Menu
Close

スマートOCRの導入事例

ペーパーレス化したい 作業を自動化したい コストを削減したい

コスト90%削減!スマートOCRだけがFAXでの受注事務をまるごと自動化できた

※出典:コスト90%削減!スマートOCRだけがFAXでの受注事務をまるごと自動化できた

最終更新日: 2023/09/13

この導入事例のポイント

  • FAXからデータ化まで全てを自動化できるのが最大の魅力
  • 希望するプロセス全体を自動化できるのはスマートOCRだけ
  • コストカットのみならずビジネスチャンスも拡大。導入する効果は大きい

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

文書管理システム AI OCR

株式会社インフォディオのスマートOCRは、紙の文書や帳票をスキャン・撮影された画像データからテキストデータを抽出するクラウド型業務効率化支援ソリューションです。AIによるディープラーニングを活用し、手書き文字や非定型帳票などにも対応した高精度の読取を実現します。使用の際、毎回アップロードを行う必要はなく、フォルダ指定を行うだけで自動アップロードからOCR変換、そしてCSV出力までできる使い勝手の良さも魅力です。

製品のおすすめポイント

  • 基本の特長となる高精度な文字認識と全自動変換
  • 各書類への対応力が高い、頼れるデータ抽出エンジン
  • 操作画面もユーザー管理も分かりやすく、セキュリティも安心の設計
運営企業情報 株式会社インフォディオ
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 名刺スキャン ワークフロー 帳票種類分け(タグ付け) 取消線対応 英語対応 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 撮影画像対応 画像読み取り 準定型帳票対応 スマホでスキャン可 API連携 RPA連携 ベリファイ機能 データベース連携
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 3ヵ月
よく導入している業種 小売・流通 ビジネスサービス 金融
よく導入している企業の規模 51名-100名 6名-20名 不明

導入前に知っておきたい基礎知識

「文書管理システム」とは

文書管理システムとは、電子化し保存した文書データをいつでも検索、保管・活用できる、文書の一元管理システムです。

検索したい文書のキーワードを入力することで、欲しい文書を瞬時に検索することが可能です。文書管理システムを利用することで社内のペーパーレス化も期待でき、無駄な紙が発生することを防いでくれます。紙の保管場所の確保も必要なくなり、省スペース化にも貢献することでしょう。
文書管理システムには、文書の保管機能の他にも文書へのアクセス権限の付与やワークフロー機能が付いているものもあり、文書に関する作業を一つのシステム内で行えるという特徴も持ち合わせています。

「AI OCR」とは

AI OCR(人工知能光学文字認識)は、AI技術を活用してOCR(光学文字認識)のプロセスを改善する技術やサービスです。ICR(インテリジェント・キャラクター認識)とも呼ばれることがあります。

AIの特徴である機械学習やディープラーニングを利用して、文字の補正結果を学習し、文字認識率を向上させることができます。画像の文字を手動で打ち込む作業を大幅に削減することができ、仕事や作業の効率を高めるためには欠かせないソフトです。

本記事では今話題のAI OCRについての説明から必要な背景、導入メリット、そしておすすめのAI OCRソフトを紹介していきます。導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

スマートOCR

株式会社インフォディオ

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 基本の特長となる高精度な文字認識と全自動変換
  • 各書類への対応力が高い、頼れるデータ抽出エンジン
  • 操作画面もユーザー管理も分かりやすく、セキュリティも安心の設計

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「文書管理システム」とは 「AI OCR」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1421件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる