Menu
Close

クリニックスタッフがすぐ辞める理由は?対処法とクリニック経営で大事なこと

目次

クリニック運営において、スタッフの定着率を高めることは非常に重要です。しかし、現実には多くのクリニックでスタッフがすぐに辞めてしまうという問題に直面しています。これにはさまざまな原因があり、それぞれに対応する解決策が必要となります。

本記事では、クリニックスタッフが辞めてしまう主な理由とその対処法、さらには根本的な解決策を詳しく掘り下げていきます。また、スタッフに好まれるおすすめの電子カルテシステムについても触れ、クリニック経営をよりスムーズにし、スタッフが長く働きたいと思える職場環境の構築を目指します。この記事が、クリニック経営者や管理者の皆さんが直面する人材定着の課題解決に役立つ情報となれば幸いです。

クリニックスタッフがすぐ辞める11個の原因と対処法

クリニックで働くスタッフが頻繁に辞めてしまう背景には、さまざまな原因が存在します。これらの問題を理解し、適切に対処することがクリニック経営の成功に直結しています。本セクションでは、クリニックスタッフの早期離職を引き起こす11の原因と、それぞれに対する実践的な解決策を紹介します。

これらの知識をもって、スタッフが安心して長く働ける環境作りの一助となれば幸いです。

人間関係がうまくいっていない

人間関係がうまくいっていないことは、クリニックスタッフが仕事を辞める主要な理由の一つです。職場内でのコミュニケーション不足や対人関係のトラブルは、働くモチベーションを大きく下げる要因になります。この問題を解決するためには、まずはクリニック内での人間関係の現状を正確に把握することが重要です。

解決策として、以下のような対策を講じることが考えられます。

  • 定期的なミーティングの実施:スタッフ同士が互いの仕事や悩みを共有し、理解し合う機会を設ける
  • コミュニケーションスキルのトレーニング:有効なコミュニケーション方法を学び、職場内での対人関係の質を向上させる
  • メンタルヘルスサポート:ストレスや人間関係に関する悩みに対応する専門家によるカウンセリングを提供する

これらの対策を実施することで、スタッフ間の信頼関係を築き、職場の人間関係が改善されることが期待できます。人間関係の問題に対処することは、スタッフの満足度を高め、職場の離職率を低下させるために不可欠です。

思い通りに休みが取れない

思い通りに休みが取れない状況は、クリニックスタッフが職を辞する重要な理由のひとつです。休日や休暇が取りにくい環境は、スタッフのストレス増大やワークライフバランスの乱れを引き起こし、最終的に職場離れにつながります。この問題を解決するためには、休暇取得の制度やスケジュール管理を見直すことが必要です。

具体的な対処法としては、以下のようなアプローチが考えられます。

  • 休暇申請のプロセスの簡素化:休暇を取りやすくするため、申請手続きを簡単かつ迅速に行えるシステムを導入する
  • シフト制の見直し:全スタッフが公平に休暇を取得できるよう、シフト制度を柔軟に調整する
  • 代替スタッフの配置:休暇中のスタッフを補うため、パートタイマーやアルバイトを含めた代替要員の確保を検討する

これらの措置によって、スタッフは休暇を取得しやすくなり、職場の満足度やモチベーションの向上が見込めます。休暇が取りやすい職場環境を整えることは、スタッフの健康維持と長期的な職場定着に寄与します。

契約社員で扶養控除の範囲を超えそうになる

契約社員で扶養控除の範囲を超えそうになる問題は、特にパートタイムで働くスタッフにとって大きな懸念事項です。この状況は、働く動機を損ない、最終的には職を辞する原因となり得ます。理由は明確で多くのスタッフは収入と労働条件のバランスを取りたいと考えており、扶養控除の範囲を超えてしまうと、そのバランスが崩れることになるのです。

この問題に対処するためには、雇用契約と労働条件を見直し、スタッフのニーズに合わせた柔軟な働き方を提供することが求められます。具体的な解決策には、以下のようなものがあります。

  • 労働時間の調整:スタッフが扶養控除の範囲内で働けるよう、労働時間の調整を行う
  • 収入と労働条件の透明性:契約前に、収入や労働条件について十分な説明を行い、スタッフが自身の状況に合った選択ができるようにする
  • フレキシブルな雇用形態の提案:必要に応じて、フルタイムや契約社員といった他の雇用形態への変更を提案する

これらの対策を講じることによって、スタッフは自身のライフスタイルや経済的なニーズに合わせて働くことが可能となります。結果として、職場の満足度が高まり、離職率の低下に繋がることが期待できます。扶養控除の範囲を意識した雇用管理は、スタッフが安心して長期間働ける環境を作り出す上で重要な要素です。

スタッフを雇用することに慣れていない

スタッフを雇用することに慣れていないクリニック経営者にとって、適切な人材管理は大きな課題となります。この経験不足は、スタッフの不満や離職を引き起こす要因となり得ます。問題の根底にある代表的なものは、以下3つです。

  • 労働法規への理解不足
  • 効果的なコミュニケーションの欠如
  • 人事管理スキルの欠如

この状況を改善するためには、経営者が適切な知識とスキルを身につけることが不可欠です。具体的な解決策としては、以下のアプローチが有効です。

  • 労働法規の勉強会や研修への参加:法的義務やスタッフの権利に関する正確な知識を習得する
  • 人材管理やリーダーシップに関する研修の受講:効果的なコミュニケーション方法やチーム管理の技術を学ぶ
  • 専門家のアドバイスの利用:人事コンサルタントなどの専門家に相談し、具体的な改善策を導き出す

これらの対策を実行することで、経営者はスタッフ管理に関する知識とスキルを向上させることができます。その結果、スタッフの満足度が高まり、職場環境が改善され、離職率を低減することが期待できます。人材管理における経験不足は、適切な教育と学習によって克服可能な課題です。

クリニックの方針とスタッフの考えが合っていない

クリニックの方針とスタッフの考えが合っていない場合、職場内での摩擦や不満が生じやすくなります。この不一致は、スタッフのモチベーション低下や最終的には離職につながることがあります。職場の価値観や目標が明確でない、あるいはスタッフに十分に伝わっていないことが、この問題の根本原因であることが多いです。

この状況を改善するためには、クリニックの方針を明確化し、それをスタッフ全員が共有できるようにすることが重要です。解決策として、次のようなアクションが効果的です。

  • 方針説明会の実施:クリニックの目標や価値観を、全スタッフが理解しやすい形で説明する
  • フィードバックの収集と反映:スタッフからの意見を定期的に収集し、クリニックの方針に反映させることで、スタッフの参画意識を高める
  • コミュニケーションチャンネルの強化:スタッフと経営層との間で、開かれたコミュニケーションを促進するための手段を提供する

これらの対策を通じて、スタッフはクリニックの方針に対してより深い理解と共感を持つことができるようになります。結果として、職場の一体感が強まり、離職率を減少させることが期待できます。方針とスタッフの価値観が一致する環境は、長期的な職場の安定性と成長を促進する場合が多いです。

院内の清潔さに欠ける

院内の清潔さに欠けることは、スタッフだけでなく、患者にも悪影響を及ぼす重大な問題です。クリニック内の衛生状態が不十分であると、スタッフの士気低下や職場への不満を引き起こし、結果として離職率の増加につながります。職場の清潔さは、スタッフの健康と安全に直接関わるため、非常に重要な問題として扱われるべきです。

この問題に対処するには、院内の清掃と維持管理を徹底することが必要です。具体的な解決策として、効果的なアプローチは次のとおりです。

  • 定期的な清掃スケジュールの策定と実施:日々の清掃はもちろん、週次や月次での徹底的な清掃を計画し、実行する
  • 清掃業務のアウトソーシング:専門の清掃業者に依頼することで、常に高水準の清潔さを保つ
  • スタッフ教育の強化:衛生管理に関する知識や意識を高めるための研修を定期的に行い、個々のスタッフが清潔維持に貢献する文化を育む

これらの措置を講じることで、クリニックは清潔で快適な職場環境を提供できるようになります。その結果、スタッフの仕事への満足度が向上し、離職率の低下に繋がることが期待できます。清潔な職場環境の維持は、スタッフが安心して働ける基盤を作り、クリニック全体の品質と評判を高める上で不可欠です。

業務ルールが明確でない

業務ルールが明確でないことは、スタッフの混乱や不満の原因となり、結果的に高い離職率につながります。明確なガイドラインや手順が確立されていない状況は、スタッフにとって不安定な職場環境を生み出し、効率的な業務遂行を妨げます。

このような問題に直面しているクリニックでは、業務プロセスを見直し、明確かつ実行可能なルールを設定することが急務です。以下のステップで業務ルールを明確化することが有効です。

  1. 業務プロセスの見直し:現状の業務フローを分析し、非効率な部分や曖昧な手順を特定する
  2. ガイドラインの作成:特定した問題点に対処するための明確なガイドラインや手順書を作成する
  3. スタッフへの周知と研修:新しいガイドラインをスタッフ全員に周知し、必要に応じて研修を実施して理解を深める

これらの対策を実行することで、スタッフは自分たちの業務に対する理解を深め、仕事の効率と満足度が向上します。また、明確な業務ルールの確立は、チーム内のコミュニケーションを促進し、誤解や不満を減少させることにも寄与します。

結果として、スタッフの職場への満足度が高まり、離職率の低下に繋がるでしょう。クリアな業務ルールの存在は、スムーズな職場運営を実現し、スタッフの長期的な定着を促進する基盤となります。

労働条件や昇給条件が不明確

労働条件や昇給条件が不明確な場合、スタッフは自分の仕事に対する価値や将来性を疑問視し始めることがあります。このような不透明性は、不満や不信感を生み、最終的には離職につながりがちです。職場での明確な労働条件と公平な昇給システムは、スタッフのモチベーションと満足度を高めるために不可欠です。

クリニック側は、この問題に対処するために、労働条件を明確にし、透明性のある昇給システムを確立する必要があります。対処法として推奨されるステップは以下の通りです。

  1. 労働条件の明確化:雇用契約書において、労働時間、休暇、給与などの労働条件を明確に記載する
  2. 昇給システムの透明化:昇給の基準やプロセスをスタッフに明確に説明し、期待管理を適切に行う
  3. 定期的なフィードバックの提供:スタッフのパフォーマンスに関する定期的な評価とフィードバックを通じて、昇給に向けた具体的な目標を設定する

これらの措置を実施することで、スタッフは自分の職務と将来に対する明確な理解と見通しを持つことができるようになります。結果として、職場の透明性が高まり、スタッフの満足度と定着率が向上することが期待できます。明確な労働条件と公正な昇給システムは、スタッフが安心して長期にわたり働ける環境を提供するための鍵と言えるでしょう。

仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じられないことは、スタッフが離職を決意する重要な理由の一つです。やりがいの欠如は、職場での日々のモチベーション低下につながり、結果的に仕事の質や生産性の低下を招きます。スタッフが自分の仕事に意味や価値を見出せない場合、職場に対する満足度が減少し、他の機会を求めて離職する可能性が高まります。

この問題を解決するためには、仕事のやりがいを高める取り組みが必要です。効果的な解決策は以下の通りです。

  • スタッフの成長支援:継続的な教育とキャリア開発の機会を提供し、スタッフが自分の能力を発展させることができるようにする
  • 業務の多様化:ルーティンワークからの脱却を図り、スタッフが新しいスキルを学び、異なるタスクに挑戦できる機会を提供する
  • 成果に対する認識と報酬:スタッフの努力と成果を認識し、適切な報酬や評価を行うことで、彼らの達成感を高める

これらの措置により、スタッフは仕事においてより大きな充実感と満足感を得ることが可能です。仕事のやりがいを感じることは、スタッフのモチベーションを維持し、職場での長期的な定着につながります。職場がスタッフの成長と成功を支援する文化を育むことは、組織全体のパフォーマンス向上にも寄与する重要な戦略です。

厳しい指導で嫌になってしまう

厳しい指導が原因でスタッフが嫌になってしまう状況は、職場離職の一因となります。指導は成長のために必要ですが、その方法やトーンが厳しすぎると、スタッフのやる気を削ぎ、ストレスを感じさせることにつながります。特に新人スタッフや経験の浅いスタッフは、厳しい指導を受けることで自信を失い、職場に居場所を感じられなくなることがあります。

この問題を解決するためには、指導方法の改善が必要です。具体的な解決策として有効なのは以下のアプローチです。

  • ポジティブなフィードバックの導入:指導の際には、改善点だけでなく、良い点や成長した点も積極的にフィードバックする
  • コーチングスタイルの採用:命令や一方的な指示ではなく、対話を通じてスタッフが自ら考え、解決策を見出せるようサポートするコーチングスタイルを取り入れる
  • 定期的な1対1の面談:スタッフ個々の状況や感じている課題について話し合う時間を設け、個人の成長と職場への適応をサポートする

これらの措置によって、スタッフは自己肯定感を持ちながら成長できる環境を実感できるようになるでしょう。指導方法の改善は、スタッフのモチベーション向上に寄与し、職場離職率の低下に繋がると期待できます。厳しい指導を適切なサポートとポジティブなフィードバックに変えることで、スタッフ一人ひとりが職場での成功と満足を実感できるようになります。

医療機器や業務システムが古くて扱いづらい

医療機器や業務システムが古くて扱いづらいことは、クリニックスタッフの業務効率と満足度に大きく影響します。最新の技術に慣れ親しんでいるスタッフにとって、古いシステムや機器は作業のスピードを遅らせ、日々のストレスの原因となり得ます。このような環境では、スタッフは自分の能力を十分に発揮できず、職場に対する不満が高まりやすいです。

この問題に対応するためには、医療機器や業務システムのアップデートまたは導入が必要となります。解決策の具体例は以下の通りです。

  • 最新の医療機器への投資:効率的で使いやすい最新の医療機器の導入を検討し、スタッフがより良い患者ケアを提供できるようにする
  • 業務システムのアップグレード:業務効率を高め、スタッフの作業負担を軽減するためのシステムアップグレードや新システムの導入する
  • スタッフのトレーニング:新しい機器やシステムの操作に慣れるための十分なトレーニングを提供し、スムーズな移行をサポートする

これらの措置を講じることで、スタッフの業務効率が向上し、作業に対する満足度が高まります。また、最新の医療機器や業務システムの導入は、クリニックのサービス品質を向上させ、患者満足度の向上にも寄与します。投資と見なされるこれらの改善策は、スタッフの職場での長期的な定着とモチベーション向上に繋がる重要なステップです。

クリニックスタッフがすぐ辞めるのを防ぐための根本解決法5選

クリニックで働くスタッフが早期に離職しないようにするためには、根本的な解決策の実施が不可欠です。ここでは、スタッフが安心して長く働ける職場環境を作るための、実践的かつ効果的な方法を5つ紹介します。これらの対策を通じて、クリニック経営者や管理者はスタッフの満足度を高め、定着率を向上させることができます。

スタッフとしっかりコミュニケーションを取る

スタッフとしっかりコミュニケーションを取ることは、職場環境を改善し、スタッフの離職を防ぐために不可欠です。良好なコミュニケーションは、スタッフが自分の意見や懸念を自由に表現できる環境を作り出し、組織全体の透明性を高めます。これにより、問題が早期に特定され、解決策が迅速に見つかりやすくなります。

また、スタッフが経営層と直接コミュニケーションを取ることで、彼らの貢献が認識され、評価されることを感じることが可能です。コミュニケーションを改善するための主な方法は次のとおりです。

  • 定期的なミーティングの開催:スタッフとの定期的な個別面談やチームミーティングを通じて、職場の問題や改善点について話し合う
  • アンケートやフィードバックシステムの導入:匿名で意見や提案を共有できるシステムを設けることで、スタッフがよりオープンに意見を表明できるようにする
  • コミュニケーションスキルの研修:スタッフ全員が効果的にコミュニケーションを取れるように、研修やワークショップを実施する

これらの取り組みを通じて、クリニックはスタッフのニーズや期待に対応し、職場の満足度を高めることができます。スタッフとのオープンなコミュニケーションは、職場の問題を解決し、長期的な関係を築く基盤となります。

労働条件がスタッフの希望に合っているか見直す

労働条件がスタッフの希望に合っているかの見直しは、職場の満足度を高め、離職率を減らすために極めて重要です。スタッフ一人ひとりが抱えるライフスタイルや個人的な目標は多様であり、一律の労働条件がすべての人に適合するわけではありません。そのため、スタッフの希望やニーズに柔軟に対応することが、彼らの職場での充実感や忠誠心を高める鍵となります。

具体的なアクションプランには以下が含まれます。

  • 個別面談の実施:スタッフ一人ひとりと面談を行い、彼らの労働条件に対する希望や懸念を聞き取る
  • フレキシブルな勤務体系の導入:フルタイム、パートタイム、リモートワークなど、多様な勤務形態を提供することで、スタッフのライフスタイルに合った働き方を可能にする
  • 労働条件の定期的な見直し:市場の動向やスタッフのフィードバックを基に、労働条件を定期的に見直し、必要に応じて調整を行う

これらの取り組みにより、スタッフは自分の働き方をよりコントロールできるようになり、仕事と私生活のバランスを取りやすくなります。結果として、職場への満足度が向上し、長期的な定着につながります。職場がスタッフの多様なニーズに対応することで、より健康的で生産的な労働環境の実現が可能です。

働く時間が希望通りになるように人員・シフト調整をする

働く時間が希望通りになるように人員・シフト調整をすることは、スタッフの仕事と私生活のバランスを改善し、職場満足度を高める上で重要な役割を果たします。多くのスタッフが直面するのは、仕事と家庭生活の両立です。適切なシフト調整により、スタッフは仕事の負担を感じずに、プライベートな時間を大切にすることができます。これは、長期的に見て、スタッフの幸福感を高め、職場での生産性を向上させることにつながります。

シフト調整を成功させるためのキーポイントは以下の通りです。

  • スタッフの希望を聞く:定期的なアンケートやミーティングを通じて、スタッフの勤務時間希望を収集し、できるだけそれに応える
  • 柔軟なシフト制度の導入:フルタイム、パートタイム、時短勤務など、多様な勤務形態を設けることで、スタッフ一人ひとりのライフスタイルに合わせた働き方を提供する。
  • 代替スタッフの確保:休暇や繁忙期をカバーするために、臨時スタッフやパートタイマーを適切に配置する

これらの措置を講じることで、クリニックはスタッフにとってより魅力的な職場となり、仕事への満足度とモチベーションが向上します。また、スタッフが自身の働き方をコントロールできるようになることで、プライベートと仕事のバランスを取りやすくなり、結果として離職率の低下に繋がります。

スタッフの教育制度を整える

スタッフの教育制度を整えることは、クリニック運営における核心的な要素です。適切なトレーニングと継続的な教育機会は、スタッフが自信を持って業務を遂行できるようにし、職場の生産性を向上させます。また、スキルアップの機会を提供することで、スタッフの職業的成長を促し、職場への満足度と忠誠心を高めるられます。継続的な教育は、スタッフが最新の医療知識や技術を学び、高い水準の患者ケアを提供する上で不可欠です。

教育制度を効果的に構築するためには、以下のステップが有効です。

  • 新入スタッフ向けのオリエンテーションプログラムを実施し、クリニックの方針、業務の基本、職場文化について理解を深める
  • 定期的なスキルアップ研修や専門知識のアップデート講座を提供し、スタッフが常に最新の医療情報にアクセスできるようにする
  • キャリア開発のサポートを提供し、スタッフが自身のキャリアパスを計画し、目標達成に向けて努力できる環境を整える

これらの取り組みにより、スタッフは専門性を高め、キャリアの充実感を感じることができます。職場における継続的な学習と成長の機会は、スタッフの定着率を高め、クリニック全体のサービス品質の向上に繋がります。教育制度の整備は、スタッフとクリニック双方にとって長期的な利益をもたらす投資です。

使いやすい医療機器や業務システムを導入する

使いやすい医療機器や業務システムを導入することは、クリニックの運営効率を大幅に向上させることができます。最新の技術は、診療の質を高めるだけでなく、スタッフの仕事の負担を軽減し、患者さんへのサービス提供をスムーズにします。古いシステムや機器を使用していると、作業効率が落ち、スタッフの満足度が低下する原因になるかもしれません。そのため、現代の医療環境に合った最新の機器やシステムの導入は、クリニックにとって重要な投資です。

導入を検討すべき医療機器や業務システムには、以下のような特徴があります。

  • 操作が簡単で直感的なインターフェースを持つもの
  • 時間を節約し、より効率的な業務処理を可能にするシステム
  • スタッフのトレーニングやサポートが充実している製品

これらの機器やシステムを導入することで、スタッフはより効果的に業務を遂行できるようになり、結果として患者さんへのケアの質が向上します。また、作業のストレスが減少することで、スタッフの満足度と職場への忠誠心が高まります。最新の医療機器や業務システムの導入は、クリニックが提供するサービスの質を高め、スタッフと患者双方に利益をもたらす重要なステップです。

スタッフに好まれるおすすめな電子カルテの比較表

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 検査結果ビューアー
    • 訪問スケジュール管理
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • 処置行為自動学習
    • ケアプラン作成
    • マルチデバイス対応
    • 院内連絡
    • 診療システム切替
    • 予約機能
    • バイタル管理
    • 実施歴参照機能
    • 適応・禁忌チェック
    • 診療・投薬履歴管理
    • 院内検査項目管理
    • 文書管理
    • カルテ編集
    • レセプト対応
    • プロブレム記録
    • データ連携
    • 手書き入力
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる