のカルテのコピー機能は、患者さんの以前の診療情報を迅速に参照し、新たなカルテに取り込むことを可能にします。この機能を活用することで、医療従事者は患者さんの治療歴や過去の診断を瞬時に確認し、治療計画の立案や調整に役立てられます。この機能がもたらすメリットは以下の通りです。

  • 診療効率の向上:過去のカルテ情報を素早くコピーし、新たな記録に組み込むことができるため、診療の効率が向上
  • 情報の一貫性の保持:患者さんの治療履歴や過去の重要な診断結果を正確に反映させることができるため、情報の一貫性を保ちやすくなる
  • ミスの軽減:手動での情報転記に比べて誤りの可能性が減少し、患者さんへの安全な医療提供に寄与

タブレットを利用した電子カルテシステムにおける過去のカルテのコピー機能は、特に長期にわたる治療を行っている患者さんや、複数の疾患を抱える患者さんの管理において大きな助けとなります。この機能により、医療従事者は患者さん一人ひとりの医療履歴に基づいた個別化されたケアを提供することが容易になります。

電子カルテに最適なタブレットの選び方

電子カルテに最適なタブレットを選ぶことは、医療現場の効率化と患者ケアの質を向上させる上で欠かせません。このセクションでは、電子カルテシステムに適したタブレットの選び方について、そのポイントを解説します。

大前提として、電子カルテ製品に対応していること

電子カルテに最適なタブレットを選ぶ際の大前提として、選択したタブレットが使用している電子カルテ製品に対応しているかどうかを確認することが最も重要です。この互換性は、医療現場でのスムーズな運用を実現する基盤となります。電子カルテ製品とタブレットの互換性を確認するためには、以下のステップを踏むことをおすすめします。

  • 製品の仕様確認:まず、使用している電子カルテの製品仕様をチェックし、対応しているOSやハードウェア要件を確認
  • サポート情報の確認:電子カルテのサポートセンターや公式ウェブサイトで、推奨するまたは対応しているタブレットモデルの情報を確認
  • 試用レポートの参照:同じ電子カルテ製品をタブレットで使用している他の医療機関の試用レポートやレビューを参照

電子カルテ製品に対応しているタブレットを選ぶことで、診療情報の入力や閲覧、更新作業がスムーズに行えるようになります。

大きさや重さは用途に合わせて検討すること

電子カルテに最適なタブレットを選択する際、大きさや重さは医療現場での用途に合わせて検討する必要があります。タブレットのサイズが医療従事者の持ち運びやすさや患者さんへの説明時の便利さに直接影響するため、これらの要素は選定プロセスにおいて重要なポイントとなります。

  • 持ち運びやすさ:外来診療や訪問診療など、移動が多い医療現場では、軽量でコンパクトなタブレットが最適
  • 画面の見やすさ:画像や図表を多用する診療科目では、大画面で高解像度のタブレットが必要
  • 操作性:手袋を着用したままでも操作がしやすいタブレットの選定も、特に手術室や無菌室などで重要

医療現場での具体的な使用シナリオを想定し、それに最適なタブレットの大きさや重さを選択することが、電子カルテシステムの効率的な活用につながります。例えば、長時間の持ち運びが必要な場合は軽量モデルを、画面での詳細な情報共有が多い場合は大画面モデルを選ぶことが望ましいです。

患者さんも使う場合は使い勝手がとにかくよいこと

電子カルテをタブレットで使用する際、患者さんが直接操作するシーンも想定されます。この場合、タブレットの使い勝手が良いことが極めて重要です。使い勝手が良いタブレットは、患者さんがストレスなく情報を入力したり、説明を受けたりすることを可能にします。

特に、以下の点を考慮することをおすすめします。

  • 直感的な操作性:患者さんが直感的に理解しやすいインターフェースを持つタブレットの選定が重要
  • 画面の明瞭さ:高解像度で明るい画面を持つタブレットは、患者さんが情報を見やすくするために役立つ
  • 操作の快適さ:タッチ反応が良好で、画面の大きさが手に馴染むタブレットは、患者さんが使用する際の快適さを向上させる

患者さんがタブレットを使用するシナリオとしては、問診票の記入、治療内容の確認、健康教育資料の閲覧などがあります。これらの活動をスムーズに行うためには、患者さん自身が操作しやすいデバイスが求められます。

電子カルテをタブレットで使うメリット

電子カルテをタブレットで使うメリットは多岐にわたります。このセクションでは、タブレットを活用した電子カルテシステムの導入が医療現場にもたらす主要なメリットについて掘り下げていきます。

患者さんへの説明がしやすい

電子カルテをタブレットで使う最大のメリットの一つは、患者さんへの説明がしやすくなることです。タブレットを使用することで、視覚的に豊かな情報を患者さんに提供することが可能となり、診断内容や治療計画をより理解しやすく説明できます。この機能がもたらす主なメリットは以下の通りです。

  • 視覚資料の活用:画像や動画を直接患者さんに見せながら説明できるため、言葉だけでは伝わりにくい情報も効果的に伝えられる
  • インタラクティブな説明:タブレットのタッチスクリーンを利用して、患者さんが自ら情報を探索することを可能にする
  • 情報の即時性:最新の医療情報や研究結果を迅速に取り入れ、患者さんへの説明に活用可能

タブレットを用いた説明は、患者さんとのコミュニケーションを深めることに寄与し、治療への理解と協力を促進します。このようなインタラクティブで視覚的なコミュニケーション手段は、医療現場における患者中心のケアを実現する上で非常に有効です。

用途に合わせて様々な入力方法が選べる

タブレットで電子カルテを使うことのメリットには、用途に合わせて様々な入力方法を選べる点も含まれます。医療現場では、情報入力のニーズが多岐にわたるため、この柔軟性は特に価値が高いと言えます。タブレットを利用することで、以下のような入力方法が選択可能になり、それぞれがもたらすメリットを享受可能です。

  • 音声入力:手が塞がっている時でも情報の入力が可能となる
  • タッチペンによる手書き入力:図やイラストを直感的にカルテに追加でき、視覚的な情報の共有が容易になる
  • 外部キーボード接続:長文の記入や複雑なデータ入力を快適に行え、時間の節約につながる

これらの入力方法を活用することで、医療従事者は患者さん一人ひとりの状況や診療の内容に応じて、最適な記録方法を選択することが可能です。例えば、診療の途中で急に必要になった情報を音声入力で迅速に記録したり、患者さんに治療計画を説明する際にタッチペンを使って直感的に図解したりすることができます。

持ち運びがしやすい

持ち運びがしやすいことは、タブレットを用いた電子カルテシステムの利用において大きなメリットです。医療従事者が患者さんのベッドサイドや診療室、あるいは訪問診療の現場など、さまざまな場所で直接患者ケアに関わる情報を記録・参照できるようになります。この機能が医療現場にもたらす主な利点は次の通りです。

  • 即時性の向上:診療や患者さんとの対話の最中に、必要な情報をすぐに記録・参照できる
  • 移動の効率化:軽量でコンパクトなタブレットは、医療従事者が持ち運びやすく、診療のための移動が多い場合でも効率的に情報管理が行える
  • 患者さんとのコミュニケーション強化:患者さんのベッドサイドなどで直接情報を共有することで、患者さんとのコミュニケーションがより密になる

タブレットを活用することで、医療従事者は患者さんに対してより迅速かつ質の高いケアを提供できるようになります。また、患者さんの安心感を高め、信頼関係の構築にも寄与します。タブレットの持ち運びやすさは、医療現場での作業効率を大幅に向上させるだけでなく、患者さんとのコミュニケーションを深める上でも重要な役割を果たします。

画像の撮影やQRコードの読み込みができる

画像の撮影やQRコードの読み込み機能は、タブレットを用いた電子カルテシステムにおいて重要なメリットの一つです。これらの機能を活用することで、医療現場での情報収集と共有がより迅速かつ正確に行えるようになります。具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 即座に情報をデジタル化:患者さんの傷や症状を写真で撮影し、直ちにカルテに添付することが可能
  • 情報の迅速な共有:撮影した画像やスキャンしたQRコードから得られる情報を、他の医療従事者とリアルタイムで共有できる
  • 患者情報の正確な入力:患者さんから提供される書類や診断書のQRコードをスキャンすることで、情報の正確なデジタル化が容易になり、入力ミスの減少が可能

このように、タブレットを活用した電子カルテシステムは、画像の撮影やQRコードの読み込みを通じて、医療現場での作業効率を大幅に向上させるられます。

定型文や予測変換で入力の簡略化ができる

定型文や予測変換機能を活用することは、タブレットを用いた電子カルテの入力作業を大幅に簡略化し、時間を節約する上で重要な役割を果たします。これらの機能により、医療従事者は日常的に遭遇する多くの標準的な記録作業を迅速に行うことが可能になります。具体的なメリットは以下の点です。

  • 入力効率の向上:頻繁に使用する文言や医学用語を予測変換や定型文で素早く入力できるようになり、診療記録や報告書の作成時間が短縮可能
  • 一貫性の確保:定型文を使用することで、記録の一貫性が保たれ、異なる医療従事者間でも情報の解釈のブレが減少
  • 誤入力の減少:予測変換機能を利用することで、タイピングミスや誤入力のリスクが軽減され、記録の正確性が向上

タブレットを用いた電子カルテシステムでは、これらの機能を最大限に活用することで、医療従事者の負担を軽減し、より多くの時間を患者ケアに充てることが可能になります。

タブレットで使う電子カルテの活用法

タブレットを使った電子カルテの活用は、医療従事者と患者さん双方のコミュニケーションと効率性を大きく向上させます。このセクションでは、実際にどのようにタブレットを活用していけば、日々の医療業務がよりスムーズに、かつ質の高いものになるのかを探っていきます。

診療内容等について患者さんへ説明する

タブレットを使った電子カルテの活用法の中でも、患者さんへの説明は特に重要な役割を果たします。タブレットを利用することで、医療従事者は診療内容、疾患の情報、治療計画などを患者さんに対して直観的かつ視覚的に説明することが可能になります。主な活用方法は以下の通りです。

  • 診療内容の詳細説明:診断結果や治療方法を図や写真を用いて具体的に説明可能
  • 治療計画の共有:タッチスクリーンを使って、治療計画の流れを示しながら、患者さんと一緒に計画を確認して調整可能
  • 健康教育資料の提示:健康維持や疾患予防に関する情報を動画やスライドショーで提供することで、患者さんの健康意識の向上を促進

これらの活用法を通じて、タブレットは医療従事者と患者さんの間のコミュニケーションツールとして非常に有効です。

患者さんに問診票に記入してもらう

患者さんに問診票に記入してもらうプロセスは、診療の効率化と患者参加型のケアにおいて重要な役割を果たします。タブレットを用いてデジタル化された問診票は、このプロセスをさらにスムーズにし、正確性を高めます。タブレットを活用することで得られるメリットは以下の通りです。

  • 記入の容易さ:タッチスクリーンを用いた直感的な操作により、患者さんは紙ベースの問診票に比べて容易に情報を入力可能
  • 情報の即時性:患者さんから提供された情報がリアルタイムで電子カルテシステムに反映されるため、医療従事者は診療前に患者さんの状態を詳細に把握可能
  • プライバシーの保護:デジタル化された情報はセキュリティが高く、紙ベースの問診票よりも患者さんのプライバシーを効果的に守れる

タブレットを使用した問診票の導入は、患者さんの待ち時間を短縮し、診療のスタートを迅速にします。また、患者さんは自分の健康状態についてより深く考え、自己申告の正確性を向上させる機会を得られます。

検査や治療内容の確認

検査や治療内容の確認は、医療プロセスにおける重要なステップです。タブレットを使用した電子カルテシステムを活用することで、このプロセスが大幅に簡素化され、患者さんへの説明がより効果的に行えるようになります。タブレットを利用した検査や治療内容の確認によるメリットは以下の通りです。

  • 情報の視覚化:検査結果や治療計画をグラフィックや画像で表示することができ、患者さんにとって理解しやすくなる
  • リアルタイムの情報共有:タブレットを通じて最新の検査結果や治療情報を即座に患者さんと共有することが可能
  • 患者参加型の意思決定支援:タブレット上での情報提示は、患者さんが自身の治療に関する意思決定を行う上でのサポートとなる

タブレットを活用した検査や治療内容の確認プロセスは、患者さんと医療従事者のコミュニケーションを強化し、患者さん自身が治療過程に積極的に関わることを促します。このように、タブレットの活用は医療現場における情報共有の効率化だけでなく、患者さんの満足度向上にも大きく貢献します。

おすすめの電子カルテ製品の比較表

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 訪問スケジュール管理
    • 実施歴参照機能
    • 適応・禁忌チェック
    • 診療・投薬履歴管理
    • 院内検査項目管理
    • 文書管理
    • カルテ編集
    • レセプト対応
    • プロブレム記録
    • データ連携
    • 検査結果ビューアー
    • 予約機能
    • 手書き入力
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • 処置行為自動学習
    • ケアプラン作成
    • マルチデバイス対応
    • 院内連絡
    • 診療システム切替
    • バイタル管理
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
月額料金 3万円~
制限なし
SMARTCRM(スマートCRM)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円/CL
月額費用 20,000円/CL+管理患者数の従量課金制
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用/更新費用 0円
月額費用 お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1599件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる