Menu
Close

製品の紹介

AIRead

アライズイノベーション株式会社

アライズイノベーション株式会社のAIReadは、自由記入形式の手書き文字や、体裁が決まっていない書類もAIが読み取るべき項目を自動で見つけ出すことができる機能を持っているAI OCRサービスです。書類の自動回転や傾き補正も自動で行う機能を実現しています。書類の印象やキーワードを指定しておくと仕分けも行うことが可能。さらに読み取った書類の色の強調や除去機能がついているなど、充実した機能を持っています。また、誤読み取りを行った文字は、追加でAIに学習させることができます。

最終更新日: 2022/04/19
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 複数のスプレッドシートでの情報管理から一元管理に、手作業による転記の効率化が課題
    • AI OCR「AIRead」+RPA+超高速開発ツールで短期間での実装へ
    • 手作業の自動化やデータベース上の一元管理で、データの保守や検索、集計の効率化

    製品を導入することになった背景

    日本紙パルプ商事株式会社は、紙の専門商社として長い歴史を持ち、業務の効率化と品質向上を目指していました。特に機能材・情報用紙営業本部では、受発注関連業務のデータ管理を手作業で行っていたため、業務プロセスの自動化が求められていました。このような背景から、アライズイノベーションが提供するAIおよびRPAソリューションを導入することで、事務作業の効率化と品質の向上を実現することを目指しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同社の機能材・情報用紙営業本部では、受発注業務において、複数のスプレッドシートを駆使した情報管理や、手作業による情報の転記など、効率性と正確性に課題を抱えていました。これらの作業プロセスは、業務効率の向上において大きな障害となっており、重要な情報が複数のファイルに分散して管理されることで、全体のビジネス状況の把握も困難でした。

    導入前の課題に対する解決策

    課題解決のため、日本紙パルプ商事株式会社はAIを活用したOCR製品「AIRead」、超高速Web業務アプリケーション開発ツール「Wagby」、そしてRPAツール「WinActor」を組み合わせたソリューションを導入しました。この組み合わせにより、注文書などの自動データ化、受発注情報の統合管理システムの構築、データ入力やメール送信作業の自動化が可能となりました。これらのツールを用いて、業務の効率化と品質の向上を図りました。

    製品の導入により改善した業務

    導入によって、注文書からのデータ入力、データの管理や更新、発注書や発注元への出荷案内などの出力作業の大部分が自動化され、手間が大幅に削減されました。これにより、注文書のデータ化時間が1件あたり2.5分から1分に、PDF書類作成時間が1件あたり2分から1分に短縮されるなど、具体的な作業時間の削減が実現しました。また、データベース上での統合管理により、データの保守や検索、集計の効率も向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 手作業で行っていた注文書を基幹販売システムへ入力する業務を効率化したい
    • 多様な注文書の読み分けに対応でき、手書き文字の認識も高精度なAIReadを導入
    • 入力業務が削減し、社内知識やノウハウのがシステムに組み込まれ、労働環境の改善に

    製品を導入することになった背景

    岡谷薄板販売株式会社は、長い歴史を持つ鉄鋼・機械商社の関連子会社で、東海三県を中心に鋼材や加工品の供給を行っています。同社は、顧客からの注文書を効率的に処理する方法を模索していました。多様な顧客からのFAX、メール、電話を介した注文に対応するため、注文書のデータ入力に多くの時間を費やしていました。そのため、業務効率化を図る目的で、AI×OCR技術を採用することにしました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、岡谷薄板販売株式会社は、約400社の顧客からの注文を少数の社員で処理するため、注文書を基幹販売システムへ手作業で入力していました。このプロセスは、業務の効率化を阻害する大きな壁となっていました。フォーマットやコードの読み替えは、経験を積んだ専任の担当者に依存しており、作業の正確性を維持しながら新人や中途社員に知識を伝えるのが難しい状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題を解決するために、岡谷薄板販売株式会社は、AIReadというOCR(光学的文字認識)技術を用いたソリューションを選択しました。AIReadは、多様な注文書のフォーマットを認識し、将来的には手書き文字も高精度で読み取れる可能性があるという点で、同社のニーズに最も適していました。AIReadには、読み取り後のデータを加工し、他システムと連携する機能も備わっており、業務プロセスの自動化と効率化を促進しました。

    製品の導入により改善した業務

    AIReadの導入により、岡谷薄板販売株式会社は注文書の自動入力システムを実現し、大幅な業務効率化を達成しました。具体的には、1カ月あたり約33時間の作業時間削減が可能となり、注文書処理の速度と正確性が向上しました。また、知識の共有が容易になり、新入社員も迅速に業務に慣れることができるようになりました。このシステムは、注文書処理以外にも応用が可能で、さらなる業務改善と効率化が期待されています。
  • この導入事例のポイント
    • 特許情報の入力業務を自動化し、限られた労働時間をより価値のある業務に割り当てたい
    • 中国語のOCR対応、オンプレミスで動き、非定型の書類に対応できるAIRead
    • これまで入力業務に当てた時間を別の業務に割り振り、修正作業の負担も軽減へ

    製品を導入することになった背景

    セイコーエプソン株式会社では、特許情報の入力作業が従来、手作業で行われていましたが、これを自動化するためAI×OCRソリューションを導入することになりました。この変更は、労働力不足や働き方改革に対応し、限られた時間をより価値ある業務に割り当てるために必要でした。アライズイノベーションが提供する「AIRead」は、この目的を達成するための技術として選ばれました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、特許管理グループは数千ページに及ぶ特許文書から必要な情報をピックアップし、直接システムへの入力を行うという手間のかかる作業をしていました。この入力作業には月に約360時間が費やされており、業務の効率化が急務とされていました。

    導入前の課題に対する解決策

    解決策として「AIRead」の導入が決定しました。この技術は、大量の文字データを高精度にデータ化し、バックグラウンドで完全自動化することが可能でした。特に、オンプレミスでの運用や非定型文書への対応能力が評価され、データ活用の柔軟なカスタマイズが可能である点が導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    導入後、特許情報の入力作業が大幅に改善されました。入力業務に割り当てられていた時間を他の価値ある業務に振り分けることができるようになり、業務の効率化が図られました。また、エラーがあるデータの修正のみを行うことで、大幅な人員削減が可能になり、識字率も問題ないレベルに達しています。この変革は現場からも「楽になった」と高く評価されています。
  • この導入事例のポイント
    • 手作業で行っていたタクシーチケットに関する諸業務をAI×OCRで自動化sしたい
    • 高精度な読み取り精度と読み取り前の仕分け精度機能を搭載したAIRead
    • ビリングセンターのみで一括処理し、営業所の業務と残業時間を大幅削減した

    製品を導入することになった背景

    日本交通株式会社は、タクシーチケットの集計業務を人の手で行っていましたが、これが大きな負担となっていました。タクシーチケットは紙ベースで、乗務員に渡すだけで後日一括払いが可能な便利なシステムでしたが、そのアナログな仕組みが業務の効率化を妨げていたのです。この問題を解決するため、日本交通はAI×OCRソリューション「AIRead」の導入を決定しました。この技術により、手書き文字の高精度な認識が可能となり、業務の自動化と効率化が期待されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    日本交通は、タクシーチケットの手作業による集計業務に多大な労力を要していました。各営業所は、得意先のチケットナンバー、コード、金額、経路などを手入力し、これらのデータをビリングセンターに送っていました。ビリングセンターでは、月間約21万枚のタクシーチケットと福祉タクシー券の仕分け、請求、入金管理などを一括して行っており、これらの作業は全て手作業で行われていました。このため、業務の効率化が急務となっていたのです。

    導入前の課題に対する解決策

    日本交通は、業務の効率化を目指してAI×OCRソリューション「AIRead」を導入しました。このソリューションは、定型・非定型の書類から大量の文字データを収集し、人工知能による文字の特徴学習を通じてデータ化(OCR)を行います。特に、手書き文字の読み取り精度の向上に重点を置き、読み取り前の仕分け精度やチケットナンバーの読み取り、裏面のQRコード情報の精度向上に努めました。これにより、手作業による入力の負担を大幅に軽減することができました。

    製品の導入により改善した業務

    「AIRead」の導入により、日本交通の業務は大きく改善されました。特に、各営業所での入力業務が大幅に削減され、月平均39時間の業務量と50時間の残業時間が削減されました。また、営業所の作業はQRコードの読み取りと金額入力のみに簡略化され、入力速度も人に依存しなくなりました。ビリングセンターでは、読み取り作業が集中しましたが、新しいハードウェアの導入により読み取り速度が向上し、以前ほどの苦労はなくなりました。これらの改善により、業務の効率化と精度の向上が実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • 融資審査における決算書の勘定科目内訳明細書を読み取り作業の効率化を図りたい
    • AI画像認識、手書き文字や非定型の帳票などの高精度な読み取りが可能なAIRead
    • 勘定科目内訳明細書の読み取り作業の効率化を促進し、手作業の時間も削減成功した
    Used WebPilot

    製品を導入することになった背景

    山梨中央銀行は、山梨県甲府市に本店を置く地方銀行で、健全な経営を行っています。この銀行がAI-OCR「AIRead」を導入した背景には、財務分析業務の効率化があります。従来、勘定科目内訳明細の手入力には、1社あたり約15~20分の時間がかかり、これが約7,000法人分に及んでいました。この大きな業務負荷を軽減するため、山梨中央銀行は三井情報の財務分析ソリューション「CASTER」の更改時に、アライズイノベーションの紹介を受け、AI-OCRシステムの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    山梨中央銀行は、融資審査の際の財務分析業務において、大きな課題を抱えていました。具体的には、勘定科目内訳明細の登録作業において、1社あたり15~20分の手入力作業が必要であり、これが約7,000法人分に及ぶという膨大な業務負荷でした。この状況は、各営業店の行員にとって大きな負担となっており、業務効率の低下を招いていたのです。

    導入前の課題に対する解決策

    山梨中央銀行の抱える課題に対する解決策として、アライズイノベーションと三井情報が共同開発した「勘定科目明細 AI-OCR 入力システム」が導入されました。このシステムは、AI-OCR技術を用いて決算書の勘定科目内訳明細書を読み取り、データ化するものです。この技術により、手入力による時間の浪費を削減し、業務効率の向上を図ることができました。また、読み取り精度の向上にも努め、90%を超える読み取り精度を実現しています。

    製品の導入により改善した業務

    「AIRead」の導入により、山梨中央銀行は融資審査における財務分析業務の大幅な効率化を実現しました。具体的には、勘定科目内訳明細の読み取り作業を自動化することで、手作業による時間の浪費を大幅に削減しました。これにより、各営業店の業務負荷が軽減され、より効率的な業務運営が可能になりました。また、読み取り精度の向上により、データの信頼性も高まり、銀行業務全体の品質向上にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 請求書と納品書のつき合わせ作業と手入力業務の効率化、目視 確認の正確性の担保したい
    • 細かな調整や追加学習をくり返すことで、現場の要求に応える読み取り精度を実現
    • 仕入業務の効率化だけでなく、各拠点を含めた経理部全体のキャパシティが増大

    製品を導入することになった背景

    東京・福岡に本社を構えるレイメイ藤井株式会社は、紙・文具の卸売を中心に幅広い事業を展開しています。同社では、社内のITソリューションを活用し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していました。特に経理部仕入業務課では、毎月数千枚の紙の請求書を処理する重労働がありました。これらの請求書は、システムに手入力するか、納品書と目視で照合する必要があり、大きな負担となっていました。このような状況を改善するため、同社はクラウド型AI-OCRソリューション「AIRead on Cloud」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    レイメイ藤井株式会社の経理部仕入業務課は、膨大な量の紙の請求書と納品書の処理に追われていました。これらの文書は手作業でシステムに入力するか、目視で照合する必要があり、特に月初や繁忙期には長時間の残業が発生していました。この業務は部署全体の2割を占めており、正確性を担保するためには細心の注意が必要でした。このような状況は、業務効率化のための改善が急務であることを示していました。

    導入前の課題に対する解決策

    レイメイ藤井株式会社は、経理部仕入業務課の作業負荷を軽減するために、AI-OCR技術を活用することを決定しました。2020年2月から検討を開始し、複数のソフトウェアを比較検討した結果、アライズイノベーションのAIReadを採用しました。この製品は、請求書と納品書の入力自動化に特化しており、高い読み取り精度を実現しています。同社は、このシステムを導入することで、仕入業務の効率化を図ることを目指しました。

    製品の導入により改善した業務

    AIReadの導入により、レイメイ藤井株式会社の仕入業務は大幅に改善されました。運用初期には読み取り精度の課題がありましたが、現在では90%以上の精度で請求書のデータマッチングが可能となっています。これにより、納品書のチェックや金額の照合が簡単に行えるようになり、以前は月初や繁忙期に21時まで残業していた状況が改善されました。さらに、各支店で行っていた仕入業務を福岡本社に集約することが可能となり、部署全体の業務効率化が実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • 提供票のデータの手入力業務の効率化と紙カルテから電子カルテ化を図りたい
    • 書式が異なり読み取り位置が決まっていない帳票でもルール指定が可能なAIRead
    • 提供票のデータ入力、ファイリング作業に係る時間を削減し、紙の管理を廃止した

    製品を導入することになった背景

    ベルメディカルケア株式会社は、医療機器・医療材料の安定供給を通じて安全と安心を届けることを目的としています。しかし、アナログな業務が多い医療・介護業界において、ICTやロボット等の商材を積極的に取り入れる必要がありました。特に、福祉機器のレンタル先から毎月約6,000枚のFAXで提供票が送られてくる業務は、大きな負担となっていました。この業務を効率化するため、2022年にAI-OCR「AIRead」とETLツール「AIRead ETL Option」、RPAツールを導入することになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ベルメディカルケアでは、福祉機器のレンタルと販売業務に専用のパッケージソフトを使用していましたが、毎月ケアマネージャーからFAXで送られてくる提供票のデータ入力業務が大きな課題でした。FAXで受領した紙の提供票を各拠点の担当者が手作業で入力し、紙カルテとして保管するこの業務は、時間と労力の大きな負担となっていました。また、提供票のレイアウトがケアマネージャーごとに異なり、読み取りたい項目の位置が定まっていないため、AI-OCRの導入にも課題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題に対し、ベルメディカルケアはAI-OCRとRPAを用いてデータ入力業務の負担を軽減することを考えました。しかし、異なるレイアウトの提供票に対応するためには、AI-OCR側で800種類以上の設定が必要であることが判明しました。そこで、鈴与商事の宇佐美氏の提案により、アライズイノベーションの「AIRead」を導入することになりました。AIReadは異なるレイアウトでも読み取りが可能であり、提供票を自動的に電子保存する機能も備えていました。

    製品の導入により改善した業務

    AIReadの導入により、ベルメディカルケアは提供票のデータ入力とファイリング作業に係る時間を大幅に削減することに成功しました。提供票1枚あたりの作業時間を75%削減し、年間約900時間の削減効果を実現しました。また、紙から電子化への変更により、保管場所の確保が不要になり、本社から全ての拠点の提供票を参照できるようになるなど、業務効率化だけでなく、業務の質の向上も実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • 定型業務の1つである後期高齢者の質問票のデータ化業務の自動化と効率化を図りたい
    • オンプレミスでスモールスタートが可能なAI-OCRソリューションのAIRead
    • 当初と比べて、1/3程度の作業時間で完了し、人の確認作業は不要のレベルとなった

    製品を導入することになった背景

    鹿児島県国民健康保険団体連合会は、国民健康保険制度の運営を担う重要な役割を果たしています。連合会は、保険者の目的達成のために、診療報酬等の審査支払業務のほか、保険者事務の共同処理、給付の適正化、保健事業等を支援しているのです。しかし、業務量の増加に伴い、特に「後期高齢者の質問票」のデータ化業務の効率化が求められました。この背景から、連合会はデジタル技術の活用を模索し、2022年にAI-OCR「AIRead」の導入を決定しました。この導入は、定型業務の自動化と省力化を目指す一環として、業務効率化の大きな一歩となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    連合会では、新たに発生した「後期高齢者質問票登録業務」に対応する必要がありました。市町村から回収された質問票を「特定健診等データ管理システム」に登録する作業は、職員の手に余るほどの負担となっていました。外部委託も検討されましたが、個人情報の取り扱いやコストの面で問題がありました。このような状況の中、連合会はAI-OCR技術を用いて問題を解決する方法を探求しました。

    導入前の課題に対する解決策

    連合会は、複数のAI-OCRソリューションを比較検討しました。多くのAI-OCRはクラウドサービスを前提としており、個人情報を含む質問票のデータ化には適していませんでした。しかし、アライズイノベーションのAIReadは、オンプレミスでの利用が可能で、追加のハードウェア投資も不要でした。AIReadの無償トライアルを通じて、その利用感触と読取結果の確認を行い、最終的にAIReadを採用しました。このソリューションは、手書き文字の読み取りにも対応しており、連合会の具体的なニーズに合致していました。

    製品の導入により改善した業務

    AIReadの導入により、連合会は「後期高齢者の質問票」の読み取りとデータ化業務を大幅に効率化しました。月平均200枚の質問票を処理する必要がありましたが、AIReadを使用することで、作業時間を従来の1/3に短縮できました。特に、数字やチェックマークの文字認識精度が高く、人の確認作業がほとんど不要となりました。また、AIReadの最新バージョンでは日本語の手書き文書の精度も向上しており、今後の業務拡大にも寄与する見込みです。これにより、連合会は業務の自動化を進め、職員のワークライフバランスの実現にも貢献しています。
  • この導入事例のポイント
    • 決算書(財務諸表)データ収集と可視化し、先を見据えた営業スタイルに変革を図りたい
    • 複雑な文書に対応する画像処理機能と高精度なAIーOCRを搭載したAIRead
    • データの可視化と分析で、連携・優先順位付けされ営業スタイル変化の兆しが見えてきた

    製品を導入することになった背景

    みずほ銀行は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、顧客に新たな価値を提供するために、未来化プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、金融業界の急速な進化に対応し、中長期的な競争力を維持するために始まりました。特に市場営業部では、新たなビジネス価値の創出と顧客への価値提供を目指し、データマイニングを軸にした取り組みを開始しました。行内に散在する情報を集め、データ化し、効果的な利活用を目指すことで、営業スタイルの変革と顧客への新たな価値提供が狙いでした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    みずほ銀行の市場営業部は、金利や為替などの市場業務や取引を担当していましたが、決算書の情報が必要とされているにも関わらず、これらの情報を効率的に営業活動に活かせていませんでした。行内には必要なデータが存在していたものの、その情報を集めるのには多大な手間がかかり、データ化されていない勘定科目明細の財務情報もありました。これにより、営業活動の効率化と顧客への価値提供に課題が生じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    みずほ銀行は、行内のデータを集めて効果的に利用するために、AI-OCR「AIRead」の導入を決定しました。この技術は、画像データ内の文字を高精度でデータ化することが可能で、従来型のOCRでは読み取りが難しかった勘定科目明細の情報もテキスト化できるようになりました。AIReadの採用は、2回のPoC(Proof of Concept)を通じて、その読み取り精度の高さと他銀行での実績を評価基準として選ばれました。

    製品の導入により改善した業務

    AIReadの導入により、みずほ銀行の市場営業部は、決算書の情報を効率的に収集し、分析することが可能になりました。これにより、営業スタイルに変革が起こり、顧客に新たな価値を提供することができるようになりました。また、膨大なデータが連携・優先順位付けされたことで、営業部門の期待感が高まり、新たなビジネスチャンスの発見にも寄与しています。今後も継続的なブラッシュアップを通じて、データ利活用の取り組みを強化していく予定です。
  • よく比較されている
    「AI OCR」の製品:38件

    38件中 1~4件表示

    文書管理システム AI OCR 契約書管理システム

    株式会社オプティムのOPTIM Contractは、AIを活用した契約書管理サービスです。契約書データのアップロードでAIが契約書のタイトル・企業名・契約締結日・契約終了日を取得し、契約書一通ごとの情報を管理します。フリーワード・タグ・全文での検索など柔軟な検索機能を持ち、契約更新も自動でリマインドされるなど契約管理に必要な要素が詰まっています。また、権限の与えられた契約書にのみアクセスが許可され、役割に応じた権限管理が可能です。

    製品のおすすめポイント

    • AIが自動で、契約書の管理台帳を作成
    • スキャンした契約書をOCR処理でテキストデータ化
    • 電子帳簿保存法に則して電子契約を保管可能
    • セキュリティ対策も万全
    運営企業情報 株式会社オプティム
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 属性検索 外部連携 CSVファイル出力 アクセス制限 OCR登録 ドラッグ&ドロップ登録 他サービス連携 英語対応 手書きの読み取り可 スキャンデータの文字検索可 AI自動管理 リスク検出 ワークフロー 帳票種類分け(タグ付け) 英語対応 非定型帳票対応 手書き文字対応 画像読み取り 準定型帳票対応 タイムスタンプ API連携 データベース連携 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    文書管理システム AI OCR

    株式会社インフォディオのスマートOCRは、紙の文書や帳票をスキャン・撮影された画像データからテキストデータを抽出するクラウド型業務効率化支援ソリューションです。AIによるディープラーニングを活用し、手書き文字や非定型帳票などにも対応した高精度の読取を実現します。使用の際、毎回アップロードを行う必要はなく、フォルダ指定を行うだけで自動アップロードからOCR変換、そしてCSV出力までできる使い勝手の良さも魅力です。

    製品のおすすめポイント

    • 基本の特長となる高精度な文字認識と全自動変換
    • 各書類への対応力が高い、頼れるデータ抽出エンジン
    • 操作画面もユーザー管理も分かりやすく、セキュリティも安心の設計
    運営企業情報 株式会社インフォディオ
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 名刺スキャン ワークフロー 帳票種類分け(タグ付け) 取消線対応 英語対応 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 撮影画像対応 画像読み取り 準定型帳票対応 スマホでスキャン可 API連携 RPA連携 ベリファイ機能 データベース連携 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 3ヵ月
    よく導入している業種 小売・流通 ビジネスサービス 金融
    よく導入している企業の規模 51名-100名 6名-20名 不明

    文書管理システム AI OCR

    株式会社Cogent LabsのSmartReadは、独自開発のAIを活用することで認識率99.22%を誇るAI-OCRサービスです。コージェントラボが独自に開発した人工知能(AI)により、注文書や契約書、アンケート、預金通帳など多様なタイプのドキュメントを素早く正確に読み取り、情報を抽出。サードパーティツールを通して業務システム等に連携することで、データの利活用を促進します。SmartReadは事前学習済みのAIを活用することで、お客様による事前設定工数を大幅に削減できるだめ、作業時間やコストの削減に貢献します。

    製品のおすすめポイント

    • 高精度な文書仕分け&読み取りで データ入力時間やコストを大幅削減
    • 誰でも使いやすいUI/UXだから 導入・運用・全社展開もスムーズ
    • 充実した外部連携機能で データをすぐに活用できる
    運営企業情報 株式会社 Cogent Labs(コージェントラボ)
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 文書管理システム 外部連携 ワークフロー管理 文書編集 ISO文書管理 CSVファイル出力 アクセス制限 ドラッグ&ドロップ登録 ワークフロー 帳票種類分け(タグ付け) 取消線対応 英語対応 英語以外の言語対応 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 撮影画像対応 画像読み取り 準定型帳票対応 Excel変換 API連携 Word変換 RPA連携 ベリファイ機能 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種 IT・情報通信 金融 公共機関・非営利団体
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 101名-300名 301名-1,000名

    AI inside 株式会社のDX Suiteは、これまで手入力で行っていた帳票のデジタル化を効率的に実現し、企業の課題解決に貢献するAI-OCRサービスです。あらゆる書類を高精度でデジタルデータ化できます。読み取りは日本語、英語に加え多数の言語をカバーします。コマかな設定作業は不要で、種類の違う帳票をまとめて読取りできるので、大幅な時間削減につながります。まとめてアップロードした書類の自動仕分け機能と連携することで、数百種類の帳票を瞬時に仕分けることが可能です。

    製品のおすすめポイント

    • AI-OCR市場シェアNo1。あらゆる書類を高精度でデジタルデータ化
    • 高速処理のための分散コンピューティングと高いセキュリティレベル
    • AIがすべて自動で行うから設定不要で帳票のまるごと読み取りが可能
    運営企業情報 AI inside 株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 名刺スキャン 取消線対応 英語対応 英語以外の言語対応 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 撮影画像対応 画像読み取り 確認・修正・運用体制構築まで対応 準定型帳票対応 PDF編集 API連携 RPA連携 レイアウト維持 データベース連携 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 1か月
    よく導入している業種 その他 製造 金融
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 101名-300名 301名-1,000名

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる