Menu
Close

電子カルテの使い方を医療事務に覚えてもらうための基本知識や手順を解説

目次

この記事では、医療事務における電子カルテの使い方と重要性に焦点を当て、スムーズな活用のコツや課題、未来の展望について解説しています。初心者向けの基本操作から便利なショートカットまで、具体的な方法を紹介し、医療現場での業務効率向上に役立つ情報を提供しています。さらに、ユーザーによる誤操作やセキュリティリスクへの対策、医療事務と電子カルテの関係性についても理解を深めていただける内容となっています。

 

「電子カルテ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • バイタル管理
    • 検査結果ビューアー
    • 診療・投薬履歴管理
    • 院内検査項目管理
    • 文書管理
    • カルテ編集
    • レセプト対応
    • プロブレム記録
    • データ連携
    • 実施歴参照機能
    • 手書き入力
    • 訪問スケジュール管理
    • 処方監査
    • ToDoリスト
    • 処置行為自動学習
    • ケアプラン作成
    • マルチデバイス対応
    • 院内連絡
    • 診療システム切替
    • 予約機能
    • 適応・禁忌チェック
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期導入費用 0 円
月額利用料金 66,000 円(税込) 〜/月
備考
1ステーションあたり
制限なし
homis Nursee(ホーミスナーシー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円/CL
月額費用 20,000円/CL+管理患者数の従量課金制
制限なし
homisの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
Medicom-HRf Hybrid Cloudの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本プラン 35,000円~
制限なし
B4A(ビーフォーエー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
メディカルフォースの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
トライアル 0円
Plan A 27,500円/月額(税込)
備考
スタッフ数 1~3名
Plan B 33,000円/月額(税込)
備考
スタッフ数 4~10名
Plan C 44,000円〜/月額(税込)
備考
スタッフ数 11名以上
制限なし
ResKaの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用/更新費用 0円
月額費用 お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Acronis Cyber Protect Standard ~ 9,500円
備考
中小規模の環境向けのデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect Advanced ~ 13,900円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護とサイバーセキュリティ
Acronis Cyber Protect – Backup Advanced ~11,600円
備考
大規模なIT環境向けの高度なデータ保護
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 3,300円(税込)/月額
備考
標準サービスのみ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 500,000円
利用料金 40,000 円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 400,000円~
利用料金 22,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
最低利用期間制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1接続 20,000円/月額
備考
追加1接続当たり
5,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
備考
coming-soonへの登録に初期費用が掛かります。(複数店一括契約の割引あり)
KARTEフリー 0円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEプラス 3,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
KARTEエンタープライズ 10,000円 / 月
備考
coming-soonへの登録が必須で別途月額が掛かります。「ライト」13,000円/月、「スタンダート」21,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ORCA連動型プラン 11,800円~/月額
レセコン一体型プラン 24,800円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円 〜
基本プラン 12,000円 / 月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円(税別)
月額費用 50,000円/月額(税別)
備考
基本5ユーザー
アカウント追加 2,000円/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,200円
備考
工事
基本料金(端末1台利用時) 20,900円/月額/ID
追加IPアドレス利用料 3,300円/月額/追加1端末
フレッツ光 初期費用 要相談
フレッツ光 月額費用 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
きりんカルテ システム利用料(初期費用) 無料
備考
初期費用
WebORCA 初期設定費用 100,000円~
備考
初期費用
WebORCA 導入サポート費用 300,000円~
備考
初期費用
きりんカルテ システム利用料 無料
備考
月額利用料
きりんカルテ チャットサポート費用 無料
備考
月額利用料
WebORCA 保守・サポート費用 22,800円~
備考
月額利用料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

電子カルテの重要性と悩みの解決

電子カルテ導入の背景とメリット

近年、医療現場での情報管理において、電子カルテの導入が広く進んでいます。電子カルテは従来の紙カルテと比べて、データの一元管理や患者情報の容易な検索が可能なため、医療スタッフの業務効率向上に大きく寄与しています。例えば、病歴や処方箋の記録を迅速にアクセスし、正確な情報を提供できるため、医療事務の質の向上につながるでしょう。

電子カルテの普及による課題と不安

電子カルテの普及に伴い、新たな課題や不安も浮上しています。システム障害によるデータの消失やセキュリティリスク、また、ユーザーによる誤操作による情報の誤記入などが挙げられます。これらの問題を解決し、スムーズな運用を実現するためには、適切な教育とトレーニングが必要不可欠です。

本記事の目的と対象読者

本記事の目的は、電子カルテの使い方をスムーズに覚えてもらうコツを提供し、医療事務に携わる方々が検索したキーワードに関する疑問や悩みを解決することです。対象読者は、医療現場での電子カルテの導入により、効率的に業務を進めたいと考える医療事務スタッフや関連するスタッフとなります。

電子カルテとは?基本知識から理解しよう

電子カルテの概要と仕組み

電子カルテとは、患者の医療情報を電子データとして記録・管理するシステムのことを指します。主な機能としては、診療記録の作成・閲覧・更新、処方箋の発行、検査結果の確認などが挙げられます。電子カルテはユーザーフレンドリーなインターフェースを持ち、直感的な操作が可能となっています。

電子カルテの利点と従来の紙カルテとの違い

電子カルテの利点は多岐にわたります。例えば、データの検索が迅速に行えるため、診療にかかる時間が短縮され、患者の待ち時間が軽減されます。また、電子カルテは紙のカルテよりも省スペースで情報を保管でき、データのバックアップも容易です。

一方、従来の紙カルテでは、情報の共有が困難であり、複数のスタッフが同じ患者に関わる場合に情報の把握が難しいという問題がありました。電子カルテの導入により、これらの課題を解消し、より円滑な医療サービスの提供が可能となります。

医療事務の役割と電子カルテの関係性

医療事務の役割は、患者情報の適切な管理・整理や受付業務、保険請求など、医療機関のスムーズな運営を支える重要な業務です。電子カルテは医療事務の業務効率を向上させるツールとして欠かせません。医療事務スタッフは、電子カルテを正しく操作し、データの正確性を確保することで、医療現場全体の円滑な運営に貢献できるでしょう。

電子カルテの使い方をスムーズに覚える方法

初心者向け:基本操作と画面の見方

電子カルテを初めて使用する方にとって、最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、基本的な操作をマスターすることで、スムーズに利用できるようになります。以下は初心者向けの基本操作と画面の見方です。

  1. ログイン方法:割り当てられたユーザーIDとパスワードを入力してログインします。
  2. メイン画面の構成:患者情報、診療履歴、処方箋などの項目が一覧表示されていることを確認します。
  3. 患者情報の検索:患者の氏名や受診日を入力して、目的の患者情報を検索します。
  4. 診療記録の作成:診察後に適切な項目に診療内容を入力し、記録を作成します。
  5. 処方箋の発行:必要な薬剤を選択し、処方箋を発行します。

データ入力のコツと注意点

電子カルテのデータ入力は正確性が求められる重要な作業です。以下はデータ入力の際に注意すべきコツと注意点です。

  • 患者情報の確認:患者の氏名や生年月日、アレルギー情報などを間違いなく確認します。
  • 詳細な記入:診療内容や処方箋には詳細な情報を記入し、後からでも内容が理解できるようにします。
  • データ保存の確認:データ入力後は、必ず保存がされたことを確認してから次の作業に移ります。

便利なショートカットと時短テクニック

電子カルテの操作をさらに効率化するために、便利なショートカットや時短テクニックを活用しましょう。以下はいくつかの実践的なテクニックです。

  • カスタムショートカットの設定:頻繁に使用する機能にはショートカットキーを設定して、素早くアクセスできるようにします。
  • データの一括入力:複数の患者に同じ診療内容がある場合は、一括入力機能を利用して効率的に処理します。
  • テンプレートの活用:よく使う文章や処方箋のテンプレートを作成しておき、再利用することで手間を省きます。

このように、電子カルテの使い方をスムーズに覚えるためには、基本操作を押さえると共に、データ入力のコツや便利なテクニックを上手に活用することが重要です。医療事務の仕事をより効率的に進めるために、積極的に取り組んでみてください。

電子カルテ導入における課題とその対処法

ユーザーによる誤操作や不備への対策

電子カルテの導入により、ユーザーによる誤操作や情報の不備が発生する可能性があります。これを防ぐためには、以下の対策を講じます。

  • トレーニングと教育:従業員に対して充実したトレーニングと教育を実施し、正確な操作方法を身につけさせます。
  • アクセス権限の制限:機密情報へのアクセス権限を適切に制限し、不正な操作を防止します。
  • エラーチェック機能:データ入力時にエラーチェック機能を活用し、不備を早期に発見・修正します。

システム障害やセキュリティリスクへの対応

電子カルテ導入には、システム障害やセキュリティリスクといったリスクも潜在しています。これらに対応するためには、以下の対策が必要です。

  • バックアップの実施:定期的なデータのバックアップを行い、システム障害に備えます。
  • セキュリティ対策の強化:不正アクセスや情報漏洩を防ぐために、セキュリティ対策を厳格に実施します。
  • 緊急対応体制の整備:障害発生時やセキュリティインシデントに備え、緊急対応体制を整備します。

電子カルテと医療クラークの役割の違いを理解する

電子カルテを活用する上で、医療クラークとの役割分担が重要です。役割の違いを理解し、スムーズな連携を図るためには、以下のポイントに注意します。

  • 業務範囲の明確化:医療事務と医療クラークの業務範囲を明確にし、重複する作業を最小限に抑えます。
  • 情報共有の促進:患者情報や診療記録など、重要な情報を適切に共有するためのコミュニケーションを強化します。
  • 連携訓練の実施:定期的な連携訓練を行い、スムーズな連携体制を構築します。

電子カルテの活用と未来への展望

医療情報のデジタル化がもたらすメリットと課題

電子カルテの活用により、医療情報のデジタル化が進展しています。これにより、医療現場の効率化や情報共有の向上が期待されますが、情報漏洩やプライバシー保護に対する課題もあります。将来に向けて、より高度なセキュリティ対策や個人情報の保護が求められるでしょう。

人工知能(AI)や機械学習の導入による可能性

人工知能(AI)や機械学習の技術は、医療現場においても活用の幅を広げています。例えば、AIによる診断支援や治療法の提案など、より高度な医療サービスの実現が期待されます。ただし、AIの活用に伴う倫理的な問題や技術の信頼性に対する懸念も注目されるでしょう。

 患者とのコミュニケーションにおける配慮と工夫

電子カルテの導入により、患者とのコミュニケーションに変化が生じる場合があります。患者に対する配慮と工夫を行い、信頼関係を構築することが重要です。例えば、診療内容を丁寧に説明したり、患者の疑問に応じた対応を心掛けることで、患者満足度の向上に繋げることができます。

スムーズな電子カルテ活用で効率的な医療事務を目指そう

電子カルテの利点と課題を再確認

電子カルテは医療現場の効率化や情報管理において大きな利点を持ちつつも、セキュリティリスクや個人情報保護に関する課題も存在します。適切な対策を講じつつ、その活用の重要性を再確認しましょう。

上手な使い方で業務効率を向上させるポイント

本記事で紹介した基本操作やデータ入力のコツ、便利なショートカットなどを上手に活用することで、医療事務の業務効率を向上させることができます。

今後の医療事務における重要性と成長の可能性

医療現場における電子カルテの重要性はますます高まり、新たな成長の可能性が広がっています。これからも技術の進化に対応し、医療事務のプロフェッショナルとして成長し続けましょう。

まとめ

この記事では、電子カルテの使い方と医療事務における重要性について詳しく解説しました。電子カルテ導入による効果やメリット、さらには課題と対処法についても述べました。医療事務の役割と電子カルテの関係性、そしてAIや機械学習の未来への可能性も考察しました。

初心者向けの基本操作や便利なショートカットなど、使い方のポイントを解説しました。さらに、ユーザーによる誤操作やセキュリティリスクに対する対策を理解し、スムーズな運用を目指すことが重要です。

医療事務のプロフェッショナルとして、電子カルテを上手に活用し、効率的な業務を実現しましょう。これからも技術の進化に対応し、患者とのコミュニケーションを大切にして成長していきましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる