Menu
Close

AI OCRとは?OCRとの違いやテキスト化の仕組み、メリットを解説

目次

AI OCRとは光学文字認識技術に人工知能技術を組み合わせた最先端OCR技術のことです。これまでもOCR技術を使って、手書きの文字を認識させて業務効率をアップさせている企業はたくさんありました。

近年は人工知能技術がさまざまな分野で応用されており、従来よりも高い識字率でデータベース化できます。企業の生産性を高められるとして注目されているツールです。

本記事では、AI OCRの基礎知識やメリット、注意点を解説します。おすすめのAI OCRツールや選定時のポイントもご紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

自社に合うAI OCRツールを導入し、業務効率に役立てましょう。

「AI OCR」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 非定型帳票対応
    • ベリファイ機能
    • 撮影画像対応
    • 自動補正機能
    • Excel変換
    • ワークフロー
    • Word変換
    • スマホでスキャン可
    • データベース連携
    • タイムスタンプ
    • 名刺スキャン
    • レイアウト維持
    • 準定型帳票対応
    • 確認・修正・運用体制構築まで対応
    • 英語以外の言語対応
    • 帳票種類分け(タグ付け)
    • 英語対応
    • 縦書き対応
    • 手書き文字対応
    • 画像読み取り
    • 取消線対応
    • API連携
    • RPA連携
    • PDF編集
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
DenHo(デンホー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料トライアル 要相談
スターター 9,980円/月額
備考
同時利用制限数は1で、月間アップロード上限は10です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
ビジネス 49,800円/月額
備考
同時利用制限数は5で、月間アップロード上限は100です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
制限なし
OPTIM Contractの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
3ヵ月
スマートOCRの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ヶ月トライアルプラン 30,000円/月額
スモールプラン(クラウド版) 36万円/年(月額3万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数1.2万枚前後
スタンダードプラン(クラウド版) 96万円/年(月額8万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数6万枚前後
エンタープライズプラン(クラウド版) 240万円/年(月額20万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数26万枚前後
オンプレミスプラン(オンプレミス版) お客様に最適な プランをご提案いたします
備考
初期費用は不要!
1年
SmartReadの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
DX Suite Lite 30,000円/月額
備考
無料枠18,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
DX Suite Standard 100,000円/月額
備考
無料枠50,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
DX Suite Pro 200,000円/月額
備考
無料枠200,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
1か月
DX suiteの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 無料
無料トライアル 月額無料
備考
年間アップロード上限:120(月間上限:10)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:6ヶ月
スターターS1 月額 9,980円(税抜)
備考
年間アップロード上限:1,200(月間上限:100)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS2 月額 19,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:6,000(月間上限:500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS3 月額 29,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:12,000(月間上限:1,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
ビジネスB1 月額 34,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:18,000(月間上限:1,500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB2 月額 39,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:24,000(月間上限:2,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB3 月額 49,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:36,000(月間上限:3,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン1(エントリプラン)) 30,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン2(SMBプラン)) 100,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン3(ラージプラン)) 200,000円/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
クラウド版 300万円/年間
オンプレミス版 360万円/年間
1年
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
利用料金 3万円~/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
DynaEye 11 Entry Lite 4.2万円/月額
DynaEye 11 Entry Lite AI-OCR 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry AI-OCR 16.8万円/月額
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
invoiceAgent AI OCR Entry 3万円/月額
備考
OCR 年間96,000画像~
invoiceAgent AI OCR DEEPREAD Lite CPU 25万円/月額
備考
OCR 500画像/時~
最低利用期間制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Free 0円
備考
読み取り枚数:300枚
追加料金:追加利用不可
Basic 3,300円/月額
備考
読み取り枚数:1,500枚
追加料金:1,501枚目~(5.5円/1枚)
Standard 33,000円/月額
備考
読み取り枚数:15,000枚
追加料金:15,001枚目~(4.4円/1枚)
Advanced 110,000円/月額
備考
読み取り枚数:50,000枚
追加料金:50,001枚目~(3.3円/1枚)
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(クラウド型) 0円
備考
クラウド型を導入する場合は初期費用は発生しません。
初期費用(オンプレミス型) 300万円〜
クラウド型 5万円〜/月額
オンプレミス型 40万円〜/月額
1か月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
Small 30,000円/月額
Medium 100,000円/月額
Enterprise 150,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
クラウド版 1,200,000円~
オンプレ版  2,000,000円~
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Trial 0円
備考
試してみたい方向け
・月間契約→14日間無料
・AI OCR(上限枚数)→30枚
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Starter 120,000円/年間 (1ヵ月あたり1万円 )
備考
コストを抑えたい方向け
・月間契約→12,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→100枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→✕(制限あり)
Standard 600,000円/年間 (1ヵ月あたり5万円 )
備考
一般的なプラン
・月間契約→60,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→2000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Pro 1,800,000/年間 (1ヵ月あたり15万円 )
備考
処理枚数が多い方向け
・月間契約→180,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→10000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 660,000円(税込)
年間保守サービス 99,000円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 33,000円/月額(税込)
備考
※6,000項目まで
※6,000項目以上は従量利用料金、1項目3.3円(税込)
プラン2 110,000円/月額(税込)
備考
※60,000項目まで
※60,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
プラン3 220,000円/月額(税込)
備考
※200,000項目まで
※200,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
導入料金はお問合せください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
備考
WisOCR Basicのみ初期費用は100,000円です。
WisOCR Standard 100,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は5万フィールドまでです。
WisOCR Pro 200,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は20万フィールドまでです。
WisOCR Basic 15,000円/月額
備考
AI活字対応。月額での処理可能量は10万フィールドまでです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
OmniPage 19.2 Ultimate 54,757円
備考
外国製ですので、為替相場で費用が変動することがあります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
5 ダウンロード版 3,480円
5 パッケージ版 3,980円
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
読取革命Ver.16 12,980円
備考
1台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 35,000円
備考
3台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 57,500円
備考
5台用/ダウンロード版
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
トライアル導入 30,000円/月額
備考
本格的な導入の前にトライアルを利用できます。正式導入の費用は要問合せです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円~500,000円
備考
・トライアル 初期費用なし
・ミニ 初期費用なし
・ライト/スタンダード 初期費用50万円
トライアル 50,000円/月額
備考
・月間300枚
超過費用150円/枚
ミニ 10,000円/月額
備考
・月間100枚
上限枚数に達した場合は利用停止
ライト 100,000円/月額
備考
・月間1000枚
超過費用75円/枚
スタンダード 30,0000円/月額
備考
・月間5000枚
超過費用60円/枚
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
パッケージ版 21,780円(税込)
ダウンロード版 14,080円(税込)
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
シングルライセンススタンダード 25,000円(税込)
備考
年間保守費用不要
PC1台(1ユーザー) に 1ライセンスが必要です。
バッチ処理機能は搭載されていません。
シングルライセンスコーポレート 35,000円(税込)
備考
年間保守費用不要
PC1台(1ユーザー) に 1ライセンスが必要です。
バッチ処理機能が搭載されています。
シートライセンススタンダード 35,000円(税込)
備考
表示は1ラインセンス
5ライセンス以上での購入です。
バッチ処理機能は搭載されていません。
ライセンス料には初年度の年間保守料が含まれています。
年間保守料は自動更新となり保守費用は別途毎年発生します。
シートライセンスコーポレート 37,800円(税込)
備考
表示は1ラインセンス
5ライセンス以上での購入です。
バッチ処理機能が搭載されています。
ライセンス料には初年度の年間保守料が含まれています。
年間保守料は自動更新となり保守費用は別途毎年発生します。
1年
オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 220,000円(税込)~
備考
プランにより初期費用が異なります。
クラウド(SaaS)版Sコース 11,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 100 枚
クラウド(SaaS)版Mコース 33,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 500 枚
クラウド(SaaS)版Lコース 55,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 1,000 枚
オンプレミス スタンドアロン版 211,200円/年額(税込)
備考
読み取りの制限なし
オンプレミス サーバ版(サブスクリプション型)Trial 1,056,000 円/年額(税込)
備考
読取枚数 1,000 枚 / 月
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額費用 50,000円~/月額
備考
※プランによって異なる
※詳細なお見積りについてはお問い合わせください。
3か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 30,000円/月額
備考
読取箇所は月6,000項目までです。
プラン2 100,000円/月額
備考
読取箇所は月60,000項目までです。
プラン3 200,000円/月額
備考
読取箇所は月200,000項目までです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
スキャナーとインターネット接続環境があれば初期費用は無料です。
プラン1(小型)通常版 33,000円/月額(税込)
備考
読取箇所が月6千までです。
プラン2(中型)通常版 110,000円/月額(税込)
備考
読取箇所が月6万までです。
プラン3(大型)通常版 220,000円/月額(税込)
備考
読取箇所が月20万までです。
30日
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

AI OCRとは?簡単にわかりやすく解説

AI OCRとは、AI Optical Character Recognitionの略です。手書きの書類や帳票を読み取ってデータ化するOCR(光学文字認識)技術とAI(人工知能)技術を融合させたOCR処理技術を指します。

デジタル化が進んでも、契約書類や依頼書、申込用紙、アンケート用紙などの紙帳票からパソコンへ入力する業務がいまだに残っています。活字をスキャンできるOCRより、さらに精度が高く手書きの文字までスキャンできるようになったのがAI OCRです。

これまでもOCR技術を使ったツールがありましたが、AI技術を搭載させることで文字の読み取り精度が高まり、適用できる業務の範囲が広がりました。

AI OCRの仕組み

AI OCRは、膨大なデータセットを用いた機械学習によって文字認識を実現します。まず、モデルをトレーニングするために、多くの画像や文書を与えられ、文字のパターンを理解させます。そして、未知の画像に対しても適用可能な汎用的なモデルを構築します。このようにして、AIは高い精度でテキストを抽出します。

AI OCRの限界

一方で、AI OCRには限界も存在します。文字の書体や手書き文字、画像の品質によって精度が低下することがあります。特に専門的な用語や難解な文書においては、認識が困難な場合があります。また、データの機密性やプライバシーの保護も重要な問題となりますので、セキュリティ対策が必要となります。

AI OCRが重要視される背景

近年、AI OCRが重要視されている背景にはどのようなものがあるのでしょうか?急激な社会の変化に対応するためにデジタル化が推奨されている中で、多くの企業がAI OCRを導入しています。それは下記4つの背景からAI OCRの重要性が増しているからです。それぞれについて確認し、AI OCRの必要性について検討してみましょう。

  1. 電子帳簿保存法によるスキャン保存の義務化に対応するため
  2. 将来的な労働力不足に対する対策として
  3. AI OCRの進化により完全自動化も可能に
  4. デジタル化の第一歩として導入ハードルが低い

1. 電子帳簿保存法によるスキャン保存の義務化に対応するため

政府主導のもと進められているデジタル化。紙での保存からデータとしての保存に移行している企業が多く、契約書や帳簿では電子保存がかなり進んできています。特に電子帳簿保存法では「紙で受領・作成した書類を画像データで保存」すること、具体的には相手から受け取った請求書や領収書などを、スキャニングして保存することが2024年から義務化されます。なるべく早い段階で準備しておきましょう。

参考:どうすればいいの?「電子帳簿保存法」 | 経済産業省 中小企業庁」

2. 将来的な労働力不足に対する対策として

現在の日本では急速な少子高齢化が進んでおり、2050年には日本の人口は約1億人まで減少する見込みです。それにより15歳から64歳の働き手は絶対数が減少するほか、人口比率でみても低下すると考えられています。したがって日本全体で労働力不足が発生するため、貴重な労働力をデータの手動入力などの単純作業に費やしてしまうのは得策ではありません。AI OCRの導入による作業の自動化で労働力不足に備えましょう。

参考:経済産業省「2050年までの経済社会の構造変化と政策課題について」

3. AI OCRの進化により完全自動化も可能に

AI OCRはバージョンの更新を繰り返すことで進化を続けています。ただのOCRソフトでは帳票上の読み取り位置を指定する書式定義の作成が必要でしたが、AI OCRでは自動的に読み取り位置を判定して作業します。もちろん私たちが事前に帳票設定を行うことで、読み取り範囲を限定することも可能です。さらに非定型の帳票でも自動で文字を読み取れるソフトもあります。

4. デジタル化の第一歩として比較的に導入ハードルが低い

新しいIT技術を導入する際には導入コスト、運用コスト、学習コストなど様々なコストがかかります。しかし、これらのコストを避けるために現状維持を続けることは、かえって多くのコストがかかることが多いです。その際にかかるコストが比較的安く済むAI OCRの導入は、デジタル化の第一歩としてふさわしいといえます。無料体験版が用意されている場合がほとんどなので、まずは業務の自動化を体験してみてはいかがでしょうか。

AI OCRのOCRとの違い

AI OCRとOCRの大きな違いは、AI(人工知能)技術があるかないかです。AI OCRは人工知能を搭載しているため、従来のOCRと比べ識別精度の高さなどにおいて違いがあります。ここでは両者の違いを「OCRとは」を踏まえて解説します。

  • そもそもOCRとは
  • 手書き文字でも認識されやすい
  • 文字情報を学習する
  • フォーマットが違っても対応できる
  • 読み取り範囲の指定が必要か不要か

そもそもOCRとは

OCRは、画像や印刷物から文字を機械的に認識してテキストに変換する技術です。基本的な仕組みはAI OCRと似ていますが、AIの学習モデルを用いず、ルールベースのアプローチで文字認識が行われます。OCRは古くから利用されており、比較的シンプルな文書に対しては高い精度を持ちます。しかし、認識の精度はAI OCRよりも劣る場合があり、特に手書き文字やフォントの異なる文書には限界があります。

【OCRの精度や文字認識の仕組みなど、OCRについてより詳しく解説した記事はこちら】

OCRとは?意味や仕組み、メリット、活用事例、AI OCRとの違いを解説

手書き文字でも認識されやすい

従来まで広く普及していたOCRでは、読み取ることのできる文字は印字に限られていたため、アンケート用紙や申込用紙なども認識が困難でした。しかし、「AI OCR」では手書き文字の筆跡の特徴などを学習し、文字の補正結果を学習していくため、手書き文字であっても高い認識率で識別することができます。

例えば、従来のOCRでは苦手とされている以下のようなケースでも、AI OCRでは認識します。

  • 乱筆文字
  • かすれ文
  • 取り消し線
  • 罫線からはみ出した文字

これらのケースでも高精度な認識によって、人による修正はほとんど不要となりました。

「AI OCR」は印字と手書きの両方に対応することができますが、製品によってはどちらか片方の機能に強みを持ったものなども存在します。そのため、製品選定の時には識別したい対象が「印字」か「手書き文字」かという観点で比較することが必要でしょう。

文字情報を学習する

手書き文字は人によって筆跡のクセが出ますが、AI OCRでは誤認識を防ぎます。従来のOCRで誤認識されやすい文字の例を見てみましょう。

  • 漢字の「工」とカタカナの「エ」
  • 漢字の「才」とカタカナの「オ」
  • 漢字の「一」と記号の「ー」

確かに、1つの文字に注目すると人の目で見ても識別は難しいです。しかし、AI OCRなら文字の規則性や関連性を学習して、人と同じように文字の配列や前後の文章の流れから正しい文字を認識してくれます。

また、初めに言語や用語を学習させれば、専門用語にも対応できます。

フォーマットが違っても対応できる

請求書や申込書、発注書など、フォーマットの違う帳票であっても項目の抽出ごとに文字の読み取りが可能です。

従来のOCRでは、あらかじめ読み取り位置や項目などを詳細に定義した定型フォーマットでなければならず、帳票フォーマットを別途設計しなければいけないのはもちろんのこと、入力されている項目が手書き文字のため誤認識が多かったため、OCRを活用した入力効率化が難しいといわれてきました。

しかし、AI OCRでは紙面をスキャナーに通すだけでフォーマットや文字を自動で認識してくれます。そのため、フォーマットを設計をせずにあらゆる帳票をデータ化できる点が大きな違いです。これにより、特に手書き帳票の取り扱いが多い銀行や郵便局では、AI OCRの導入によって手書き書類のデータ化が容易になり、大きな業務効率がもたらされます。

読み取り範囲の指定が必要か不要か

従来のOCRでは、スキャンして映像としてデータ化されたものから、文字として認識する範囲をレイアウト上で指定する必要がありました。通常、伝票や帳票などの形式が異なる非定型の書類では、毎回レイアウトを指定する手間が必要でした。

しかし、AI OCRは異なるレイアウトやフリーフォーマットで作成された文書でも、特に範囲の設定をすることも無く読み取ることができます。つまり、AI OCRは帳票のレイアウトに依存せず、柔軟に様々な形式の文書を処理することができるということです。

AI OCRの3つのタイプ

AI OCRは、一般的に次の3つのカテゴリに大別されます。そして読み取りの対象となる帳票には、あらかじめレイアウトやフォーマットが決められている「定型帳票」と、形式が自由な「非定型帳票」とがあります。

「定型帳票」には、統一フォーマットで作られた社内アンケートや申込書、請求書や注文書などが挙げられます。対して「非定型帳票」には会社によってデザインが異なる名刺や、発行元によって形式の異なる領収書やレシートなどが挙げられます。そしてこれらの2種類の帳票に対応してAI OCRは3種類にタイプ分けされるので、ここで紹介いたします。

  1. 汎用×定型フォーマット型
  2. 汎用×非定型フォーマット型
  3. 業務特化×非定型フォーマット型

1. 汎用×定型フォーマット型

読取を行う帳票は汎用(定型・非定型両方を識別対象とする)ですが、帳票は定型フォーマット(事前に定義されたフォーマットに基づいて情報を抽出)のタイプです。フォーマットが予め定義されているため、高い抽出精度が得られます。ただし、「帳票内のどこが記入箇所なのか」「記入された文字列が何を意味するか」などフォーマットの定義には人手が必要であり、事前の準備作業に時間がかかる場合があります。

また、定義されたフォーマット以外の帳票には対応できないので新たに帳票を追加して読取作業を行う場合には上記のフォーマット定義を行う必要が生じます。例えば、申込書のフォーマットを定義した場合同じ申込書は問題なく読取を行いますが、異なった帳票を読み取りたい場合には対応したフォーマットの定義を別途行う必要があります。

【汎用×定型フォーマット型がおすすめの帳票】

このタイプのAI OCR製品には、フォーマットがあらかじめ統一されており、文字の記入場所が定まっている請求書や手書きアンケートなどが適しています。

2. 汎用×非定型フォーマット型

読取を行う帳票は汎用(定型・非定型両方を識別対象とする)で、帳票は非定型フォーマットのタイプです。AIが自動的にフォーマットを学習(深層学習)することで、我々がフォーマットなどを定義することなく、AIが文脈などから、「どこに何が記入してあるか」を識別することができます。

しかし、AIに学習をさせる際に、帳票を問題なく読み取れるまで学習やデータ収集をさせる必要があるため、その過程に多くの時間を要する場合があります。また新規フォーマットを追加する際に、その帳票に関する学習が不十分な場合、読取ができなかったり精度が落ちてしまったりすることがあるので注意が必要です。

【汎用×非定型フォーマット型がおすすめの帳票】

このタイプのAI OCR製品には、異なる複数の取引先から送られてくる見積書や納品書、名刺などの、フォーマットに統一性はないもののある程度どこに記入がされているかがわかる帳票が適しています。

3. 業務特化×非定型フォーマット型

読み取る帳票の種類は「特定種別」に分類され、帳票は非定型フォーマットのタイプです。
特定の業務に特化した帳票を読み取り、AIが非定型なフォーマットを学習して情報を抽出します。サービス提供企業が事前にAIにフォーマットの学習を行うので、利用者は個別の学習作業を行わずに利用することができます。また、業務特化のため、帳票に記載されている情報だけでなく、会計システムへの入力に必要なデータなども抽出し、連携することができます。

【業務特化×非定型フォーマット型がおすすめの帳票】

このタイプのAI OCR製品には、業務の中で発生する請求書や納品書などのフォーマットに統一性はないもののある程度どこに記入がされているかがわかる帳票が適しています。業務特化型ですので、記載されている情報から各種管理システムに入力する必要のある情報を自動的に抽出してくれます。これにより、会計システムなどへのデータ記入の効率化や簡易化が期待されます。

AI OCRを活用するメリット

AI OCRツールを導入すべきかどうか悩んでいる企業も、まだ数多くあるでしょう。AI OCRのメリットを知れば、前向きに検討を進められるはずです。AI OCRを活用するメリットは、主に6つあります。

1. 手書き文字でも認識されやすい

手書き文字でも文字が認識されやすいため、実務性が高いです。一人一人異なるクセを持つ手書き文字に対応できるため、大量の書面をデータ化するのに役立ちます。

もし、一度目の読み取りで間違えてしまったとしても、間違えた内容を学習させれば次の読み取りにいかせられます。AI OCRならではの技術です。

2. フォーマットが違っても対応できる

フォーマットが違っても対応できるため、業務効率化につながります。AI技術が搭載されているAI OCRなら、文字の読み取り位置や項目を自動で抽出できるからです。スキャナーに書面を通せば、簡単に文字を読み取ってくれます。

従来のOCRのように設計が不要のため、作業をする従業員の負担を大きく軽減してくれるでしょう。

3. 目視チェックや手入力を省ける

識字率が高いため、目視チェックや手入力の手間を省くことが可能です。入力担当と確認担当の2人以上でデータ化作業を行っている企業はいまでも多いです。

たしかに、従来のOCRでも、手動で全てデータ入力するよりは入力ミスを軽減できました。しかし、AI OCRなら高精度に文字を識別するため、人の介入を軽減させられます。人為的なミスを限りなくゼロに近づけられ、人員コストも削減できます。

4. ペーパーレス化が進められる

紙ベースの書類や文書をAI OCRに読みとらせてデータ化すれば、社内のペーパーレス化が格段に進みます。請求書や申請書をメールでやり取りできる取引先だけでなく、いまだにFAXや郵送でのやり取りを好む企業は少なくありません。紙の書類を保管するために、スペースを取っている企業も多いのではないでしょうか。

たとえば、請求書や納品書、発注書、申込用紙などは一度処理をしたら活用シーンはほとんどないにもかかわらず、保管をしておかなければなりません。

AI OCRに文字を読みとらせ、データ化できれば、書類の保管にかけていた時間やスペースを大幅に削減できます。

5. データベース化ができる

紙ベースで管理していた情報をAI OCRで読み取れば、データべース化ができます。情報が1つにまとめられ、膨大な情報のなかから知りたい情報をすぐに見つけられるようになります。

今までは必要な過去書類を探すために1つ1つ手に取ってファイルを探していたかもしれません。社内で情報共有する際にも、現物は1つしかないため時間がかかっていたでしょう。

しかし、データベース化できれば、パソコンからサーバーに接続して見られるように設定できます。もちろん、アクセス権限を付与すれば、セキュリティ面でも安心です。

6. RPAや業務システムと連携できる

RPAや業務システムと連動すれば、さらなる業務効率の向上が期待できます。AI OCRで読み取った情報を抽出し、自動でファイルを作成して情報を転記させるといったルーティンを実行させることが可能です。

たとえば、会計部門であれば、AI OCRやRPA、業務システムを活用して以下のような業務を遂行させられます。

  1. AI OCRで請求書の文字を読み込む
  2. RPAで自動で会計システムに取り込む
  3. 会計システムで部門や科目などの仕訳を行う

このように一連の流れをシステム化させれば、生産性アップに役立ちます。

AI OCRの選定時に確認すべきポイント

AI OCRを導入しようとしても、ツールがたくさんあってどれを選定すべきかわからない方もいるでしょう。そこで、AI OCRを選定するときに確認すべきポイントを6つご紹介します。

せっかくAI OCRを導入しても、自社で活用したい業務に合っていなければ無駄になってしまいます。6つのチェックポイントを詳しく確認し、自社に合うAI OCRツールを導入しましょう。

1. 読み取り精度の高さ

選定時に1番大切なチェックポイントは、読み取り精度の高さです。ほかの機能がいくら充実していたとしても、読み取り精度が低ければ従業員の手で修正を加えなければなりません。「初めから入力した方が早い」という識字率であれば、導入の意味はないといえるでしょう。

AI OCR製品はOCRと比べて手書き文字を得意とします。しかし、AI OCR製品のなかでも印字された文字を得意とするタイプと、手書き文字を得意とするタイプに分かれます。とくに、手書き文字を読み込ませて業務に活用したいと思っているのであれば、精度の高いツールを選ぶ必要があります。

AI OCRの読み取り精度や識字率の高さが、想定している業務において実用的であるかどうかは必ずチェックしましょう。

2. 対応言語の多さ

AI OCRツールによって、対応言語に違いがあります。想定している業務においてどのような言語の読み込みが必要であるかを確認して製品を選びましょう。

国内でしかやり取りがないのであれば、日本語のみの対応で問題ありません。しかし、海外展開していたり、取引先に外資企業があるのであれば、英語や中国語、韓国語などが必要でしょう。

また、今後海外へのビジネス展開を考えているのであれば、マルチ言語対応の製品を選ぶ方が無難です。自社の業務内容や取引先、今後の展望に合わせて対応言語を確認しましょう。

3. 操作のしやすさ

操作のしやすさもチェックすべきポイントです。性能がよくても、実際に現場で利用する従業員が使いやすくなければ、AI OCRを活用した業務が定着しません。誰が見ても直感的に操作できる製品を選ぶと、導入直後の研修に時間をかけずに済みます。

ただし、AI OCRの操作のしやすさは、実際に使ってみないと判断ができません。多くのAI OCRツールでトライアル期間を設けているため、実際に使ってみて比較をしましょう。

また、トライアル期間は、経営陣やIT部門だけでなく、導入する部門の従業員にも触ってもらうことをおすすめします。実際に作業する従業員が確認すれば、細かな点にも気づきやすいです。

4. 連携できるシステムの汎用性

連携できるシステムの汎用性の高さもチェックしましょう。想定している業務で現在使っているシステムがあるのであれば、連携がうまくできるかを確認すべきです。

せっかくAI OCRを導入しても、既存システムとの連動ができなければ、業務効率化につながりにくいでしょう。

現時点ではAI OCRの導入を考えていない業務であっても、今後生産性向上のためにAI OCRの活用の幅を広げていきたいと思うかもしれません。とくに、AI OCRを活用されやすい会計・顧客管理などのシステムと連動させるケースが多いです。

そのため、バッグオフィスで使っているシステムをカバーしているかどうかはチェックしておくと良いでしょう。

また、システムを連携させるとき、APIと呼ばれる通信システムを使うことが一般的です。多くのAPIに対応していると既存システムとの連携を取りやすいため、併せてチェックしましょう。

5. サポートの充実度

サポートの充実度もチェックを忘れないようにしましょう。導入時に従業員に対して使い方をレクチャーしてくれたり、導入後のトラブルですぐに対応してくれたりと、サポートが手厚いと従業員の定着も早いです。

とくに、重要な情報を扱う場合には、24時間365日対応してくれると安心です。メールやチャットだけなのか、電話でも対応してくれるかどうかも確認しておきましょう。

6. セキュリティ要件

最後に、セキュリティ要件もチェックしましょう。

AI OCRツールの多くは、クラウドサービスです。しかし、機密情報や顧客情報を取り扱う企業では、クラウドサービスの利用を禁止している場合もあるでしょう。自社や取引先のセキュリティ要件に合わせて、オンプレミスのAI OCRツールを選ばなければならないかもしれません。

また、なかには従業員のパソコンに直接インストールして利用できるAI OCRツールもあります。パソコン内で処理を実行するため、外部に情報が漏れる危険性はありません。

もちろん、すべてのクラウドサービスのセキュリティが低いわけではありませんが、セキュリティ面も配慮して製品を選定すると安心です。

「AI OCR」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 非定型帳票対応
    • ベリファイ機能
    • 撮影画像対応
    • 自動補正機能
    • Excel変換
    • ワークフロー
    • Word変換
    • スマホでスキャン可
    • データベース連携
    • タイムスタンプ
    • 名刺スキャン
    • レイアウト維持
    • 準定型帳票対応
    • 確認・修正・運用体制構築まで対応
    • 英語以外の言語対応
    • 帳票種類分け(タグ付け)
    • 英語対応
    • 縦書き対応
    • 手書き文字対応
    • 画像読み取り
    • 取消線対応
    • API連携
    • RPA連携
    • PDF編集
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
DenHo(デンホー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料トライアル 要相談
スターター 9,980円/月額
備考
同時利用制限数は1で、月間アップロード上限は10です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
ビジネス 49,800円/月額
備考
同時利用制限数は5で、月間アップロード上限は100です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
制限なし
OPTIM Contractの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
3ヵ月
スマートOCRの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ヶ月トライアルプラン 30,000円/月額
スモールプラン(クラウド版) 36万円/年(月額3万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数1.2万枚前後
スタンダードプラン(クラウド版) 96万円/年(月額8万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数6万枚前後
エンタープライズプラン(クラウド版) 240万円/年(月額20万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数26万枚前後
オンプレミスプラン(オンプレミス版) お客様に最適な プランをご提案いたします
備考
初期費用は不要!
1年
SmartReadの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
DX Suite Lite 30,000円/月額
備考
無料枠18,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
DX Suite Standard 100,000円/月額
備考
無料枠50,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
DX Suite Pro 200,000円/月額
備考
無料枠200,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
1か月
DX suiteの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 無料
無料トライアル 月額無料
備考
年間アップロード上限:120(月間上限:10)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:6ヶ月
スターターS1 月額 9,980円(税抜)
備考
年間アップロード上限:1,200(月間上限:100)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS2 月額 19,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:6,000(月間上限:500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS3 月額 29,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:12,000(月間上限:1,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
ビジネスB1 月額 34,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:18,000(月間上限:1,500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB2 月額 39,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:24,000(月間上限:2,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB3 月額 49,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:36,000(月間上限:3,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン1(エントリプラン)) 30,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン2(SMBプラン)) 100,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン3(ラージプラン)) 200,000円/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
クラウド版 300万円/年間
オンプレミス版 360万円/年間
1年
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
利用料金 3万円~/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
DynaEye 11 Entry Lite 4.2万円/月額
DynaEye 11 Entry Lite AI-OCR 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry AI-OCR 16.8万円/月額
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
invoiceAgent AI OCR Entry 3万円/月額
備考
OCR 年間96,000画像~
invoiceAgent AI OCR DEEPREAD Lite CPU 25万円/月額
備考
OCR 500画像/時~
最低利用期間制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Free 0円
備考
読み取り枚数:300枚
追加料金:追加利用不可
Basic 3,300円/月額
備考
読み取り枚数:1,500枚
追加料金:1,501枚目~(5.5円/1枚)
Standard 33,000円/月額
備考
読み取り枚数:15,000枚
追加料金:15,001枚目~(4.4円/1枚)
Advanced 110,000円/月額
備考
読み取り枚数:50,000枚
追加料金:50,001枚目~(3.3円/1枚)
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(クラウド型) 0円
備考
クラウド型を導入する場合は初期費用は発生しません。
初期費用(オンプレミス型) 300万円〜
クラウド型 5万円〜/月額
オンプレミス型 40万円〜/月額
1か月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
Small 30,000円/月額
Medium 100,000円/月額
Enterprise 150,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
クラウド版 1,200,000円~
オンプレ版  2,000,000円~
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Trial 0円
備考
試してみたい方向け
・月間契約→14日間無料
・AI OCR(上限枚数)→30枚
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Starter 120,000円/年間 (1ヵ月あたり1万円 )
備考
コストを抑えたい方向け
・月間契約→12,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→100枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→✕(制限あり)
Standard 600,000円/年間 (1ヵ月あたり5万円 )
備考
一般的なプラン
・月間契約→60,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→2000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Pro 1,800,000/年間 (1ヵ月あたり15万円 )
備考
処理枚数が多い方向け
・月間契約→180,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→10000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 660,000円(税込)
年間保守サービス 99,000円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 33,000円/月額(税込)
備考
※6,000項目まで
※6,000項目以上は従量利用料金、1項目3.3円(税込)
プラン2 110,000円/月額(税込)
備考
※60,000項目まで
※60,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
プラン3 220,000円/月額(税込)
備考
※200,000項目まで
※200,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
導入料金はお問合せください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
備考
WisOCR Basicのみ初期費用は100,000円です。
WisOCR Standard 100,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は5万フィールドまでです。
WisOCR Pro 200,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は20万フィールドまでです。
WisOCR Basic 15,000円/月額
備考
AI活字対応。月額での処理可能量は10万フィールドまでです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
OmniPage 19.2 Ultimate 54,757円
備考
外国製ですので、為替相場で費用が変動することがあります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
5 ダウンロード版 3,480円
5 パッケージ版 3,980円
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
読取革命Ver.16 12,980円
備考
1台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 35,000円
備考
3台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 57,500円
備考
5台用/ダウンロード版
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
トライアル導入 30,000円/月額
備考
本格的な導入の前にトライアルを利用できます。正式導入の費用は要問合せです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円~500,000円
備考
・トライアル 初期費用なし
・ミニ 初期費用なし
・ライト/スタンダード 初期費用50万円
トライアル 50,000円/月額
備考
・月間300枚
超過費用150円/枚
ミニ 10,000円/月額
備考
・月間100枚
上限枚数に達した場合は利用停止
ライト 100,000円/月額
備考
・月間1000枚
超過費用75円/枚
スタンダード 30,0000円/月額
備考
・月間5000枚
超過費用60円/枚
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
パッケージ版 21,780円(税込)
ダウンロード版 14,080円(税込)
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
シングルライセンススタンダード 25,000円(税込)
備考
年間保守費用不要
PC1台(1ユーザー) に 1ライセンスが必要です。
バッチ処理機能は搭載されていません。
シングルライセンスコーポレート 35,000円(税込)
備考
年間保守費用不要
PC1台(1ユーザー) に 1ライセンスが必要です。
バッチ処理機能が搭載されています。
シートライセンススタンダード 35,000円(税込)
備考
表示は1ラインセンス
5ライセンス以上での購入です。
バッチ処理機能は搭載されていません。
ライセンス料には初年度の年間保守料が含まれています。
年間保守料は自動更新となり保守費用は別途毎年発生します。
シートライセンスコーポレート 37,800円(税込)
備考
表示は1ラインセンス
5ライセンス以上での購入です。
バッチ処理機能が搭載されています。
ライセンス料には初年度の年間保守料が含まれています。
年間保守料は自動更新となり保守費用は別途毎年発生します。
1年
オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 220,000円(税込)~
備考
プランにより初期費用が異なります。
クラウド(SaaS)版Sコース 11,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 100 枚
クラウド(SaaS)版Mコース 33,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 500 枚
クラウド(SaaS)版Lコース 55,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 1,000 枚
オンプレミス スタンドアロン版 211,200円/年額(税込)
備考
読み取りの制限なし
オンプレミス サーバ版(サブスクリプション型)Trial 1,056,000 円/年額(税込)
備考
読取枚数 1,000 枚 / 月
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額費用 50,000円~/月額
備考
※プランによって異なる
※詳細なお見積りについてはお問い合わせください。
3か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考