Menu
Close

Co:TEAMの導入事例

チームワークを高めたい その他

「ミッション・ビジョン・バリュー半分、業務半分」というバランスで経営すると、会社はうまく回りだす

※出典:「ミッション・ビジョン・バリュー半分、業務半分」というバランスで経営すると、会社はうまく回りだす

最終更新日: 2022/06/14

この導入事例のポイント

  • 結果だけにフォーカスせず、人としての成長を後押しするような評価制度を確立したい
  • 個人の思いと仕事がどう繋がるかを明らかにするため、まず個人にフォーカスした
  • 仕事が自分事に→自分事がチームミッションに→チームミッションが会社ミッションへ

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

株式会社O: (オー)のCo:TEAMは、1on1で納得感ある評価につなげることのできるOKRツールです。モバオク!や東京海上日動、おかもと整形外科など、規模や業種に関わらず幅広く使われています。経済産業省のJ-Startupにも選出されている信頼のあるソフトでもあります。「目標」「評価」「1on1」「称賛やフィードバック」を一元的に管理し、管理工数を削減し効率的・効果的に人材を管理することが可能です。

製品のおすすめポイント

  • パフォーマンス・マネジメントによって人事評価を支援
  • 成長/キャリア開発目標を可視化して計測可能になる
  • 適正な評価とモチベーションの向上を支援する
運営企業情報 株式会社O: (オー)
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 1on1 称賛機能
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 製造 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模 21名-50名 1-5名 6名-20名

導入前に知っておきたい基礎知識

「OKRツール」とは

OKR(Objectives and Key Results)ツールとは、目標・結果などのデータ管理をサポートするツールの総称です。

OKRツールを利用するメリットとして、組織で設定している目標に対して、どのようなアプローチをかければ良いのかを可視化でき、各人の目標設定が設定が設定が正しいのかを一目で確認できるというメリットがあります。フォーマットが統一されているので、大規模企業でも各社員の目標管理が容易になり、社員に対してどのようなアプローチをしていけば良いのかも判断できるようになります。
OKRツールとして有名なものに、「Resily」や「HRBrain」、「カオナビ」などが挙げられます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Co:TEAM

株式会社O: (オー)

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • パフォーマンス・マネジメントによって人事評価を支援
  • 成長/キャリア開発目標を可視化して計測可能になる
  • 適正な評価とモチベーションの向上を支援する

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「OKRツール」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1527件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる