Menu
Close

AIよみと~るの導入事例

財務・経理・総務 業務を効率化したい

行政完全デジタル化までの過渡期を乗り切れ! マイナンバー対応AI-OCRとRPA連携で介護保険業務を効率化

※出典:マイナンバー対応AI-OCRとRPA連携で介護保険業務を効率化 行政完全デジタル化までの過渡期を乗り切れ!|導入事例|法人のお 客さま|NTT東日本

最終更新日: 2022/05/02

この導入事例のポイント

  • 精度がすこし低く、料金も高めなので、もう少し抑えたい 処理速度向上も向上したい
  • 帳票入力業務のさらなる効率化を図っていけると考え、AIよみと~る導入を決めた
  • 帳票入力業務も効率化し、文字も数字もほとんど誤読がなく、料金も良心的だった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

東日本電信電話株式会社のAIよみと~るは、手書き文字を認識し、読取・データ化できるAI-OCRサービスです。AIよみと~るの特徴はなんといってもその読取精度の高さです。読取精度は驚きの96.71%。直感的で使いやすいインタフェースで、簡単なマウスの操作のみで設定が完了するところも魅力のひとつです。RPAと連携できるので、入力や読み取り結果の自動化が実現できます。RPAとの連携で、稼働時間を平均61.69%も削減できることが実証されています。

製品のおすすめポイント

  • AIを利用した技術でこれまでにない読取精度を実現
  • マウスひとつで設定が完了できるシンプルで簡単な操作
  • 社内システム等と連携することで稼働時間の削減を実現
運営企業情報 東日本電信電話株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 名刺スキャン 取消線対応 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 撮影画像対応 画像読み取り 準定型帳票対応 RPA連携 レイアウト維持 データベース連携
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 30日
よく導入している業種 その他 IT・情報通信 卸売
よく導入している企業の規模 101名-300名 301名-1,000名 1,001名以上

導入前に知っておきたい基礎知識

「AI OCR」とは

AI OCR(人工知能光学文字認識)は、AI技術を活用してOCR(光学文字認識)のプロセスを改善する技術やサービスです。ICR(インテリジェント・キャラクター認識)とも呼ばれることがあります。

AIの特徴である機械学習やディープラーニングを利用して、文字の補正結果を学習し、文字認識率を向上させることができます。画像の文字を手動で打ち込む作業を大幅に削減することができ、仕事や作業の効率を高めるためには欠かせないソフトです。

本記事では今話題のAI OCRについての説明から必要な背景、導入メリット、そしておすすめのAI OCRソフトを紹介していきます。導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

AIよみと~る

東日本電信電話株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • AIを利用した技術でこれまでにない読取精度を実現
  • マウスひとつで設定が完了できるシンプルで簡単な操作
  • 社内システム等と連携することで稼働時間の削減を実現

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「AI OCR」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる