この記事では、eラーニングシステムの進化と多様性に焦点を当て、その中でも特にオープンソース性が果たす役割を探ります。無料と有料の違いから主要機能、使いやすさ、そして未来の展望まで、eラーニングプラットフォームの全貌を説明します。

eラーニングプラットフォームの基本概念

eラーニングプラットフォーム

eラーニングプラットフォームは、インターネットを介して教育コンテンツを提供する革命的な仕組みです。ここでは、ビデオレッスン、オンラインクイズ、ディスカッションフォーラム、コラボレーションツールなど、多岐にわたる学習ツールを活用して、ユーザーは自分のペースで学ぶことができます。この柔軟性は、従来の教室環境では得られない利点の一つであり、現代の学習体験を変革しています。

多様な学習リソースの提供

eラーニングプラットフォームは、ビデオ、オーディオ、テキストなどさまざまなメディア形式を活用し、幅広い学習リソースを提供します。これにより、異なる学習スタイルや適応能力を持つ学習者に対応できます。例えば、ビジュアルリーナーや聴覚リーナーに対してはビデオや音声コンテンツが、読書リーナーにはテキストベースの教材が提供され、学習者が最も効果的と考える形式で情報を吸収できるようサポートします。

インタラクティブな学習の促進

eラーニングプラットフォームは従来の教室学習とは異なり、双方向性の学習を促進します。ユーザーはオンラインクイズ、ディスカッションフォーラム、リアルタイムチャット、コラボレーションツールなどを通じて他の学習者や講師と対話できます。これにより、単なる情報受動的な受け手から積極的な学習者への変容が起こり、知識の定着度が向上します。

柔軟な学習環境

eラーニングプラットフォームは、場所と時間に制約を受けない学習環境を提供します。学習者は自宅、カフェ、オフィス、あるいは移動中でもアクセスできます。この柔軟性は、働く専門家、学生、または世界中に分散した学習者にとって、学習を日常生活に統合するのに役立ちます。また、特定のスケジュールに縛られないことで、学習者は自分のペースで進捗し、個別のニーズに合わせた学習体験を構築できます。

eラーニングシステムについての詳しい記事はこちらから

なぜeラーニングプラットフォームが注目されているのか?

eラーニングプラットフォーム 注目理由

eラーニングプラットフォームの注目度は、現代社会のスピードと変化に適応するための手段として、ますます高まっています。働く人々や学生は、忙しい日常の中で学びを続ける必要がありますが、伝統的な学習方法では限界があります。eラーニングは、個別のスケジュールに合わせて学習できる利便性と、高品質な教材や専門家の指導にアクセスできる質の高さを結びつけています。

柔軟性と効率性の組み合わせ

eラーニングプラットフォームは、学習者が自分のペースで学ぶことができる柔軟性を提供します。これは、働く人々や忙しい学生にとって重要です。通勤時間や週末を活用して学習でき、通学や集合講義のような固定のスケジュールに縛られずに自己調整が可能です。この柔軟性は、学習効率を向上させ、個別の学習スタイルに合わせたカスタマイズされたアプローチを可能にします。

高品質な学習資源へのアクセス

eラーニングプラットフォームは、世界中の高品質な教育資源や専門家の知識にアクセスできる窓口です。これは地理的な制約を克服し、学習者に最新の情報と最高の教材を提供します。オンライン講座や資料は常に更新され、多くは業界の専門家によって設計および監修されています。これにより、学習者は専門的なスキルや知識を効果的に習得できます。

進化する労働市場への対応

現代の労働市場は急速に変化しており、新しいスキルや知識の獲得が必要です。eラーニングプラットフォームは、キャリアアップや転職の支援として非常に有用です。新しいスキルを学び、アップデートすることで、雇用可能性が向上し、職業の安定性が確保されます。したがって、eラーニングは個人の成長とキャリアの成功に貢献しています。

【2023】LMS(学習管理システム)厳選37製品を徹底比較 

無料eラーニングプラットフォームの特徴と利点

eラーニングプラットフォーム 無料メリット

無料のeラーニングプラットフォームは、初心者や予算の制約がある人々にとって魅力的な選択肢です。ビデオレッスンやテキストコンテンツを通じて、基本的なスキルや知識を手に入れることができます。特に新しい分野への導入や興味のあるトピックの探求に最適です。しかしながら、より高度なコースや個別指導は、無料プラットフォームでは限られていることに留意してください。

アクセスのしやすさ

無料のeラーニングプラットフォームは、誰でも手軽にアクセスできるため、新しいスキルや知識を獲得するのに最適です。通常、登録が簡単で、コンテンツも無料で提供されています。この利点は、学習への低いハードルを提供し、多くの人々が新しいトピックを探求し、自己啓発を始めることができるようにします。

多様なトピックとスキルの提供

無料のeラーニングプラットフォームは、多くの異なるトピックとスキルに関するコースを提供しています。これにより、個人の興味やニーズに合わせた学習が可能です。たとえば、プログラムの基礎からクリエイティブなスキルまで、広範な分野のコースが利用可能です。

柔軟性と自己ペース学習

無料のプラットフォームでは、学習者が自分のペースで学ぶことができます。これは、学習者が日常のスケジュールに合わせてコースを受講できることを意味します。自己ペース学習の利点は、忙しい生活や仕事の並行スケジュールを持つ人々にとって特に重要です。

【2023】LMS(学習管理システム)厳選37製品を徹底比較 

有料eラーニングプラットフォームの魅力と恩恵

eラーニングプラットフォーム 有料

有料のeラーニングプラットフォームは、投資した分だけの価値を提供します。専門的なコースや高品質な教材にアクセスできるため、深い学習と専門知識の獲得が期待できます。著名な講師や業界の専門家からの指導を受けることで、あなたのキャリアにも直結するスキルを磨くことが可能です。

より高度な専門知識へのアクセス

有料eラーニングプラットフォームは、専門的なスキルや知識に焦点を当てた高品質なコースを提供しています。これらのコースは、分野の専門家や実績のある講師によって設計および提供され、学習者に実際のスキルや資格を習得する機会を提供します。例えば、プログラミング、データサイエンス、外国語学習など、専門的なトピックに焦点を当てたコースがあります。有料プラットフォームは高度な教育リソースにアクセスできるため、キャリアの向上や新しい職業への転身を目指す人々にとって特に価値があります。

個別指導と評価の提供

有料eラーニングプラットフォームは、学習者に対する個別指導や評価の機会を提供することで、学習の効果を最大化します。これらのプラットフォームでは、講師や専門家が学習者の進捗状況を監視し、質問に答え、フィードバックを提供します。また、評価や課題の提出を通じて、学習者のスキルを評価し、証明できる資格や証明書を提供することが一般的です。これにより、学習の品質と信頼性が向上し、キャリアの機会が広がります。

柔軟な学習体験

有料eラーニングプラットフォームは、学習者に対して柔軟性を提供します。多くのコースはオンデマンド形式で提供され、学習者は自分のスケジュールに合わせて進学できます。さらに、コースの選択肢や進化する業界のニーズに合わせて、新しいトピックやトレーニングコースが追加されます。これにより、学習者は自分のキャリア目標に合わせてカスタマイズされた学習プランを作成できます。

価格設定の違いと選び方のポイント

無料と有料のeラーニングプラットフォームを比較検討する際には、自身の学習目標と予算を明確にしましょう。無料プラットフォームは手軽に始めることができますが、有料プラットフォームは高品質なコンテンツと個別指導を提供します。無料版のテストコンテンツを試してみて、自分に最適なプラットフォームを見つける手助けになるでしょう。

eラーニングシステムについての詳しい記事はこちらから

eラーニングプラットフォームの主要機能

eラーニングプラットフォーム 機能

ここからは、eラーニングプラットフォームの主要機能について見ていきましょう。実際にeラーニングプラットフォームを導入するうえで、抑えておきたい主要事項について以下で説明しています。eラーニングプラットフォームの主要機能で、実現できる課題解決を把握し、導入時の解像度を高めましょう。

コース提供と進捗管理

eラーニングプラットフォームの主要な機能の1つは、多彩なコースを提供し、学習者の進捗状況を管理することです。学習者は自分の関心や目標に合わせてコースを選び、進捗を逐一確認できます。これにより、学習者は自分のスケジュールに合わせて学習を進め、成果を実感できます。また、教育機関や組織の管理者は学習者の進捗を追跡し、必要に応じてサポートを提供できます。個別の進捗管理は学習の質と成果を向上させます。

対話とコラボレーションのサポート

eラーニングは単なるコンテンツの消化ではなく、対話とコラボレーションを奨励するプラットフォームです。フォーラム、チャット機能、ビデオ会議などを活用して、学習者同士や講師とのコミュニケーションを促進します。学習者は知識を共有し、問題を解決し、新しい視点を得る機会を持ちます。この協力的な学習環境は理解度向上とスキル習得に貢献します。

評価とフィードバックの仕組み

自己評価と外部からのフィードバックは学習の効果的な要素です。eラーニングプラットフォームは、学習者に対して定期的なテスト、クイズ、課題を提供し、自己評価の機会を提供します。これにより、学習者は自分の理解度を把握し、課題に取り組むことで向上の方向性を見出します。さらに、講師や専門家からのフィードバックを通じて、学習者は誤りを修正し、スキルを向上させることができます。評価とフィードバックは学習の品質を向上させ、目標に向けた進展をサポートします。

ユーザーインターフェースとナビゲーション

eラーニングプラットフォームの使いやすさは重要です。ユーザーインターフェースは直感的で、ナビゲーションは明瞭であるべきです。これにより、学習者はストレスなくコンテンツにアクセスし、目的の情報を見つけることができます。視覚的なデザインやユーザビリティの向上は、学習者の満足度を高め、学習の効果を最大化します。

モバイル対応とオフライン学習

多忙な日常の中でも学習を続けるために、eラーニングプラットフォームはモバイル対応が欠かせません。専用のアプリやモバイルフレンドリーなウェブデザインにより、学習者はスマートフォンやタブレットからもコースにアクセスできます。また、一時的なインターネット接続のない場所で学習を続けるためのオフライン学習モードも提供されることがあります。これにより、学習者は場所や状況に左右されずに学習を進める自由を享受できます。

eラーニングプラットフォームの導入事例

eラーニングプラットフォーム etudes 導入事例

では、実際にLMSを導入することで、具体的にどのような効果を得られるのでしょうか?ここでは、エスエイティーティー株式会社が提供する「学び~と」の導入事例を3つ紹介します。業種や会社の規模などもそれぞれ異なるので、自社の形態に近いものを参考に、自社への導入を検討していただければと思います。

CASE1.事業内容:メガネ、コンタクトレンズ、補聴器の販売、従業員数:4,633名

eラーニングプラットフォーム 導入事例

株式会社メガネトップは、日本国内に1,000店舗以上展開し、国内眼鏡市場No.1のメーカーです。彼らの使命は「また行きたくなる店舗を実現する」ことで、人材育成がその一環です。従業員の成長を促すため、etudesを導入し、各従業員の学びのニーズに合った学習環境を提供しました。

etudes導入前の課題

メガネトップは、従業員一人一人が自己成長し、学ぶ文化を根付かせる必要を感じていました。従来の集合型研修では個々のニーズに応えるのが難しく、新型コロナウィルスの影響によりオンライン研修の必要性が高まりました。

etudes採用の決め手

etudesは使いやすく、柔軟な運用が可能であることから、メガネトップは導入を決断しました。特に、管理者と利用者の双方にとってユーザビリティが高い点が評価されました。シンプルな操作と柔軟性は、他の研修にもetudesを拡張する契機となりました。

業務中におけるetudesの使い方

メガネトップでは、etudesを選択型研修の一部として導入しました。導入後、20%以上の従業員が選択型研修を受講し、会社から学習の機会を提供してもらえることに感謝の声が上がりました。従業員の学習ニーズを可視化することが可能になり、今後の研修計画に生かされています。 etudesの柔軟性とユーザビリティは、導入から実際の結果までのプロセスで役立っています。

CASE2.事業内容:総合人材サービス、従業員数:500名

eラーニングプラットフォーム 導入事例

株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズが、派遣人材向けに外部向けのクラウド型eラーニングプラットフォーム「etudes」を導入しました。この導入は、法改正や新しい国家資格の登場に対応するために行われました。派遣法の改正により、キャリア形成のための教育訓練が必要とされ、それに対応するためにeラーニングが求められました。この事例では、etudesの導入に至る過程、決め手、そして導入後の効果について紹介します。

etudes導入前の課題

三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズは、人事領域のコンサルティングサービスと教育研修を提供する会社で、集合研修を主力としていました。しかし、法改正に伴い、外部向けのクラウド型eラーニングコンテンツの提供が必要となりました。既存の社内システムではセキュリティ上の問題から社外からのアクセスが難しく、新たなシステム環境を必要としていました。特に派遣人材向けの教育に関して、受講者が全国に分散しており、集合研修への参加が難しいという課題が浮き彫りになりました。

etudes採用の決め手

etudesの導入は、非常にリーズナブルな費用と、提案に対する積極的なアプローチが決定打となりました。このeラーニングプラットフォームは、受講者が異なるIT環境でストレスなく学ぶことができ、ビジュアルの分かりやすさ、問題の更新、動画のアップロードなど、多くの機能を提供しています。また、etudesの営業チームは協力的で、提案に対して真摯に対応し、新しいアイデアを提供してくれました。導入後は、ビジネスパートナーとしての信頼関係が築かれ、将来の可能性について共同でプランニングが行われました。

業務中におけるetudesの使い方

現在、三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズは、etudesをビジネスマナー教育に活用しており、派遣人材が自分の端末で、自分の都合の良い時間に学習できるシステムとして導入されています。さらに、接客販売技能検定(国家資格)の学科試験対策コンテンツもetudes上で提供され、受験者はテキストで学習し、練習問題を解き、総合確認テストを受けることができます。この柔軟な学習環境は、受講者が試験に臨む際に自信を持つのに役立っています。

CASE3.事業内容:コールセンター代行サービス事業、従業員数:80名

eラーニングプラットフォーム 導入事例

ボンズコミュニケーションはコールセンター代行サービスを提供しており、その中で新しいスタッフへの効果的な教育が必要でした。この事例では、彼らがどのようにeラーニングプラットフォームのetudesを使い、教育と業務連絡を向上させるのかを紹介します。

etudes導入前の課題

ボンズコミュニケーションは、出勤日やシフトが異なる多くのスタッフを抱えています。彼らに対して、迅速かつ一貫性のある教育を行うことが難しい状況でした。従来の教育方法では達成したい目標が達成できず、スタッフ間での教育差が問題となっていました。

etudes採用の決め手

etudesを採用する際、ボンズコミュニケーションはいくつかの決め手を見出しました。まず、etudesは導入費用が手頃で、柔軟性が高いプラットフォームであると認識しました。また、彼らのニーズに合致しており、最小ID付与数にも対応できました。このため、少数から始めて徐々に拡大できる点も魅力でした。

業務中におけるetudesの使い方

etudesを導入後、ボンズコミュニケーションはそれをどのように活用しているでしょうか?彼らはetudesをeラーニングの手段として使用し、スタッフに操作マニュアルやキャプチャー画面の学習コンテンツを提供しています。また、etudesは社内イントラ(社内情報共有プラットフォーム)としても活用されており、業務連絡や変更情報を非同期に共有できます。この方法により、効率が向上し、スタッフが公平かつ彼らのスケジュールに合わせた学び方が実現しました。

eラーニングシステムについての詳しい記事はこちらから

おすすめeラーニングプラットフォーム3選

1.etudes

  • eラーニングシステム LMS

    アルー株式会社のetudes(エチュード)は、eラーニングに携わって20年以上の実績を持つクラウド型eラーニングシステムです。企業の人事部や情報システム部門の方が求める機能を搭載し、長年の運用ノウハウが詰まっています。また、数十万ユーザーの大規模運用が可能で、Microsoft Azure上で動作、社内ポータルと連携ができるためネットワークやセキュリティ面でも安心です。受講者向けの機能はもちろん、研修管理者向けやシステム管理向けの機能もそなわっておりeラーニングを一元的に管理ができます。

    製品のおすすめポイント

    1 マルチデバイス対応でいつでもどこでも受講可能!多彩な教材を配信できる

    etudes(エチュード)はパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応しているため、多彩な教材を配信できます。動画教材の配信からテストやアンケート、オンライン研修や申込・出欠管理など幅広くカバー。SCORM1.2規格に対応しているため、すでに利用している企業もデータを引き継ぐことが可能です。

    2 直感的でわかりやすい画面で操作がしやすい

    学習管理システムのUI/UXを再設計し操作感がわかりやすいのが特徴です。学習コースを直感的に見つけられるように、トップ画面がパネル型で選択しやすい設計になっています。パソコンだけではなくどんな端末でも見やすいのが特徴です。検索機能や受講状態がすぐに確認できるため操作マニュアル不要ですぐ始められます。

    3 Microsoft® Azure®のPaaSを利用し、強固なセキュリティで安心

    クラウドサーバーを利用しているため、別途インフラ管理が必要ありません。Microsoft® Azure®のPaaSを使っているのでOSやミドルウェアレベルでのセキュリティ対策はMicrosoftのサービスで実施。セキュリティチェックの手間が省けます。DDos攻撃の対策やWAFの設置も対応済みのため、安心で手間なくご利用いただけます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 集合研修管理 アンケート機能 コース作成 コンテンツ作成 Microsoft office連携 zoom連携 Microsoft Teams連携 マルチデバイス対応 テスト作成 他システム連携 評価・レビュー集計 研修管理 オリジナルコンテンツ作成 セキュリティ科目 シングルサインオン ビジネスマナー科目 ビジネススキル科目 ライブ配信可 モバイル端末対応 テスト作成
    サポート 電話 メール
    トライアル期間 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    アルー株式会社
    本社:
    東京都千代田区九段北一丁目13-5 ヒューリック九段ビル​2階
    創立:
    2003年10月29日
    代表者名:
    代表取締役社長 落合 文四郎
    資本金:
    365百万円(2022年12月末日現在)
    URL:
    https://www.alue.co.jp

2.GLOPLA LMS

  • 株式会社グロービスのGLOPLA LMSは、組織内の研修管理を効率化し、社員の学習体験を最適化するためのオンライン学習プラットフォームです。直感的なインターフェースと使いやすい機能により、研修の作成・配信・管理を簡単に行うことができます。社員はストレスなく研修に取り組め、受講履歴や進捗状況を確認することができます。キックオフミーティングや操作説明会、フォローアップ支援により、導入から活用までのサポートも提供します。

    製品のおすすめポイント

    1 直観的に操作でき、誰でも管理しやすい画面

    操作が複雑で使いづらい場合、機能が多くても意味がありません。そのため、GLOPLA LMSは必要な機能を厳選し、直感的に操作できるデザインにこだわり、シンプルでストレスフリーな体験を提供してくれます。わずか数クリックで研修の作成や進捗確認ができ、無駄な操作は一切ないので、効率的な操作を実現してくれます。

    2 社員にとって学びやすく、わかかりやすい受講画面

    社員は、受講するべき研修を迷わず学び進められるため、ストレスなく研修に取り組むことができます。システムの使いづらさによる離脱もありません。また、受講者が思わず学びたくなる体験設計も追求しています。使いやすさと受講者の学習体験に重点を置いたシステムであり、効果的な研修の実施を支援します。

    3 育成のプロによる製品の導入・運用サポート

    LMSの効果的な活用には、現場社員の積極的な参加が欠かせません。導入後のフォローアップなど、お客様のニーズに合わせたサポートを提供し、目標達成に向けて共に進んでくれます。また、豊富な研修実績と知識を活かし、より効果的な研修設計の支援も行うことで、最良の結果を追求し、LMSの価値を最大限引き出してくれます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 集合研修管理 コンテンツ作成 マルチデバイス対応
    サポート メール
    トライアル期間 無し
    最低利用期間 要相談
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社グロービス
    本社:
    東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル
    創立:
    1992年8月1日
    代表者名:
    堀 義人
    URL:
    https://globis.co.jp/

3.学び~と

  • エスエイティーティー株式会社の学び~とはICT教育・eラーニングの学習管理システムです。エスエイティーティー株式会社は駿台予備学校を中心とした駿台グループの一員です。駿台100年で培ってきた教育のノウハウを最新の技術に結集し徹底的に使いやすさを追及しています。教えるプロ達がノウハウを詰め込み、たくさんの生徒たちが使ってきたLMSだからこそ見える技術がです。クラウドサービスなので導入も必要ありません。申し込んだらすぐに利用が開始できます。

    製品のおすすめポイント

    1 申込みからすぐに利用が可能。多様な教材もらくらく作成

    クラウド型のeラーニングシステムなのでインストールの必要はありません。申込後すぐに利用が可能です。学び~とには教材作成機能がついています。普段使っているPowerPointなどの画面に音声を付けたり、動画教材やテスト、アンケートなども誰でも簡単に作成・実施できます。

    2 単なる「学習プラットフォーム」ではない本当の「学習」を届けるLMS

    受講者は自分の学習履歴をグラフで表示・確認ができるので、受講忘れの防止にもつながり、受講率アップの支援になります。管理者は各受講者の履歴はもちろんのこと、全体の履歴やアクセスログ、使用容量などを確認する機能が搭載されているので受講者と受講状況の「見える化」を実現。しっかりと「学習」を届けられるシステムです。

    3 低コスト・短期からのスモールスタートが実現。導入後の拡張も簡単

    50ユーザーが利用可能なライセンスが月額1万円台からという破格な価格でスタートできます。まずは1か月、部署単位やゼミ単位など、スモールスタートを実現。少しずつユーザー数を増やしていくなど柔軟に契約体制を変更できるのでユーザー数の急な変化にも対応可能。無駄なコストを最大限削減できます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 問題分析機能 レポート課題機能 修了証表示 多言語対応 掲示板機能 アンケート機能 集合研修管理 コース作成 コンテンツ作成 録画配信 クイズ機能 マルチデバイス対応 テスト作成
    サポート メール
    トライアル期間 有り
    最低利用期間 1か月
    よく導入している業種 卸売 製造 小売・流通 IT・情報通信 教育
    運営企業:
    エスエイティーティー株式会社
    本社:
    東京都千代田区神田三崎町1-3-12 水道橋ビル8階
    創立:
    1986年3月11日
    代表者名:
    山畔 清明
    資本金:
    8,000万円
    URL:
    https://satt.jp/company/info.htm
    導入事例5件をみる

今後のeラーニングの展望

eラーニングプラットフォームの今後

この記事では、eラーニングプラットフォームの基本概念から、無料と有料の違い、主要機能、ユーザーエクスペリエンス、導入事例まで詳しく説明しました。eラーニングシステムのオープンソース性が、柔軟で効果的な学習体験を提供する上での鍵となっています。自分の学びたい分野に合わせて適切なプラットフォームを選び、新たなスキルや知識の獲得を積極的に追求してみましょう。eラーニングは、テクノロジーの進化とともに未来を拓いています。AIやバーチャルリアリティ、拡張現実などの革新的なテクノロジーを活用することで、より個別指導に近い学習体験が提供される可能性があります。これにより、効率的かつ効果的な学習がさらに進化することでしょう。

eラーニングシステムについての詳しい記事はこちらから
【2023】LMS(学習管理システム)厳選37製品を徹底比較