Menu
Close

電子カルテにおける看護記録の書き方とは?基本から注意点、活用方法を解説

目次

この記事では、電子カルテにおける看護記録の書き方に焦点を当て、患者の安全と質を向上させるポイントを解説します。電子カルテの利点や注意点、SOAPノートの有効な活用法を紹介し、看護師のプロフェッショナリズム向上と未来の予防医療への展望にも言及します。

 

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 診療システム切替
    • プロブレム記録
    • 訪問スケジュール管理
    • バイタル管理
    • 適応・禁忌チェック
    • 診療・投薬履歴管理
    • 院内検査項目管理
    • 文書管理
    • カルテ編集
    • レセプト対応
    • データ連携
    • 院内連絡
    • 実施歴参照機能
    • 検査結果ビューアー
    • 手書き入力
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • 処置行為自動学習
    • ケアプラン作成
    • マルチデバイス対応
    • 予約機能
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

電子カルテと看護記録の概要

電子カルテとは

電子カルテは、患者の健康情報を電子的に記録・管理するシステムです。従来の紙ベースのカルテと比べると、データの迅速な共有と更新が可能であり、医療スタッフの効率化に寄与しています。電子カルテの利用は医療現場でますます普及しており、情報の正確性と患者のプライバシー保護に重要な役割を果たしています。

電子カルテの重要性とメリット

電子カルテの重要性は、情報の迅速な共有とアクセスにあります。医療チームは患者の情報をリアルタイムで共有し、迅速な診断と治療が可能となります。また、電子カルテは膨大な情報をデジタルで保存できるため、紙のカルテよりもスペースとコストの面で効率的です。

さらに、電子カルテは患者の治療経過を詳細に記録し、情報の整合性を保つことができます。これにより、誤った診断や治療のリスクを減らし、安全性を高めることができます。

電子カルテは患者のプライバシー保護にも貢献しています。アクセス権限の管理やログの記録などのセキュリティ対策が施されているため、患者情報の漏洩や不正アクセスを防ぐことができます。

看護記録の役割と重要性

看護記録は患者の状態や治療に関する貴重な情報源です。適切な看護記録は看護師の判断と対応に役立ち、患者の安全性を確保するために欠かせません。

記録には患者の症状や体温、薬剤の投与量、処置内容などが詳細に記されます。これにより、異常な変化やトラブルの早期発見と適切な対応が可能となります。また、看護師同士や医療チームとのコミュニケーションを円滑にする役割も果たします。

看護記録の正確性と適時性は患者の安全を左右します。過去の記録を参照しながら連続性のあるケアを提供し、情報の漏れや食い違いを防ぐことが重要です。

看護記録の書き方の基本

正確な患者情報の入力方法

患者情報の入力は非常に重要です。まずは患者本人から直接情報を聞き、身元確認を行います。そして、過去のカルテや医師の指示を確認し、正確な情報を入力します。情報の間違いや漏れを防ぐために、入力作業は慎重に行いましょう。

また、患者の主観的な症状だけでなく、客観的な観察結果も詳細に記録します。例えば、体温、脈拍、血圧などのバイタルサインや、排泄や食事の状況などを的確に記述します。

看護記録の適切な記述方法

看護記録は的確な情報を簡潔に伝えることが大切です。SOAPノート(Subjective, Objective, Assessment, Plan)の形式を活用すると効果的です。

  • Subjective(S): 患者や家族から得られた主観的な情報を記載します。患者の自覚症状や意見などを具体的に示すことで、臨床的な判断に役立ちます。
  • Objective(O): 看護師の客観的な観察結果を記録します。バイタルサインの数値や傷の状態、処置の内容などを具体的に示すことで、他のスタッフとの共有がスムーズになります。
  • Assessment(A): 看護師の評価や判断を記述します。患者の状態に対する看護師の考えを具体的に示し、適切な対応を明確にします。
  • Plan(P): 看護師が次に行うべきアクションや計画を記載します。処置や投薬の予定、連携が必要な医療スタッフとの連絡内容などを明確に示すことで、連携を強化します。

薬剤管理と投与の記録

薬剤管理は誤りのないように慎重に行う必要があります。患者のアレルギーや既存の薬剤治療に関する情報を把握し、相互作用や重複投与を防ぎます。薬剤の名称、投与量、経路、時間などを正確に記録し、誤解を生じないように心掛けましょう。

看護記録における注意点

プライバシーとセキュリティの確保

電子カルテには患者の個人情報が含まれているため、プライバシーとセキュリティの確保が重要です。アクセス権限を厳格に管理し、不要な情報へのアクセスを防止します。ログの記録や不正アクセスの監視も欠かせません。また、カルテの閲覧や印刷は個別の許可制にし、情報漏洩を防ぐ対策を講じます。

記録のタイムリネス

看護記録はタイムリーに行うことが重要です。患者の状態が刻々と変化するため、情報の迅速な共有が必要です。特に緊急の処置や変化があった場合には、即時に記録を行いましょう。遅延した記録は情報の欠落や混乱を招く原因となるので注意が必要です。

即時記録の重要性

即時記録は重要な情報を逃さず、患者の状態変化に迅速に対応するために欠かせません。例えば、緊急時の対応や重篤な副作用の発生など、迅速な判断が必要な場合には、即座に看護記録を行います。記録が遅れると他のスタッフとの連携に支障をきたし、患者の安全に影響を及ぼす可能性があるため、迅速な記録が求められます。

遅延記録の際の注意点

遅延記録が必要な場合でも、情報の正確性を確保するための注意が必要です。遅れて記録する際には、以下のポイントに留意しましょう。

  • 遅れた理由を記載する: 記録が遅れた理由や状況を明確に記述し、他のスタッフが理解しやすいようにします。
  • 事実と意見を区別する: 遅延して記録する際には、自分の意見や判断ではなく、客観的な事実を記載します。
  • 追記を避ける: 記録を追記することは誤解を招く恐れがあるため、別の箇所に追加情報を明確に記載します。
  • 他のスタッフとの共有: 遅延記録が他のスタッフとの連携に影響を与える場合、適切なタイミングで情報共有を行います。

SOAPノートの活用法

SOAPノートとは

SOAPノートは看護記録の一種で、看護師が患者の状態を客観的に評価し、適切なケアプランを立てるための枠組みです。

 SOAPノートの書き方

SOAPノートの書き方は以下の通りです。

  • Subjective(S): 患者の主観的な症状や意見を記載します。具体的な発言や不快感、心理的な状態などを詳細に記述します。
  • Objective(O): 看護師の客観的な観察結果や検査結果を記録します。バイタルサインや傷の状態、処置内容などを具体的に示します。
  • Assessment(A): 看護師の評価や判断を記述します。患者の状態を分析し、問題点や改善すべきポイントを示します。
  • Plan(P): 看護師のケアプランや対応策を記載します。具体的な看護処置や必要な連携などを明確に示します。

SOAPノートのメリット

SOAPノートのメリットは、看護師が患者の状態を論理的に整理し、適切なケアプランを立案できる点にあります。S、O、A、Pの順に情報を整理することで、状況把握が容易になります。また、他の看護師や医療チームとのコミュニケーションがスムーズになり、連携が強化されます。

電子カルテの利点と課題

利点のまとめ

電子カルテの利点は以下の通りです。

  • 情報の共有と迅速なアクセスが可能
  • データの容易な管理と検索が可能
  • 情報の整合性と正確性が保たれる
  • プライバシーとセキュリティが強化される

課題と対応策

電子カルテの課題と対応策は以下の通りです。

  • システム障害への備え: 定期的なバックアップやシステムの更新を行い、システム障害への対策を強化します。
  • 情報整合性の確保: 確認の手順を設け、情報整合性を保つための仕組みを構築します。

振り返りと今後の展望

看護記録の重要性の再確認

看護記録は患者の安全と質の向上に不可欠な要素であることを再確認しましょう。正確かつ詳細な記録が、患者の状態変化や治療効果の把握、連携医療スタッフとのコミュニケーションを円滑にし、最適なケアを提供する基盤となります。看護師の観察と記録は、患者の生命を守る重要な使命を果たしていると心得ましょう。

電子カルテの進化と未来

電子カルテは技術の進化と共にさらなる進化を遂げています。AI技術の導入により、医療データの自動分析や異常の早期発見が可能となり、看護師の負担軽減や治療の精度向上が期待されます。

また、電子カルテは予防医療の面でも重要な役割を果たすと考えられています。膨大なデータを分析することで、病気のリスクを早期に発見し、健康な生活のサポートを行うことができるでしょう。将来的には個人ごとの健康データを活用し、予防・早期発見を重視した健康管理が一般的になると期待されます。

AI技術の活用

AI技術は医療分野での活用が進んでいます。例えば、AIによる自動診断や治療法の提案、患者の健康リスクの予測などが挙げられます。看護師がAIのサポートを受けながら、より効率的かつ精度の高いケアを提供する未来が期待されています。

データ分析と予防医療への応用

膨大な電子カルテデータを分析することで、特定のリスク因子や病気の傾向を把握することができます。これにより、個々の患者に合った予防策や健康管理が可能になり、疾患の予防や早期発見が強化されます。

まとめ

電子カルテにおける看護記録の書き方は、患者の安全と質を向上させるために欠かせないスキルです。患者情報の正確な入力や適切な記述方法、プライバシーとセキュリティの確保を心掛けることで、看護師の仕事をより効率化し、患者の安全を守ることができます。

また、SOAPノートの活用や電子カルテの利点と課題を理解し、技術の進化と未来への展望にも意識を向けることで、看護師としてのプロフェッショナリズムを高めていくことが大切です。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる