Menu
Close

製品の紹介

Jooto

株式会社 PR TIMES

PRTIMESが運営しているJootoは、三菱地所ホームやPASONAなど大企業にも利用されている、プロジェクト管理ツールです。本格的な管理ツールでありながら、4人までは利用が無料。ガントチャートや複数のプロジェクトを一元管理できる機能が備えられており、タスク管理を効率化、プロジェクトサクセスに一歩近づくことができます。実際に導入した企業では、マネージャーの87%が業務の改善効果を実感しているソフトです。

最終更新日: 2022/04/19
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 確認作業に都度時間がかかり、円滑に案件を進められないため、対応策を検討していた
    • ITリテラシーが高くないメンバーでも扱える点を評価し、「Jooto」を導入
    • ツール上に情報を集約できるようになり、リアルタイムに共有することが可能になった

    製品を導入することになった背景

    大阪府箕面市に拠点を置く株式会社ガーデンラボは、造園工事やエクステリア工事、植栽管理を主な事業内容としています。同社は、案件管理において必要事項の確認に多くの時間を割いており、プロジェクトの進行が困難な状況にありました。情報共有がリアルタイムで行えず、案件が円滑に進めづらい課題を抱えていたため、一元管理が可能なJootoの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ガーデンラボは、案件の進捗管理をExcelで行っていましたが、情報の更新が遅れがちで、履歴が残らないなどの問題がありました。これにより、最新の情報を把握することが困難で、作業に必要な資材の手配や作業開始のタイミングなど、細かな状況が把握できず、再確認に手間がかかり、案件の進捗に影響が出ていました。また、データの共有方法にも課題があり、現場での作業が困難でした。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社ガーデンラボは、情報共有の問題を解決するために、Jootoを選択しました。Jootoは、ITリテラシーが高くなくても操作が可能で、ガントチャートなどの機能を含めてすべての機能が利用できる点が決め手となりました。また、費用がリーズナブルで、シンプルな課金体系も導入の理由でした。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、株式会社ガーデンラボではリアルタイムでの情報共有が可能となり、案件の進行が円滑になりました。特に、現場からでもJootoにアクセスし、必要な情報を簡単に確認できるようになったことが大きな改善点です。また、会議での案件の進捗確認時間が削減され、重要な内容の議論に時間を割くことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 口頭ベースでマネジメント層と現場とで情報共有することに限界を感じていた。
    • 価格がリーズナブルで操作がシンプルで扱いやすい点に魅力を感じ「Jooto」を導入
    • 導入の結果、情報が「見える化」され、効率的に情報共有ができるようになった

    製品を導入することになった背景

    ユニバーサルトラスト株式会社では、業務拡大に伴い、従来の口頭やExcelによる情報共有に限界を感じていました。特に、現場とマネジメント層間の情報伝達に課題があり、必要な情報がタイムリーに共有されず、効率的な意思決定や迅速な問題解決が困難でした。この状況を改善し、情報の「見える化」を実現するために、コミュニケーションツールの導入が必要と判断されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ユニバーサルトラスト株式会社は、情報共有の遅れや不足により、業務プロセスに支障を来たしていました。特に、マネジメント層が現場の状況をリアルタイムで把握できず、適切な指示やサポートが行えない問題がありました。また、従業員間のコミュニケーション不足から、同じ誤りを繰り返すケースも見受けられました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するため、ユニバーサルトラスト株式会社はJootoの導入を決定しました。Jootoは価格がリーズナブルで、使い勝手が良いこと、関連ファイルの添付が可能で、情報の一元管理が実現できる点が導入の決め手となりました。また、サポート体制の手厚さも評価され、社内の情報共有ツールとしての適性が高いと判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、情報共有が円滑になり、業務の効率化が図られました。特に、テレワークの増加に伴い、リモートでも情報がリアルタイムで共有できるようになり、迅速な意思決定や問題解決が可能となりました。また、Jootoによるタスク管理の明確化は、従業員の責任感を高め、業務の質の向上にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • ミーティングが長時間化するなど円滑にプロジェクトを進められず課題に感じていた
    • ITに詳しくないスタッフでも直感的に使えるという点を評価し、「Jooto」を導入
    • 導入の結果、ミーティングにかける時間を最長3時間から約1時間へ削減できた

    製品を導入することになった背景

    株式会社門井商店は、小ロットでの生産を行うOEM事業において、多くの案件を同時進行で管理する必要がありました。案件ごとに製品完成までの流れが異なり、フロー管理の複雑化が課題となっていました。特に、受注数の増加に伴い、納期の遅れや情報共有の困難が生じ、効率的な業務遂行のための解決策が求められていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社門井商店では、複数の案件が同時進行する中で、各案件の進捗管理や情報共有が困難であり、これが業務の遅延を招く原因となっていました。特に、社内ミーティングでの情報共有には長時間が費やされ、クラウドストレージでのフォルダ管理では情報の閲覧性に問題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社門井商店はJootoの導入を決定しました。Jootoの選定理由は、使いやすさ、スマートフォンでもタスクが確認できるアクセシビリティ、営業の手厚いサポート、そしてコストパフォーマンスの良さでした。Jootoは、案件の進捗管理や情報共有を効率化することが期待され、社内の異なる部門間でもスムーズなコミュニケーションが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、株式会社門井商店の業務フロー管理が大幅に改善されました。特に「チェックリスト」機能の活用により、業務の平準化が図られ、誰が作業しても同じ結果を得られるようになりました。また、ミーティングの時間が最長3時間から約1時間に短縮され、効率的な情報共有が実現されました。さらに、新たなメンバーのトレーニング期間の短縮や、マニュアルとしての活用など、Jootoの機能が多岐にわたって業務改善に寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 受注案件の増加により、メンバーの稼働状況が見えない状態となり、不安を感じていた
    • 機能がシンプルで誰でも利用しやすい点に魅力を感じ、「Jooto」を導入
    • タスク管理をオンライン上で行えるようになりコミュニケーションが効率化された
  • この導入事例のポイント
    • 製造工程の進捗状況を職人しか把握できておらず、状況を可視化する必要性があった
    • スマートフォンやパソコンなど、どのツールからでも見られる「Jooto」を導入
    • ガントチャートで製造工程が可視化されて建設的な会話ができるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社オーエックスエンジニアリングは、車いすの開発・製造販売を専門とする企業で、特に「車いすテニス」の競技用車いすで知名度が高いです。同社が直面していたのは、製造工程管理の属人化と、複数の拠点間での情報共有の困難さでした。これらの課題は、オーダーメイドの製品特性と、千葉と新潟にある2つの製造拠点の存在に起因していました。情報共有の必要性と、業務の効率化を目指してJootoの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    オーエックスエンジニアリングが抱えていた主な課題は、製造工程の属人化と、複数拠点間の情報共有の難しさでした。オーダーメイド製品の製造工程は、職人の技術と経験に大きく依存しており、その知識が個人に限定されている状況でした。また、千葉と新潟の2つの拠点が物理的に離れているため、円滑な情報共有が必要でありながらも、それが実現できていませんでした。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社オーエックスエンジニアリングはJootoを導入しました。Jootoは、タスクやプロジェクトの進捗をリアルタイムで共有できるツールで、複数の拠点間でも情報が円滑に流通するようになります。また、Jootoにはガントチャート機能も含まれており、各職人の作業スケジュールや進捗状況が一目でわかるため、属人化していた作業管理を改善することができました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、複数の拠点間での情報共有がスムーズになり、工程管理の「見える化」が実現しました。特に、ガントチャートを使用することで、急ぎの仕事の優先度を再調整するなど、より柔軟な作業スケジュールの管理が可能になりました。また、全従業員がタスクの進捗状況をリアルタイムで確認できるようになったため、各個人の責任と透明性が高まり、結果として会社全体の生産性向上に寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • チャットツールを利用していたが、指示の確認漏れやタスクの対応漏れが発生していた
    • PC操作がそれほど得意ではない人でも簡単に使える点を評価し「Jooto」を導入
    • 未完了のタスクをチェックできるようになり、確認漏れやタスクの対応漏れが無くなった

    製品を導入することになった背景

    昭和60年に創業を迎えた「クオリ株式会社」は、北海道石狩市を拠点にギフトショップの運営を行っております。インターネットの普及と共に、2010年からはオンライン販売にも力を入れ、全国へと販路を広げていらっしゃいます。しかし、業務の拡大に伴い、タスク管理の難しさが顕在化。特に、チャットツールでの指示が増えると、重要なコメントが流れてしまい、作業の指示を見落とすという問題が発生していました。これにより、効率的なタスク管理ツールの必要性を痛感し、Jootoの導入を決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    クオリ株式会社では、従業員それぞれがテキストエディタやTodoリストでタスク管理を行っていましたが、これは個人での管理に過ぎず、社内全体での共有はされていませんでした。このため、指示した側からは指示の受け手がタスクを把握しているのか不明瞭で、また、誰がどの作業を担当しているのか、また、誰が空いているのかも把握しづらい状況でした。その結果、作業が一部の人に集中し、効率的な業務運営が困難になっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    このような状況を改善するため、クオリ株式会社はJootoを導入しました。Jootoの特長は、ボードでタスクを一覧管理でき、どの作業が未完了か、誰がどのタスクを担当しているかが一目でわかる点です。また、作業の指示もJooto上で行えるため、指示の見落としや確認漏れがなくなりました。さらに、Jootoは操作が簡単で、UIがシンプルながら必要な機能を備えているため、PC操作に自信のない人でも容易に使用できる点が導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、クオリ株式会社では作業のやり忘れや指示の確認漏れがなくなり、作業効率が大幅に改善しました。また、タスクの進捗状況がリアルタイムで把握できるため、「あの作業はいつやるの?」「あの作業は終わった?」といった確認作業が減少。これにより、従業員はより本質的な業務に集中できるようになりました。さらに、Jootoは社内だけでなく、取引先とのプロジェクト管理にも使用されており、取引先とのコミュニケーションもスムーズになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 案件受注数の増加に伴い、社員1人1人と細かな進捗確認をするのが難しくなった
    • 操作がシンプルで社外ユーザーへも権限付与ができる点を評価し「Jooto」を導入
    • 管理案件数が2倍以上に増えながらも、進捗状況をスムーズに把握できるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社Buddy Compassでは、事業拡大に伴い、プロジェクト数が増加し、従来のチャットツールでのタスク管理では全スタッフのタスクを把握しにくくなっていました。特に、社外のスタッフにもスムーズに権限を付与できるシステムが必要とされ、これらのニーズに応える形でJootoが選ばれました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、同社はプロジェクトの増加により、個別の時間を割くことが難しくなり、細かい状況確認ができない問題に直面していました。また、社内外のスタッフとの情報共有の質を高める必要があり、特にオンラインでのやり取りが主である外部スタッフとの効率的なコミュニケーションが課題でした。

    導入前の課題に対する解決策

    Jootoは、WBS形式でのタスク管理が可能で、プロジェクトごとに社外の方にも権限を付与できる点で、株式会社Buddy Compassの課題解決に適していました。また、タスクの細分化とガントチャートの作成が自動化され、プロジェクト全体の進捗状況の可視化が可能になりました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、管理できるプロジェクト数が2倍以上に増加し、情報共有の質も向上しました。リアルタイムでの進捗確認が可能になったことで、離れた場所にいるメンバーとのリスク管理がしやすくなり、全体の業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 業務量の増加に伴い、管理側もスタッフ側もタスク全体を把握できなくなっていた
    • 「ドラッグ&ドロップ」でタスク移動できる点に魅力を感じ、「Jooto」を導入
    • 導入の結果、案件の進捗に合わせて先回りをしながら業務を進められるようになった

    製品を導入することになった背景

    サイバール株式会社TAVARAT事業部では、事業の拡大とともにスタッフやタスクの増加が進み、従来のホワイトボードと口頭によるタスク管理では、指示の抜け落ちやタスクの全体像の把握が困難になっていました。時間のロスや作業の優先順位の見失いが問題となり、効率的なタスク管理ツールの必要性が高まっていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    サイバール株式会社では、スタッフの増加と業務量の拡大により、従来のタスク管理方法では作業の進捗が不透明となり、スタッフ間での作業状況の共有が困難になっていました。特に、商品をECモールに出店する一連の流れにおいて、時間ロスが増え、優先順位の判断が難しくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、サイバール株式会社はJootoを導入しました。Jootoの特徴は、見た目のレイアウトが分かりやすく、必要な機能が揃っており、シンプルな構成であることです。これにより、スタッフ全員がタスク管理に参加しやすくなり、デジタルツールに不慣れなメンバーでも安心して使用できる環境が整いました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、タスクの進捗が一目で確認できるようになり、作業のやり忘れが減少しました。また、タスク内のチェックリストにより、作業の進行状況が視覚的に分かりやすくなり、スタッフ間での情報共有がスムーズになりました。これにより、商品開発から販売までのプロセスが効率化され、業務の進行がよりスムーズになりました。
  • この導入事例のポイント
    • リモートワークや複数名で対応する業務の増加に伴い、情報共有に時間がかかっていた
    • 操作がシンプルなため、職員も抵抗なく利用できると思い、「Jooto」を導入
    • リモートワークでも進捗状況を共有できる体制が整い、情報共有の質が高まった
    • スマートフォンで確認できる為、移動時間など空いた時間を有効活用できるようになった

    製品を導入することになった背景

    新橋税理士法人では、リモートワークの導入やチームで対応する業務の増加に伴い、業務の進捗共有に多大な時間が必要とされていました。特に、複数の案件を同時に進行させる中で、進捗管理の効率化が求められていたのです。これらの課題を解決するために、Jootoの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    同法人は、ガントチャートのみで業務の進捗状況を確認しており、即座に「どの業務がどのような状態なのか」を把握することが困難でした。また、チーム内で詳細な進捗状況を共有する必要性が高まっていた時期であり、既存のツールでは操作に時間がかかり、情報の更新が滞っていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、Jootoが選ばれました。Jootoは操作がシンプルで、カンバン形式を採用しており、タスクの状況を一目で確認できる利点がありました。また、スマートフォンからでもタスクの確認が可能で、移動中でも業務の進捗を把握できる点が評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、1つのタスクを複数名で共有できるようになり、チーム内での業務進捗管理がしやすくなりました。進捗状況の確認時間が大幅に短縮され、リモートワークが増えた現在でも、直接聞かなくても各々の状況を把握できるようになりました。これにより、業務の効率化が実現し、顧客満足度の向上にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • チャットツール等ではチーム・個人の課題を連動して進捗管理することが難しかった
    • 部門全体のプロジェクト管理をスムーズにできる点を評価し「Jooto」を導入
    • 管理者がメンバーの業務量を把握できるようになり、指示も出しやすくなった
    • 必要な情報やデータへすぐにアクセスできるようになり、業務改善が見られた

    製品を導入することになった背景

    サンキャスト株式会社では、テレワークの導入とジョブ型雇用への移行を進める中、リアルタイムでの情報共有やコミュニケーション方法の改善が必要とされていました。特に、部門間のプロジェクト管理をスムーズに行うためのツールが求められていたのです。ExcelやCRM、チャットツールなど様々なツールを試したものの、これらが上手く機能せず、結果的にJootoが選ばれました。Jootoは、業務効率化施策の一環として導入され、その柔軟性とプロジェクト管理能力により、社内のコミュニケーション改善に寄与しています。

    導入前に企業が抱えていた課題

    サンキャスト株式会社の働き方改革が進む中、特にテレワークの導入において、メンバー間での情報共有やコミュニケーションが大きな課題となっていました。従来の方法では、リアルタイムでの情報共有が困難で、プロジェクトの進行に支障をきたす事態も発生していました。また、複数のコミュニケーションツールの存在が作業効率の低下を招いていたのです。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、サンキャスト株式会社はJootoの導入を決定しました。Jootoは、直感的な操作でプロジェクトやタスクの管理が可能であり、Chatworkとの連携も実現できるため、社内外のコミュニケーションを効率的に行うことができます。また、Jootoには担当者の設定やラベル機能、フィルタ機能など、プロジェクトの進捗管理やメンバーの業務量把握を容易にする機能が備わっています。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、サンキャスト株式会社では社内メールの量が90%以上削減され、必要な情報やデータの検索が効率化されました。また、各コミュニケーションツールの使用目的を明確化し、運用ルールを構築したことで、以前に抱えていた課題が解消され、業務の進捗も速くなりました。今後は、Jootoを活用したコミュニケーションの範囲を取引先にも広げ、更なる業務効率化を図る計画です。
  • この導入事例のポイント
    • 他社との共同事業を進めるうえでのタスク管理が上手くできておらず、課題に感じていた
    • タスク管理機能が、悩まず、迷わず使える点に魅力を感じ、「Jooto」を導入
    • 導入の結果、各プロジェクトにおいて誰がどのように関わっているかが明確になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社DIANTは、多岐にわたる業務と緻密なタスク管理の必要性から、社内コミュニケーションとタスク管理の改善を迫られていました。特に、外部とのやり取りが多く、迅速な対応が求められる中で、タスクの進捗管理や情報共有の方法に課題を感じていました。これらの状況を改善するため、効率的なタスク管理ツールの導入が必要とされました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社DIANTは、様々なプロジェクトを抱える中で、タスクの混在や担当者間の情報共有の不足、納期の遅延や制作の滞りなど、タスク管理の粗さが問題となっていました。特に、他社との共同事業においては、各社のタスクが混在し、誰がどのタスクを担当しているのかが不明瞭で、作業の効率が損なわれていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社DIANTはJootoを導入しました。Jootoの視覚的に分かりやすいインターフェースと、クラウド型での機能充実が、迅速かつ正確なタスク管理を実現する決め手となりました。特に、Jootoのボードやタスク機能を用いることで、プロジェクトの進捗状況や担当者が一目で分かるようになり、作業の効率化が図られました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、株式会社DIANTではタスク管理の質が向上し、納期の遅延や制作の滞りを迅速に把握できるようになりました。また、社内ミーティングの質の向上、情報共有の効率化、そして営業プロセスの改善が実現されました。これにより、スタッフ間のコミュニケーションが整理され、業務の効率が大きく向上しました。さらに、Jootoを活用したプロジェクト管理により、新規案件の取り組み方にも明確な指針を提供できるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • メンバー間の情報共有がスムーズでなく、会議で余計な時間が割かれてしまっていた
    • 日本語表記、日本語でのサポートがあり安心感があったため「Jooto」を導入
    • 導入の結果、進捗と成果を見通せるようになり、迅速な作業指示が可能となった

    製品を導入することになった背景

    株式会社ワンズマインドは、ビジネスマッチングサイト「比較ビズ」の運営を行っており、事業の拡大に伴い、法人営業サービス部が10名のチームに成長しました。この成長により、従来のエクセルでのタスク管理が困難になり、情報共有のスムーズさも欠けていました。これに対処するため、2021年6月にタスクの「見える化」と情報共有の効率化を目的としてJootoが導入されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ワンズマインドでは、商談契約率の向上を目指し、施策管理を重視していましたが、タスクが一覧化されておらず、施策と結果の紐付けが困難でした。また、メンバー間の業務把握が不十分で、口頭での確認が必要な状況が多発。さらに、管理者もメンバーの業務進捗の把握に限界を感じ、効率的な指示やフィードバックが難しい状況にありました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するため、株式会社ワンズマインドはJootoを選択。その決め手となったのは、国産ツールである安心感、直感的な操作性、ガントチャート作成の容易さ、端末を選ばない利便性、そして長期利用を見越したコストパフォーマンスでした。これにより、施策管理とメンバーの業務「見える化」を実現する道が開かれました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、株式会社ワンズマインドのメンバー間の連携が向上し、チーム全体の動きが改善されました。施策の結果がJootoで一覧管理され、成功したポイントを他の案件にも活用できるようになりました。また、有給休暇の申請方法をJootoに変更したことで、有給消化率がほぼ100%に上昇。これは、メンバーが互いの休暇を把握しやすくなったためです。さらに、タスク管理の透明性が向上し、管理者もメンバーの進捗をリアルタイムで確認できるようになり、効率的な指示やフィードバックが可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 管理すべきタスクとスケジュールが多く、作業の煩雑さと負荷に課題を感じていた
    • マウス操作だけでタスクを管理することができる点に魅力を感じ「Jooto」を導入
    • 導入の結果、タスクやスケジュールの確認漏れがなくなり、トラブルが減った

    製品を導入することになった背景

    株式会社しがトコは、滋賀県を魅力的に伝える情報を発信するローカルメディア『しがトコ』の運営を行っています。記事の企画から公開に至るまでの多くの工程を管理する必要があり、特に複数の企画が同時進行する際には、タスクやスケジュールの管理が煩雑になるという課題を抱えていました。これらの課題を解決するために、タスク・プロジェクト管理ツールとしてJootoの導入を決めました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社しがトコでは、多くの記事を効率的に管理・公開するためには、企画、取材、撮影、執筆、編集などの各工程の進捗状況を正確に把握し、スケジュールを厳守する必要がありました。しかし、従来の方法では、タスクの進捗状況やスケジュールの把握が困難で、情報の更新にも手間がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    このような状況を改善するために、株式会社しがトコはJootoを導入しました。Jootoは直感的なユーザーインターフェースを備えており、操作にストレスを感じさせない点が導入の決め手となりました。また、料金設定の良心性や、日本語でのサポートが受けられる点も評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、各企画の進捗状況が一目で分かるようになり、タスクの見落としがなくなったことで、メディアの運営が円滑になりました。特に、「ドラッグ&ドロップ」の操作でタスクを簡単に管理できる機能が、進捗管理の効率化に寄与しています。今後は、さまざまな業務やプロジェクトにJootoを導入し、その機能を最大限に活用していく予定です。
  • この導入事例のポイント
    • 複数のスプレッドシートによるタスク管理に手間がかかり、煩わしさを感じていた
    • タスク管理に必要な機能のみを使えるシンプルさに魅力を感じ「Jooto」を導入
    • 導入の結果、1つのツールで確認・やり取りを完結できるようになり生産性が上がった
  • この導入事例のポイント
    • チーム内の業務を分担するにあたり、案件の進捗状況の可視化を進める必要があった
    • チーム内で担当する業務を可視化できる点に魅力を感じ、「Jooto」を導入
    • ツールを導入した結果、チームメンバー全員が案件の進捗を把握できるようになった
  • この導入事例のポイント
    • 商品数増加により管理シートが見づらくなり、作業効率が低下する等、課題があった
    • 「リアルタイムな進捗管理」を実現することができると思い、「Jooto」を導入
    • 導入の結果、タスクの状況がひと目でわかり、役割分担の最適化がしやすくなった
    • 会議での進捗確認の時間が半分になり、議論などに時間を割けるようになった
    • チェックリストを活用し、社内の納期に遅れる等のミスを減らすことができた
  • この導入事例のポイント
    • 各業務のノウハウが属人化しており、各担当者の業務量や状況も把握しづらい状態だった
    • 仕事を「見える化」することができる点に魅力を感じ、「Jooto」を導入
    • ツールを導入した結果、業務が「見える化」され、「脱属人化」を図ることができた

    製品を導入することになった背景

    税理士法人TAPは、業務の効率化と生産性の向上を目指し、従来の「紙が主体の管理体制」や「業務の属人化」からの脱却を図る必要がありました。特に、担当者間のコミュニケーションの煩雑さや、ホワイトボードを用いたタスク管理の限界を感じていました。これらの課題を解決するために、業務の「見える化」を実現し、社内外からでも仕事の状況を確認できるクラウドツールの導入が必要と判断しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    税理士法人TAPは、「製販分離」の業務スタイルを採用していましたが、その進行において複数の課題に直面していました。具体的には、担当者間のやり取りが煩雑であり、ホワイトボードや紙でのタスク管理に限界を感じていました。また、業務の属人化が進んでおり、各担当者が何をしているのかが不透明で、互いのフォローが困難な状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するため、税理士法人TAPはJootoの導入を決定しました。Jootoは、業務の「見える化」を実現し、誰がどの業務を行っているのかを一目で把握できるメリットがありました。また、タスクにスケジュールを登録でき、やり漏れの心配を減らすことができました。チェックリストを活用することで、脱属人化を実現し、社内での作業やノウハウの共有が可能になりました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、税理士法人TAPは業務の進行状況が明確になり、業務の滞りが少なくなりました。特に、チェックリストの活用により、顧問先ごとの対応作業を細かく記入し、社内での情報共有がスムーズになりました。また、Jootoのコメント機能やファイル添付機能を利用することで、担当者間のコミュニケーションが効率化され、業務の迅速な進行が可能になりました。これにより、会社全体の生産性が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • Excelを使った週次会議での進捗確認は、入力が面倒で後回しにすることがあった
    • 視覚的に分かりやすい画面で、誰でも利用しやすい点を評価し「Jooto」を導入
    • 情報更新の頻度が向上し、会議の進捗確認時間を2/3に削減することができた
    • 各担当者のToDoが共有できるようになり、プロジェクトの進捗管理の精度が向上した
    • タスクに紐づく資料が「Jooto」に集約され、探す手間が大幅に削減した

    製品を導入することになった背景

    テラル株式会社は、国内外に拠点を持ち、ポンプや送風機などの製造・販売を行っております。特に、海外技術推進室では、日本と海外拠点間の技術移管や新商品開発の窓口としての役割を果たしています。しかし、エクセルを使用した案件管理には限界があり、情報共有が週次更新に留まり、長期案件の進捗が不明瞭な状況でした。これらの課題を解決するため、より効率的なタスク管理ツールが必要とされ、Jootoの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    テラル株式会社では、エクセルでの案件管理が煩雑で、情報共有が遅れがちでした。特に、長期案件の管理では、進捗の把握が困難で、優先度の低い業務が山積みになる事態が発生していました。また、エクセルの限界から、情報のリアルタイム共有が困難で、必要なタスクが後回しにされる傾向がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、テラル株式会社はJootoを導入しました。Jootoの利用により、情報共有がリアルタイムで可能になり、エクセル時代に比べて作業の抜け漏れや遅延が減少しました。また、Jooto上でのタスク管理により、進捗状況が一目でわかるようになり、超長期案件でも適切なタイミングでの作業進行が可能になりました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、テラル株式会社の業務効率が大幅に向上しました。特に、週次ミーティングでの進捗確認時間が3分の2に削減され、議論や相談により多くの時間を割くことができるようになりました。また、タスクに紐づくコメント機能により、業務報告の漏れが減少し、チーム内のコミュニケーションの質が向上しました。さらに、アラート機能の活用により、長期案件の進捗管理がスムーズに行え、必要な作業に集中することが可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 社員が増えて一人ひとりの状況を細かく把握できなくなり、課題を感じていた
    • 事業拡大による業務効率化を図るためタスク管理ツールである「Jooto」を導入
    • どこで業務が止まっているかが分かるようになり課題を解決できるようになった

    製品を導入することになった背景

    株式会社ワンテーブルは、業務量の増加と細かいタスクの増加に直面し、既存のクラウドサービスだけでは業務を管理しきれなくなったことから、タスク管理ツールの導入を検討しました。新入社員が多く、プロジェクトが進行中の拠点が離れている状況で、どのツールを導入すれば良いか決めかねていたところ、偶然にも大学時代の友人がJootoの業務を担当していることを知り、相談したことが導入のきっかけとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    Jooto導入前、株式会社ワンテーブルでは特にタスク管理ツールを利用しておらず、プロジェクトの地域拡大と社員数の増加により、業務管理に課題を抱えていました。一人ひとりの状況を細かく把握することが困難になり、タスクのやり漏れや業務範囲の偏りが発生していました。管理職がフォローするなどの対応をしていましたが、効率的ではありませんでした。

    導入前の課題に対する解決策

    課題に対して、株式会社ワンテーブルはJootoの「導入支援プログラム」に注目しました。このプログラムは、企業に合わせた使用方法を提案し、Jootoの担当者が定例ミーティングを実施するため、社内にタスク管理ツールが定着するまでサポートしてくれるものでした。これにより、導入時の課題があっても、社内にJootoを定着させ、業務を「見える化」し、「リアルタイムでアップデート」できると確信し、Jootoを選択しました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoを導入してから、株式会社ワンテーブルの業務管理は大きく改善され、業務効率が上がりました。特に、定例ミーティングをJootoで実施することにより、会議の時間が約3分の1に短縮され、会議で解決できる課題が増えました。また、Jootoを通じて他のメンバーが作成した資料やノウハウが見やすくなり、分からない点をその都度聞く手間が省け、定時退社できる社員が増えたという効果もありました。
  • この導入事例のポイント
    • 案件詳細がチャットツール上にしかなく、過去スレッドを探す際に手間が発生していた
    • 案件漏れのリスクや案件管理が感覚的である点を評価し、「Jooto」を導入
    • 対応時間や納期が共有できるようになり、提出までの生産性を向上させることができた

    製品を導入することになった背景

    株式会社フーモアの漫画事業部では、社内漫画家チームが多数の案件を抱え、各案件の進行状況や担当者の作業状況が不透明でした。案件の進捗確認や担当者の決定に多くの時間が取られ、効率的な作業の妨げになっていました。このような状況を改善するため、前職での利用経験がある堺谷梨紗さんの提案により、タスク管理ツールであるJootoの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    Jooto導入前、株式会社フーモアの漫画事業部では、案件の担当者決定や進行状況の把握がチャットツール上で行われていましたが、情報が散逸しやすく管理が煩雑でした。特に、どの漫画家がどの案件を担当しているのか、案件の締切りや優先順位の把握が困難で、作業の効率化が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、Jootoが導入されました。Jootoには案件の詳細や締切り、担当者などを一元管理できる機能があり、これにより作業の透明性が向上しました。また、Jootoのラベル機能を使用して大まかな進捗状況を可視化し、チーム全体での情報共有が容易になりました。

    製品の導入により改善した業務

    Jootoの導入により、案件の進捗状況や担当者が一目でわかるようになり、チーム内のコミュニケーションが活発になりました。また、案件の優先順位が明確になったことで、作業の効率が大幅に向上。特に、ラフ案の完成が従来の17時から15時へと、約2時間の短縮が実現しました。これにより、納期の厳守やクオリティの向上に繋がっています。
  • よく比較されている
    「プロジェクト管理ツール」の製品:22件

    22件中 1~4件表示

    プロジェクト管理ツール タスク管理ツール

    BitrixのBitrix24は、タスク管理やかんばんボード、ガントチャートや時間追跡機能、タスクレポートなど、35 種類以上のプロジェクト管理ツールを利用できるタスク・プロジェクト管理ツールです。無料プランにおいては最大チーム人数は無制限で、ビジネスチャットやファイル共有などコミュニケーション機能の活用が可能です。リアルタイムなプロジェクト進行状況の追跡により作業の効率化を実現することができます。

    製品のおすすめポイント

    • 直感的に理解しやすいモバイルタスク管理機能
    • プロジェクトの可視化による業務の効率化が可能
    • プロジェクトの問題解決をオンラインで一元的に行える
    運営企業情報 Bitrix
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 課題管理 ガントチャート タスク管理 スケジュール管理 進捗報告要求 時間計測機能 時系列ガントチャート作成 コメント追加 タスクテンプレート モバイルアプリあり チャットツール連携 チャット機能 
    推奨環境 Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ERP プロジェクト管理ツール

    MA-EYESncは、システム開発業に特化したERP・プロジェクト管理ツールになります。プロジェクトの進捗をほぼリアルタイム確認が可能でき、赤字プロジェクトを未然に防ぐことが可能です。全ての情報が1つのシステムに集約され、一度入力した情報は引き継がれるため、基本的に二重入力はさせない仕組みとなっています。また、管理会計に役立つ様々な分析帳票がワンクリックで出力可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 豊富な標準機能から必要な機能を選択して利用可能
    • 上場企業も安心、内部統制を強化する機能が充実
    • 会計システムと連携可能により、煩雑な連携作業は不要
    運営企業情報 株式会社ビーブレイクシステムズ
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 プロジェクト管理ツール ワークフロー 経費管理 顧客管理 購買管理 グループウェア スケジュール管理 アクセスログ管理 リソース管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    プロジェクト管理ツール

    スキル管理・アサイン管理支援ツール fapiは、エンジニアのスキルを管理し、プロジェクトへのアサイン検討を強力にサポートするクラウドサービスです。エンジニアのスキル管理に最適なシステム構成、管理項目の自由度、登録データの集計・分析でスキル管理、アサイン管理業務における課題を解決します。システム開発企業の課題解決の為に開発したため、必要とする要員検索、専門的なスキル情報の細分管理、アサイン管理などを実現し作業工数を大幅に削減します。

    製品のおすすめポイント

    • ITの専門家がシステム開発会社のために開発
    • 認証を取得済み、品質・情報セキュリティに関するマネジメントシステムの構築
    • スキル管理、アサイン管理業務における課題を解決します
    運営企業情報 株式会社エフ・ディー・シー
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 プロジェクト管理ツール 工程管理 案件管理 ガントチャート スケジュール管理 プロセス管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    プロジェクト管理ツール

    パラダイスウェア株式会社のマンモスプロジェクトは、プロジェクトを成功させるために重要な全体像を共有するのに適したプロジェクトマネジメントツールです。 ITをはじめ多くの業界で利用されています。プロジェクトのタスクを5つのビューで直感的かつ多角的に把握できるのが特長で、情報の抜けや漏れを防ぎます。また、議事録やフィードバックをログとして保存するので、やりとりが後からでも簡単に確認できます。Slackなど外部との連携も可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 5つのビューでプロジェクトを多角的に把握し、個々のタスクも明確に
    • 議事録やフィードバックをログとして保存するので、振り返りも容易に
    • プロジェクトメンバーの入れ替えも、適切に管理
    運営企業情報 パラダイスウェア株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 工程管理 案件管理 ガントチャート スケジュール管理 アクセスログ管理 タスク管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    よく比較されている
    「タスク管理ツール」の製品:14件

    14件中 1~4件表示

    プロジェクト管理ツール タスク管理ツール

    BitrixのBitrix24は、タスク管理やかんばんボード、ガントチャートや時間追跡機能、タスクレポートなど、35 種類以上のプロジェクト管理ツールを利用できるタスク・プロジェクト管理ツールです。無料プランにおいては最大チーム人数は無制限で、ビジネスチャットやファイル共有などコミュニケーション機能の活用が可能です。リアルタイムなプロジェクト進行状況の追跡により作業の効率化を実現することができます。

    製品のおすすめポイント

    • 直感的に理解しやすいモバイルタスク管理機能
    • プロジェクトの可視化による業務の効率化が可能
    • プロジェクトの問題解決をオンラインで一元的に行える
    運営企業情報 Bitrix
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 課題管理 ガントチャート タスク管理 スケジュール管理 進捗報告要求 時間計測機能 時系列ガントチャート作成 コメント追加 タスクテンプレート モバイルアプリあり チャットツール連携 チャット機能 
    推奨環境 Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    タスク管理ツール

    アスニカ株式会社のtorioは、無駄を削ぎ落したインターフェースを持つタスク管理ツールです。Googleカレンダー、Slack、ChatWorkなど、使い慣れたツールとシームレスに連携できるので、ツールごとに画面を開いて操作したり、リマインドの手間を省きます。また、プロジェクト単位だけでなく、メンバーごとのタスクも一覧で確認できるので、従業員のマネジメントの観点でも有用です。10秒でアカウント登録完了が可能なので、手軽に始められます。

    製品のおすすめポイント

    • 組織の現実に合わせて、柔軟なタスク管理が可能
    • 作業の手間を省く、外部ツールとの連携力が魅力
    • チーム員同士のコミュニケーションを円滑にする機能が豊富
    運営企業情報 アスニカ株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 国産製品 閲覧権限設定 進捗報告要求 カレンダー連携 コメント追加 ファイル添付 チャットツール連携 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    タスク管理ツール

    Doist Inc.のTodoistは、シンプルな操作性で豊富なテンプレートを搭載するタスク管理アプリです。2022年時点にて、世界で3,000万人以上もインストールされています。マルチデバイス対応で場所を問わずに使用でき、フィルター、ラベル、優先度などを使って ToDo リストをカスタマイズできます。多くの外部ツールとも連携できるので、基本的な機能だけを使いたい人も、複雑な機能が必要な人も、どちらにも使い勝手の良いアプリと言えます。

    製品のおすすめポイント

    • 予定を明確化して、タスクの抜けや漏れを防ぐ
    • 仕事仲間、家族などチームでの連携もスムーズに
    • 世界中のあらゆる人の為の、豊富なテンプレート
    運営企業情報 Doist Inc.
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 ログインログ表示 進捗レポート表示 進捗報告要求 時系列ガントチャート作成 カレンダー連携 コメント追加 タスクテンプレート フィルタ機能 ファイル添付 モバイルアプリあり メールでタスク追加 ドラッグ&ドロップで進捗編集 チャットツール連携 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート チャット 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    タスク管理ツール

    Notion Labs Inc.のNotionは、プロジェクトやスケジュールなどを管理する、世界的なタスク管理ツールです。ドラッグ&ドロップするだけで、必要なダッシュボード、Webサイト、ドキュメント、システムなどを作成できるシンプルな操作性が魅力です。コミュニティで作成された何千ものテンプレート、インテグレーション、イベントがあるので、情報不足に悩むことがありません。無料で始められる手軽さもポイントです。

    製品のおすすめポイント

    • テレワークでも、同じ場所にいるような感覚で働ける
    • 大規模な組織を管理できる、エンタープライズプラン
    • 大規模組織向けに限らず、フリーランスなどの個人利用にも便利な機能が充実
    運営企業情報 Notion Labs Inc.
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 ログインログ表示 閲覧権限設定 進捗報告要求 進捗レポート表示 時系列ガントチャート作成 カレンダー連携 コメント追加 システムのバグ管理 フィルタ機能 ファイル添付 モバイルアプリあり タスクテンプレート チャット機能 ドラッグ&ドロップで進捗編集 
    推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート メール チャット 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 IT・情報通信 ビジネスサービス 製造
    よく導入している企業の規模 21名-50名 301名-1,000名 101名-300名

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる