Menu
Close

製品の紹介

ANDPAD

株式会社アンドパッド

株式会社アンドパッドのANDPADは、現場の効率化から経営改善まで一元管理できるシェアNo.1クラウド型建設プロジェクト管理サービスです。工程表・写真・図面などの最新情報をクラウドで一元管理できる施工管理や、作業員と多数の現場をらくらく管理できるボードなど複数の製品をオプションで選択できるようになっています。現在、利用社数18万社、ユーザー数46万人を超える建設業界の人々にご利用されています。

最終更新日: 2022/09/28
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 案件増加により協力会社への依存が加速 外注施工費の増加が課題になっていた
    • 案件を効率的に振り分け協力会社との関係を強固にするため、ANDPADボードを導入
    • ANDPADボードの導入により、案件情報や職人の手配状況を可視化することに成功!
    • 導入後は、施工外注費率14%の目標に対して12.2%を達成し、コストダウンに成功!
    • 運用1ヶ月で施工外注費率の削減に成功!お客様・協力会社・自社の三方良しの実現へ

    製品を導入することになった背景

    株式会社プロスパーは、リーマンショック後の市場環境の変化に対応するため、業務の効率化を図る必要がありました。案件数の増加により、外注施工費が増大し、利益を圧迫する状況にありました。情報共有の不足がこの問題を深刻化させ、社内の連携不足と協力会社への適切な情報提供の欠如が、工事の出戻りや不必要なコストの増加を引き起こしていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社プロスパーは、外注施工費の増加と情報共有の不足に直面していました。営業担当者間での情報共有が不十分で、同じ職人に複数の工事が同日に依頼されるなどの調整ミスが発生していました。また、工事情報の事前共有が不足しており、工事当日に必要な工具や資材が準備されていないケースが多発していました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社プロスパーはANDPADボードを導入しました。ANDPADボードは、案件情報や職人の手配状況をリアルタイムで可視化し、営業担当者間での情報共有を効率化します。これにより、工事のスケジューリングや資材の準備がスムーズに行われ、外注施工費の削減と工事の品質向上が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADボードの導入により、株式会社プロスパーは外注施工費の削減に成功しました。具体的には、施工外注費率が15%から12.2%に改善され、約1,000万円のコストダウンが実現されました。また、情報共有の効率化により、工事の出戻りが減少し、協力会社との関係強化にも寄与しました。これにより、お客様、協力会社、自社の「三方良し」が実現され、業務の質と効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 案件増加により各現場の進捗状況の把握が困難に 情報の伝達ミスも発生していた
    • 使い勝手が良く、施行管理の効率化・情報共有が行える「ANDPAD」を導入
    • 導入後は日報機能を活用したことで職人さんの意識が変わり、積極的な情報発信に!
    • 完了報告で現場の状況が確認できるようになり、訪問回数・移動時間を大幅に削減!
    • 図面や仕様書もANDPADにアップして情報共有!ペーパーレス化の実現へ

    製品を導入することになった背景

    株式会社日本財託管理サービスは、不動産投資物件の一貫したサービスを提供し、多くのオーナー様からの信頼を得ています。しかし、案件増加に伴い、各現場の進捗状況の把握が困難になり、職人さんからの電話に追われる日々が続いていました。この課題を解決するために、ANDPADの導入が検討され、その使い勝手の良さから迅速に導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社日本財託管理サービスでは、管理物件の増加とともに、リフォーム案件も増え、進捗状況の把握が難しくなっていました。特に、職人さんからの電話対応に多くの時間を割かれ、効率的な業務運営が困難になっていました。また、情報の伝達ミスも発生し、業務の質に影響を及ぼす状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    この状況を打破するために、ANDPADが導入されました。ANDPADの日報機能やチャット機能を活用することで、情報共有がスムーズになり、職人さんからの電話も大幅に減少。また、現場の状況をリアルタイムで把握できるようになり、認識のズレや伝え漏れも解消されました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、株式会社日本財託管理サービスは、ほぼ同じ人数で売上60%アップを実現。情報共有のスムーズさが一番の成果で、現場の訪問回数の減少や移動時間の削減、さらにはペーパーレス化の推進など、多方面にわたる業務効率化が達成されました。今後もANDPADの更なる活用を通じて、業務の質の向上を図っていきます。
  • この導入事例のポイント
    • かつて工程管理にエクセルを使っていたが、パソコンがないと更新できない状況だった
    • クラウドでいつでもどこでもリアルタイムで情報を更新できる「ANDPAD」を導入
    • 導入後は全ての案件に番号振り、請求漏れがゼロに!抜け漏れも防止できるようになった
    • 情報共有で全ての写真をくまなく利活用できるようになり、移動時間を大幅に軽減!
    • 図面をANDPADで管理することで、タブレットとスマホさえあれば何でもできる

    製品を導入することになった背景

    森管工株式会社様は、数十の案件を同時に進行させる中で、案件の把握漏れや工程管理の困難さ、さらには情報共有の遅れなどに直面していました。特に、遠方での作業や緊急の工程変更があった際に、リアルタイムでの情報更新が不可欠でした。これらの課題を解決するために、クラウドベースでいつでもどこでも情報を更新できるANDPADが目に留まり、導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    森管工株式会社様は、工事案件の多さによる管理の複雑さ、情報共有の遅れ、そして紙ベースの管理に起因する請求忘れなど、多くの課題に直面していました。特に、工事の番号管理がなされておらず、どの工事がどの段階にあるのかの把握が困難で、これが請求漏れにつながる事態も発生していました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題に対処するため、森管工株式会社様はANDPADを導入しました。ANDPADのクラウドベースのシステムにより、工事の番号管理をしっかりと形にし、リアルタイムでの情報更新が可能になりました。また、工程管理の改善、請求漏れの撲滅など、業務効率化の大きな成果が得られました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、森管工株式会社様の業務は大きく改善されました。工事の番号管理が可能になり、案件の把握漏れがなくなったこと、請求漏れがゼロになったことが特に顕著です。また、写真や図面の管理も劇的に改善され、現場の品質管理が向上。さらに、日々の雑多な作業が減少し、経営計画を考える時間が生まれ、新たな事業展開につながるクリエイティブな時間が確保されました。
  • この導入事例のポイント
    • 現場とのコミュニケーション不足で“三方悪し”の状況がたびたび起こっていた
    • 取引先からの紹介で、施行管理の業務改善ができる「ANDPAD」の導入を決定
    • ANDPAD導入後は、工事途中で相談できるようになりオーナーの負担が軽減!
    • リアルタイムな情報共有で、報告書作成は月10時間、現場移動は月7時間を削減できた!
    • 退去者の状況をチャットに残すことで、対応方法をより具体的に考えられるようになった

    製品を導入することになった背景

    プロパティワコー株式会社様は、賃貸管理の質向上を目指し、顧客の不満を解消する必要に迫られました。従来の方法では、協力会社との意思疎通が難しく、入居者からの苦情が絶えませんでした。特に、原状回復工事の品質が問題視され、これが入居者の不満と大家の負担増に直結していました。社内の業務効率化と顧客満足度の向上を目指し、ANDPADの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    プロパティワコー株式会社様は、入居者からの苦情対応に追われ、原状回復工事の追加が頻発し、大家の負担が増大していました。現場の写真共有や連絡がばらばらで、意思疎通がスムーズに行えず、工事の品質が落ちていました。また、報告書作成に多大な時間がかかり、担当者の負担が大きくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、プロパティワコー株式会社様はANDPADを導入しました。ANDPADの機能を活用することで、現場からのリアルタイムな情報共有が可能になり、工事の品質向上が図られました。また、報告書の作成時間が大幅に短縮され、担当者の作業効率が向上しました。さらに、追加工事の提案が容易になり、入居者からの苦情が劇的に減少しました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、プロパティワコー株式会社様の業務が大幅に改善されました。報告書作成時間が5分程度に短縮され、月に10時間以上の時間削減が実現しました。また、現場訪問の必要性が減少し、月に6~7時間の時間削減が達成されました。これにより、担当者の負担が軽減され、顧客満足度の向上に寄与しました。さらに、入居者とのコミュニケーションがスムーズになり、オーナーの負担も軽減されました。
  • この導入事例のポイント
    • 無料のチャットツールではデータが蓄積できず、将来的に管理が難しくなると考えた
    • 業務の中で自然とデータを収集し管理ができる、「ANDPAD」への完全移行を決定
    • 導入後はスマートフォンで活用!職人さん同士の情報交換が活発になり一気に浸透!
    • 見積もりのフォーマット化、ワークフローのルール化により、属人的な営業から脱却!
    • PDCAを回して効率良く優秀な人材を育成することが、DXの最終ゴール!

    製品を導入することになった背景

    大阪府堺市の本社を拠点に、リフォームを中心とした建築工事業を展開する株式会社イズ様は、お客様の多様なニーズに応えるために、業務の効率化とデータの一元管理を求めていました。2015年にANDPADを導入する決断をし、その後も段階的に機能を追加して活用してきました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社イズ様は、各担当者がそれぞれのフォーマットで見積りを作成しており、属人的な営業が続いていました。無料のチャットツールを使用していたものの、データの蓄積に役立てられず、経営数値の管理には表計算ソフトを使用していましたが、将来的に管理が難しくなるとの懸念がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    ANDPADの導入を通じて、業務フローを標準化し、属人的な営業からの脱却を目指しました。顧客情報や見積り、施工案件情報を一元管理することで、業務の効率化とデータの蓄積を実現しました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPAD引合粗利管理の導入により、業務フローが標準化され、属人的な営業からの脱却が実現しました。顧客情報から見積り、施工案件情報までのデータを一元管理することができ、完工粗利や契約売上などのデータもリアルタイムで確認することが可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 会社が成長するなかで情報の伝達漏れが発生 工程の書き写し漏れや記入漏れもあった
    • 取引先からの紹介で、連絡・管理業務の一本化が行える「ANDPADボード」を導入
    • 導入後は指示書、工程表、図面などを束ねたファイルが不要になり、効率化を実現!
    • ホワイトボードの情報をスマホで確認できるようになり、情報共有が円滑になった
    • 長期計画で人員配置の問題を解消!業務効率化で受注機会の損失を防げるようになった

    製品を導入することになった背景

    有限会社早瀬塗装工業様は、内装施工業者として店舗テナントやオフィスの内装塗装工事を主に手がけていました。経営方針として「品質重視」を掲げ、新規顧客の獲得とリピーターの増加を目指していました。デジタル化の流れを体感しながらも、業務効率化のための新しいツールを求めていました。その中で「ANDPADボード」の存在を知り、業務の一本化と効率化を目的に導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    有限会社早瀬塗装工業様は、ホワイトボードを使用して工程管理を行っていましたが、記入漏れや情報の伝達漏れが頻発していました。また、各種資料を束ねた紙のファイルの作成に手間とコストがかかっていました。さらに、ホワイトボードを使用して人員を計算する際、受けられる案件を断ることもあり、受注機会の損失が発生していました。

    導入前の課題に対する解決策

    ANDPADボードの導入により、ホワイトボードを使用しなくなり、情報の伝達漏れが解消されました。指示書や工程表、図面などの資料を束ねたファイルが不要となり、業務のデジタル化が進みました。また、人員配置の問題も解消され、受注機会の損失を防ぐことができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADボードの導入後、情報の伝達漏れがなくなり、業務の効率化が実現されました。指示書や工程表の作成や修正が事務スタッフも行えるようになり、作業の分担がしやすくなりました。また、紙のファイルが不要となり、ファイル作成の手間とコストが削減されました。さらに、人員配置の問題も解消され、受注機会の損失を防ぐことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 管理棟数が増えたことで担当者がキャパオーバー 施工品質に悪影響を及ぼしていた
    • 機会損失を逃さないために、施工管理の効率化が行える「ANDPAD」を導入
    • 導入後は、情報共有が楽になり業務も効率化!入居者募集の機会損失も削減!
    • 案件に関するやりとりが把握できるため、引き継ぎもストレスなく対応可能に!
    • 導入後は施工までの間延びを1週間短縮!タイムラグが減り調整しやすくなった

    製品を導入することになった背景

    株式会社イニシオ・ライフサービスは、管理物件の増加と従業員の退職により、一人当たりの管理棟数が増加し、工事の品質と効率に課題が生じました。特に、情報共有の不足と工程管理の困難さが、施工品質への悪影響や機会損失を引き起こしていました。これらの課題を解決するためのツールとして、ANDPADが選ばれ、2020年に導入されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社イニシオ・ライフサービスは、メールでの情報共有に依存し、重要な連絡が埋もれる問題や、物件の担当者が不在の際に状況が把握できないという課題に直面していました。また、職人の手配や工程管理が難しく、施工の遅延が発生することもありました。

    導入前の課題に対する解決策

    ANDPADの導入により、株式会社イニシオ・ライフサービスは情報の一元管理とリアルタイムでの共有を実現しました。これにより、担当者が不在でも情報の引き継ぎがスムーズに行われ、工程管理も効率化されました。また、職人のスケジュール調整や工事の進捗状況がリアルタイムで確認できるようになり、施工の遅延を大幅に減らすことができました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、株式会社イニシオ・ライフサービスは工事のタイムラグを大幅に減少させ、工期を1~2日前倒しできるケースも出現しました。情報共有の容易さにより、無駄な時間が削減され、月に半日分の時間が浮きました。これにより、より多くの現場管理が可能となり、人材の育成にも繋がっています。
  • この導入事例のポイント
    • 分業化によって職種間での行き違いが発生し、保管書類の増加にも課題があった
    • コミュニケーションミスの解消とペーパーレス化の推進に向けANDPADを導入
    • 導入後はFAXの運用がほぼゼロ!チャットでのコミュニケーションも活発になった
    • ANDPADによって一元管理ができる基盤が整った!今後は交渉事にも活用したい!
    • 新設した購買部に全部署の発注業務を集約することで、業務効率化を実現できた

    製品を導入することになった背景

    株式会社大雄は、岐阜県南部や愛知県尾張地区で事業を展開しており、注文住宅やリフォーム、不動産売買などの事業を手がけています。2020年にANDPAD施工管理やANDPAD引合粗利管理を導入しました。その背景には、注文住宅の設計を手がける中で、社内システムの構築の必要性を感じたからです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社大雄は、注文住宅の着工棟数が増加する中、原価管理や住宅履歴などの情報を紙や表計算ソフトで管理していました。部署間での情報共有の仕組みがなく、特に原価管理が課題となっていました。また、発注業務や請求業務に関わる担当者の負担も増加していました。

    導入前の課題に対する解決策

    発注業務や原価管理の一元化が必要と考えた株式会社大雄は、新たに購買部を設置しました。購買部の業務基盤として、ANDPAD引合粗利管理を導入することを決定しました。これにより、発注単価や粗利などのデータ収集や情報共有が可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、コミュニケーションミスの解消とペーパーレス化が実現しました。特に、FAXの利用がほぼゼロになり、チャットでのコミュニケーションが活発になりました。また、購買部の設置とANDPAD引合粗利管理の導入により、発注業務が一元化され、業務工数が削減されました。
  • この導入事例のポイント
    • 大きなボリュームの工事が発生し、既存の管理プロセスでは対応が難しい状況だった
    • 課題を解決するため、管理プロセスの効率化が行えるANDPAD施工管理を導入
    • 導入後は、社内にいながらリアルタイムに情報共有!確認作業を大幅に効率化!
    • クラウド上へのアップで時間のロスがなくなり、滞りなく約600件の工事を完了!
    • 受発注の電子化によって請求や納期遅れを大幅に削減!売上も利益も非常に好調!

    製品を導入することになった背景

    内外建設株式会社様は、銀行の店舗内装工事を主要な業務として行っており、その中で600拠点にわたる銀行名の変更工事を短期間で実施する必要が生じました。この大規模な工事を効率的に進めるため、情報共有機能を持つANDPADの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    内外建設株式会社様は、協力会社とのやりとりが個人単位で行われており、その担当者が休むと情報の確認に時間がかかる問題がありました。また、過去の案件データの検索に時間がかかり、全てのフォルダを開いて探す必要がありました。さらに、請求書のやりとりも大きな手間となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    ANDPADの施工管理機能を導入することで、協力会社からの現場情報をリアルタイムで取得できるようになりました。これにより、確認作業が大幅に効率化され、他の案件管理にもANDPADを適用することができました。さらに、ANDPADの受発注機能を追加導入することで、受発注業務の電子化を実現し、業務効率化とペーパーレス化を図ることができました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、600拠点の工事情報をリアルタイムで共有し、工事の進行状況をスムーズに確認することができるようになりました。また、過去の工事写真の検索時間が大幅に削減され、打ち合わせの場で迅速に写真データを参照することが可能となりました。さらに、受発注業務の電子化により、請求や納期の遅れが大幅に減少し、業務の効率化を実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • 協力会社や社内の加工場とのコミュニケーションがうまくいかずトラブルが発生
    • 施工管理が行え、コミュニケーションツールとしても利用できるANDPADを導入
    • 導入後は、タブレットやスマホで進捗状況をすぐに確認!無駄な時間がなくなった
    • 情報共有によって現場の状況が見えるようになり、適正な人数の割り振りが可能に!
    • 今後は鉄筋加工に関する指摘を社内全体で共有し、将来のリスクを減らしたい

    製品を導入することになった背景

    新妻鋼業株式会社様は、コミュニケーションの問題を解決するためにANDPADを導入しました。従来、工事部の担当者は現場の自主検査を行い、協力会社の職長や職人とのコミュニケーションは取れていましたが、部内での情報共有が十分に行われていませんでした。また、是正箇所の把握や鉄筋加工のミス通知など、紙ベースの手間がかかる作業も多く、効率的な作業の妨げになっていました。ANDPADの情報を偶然知り、社内協議の結果、その機能に魅力を感じ、導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    新妻鋼業株式会社様は、現場でのコミュニケーション不足や情報共有の遅れ、鉄筋加工のミスなど、様々な課題に直面していました。特に、是正箇所の把握が部内で十分に行われず、また鉄筋加工のミスが社内全体で把握できていない状況がありました。これらの課題は、作業の効率性や品質の向上に影響を与えていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、新妻鋼業株式会社様はANDPADを導入しました。ANDPADの機能には、チャット機能や写真共有、進捗確認などがあり、これらを利用することで、現場の状況がリアルタイムで共有できるようになりました。また、是正箇所の写真を撮影し、工事部全体で共有することが可能になり、未然防止の意識も高まりました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、新妻鋼業株式会社様は、是正箇所の未然防止への意識が高まり、職人の手配もしやすくなりました。また、鉄筋加工に関する指摘を社内全体で共有することができ、将来のリスクを減らすことができました。さらに、出先からでも進捗確認ができるようになり、無駄な時間が削減され、作業の効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 業態によってデータ管理の手法が異なり、個人・会社全体の状況が把握できない状況
    • 業務の合理化、属人化の脱却、工程の見える化に向け、ANDPAD施工管理を導入
    • 分散していた情報をANDPADで一元管理することで、営業の作業工数を大幅削減!
    • 全社で経営上重要な指標を把握できるようになり、今後の戦略が立てやすくなった
    • 業務効率化を図った結果、新規商談件数3割増加、粗利率2%向上を実現!

    製品を導入することになった背景

    石井瓦工業株式会社様は、情報の属人化とデータ管理の非効率性に直面していました。特に、工事内容や工程の情報が担当者の頭の中にしかなく、属人化が進んでいたことが課題でした。また、複数のツールでデータを管理していたため、入力と管理の手間が大きな負担となっていました。これらの課題を解決するために、デジタルツールの導入が必要と考え、ANDPADの施工管理アプリを選択しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    石井瓦工業株式会社様は、データの分散と属人化、さらには業態によるデータ管理方法の違いにより、経営上の分析や評価が困難でした。元請け・下請けの業態によって異なるデータ管理方法は、評価や分析、アクションプランの立案を困難にしていました。また、データ入力の重複や、複数のツールを使用しての管理は、業務効率の低下を招いていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題に対処するため、石井瓦工業株式会社様はANDPADの施工管理アプリを導入しました。このアプリにより、分散していたデータを一元管理することが可能になり、データの二重入力や、複数のツールを使用した管理の手間が解消されました。さらに、ANDPAD引合粗利管理の導入により、営業プロセスの見える化が進み、データベースの構築や分析が容易になりました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、新規商談件数が3割増加し、粗利率も2%向上しました。データの一元管理により、情報の二重入力がなくなり、営業の作業工数が大幅に削減されました。また、データの見える化により、事業成績や売上予測の精度が向上し、より迅速な経営判断が可能になりました。これにより、会社全体の業務効率が大幅に向上し、新たな事業展開にも積極的に取り組むことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 予定はホワイトボードを用いていたが、工事車両の管理や精度に課題があった
    • アナログによる課題を解決し、働き方改革を含めた体制変更に向けANDPADを導入
    • ANDPADボードによって、電話回数が1/3に減り過去案件の検索時間も削減!
    • 予定確認のタイムロスがなくなり迅速な対応が可能に!事務所の滞在時間も50%減!
    • 管理職も全体の予定が把握できるようになり、仕事量の偏りを調整できるようになった

    製品を導入することになった背景

    中日コプロ株式会社様は、主にレストランや宿泊施設運営、ビルメンテナンス業務、給排水管更生工事などの工事業務を手掛けている会社です。工事部では、予定管理に関していくつかの問題が発生しており、これらの課題を解消するためにANDPADボードを導入することを決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    中日コプロ株式会社様では、作業員の予定管理において、ホワイトボードや手書きの予定表を使用していましたが、これには多くの問題がありました。作業員がホワイトボードを確認せずに工事車両を誤って使用してしまう、情報が属人化されて他の人が最新情報を把握できない、作業員が勝手に予定を書き換えてしまうなどの問題が発生していました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解消するために、中日コプロ株式会社様はシステムを探していました。しかし、作業員、協力会社、車両の3つを同時に管理できるものは見つからず、自社でのシステム開発も高額な費用がかかるため断念していました。そんな中、ANDPADボードがリリースされ、その機能を確認した結果、導入を決意しました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADボードの導入後、社員全員が予定を簡単に確認できるようになり、管理面での問題が大きく減少しました。車両の予定も管理しやすくなり、間違った車両の使用や乗り間違いがなくなりました。また、予定や工程の確認作業で会社に戻る必要がなくなり、事務所の滞在時間が50%削減されました。さらに、緊急対応時の情報の錯綜も減少し、仕事量の調整も容易になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 工事部員の負担軽減、情報共有によるレベルアップ、部下の管理等が恒常的な課題だった
    • 業務効率化に向け、社員の負担軽減と現場情報の共有化を目指しANDPADを導入
    • ANDPAD黒板の導入によって、黒板付き写真の整理・管理の効率化を実現!
    • 報告書作成においては約9割の大幅な時間短縮!施工の手戻りやミスも減少!
    • 社員に利益を還元し、高い幸福度を感じられるような企業を目指していきたい

    製品を導入することになった背景

    丸電工業株式会社様は、業務効率化と社員の負担軽減を目的に、新たな挑戦を求めていました。特に、工事部員の業務に追われる状況と、同じミスの頻発、上司と部下のコミュニケーション不足という課題が存在していました。これらの解決のため、ANDPADの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、丸電工業株式会社様は、撮影した画像の整理に多大な時間がかかり、報告書作成に2日間を要することがありました。また、工事部員間での情報共有が不足しており、同じミスが繰り返される問題がありました。さらに、上司の多忙さから、部下の管理が十分に行えていない状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、ANDPADが提案されました。特に、ANDPAD黒板の機能は工事部員のニーズに合致し、報告書の作成時間が大幅に削減されるなど、業務効率化が期待されました。また、情報共有の機能強化により、ミスの減少と工事部員のレベルアップが見込まれました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、報告書作成時間が約9割削減され、工事写真の撮影もスマホで完結し、悪天候時の対応がスムーズになりました。情報共有の改善により、施工ミスが減少し、現場の効率が大きく向上しました。これにより、社員の負担が軽減され、より高品質なサービスの提供が可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • ホワイトボードでの工程管理、紙ベースでの情報共有に限界を感じツール導入を検討
    • 工程管理を円滑にするため、グループ会社が利用している「ANDPAD」を導入
    • ANDPAD導入によって、工事の手配をはじめ突発的なトラブル対応にも効果を発揮!
    • 電話問い合わせを40%削減、紙の使用を50%削減!売上向上につながる手配も可能に
    • 今後は協力会社、元請け会社にANDPADボードを展開し、スムーズな情報共有へ

    製品を導入することになった背景

    株式会社日興社様は、情報共有の限界と効率性の欠如に直面していました。従来のホワイトボードや紙ベースの管理方法では、情報の非効率的な流通と誤解が生じていました。特に、複数の協力会社との間でのスケジュール管理や情報共有において、重複や不一致が頻繁に発生していました。これらの課題を解決するために、デジタルソリューションへの移行が必要とされ、ANDPADボードの導入が検討されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社日興社様は、アナログな方法でのプロジェクト管理に苦労していました。特に、協力会社間での工程管理や情報共有が不十分で、重複した作業指示や情報の不一致が問題となっていました。また、現場の写真や図面などの書類管理も効率が悪く、重要な情報がすべての関係者に適切に伝わっていない状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題に対処するため、株式会社日興社様はANDPADボードを導入しました。このシステムは、見た目がホワイトボードに似ており、直感的な操作が可能であることから選ばれました。ANDPADボードにより、情報のデジタル化とリアルタイムでの共有が可能になり、工程管理や緊急時の対応が大幅に改善されました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADボードの導入により、株式会社日興社様の情報共有が劇的に改善され、問い合わせの電話が40%削減されました。また、紙の使用量は50%減少し、ペーパーレス化が進みました。さらに、効率的なスケジュール管理により、売上の向上にも寄与しています。これにより、協力会社との連携が強化され、より迅速かつ効果的なプロジェクト実施が可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 顧客の記憶を辿れず、過去の案件ファイルやなどを検索するのに1時間を要していた
    • データ検索の効率化、情報の共有化を行うため「ANDPAD」の導入を決定
    • 導入後は、社員も協力会社も容易に情報検索が可能に!情報共有の手間を劇的に削減!
    • 施工管理できる件数も増え、今では業務時間を増やさずに2倍の管理が可能に!
    • 導入後、体感でいえば粗利益率は5%ほど上昇!見事にマッチングするツールだった!

    製品を導入することになった背景

    株式会社動力は、情報共有の遅延とデータ管理の困難さに直面していました。特に、外付けHDDに保存された大量の現場写真や過去の案件ファイルの検索に多くの時間が費やされ、顧客への迅速な対応が困難でした。また、協力会社との間での資料共有がメールベースであり、情報の確認漏れがトラブルの原因となっていました。これらの課題を解決するための効率的なツールを求めて、ANDPADの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社動力は、現場写真の管理や過去の案件データの検索に関する問題に直面していました。外付けHDDへのデータ保存は、機器の増加と管理の難しさを引き起こしました。さらに、協力会社との資料のやり取りが増加し、メールでの確認漏れがトラブルを引き起こすことがありました。これらの課題は、業務の効率性と顧客への応答速度に影響を与えていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題に対処するため、株式会社動力はANDPADを導入しました。ANDPADの機能を活用することで、現場での写真撮影後に即座にオフィスでデータを確認できるようになり、写真データは案件ごとに整理され、検索が容易になりました。また、機器マニュアルをアプリ上で整理し、協力会社も情報を簡単に検索できるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、情報共有の手間が大幅に削減され、施工管理できる件数が最大2倍に増加しました。検索時間の大幅な削減と情報アクセスの容易さにより、顧客への迅速な対応が可能になりました。さらに、粗利益率は約5%向上したと感じられています。これにより、株式会社動力は少ない手数で最大限の成果を上げることが可能になりました。
  • この導入事例のポイント
    • 工程や画像の管理や情報共有、報告書の作成などにおいて非効率な部分が表面化
    • 写真・資料・図面・連絡などの施工現場を一元管理できる「ANDPAD」を導入
    • ANDPADによって写真管理に関する所要時間が半分以上減り、負担を大幅に軽減!
    • 工程管理の混乱が減ったことでスケジュール調整が早くなり、受注機会が増加!
    • 報告書の作成時間が3分の1まで削減され、写真の利用で顧客満足度も向上!

    製品を導入することになった背景

    有限会社ダイイチ企業様は、業務拡大に伴い、工程や画像の管理が困難になっていました。特に、写真管理においては、社内サーバーを利用した従来の方法では、フォルダの整理が行き届かず、必要な写真を探すのに時間がかかるなどの問題がありました。また、工程管理も紙ベースで行われており、変更が頻繁にあるため、最新の情報を把握するのが難しい状況でした。これらの課題を解決するために、ANDPADの導入が検討され、取引先のハウスメーカーが既に使用していることから、その導入に踏み切りました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    有限会社ダイイチ企業様が抱えていた主な課題は、写真管理と工程管理の非効率さでした。写真は多数撮影され、それらを社内サーバーに保存していましたが、整理が行き届かず、必要な写真を探すのが困難でした。また、工程管理は紙で行われており、変更が頻繁にあるため、どの工程表が最新かが分かりにくいという問題がありました。これにより、業務の効率が大幅に低下していました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、有限会社ダイイチ企業様はANDPADを導入しました。ANDPADは、写真管理と工程管理を一元化し、リアルタイムでの情報共有が可能なツールです。特に、写真管理では、アプリ内で案件ごとにフォルダが分かれており、写真を簡単に整理できるようになりました。工程管理においても、紙ベースからデジタルベースへの移行により、最新の情報がすぐに全員に共有できるようになり、業務の効率化が図られました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、写真管理の時間が半分以上削減され、工程管理の混乱も減少しました。これにより、スケジュール調整が迅速に行えるようになり、受注機会が増加しました。また、報告書の作成時間も大幅に削減され、顧客満足度が向上しました。特に、自治体からの依頼で必要となる写真付き報告書の作成が、ANDPADの導入により効率化され、その作成時間が3分の1に短縮されました。これらの改善により、業務の質と効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 起業理念の「安全管理=営業力」を強化するため、施行管理をシステム化したいと考えた
    • 職人が扱いやすく、工事に特化したクラウド型の施工管理アプリ「ANDPAD」を導入
    • 導入後は、案件に関する問題が一気に解決!権限付与で情報共有の質が格段に向上!
    • 図面や資料などの個別メールが不要となった!効率化により社員の仕事量や残業も減少!
    • 現場撮影の写真もANDPADで共有!履歴として期限を気にせず保管できる!

    製品を導入することになった背景

    株式会社ひまわりライフでは、以前から施工管理のシステム化を強く望んでいました。特に、企業理念として掲げる「安全管理=営業力」をさらに推進するため、職人が自主的に施工写真を撮影し情報共有を行うなどの工夫をしていましたが、それだけでは限界がありました。ANDPADの存在を知った際、その使い勝手の良さと職人が扱いやすい点に注目し、導入を決断しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、株式会社ひまわりライフは職人が施工写真を撮影し、情報共有をすることで業務を行っていましたが、情報共有の質に課題がありました。メールや無料アプリを使用していたものの、情報が散逸し、全員が同じ情報を持っているわけではなかったのです。また、施工管理をよりシステム化し、品質の高い施工を常に提供したいという強い願望がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社ひまわりライフはANDPADを導入しました。ANDPADの特長は、職人が扱いやすいこと、そして工事に特化したクラウド型の施工管理アプリであることです。これにより、現場の職人もスムーズに情報共有ができるようになり、施工管理の質が向上しました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、株式会社ひまわりライフの業務効率が大幅に向上しました。情報共有の質が格段に上がり、権限を持つ者は誰でも資料を閲覧できるようになりました。また、図面や資料の個別送信の手間が省け、業務効率化が進みました。さらに、取引先ともスムーズに情報共有ができるようになり、資材の納品時期などの予測がしやすくなったことで、業務効率化を実感し、クレームも減少しました。
  • この導入事例のポイント
    • 複数の解体工事現場で同時に作業しており、紙ベースでは工事ミスが発生していた
    • 全現場の工程表をガントチャートで表示してミスを削減するため、ANDPADを導入
    • 導入後は口頭確認が不要に トラブルが発生するおそれがなくなりミスも激減
    • 監理者や営業担当だけでなく、全社・全従業員での情報共有が可能になったのは財産
    • ANDPADは写真管理に最適!本来の営業に集中できるようになり売上増に!

    製品を導入することになった背景

    株式会社大川商事では、解体工事の現場で情報共有・管理の効率化を図る必要がありました。従来の方法では、図面や資料の確認、取り残しのチェックなどが手間であり、口頭での確認が多く「言った・言わない」のトラブルが生じるリスクも抱えていました。これらの課題を解決するため、クラウド型施工管理アプリ「ANDPAD」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社大川商事は、資料のバックトラック確認や重要事項の検索など、情報管理に多大な手間を要していました。また、社員間や協力会社との情報確認が口頭で行われており、コミュニケーションに関するトラブルが発生する可能性がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題に対処するため、「ANDPAD」は工程表で全現場の進捗管理を効率化し、ペーパーレス化を実現しました。また、チャット機能を用いて情報共有を行うことで、口頭確認の必要がなくなり、ミスの削減に繋がりました。

    製品の導入により改善した業務

    「ANDPAD」の導入により、株式会社大川商事の管理業務が大幅に軽減され、本来の営業業務に集中できるようになりました。情報共有がスムーズになったことで、ミスが激減し、結果として売上増に寄与しました。さらに、写真管理も最適化され、クレーム対応や報告書作成が迅速に行えるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 協力会社との予定調整や紙によるやりとりで課題があり、新たなツールを探していた
    • 紙の削減、デジタル化の推進、コミュニケーションの円滑化に向けANDPADを導入
    • ANDPAD導入後はペーパーレスを実現!作業時間が毎日1時間以上削減できた
    • スケジュールや工程表が随時確認可能となり、ダブルブッキングが無くなった!
    • クラウド管理によって積算がスピードアップし、信用を得て受注機会が増加!

    製品を導入することになった背景

    株式会社エムアンドエムプロデュース様は、事業拡大の中で、特に協力会社とのコミュニケーションや社員の残業時間の面において課題が出てきていました。早めの情報共有を心がけ、未然に防止しておく必要性を感じていた中、取引先の大手不動産会社からANDPADを紹介され、導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    工程表をFAX送信した際に、紛失の連絡を受け、再送する手間が発生していました。また、社内の連携不足で、1人の職人にダブルブッキングしてしまうこともありました。現場から時間をかけて帰社し、次の現場のための事務作業やFAX送信が発生していました。さらに、設計担当者に電話がすぐにつながらないなど、コミュニケーションが煩雑になっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    社長は、無駄な紙を減らし、デジタル化を進めて社員の残業を減らすこと、そして社内や協力会社とのコミュニケーションを円滑にし、様々な問題を未然に防止することを目指していました。そのため、新たなツールとしてANDPADを探していました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入後、印刷やFAXなどの紙を廃止し、作業時間を毎日1時間以上削減できるようになりました。社員それぞれが職人のスケジュールや工程表を随時確認できるようになり、受注が重なっても手配がスムーズになりました。写真や資料などをANDPADにアップし、設計担当者を案件に招待することで、やりとりが簡単になりました。現場から事務所に積算を依頼することで、積算のスピードアップが実現し、受注機会の増加につながりました。
  • この導入事例のポイント
    • 管理物件の増加に伴い工事数が大幅に増加し、管理が追い付かない状態だった
    • 案件ごとのチャットルームで協力会社とやり取りできる「ANDPAD」を導入
    • 導入後は一人で全ての管理が行えるようになり、発注漏れや情報の見落としもなくなった
    • ANDPAD導入後、案件発生から工事完了までの日数は3週間から10日へと半減!
    • 社内コミュニケーションが改善し、工期が約半分に!売上も150%増を達成!

    製品を導入することになった背景

    株式会社フロントハウジングは、不動産事業の拡大に伴い、管理物件の増加とそれに伴う工事案件の急増に直面しました。特に、繁忙期には工事案件が月に100件程度にまで増加し、従来の手法では管理が追いつかなくなったのです。大事な情報が埋もれ、工事の発注漏れが頻発するなど、効率的な案件管理の必要性が高まっていました。このような状況を受け、田上様はテレビでANDPADのCMを目にし、その機能に注目。他のツールとの比較検討の結果、ANDPADの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、株式会社フロントハウジングは、案件の増加により管理が追いつかず、工事の発注漏れが頻発するなどの課題に直面していました。特に、複数の部屋が同時に工事対象となる場合、どの部屋の工事をどの協力会社に依頼したかの把握が困難となり、情報の見落としや混乱が生じていました。また、社内での案件管理も複雑化し、状況の把握が難しくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社フロントハウジングはANDPADを導入しました。ANDPADの特徴は、案件ごとに立ち上がるチャットルームで、協力会社とのやり取りが可能である点です。これにより、各案件の進捗状況が一目で分かり、協力会社とのコミュニケーションが円滑になりました。また、施主報告機能の導入により、オーナー様とのコミュニケーションも向上しました。

    製品の導入により改善した業務

    ANDPADの導入により、株式会社フロントハウジングの業務は大きく改善されました。一人で担当できる案件数が大幅に増加し、工期も約半分に短縮されました。これにより、新しい入居者を早期に迎え入れることが可能となり、オーナー様からの評価も高まりました。さらに、売上は前年比150%増となり、ANDPADの導入が生産性の向上に大きく貢献したことが示されました。
  • よく比較されている
    「施工管理アプリ」の製品:10件

    10件中 1~4件表示

    施工管理アプリ

    コムテックス株式会社のKizukuは、チャット形式のトークで施工現場を見える化する施工管理アプリです。従来のムダ・ムリ・ムラを失くし、現場情報共有のインフラを改善します。ほかにはないPC版トークアプリやスタンプ機能で、作業員間のやり取りを効率化します。また、導入前から運用時までカスタマーサクセス支援が整っており、安心してご利用できます。現在では100,000社以上の企業にご利用されています。

    製品のおすすめポイント

    • いつでも、どこでも、誰でも簡単に使えるチャットトーク
    • 操作説明会や運用ミーティングでユーザーの皆様の「導入成功」をサポート
    • スタンプだから「秒」で伝達、毎日写真2点をのせるだけ
    運営企業情報 コムテックス株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 図面管理 報告書作成 入退場管理 写真管理 資料書き込み 案件管理 スタンプ機能 スケジュール管理 チャット機能 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    施工管理アプリ

    株式会社CONITのSITEは、「チャット」「スケジュール」「案件管理」の3つの機能でシンプルかつ簡単に扱うことのできる情報共有ツールです。スケジュール機能によって、協力会社との日程調整や、職人さんの管理が容易になります。チャット機能で、仕事で必要な連絡をよりスピーディーかつ効率的にします。また、案件管理機能により、案件ごとに顧客情報や現場資料が一元化できるので、管理が簡単になります。

    製品のおすすめポイント

    • 3つのみの機能でシンプルで使いやすく
    • 業界出身者のサポートで安心して利用可能
    • 社内だけでなく、職人さんや協力会社とも情報共有
    運営企業情報 株式会社CONIT
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 写真管理 電子黒板 案件管理 スケジュール管理 チャット機能 
    推奨環境 なし 
    サポート 電話 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ダンドリワークは、施工現場に必要な情報や、図面などの資料すべてをクラウド上に一元化する施工管理アプリです。電話・FAX・メールなどの従来のツールで起きがちな連絡のミスや手間を回避し、施工現場の情報と進捗を管理することができます。また、全ての情報が一ヵ所にまとめられているので必要な情報がパソコンやスマートフォンから瞬時に引きだせます。利用社数は80,000社、ユーザー数は140,000人を超えています。

    製品のおすすめポイント

    • 誰でも直感的に使い始められる画面デザイン
    • 情報を更新した際の通知はまとめて送信
    • 既読ボタンで確実なコミュニケーションを実現
    運営企業情報 株式会社ダンドリワーク
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 図面管理 報告書作成 地図登録 工程表作成 入退場管理 写真管理 勤怠管理 資料書き込み 検査機能 アフターフォロー データ出力 チャット機能 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート 電話 チャット 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    施工管理アプリ

    株式会社 HOUSE GATEのHOUSE GATEは、施工現場で発生する膨大なコミュニケーションを一元管理し、施工現場に特化した業務管理を手厚くサポートする施工管理アプリです。施主や業者間で利用されていたFAX、メール、LINEなどの連絡ツールを一つに集約することで、業務の効率化をサポートします。また、HOUSE GATEならチャット機能や案件管理、カレンダー機能など、すべての基本機能を無料で利用することができます。

    製品のおすすめポイント

    • 複数の案件でも、案件ごとに一元管理
    • 書類や写真を共有フォルダで一元管理
    • スケジュール管理やガントチャートで施工の工程管理
    運営企業情報 株式会社 HOUSE GATE
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 図面管理 写真管理 案件管理 スケジュール管理 アフターフォロー チャット機能 
    推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    よく比較されている
    「プロジェクト管理ツール」の製品:22件

    22件中 1~4件表示

    プロジェクト管理ツール タスク管理ツール

    BitrixのBitrix24は、タスク管理やかんばんボード、ガントチャートや時間追跡機能、タスクレポートなど、35 種類以上のプロジェクト管理ツールを利用できるタスク・プロジェクト管理ツールです。無料プランにおいては最大チーム人数は無制限で、ビジネスチャットやファイル共有などコミュニケーション機能の活用が可能です。リアルタイムなプロジェクト進行状況の追跡により作業の効率化を実現することができます。

    製品のおすすめポイント

    • 直感的に理解しやすいモバイルタスク管理機能
    • プロジェクトの可視化による業務の効率化が可能
    • プロジェクトの問題解決をオンラインで一元的に行える
    運営企業情報 Bitrix
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 課題管理 ガントチャート タスク管理 スケジュール管理 進捗報告要求 時間計測機能 時系列ガントチャート作成 コメント追加 タスクテンプレート モバイルアプリあり チャットツール連携 チャット機能 
    推奨環境 Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ERP プロジェクト管理ツール

    MA-EYESncは、システム開発業に特化したERP・プロジェクト管理ツールになります。プロジェクトの進捗をほぼリアルタイム確認が可能でき、赤字プロジェクトを未然に防ぐことが可能です。全ての情報が1つのシステムに集約され、一度入力した情報は引き継がれるため、基本的に二重入力はさせない仕組みとなっています。また、管理会計に役立つ様々な分析帳票がワンクリックで出力可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 豊富な標準機能から必要な機能を選択して利用可能
    • 上場企業も安心、内部統制を強化する機能が充実
    • 会計システムと連携可能により、煩雑な連携作業は不要
    運営企業情報 株式会社ビーブレイクシステムズ
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 プロジェクト管理ツール ワークフロー 経費管理 顧客管理 購買管理 グループウェア スケジュール管理 アクセスログ管理 リソース管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    プロジェクト管理ツール

    スキル管理・アサイン管理支援ツール fapiは、エンジニアのスキルを管理し、プロジェクトへのアサイン検討を強力にサポートするクラウドサービスです。エンジニアのスキル管理に最適なシステム構成、管理項目の自由度、登録データの集計・分析でスキル管理、アサイン管理業務における課題を解決します。システム開発企業の課題解決の為に開発したため、必要とする要員検索、専門的なスキル情報の細分管理、アサイン管理などを実現し作業工数を大幅に削減します。

    製品のおすすめポイント

    • ITの専門家がシステム開発会社のために開発
    • 認証を取得済み、品質・情報セキュリティに関するマネジメントシステムの構築
    • スキル管理、アサイン管理業務における課題を解決します
    運営企業情報 株式会社エフ・ディー・シー
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 プロジェクト管理ツール 工程管理 案件管理 ガントチャート スケジュール管理 プロセス管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    プロジェクト管理ツール

    パラダイスウェア株式会社のマンモスプロジェクトは、プロジェクトを成功させるために重要な全体像を共有するのに適したプロジェクトマネジメントツールです。 ITをはじめ多くの業界で利用されています。プロジェクトのタスクを5つのビューで直感的かつ多角的に把握できるのが特長で、情報の抜けや漏れを防ぎます。また、議事録やフィードバックをログとして保存するので、やりとりが後からでも簡単に確認できます。Slackなど外部との連携も可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 5つのビューでプロジェクトを多角的に把握し、個々のタスクも明確に
    • 議事録やフィードバックをログとして保存するので、振り返りも容易に
    • プロジェクトメンバーの入れ替えも、適切に管理
    運営企業情報 パラダイスウェア株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 工程管理 案件管理 ガントチャート スケジュール管理 アクセスログ管理 タスク管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1485件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる