Menu
Close

eラーニング導入は意味がない!?導入の課題点と、失敗せず効果的に導入するための解決策を徹底解説

目次

現在、幅広い分野で導入・利活用されているeラーニングは、紙ベースからデジタルへ、学びの在り方を変えました。学びにおける時間的制約や場所的制約を取り払い、学びの効果を最大化する手段として普及しました。一方で、導入が増え続けているからこそ、eラーニングの実施が本当に効果的なのか疑問視する声も上がっています。この記事は、eラーニング導入・実践における懸念点や課題点を細やかに洗い出し、企業におけるeラーニング導入・実践を最大限支援します。

おすすめeラーニングシステム42選!目的や特徴別に製品を徹底比較

eラーニング導入が効果的に作用しない場合に考えられる原因6つ

eラーニング導入が効果的に作用しない場合に考えられる原因6つ

企業として、eラーニングを実践しても効果的に採用しない場合は、以下の6つの原因が関係していると推測できます。

①そもそもeラーニング実施の目的が全社的に浸透していない

企業がeラーニングを導入する際、その目的が組織全体に適切に浸透していない場合、従業員はその重要性や意義を理解しにくくなります。インストラクショナルデザイン(教育設計)の不足により、研修の目標や達成目標が従業員に明確に伝わっていないと、eラーニングは単なる作業となり、効果が期待できません。

②eラーニング管理側(導入側)での管理体制が脆弱

eラーニングの導入は、学習管理が一括で容易にできるというメリットがありますが、このメリットを十分に活用できていない場合、効果が薄れてしまいます。

③受講者同士や講師とのコミュニケーション不足

eラーニングは、対面教育と比べて受講者同士や講師とのコミュニケーション機会が制限されています。この課題は、学習の理解やフィードバックの不足を招き、個別サポートが必要な場合に問題が生じます。

④実技研修の不足

eラーニングは主に理論的な知識の伝達に適しており、実技研修には不向きです。実務スキルの習得が必要な分野では、eラーニング単独では学習目標を達成するのが難しく、実技トレーニングの不足が課題となります。

⑤コストと時間のコントロールの難しさ

eラーニングを導入するには、システムの構築、メンテナンス、コース作成などにコストと時間がかかります。企業の規模感によっては、コストと時間を重視するあまり、効果的に導入できないケースがあります。

⑥社員のeラーニングに対するモチベーションが低い

eラーニングが効果を発揮しない一因として挙げられるのが、「社員のeラーニングに対するモチベーションが低い」ことです。社員がeラーニングに対してモチベーションを抱かない理由の一つに、「やっても意味がない」との認識があります。この意識が根付いてしまうと、eラーニングはあくまで業務の負担と見なされ、効果を発揮することは難しくなります。

なぜ社員は「やっても意味がない」と感じてしまうのか?

eラーニングは自主的な学びを促進する手段であり、強制力が乏しいため、集合研修とは異なりモチベーションの維持が難しい傾向があります。同じコンテンツでも、個々の取り組み方や進め方によって効果には個人差が生じます。そのため、受講者が自主的に学習内容を復習し、実践に結びつける努力を怠ってしまえば、効果的なeラーニングは期待できません。e-ラーニングの中には、事前に電子化された研修カリキュラムを受動的にこなすものが多くあります。これにより、コミュニケーションやグループワークを通じた学びが不足し、eラーニングが抱える課題や問題点が浮き彫りになります。また、受講者が「会社の命令だから仕方なく受けている」という意識が強いと、eラーニングに対するモチベーションは低下します。

eラーニング実施の目的が全社的に浸透していない時に考えられる原因2つ

eラーニング実施の目的が全社的に浸透していない時に考えられる原因2つ

原因①:トップダウンのコミュニケーション不足

経営陣や管理職からのeラーニング導入の重要性や意義に関するコミュニケーションが不足しているため、社員全体に理解が広がらず、意味を持たない取り組みとなってしまうことがあります。この状況がeラーニング導入に影響を与える場合、トップダウンのコミュニケーション不足によって、従業員がeラーニングの導入目的や重要性を理解せず、協力しない、あるいは適切に活用しない可能性があります。

原因②:目的の定義と連携不足

eラーニングの目的が抽象的であり、具体的な業務課題や学習ニーズと直結していないため、社員が目的を理解しにくい状況が生じ、導入効果が得られないことがあります。具体的な目的を定義せずにeラーニングを導入すると、各部門や関係者が目指すべき方向性や目標が不明確となり、教育プログラムの設計や実施において混乱や効果の低下を招く可能性があります。また、各部門や関係者が連携せずに独自にeラーニングを進めると、重複した取り組みや不足した取り組みが生じ、効果的な教育効果の達成が困難となります。

eラーニング実施の目的が全社的に浸透していない場合の解決策

「原因①:トップダウンのコミュニケーション不足」に対する解決策

「原因①:トップダウンのコミュニケーション不足」に対する解決策

解決策1:経営陣による積極的な関与とリーダーシップの発揮

経営陣がeラーニングの重要性を理解し、自ら率先して情報を発信し、社員に対して目的や意義を説明することで、全社的な理解と協力を促進します。経営陣のリーダーシップが示されることで、eラーニング導入への参加意欲が高まります。

解決策2:定期的なコミュニケーションチャネルの確立

組織内に定期的なコミュニケーションチャネルを設けることで、経営陣からの情報発信や社員からのフィードバックを円滑に行うことができます。例えば、定例会議やeラーニングに関する情報を掲載した社内ポータルなどが有効です。

解決策3:中間管理職の役割強化

中間管理職をeラーニング推進のリーダーと位置付け、経営陣と社員の橋渡し役を果たさせます。中間管理職がeラーニングの重要性や目的を理解し、部下に対して情報を適切に伝達することで、全社的な理解と協力を促進します。

「原因②:目的の定義と連携不足」に対する解決策

「原因②:目的の定義と連携不足」に対する解決策

解決策1:明確な目標設定と共有

eラーニング導入の目的を明確に定義し、全社員と共有します。目標は具体的で実現可能なものであることが重要です。また、目標達成のための進捗状況や成果を定期的に報告し、共有することで、連携不足を解消します。

解決策2:関係部門との連携強化

eラーニングの目的や必要性を理解している関係部門(人事、教育部門など)との連携を強化します。関係部門との定期的な情報交換や協力体制の構築により、eラーニングの目的と業務課題との連携を図ります。

解決策3:目的達成に向けた仕組みの構築

eラーニング導入の目的達成を支援するための仕組みを構築します。例えば、目標達成に向けた研修プログラムの提供や、成果を評価する仕組みの整備などが挙げられます。

eラーニング管理側(導入側)での管理体制が脆弱である時に考えられる原因3つ

eラーニング管理側(導入側)での管理体制が脆弱である時に考えられる原因3つ

原因①:不適切な学習コンテンツの選定

管理体制が十分でないと、社員一人ひとりに適した学習コンテンツが選定されない可能性が高まります。これにより、従業員が不適切なコンテンツで学習を進め、本来の目的であるスキル向上や知識の獲得が妨げられることがあります。

原因②:管理者の思い込みと教育の低下

管理不足は、「eラーニングを実施しているから教育には問題ない」という誤った思い込みにつながりかねません。これにより、社員教育の質が低下し、本来の教育目標の達成が困難になります。

原因③:現場への落とし込みの不足

eラーニングで得た知識を実務に落とし込むことが難しくなります。従業員が「できること」を目指すためには、学習した内容を現場で活かす工程が欠かせません。しかし、管理者がこれを念頭に置いていない場合、eラーニングの実効性が低下します。

eラーニング管理側(導入側)での管理体制が脆弱である場合の解決策

「原因①:不適切な学習コンテンツの選定」に対する解決策

「原因①:不適切な学習コンテンツの選定」に対する解決策

解決策1:ニーズに基づくコンテンツ開発

eラーニングの目的や受講者のニーズに基づいて適切なコンテンツを開発します。受講者の業務に直結した内容や実践的な知識を提供することで、学習効果を高めます。

解決策2:コンテンツの多様化

単一の学習スタイルやコンテンツ形式に固執せず、ビデオ、テキスト、クイズなどさまざまな形式のコンテンツを提供します。受講者の学習スタイルや環境に合わせて柔軟に対応します。

解決策3:フィードバックと改善のサイクル

受講者からのフィードバックを積極的に収集し、コンテンツの改善に活かします。定期的なアンケートや受講者との対話を通じて、コンテンツの質を向上させます。

「原因②:管理者の思い込みと教育の低下」に対する解決策

「原因②:管理者の思い込みと教育の低下」に対する解決策

解決策1:トレーニングプログラムの提供

管理者に対してeラーニングの効果や適切な管理方法についてのトレーニングプログラムを提供します。教育を通じて、正しい知識と理解を深めます。

解決策2:成功事例の共有

他の組織や部署での成功事例を紹介し、管理者に対してeラーニングの可能性や効果を伝えます。実績を示すことで、管理者の認識を改善します。

解決策3:フィードバックと改善の文化の醸成

管理者に対して、フィードバックを受け入れる文化を醸成します。管理者自身も常に学び続ける姿勢を持つことで、教育の質を向上させます。

「原因③:現場への落とし込みの不足」に対する解決策

「原因③:現場への落とし込みの不足」に対する解決策

解決策1:フィードバックループの確立

現場の声を収集し、それを改善に活かすためのフィードバックループを確立します。定期的なミーティングやアンケートを通じて、現場のニーズを把握し、サービスの改善を行います。

解決策2:トレーニングと実践の統合

eラーニングで学んだ知識やスキルを現場で実践する機会を積極的に提供します。学んだことをすぐに実践できる環境を整えることで、学習効果を高めます。

解決策3:現場代表の参加

現場の代表者をeラーニングの計画や実施に積極的に参加させます。現場の声を直接反映させることで、eラーニングの質と現場との連携を強化します。

受講者同士や講師とのコミュニケーションが不足している時に考えられる原因3つ

原因①: オンライン学習の孤立感

受講者同士や講師とのコミュニケーション不足の主要な原因の一つは、オンライン学習の孤立感です。通常の教室環境ではクラスメートや講師と対面でコミュニケーションをとる機会が多いのに対し、オンライン学習は物理的な距離があり、対話やディスカッションが限定されています。これにより、受講者は他の学習者との交流が制限され、疎外感を感じることがあります。

原因②: コミュニケーションツール不足

コミュニケーション不足の別の要因は、適切なコミュニケーションツールの不足です。オンライン学習プラットフォームやツールがコラボレーションや議論のために適切でない場合、受講者同士や講師とのコミュニケーションが困難になります。例えば、テキストチャットだけでコミュニケーションを行う場合、意思疎通が不完全で深い議論や質問応答が難しくなります。

原因③: コミュニケーションの重要性の認識不足

受講者や講師の中には、コミュニケーションの重要性を過小評価する傾向があることも、コミュニケーション不足の原因です。特にオンライン学習では、自己主導的な学習に焦点が当てられがちで、コミュニケーションが二の次になることがあります。しかし、質問やディスカッションを通じた対話は学習の理解を深め、モチベーションを高める重要な要素です。この重要性を認識せず、コミュニケーションへの取り組みが不足することで、受講者同士や講師とのコミュニケーションが希薄化します。

受講者同士や講師とのコミュニケーションが不足している場合の解決策

「原因①:オンライン学習の孤立感」に対する解決策

解決策1:仮想学習コミュニティの構築

オンライン学習プラットフォーム内で、学習者同士が交流できる仮想コミュニティを作成します。これにはフォーラム、チャットルーム、ディスカッションボードなどが含まれます。学習者は質問や意見を共有し、共感を得ることができます。仮想学習コミュニティは、学習者同士がコンタクトし、経験や知識を共有できる場を提供します。これにより、オンライン学習の孤立感を軽減し、学習者のモチベーションと理解を向上させます。

解決策2:共同プロジェクトの導入

学習プログラムに共同プロジェクトを取り入れます。学習者はチームで課題に取り組み、定期的なコミュニケーションと協力が必要です。共同プロジェクトは学習者同士の協力を奨励し、孤立感を軽減します。共同プロジェクトは学習者同士が協力して問題を解決する機会を提供します。学習者は連携し、互いに支え合うことで、コミュニケーションの不足を解消します。

解決策3:週次オンラインミーティングの設定

定期的なオンラインミーティングを導入します。これにより、学習者は講師や仲間と対話する機会を持ち、質問や疑念を解決できます。週次のスケジュールを設定し、コミュニケーションの機会を確保します。週次のオンラインミーティングは、リアルタイムでのコミュニケーションを促進します。学習者は疑念を解消し、教材に関する質問を尋ねることで、コース全体の理解を高めます。

「原因②:コミュニケーションツール不足」に対する解決策

解決策1:多様なコミュニケーションツールの提供

異なるコミュニケーションスタイルに合わせて、複数のコミュニケーションツールを提供します。テキストチャット、ビデオ会議、電子メール、フォーラムなど、学習者が選択できる幅広いツールを提供し、コミュニケーションの多様性を奨励します。学習者は異なるコミュニケーションツールを使用して快適にコミュニケーションをとることができます。これにより、個々の学習者の好みやニーズに合わせたコミュニケーションが実現されます。

解決策2:コミュニケーションスキルのトレーニング

学習者にコミュニケーションスキルのトレーニングを提供します。効果的なコミュニケーションの方法、フォローアップのスキル、質問の仕方などを教え、学習者がコミュニケーションに自信を持てるようにサポートします。コミュニケーションスキルのトレーニングは、学習者が他の学習者や講師と効果的に対話できるようにするための手段です。これにより、コミュニケーションの不足を克服し、協力と理解を促進します。

解決策3:コミュニケーションガイドラインの提供

コミュニケーションガイドラインを提供し、学習者にコミュニケーションの基本原則を明示します。これには、尊重、協力、対話の促進などが含まれます。ガイドラインはコミュニケーションの質を向上させ、トラブルを防ぎます。コミュニケーションガイドラインは学習者が安心してコミュニケーションをとるための指針を提供します。学習者はガイドラインに従い、建設的なコミュニケーションを実現します。

「原因③:コミュニケーションの重要性の認識不足」に対する解決策

解決策1:コミュニケーションの重要性の強調

学習者に対して、コースの冒頭でコミュニケーションの重要性を説明します。具体的な事例や成功ストーリーを共有し、コミュニケーションが学習の質を向上させる方法であることを示します。学習者にコミュニケーションの価値を伝えることは、彼らがコミュニケーションに積極的に参加する動機を高めます。成功例を示すことで、コミュニケーションの有益さを示唆します。

解決策2:コミュニケーションに関するトレーニングの組み込み

学習プログラムにコミュニケーションに関するトレーニングを組み込みます。コミュニケーションスキルの向上を支援し、学習者にコミュニケーションが学習の一環であることを理解させます。コミュニケーショントレーニングは学習者がコミュニケーションスキルを磨く機会を提供します。これにより、学習者は自分の学習と他の学習者とのコミュニケーションの相互関係を認識します。

解決策3:コミュニケーションの成功事例の共有

学習者がコミュニケーションの成功事例を共有できるプラットフォームを提供します。学習者同士や講師からの事例共有を奨励し、他者の成功から学び、コミュニケーションの有益性を認識します。成功事例の共有は学習者がコミュニケーションの重要性を実感する手助けをします。他の学習者がどのようにコミュニケーションを活用しているかを知ることで、学習者は自身の進化を促進します。

実技研修が不足している場合に考えられる原因3つ

実技研修が不足している場合に考えられる原因

原因①: 実技研修の統合の難しさ

実技研修の不足は、オンライン学習の課題の一つです。これは、特に実務スキルや実際の作業に関連するトレーニングにおいて顕著です。実技研修をオンライン環境に統合することは、しばしば難しい課題です。なぜなら、多くの実務スキルは実際の場での体験や指導が必要であり、オンラインプラットフォームだけでは効果的なトレーニングを提供することが難しいからです。したがって、実技研修の統合が難しい場合、受講者は理論的な知識を得る一方で、実務経験や実際のスキルの向上が不足してしまいます。

原因②: コース内容の一般性

実技研修の不足につながる別の要因は、オンラインコースの内容が一般的すぎることです。多くのeラーニングコースは、広範な受講者に適用できるように設計されており、特定の業界や職種に特化した内容ではないことがあります。その結果、受講者が自身の実務に直接活かせるスキルや知識を得るのが難しい場合があります。受講者はより専門的な実務スキルを必要とするケースで、一般的なコース内容ではその要求に応えきれないことがあります。

原因③: 実務との連携の不足

また、実技研修の不足の要因として、実務との連携不足が挙げられます。多くの場合、オンライン学習プロバイダーと実務現場との連携が不十分であり、実務で必要なスキルや要件が正確に反映されていないことがあります。これにより、受講者が学んだスキルを実務で適用するのが難しく、学んだことが現実の業務に直結しづらくなります。実際の職場での実務スキルとeラーニングコースの内容との間にギャップが生じることは、受講者のモチベーション低下や実務パフォーマンスの向上に制約をかける原因となります。

実技研修が不足している場合の解決策

「原因①:実技研修の統合の難しさ」に対する解決策

「原因①:実技研修の統合の難しさ」に対する解決策

解決策1:実務とのシームレスな統合

実技研修をオンライン学習に統合します。具体的な仕事タスクやシナリオを反映した演習やシミュレーションを提供し、学習者が理論を実際の業務に適用できるようサポートします。また、実務と学習プログラムを連動させ、実務のニーズに合わせて学習をカスタマイズします。実技研修をオンライン学習と統合することで、学習者は学んだスキルや知識を実務に無理なく適用できます。シームレスな統合により、学習が実務と一体化し、理論と実務のギャップが縮まります。

解決策2:実技指導者のオンラインサポート

実技研修におけるオンライン指導者を配置します。学習者が実技を練習し、疑問や困難を解決する際に、オンライン指導者がリアルタイムでサポートします。ビデオ通話やチャットを通じて、個別の指導とフィードバックを提供します。オンライン指導者の存在は、学習者が実技研修をより効果的に進めるのに役立ちます。指導者は学習者の疑問を解決し、実技の向上をサポートします。

解決策3:実技評価の導入

実技研修の一環として実技評価を実施します。学習者は学習プログラムの一部として実務シナリオに基づく実技試験を受けます。評価結果を通じて、学習者の実技スキルを確認し、改善の余地を特定します。実技研修の一環として実技評価を実施します。学習者は学習プログラムの一部として実務シナリオに基づく実技試験を受けます。評価結果を通じて、学習者の実技スキルを確認し、改善の余地を特定します。

「原因②:コース内容の一般性」に対する解決策

「原因②:コース内容の一般性」に対する解決策

解決策1:カスタマイズ可能な学習パス

学習者の実務ニーズに合わせてカスタマイズ可能な学習パスを提供します。基本的なコース内容をカスタマイズし、学習者が自分のスキルや職務に関連するトピックを重点的に学ぶことができます。カスタマイズ可能な学習パスは、学習者にとって関連性の高いコンテンツにアクセスする手助けをします。これにより、学習がより実用的になります。

解決策2:実務ケーススタディの導入

実務に関連したケーススタディを学習プログラムに組み込みます。実際のビジネスシナリオを分析し、解決策を提供する練習を行います。学習者は理論を実務に適用する方法を学びます。実務ケーススタディは、学習者に実務での課題に対処する能力を養うのに役立ちます。具体的なケースを通じて、実務の複雑さを理解し、問題解決スキルを向上させます。

解決策3:実践的なプロジェクトの推進

学習プログラム内で実践的なプロジェクトを推進します。学習者は実際のプロジェクトに取り組み、理論を実践で応用します。講師や実務指導者からのフィードバックを受け、スキルの磨き直しを行います。実践的なプロジェクトは学習者が理論を実際のプロジェクトに適用する機会を提供します。実務経験を積み重ねることで、学習者は実技スキルを向上させます。

「原因③:実務との連携の不足」に対する解決策

「原因③:実務との連携の不足」に対する解決策

解決策1:実務ステークホルダーの協力

学習プログラムに実務ステークホルダーを積極的に参加させます。実務の専門家や上司が学習者の進捗を監視し、必要に応じてフィードバックやガイダンスを提供します。実務ステークホルダーの協力は、学習者が実務と学習を連携させるのに役立ちます。実務の専門家からのアドバイスは、学習プログラムの実用性を高めます。

解決策2:実務プロジェクトの統合

学習プログラムに実務プロジェクトを組み込みます。学習者は実際の業務プロジェクトに参加し、理論を実務で適用します。実務プロジェクトは学習の一部として課題を提供し、実務との連携を深めます。実務プロジェクトの統合により、学習者は実際の業務に関与し、実務スキルを向上させます。実務と学習の連携が強化され、学習の効果が向上します。

解決策3:実務フィードバックの導入

学習者が実務で達成した成果を学習プログラムにフィードバックとして統合します。学習者は実務での成功体験を学習に生かし、実務との連携を強化します。実務フィードバックは学習者の実務での成果を認識し、学習と実務の連携を促進します。成功体験を共有することで、学習者は実務スキルを発展させます。

コストと時間のコントロールが難しい時に考えられる原因3つ

コストと時間のコントロールが難しい時に考えられる原因

原因①: 導入に関する予算の見積もり不足

eラーニングシステムを導入する際、最初の大きな課題は予算の見積もり不足です。多くの場合、組織は導入に必要な費用を正確に予測できず、予算が過小評価されることがあります。これにより、導入プロセスが進行する中で追加の費用が発生し、コストが予想以上に増加します。また、予算不足のために必要なリソースや機能が制限され、システムのパフォーマンスや機能性に影響を及ぼすことがあります。

原因②: 導入プロセスの複雑性

eラーニングシステムの導入は、複雑なプロセスであるため、専門的な知識と経験を持つ専門家が必要です。しかし、多くの場合、組織内にはこれに対応するスキルや専門知識が不足しています。導入プロセスは、システムの選定からカスタマイズ、トレーニング、テスト、運用まで多くのステップで構成され、これらを的確に管理する必要があります。複雑なプロセスをうまく調整しないと、導入が遅延し、コストがかさむ可能性が高まります。

原因③: 人的リソースの不足

eラーニングシステムを導入し運用するためには、適切な人的リソースが必要です。しかし、多くの組織では、導入プロジェクトに参加するための専門スタッフが不足していることがあります。専門家や管理者、トレーナーが不足している場合、導入と運用のプロセスがスムーズに進行せず、問題の解決や改善が遅れる可能性があります。人的リソースの不足は、プロジェクト全体の効率性に悪影響を及ぼし、コストと時間のコントロールを難しくします。

コストと時間のコントロールが難しい場合の解決策

「原因①:導入に関する予算の見積もり不足」に対する解決策

「原因①:導入に関する予算の見積もり不足」に対する解決策

解決策1:詳細な予算見積もりの作成

eラーニングシステムの導入に際し、詳細な予算見積もりを作成します。ハードウェア、ソフトウェア、ライセンス、カスタマイズ、トレーニング、保守など、すべての費用を明確にリスト化し、潜在的なコストの見逃しを防ぎます。詳細な予算見積もりは、導入プロセスの透明性を高め、予算不足に対処するのに役立ちます。組織は必要な資金を確保しやすくなります。

解決策2:予備的な予算の確保

予備的な予算を設けます。予想外の問題や変更に対応できるよう、予算の一部をリザーブし、予算不足によるプロジェクト遅延を回避します。予備的な予算は予測不可能な状況に備え、プロジェクトのスムーズな進行を保証します。組織は突発的な支出に対処できます。

解決策3:外部コンサルタントの利用

予算管理に専門知識を持つ外部のコンサルタントを導入します。彼らは経験豊富な視点を提供し、予算の見積もりおよび管理において貴重な支援を提供します。外部コンサルタントは組織内の専門知識を補完し、予算に関するリスクを低減します。専門的な知識は予算管理を向上させます。

「原因②:導入プロセスの複雑性」に対する解決策

「原因②:導入プロセスの複雑性」に対する解決策

解決策1:段階的な導入計画の策定

複雑なプロジェクトを段階的に実施する計画を策定します。小さなステップでシステムを導入し、問題が発生した場合に修正する機会を持つことで、複雑性を軽減します。段階的な導入はプロセスを管理可能な部分に分割し、トラブルシューティングを容易にします。プロジェクトのリスクを最小限に抑えます。

解決策2:専門家のアドバイスを活用

プロジェクトの複雑性に対処するために、専門家のアドバイスを活用します。専門家はベストプラクティスを提供し、問題の特定と解決に貢献します。専門家のアドバイスはプロジェクトをスムーズに進め、品質を向上させます。組織はプロジェクトの成功に向けて貴重な支援を受けます。

解決策3:トレーニングとスキルアップ

プロジェクトチームとスタッフにトレーニングとスキルアップの機会を提供します。必要なスキルを習得し、プロジェクトの複雑性に適切に対処できるようにします。トレーニングとスキルアップはプロジェクトメンバーの能力向上に役立ち、プロジェクトの複雑性に対する準備を整えます。

「原因③:人的リソースの不足」に対する解決策

「原因③:人的リソースの不足」に対する解決策

解決策1:プロジェクトチームの強化

プロジェクトに必要な人的リソースを確保するために、プロジェクトチームを強化します。経験豊富なメンバーの追加や、外部リソースの活用を検討します。強化されたプロジェクトチームはタスクを分担し、プロジェクトの効率性を高めます。人的リソースの不足に対処します。

解決策2:外部のプロジェクト管理

外部のプロジェクト管理会社を採用します。彼らはプロジェクトの計画、調整、監視を担当し、内部のリソース不足を補完します。外部のプロジェクト管理はプロジェクトの成功に向けて指導力を提供し、リソースの不足に対処します。

解決策3:リソースの効率的な利用

リソースの効率的な利用を最適化します。リソースの調整、優先順位付け、重要なタスクへの焦点の絞り込みなど、リソースの最大限の活用を確保します。リソースの効率的な利用は、限られたリソースを最大限に活用し、プロジェクトの進行をサポートします。組織はリソース不足を軽減します。

社員のeラーニングに対するモチベーションが低い時に考えられる原因5つ

社員のeラーニングに対するモチベーションが低い原因

①eラーニングを実施できる環境が限られている

eラーニングが実施されているにも関わらず、社員のモチベーションが低い場合、その原因の一つに「eラーニングを実施できる環境が限られている」ことが挙げられます。ここでは、この課題に対する原因に焦点を当て、説明していきます。

原因1: デバイスの制約

eラーニング学習環境の不足の最初の要因は、受講者が使用できるデバイスの制約です。多くのeラーニングプラットフォームやコンテンツは、特定のデバイスやブラウザに最適化されており、他のデバイスでは正常に動作しづらいことがあります。たとえば、一部のeラーニングコースは、高性能のデスクトップコンピュータや最新のスマートフォンを必要とし、古いデバイスや低性能のブラウザでは問題が発生することがあります。このため、受講者が適切なデバイスを持っていない場合、学習に制約が生じ、モチベーションが低下する可能性が高まります。

原因2: リテラシーの不足

eラーニング学習環境の不足の別の要因は、受講者のデジタルリテラシーの不足です。一部の受講者は、オンラインプラットフォームやツールの使用方法を理解し、デジタル環境で学習を進める自信を持っていないことがあります。特にテクノロジーに不慣れな受講者にとって、eラーニングの利用は難しい場合があります。このため、デジタルリテラシーの不足がeラーニングの利用を妨げ、モチベーションの低下につながることがあります。

原因3: クラウド型eラーニングの普及不足

最後の要因は、クラウド型eラーニングシステムの普及不足です。一部の組織や教育機関は、オンプレミス型のeラーニングシステムを導入しており、クラウド型の柔軟性やアクセス性を活かすことができていません。クラウド型eラーニングは、場所を選ばずにアクセスでき、デバイスに依存しない利便性を提供します。しかし、これが普及していない組織では、学習環境の選択肢が限られ、受講者が柔軟に学習できない場合があります。この制約は、受講者のモチベーションに悪影響を及ぼす可能性があります。

②社員にとって学びやすいコンテンツ提供ができていない

eラーニングの動画は一般的に30~60分程度とされていますが、これが前提知識のない難しい分野の場合、受講時間が増加することがあります。社員は業務に支障が出るほどの長時間の受講は避けがちであり、結果としてコンテンツの理解が不足し、「意味ない」と感じてしまいます。

そして、コンテンツが長時間にわたる場合、社員は集中力を保つことが難しくなります。学習効果が高いと勘違いして過度な内容を詰め込むことは、逆に受講者の理解を妨げ、コンテンツが身に付かない原因となります。受講者が実際の業務に活かせるような演習問題や質問がない場合、学びが実務に結びつくイメージが湧きにくくなります。これによって、モチベーションが低下し、eラーニングの効果が発揮されません。

③eラーニングでの学びが実務に結びつくイメージができない

eラーニングが実務に繋がらない理由は様々ですが、その一つが「学びが実務に結びつくイメージができない」ことです。提供されているeラーニングコンテンツが実践的な側面に欠けている場合、社員は学んだことを実際の業務に結びつけることが難しくなります。特に、古い情報や現在の業務には適用できない内容が含まれている場合、学びが実務に転用できないという問題が生じます。

④eラーニング実施時間が労働時間に含まれるかどうか分からない

労働時間とeラーニング実施時間の関係が不透明であることは、多くのビジネスパーソンにとって混乱を招く要因となります。以下に、この問題に関連するポイントを考察します。

1. 労働時間外にeラーニングを受講せざるを得ない

一般的に、企業の指揮命令による拘束時間は「労働時間」とされますが、eラーニングの受講時間が労働時間に含まれない場合、社員は労働時間外に自らの時間を割いて学習を進めなければなりません。これにより、学習がメインではなく、学習を早く終わらせることが重視され、学習意欲の低下や効果の不足を招く可能性があります。

2. 労働時間外で受講させている企業の課題

企業がeラーニングの受講を強制するにもかかわらず、それが労働時間外に行われ、残業代がつかない場合、社員の不満が生じることがあります。eラーニングは時間や場所を問わずに学習が可能なはずですが、企業の体制によっては社員のモチベーションを損なう可能性があります。eラーニングと労働時間に関して、詳しくは以下の記事をご覧ください。

eラーニング受講は労働時間に含まれる?効果的なeラーニング導入に向けて

⑤実施に強制力がなく、eラーニング受講において不正ができる環境にある

eラーニングの実施において、実施の強制力が不足し、受講者が不正を行う環境が存在することは、学習の効果を損なう大きな課題となります。特に長時間の学習コンテンツを提供する場合、受講者はコンテンツを飛ばし見たり、流し見をすることがあります。eラーニングコンテンツを飛ばしてもバレることがないという考えが出てきてしまうのは、そもそもコンテンツを飛ばし見/流し見できるシステム・環境に原因があります。

社員のeラーニングに対するモチベーションが低い場合の解決策5つ

社員のeラーニングに対するモチベーションが低い場合の解決策

①マルチデバイス対応

企業がeラーニングを導入し、その効果を最大限に引き出すためには、マルチデバイス対応が鍵となります。特定のデバイスでしか学習ができない場合、社員のモチベーション低下につながる可能性があります。スマートフォンやタブレットでも快適に受講できるようにすることで、学習へのアクセスが容易になり、社員がより柔軟かつ効果的に学べる環境を整えます。デバイスに制約がなければ、社員は自分のペースで学習でき、外出先や移動中でも継続的なスキル向上が可能です。

②ショートコンテンツ、スキマ時間に完結する教材を別で提供する

「社員にとって学びやすいコンテンツ提供ができること」は社員のモチベーションに大きく関わってきます。この課題を克服するためには、以下のポイントに着目する必要があります。

1. 適切な視聴時間の確保

eラーニングの長時間コンテンツは、多忙なビジネスパーソンにとって負担となり、学習効果も限定的です。解決策としては、5分から10分程度で完結するショートコンテンツを提供しましょう。短時間で学習できることから、社員は隙間時間や通勤時間などに気軽に受講できます。

2. 適切な学習内容の設計

ショートコンテンツは、集中力を途切れさせずに学習でき、マイクロラーニングとしても利用可能です。また、短時間で受講が可能なため、社員にとってストレスを軽減し、効果的な学習環境を提供します。最適な学習内容を複数のショートコンテンツに分割して提供することで、柔軟で効果的な学習が可能となります。

マイクロラーニングとは?メリット、効果的な実践方法、作り方を徹底解説

③eラーニング実施の目的をはっきりと社員に認識させる

eラーニングは、適切に実践されないとその効果を発揮しにくいものです。特に、社員のモチベーションが低いという課題がある場合、実践的な演習問題が出題される教材を選び、eラーニング実施の目的をはっきりと社員に認識させることが重要です。

1. 実践的な演習問題を重視する

eラーニングで学んだ知識やスキルが実務に活かせないという悩みを解消するためには、実践的な演習問題が含まれた教材を選択しましょう。古い情報や現実的でないケースが含まれている教材は、学びの意味を失わせる原因となります。現実の業務に即した演習問題を提供することで、社員は学んだ知識を実践的に確かめ、理解を深めることができます。

2. eラーニング実施の目的を明確にする

社員がeラーニングの目的を理解し、学ぶ意義を感じることが重要です。学習内容が業務にどのように結びつくのか、実践にどのように応用できるのかを明確に伝え、目標設定や成果物の提示を行うことで、学習へのモチベーション向上に繋がります。社員が学びを業務に役立てるイメージを持つことで、eラーニングが「意味がある」と感じるようになります。

3. 演習問題の設計に工夫を凝らす

実践的な演習問題は、その設計においても工夫が必要です。単なる情報の暗記ではなく、問題解決やシナリオに基づいた実践的なケースを含めることで、社員は状況に応じて学んだスキルを適切に適用できるようになります。演習問題の難易度を段階的に調整し、社員の成長に合わせて挑戦できる環境を提供することも重要です。

4. 学習成果の共有と振り返り

eラーニング後には、社員同士で学習成果を共有し、振り返りを行う機会を設けましょう。他の社員の成功体験や実践例を知ることで、学びの活用方法が広がり、モチベーションが向上します。また、振り返りを通じて改善点や課題も抽出し、次回のeラーニング実施に生かしていくことが重要です。

5. 定期的なフィードバックとサポート

社員が実践的な演習問題に取り組む中で、定期的なフィードバックとサポートが必要です。問題や疑問に対して迅速に対応し、学びの途中で行き詰まることなく、スムーズに成長できるような環境を整えましょう。実践的な学びを支えるサポートが、社員のモチベーションを高めます。

④eラーニング実施のルールを明確にしておくこと

eラーニングの受講時間が労働時間に含まれるかどうかをはっきりさせるためには、企業が受講ルールを明確に設定し、社員に共有することが不可欠です。以下の手順を踏むことで、混乱を避け、社員の学習意欲を向上させることができます。

1.受講ルールの整備

eラーニングの受講時間が労働時間に該当するかどうかを明確にするため、企業側が受講ルールを整備します。これには、就業中のどの時間に受講が許可されるか、労働時間外での受講に対する給与計算などの具体的な項目が含まれます。

2.社員への通達と共有

整備された受講ルールは、企業側から社員に対して明確に通達され、共有されます。この際には、受講が義務なのか任意なのか、どのような条件で受講が認められるのかなど、社員が理解しやすい形で情報が提供されます。

⑤不正を防ぐことができるeラーニングシステムやLMSを導入する

eラーニングの受講者が不正行為を行うことは、効果的な学習環境の構築を妨げる一因となります。ここでは、「不正を防ぐことができるeラーニングシステムやLMSを導入する」解決策に焦点を当てて、具体的な手法を考えてみましょう。

1. LMSの早送り機能制限

eラーニングの学習動画を流し見や飛ばし見することを防ぐために、専門的な学習管理システム(LMS)を導入します。LMSには、受講者が動画を早送りできないように制限する機能があります。これにより、コンテンツの一部だけを視聴することを防ぎます。

2. 進捗確認機能の活用

不正な受講を防ぐために、LMSにはシークバーの操作を禁止する機能を活用します。これにより、受講者は進捗を飛ばすことが難しくなり、コンテンツ全体をしっかりと学習することが期待できます。

3. 試験やクイズの実施

LMSを利用して試験やクイズを導入し、受講者の理解度や学習の進捗を客観的に評価します。これにより、不正な受講だけでなく、理解度が不十分な受講者も発見しやすくなります。

「eラーニングシステム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 評価・レビュー集計
    • 他システム連携
    • セキュリティ科目
    • 多言語対応
    • AI不正防止機能
    • zoom連携
    • zoom連携
    • Q&A機能
    • Microsoft Teams連携
    • マルチデバイス対応
    • 帳票出力
    • コンテンツ作成
    • Microsoft office連携
    • 研修管理
    • コース作成
    • タレントマネジメントシステム連携
    • シングルサインオン
    • ライブ配信可
    • ビジネススキル科目
    • アンケート機能
    • クイズ機能
    • ディベート投稿
    • レポート課題機能
    • レポート提出
    • ディスカッション機能
    • オリジナルコンテンツ作成
    • 掲示板機能
    • テスト作成
    • モバイル端末対応
    • コースカスタマイズ可
    • 問題分析機能
    • 多言語対応
    • 録画配信
    • ITスキル科目
    • 修了証表示
    • ビジネスマナー科目
    • 集合研修管理
    • テスト作成
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
カオナビ(e-ラーニング・LMS)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要問い合わせ
料金プラン 要問い合わせ
1ヵ月
WisdomBase(ウィズダムベース)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 無料
料金 月額1ID 500円~(税抜)
備考
・1名~ご利用可能
・有効ステータス課金制(毎月末締)
・利用数によりボリュームディスカウント適用
制限なし
etudes(エチュード)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 月額1,500円(税抜)/ID
備考
※ご契約ID数によりボリュームディスカウントが可能です。詳しくはお問い合わせください。
※ご契約は20ID以上より承ります。ID数追加は10ID単位で可能です。
要相談
Schoo for Businessの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
eラーニング格安プラン 4,900円(50人まで)/月額
備考
小規模から利用可能で、動画を利用せずにスライドとテスト、アンケートなどで社員教育で利用するのにお勧めなプランです。

100人まで:9,800円
300人まで:29,400円
500人まで:49,000円
1,000人まで:98,000円
1,500人まで:142,500円
2,000人まで:180,000円
3,000人まで:240,000円
5,000人まで:327,200円

※100人単位で料金の設定がございます。詳細なお見積りは公式サイトからお問い合わせください。
※5,000人以上も対応しています。
eラーニング標準プラン 19,800円(100人まで)/月額~
備考
eラーニングを始めるのに必要なものが揃った、安心の標準プランです。

300人まで:49,400円〜
500人まで:79,000円〜
1,000人まで:153,000円〜
1,500人まで:222,500円〜
2,000人まで:285,000円〜
3,000人まで:395,000円~
5,000人まで:582,200円~

※100人単位で料金の設定がございます。詳細なお見積りは公式サイトからお問い合わせください。
※5,000人以上も対応しています。
※本プランは、動画のご利用量により費用が変わります。ストレージを増量する場合は5GB(約3時間分の動画保存容量)あたり5,000円、転送量を増量する場合は50GB(約100時間分の延べ視聴時間)あたり5,000円が加算されます。
※ストレージ容量、転送量がご契約量を超えた場合は別途超過費用が発生いたします。(ストレージは1GBあたり1,500円、転送量は1GBあたり150円)
eラーニング開発プラン 要相談
備考
要望に合わせて開発ができるプランです。10年間の経験をもとに、eラーニングの基礎となる機能から、管理者のための機能やセキュリティのための発展的な機能まで多くの機能とノウハウを盛り込んで開発します。
公式サイトで無料相談をお受けしています。
初期開発費用:500万円〜2,000万円程度
制限なし
LearnOの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
iSpring Suite 103,990円(1ユーザー/1年間)
備考
◎iSpring Suite
→履修コース、クイズ、シミュレーションを作成する、強力なツールキット
・HTML5/SCORM eコース
・ロールプレイ
・クイズ
・インタラクション
・研修動画
・電子書籍
・スクリーンキャスト
◎テクニカル サポート(日本語・英語対応)
→電話、またはeメールですぐにお手伝い
iSpring Suite Max 130,990円(1ユーザー/1年間)
備考
◎iSpring Suite
→履修コース、クイズ、シミュレーションを作成する、強力なツールキット
・HTML5/SCORM eコース
・ロールプレイ
・クイズ
・インタラクション
・研修動画
・電子書籍
・スクリーンキャスト
◎Text to speech
→文章を自然なナレーションに変更する音声読み上げツール
◎Content Library
・89,000点以上のテンプレート、キャラクターを使用して、コースを短時間で作成
・キャラクタービルダー
◎iSpring Space
→コンテンツの管理・共有・フィードバック受信が可能なオンラインスペース
◎テクニカル サポート(日本語・英語対応)
→電話、またはeメールですぐにお手伝い
1年間
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
月額利用料 3,980円
なし
侍テラコヤ(SAMURAITERAKOYA)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
TANREN for Input 200円/月 ※1IDあたり
備考
社内の良い実例となる動画、音声、プレゼンテーション資料などのナレッジを蓄積し、社内で共有したいと考えている事業社様向けのプランです。
TANREN for Output 2,000円/月 ※1IDあたり
備考
指導者による社員への課題設定、新入社員の実践動画(音声)やプレゼンテーション資料へのフィードバック投稿、採点など、TANRENの全ての機能をご活用いただけるプランです。

月額費用は課題を実践する投稿者様のみ発生し、指導者・管理者様のアカウントは無償でご利用いただけます。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
プラン1 39,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
スタータープラン 59,800円
備考
※マニュアル作成を簡単に、行いたい会社様に
ベーシックプラン 119,800円
備考
※Teachme Bizの機能をフル活用し、経営効果を最大化したい会社様に
エンタープライズプラン 319,800円
備考
※Teachme Bizの機能をフル活用し、経営効果を最大化したい会社様に
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
初期費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
6ヶ月利用プラン 4950円/1ID
6ヶ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライセンス料金 ¥6,000 /月(1ユーザー)
備考
※金額は税抜です。
※初期設定支援など、導入における標準的なサポートを含みます。
※運用開始後は別途、プロフェッショナルサービスもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(フリープラン) 0円/年
備考
・10アカウント利用可能
◎データ容量:0GB
◎一教材当たりの上限:30MB

※「1教材あたりの上限」について、一部表記の制限容量より低い教材タイプがございます。

※フリープラン・スタータープラン・スターターPlusプランの場合、1コンテンツに限り、大容量の教材(各ライセンスの1教材あたりの上限以上、500MB未満のファイル)をアップロードできます。

※共用サーバーをお使いの場合、複数の学習環境を共用で運用しているため、ログインID、ディスプレイネーム、メールアドレスを登録する際、既に使われている場合は、使用ができません。

※共用サーバーをお使いの場合、サーバーメンテナンスのため、全サービスを年4回一時休止させていただきます。
スタータープラン 33,000円/年
備考
・100アカウント毎の従量課金制
◎データ容量:10GB
◎一教材当たりの上限:30MB

月々契約の場合:5,500円/月

※「1教材あたりの上限」について、一部表記の制限容量より低い教材タイプがございます。

※フリープラン・スタータープラン・スターターPlusプランの場合、1コンテンツに限り、大容量の教材(各ライセンスの1教材あたりの上限以上、500MB未満のファイル)をアップロードできます。

※共用サーバーをお使いの場合、複数の学習環境を共用で運用しているため、ログインID、ディスプレイネーム、メールアドレスを登録する際、既に使われている場合は、使用ができません。

※共用サーバーをお使いの場合、サーバーメンテナンスのため、全サービスを年4回一時休止させていただきます。
スターターplusプラン 49,500円/年
備考
・100アカウント毎の従量課金制

◎データ容量:10GB
◎一教材当たりの上限:100MB

月々契約の場合:8250円/月

※「1教材あたりの上限」について、一部表記の制限容量より低い教材タイプがございます。

※フリープラン・スタータープラン・スターターPlusプランの場合、1コンテンツに限り、大容量の教材(各ライセンスの1教材あたりの上限以上、500MB未満のファイル)をアップロードできます。

※共用サーバーをお使いの場合、複数の学習環境を共用で運用しているため、ログインID、ディスプレイネーム、メールアドレスを登録する際、既に使われている場合は、使用ができません。

※共用サーバーをお使いの場合、サーバーメンテナンスのため、全サービスを年4回一時休止させていただきます。
スタンダードプラン 99,000円/年
備考
・100アカウント毎の従量課金制

◎データ容量:100GB
◎一教材当たりの上限:500MB

月々契約の場合:11000円/月

※「1教材あたりの上限」について、一部表記の制限容量より低い教材タイプがございます。

※フリープラン・スタータープラン・スターターPlusプランの場合、1コンテンツに限り、大容量の教材(各ライセンスの1教材あたりの上限以上、500MB未満のファイル)をアップロードできます。

※共用サーバーをお使いの場合、複数の学習環境を共用で運用しているため、ログインID、ディスプレイネーム、メールアドレスを登録する際、既に使われている場合は、使用ができません。

※共用サーバーをお使いの場合、サーバーメンテナンスのため、全サービスを年4回一時休止させていただきます。
スタンダードplusプラン 148,500円/年
備考
・100アカウント毎の従量課金制

◎データ容量:100GB
◎一教材当たりの上限:1GB

月々契約の場合:16,500円/月

※「1教材あたりの上限」について、一部表記の制限容量より低い教材タイプがございます。

※フリープラン・スタータープラン・スターターPlusプランの場合、1コンテンツに限り、大容量の教材(各ライセンスの1教材あたりの上限以上、500MB未満のファイル)をアップロードできます。

※共用サーバーをお使いの場合、複数の学習環境を共用で運用しているため、ログインID、ディスプレイネーム、メールアドレスを登録する際、既に使われている場合は、使用ができません。

※共用サーバーをお使いの場合、サーバーメンテナンスのため、全サービスを年4回一時休止させていただきます。
プレミアムプラン 198,000円/年
備考
・100アカウント毎の従量課金制

◎データ容量:200GB
◎一教材当たりの上限:5GB

月々契約の場合:22,000円/月

※「1教材あたりの上限」について、一部表記の制限容量より低い教材タイプがございます。

※フリープラン・スタータープラン・スターターPlusプランの場合、1コンテンツに限り、大容量の教材(各ライセンスの1教材あたりの上限以上、500MB未満のファイル)をアップロードできます。

※共用サーバーをお使いの場合、複数の学習環境を共用で運用しているため、ログインID、ディスプレイネーム、メールアドレスを登録する際、既に使われている場合は、使用ができません。

※共用サーバーをお使いの場合、サーバーメンテナンスのため、全サービスを年4回一時休止させていただきます。
EC機能プラン 決済金額に対しての従量課金制(1決済につき決済金額の20%)
備考
◎アカウント数:無制限
◎データ容量:無制限
◎一教材当たりの上限:500MB

・追加料金
◎初年度専用サーバー:990,000円(ECプランご利用時、ご契約必須のオプション、カスタマイズ費用込み)

◎次年度専用サーバー:660,000円

※ドメイン取得代行:77,000円
(御社で取得の場合は無料)
※SSL設定代行:66,000円
(弊社指定のSSLの場合は無料)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要問合せ
備考
※システム導入の初期アカウント開設、環境構築費用です。
初期費用オプション(動画制作費用) 要問合せ
備考
※ClipLineに載せる動画コンテンツの撮影・編集・納品にかかる費用です。
初期費用オプション(プロジェクト支援コンサルティング費用) 要問合せ
備考
※ClipLineを活用した重点施策の特定・実行・モニタリングなど財務効果を創出するコンサルティング費用です。
月額費用(アプリケーション利用料) 要問合せ
備考
※店舗単位でライセンスを発行いたします。
※ClipLineの機能をすべてご利用いただけます。
月額費用(基本システム利用料) 要問合せ
備考
※本部の管理画面利用料、問合せ窓口などClipLineを導入・ご活用いただくための運用支援の費用です。
月額費用(オプション定額サービス) 要問合せ
備考
※映像制作や運用支援・コンサルティングサービスを定額でお得に利用できる費用です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プランA(ミニマムプラン) 176,000円(50ID)/年
備考
◎システム利用(1GB)

50ID:176,000円/年
100ID:231,000円/年
200ID:341,000円/年

※価格は全て税込です。
※ノバトンは商用利用および再販はできません。商用利用および再販をご検討される方は別途お問い合わせください。
※「Know-baton」はASPサービスとなり無償バージョンアップされます。
※初期HDD容量(コンテンツ保存容量)は1GBとなります。(容量増加のオプションもございます)
※利用数201ID以上や月割りでの利用を希望される場合は別途お問い合わせください。
プランB(通常プラン) 330,000円(50ID)/年
備考
◎システム利用(1GB)
◎操作研修(初年度1回のみ)
◎初期導入支援

50ID:330,000円/年
100ID:385,000円/年
200ID:495,000円/年

※価格は全て税込です。
※ノバトンは商用利用および再販はできません。商用利用および再販をご検討される方は別途お問い合わせください。
※「Know-baton」はASPサービスとなり無償バージョンアップされます。
※初期HDD容量(コンテンツ保存容量)は1GBとなります。(容量増加のオプションもございます)
※利用数201ID以上や月割りでの利用を希望される場合は別途お問い合わせください。
プランC(おまかせプラン) 720,500円(50ID)/年
備考
◎システム利用(1GB)
◎操作研修(初年度1回のみ)
◎Video+動画配信(10GB)
◎初期導入支援

50ID:720,500円/年
100ID:775,500円/年
200ID:885,500円/年

※価格は全て税込です。
※ノバトンは商用利用および再販はできません。商用利用および再販をご検討される方は別途お問い合わせください。
※「Know-baton」はASPサービスとなり無償バージョンアップされます。
※初期HDD容量(コンテンツ保存容量)は1GBとなります。(容量増加のオプションもございます)
※利用数201ID以上や月割りでの利用を希望される場合は別途お問い合わせください。
プランA(ミニマムプラン・一年未満) 17,600円(50ID)/年
備考
◎システム利用(1GB)

50ID:17,600円/年
100ID:23,100円/年
200ID:34,100円/年

※価格は全て税込です。
※休止プランもございます。別途お問い合わせください。
プランB(通常プラン・一年未満) 33,000円(50ID)/年
備考
◎システム利用(1GB)
◎操作研修(初年度1回のみ)
◎初期導入支援

50ID:33,000円/年
100ID:38,500円/年
200ID:49,500円/年

※価格は全て税込です。
※休止プランもございます。別途お問い合わせください。
プランC(おまかせプラン・一年未満) 72,050円(50ID)/年
備考
◎システム利用(1GB)
◎操作研修(初年度1回のみ)
◎Video+動画配信(10GB)
◎初期導入支援

50ID:72,050円/年
100ID:77,550円/年
200ID:88,550円/年

※価格は全て税込です。
※休止プランもございます。別途お問い合わせください。
1ヶ月以上
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
利用料金 900円/人/月
備考
利用人数1~25名・3ヶ月契約(720円/人/月:6ヶ月契約)+書籍購入代金
利用料金 850円/人/月
備考
利用人数26~50名・3ヶ月契約(680円/人/月:6ヶ月契約)+書籍購入代金
利用料金 800円/人/月
備考
利用人数51~100名・3ヶ月契約(640円/人/月:6ヶ月契約)+書籍購入代金
利用料金 750円/人/月
備考
利用人数101~200名・3ヶ月契約(600円/人/月:6ヶ月契約)+書籍購入代金
利用料金 700円/人/月
備考
利用人数201~400名・3ヶ月契約(560円/人/月:6ヶ月契約)+書籍購入代金
利用料金 650円/人/月
備考
利用人数401~800名・3ヶ月契約(520円/人/月:6ヶ月契約)+書籍購入代金
利用料金 別途お見積り
備考
利用人数801名~
3ヶ月
Sharelotの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
セレクト5プラン 55,000円
備考
10名が約300種類から5講座選べます。有効期間は6ヶ月です。人数により料金が変動します。
50名:169,000円
100名:311,000円
500名:1,037,000円
1,000名:1,763,000円
セレクト10プラン 88,000円
備考
10名が約300種類から10講座選べます。有効期間は6ヶ月です。人数により料金が変動します。
50名:270,000円
100名:498,000円
500名:1,659,000円
1,000名:2,821,000円
セレクト20プラン 132,000円
備考
10名が約300種類から20講座選べます。有効期間は6ヶ月です。人数により料金が変動します。
50名:405,000円
100名:747,000円
500名:2,489,000円
1,000名:4,232,000円
セレクト30プラン 165,000円
備考
10名が約300種類から30講座選べます。有効期間は6ヶ月です。人数により料金が変動します。
50名:507,000円
100名:933,000円
500名:3,111,000円
1,000名:5,289,000円
学び放題 ベーシックプラン 55,000円
備考
10名が194講座学び放題です。有効期間は6ヶ月です。人数により料金が変動します。
50名:169,000円
100名:311,000円
500名:1,037,000円
1,000名:1,763,000円
学び放題 アドバンストプラン 198,000円
備考
10名が全講座学び放題です。有効期間は6ヶ月です。人数により料金が変動します。
50名:608,000円
100名:1,120,000円
500名:3,734,000円
1,000名:6,347,000円
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
個人向け学習コース 無料公開動画 0円
備考
学習コースの一部を無料で公開しています。登録不要でどなたでも無料で見られる動画です。
個人向け学習コース 無料会員 0円
備考
会員登録していただくと閲覧可能な学習コースが2倍増に!学習コースで使用している教材も一部コラムページからダウンロードいただけます。
個人向け学習コース 有料サービス 10,000円/月額
備考
1カ月間、ご自分のお好きな学習コース動画をお好きな分だけご受講いただける個人向けサブスク型オンライン学習サービスです。
eラーニングシステム 単体プラン 46,800円~
備考
10 ID x 5,148円の場合の価格です。5ID x 選択したコース価格により金額が変動します。
eラーニングシステム 定額プラン 50,000円~/月額
備考
30ID x 10コースの例です。コース数5、10、 20、 30から選択できます。コース数により金額が変動します。
セミ カスタマイズサービス 要相談
備考
豊富な人材教育コンテンツから、ニーズにフィットする内容を選定。ユーザーが所有のコンテンツや資料とマッチングさせたコンテンツを制作します。
フル カスタマイズサービス 要相談
備考
カイゼンベースの専任コンサルタントがヒアリングしてシナリオを作成します。マーケティング、ライター、コンテンツデザインなど社内専門スタッフが制作チームを組んでオリジナルコンテンツを制作します。
工場改革コンサルティング 3,600,000円/年額
備考
継続的にカイゼンが進む仕組みづくり、そして人材育成を継続的にサポートします。
企業内研修 250,000円/日額
備考
現場で実際に起こっている問題を題材にしたケーススタディや改善の実践など、必要な研修を設計します。
人材教育体系構築支援 要相談
備考
誰に何をどのくらいの深さで教育するのか、企業にマッチした体系を構築し、運用も含め支援します。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 100,000円
月額利用料 要相談
備考
機能、ID数により変動
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後にヒアリング
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
フリープラン 0円
備考
最大登録ID数:5
付属Disk:500MB
有効期間:最大2か月
1動画の上限:500MB
スタンダードプラン 10,000円~/月額
備考
最大登録ID数:1000
付属Disk:5GB(追加可能)
有効期間:無制限
1動画の上限:500MB
Proプラン 30,000円~/月額
備考
最大登録ID数:無制限
付属Disk:10GB(追加可能)
有効期間:無制限
1動画の上限:無制限
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後にヒアリング
KD50E1-100 550,000円(税込)
備考
100ユーザライセンス
ライセンス費用の15% が、DKクラウド環境利用の場合の価格例となります。
ほかの環境下においては、ご相談下さい。
※カスタマイズ部分の保守は別途必要となります。
KD50E1-1000 1,100,000円(税込)
備考
1,000ユーザライセンス
ライセンス費用の15% が、DKクラウド環境利用の場合の価格例となります。
ほかの環境下においては、ご相談下さい。
※カスタマイズ部分の保守は別途必要となります。
KD50E1-SV 3,300,000円(税込)
備考
サーバライセンス(ユーザ数無制限)
ライセンス費用の15% が、DKクラウド環境利用の場合の価格例となります。
ほかの環境下においては、ご相談下さい。
※カスタマイズ部分の保守は別途必要となります。
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後にヒアリング
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ベーシック版 0円
プロフェッショナル版 8,325円(税込)/月額/1アカウントあたり
チーム版 4,000円(税込)/月額/1アカウントあたり
エンタープライズ版 要相談
教育プロフェッショナル版 無料アップグレード
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
通信制 - 0円 初期費用50,000円 
備考
動画音声配信料金:1,200 円/GB
動画音声配信量 無料分:0 GB/月
その他データ通信料金:16円/MB
その他データ通信 無料分:0MB/月
管理者ID 無料分:0 ID/月
管理者ID料金:300円/ID
通信制 - ノーマル 初期費用50,000円 12,000 円/月額
備考
動画音声配信料金:300円/GB
動画音声配信量 無料分:10 GB/月
その他データ通信料金:4円/MB
その他データ通信 無料分:300MB/月
管理者ID 無料分:1 ID/月
管理者ID料金:300円/ID
通信制 - ヘビー 初期費用50,000円 32,000 円/月額
備考
動画音声配信料金:150 円/GB
動画音声配信量 無料分:100 GB/月
その他データ通信料金:2円/MB
その他データ通信 無料分:3,000MB/月
管理者ID 無料分:3 ID/月
管理者ID料金:300円/ID
管理セクション:500円/1セクション
販売セクション:1,000円/1セクション
通信制 - マスター 初期費用50,000円 100,000 円/月額
備考
動画音声配信料金:75 円/GB
動画音声配信量 無料分:1,000 GB/月
その他データ通信料金:1円/MB
その他データ通信 無料分:30,000MB/月
管理者ID 無料分:10 ID/月
管理者ID料金:300円/ID
管理セクション:250円/1セクション
販売セクション:500円/1セクション
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
同時アクセス数プラン 15人 40,000円/月額
ユーザーID数課金プラン 50~300人 @300円/月額
休止プラン 1,500円/月額
1ヶ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途見積もり 別途見積もり
導入事例2,000名A社 1名あたり 17,600円/年額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
GR ライト 一律7,500円/月(50ユーザー以下)
備考
1ユーザー150円/月(60ユーザー以上)
GR スタンダード 一律15,000円/月(50ユーザー以下)
備考
1ユーザー300円/月(60ユーザー以上)
GR エンタープライズ 要お見積り
初期費用 100,000円
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 お問い合わせください
備考
オプション機能によって料金は変動します。
ユーザー数プラン 20,000円~/月額
備考
「今の機能で充分!」そんなお客様には、カスタマイズなしの「ユーザー数プラン」がお勧めです。
同時アクセス数プラン 98,000円~/月額
備考
サイトに同時にログインするユーザー数に上限を設け、その上限数に応じた月額費用を設定します。ユーザーの登録数には制限がないため、月額費用の変動の心配もありません。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
会費制サービス入会金 50,000円
備考
会費制サービスはe-ラーニングとWebセミナー合わせて約4,000コースが定額で受け放題です。
会費制サービス月額料金 月600円/人~
備考
会費制サービスはe-ラーニングとWebセミナー合わせて約4,000コースが定額で受け放題です。
従量制サービス年会費 12,000円
備考
従量制サービスとは、サイバックスUniv.の研修ラインアップから、1名1コースから必要な時に都度ご利用いただけるサービスです。
従量制サービス月額料金 1,000円~ / 1名1コース
備考
従量制サービスとは、サイバックスUniv.の研修ラインアップから、1名1コースから必要な時に都度ご利用いただけるサービスです。
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
契約料として5,500円、加えてオプション機能の有無によって料金は変動します。
月額利用料 要相談
備考
アカウント数及びオプション機能によって料金は変動します。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
利用サービスとアカウント数によって月額の料金は変動します。
利用料金 要相談
備考
KnowledgeC@feは、基本機能をすべて利用いただけるサービスと機能をeラーニングに絞った、for eラーニングサービスを用途に応じて選択いただけます。
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 10万円
利用料金 19,800円/月~
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。同時10ユーザーまでです。
料金プラン 75,000円〜/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,2万円~/月額
備考
部署のみ、チームのみや新入社員研修など、少人数での導入も承っております。料金の詳細は公式サイトからお問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
基本料金 要相談
備考
1アカウント980円より追加可能で、最低アカウント数は30アカウント(29,400円)よりご提供しています。
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(クラウド) 50,000円
クラウド月額利用料(5名) 15,000円/月額
クラウド月額利用料(15名) 30,000円/月額
クラウド月額利用料(100名) 135,000円/月額
パッケージ価格 1,800,000円
2ヶ月
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 100,000円~
備考
Entry 100,000円
Standard 200,000円
Pro 360,000円
Entry 70,000円/月額
備考
コンテンツ制作者10名
データ容量10GB
Standard 200,000円/月額
備考
コンテンツ制作者100名
データ容量500GB
Pro 360,000円/月額
備考
コンテンツ制作者無制限
データ容量1TB
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
フリー 0円
ベーシックプラン 240円-/ユーザー
備考
100名以上の年間契約、年額一括払いの場合です。
コンテンツプラス 380円-/ユーザー
備考
100名以上の年間契約、年額一括払いの場合です。
1ヶ月
AirCourseの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ユーザーID数300未満 1ID 660円~/月額
備考
最低ユーザーID数30人以上
ユーザーID数300以上 1ID 330円~/月額
備考
最低利用者人数300人~
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

おすすめeラーニングシステム3選

上記の課題に対して、効果的なeラーニングの実践ができる製品を今回は3選紹介します。もちろん企業の規模や教育プログラムによっても適するシステムは異なりますので、この記事を参考に選定してください。

1.etudes

etudes

アルー株式会社のetudes(エチュード)は、eラーニングに携わって20年以上の実績を持つクラウド型eラーニングシステムです。企業の人事部や情報システム部門の方が求める機能を搭載し、長年の運用ノウハウが詰まっています。また、数十万ユーザーの大規模運用が可能で、Microsoft Azure上で動作、社内ポータルと連携ができるためネットワークやセキュリティ面でも安心です。受講者向けの機能はもちろん、研修管理者向けやシステム管理向けの機能もそなわっておりeラーニングを一元的に管理ができます。

  • マルチデバイス対応でいつでもどこでも受講可能!多彩な教材を配信できる
  • 直感的でわかりやすい画面で操作がしやすい
  • Microsoft® Azure®のPaaSを利用し、強固なセキュリティで安心
  • eラーニングシステム LMS

    製品のおすすめポイント

    1 マルチデバイス対応でいつでもどこでも受講可能!多彩な教材を配信できる

    etudes(エチュード)はパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応しているため、多彩な教材を配信できます。動画教材の配信からテストやアンケート、オンライン研修や申込・出欠管理など幅広くカバー。SCORM1.2規格に対応しているため、すでに利用している企業もデータを引き継ぐことが可能です。

    2 直感的でわかりやすい画面で操作がしやすい

    学習管理システムのUI/UXを再設計し操作感がわかりやすいのが特徴です。学習コースを直感的に見つけられるように、トップ画面がパネル型で選択しやすい設計になっています。パソコンだけではなくどんな端末でも見やすいのが特徴です。検索機能や受講状態がすぐに確認できるため操作マニュアル不要ですぐ始められます。

    3 Microsoft® Azure®のPaaSを利用し、強固なセキュリティで安心

    クラウドサーバーを利用しているため、別途インフラ管理が必要ありません。Microsoft® Azure®のPaaSを使っているのでOSやミドルウェアレベルでのセキュリティ対策はMicrosoftのサービスで実施。セキュリティチェックの手間が省けます。DDos攻撃の対策やWAFの設置も対応済みのため、安心で手間なくご利用いただけます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 他システム連携 評価・レビュー集計 研修管理 オリジナルコンテンツ作成 セキュリティ科目 シングルサインオン ライブ配信可 モバイル端末対応 テスト作成 ビジネスマナー科目 ビジネススキル科目 集合研修管理 コンテンツ作成 コース作成 Microsoft Teams連携 Microsoft office連携 zoom連携 アンケート機能 マルチデバイス対応 テスト作成
    サポート 電話 メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    アルー株式会社
    本社:
    東京都千代田区九段北一丁目13-5 ヒューリック九段ビル​2階
    創立:
    2003年10月29日
    代表者名:
    代表取締役社長 落合 文四郎
    資本金:
    365百万円(2022年12月末日現在)
    URL:
    https://www.alue.co.jp
    導入事例6件をみる

2.SAKU-SAKU Testing

SAKU-SAKU Testing

イー・コミュニケーションズのSAKU-SAKU Testing(サクサクテスティング)はスマホ・タブレット・PCに対応したWebテスティングプラットフォームです。累計導入社数1,500社、月間利用20万IDを突破しました。またeラーニング部門で資料請求数2年連続NO1を誇る人気のテスティングプラットフォームです。外国人向け教育も管理画面にて日本語・英語を随時切り替えて利用可能。動画やパワーポイント教材にも対応しています。

  • 教育担当者の声を反映し、使いやすい!を実現
  • コンテンツ・システム・運用のすべてをサポート
  • 効果的な学習方法の提供を実現するテストエデュケーション
  • eラーニングシステム LMS

    製品のおすすめポイント

    1 教育担当者の声を反映し、使いやすい!を実現

    累計導入1,500社の教育担当者のニーズやユーザーのアクセス状況、使い勝手や要望などを元に日々開発を行うことで、本当に必要な機能を実装していくことができるので継続利用97%の高い評価を得られます。マニュアル不要で誰でも操作ができるをコンセプトに開発されているので操作性は抜群です。

    2 コンテンツ・システム・運用のすべてをサポート

    教育・テストコンテンツの提供はもちろんのこと、知識が定着するコンテンツの配信方法や受講率を上げる督促メールのタイミングなど、運用設計についても支援するサポート体制を用意することでさまざまな企業内の教育だけではなく検定・資格試験団体の通信講座にも採用されています。

    3 効果的な学習方法の提供を実現するテストエデュケーション

    『人は問われて初めて真剣に考える』をコンセプトに開発されたサービスなので問題演習(ドリル)型の仕組み=テストエデュケーションでeラーニングをより効果的かつ効率の良い学習へと導きます。テストエデュケーションを採用することで高い教育効果、知識の定着がユーザーからの支持を得ています。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 問題分析機能 コンテンツ作成 コース作成 アンケート機能 クイズ機能 マルチデバイス対応 テスト作成 帳票出力 多言語対応 評価・レビュー集計 研修管理 コースカスタマイズ可 オリジナルコンテンツ作成 AI不正防止機能 レポート提出 モバイル端末対応 テスト作成 ビジネススキル科目 ビジネスマナー科目
    サポート 電話 メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社イー・コミュニケーションズ
    本社:
    東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア9階
    創立:
    2000年5月1日
    代表者名:
    佐藤 信也
    資本金:
    6,700万円
    URL:
    https://www.e-coms.co.jp/
    導入事例5件をみる

3.UMU

UMU

ユームテクノロジージャパン株式会社のUMUは、学習者のパフォーマンス向上を重視したLMSです。新人研修や営業研修など、これまで当たり前のように行われてきた集合型研修ですが、近年、技術の進化と共に新しい学習形式が開発され、集合研修に代わる勢いであり、そうした潮流に対応できるシステムとなっています。オンライン・オフライン/集合・個別を問わずに利用できそれらを併せて利用することも可能です。さまざまな機能を搭載しているUMUだから高い学習効果を発揮します。

  • 質の高いフィードバックでトレーニング効果を最大限に引き出す
  • 双方向のライブ配信機能でこれまでの対面研修と変わらない学習体験
  • 企業に合った評価方法を採用することで見たい情報を把握する
  • UMU
    eラーニングシステム LMS

    製品のおすすめポイント

    1 質の高いフィードバックでトレーニング効果を最大限に引き出す

    UMUにはAIをトレーニングプログラムに導入することでAIフィードバックが提供されます。トレーニング中に学習者の声の大きさやジェスチャー、表情などをAIが読み取り改善点を見つけ出し、繰り返し練習をリアルタイムで促します。講師が指定したキーワードに従い、学習者が提出した動画から学習の改善ポイントを指摘します。

    2 双方向のライブ配信機能でこれまでの対面研修と変わらない学習体験

    動画教材や音声教材だけではなく、双方向型のライブ配信が可能です。これまでの集合研修を彷彿とさせるリアルタイムの双方向配信により対面の講義に匹敵する学習体験を提供できます。学習者はスマートフォン、パソコンとデバイスを選ばずに参加でき必要な講義を好きな時に好きな場所で参加が可能です。

    3 企業に合った評価方法を採用することで見たい情報を把握する

    管理者は評価プランのカスタマイズが可能で、さまざまな側面から企業独自の評価を盛り込めます。学習前後のアンケートやテストなどを通じて学習の効果を正確に測定し、受講者の習熟度を正しく把握します。評価結果に基づいて、今後の受講タスクを通知することもできるので、受講者のスキルアップを支援します。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 評価・レビュー集計 研修管理 オリジナルコンテンツ作成 コースカスタマイズ可 ディベート投稿 問題分析機能 多言語対応 レポート課題機能 修了証表示 集合研修管理 録画配信 掲示板機能 クイズ機能 アンケート機能 コース作成 コンテンツ作成 マルチデバイス対応 テスト作成
    サポート メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 1か月
    よく導入している業種 製造 小売・流通 医療・化学 運輸・物流 IT・情報通信 教育
    運営企業:
    ユームテクノロジージャパン株式会社
    本社:
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿 16F
    創立:
    2018年2月
    代表者名:
    松田 しゅう平
    URL:
    https://umujapan.co.jp/company/
    導入事例28件をみる

eラーニング導入を失敗せず、さらに効果的に実践するためのポイント

eラーニングをさらに効果的に実践するためのポイント

eラーニングをより効果的に導入し、企業の状況・環境に最適化するためには、自社に適したeラーニングシステムとLearning Management System(LMS)の導入が不可欠です。

1.自社の状況・環境に適したeラーニングシステム、LMSの導入

この章では、「自社の状況・環境に適したeラーニングシステム、LMSの導入」に焦点を当て、企業が最適なeラーニング環境を構築するための解決策を紹介します。選定したeラーニングシステムやLMSが企業の独自のニーズにマッチすることで、学習の質を向上させ、効果的なeラーニング実践を実現できるでしょう。

1. ユーザーフレンドリーなeラーニングシステムの選定

自社の従業員が使いやすいeラーニングシステムを選ぶことが重要です。直感的で分かりやすいUI/UXがあるシステムは、ユーザーの利用意欲を高める一因となります。

2. カスタマイズ可能なLMSの採用

LMSは企業によって異なるニーズに対応するため、柔軟にカスタマイズできるものを選ぶべきです。カリキュラムや進捗管理など、自社の状況に合わせて調整できるLMSは、効果的な学習環境の構築に貢献します。

3. データ解析機能を備えたシステムの導入

eラーニングシステムやLMSには学習データを解析し、受講者の進捗状況や課題を可視化する機能が求められます。データ駆動のアプローチにより、トラブルの早期発見や教材の最適化が可能となります。

4. モバイル対応のシステムの選択

従業員が自分の都合に合わせて学習できるよう、モバイル対応のeラーニングシステムやLMSを導入しましょう。スマートフォンやタブレットからもアクセス可能な環境を整えることで、学習の柔軟性が向上します。

5. シームレスなコンテンツ統合

自社が持つ学習資料や既存のトレーニングプログラムを、新たなeラーニングシステムやLMSにシームレスに統合できることが重要です。これにより、既存の知識と新しい学習コンテンツを効果的にブレンドできます。

2.集合研修とeラーニングを組み合わせたブレンディッドラーニングを実践する

ブレンディッドラーニングは、対面式研修とeラーニングを組み合わせた効果的な学習手法です。このアプローチを実践する際に考慮すべきポイントを以下に紹介します。

1. 一人で学べる内容をeラーニングに

eラーニングは、個々のペースで学ぶことができるため、基本的な理論や知識の習得に適しています。一人で進められる学習をeラーニングで提供し、参加者が予習を行うことで、対面式研修ではより深い理解や実践的な活動に焦点を当てることができます。

2.集合研修の効率的な活用

集合研修では、実技やグループディスカッションなど、個別で難しい活動を行います。効果的なブレンディッドラーニングを実現するためには、対面式研修の時間を有効に使い、受講者同士のコミュニケーションや実践的なスキル習得に焦点を当てましょう。

3.事前学習にeラーニングを活用

集合研修の前にeラーニングを活用して事前学習を行うことで、受講者は基礎知識を自分のペースで身につけることができます。これにより、対面式研修ではより高度な内容や実技に集中することが可能です。

4.ブレンデッドラーニングの持続的な導入

eラーニングと集合研修を組み合わせたブレンデッドラーニングは、継続的に実施することで最大の効果を発揮します。進捗や受講者のフィードバックを元に、プログラムを修正し、最適な形態を見つけ出すことが重要です。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

ブレンディッドラーニングとは?実際の効果と実践におけるポイントを紹介!

eラーニング導入では、社員(受講者側)のモチベーションを意識することが重要

eラーニング導入では、社員(受講者側)のモチベーションを意識することが重要

ここまで、eラーニング導入における懸念点と課題点から、効果的な導入方法までを解説していきました。最も重要なことは、管理者側と受講者側との意思疎通ができているかを常に意識することです。大抵の場合,管理者側だけでeラーニング導入における狙いや目的を考えていたとしても、その狙いや目的が受講者側には伝わっていない場合は多々あります。これは社員のモチベーションを低くなる根本的な原因です。常に管理者側は、「受講者の視点に立つ」ことで、eラーニングを実践する際に受講者が感じている課題感や使いにくさを言語化し、改善していくことが求められます。この一連の課題解決プロセスを経て、初めて効果的なeラーニングの導入を実現できます。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる