Menu
Close

製品の紹介

AssetView

株式会社ハンモック

株式会社ハンモックのAssetView(アセットビュー)は、組織内のクライアントPCの情報を収集する機能に加え、クライアントPCの設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策などを行ってくれるトータルクライアントソリューションです。ITreview Grid Award 2022 Winter IT資産管理部門でLEADERを10期連続受賞しています。お客様のニーズに合わせて、オンプレミスとクラウドが選べます。

最終更新日: 2022/06/30
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • データベース管理システムを利用して資産管理を行っており、業務効率に課題があった
    • 専門的な知識がなくても、カスタマイズを容易にできるAssetViewを導入した
    • パソコンの稼働状況を把握できたことで、IT資産管理の効率化が可能になった
    • 全員で同じツールを使うためルール化され、更新頻度も上がりデータの整合性が高まった

    製品を導入することになった背景

    株式会社京王百貨店は、1964年に開業して以来、新宿の街とともに成長を遂げてきました。業務においても早い段階からPCを導入しており、2002年には全社で600台のPCを運用していました。しかし、PCの台数が増えるにつれて、どこに何台のPCがあるのか、またそれぞれのPCにどのようなソフトがインストールされているのかを確認する作業が非常に煩雑となっていました。このような背景から、効率的なIT資産管理を実現するためのソフトウェアの導入が求められるようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社京王百貨店では、情報システム部の多くの社員が、PCを1台1台回ってソフトウェアのインストール状況を確認するという「人海戦術」を取っていました。この作業は非常に手間がかかり、効率的ではありませんでした。また、それまで使用していた管理ツールはIT資産管理専門のものではなく、使い勝手に難しさがあったとのことです。

    導入前の課題に対する解決策

    上記の課題を解決するために、株式会社京王百貨店はIT資産管理専用のソフトウェアを導入することを決意しました。2002年当時、PCのスペックが低かったため、CPUに負荷をかけないクライアント型のソフトウェアを選ぶ必要がありました。その結果、AssetViewを選択することとなりました。AssetViewは多岐にわたる機能を持ち、他社製品と比較してもその機能を最大限に活用することができると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    AssetViewの導入により、株式会社京王百貨店はIT資産管理機能をメインに、アプリケーション配布やデバイス管理、PC操作ログなどの機能を活用することができるようになりました。特に、稼働していないPCの確認や、退職者や異動によるPCの回収・再利用が効率的に行えるようになりました。また、操作ログ管理機能を活用することで、ウイルスの誤検知などのトラブル時の確認作業がスムーズに行えるようになったとのことです。
  • この導入事例のポイント
    • IT資産管理製品の導入にあたり、IT資産を一元管理し、情報漏洩対策を強化したい
    • 業務効率化に繋がるタスクランチャー等の機能が決め手となりAssetViewを選択
    • 全てのPCでAssetViewを活用し、PCの操作説明をリモートで行えるように
    • 「デバイス制御」や「個人情報検索機能」等、セキュリティ対策機能が1つに集約された

    製品を導入することになった背景

    山形市役所では、本庁舎および出先機関で利用するPC約2500台でAssetViewを活用しています。もともと山形市では、異なる資産管理ソフトとログ管理用ソフトを別々に使用していましたが、2つのシステムを併用することで多くの課題が生じていました。新しい職員が2つのソフトの操作方法を学ぶ必要があったり、人事異動のたびにアカウント設定の手間がかかったりするなどの問題がありました。システムの更新を機に、資産管理とログ管理の機能を1つに統合した新しいシステムの導入を検討し、その結果、AssetViewを選択しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    山形市役所は、異なる資産管理ソフトとログ管理用ソフトを使用していたため、新たな職員が2つのソフトの操作方法を学ぶ必要がありました。また、人事異動のたびにアカウントの設定を直す手間が生じていました。このような複数のシステムを併用することで、業務の効率化が困難となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    山形市役所は、システムの更新を機に資産管理とログ管理の機能を1つに統合する新しいシステムを導入することを決定しました。AssetViewは、資産管理とログ管理の機能を持つ製品であり、山形市の運用に最も適していると判断されました。AssetViewのアプリケーション配布機能やタスクランチャーなどの独自の機能も、山形市の業務効率化に貢献する要因となりました。

    製品の導入により改善した業務

    AssetViewの導入により、山形市役所の業務効率が大幅に向上しました。特に、アプリケーション配布機能やタスクランチャーを利用することで、職員が必要なソフトウェアを自由にインストールできるようになりました。これにより、職員と管理者の業務効率が向上しました。また、PCの使用状況を可視化するIT資産管理機能を利用することで、財政当局への説明が容易となり、必要なPCの台数を確保しやすくなりました。
  • この導入事例のポイント
    • 手動でのIT資産管理の負担が大きい・サーバー側でPCの全操作ログを取得できない
    • 各PCへのファイル・ソフトの展開など、配布機能が充実したAssetViewを導入
    • 400台のPCを一元管理できたことで、1回の更新につき約50時間は削減できた
    • データや操作ログの長期保存も行え、IT統制およびインシデント管理の徹底が実現

    製品を導入することになった背景

    学校法人 拓殖大学電算課は、学内で利用されているPC約400台を管理しており、2011年にAssetViewを導入する以前には、二つの大きな課題が存在していました。PCの新規設置や運用管理に際して、型番や台数をExcelで作成した台帳に記入していたのです。また、ライセンス契約をしているソフトウェアの管理もExcel台帳で行っていました。このような管理方法では、PCが故障した際の作業が非常に煩雑であり、効率的な管理が求められていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    拓殖大学電算課は、Excel台帳を用いてPCやソフトウェアの管理を行っていましたが、この方法ではPCの故障時に機器の置き換えやソフトウェアの確認作業が煩雑でした。また、ファイルサーバー側でのアクセスログ取得では、クライアントPCでの全ての操作ログの取得が困難であり、セキュリティ面での課題も抱えていました。

    導入前の課題に対する解決策

    拓殖大学電算課は、Web検索を通じてAssetViewに出会い、その機能を実際に試すことができました。AssetViewは、配布機能が充実しており、各PCへのファイルやソフトの展開、パッチの適用状況の確認などが容易に行える点が魅力でした。また、マクロメーション機能による細かな条件分岐の設定も簡単で、コストメリットと操作性の高さが導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    AssetViewの導入により、拓殖大学電算課のPC管理業務が大幅に効率化されました。特に、PCの更新管理機能を活用し、インストールされているソフトウェアの種類やバージョンの管理を行ったり、アプリケーション配布機能を利用してPCの設定変更やソフトウェアのインストールを行っています。これにより、1回の更新につき約50時間の作業時間が削減されました。また、セキュリティインシデントが発生した際の対応も強化され、操作ログの長期保存を行い、トラブル発生時の原因追求が可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 限られた予算内で資産管理をする必要があり、時代と共にPCの急激な増加が求められた
    • コストを増額せず時代に応じて適切な資産管理ができる『AssetView』を使用
    • 導入からセキュリティ事故ほぼゼロで、時勢に合わせたセキュリティ対策ができている
    • PCの遠隔操作が可能となり、情報が視覚化されたのでヘルプ対応のスピードが上がった

    製品を導入することになった背景

    2004年、佐藤薬品工業株式会社は社内インフラの変革の波に乗り、紙の書類からPCを用いたデータ管理へと移行しました。この時代はPCが社会に急速に普及し始め、多くの企業が同様の変革を迎えていました。佐藤薬品工業株式会社もこの流れを受け、AssetViewを導入することを決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    2004年当時、佐藤薬品工業株式会社には約30台のPCが導入されていました。しかし、社内のPCに知らず知らずのうちにさまざまなソフトウェアがインストールされる問題が発生していました。このため、実際の現場の状況を把握するのが難しく、PC資産の管理も困難でした。また、当時のPCのセキュリティは「悪意のある行為をする人は少ない」という前提で行われていたため、十分な対策が取られていなかったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    佐藤薬品工業株式会社は、ITやセキュリティに関する情報を集め、ベンダーから提供される資料を基にIT資産管理ソフトを選定しました。その中で、2000年からサービスを提供していたAssetViewに出会いました。最初は資産管理のみの導入でしたが、時代の変化や会社の状況に応じて、機能を追加していくことを決定しました。この柔軟性がAssetViewの魅力であり、佐藤薬品工業株式会社がこの製品を選んだ理由となりました。

    製品の導入により改善した業務

    AssetViewの導入により、佐藤薬品工業株式会社はウイルス感染のリスクを大幅に削減することができました。特に、USBの使用制限を導入したことで、ウイルス感染が大幅に減少しました。また、AssetViewでの一元管理により、ウイルス対策の同期化やスキャン時間の短縮、CPUの負荷軽減などの効果も得られました。さらに、長年のログ蓄積により、稼働ログを元にPCの最適化や情報漏洩の抑止など、多岐にわたる業務改善が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • テレワークでの端末管理に限界があり、OSの更新も管理者に負荷がかかっていた
    • 「AssetView CLOUD」を採用し、セキュリティ対策をクラウドシフトした
    • 場所を問わず効率的なIT資産管理ができ、社内外のヘルプデスク対応が可能になった
    • WSUSに依存しないOSの更新管理を実現し、管理者の運用負荷が軽減された

    製品を導入することになった背景

    小田急不動産株式会社は、賃貸・分譲マンション・ビルなどの販売・運営を行っており、小田急グループの不動産事業を担当しています。新型コロナウイルスの影響や働き方改革の流れの中で、テレワークの推進が進められていました。しかし、テレワークの進行に伴い、社外ネットワークでの端末利用が急増しました。この増加により、従来のオンプレミス型システムでの端末管理には限界が見えてきました。特にWindows10の更新管理に関して、現行のWSUSは管理者の作業負荷が高く、テレワーク環境への対応が難しい状況でした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    小田急不動産株式会社は、テレワークの推進に伴い、社外ネットワークでの端末利用が増加していました。この増加により、端末管理の課題が浮き彫りになりました。特に、旧来のオンプレミス型システムでは、テレワーク環境での端末管理が難しくなっていました。さらに、Windows10の更新管理に関しても、現行のWSUSの運用が困難で、管理者の作業負荷や運用難易度が高まっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    小田急不動産株式会社は、働く場所を問わず効率的な資産管理とセキュリティ対策を求めていました。この課題を解決するために、統合ITセキュリティ「AssetView CLOUD」の導入を決定しました。この製品は、クラウド経由でのヘルプデスク対応が可能であり、WSUSに依存しないWindows10の更新管理を実現できる点が魅力でした。また、専門知識がなくても直感的に操作できる管理コンソールの操作性も、導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    「AssetView CLOUD」の導入により、小田急不動産株式会社は、社内外を問わず効率的な資産管理とセキュリティ対策を実現することができました。特に、クラウド経由でのヘルプデスク対応が可能となり、テレワーク環境でもスムーズな端末管理が行えるようになりました。また、WSUSに依存しないWindows10の更新管理により、管理者の運用負荷が大幅に軽減されました。これにより、企業のIT環境がより安定し、業務の効率化が進められました。
  • この導入事例のポイント
    • 組織の拡大に伴い、手作業での資産管理に限界がきて端末の一元管理が困難だった
    • 英語OSに対応し、国内外にある端末の一元管理が可能な「AssetView」を導入
    • 全社で保有している端末情報が可視化され、IT資産の最適化・再評価が可能になった
    • 意図せずにインストールされたソフトウェア等を把握し、情報漏洩を未然に防ぐ体制が構築

    製品を導入することになった背景

    株式会社ブシロードは、カードゲーム、デジタルゲーム、キャラクターグッズの開発、製作、販売、および各種コンテンツのプロデュースを行っており、国内外に13のグループ会社を持っています。これまでのIT資産管理は手作業で行われていましたが、組織の拡大とともに管理対象となるPCやモバイル端末の数が増加しました。特に海外拠点を含めた端末の一元管理が困難となり、英語OSに対応した統合ITセキュリティ「AssetView」の導入が必要と判断されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ブシロードは、組織の拡大に伴い、管理対象となるPCやモバイル端末の数が増加していました。特に海外拠点を含めての端末の一元管理が難しく、従来の手作業によるIT資産管理では対応が難しくなっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    ブシロードは、国内外のIT資産を一元管理するための解決策として「AssetView」を選択しました。この製品は、英語OSにも対応しており、機能ごとに複数の製品を導入する必要がないため、管理窓口が一元化され、管理者の運用負担が軽減されます。また、各拠点の運用に応じて機能を段階的に導入でき、サーバごとに必要な機能だけを選択して導入することができます。

    製品の導入により改善した業務

    「AssetView」の導入により、株式会社ブシロード全社で保有している端末情報が可視化され、IT資産の最適化や再評価が可能となりました。さらに、PC操作ログ管理を行うことで、従業員が意図せずにインストールしたソフトウェアなどを把握し、情報漏洩を未然に防ぐことができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • PC及びインストールされたアプリケーションを、効率的に把握・管理したい
    • コストメリットの高さや操作性の良さなどから「AssetView」を導入した
    • PCにインストールされたアプリケーションの効率的な把握・配布を実現した

    製品を導入することになった背景

    AGC株式会社は、創立から115年を迎えるガラス、化学品、電子、セラミックスなどの素材メーカーとして、建築、自動車、電子機器、ライフサイエンスなどの多岐にわたる業界にソリューションを提供してきました。2021年12月に千葉工場で新しいPCを調達する際、PCやそのPCにインストールされているアプリケーションの効率的な管理が必要となり、この背景から「AssetView」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    AGC株式会社の千葉工場では、新たにPCを調達することになったものの、これらのPCやインストールされるアプリケーションの効率的な把握・管理が難しく、業務の効率化やセキュリティの確保が課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    AGC株式会社は、以下のポイントを重視して「AssetView」を選択しました。1.資産管理、ログ管理、ヘルプデスク対応機能といった必要な機能をまとめて導入できるコストのメリット。2.専門的な知識がなくても、クライアントPCへのアプリケーションの配布が簡単に行える操作性。3.サイレントインストールが対応していないアプリケーションでも、自動でインストールが可能な特性。

    製品の導入により改善した業務

    「AssetView」の導入により、AGC株式会社の千葉工場では、PCやアプリケーションの管理が効率的に行えるようになりました。特に、アプリケーションの配布や更新が簡単になったことで、IT管理の手間が大幅に削減されました。また、サイレントインストールが未対応のアプリケーションでも自動でのインストールが可能となり、業務のスピードアップやセキュリティの向上が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • VDI方式の環境から、SBC方式の環境に変更してセキュリティ対策を強化したい
    • より機能的で操作性の高いセキュリティソフト「AssetView」の導入を決定
    • 紛失や盗難に伴う情報漏えいを防ぐ体制と、有事に原因究明が可能となる仕組みを構築

    製品を導入することになった背景

    神奈川銀行では、セキュリティの強化やBCP対策を目的として、シンクライアント(VDI方式)環境を採用していました。しかし、端末のリプレイスを機に、コストメリットを追求する観点からシンクライアント(SBC方式)環境への移行を検討しました。シンクライアント環境の特性として、PC本体やOS、アプリケーションはサーバー上で稼働し、端末にはデスクトップ画面のデータのみが送信されるため、情報漏えいのリスクが低減されます。

    導入前に企業が抱えていた課題

    神奈川銀行は、シンクライアント環境を採用しているものの、端末紛失や盗難による情報漏えいのリスクをさらに低減する必要がありました。また、内部要因による情報漏えいを防止するための仕組みや、有事の際の原因究明が可能なシステムの構築が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するため、神奈川銀行はシンクライアント環境(サーバー側)に「AssetView」の「PC操作ログ管理」および「ファイル暗号化」機能を導入することを決定しました。AssetViewは、高いセキュリティ機能を持ち、操作性も高いため、この製品を選択することとなりました。

    製品の導入により改善した業務

    AssetViewの導入により、神奈川銀行は端末にデータが残らないシンクライアント環境をさらに強化することができました。特に「PC操作ログ管理」機能により、端末の操作履歴を詳細に記録・管理することが可能となり、情報漏えいの原因究明や予防策の検討が容易となりました。また、「ファイル暗号化」機能により、行内で扱うファイルの安全性が向上し、情報の取り扱いにおける安心感を得ることができました。
  • この導入事例のポイント
    • 働き方改革における隠れ残業防止の観点から客観的に勤務時間を把握したい
    • PC操作ログ管理機能などの多様な機能を有する、AssetViewを導入
    • 稼働時間を視覚化することで、サービス残業の防止に役立てることができる

    製品を導入することになった背景

    株式会社エイビスは、「絆」「貢献」「利益」という経営理念のもと、業務効率化のためのシステム開発や、超高齢化社会に向けた医療・介護分野のシステム開発とサービス展開に注力しています。特に、働き方改革の流れの中で、隠れ残業の防止が求められる中、客観的に勤務時間を把握するためのIT資産管理製品の導入が必要となりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社エイビスでは、従業員自らの打刻による勤怠管理システムを使用して業務時間を管理していました。しかし、このシステムでは隠れ残業の防止が難しく、客観的な勤務時間の把握が求められるようになりました。このような背景から、新たなIT資産管理製品の導入を検討することとなりました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社エイビスは、上記の課題を解決するために「AssetView」のPC操作ログ管理機能を検討しました。この機能を使用することで、申告時の出退勤時間と実際のPC起動・シャットダウン時間を照らし合わせ、サービス残業の防止が可能となります。また、「AssetView」は多様な機能を持ち、ビジネスの成長に合わせて機能の追加や拡張が容易であるという点で、大きなメリットがあると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    「AssetView」の導入により、株式会社エイビスは客観的な勤務時間の把握が可能となりました。具体的には、PC操作ログ管理機能を使用して申告時の出退勤時間と実際のPC起動・シャットダウン時間を比較し、サービス残業の防止に役立てることができました。この結果、働き方改革の一環として、従業員の適切な勤務管理が実現され、企業全体の業務効率化と働きやすい環境の構築に貢献しました。
  • この導入事例のポイント
    • 総合医療センター内の、ITインフラの整備・最適化を継続的に実施していきたい
    • AssetViewはIT資産の統合管理を1製品で対応でき、運用負担が軽減できる
    • 運営負担軽減や効率的なIT資産管理で、生産性の向上やコスト削減を可能にした

    製品を導入することになった背景

    山口県立総合医療センターは、県民の健康と生命を守るために満足度の高い医療を提供するという基本理念を掲げています。地域医療支援病院として、県央部の三次救急指定病院としての役割を果たしつつ、小児から高齢者までの患者さんに対して、迅速かつ的確な診断や治療を提供することを目指しています。その中で、ITインフラの整備や最適化が継続的に行われてきました。そして、経営資源の最適化やIT/システム運用の標準化、情報セキュリティレベルの統一化をさらに進めるための手段として、AssetView CLOUDの導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    山口県立総合医療センターは、高度な医療サービスを提供するためのITインフラの整備と最適化を継続的に行ってきました。しかし、それに伴う課題も増えてきました。特に、IT資産の統合管理や証跡管理、情報漏洩対策、脆弱性対策などの多岐にわたる課題に対応するための適切なソリューションが求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    山口県立総合医療センターは、上記の課題に対して、AssetView CLOUDを選択しました。この製品は、IT資産の統合管理を実現することができ、証跡管理や情報漏洩対策、脆弱性対策などの多岐にわたる課題に1製品で対応することが可能です。また、クラウドサービスであるため、サーバーの管理が不要で、ソフトウェアアップデートの工数も大幅に削減できます。さらに、管理画面がシンプルで直感的な操作が可能なため、学習コストが低く、誰でも簡単に運用することができます。

    製品の導入により改善した業務

    AssetView CLOUDの導入により、山口県立総合医療センターは、IT資産の統合管理を実現しました。これにより、証跡管理や情報漏洩対策、脆弱性対策などの課題に対して、シームレスな運用管理を行うことができるようになりました。また、サポート窓口の集約による生産性の向上やコスト削減も実現しました。クラウドサービスとしての特性を活かし、サーバーの管理が不要となり、ソフトウェアアップデートの工数も大幅に削減されました。これにより、管理者の運用負担が最小限に抑えられ、効率的なIT資産管理を推進することができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • ランサムウェア・エモテット対策の強化や複数製品の利用による運用負荷が課題
    • ウイルス対策が可能で、1製品で統合管理のできるAssetViewを導入した
    • セキュリティ面の強化や、1製品で柔軟性高い統合管理を実現可能にした

    製品を導入することになった背景

    株式会社クロップスは、愛知・三重・岐阜・静岡県の東海4県下・首都圏の「auStyle」「UQスポット」を運営し、携帯電話の小売流通をリードする企業として、多くのIT資産を管理しています。その中で、EPP製品とIT資産管理製品の2つを組み合わせてIT管理・セキュリティ対策を行っていましたが、ランサムウェア・エモテット対策の強化や複数製品の利用による運用負荷が増大していました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社クロップスは、IT資産の管理とセキュリティ対策を行うためのEPP製品とIT資産管理製品を使用していましたが、これらの製品を組み合わせることで運用の複雑さが増していました。特に、ランサムウェアやエモテットなどのセキュリティ脅威に対する対策の強化が求められていた中、複数の製品を同時に運用することで生じる手間やコストが課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    上記の課題を解決するために、株式会社クロップスは新しいソリューションを模索していました。その中で、パターンファイルマッチングだけでないウイルス対策が可能であり、さらにIT資産管理も統合して行える「AssetView」に注目しました。AssetViewは、IT資産管理とセキュリティ対策を1つの製品で実現することができるため、運用の効率化やコスト削減が期待できると判断し、導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    「AssetView」の導入により、株式会社クロップスはIT資産管理とセキュリティ対策を一元的に行うことができるようになりました。これにより、以前に比べて運用の手間が大幅に削減され、セキュリティの強化も実現されました。特に、ランサムウェアやエモテットなどの脅威に対する迅速な対応が可能となり、企業全体のIT環境の安全性と効率性が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 手動でのIT資産管理からの脱却やコールセンター特有のセキュリティ対策をしたい
    • 多機能かつ単機能から導入できるAssetViewの柔軟性にメリットを感じる
    • 全国のPCの統合管理を可能にし、システム面からの情報漏洩を未然に防止できた

    製品を導入することになった背景

    健康食品や美容関連商材に関するご注文やご相談対応を行うコールセンター「エン・コンシェル」は、2015年の創業以来、事業拡大を続けてきました。拠点の増加やオペレーターの急増に伴い、システムの強化が必要となっていました。特に、お客様の個人情報を大量に扱う業務上、プライバシーマーク認証(Pマーク認証)を取得しており、その審査基準を満たすためのセキュリティ対策が求められていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    「エン・コンシェル」では、オペレーターがクライアントのECサイトに情報を入力したり、商品情報を検索しながら対応することがありました。このため、オンライン回線を完全に遮断することはできず、オペレーターのITリテラシーのばらつきから、マルウェア感染のリスクが考えられました。また、PCの数が2015年の50台から2021年には600台に増加し、PCの運用管理にも課題が生じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    元々、Webフィルタリング機能に特化したセキュリティ製品を探していた「エン・コンシェル」は、AssetViewの多機能性と自由度の高さに魅力を感じました。事業規模の変化に合わせて、必要な機能を段階的に追加できる点が導入の決め手となりました。AssetViewの担当営業との密接な連携により、導入がスムーズに進められました。

    製品の導入により改善した業務

    AssetViewの導入により、Webフィルタリングの他に、アプリケーション配布、PC操作ログ管理、デバイス制御機能を活用することができるようになりました。USBの使用制限やWebサイトへのアクセス制限など、システムでのセキュリティ対策が強化され、情報漏洩リスクの排除が可能となりました。また、PCの運用管理も効率化され、少人数で全拠点のIT資産管理に対応することができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 端末数の増加による増加した管理工数やソフトウェア資産を、一元管理したい
    • 運用する上での柔軟性が高い「AssetView CLOUD Lite」を導入
    • IT資産の一元管理を社員でも素早く簡単に行うことが可能になった

    製品を導入することになった背景

    グリーン警備保障株式会社は、地域と人のふれあい「ヒューマン・リレーション」を大切にし、「安全と安心」「満足の向上」を目指す警備会社として、最優の企業を目標に日々努力を続けています。その中で、IT資産の管理方法についての見直しを行うこととなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    グリーン警備保障株式会社では、これまで手作業で台帳によるIT資産管理を行っていました。しかし、端末数の増加に伴い、管理工数が増加するとともに、ソフトウェア資産の一元管理にも課題が生じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、グリーン警備保障株式会社は「AssetView CLOUD Lite」を検討しました。この製品は、管理者権限を一部委譲できる柔軟性を持ち、直感的な操作画面が特徴であり、システムに明るくない社員でも迅速に業務を遂行することが可能です。これらの点を評価し、導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    「AssetView CLOUD Lite」の導入により、グリーン警備保障株式会社は、IT資産管理の効率化を実現しました。手作業での台帳管理から脱却し、端末数の増加にも柔軟に対応することができるようになりました。また、ソフトウェア資産の一元管理もスムーズに行えるようになり、業務の質と効率の向上を実感しています。
  • この導入事例のポイント
    • 事業拡大や、従業員の増加に伴うIT資産管理業務の肥大化を解決したい
    • 少人数でも効率的にIT資産管理ができる、AssetViewを導入した
    • AssetViewによって、情報漏洩対策やセキュリティ強化を実現できた

    製品を導入することになった背景

    株式会社ガモウは、創業から95年にわたり、総合美容商社として首都圏を中心に活動しています。全国18,000店以上のヘアサロンにカラー剤やヘアケア商品、さらには関連する情報を提供しており、美容業界ディーラーとしての地位を築いてきました。しかし、事業の拡大や従業員数の増加に伴い、IT資産管理業務の複雑さが増してきました。このような背景から、効率的なIT資産管理と情報漏洩対策を実現するためのソリューションを求めることとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ガモウは、事業の拡大と従業員の増加に伴い、IT資産管理業務の肥大化という課題に直面していました。少人数での業務遂行が求められる中、効率的なIT資産管理が難しくなっていました。また、情報漏洩のリスクやセキュリティの問題も増大しており、これらの課題を解決するための適切な手段を模索していました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社ガモウは、上記の課題を解決するために、統合型IT運用管理「AssetView」の導入を検討しました。AssetViewは、IT資産管理を効率化するための機能を持っており、情報漏洩対策やセキュリティ強化も実現できるという点で、ガモウの要求に適していました。そのため、AssetViewを導入することで、少人数でも効率的なIT資産管理が可能となり、さらにはガモウグループ全体のセキュリティ強化も図ることができると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    「AssetView」の導入により、株式会社ガモウはIT資産管理業務の効率化を実現しました。具体的には、所有していたライセンスを4割削減することでコスト削減が達成されました。また、個人情報の利用チェックが容易になり、定期監査のPDCAサイクルを短時間で回すことが可能となりました。さらに、手間をかけずに個人情報の検出ができるようになり、ウイルス対策も強化され、大幅なコスト削減も実現されました。これらの改善により、ガモウは業務の効率化とセキュリティの向上を同時に達成することができました。
  • この導入事例のポイント
    • 管理負担が大きいことや、セキュリティ対策が課題として挙がっていた
    • デバイス制御やIT資産管理などの機能が統合管理できるAssetViewを導入した
    • 統合管理により、管理者の省力化およびセキュリティ強化が実現できた

    製品を導入することになった背景

    リモートワークやサテライトオフィスの普及に伴い、情報の不正な持ち出しやUSBデバイスの紛失が問題となっていました。特に、システム開発・運用を手掛ける株式会社 IDホールディングスでは、社員が客先常駐することも多く、PCの社外持ち出しを考慮したIT資産管理や情報漏洩対策が必要とされていました。このような背景から、セキュリティ課題への対応としてAssetViewの導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社 IDホールディングスでは、社員にPCの管理者権限を与えず、ソフトの無断インストールを防ぐ措置を取っていました。また、ファイルはサーバー上で一元管理し、情報漏洩を防ぐ対策を施していました。しかし、IT資産やライセンスの管理は人力で行われており、資産管理はExcel台帳で、アプリケーションの管理は年2回の手動取得という形で行われていました。特にUSBデバイスの使用許可の申請プロセスが煩雑で、個別の制御設定が必要でした。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社 IDホールディングスの傘下にある株式会社インフォメーション・ディベロプメントがAssetViewの販売代理店であることから、社員からの紹介を受け、AssetViewを知ることとなりました。AssetViewは、デバイス制御やIT資産管理などの機能を1つのソフトウェアで統合管理できる点や、PC操作ログ管理機能が非常に有用であると感じられたため、導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    AssetViewの導入により、株式会社 IDホールディングスは19拠点、2300台のPCでの利用を実現しました。特に、USBデバイス制御が遠隔からも可能となり、管理コンソール上での設定変更が容易になりました。また、Windowsの大型アップデート時には、PC更新管理機能を活用し、作業効率を大幅に向上させることができました。これにより、社員のテレワークや客先常駐時のセキュリティを確保しつつ、業務効率の向上を実現しました。
  • よく比較されている
    「IT資産管理ツール」の製品:13件

    13件中 1~4件表示

    物品管理システム IT資産管理ツール

    ASSA ABLOY ABのTrakaは、オンラインアクセス、可視化、アラート機能を備えたRFIDを使用する機器キャビネットです。機器キャビネットはタブレット端末・ノートパソコン保管ロッカー、パーソナルロッカー・異なる資産が同時に管理できるモジュラー型ロッカーなどに分かれています。ヨーロッパ/中東/アフリカ/イギリスなどでも導入され、同社のキーキャビネットはオレンジ・レイク・リゾートやウェスタンコネチカット州立大学でも使用されています。

    製品のおすすめポイント

    • PINコードや生体認証も可能、堅牢なセキュリティ
    • TrakaWEBで一元管理、スタンドアロン機能も使用可能
    • タッチパネルで簡単操作、タブレットやPCの充電機能も
    運営企業情報 ASSA ABLOY AB
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 履歴管理 専用端末で管理 貸出状況確認 情報の自動更新 ステータス管理 RFIDタグ対応 アラートメール通知 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 不明
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    IT資産管理ツール

    ゾーホージャパン株式会社のManageEngineは、必要なものが揃うIT資産管理ソフトです。ネットワークやITサー ビス、セキュリティサービスやPC、ビジネスアプリなど包括的に企業の運営をサポートします。一般企業だけでなく官公庁、自治体で5,000 ライセンスが利用されており、北米や欧州以外にも南米、中東、アジアなど18万社以上が導入しています。グローバルに対応することが可能で、画面が分かりやすく機能も取捨選択可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 画面が分かりやすいので、習得にコストがかからない
    • 機能を選択できるため、費用と工数を削減できる
    • グローバル対応が可能で、多言語利用が可能
    運営企業情報 ゾーホージャパン株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 ログ収集 ネットワーク検知 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    IT資産管理ツール

    情報技術開発株式会社のIvantiは、IT資産や拠点が多い企業のための、統合的なIT資産管理ソフトです。IT資産を高いセキュリティ管理ツールによって保護し、エンドポイントだけでなくエンタープライズサービスの管理まで幅広い業務領域をカバー。高い機能性でありつつ、ユーザビリティに優れているソフトでもあります。清水建設やLIXIL、大樹生命といった大手企業を中心に多数の導入実績があり、安心、安定して運用が可能になります。

    製品のおすすめポイント

    • Ivantiの独自技術によってソフトウェア配信が素早く正確
    • パッチのタイミングや形式が豊富で工数を削減できる
    • 社外ネットワークも、グローバル拠点も一元管理可能、
    運営企業情報 情報技術開発株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 台帳作成 不正機器検知 ソフトウェア管理 ライセンス管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    IT資産管理ツール

    住友電工情報システムのMCoreは、徹底したユーザー目線によって開発された、高い信頼性とスケーラビリティを有する資産管理システムです。住友電工グループ7万人が使用するために開発されており、高い実用性があります。セキュリティの脆弱性やデータの持ち出し、内部不正を防ぐことができ、企業のIT資産管理を適切に運用することが可能。ほかにもIT資産業務を効率化するために使用者の状態、場所の把握や、勤務状況の把握と言った機能も備わっています。

    製品のおすすめポイント

    • 高い信頼性とスケーラビリティで実力を発揮
    • 多機能・高性能でありつつ、低コストで負担軽減
    • 使いやすいだけでなくサポートも万全なので迷わない
    運営企業情報 住友電工情報システム株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 国産ソフト ログ収集 不正機器検知 一元管理 ライセンス管理 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 製造 IT・情報通信 旅行・宿泊・飲食
    よく導入している企業の規模 不明 1,001名以上

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる