Menu
Close

歯科におすすめな電子カルテ2選!各特徴と自院に合ったサービスの見つけ方

目次

歯科医院の日常業務は、診療の質を高め、患者さんへのサービスを向上させることが重要です。そのためには、院内の情報管理を効率化し、より精度の高い治療計画を立てる必要があります。近年、この課題を解決する重要なツールとして注目されているのが、歯科医院向けの電子カルテシステムです。しかし、市場にはさまざまな電子カルテが溢れており、どれを選べば自院に最適なのか迷ってしまうことも少なくありません。

本記事では、歯科医院向けにおすすめの電子カルテを厳選して紹介します。製品比較表を始め、電子カルテの基本的な機能から、歯科医院に最適なタイプの選び方、比較ポイントに至るまで、詳しく解説していきます。さらに、導入の流れや注意点についても触れるので、自院にぴったり合った電子カルテ選びの参考にしてみてください。歯科医院における情報管理の効率化は、より良い患者ケアに直結します。適切な電子カルテの選択が、その第一歩となります。

歯科におすすめな電子カルテの製品比較表

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 文書管理
    • 処置行為自動学習
    • レセプト対応
    • プロブレム記録
    • データ連携
    • 実施歴参照機能
    • 検査結果ビューアー
    • 手書き入力
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • ケアプラン作成
    • 院内検査項目管理
    • マルチデバイス対応
    • 院内連絡
    • 診療システム切替
    • 予約機能
    • 訪問スケジュール管理
    • バイタル管理
    • 適応・禁忌チェック
    • 診療・投薬履歴管理
    • カルテ編集
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円/CL
月額費用 20,000円/CL+管理患者数の従量課金制
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用/更新費用 0円
月額費用 お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

歯科医院向けの電子カルテとは

歯科医院における診療の質の向上と効率化は、情報管理のシステム化によって大きく変化しました。特に、歯科医院向けの電子カルテは、患者さん一人ひとりの詳細な診療記録をデジタル化し、アクセスしやすくすることで、これを実現しています。しかし、電子カルテと一口に言っても、その機能や導入することで得られるメリットは多岐にわたります。

機能面の特徴や導入メリットは以下の通りです。

機能面の特徴
  • 患者の個人情報や診療記録のデジタル管理
  • 診療の予約やスケジュール管理
  • レセプトの自動作成や請求業務のサポート
  • 画像データや診療記録の簡単な共有と保管
導入メリット
  • 診療の質の向上:患者の情報が整理され、必要な情報にすぐアクセスできるため、より適切な診療計画を立てやすくなります。
  • 業務の効率化:診療記録の作成や更新、レセプト作成が容易になり、事務作業の負担が軽減されます。
  • 情報の正確性と安全性の向上:紙のカルテに比べて、情報の紛失リスクが低減され、セキュリティ面での保護が強化されます。

これらの機能とメリットから、歯科医院向けの電子カルテは、現代の歯科医療を支える不可欠なツールとなっています。導入に際しては、自院のニーズに合ったシステム選びが重要です。適切な電子カルテを選び、導入することで、患者さんへのより高いレベルの医療サービス提供と、医院運営の効率化を実現することができます。

歯科医院に導入可能な電子カルテの3タイプ

歯科医院の運営をより効率的にし、患者さんへのケアの質を高めるためには、適切な電子カルテの選択が欠かせません。市場には様々なタイプの電子カルテが存在し、それぞれに特色があります。主に歯科医院に導入可能な電子カルテの3つのタイプを紹介し、各々の特徴と適用範囲について解説します。

1. 歯科業務全般に対応したもの

歯科医院の日々の業務は多岐にわたり、患者さんへの診療から、予約管理、請求業務に至るまで、様々なプロセスが含まれます。この全てに対応できる電子カルテシステムは、歯科医院の運営を大きく効率化し、質の高いサービスの提供を可能にします。

主な特徴としては以下の通りです。

  • 患者管理機能:患者の詳細情報、診療履歴、画像データなどを一元管理。
  • 予約管理システム:患者の予約状況を容易に確認し、スケジュール調整をスムーズに行う。
  • 請求管理機能:レセプト作成を自動化し、請求プロセスを効率化。

このタイプの電子カルテを導入することで、歯科医院は患者さんへの対応速度を上げることができ、診療に更に集中することが可能になります。さらに、紙ベースの管理から脱却することで、情報の正確性が向上し、セキュリティ面でも安全性が高まります。歯科業務全般に対応した電子カルテは、これらのニーズに応えるための理想的な選択肢と言えるでしょう。

2. レセコンが一体化されたもの

レセプトコンピューター(レセコン)が一体化された電子カルテは、歯科医院における請求業務の効率化に特化しています。このタイプのシステムは、診療記録から直接レセプトを作成する機能を持ち、請求プロセスの時間短縮と精度向上を図れます。

主要な特徴は以下の通りです。

  • 患者の診療情報と直接連携し、自動でレセプトを生成
  • 請求書類の作成時間を大幅に短縮し、誤入力のリスクを減少
  • 保険診療の変更に迅速に対応し、常に最新の請求基準に基づいた請求が可能

請求業務は歯科医院の運営において欠かせない要素であり、この業務の効率化は直接的な経営改善につながります。レセコンが一体化された電子カルテを導入することで、請求業務の時間と労力を削減し、より質の高い患者ケアに時間を割くことが可能となります。また、誤請求のリスクを減らすことで、医院の信頼性向上にも貢献するでしょう。このように、請求業務の効率化を重視する歯科医院にとって、レセコン一体型の電子カルテは適した選択肢と言えます。

3. 電子カルテに特化したもの

電子カルテに特化したシステムは、診療記録のデジタル化に重点を置いています。このタイプは、特に診療情報の入力、保管、アクセスのしやすさに優れており、患者ごとの詳細な医療履歴の管理を強化します。

その主な特徴は以下の通りです。

  • 診療記録の迅速なデジタル入力と編集
  • セキュアなデータベースによる情報の保管と保護
  • 患者情報へのアクセスのしやすさと迅速性

このシステムの導入により、歯科医院は患者の治療履歴や診療記録に即座にアクセスできるようになります。これは、患者の診療計画の立案や、緊急時の迅速な対応に非常に有効です。また、紙のカルテに比べて物理的なスペースを節約し、情報の損失リスクを減らすことができます。

診療記録の管理とアクセスの効率化を最優先事項とする歯科医院にとって、電子カルテに特化したシステムは理想的な選択肢です。医院のサービスレベルを向上させると共に、患者満足度の向上にも大きく寄与するでしょう。

歯科医院に導入する電子カルテの選び方・比較ポイント

歯科医院の日々の運営において、電子カルテの役割は非常に大きく、適切なシステムの選択は医院の効率性、サービスの質、そして患者満足度に直結します。しかし、数多くの選択肢の中から自院に最適な電子カルテを選ぶのは簡単なことではありません。

このセクションでは、歯科医院にとって最良の電子カルテを選定する際の重要な比較ポイントを解説します。

クラウドに対応しているか

電子カルテを選ぶ際、クラウド対応であるかどうかは、現代の歯科医院にとって重要な検討点です。クラウド対応の電子カルテシステムは、データのリモートアクセス、更新、共有が容易になり、地理的な制約を超えて業務を効率化できます。

クラウド対応の電子カルテは以下のようなメリットがあります。

  • リモートアクセス:院外からでも患者情報にアクセス可能
  • データの自動バックアップ:データ損失のリスクを減少
  • システムの更新とメンテナンス:運営者側で定期的に行われるため、医院側の手間が軽減

クラウドシステムを導入することで、歯科医院は患者データの安全性を高めつつ、診療記録の管理やアクセスの利便性を向上させることが可能です。また、災害時でもデータの安全を保つことができるため、事業継続計画(BCP)の観点からもメリットがあります。歯科医院が電子カルテを選ぶ際には、クラウド対応の有無を確認し、将来のビジョンと合致するか検討することが重要です。

描画機能はあるか

歯科医院での電子カルテ選びでは、描画機能の有無が重要な比較ポイントです。描画機能を備えた電子カルテは、歯科医師が患者の口腔状態を直感的に記録し、治療計画を詳細に作成できるよう支援してくれます。

この機能により、以下のようなメリットにつながり、医師と患者間のコミュニケーション向上の手助けとなってくれます。。

  • 口腔内の状態や治療計画を視覚化することが可能
  • 治療の進行状況を図示して患者に説明しやすくなる
  • 治療記録の精度を高め、後続の治療計画に役立てることができる

描画機能がある電子カルテを選択することは、治療計画の作成と説明、そして治療記録の精度を高める上で大きな利点をもたらします。特に、複雑な治療が必要なケースや、患者とのコミュニケーションを重視する医院にとって、この機能は非常に有用です。歯科医院が電子カルテを選ぶ際には、患者への説明のしやすさや治療記録の質を向上させたい場合、描画機能の有無を慎重に検討すべきでしょう。

訪問診療や介護保険請求への対応できるか

訪問診療や介護保険請求への対応可能性は、電子カルテシステム選定時に重要な比較ポイントです。特に高齢者の患者が多い地域や、訪問診療を積極的に行っている歯科医院にとって、この機能は業務効率化とサービス向上の両面で大きなメリットをもたらします。

  • 訪問診療時の患者情報のアクセスと更新のしやすさ
  • 介護保険請求プロセスの自動化と簡略化
  • 患者やその家族への迅速かつ正確な情報提供の実現

電子カルテシステムがこれらの機能を持つことで、訪問診療の現場で直面する様々な課題を解決し、より効率的で質の高い医療サービスを提供することが可能です。また、介護保険請求の手続きの簡略化は、医院の管理業務を軽減し、より多くの時間を患者ケアに充てることを可能にします。訪問診療や介護保険請求の対応機能を備えた電子カルテの選択は、地域社会への貢献だけでなく、医院運営の効率化にも繋がります。

問診票が電子対応しているか

電子カルテを選定する際、問診票の電子対応の有無は重要な検討ポイントです。問診票を電子化することで、患者情報の収集と管理が効率化され、診療の質が向上します。この機能が特に役立つのは、患者が初診で来院した際や、定期的な健康チェックを行う場合です。

着目すべきポイントは以下の通りです。

  • 患者の時間節約と待ち時間の短縮
  • 正確で迅速な患者情報の収集
  • データの安全な保存とアクセスの容易さ

電子問診票の導入により、患者はオンラインやタブレット端末を使用して、事前にまたは来院時に問診情報の入力が可能です。これにより、医師は患者との対話時間をより有意義に使えるようになり、診療プロセス全体の効率が向上します。さらに、紙ベースの問診票に比べて、情報の正確性が保たれ、セキュリティも強化されます。

問診票の電子対応機能を持つ電子カルテは、患者と医師双方にとって利便性が高く、医院運営の質を格段に向上させる要素となり得るでしょう。

サポート体制は十分か

電子カルテシステムの導入に際しては、サポート体制の充実度も大きな判断材料となります。技術的な問題や操作方法に関する疑問が生じた際に迅速かつ的確なサポートを受けられるかどうかは、システムを日々の業務においてスムーズに活用する上で重要です。

サポート体制とは、具体的に以下のようなものを指します。

  • 24時間体制のカスタマーサポートの有無
  • 定期的なシステム更新とメンテナンスの提供
  • 使用方法に関するトレーニングや資料の提供

充実したサポート体制を備えた電子カルテは、導入後の不安を大きく減少させます。特に、電子カルテの使用が初めてのスタッフや、ITに不慣れなスタッフがいる場合、サポートの質は導入の成功を左右する要因となり得ます。適切なサポートを提供する電子カルテを選ぶことで、医院はシステムの導入と活用においてスムーズな移行を期待でき、長期的に見ても運用の安定性を保つことが可能です。

他システムとの連携ができるか

電子カルテを選定する際、他のシステムとの連携が可能かどうかは極めて重要なポイントです。多くの歯科医院では、患者管理、予約システム、請求ソフトウェアなど、複数のシステムを日常業務に使用しています。電子カルテがこれらのシステムとスムーズに連携できれば、以下のように業務の効率化に繋がります。

  • 情報の一元管理による作業効率の向上
  • データ入力の重複排除によるエラーの減少
  • リアルタイムでの情報共有による患者サービスの質の向上

他システムとの連携機能を持つ電子カルテを選択することで、医院内の情報フローがスムーズになり、患者への迅速な対応が可能になります。また、データの一貫性が保たれるため、患者情報の正確性が向上し、診療の質が高まることも期待できます。このように、他システムとの連携可能性を備えた電子カルテは、医院の日々の運営をサポートし、効率的な業務遂行を実現するために不可欠です。

医院が電子カルテを選ぶ際には、将来的なシステム拡張や他の業務ソフトウェアとの統合性も考慮に入れ、長期的な視点での選択が求められます。

試験的に使ってみて使いやすいか

電子カルテの選定過程では、実際にシステムを試用してみることの重要性を見過ごしてはなりません。使い勝手や機能性を直接体験することで、その電子カルテが日常の業務フローにどのようにフィットするか、実際の操作感や応答速度を把握できます。

その際、以下の点で確認すると良いでしょう。

  • 操作の直感性:スタッフ全員が容易に使いこなせるか
  • 応答速度:システムのレスポンスはスムーズか
  • カスタマイズ性:医院特有のニーズに合わせて設定変更が可能か

試用期間を設けて電子カルテを実際に使用してみることで、システムの利便性や適合性を確かめることができます。このプロセスは、購入後に後悔するリスクを減らし、長期にわたって使用するシステム選びの失敗を防ぎます。また、スタッフからのフィードバックを集めることで、実際の現場の声を反映させた選択が可能となり、導入後の満足度を高めることが可能です。

そのため、試験的な使用を通じて、使いやすさを確認することは、電子カルテ選定における不可欠なステップです。

料金が予算と合っているか

電子カルテシステムの選定において、料金と予算の適合性は最終的な決定を大きく左右します。初期投資だけでなく、維持管理費用や将来的なアップグレードのコストも考慮に入れる必要があります。

  • 初期導入コスト:ハードウェアの購入やシステムの設定にかかる費用
  • 定期的なメンテナンス費用:サポートやシステム更新に伴う維持費
  • 機能追加やカスタマイズに必要な追加費用:将来のニーズ変化に対応するためのコスト

電子カルテを選ぶ際には、医院の予算内で最大の価値を提供するシステムを選定することが重要です。料金だけでなく、その料金がもたらす価値や利便性も評価に加えるべきです。予算に合った電子カルテを選択することで、医院は長期的な財務計画を立てやすくなり、経済的な負担を抑えつつ、効率的で質の高い医療サービスの提供を継続できます。

適切な費用対効果を考慮した電子カルテの選択は、医院運営の持続可能性を確保するために不可欠です。

歯科医院におすすめの電子カルテ2選

  • 株式会社アイデンスのProSeedSV(プロシードエスブイ)は、“診療と時間と健康への貢献”をコンセプトとする電子カルテシステです。初心者からハイレベルな方までのご要望にお応えで、最少かつ柔軟な操作性と高度な機能が、電子カルテ時代の扉を開きます。電子カルテの導入で真の診療業務が効率化できます。ドクター・スタッフの診療外にかけていた時間も削減され、診療を中心とした院内システムを実現することができます。

  • 株式会社メドレーの提供している「Dentis」は歯科DXを促進させる歯科向けのクラウド業務支援システムです。レセコンや電子カルテといった基幹システムに加えて、患者の医療体験を向上させるWeb予約、オンライン診療、キャッシュレス決済、リコールといったかかりつけ支援機能をトータルで提供することで、歯科医院の業務効率化を図るとともに、患者自身の主体的な関与を促し、治療から予防を中心とする歯科診療への変化を支援しています。

歯科医院で電子カルテを導入する流れ

電子カルテの導入は、歯科医院の業務効率化とサービスの質向上に向けた大きな一歩です。しかし、導入には計画的な準備と段階的な実施が必要です。本記事の締めくくりとして、電子カルテを歯科医院に導入するための具体的な流れを紹介し、スムーズな移行を支援します。

導入プロセスを理解することで、予期せぬ障害を避け、効果的にシステムを活用することが可能となるので、是非参考にしてみてください。

電子カルテの選定

電子カルテの導入プロセスでは、最初のステップとして適切なシステムの選定があります。この段階は、医院のニーズと将来の展望を考慮して、最適な電子カルテを決定することが求められます。

前に紹介した内容のおさらいにもなりますが、以下の点を考慮の上で選定すると良いでしょう。

  • 医院の現状とニーズの詳細な分析
  • 市場で提供されている電子カルテの比較研究
  • 試用やデモンストレーションを通じての評価

適切な電子カルテを選定することは、導入後の業務効率、スタッフの満足度、患者へのサービス質に直接的な影響を及ぼします。この選定プロセスでは、クラウド対応、描画機能、訪問診療への対応、問診票の電子化、サポート体制、他システムとの連携、費用対効果など、前段階で議論した比較ポイントを基に検討を進めることが重要です。詳細な要件定義と市場調査を行い、医院にとって最良の選択をすることで、電子カルテ導入の成功への道が開けます。

要件確認とシステム設定

電子カルテを選定した後、次のステップは、医院の具体的な要件を確認し、選ばれたシステムを医院の環境に合わせて設定することです。このフェーズでは、システムが医院の業務フローに無理なく組み込まれるように、細かなカスタマイズが行われます。

  • 医院の業務フローと電子カルテシステムの機能のマッチング
  • 必要に応じたカスタマイズや追加機能の設定
  • スタッフの役割やアクセス権限の定義

この段階で重要なのは、電子カルテの機能を最大限に活用し、同時に医院特有の要求に応える設定を施すことです。システムの設定を正確に行うことで、業務の効率化はもちろん、患者情報のセキュリティやプライバシーの保護も強化されます。また、この時点でスタッフに対するトレーニングの計画も立てることが望ましいです。

適切な要件確認とシステム設定を通じて、電子カルテ導入の基盤をしっかりと築くことが、その後のスムーズな運用へと繋がります。

試験運用

電子カルテシステムの設定が完了した後、試験運用を行うことが非常に重要です。このステップでは、実際の業務フローにおいてシステムがどのように機能するかを確認し、問題点を洗い出して修正します。

  • 実際の業務条件下でのシステムのパフォーマンステスト
  • スタッフによる操作の慣れとフィードバックの収集
  • 初期設定の調整や問題解決のためのカスタマイズ

試験運用によって、理論上では想定できなかった問題や、改善の余地がある点を発見することが可能です。このプロセスを通じて、スタッフはシステムに対する理解を深め、より効果的に利用する方法を学びます。また、患者への影響を最小限に抑えながら、システムの安定性や信頼性を確認する絶好の機会となります。

試験運用を成功させるためには、全スタッフが協力して、積極的にフィードバックを提供し、問題解決に向けて取り組むことが重要です。この段階を丁寧に行うことで、システム導入後のトラブルを大幅に減少させ、スムーズな本格運用の土台を築くことができます。

実運用開始

試験運用の段階を経て、問題点が解決され、電子カルテシステムの設定が最適化されたら、実運用を開始します。このステップでは、システムを日常業務にフルに統合し、医院の運営効率と患者ケアの質の向上を目指します。

  • 全スタッフによるシステムの日常使用開始
  • 継続的なモニタリングと問題解決の体制の確立
  • 定期的なレビュー会議を設け、システムの使用状況と改善点を検討

実運用開始にあたっては、全スタッフがシステムを適切に使用できるよう、必要に応じた追加トレーニングやサポートを提供することが重要です。また、システム導入初期には想定外の問題が発生する可能性もあるため、迅速に対応できる体制を整えることが必須です。定期的なフィードバックとレビューを通じて、システムの利用方法を改善し、医院のニーズに更に密接に合わせていくことで、電子カルテシステムの効果を最大限に引き出すことができます。

歯科医院には専用の電子カルテがおすすめ

本記事では、歯科医院における電子カルテの選定から導入、そして実運用に至るまでのプロセスを詳しく解説しました。

電子カルテの選択に際しては、以下のような多岐に渡る比較ポイントを考慮する必要があります。

  • クラウド対応
  • 描画機能
  • 訪問診療や介護保険請求の対応
  • 問診票の電子対応
  • サポート体制
  • 他システムとの連携
  • 料金と予算の適合性

選定プロセスを慎重に進め、要件確認とシステム設定を適切に行うことで、医院特有のニーズに応えるシステムの導入が可能となります。

試験運用を経て実運用に移行する過程では、スタッフ全員がシステムに慣れ親しむための十分なトレーニングとサポートが不可欠です。この段階を丁寧に行うことで、導入後のトラブルを最小限に抑え、医院の運営効率と患者ケアの質の向上を実現することができます。

電子カルテの導入は、歯科医院にとって大きな投資であり、慎重な計画と段階的な実施が必要です。しかし、正しい選択と適切な導入プロセスを経ることで、業務効率の向上、患者サービスの質の向上、そして最終的には医院の競争力強化に繋がります。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1527件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる