Menu
Close

マツエクサロンにおすすめな電子カルテと失敗しない選び方を徹底解説

目次

現代の美容業界では、技術の進化と共に、サロン運営の効率化を図るツールの重要性が高まっています。特にマツエクサロンでは、細かい顧客管理と施術の質の維持が成功の鍵となります。この背景の中、電子カルテの導入は、サロン運営を劇的に変革する可能性を秘めていると言えるでしょう。

しかし、電子カルテを選ぶ際には、様々な機能やサービス、利便性を検討する必要があり、選択肢の多さが逆に選び方を難しくしています。この記事では、マツエクサロンにおける電子カルテのメリットとデメリット、そして、どのようにして自サロンに最適な電子カルテを選べばよいかを詳しく解説していきます。

電子カルテを導入することで、カルテ管理の手間が軽減されるだけでなく、顧客満足度の向上にもつながれば一石二鳥です。しかし、そのためには、サロンのニーズに合った電子カルテを見極める目利きが不可欠です。本記事を通じて、マツエクサロンのオーナーやマネージャーが、そのような選択をするための知識を得ていただければと思います。

※電子カルテの基本については、電子カルテ比較の記事をご覧ください。

マツエクサロンで電子カルテを導入する8つのメリット

マツエクサロンでの電子カルテ導入は、顧客管理から施術の質向上まで、多岐にわたるメリットをもたらします。ここでは、電子カルテがサロンの日々の運営をどのように革新し、顧客満足度を高めるかの8つのポイントを解説します。

電子カルテの導入を検討している方は、これらのメリットを押さえることで、より明確な判断ができるようになるでしょう。

カルテを管理しやすくなる

電子カルテの最大の魅力の一つは、カルテ管理の効率化です。従来の紙のカルテでは、顧客の増加と共に管理が煩雑になりがちでした。

しかし、電子カルテを導入することで、その悩みが下記のように大幅に解消されます。

  • 管理の手間が減少:紙のカルテと比べて、電子カルテは検索や更新が瞬時にできるため、管理にかかる時間と労力を大きく削減
  • 情報の一元管理:顧客情報、施術履歴、アレルギー情報など、必要な情報を一箇所で管理できるため、情報の整理や参照が簡易化
  • データの安全性が向上:紙のカルテは水損や紛失のリスクがありますが、電子カルテはデータバックアップにより、そのようなリスクから情報を守ることが可能

電子カルテを導入することで、サロン運営の効率化はもちろん、顧客情報の安全性とアクセスの容易さが向上します。

スマホやタブレットでカルテの管理ができる

電子カルテシステムの採用により、スマートフォンやタブレットを通じて、場所を選ばずにカルテ管理を行うことが可能になります。この機能は、以下のようにサロン運営の効率化に寄与します。

  • アクセスの柔軟性:外出先や自宅であっても、必要な顧客情報や予約状況を簡単に確認できるため、運営の柔軟性が向上
  • 情報の即時更新と共有:施術情報や顧客の要望をリアルタイムで更新し、スタッフ間で共有できることで、情報の齟齬を減らし、サービス品質を一層高めることが可能
  • 待機時間の有効活用:顧客が待機中にタブレットでヒアリングシートに回答してもらうことにより、施術にかかる時間を短縮し、顧客サービスをパーソナライズできる

このように、スマートフォンやタブレットを用いた電子カルテ管理は、サロンの日常運営をよりスムーズにし、顧客満足度の向上に貢献します。

写真を取り込むのが簡単

電子カルテを利用することで、施術前後の顧客の目の状態やマツエクの仕上がりを写真で記録し、カルテに直接取り込むことが容易になります。この機能は、施術の品質向上に直結します。

施術の結果を写真で記録することで得られる利点は大きく、具体的なメリットは以下の通りです。

  • 施術前後の比較容易化:施術の効果を明確に顧客に示すことができ、顧客の満足度を高める
  • 施術履歴の詳細な記録:施術のたびに写真を記録することで、顧客の施術履歴を詳細に残し、将来的な施術計画に役立てられる
  • 品質管理の向上:定期的に施術結果の写真を確認することで、施術品質の維持や向上を図れる

これらの点から、電子カルテを使用することで、施術の質を高め、顧客満足度の向上に寄与するだけでなく、スタッフの技術向上にも繋がります。写真を活用した施術記録は、マツエクサロンのサービス品質を次のレベルへと引き上げる重要な手段です。

紙カルテの管理が不要になる

電子カルテ導入の効果の一つとして、紙のカルテを整理・保管する煩わしさが無くなる点が挙げられます。これにより、サロンの日常業務が大きく変わり、さまざまなメリットが生まれます。

この変化がサロンにもたらす利点は以下の通りです。

  • スペース利用の最適化:カルテ保管用に確保していた場所を他の目的で活用できるようになる
  • 情報セキュリティの強化:電子データのバックアップと暗号化により、情報漏洩や紛失のリスクが減少
  • スムーズな情報アクセス:検索機能を利用して、必要な顧客情報にすぐにアクセスでき、対応の迅速化が図れる

紙のカルテ管理からの脱却は、サロンの業務効率化に直接的に貢献し、顧客情報の扱いにおいてもより安全かつ効果的な管理を実現します。これは、現代のビジネス環境における重要な進歩と言えるでしょう。

顧客情報を手軽に検索できるようになる

電子カルテシステムを使うことで、顧客情報の検索が以前にも増して簡単になります。これはサロン運営において大きなメリットをもたらし、時間と労力の節約に直結します。手動で紙のカルテを一つ一つ探す手間がなくなり、数秒で必要な情報にアクセスできるようになるわけです。

この変化は、以下のようにサロンの日々の業務に影響を及ぼします。

  • 迅速な顧客対応:顧客の来店時に、その人の履歴や特記事項を即座に確認できるようになり、よりパーソナライズされたサービスを提供可能
  • 効率的な情報管理:顧客情報の更新や追加も簡単になるため、情報が常に最新の状態を保て、管理の手間が減少
  • 時間の節約:情報検索にかかる時間が大幅に短縮されることで、その分他の業務に充てられる

電子カルテによる顧客情報の簡単な検索機能は、サロンの運営をよりスムーズにし、顧客満足度を向上させる重要な要素です。

複数人でのスタッフ共有がしやすくなる

次の利点として、スタッフ間での情報共有が格段に容易になることがあります。これにより、サロンの日々の運営がスリム化され、チームの結束力が一層強まるという大きな恩恵が得られます。従来の紙ベースの記録では、重要な顧客データや過去の施術記録を全スタッフがすぐに理解することは難しいものでした。

しかし、電子カルテのシステムを取り入れることで、以下のような改善が実現します。

  • 即座の情報共有:顧客データや施術に関するメモをリアルタイムでアップデートし、全スタッフがそれにアクセスできるようになります。これにより、顧客に関する重要な情報がチーム内で共有され、一貫性のあるサービスの提供が実現します。
  • 誤りの低減:最新情報へのアクセスが保証されるため、情報の食い違いによるミスが減少します。
  • 業務の効率的な分担:顧客の要望や注意点が明確になることで、スタッフ間の業務分担がスムーズに進み、サービス品質の向上が期待できます。

電子カルテによるスタッフ間の情報共有の容易化は、サロンの運営をよりスムーズにし、顧客に対してより質の高いサービスを提供するための基盤を作ります。これは、チーム全体のパフォーマンス向上に直接的に寄与し、顧客満足度の向上にも繋がります。

タブレット等でヒアリングシートを記入してもらえる

電子カルテシステムの導入は、顧客にタブレットや他の電子デバイスを使用してヒアリングシートを記入してもらうことを可能にします。このアプローチは顧客の体験を向上させると同時に、サロンの業務プロセスを効率化します。

この方法の採用によって得られる具体的なメリットは以下の通りです。

  • 顧客体験の向上:紙のフォームに比べてタブレットでの記入は迅速で簡単であり、顧客にとってストレスの少ない体験となります。特に、繰り返し来店する顧客の場合、基本情報を再入力する手間が省け、訪問ごとに快適な体験を提供できます。
  • データの正確性と整理の容易さ:電子デバイスを通じて直接入力されたデータは、読み取りやすく、誤りの可能性が減少します。また、集めたデータは自動的に顧客の電子カルテに統合され、整理やアクセスが容易になります。
  • 効率的な情報収集:特定の施術に関する質問や同意書の確認など、必要な情報を効率的に収集し、処理することが可能になります。これにより、受付や施術前の準備時間が短縮され、サービス提供の効率が向上します。

タブレットを活用したヒアリングシートの導入は、顧客満足度の向上とサロン運営の効率化の両方を実現します。

時間と場所問わずカルテを確認・更新できる

次に、時間や場所を選ばずにカルテを確認・更新できることは、サロンスタッフにとって非常に価値のあるツールとなっています。

この具体的なメリットは以下の通りです。

  • 柔軟な業務対応:外出中や自宅でもカルテ情報にアクセスできるため、スタッフはより柔軟に業務を進められます。急な顧客からの問い合わせにも迅速に対応可能です。
  • 効率的な情報共有:スタッフ間での情報共有がスムーズに行えるようになります。例えば、施術者が変わっても、前回の施術内容や顧客の反応などを瞬時に確認できるため、一貫したサービスの提供が可能になります。
  • 作業時間の短縮:サロンでの閉店後や開店前の準備作業時間を大幅に短縮できます。カルテの確認や更新作業を効率的に行うことができるため、実際の業務により多くの時間を割くことができるようになります。

このように、時間と場所を選ばずにカルテ情報にアクセスできる電子カルテシステムは、サロンのサービス品質向上と効率化の両面で大きな利点をもたらします。サロン運営をより柔軟に、かつ効率的に行いたい場合、この機能は必須の要件と言えるでしょう。

マツエクサロンで電子カルテを導入する4つのデメリット

電子カルテを導入することは多くのメリットがありますが、完璧なソリューションというわけではありません。ここでは、マツエクサロンが電子カルテを導入する際に直面する可能性のあるいくつかの課題やデメリットを見ていきます。

これらのポイントを理解し、対策を講じることで、よりスムーズな導入と運用が可能になります。

電子カルテに慣れるまで時間がかかる

電子カルテの導入が即時の効率化を約束する一方で、スタッフがこの新システムに慣れるまでには時間が必要です。この適応期間は、サロン運営において一時的な課題となり得ます。

新しい技術に対する習熟度は個人差があり、以下の点が挙げられます。

  • 研修と習得の必要性:全スタッフがシステムを効果的に使いこなせるようになるまで、十分なトレーニングと時間が必要
  • 一時的な生産性の低下:初期段階では、作業の遅延やミスが増える可能性があり、これがサービスの質に一時的に影響を及ぼすことがある
  • 抵抗感を持つスタッフ:変化に対する抵抗感は自然なことであり、特に技術に不慣れなスタッフには顕著に現れることがある

これらの課題を乗り越えるためには、スタッフ一人ひとりの技術習得をサポートする体制を整え、十分なトレーニング時間を確保することが重要です。また、変化のメリットを強調し、スタッフのモチベーション向上に努めることも効果的です。

イラストを描くのが紙より大変と感じる場合がある

電子カルテの導入により多くのプロセスがデジタル化されますが、特に手描きイラストや細かいメモを取る場合、紙のカルテに比べて難しいと感じるスタッフもいます。この違和感は、サロンでの導入初期において、特に顕著になる可能性があります。

主な懸念点は以下の通りです。

  • 操作の複雑さ:デジタルデバイスでのイラストやメモの作成は、特定のアプリケーションやツールの使用方法を学ぶ必要があります。この学習曲線は、一部のスタッフにとっては挑戦となり得ます。
  • 表現の限界:紙に比べ、デジタルツールでは表現の自由度が制限されることがあります。特に、細かいディテールを要するイラストにおいて、この差は顕著に感じられることがあります。
  • 直感的な操作の欠如:紙とペンの組み合わせは、直感的に操作できるため、アイデアや情報を迅速に記録するのに適しています。デジタルデバイスでは、この直感的な操作感を再現するのが難しい場合があります。

これらの課題に対処するには、適切なトレーニングとデバイスの選択が重要です。例えば、スタイラスペンを使用できるタブレットの導入や、イラスト作成に特化したアプリケーションの選定が役立ちます。また、スタッフがデジタルツールを使いこなせるようになるまで、サポートと練習の機会を提供することが不可欠です。

スタッフが複数人いる場合は端末を複数台用意する必要がある

マツエクサロンのようなビジネスで電子カルテシステムを導入する際、複数のスタッフが同時にシステムにアクセスする必要があります。そのため、十分な数の端末を準備することが重要です。これは、サロンの運営コストに影響を与える要素となり得ます。

端末の準備が必要な理由は以下の通りです。

  • 同時アクセスの確保:複数のスタッフが同時にカルテ情報にアクセスしたり更新したりする必要がある場合、一台の端末では対応できません。顧客の待ち時間を減らし、スムーズなサービス提供を実現するためには、スタッフ一人ひとりが端末を持っていることが理想的です。
  • 業務効率の向上:個々のスタッフが専用の端末を持つことで、情報の入力や検索が迅速に行え、業務の効率が大きく向上します。
  • サービス品質の維持:顧客情報の確認や更新作業を迅速に行うことができれば、顧客への対応品質を維持しやすくなります。これは顧客満足度の向上に直結します。

このような状況に対応するためには、サロンの規模や予算に応じて、端末数やその仕様を適切に計画することが必要です。また、端末のコストを抑えつつ効率的な運用が可能なソリューションを検討することが、長期的な運営成功の鍵となります。

電子カルテ製品によってはマツエクサロンに向いていない場合も

マツエクサロン向けに電子カルテシステムを選ぶ際、全ての製品がサロンのニーズに合致するわけではありません。特定の機能が欠けているか、または必要以上に複雑で使いにくいシステムも存在します。この選択過程では、サロン特有の運用スタイルや要望を考慮に入れる必要があります。

適切でないシステムを選んでしまうと、以下のような課題が生じる可能性があります。

  • 必要な機能の不足:マツエクサロン特有の要求、例えば細かな施術詳細の記録や特定のアレルギー情報の管理など、必要な機能がシステムに備わっていない場合がある
  • 操作の複雑さ:直感的でないユーザーインターフェースや、必要以上に複雑な機能は、スタッフの使い勝手を悪くし、結果として顧客サービスにも悪影響を及ぼす可能性がある
  • 経済的負担:サロンにとって不必要な高度な機能を持つシステムは、コスト面での負担が大きくなることがある

これらの問題を避けるためには、事前のリサーチが不可欠です。マツエクサロンの具体的な要件をリストアップし、それに基づいて市場にある電子カルテシステムを比較検討することが重要です。また、製品のデモ版を試用してみることで、実際の運用における使い勝手や機能性を確かめられます。

マツエクサロンで失敗しない電子カルテの選び方・必要機能

マツエクサロン向け電子カルテを選ぶ際、どのシステムが最適か決めることは容易ではありません。この選択プロセスを成功に導くためには、サロンの具体的なニーズを理解し、それに適合する機能を備えた電子カルテを見極めることが不可欠です。

【必須】顧客管理がしっかりできること

マツエクサロンで電子カルテを選定する際に最も重視すべき点は、顧客管理機能の充実です。サロン業務では、顧客一人ひとりの詳細な情報を正確に管理し、迅速にアクセスできることがサービス品質を左右します。

顧客管理機能には、以下のような要素が含まれるべきです。

  • 個人情報の管理:名前、連絡先、重要な日付(誕生日や記念日など)を簡単に記録、参照できる機能
  • 施術履歴の詳細な記録:過去に行った施術の種類、使用した製品、施術に対する顧客の反応など、細かな履歴を管理する機能
  • アレルギー情報や注意事項の記録:顧客ごとのアレルギー情報や施術時の特別な注意点を明記できる機能

このように、顧客管理機能が充実している電子カルテシステムを選ぶことで、サロンは顧客一人ひとりにパーソナライズされたサービスを提供できるようになります。その結果、顧客満足度の向上に繋がり、リピート率のアップや口コミによる新規顧客の獲得に貢献します。

【必須】スマホやタブレット端末に対応していること

現代のマツエクサロン経営では、スタッフが場所を選ばずに作業できる柔軟性が求められています。このため、電子カルテシステムがスマートフォンやタブレット端末に対応しているかどうかは、選定時の重要なポイントです。

モバイルデバイスへの対応により、サロンは次のようなメリットを享受できます。

  • 場所を選ばないアクセス性:外出先やサロン内の異なる場所でも、顧客情報やスケジュールを確認・更新できるため、サービスの柔軟性が向上
  • 迅速な顧客対応:顧客からの急な問い合わせや予約変更に対して、どこからでも直ちに対応できるため、顧客満足度の向上に貢献
  • 効率的な業務遂行:タブレットを使用して顧客が自身で情報を入力できるため受付作業が効率化

これらの利点を享受するためには、システム選定時にモバイルデバイス対応の機能性に注目し、サロンの運営スタイルに合った選択を行うことが重要です。

【必須】文字やイラストが描きやすいこと

マツエクサロンの日々の運営では、顧客の状態や施術の詳細を正確に記録することが極めて重要です。そのため、電子カルテシステム選びでは、スタッフが文字入力やイラスト描画を容易に行えるかどうかを考慮する必要があります。

この機能が充実しているシステムを選定することで、以下のメリットを享受できます。

  • 情報の正確な記録:施術の詳細や顧客の特記事項を正確に、かつ迅速に記録できます。これにより、次回の施術時にも正確なサービスを提供する基盤が整います。
  • 視覚的情報の活用:イラスト機能を利用して、施術前後の状態や特定の施術方法を図解することが可能です。視覚的な情報は、言葉だけでは伝えにくい細かなニュアンスも捉えることができるため、スタッフ間の情報共有においても非常に有効です。
  • 効率的なコミュニケーション:顧客とのコミュニケーションにおいても、施術の計画や期待される結果を図で示すことで、より明確な理解と合意形成を図れます。

電子カルテを選ぶ際は、スタッフが直感的に操作でき、文字入力やイラストの作成がスムーズに行えるシステムを選定することが重要です。これにより、サロンのサービス品質をさらに高め、顧客満足度を向上させることが可能となります。

【必須】ヒアリングシートや同意確認書の記入ができること

マツエクサロンにおける電子カルテシステムの導入に際して、ヒアリングシートや同意確認書の電子化は避けて通れない要件です。これらのドキュメントは、サービス提供前の顧客とのコミュニケーションにおいて不可欠であり、その取り扱いの効率化はサロン運営のスムーズ化に直結します。

この機能を備えた電子カルテシステムには、以下のようなメリットがあります。

  • 顧客データの正確な収集:顧客自身がタブレットなどのデバイスを通じて情報を入力することで、誤解や入力ミスを最小限に抑え、正確な顧客データの収集が可能
  • プライバシー保護の強化:個人情報を含むヒアリングシートや同意確認書を電子化することで、紙の書類と比較してセキュリティが強化され、顧客情報のプライバシー保護が図れる
  • 効率的なアクセスと管理:必要な書類に迅速にアクセスし、更新や管理を行うことができるため、サロンスタッフの業務効率が大幅に向上

電子カルテシステムを選定する際には、これらの書類を電子的に取り扱える機能が備わっているかどうかを確認することが重要です。顧客満足度の向上とサロン運営の効率化を実現するために、ヒアリングシートや同意確認書の電子化機能は必須の要件となります。

【必須】セキュリティ対策がしっかりとされていること

マツエクサロンで電子カルテシステムを導入する際、顧客情報の安全性を保つためのセキュリティ対策は最優先事項です。顧客データの機密性を守ることは、サロンの信頼性を維持し、顧客からの信頼を得るために不可欠です。

セキュリティが確保されている電子カルテシステムは以下の特徴を有しています。

  • データの暗号化:顧客情報が外部に漏れることなく安全に保管されるよう、データの暗号化技術が用いられています。これにより、情報が第三者によって不正にアクセスされるリスクを最小限に抑えられます。
  • アクセス制御:不正アクセスを防ぐため、パスワード保護や、特定のスタッフのみが情報にアクセスできるようなアクセス権限の設定が可能です。また、利用者の操作ログを記録し、いつ誰がデータにアクセスしたかを追跡できます。
  • 定期的なセキュリティ更新:サイバーセキュリティの脅威は常に進化しています。そのため、システムのセキュリティ対策も定期的に更新され、新たな脅威に対応できるようになっている必要があります。

顧客情報を扱う上で、これらのセキュリティ対策を充実させた電子カルテシステムを選択することは、サロンが顧客に対して責任を持ち、信頼を築くための基本となります。セキュリティ面での配慮が行き届いたシステムを導入することで、顧客情報を守り、サロンの評判を高めることに繋がります。

【任意】予約機能が備わっていること

マツエクサロン向けの電子カルテを選ぶ際、予約管理機能の有無も大事な検討ポイントになります。この機能は必須ではありませんが、導入することでサロンの運営効率を大幅に向上させることが可能です。

予約機能を備えたシステムには以下のような利点があります。

  • 効率的な予約管理:顧客からの予約をリアルタイムで確認し、管理できます。これにより、二重予約の防止や、空き時間の最適化など、スムーズな予約管理が実現します。
  • 顧客満足度の向上:顧客は自分でオンライン上で予約ができるようになるため、電話での予約や変更の手間が省けます。これにより、顧客の利便性が向上し、サービスに対する満足度が高まります。
  • キャンセルや変更の迅速な対応:予約のキャンセルや変更があった場合にも、システム上で簡単に対応できます。これにより、急なスケジュール変更にも柔軟に対応し、運営効率の向上を図れます。

サロンのサービス品質を高め、顧客の利便性を向上させるためにも、予約機能を備えた電子カルテの導入を検討する価値は大いにあります。サロン運営の効率化と顧客満足度の向上の両方を目指す場合、予約機能は非常に有効なツールとなるでしょう。

【任意】レジ・会計機能が備わっていること

電子カルテシステムにレジや会計機能が組み込まれているかどうかは、マツエクサロンの運営をさらにスムーズにするための重要な要素です。この機能は必須ではありませんが、あると便利な点がいくつかあります。

レジ・会計機能があるシステムを選択するメリットは次の通りです。

  • 迅速な決済処理:施術後の支払いプロセスが迅速になり、顧客の待ち時間を短縮できます。これにより、顧客満足度が向上し、サロンの運営効率も高まります。
  • 経理作業の効率化:日々の売上の自動集計や、レポートの生成が容易になるため、経理作業の時間と労力を大幅に削減できます。
  • 誤差の減少:手作業での金銭管理に比べて誤差が減少し、売上管理が正確に行えます。これは、サロンの経営管理において大きな安心感を提供します。

サロンの日々の運営を考えたとき、レジ・会計機能を含む電子カルテシステムを選択することは、顧客サービスの質の向上だけでなく、バックオフィスの作業効率化にも寄与します。もし予算が許すならば、この機能が組み込まれたシステムの導入を検討してみる価値は十分にあります。

【任意】売上レポートが見られること

電子カルテシステムに売上レポート機能が含まれているかどうかは、マツエクサロンの経営分析と戦略立案において大きな役割を果たします。この機能は、サロンの日々の運営に直接影響するわけではありませんが、長期的なビジネスの成長と効率化を図る上で有効なツールです。

売上レポート機能を活用することのメリットには、以下があります。

  • 売上動向の把握:日々の売上、人気の施術メニュー、顧客の来店頻度など、重要なデータを簡単に確認できます。これにより、マーケティング戦略やサービス改善のための具体的な情報を得られます。
  • 意思決定の迅速化:売上レポートを通じて得られる詳細なデータ分析に基づき、より根拠のある意思決定が可能になります。これは、リソースの最適な配分や、効果的なプロモーション戦略の立案に役立ちます。
  • 業務効率の向上:手作業でのデータ集計や分析にかかる時間と労力を削減できます。また、リアルタイムでのデータ更新により、常に最新の情報に基づいた経営判断が可能となります。

売上レポート機能が備わった電子カルテを選択することは、サロン経営者にとって、事業の成長を支える重要な戦略的判断の一つです。この機能を通じて得られる洞察は、サロンの持続可能な成長を促し、競争優位性を確立する上での貴重な資産となります。

様々な業態に活用しやすい電子カルテの比較表

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 院内連絡
    • レセプト対応
    • 予約機能
    • 訪問スケジュール管理
    • バイタル管理
    • 適応・禁忌チェック
    • 診療・投薬履歴管理
    • 院内検査項目管理
    • 文書管理
    • カルテ編集
    • プロブレム記録
    • マルチデバイス対応
    • データ連携
    • 実施歴参照機能
    • 検査結果ビューアー
    • 手書き入力
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • 処置行為自動学習
    • ケアプラン作成
    • 診療システム切替
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

マツエクサロンや美容サロンに特化したおすすめの電子カルテ

前述の比較表は医療全般に活用可能な電子カルテです。一方、中にはマツエクサロンや美容サロン専用の電子カルテシステムを存在します。ここでは、具体的にどのようなものがあるか、各システムがどのようにサロンのニーズに応えるかと合わせて解説します。

EyeRec(アイレック)

EyeRecはマツエクサロン向けに特化した、アイリストのための電子カルテシステムです。このシステムの特徴と基本機能は以下の通りです。

特徴
  • 初期費用0円で、月々2,480円~利用可能
  • エクステ・パーマ・まゆ毛対応
  • カウンセリング・個人情報・ 施術同意対応
主な機能
  • カウンセリング
  • スマホ対応
  • 売上管理
  • 紙や他社電子データなどを画像として保存(顧客1人当たり2枚)
  • 無料トライアル(1週間)

最低限の機能に特化したシステムなので、ムダな機能を省きたいサロンに適していると言えるでしょう。

EyeRec公式サイトで確認する

LiME

LiMEは、美容サロン向けとして、スマホでの利用を優先して作られた電子カルテシステムです。

特徴
  • 予約機能を始めとして機能が充実
  • 顧客管理など基本機能のみなら無料プランで利用可能
主な機能
  • カルテ管理
  • 予約管理(LINEやホットペッパー予約連携も対応)
  • 売上管理
  • POSレジ
  • メッセージ

など

無料で試したい方や電子カルテで様々な機能を実現したい方に向いていると言えます。

LiME公式サイトで確認する

KaruteKun

KaruteKunは、美容サロンに特化したスマホアプリの電子カルテシステムです。

特徴
  • スマートフォン1台で利用可能
  • オプションでLINE連携も可能
主な機能
  • カルテ管理
  • 予約管理
  • カウンセリング
  • スタッフ管理
  • 会計管理

など

スマホアプリなので、スタッフの抵抗も少なく済むシステムと言えるでしょう。

KaruteKun公式サイトで確認する

Bionly

Bionlyは、美容サロンに特化した電子カルテ機能の備わったPOSレジシステムです。

特徴
  • POSレジシステムのため、予約やレジ周りにも強い
  • iPad専用のシステム
  • レジや売上管理などさまざまな機能にも対応
主な機能
  • 電子カルテ(顧客管理など)
  • 電子同意書
  • 予約管理
  • レジ会計(キャッシュレス決済対応)
  • 売上集計

など

iPadのみ使用可能なのでその点注意が必要ですが、予約やレジ機能も備わった電子カルテが必要であれば検討してみると良いでしょう。

Bionly公式サイトで確認する

美歴(BIREKI)

美歴(BIREKI)は、カルテ情報を蓄積・活用しやすくする電子カルテアプリです。

特徴
  • カルテ機能・レジ機能など必要な機能を選んで利用可能
  • 顧客100名までのカルテ機能なら無料で利用可能
主な機能
  • カルテ管理機能
  • 予約管理機能
  • レジ機能
  • 売上管理

など

機能制限があるものの、まず試してみたいと言う方向けに無期限のトライアルがあるので、まずは使い勝手を確認してみると良いでしょう。

Bionly公式サイトで確認する

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる