Menu
Close

電子カルテのシェア率はどのくらい?市場動向や具体的な事例を解説

目次

この記事では、電子カルテのメリット・デメリット、種類、シェア率などについて解説します。検索キーワードに関する情報を求めている読者に向け、電子カルテの活用による患者ケアの向上や医療情報の共有性を探求します。さまざまな専門領域での事例も交えつつ、未来の展望にも触れます。

 

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • バイタル管理
    • 検査結果ビューアー
    • 診療・投薬履歴管理
    • 院内検査項目管理
    • 文書管理
    • カルテ編集
    • レセプト対応
    • プロブレム記録
    • データ連携
    • 実施歴参照機能
    • 手書き入力
    • 訪問スケジュール管理
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • 処置行為自動学習
    • ケアプラン作成
    • マルチデバイス対応
    • 院内連絡
    • 診療システム切替
    • 予約機能
    • 適応・禁忌チェック
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円/CL
月額費用 20,000円/CL+管理患者数の従量課金制
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用/更新費用 0円
月額費用 お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

電子カルテとは

電子カルテの基本的な概念

電子カルテは、患者の医療情報を電子的に記録・管理するシステムです。患者の診療記録や検査結果、処方内容などがデジタルデータとして保存され、オンライン上で容易にアクセス可能となります。紙のカルテと比べると、情報の共有や整合性の向上、医療チーム間のコミュニケーションの円滑化が期待されています。

電子カルテの歴史と普及背景

電子カルテは、1980年代から実用化が始まり、1990年代には広く普及し始めました。情報技術の進化と共に、クラウドコンピューティングやセキュリティ技術の向上により、より安全かつ効率的なシステムとなっています。

電子カルテの利用目的とメリット

電子カルテの主な目的は、患者ケアの質と安全性の向上です。複数の医療機関でのデータ共有により、過去の治療経緯やアレルギー情報に迅速にアクセスできます。また、医療スタッフ間のコミュニケーションがスムーズになり、誤診や重複検査のリスクが低減します。

電子カルテの種類と一般的な特徴

電子カルテには、クラウドベースのシステムとオンプレミス型のシステムの2つの主要なタイプがあります。

クラウドベースの電子カルテ

クラウドベースの電子カルテは、オンライン上でデータが保存され、インターネット経由でアクセスできます。導入コストが低く、メンテナンスが簡単な一方、セキュリティに注意が必要です。

オンプレミス型の電子カルテ

オンプレミス型の電子カルテは、医療機関内のサーバーにデータが保存されます。データセキュリティが高い一方、導入コストやメンテナンスがより複雑です。

電子カルテ導入のメリット

患者ケアの向上

電子カルテの導入により、医療スタッフは過去の診療経緯や治療計画を把握しやすくなります。これにより、より正確な診断と効果的な治療を提供できるため、患者ケアの品質が向上します。患者の健康状態を迅速に把握できるため、緊急時にも迅速な対応が可能です。

医療情報の共有性と連携強化

電子カルテは、異なる医療機関間で情報の共有が容易です。患者が複数の医療機関を受診する場合でも、過去の診療情報が迅速に共有されるため、診療の連携が強化されます。これにより、重複した検査を減らし、より総合的かつ効率的な治療が実現します。

治療効率の向上と医療費削減

電子カルテは、紙のカルテよりもデータの検索や更新が迅速であるため、医療スタッフの業務効率が向上します。また、電子カルテを活用することで、重複した検査や処方ミスを防ぎ、無駄な医療費を削減することができます。

データ解析と研究の可能性

電子カルテに蓄積された大量のデータを活用することで、疾患の傾向や治療効果などのデータ解析が可能になります。これにより、臨床研究や新たな治療法の開発に貢献できるだけでなく、効果的な予防医療の実現にも寄与します。

電子カルテ導入のデメリット

セキュリティとプライバシーの懸念

電子カルテには、患者の個人情報が含まれるため、データのセキュリティが重要な問題となります。不正アクセスや情報漏洩のリスクに対処するために、厳格なセキュリティ対策が必要です。また、患者のプライバシー保護にも十分な配慮が求められます。

システム障害と情報漏洩のリスク

電子カルテシステムには、ネットワークやサーバーの障害により、データへのアクセスが一時的に不能になる可能性があります。また、システムがハッキングやウイルス感染により侵害されるリスクもあります。こうしたリスクに対して、バックアップシステムやセキュリティ対策が重要です。

導入コストとトレーニングの課題

電子カルテの導入には、システム導入にかかる初期費用や機器の更新費用などが必要です。また、医療スタッフのトレーニングやシステムの運用に対する教育も必要となります。これらの費用や労力を適切に見積もり、効果的な導入計画を立てることが重要です。

ペーパーレス化への抵抗

紙のカルテを長年使用してきた医療機関では、電子カルテへの移行に対して抵抗感がある場合があります。医療従事者や患者にとっての利点を説明し、スムーズな導入を進めるためには、変革管理とコミュニケーションが欠かせません。

電子カルテのシェア率と市場動向

電子カルテの普及率は上昇傾向にある

電子カルテのシェアや普及率については、医療現場のデジタル化の進展に伴い、年々拡大している傾向にあります。厚生労働省によると、2020年度時点で、医療機関における電子カルテの普及率は一般病院で57.2%、一般診療所においては49.9%となっています。病床規模別の普及率では、400床以上は91.2%、200~399床は74.8%、200床未満が48.8%となっています。また、電子カルテのシェアについてもシステム提供会社ごとに異なりますが、複数の大手システム提供会社が存在し、競争が激化している状況です。今後も、デジタル化の進展に伴い、電子カルテのシェアや普及率は拡大していくことが予想されます。

参考: 医療分野の情報化の推進について|厚生労働省

主要な電子カルテベンダーの比較

電子カルテ市場には、多くのベンダーが参入しています。主要なベンダーは各社の特徴や提供する機能に違いがあります。導入を検討する際には、病院規模や業務ニーズに合ったベンダーを選定することが重要です。

電子カルテ市場の成長要因と課題

電子カルテ市場は、技術の進化と医療システムの近代化により着実に成長しています。成長要因として、効率化の追求や患者ケアの質向上、研究活動の促進などが挙げられます。一方で、高い導入コストやセキュリティリスク、慣れ親しんだペーパーカルテからの転換への課題もあります。

電子カルテ導入の成功ポイント

ステークホルダーの共感と参画

電子カルテ導入は、医療スタッフだけでなく患者や管理者との共感と参画が重要です。情報共有のメリットや導入による業務効率化などの具体的な利点を伝え、全体での理解と協力を得ることが成功の鍵となります。

システム選定と導入計画の重要性

適切な電子カルテシステムを選定するためには、医療機関のニーズや予算を考慮した選定プロセスが必要です。また、導入計画を詳細に立て、段階的な導入やトレーニングの実施を通じてスムーズな導入を実現します。

セキュリティ対策とプライバシー保護の強化

電子カルテには個人情報が含まれるため、セキュリティ対策が欠かせません。データの暗号化、アクセス制御、不正アクティビティの監視など、高度なセキュリティ対策を講じることで情報漏洩やハッキングのリスクを低減します。

ユーザートレーニングと変革マネジメント

導入後もスムーズな運用を維持するためには、医療スタッフへのトレーニングと変革マネジメントが不可欠です。システムの使い方やトラブル対処などを理解し、適切な変革期間を経てシステムを活用することが重要です。

電子カルテと未来の展望

AIとの融合による進化

AI技術の進化により、電子カルテはより高度な機能を持つようになるでしょう。AIによるデータ解析や自動診断が可能になり、医療判断の精度が向上します。また、患者の個別ニーズに応じたカスタマイズも進み、よりパーソナライズされた医療ケアが実現すると期待されています。

バイオインフォマティクスとの連携

バイオインフォマティクスの進展により、遺伝子情報やゲノムデータと電子カルテが連携することで、遺伝子疾患の早期発見や遺伝子治療の可能性が広がります。これにより、遺伝子疾患の個別対応や治療法の革新が期待されます。

モバイルヘルスケアとの拡大

スマートフォンやウェアラブルデバイスの普及により、モバイルヘルスケアの重要性が高まっています。電子カルテもモバイルデバイスでのアクセスが可能となり、患者が自身の健康情報を管理・監視することが促進されます。

データ標準化とインタオペラビリティの向上

異なる医療機関やシステム間でのデータ標準化とインタオペラビリティの向上が進むことで、情報のシームレスな共有が実現されます。これにより、患者の移動や複数の医療機関でのデータ利用がスムーズに行われ、より包括的な医療サービスが提供されるでしょう。

電子カルテ導入の適切なタイミングと具体的な事例

小規模医療機関の事例

小規模医療機関では、患者数が限られているため、システム導入のコストが抑えられる場合があります。導入に際しては、スタッフの意見を反映させ、効率化や情報共有の利点を強調し、全体の合意を得ることが重要です。

大規模病院の事例

大規模病院では、膨大な患者データの管理が課題となります。電子カルテの導入により、データの一元管理と共有が可能となります。病院内の異なる部門との連携を強化し、医療品質の向上と患者満足度の向上を目指します。

地域連携の事例

地域の医療機関やクリニックとの連携を強化するために、電子カルテの導入が有効です。共通のデータプラットフォームを構築し、診療情報や処方情報の共有を行い、地域全体での医療サービスの連携強化を図ります。

特定領域の事例(例:精神科、歯科など)

特定領域の医療機関では、専門的な診療情報を効率的に管理することが重要です。電子カルテを導入することで、専門的なデータの蓄積と解析が可能となり、精密な診断と治療が行えるようになります。

 

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • バイタル管理
    • 検査結果ビューアー
    • 診療・投薬履歴管理
    • 院内検査項目管理
    • 文書管理
    • カルテ編集
    • レセプト対応
    • プロブレム記録
    • データ連携
    • 実施歴参照機能
    • 手書き入力
    • 訪問スケジュール管理
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • 処置行為自動学習
    • ケアプラン作成
    • マルチデバイス対応
    • 院内連絡
    • 診療システム切替
    • 予約機能
    • 適応・禁忌チェック
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円/CL
月額費用 20,000円/CL+管理患者数の従量課金制
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用/更新費用 0円
月額費用 お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

まとめ

この記事では、電子カルテのメリット・デメリットや種類について解説しました。電子カルテの導入により、患者ケアの向上や医療情報の共有性が向上し、治療効率が向上することが明らかになりました。一方で、セキュリティやコスト面での課題もあります。

また、グローバルな電子カルテシステムの普及状況やAI技術との融合、モバイルヘルスケアとの拡大、データ標準化の進展など、未来の展望も見据えました。

電子カルテ導入の成功ポイントとして、ステークホルダーの共感や適切なシステム選定、セキュリティ対策の強化、ユーザートレーニングの重要性などが挙げられます。

このような記事を通じて、電子カルテのシェア率が拡大し、医療の向上に寄与することが期待されます。最新のテクノロジーと医療の融合が進む中、今後ますます多くの医療機関で電子カルテが活用されることでしょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。