Menu
Close

製品の紹介

Cato SASEクラウド

Cato Networks株式会社

Cato Networks株式会社のCato SASEクラウドは、評価額25億ドルを獲得しユニコーン企業入りを達成して近年急成長しています。安全に短期間で簡単に行える「ワンネットワーク」が特徴です。すべてのネットワークが、専用回線よりも安価にSD-WAN機能で構築できます。セキュリティの一元管理、ワンポリシーで社外も社内もすべて、全部1つのSASEのクラウドとして利用することが可能です。有人監視サービスもあり、しっかりとしたセキュリティ対策が期待できます。

最終更新日: 2022/02/14
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

Cato SASEクラウドの特徴

1マルチデバイスにおけるアクセスの最適化

ノートPC、タブレット、スマートフォンなどのマルチデバイスにおいて、モバイルユーザーを保護するためにフルレンジのネットワークとセキュリティ機能が装備されています。 モバイルトラフィックは、Catoバックボーンを介してオンプレミスまたはクラウドアプリケーションに最適化して利用することが可能です。

2クラウドデータセンターをエージェントレスで統合

IPSecトンネルを使用して、主要クラウドプロバイダーとエージェントレスで統合します。 グローバルバックボーンを使用してエッジからクラウドプロバイダーにトラフィックを最適化することで、主要クラウドプロバイダーのプレミアムクラウド接続の必要性をなくすことが可能です。

3グローバルプラベートバックボーンで低コスト

45以上のPoPで構成されたグローバルプライベートバックボーンで稼働し、複数ネットワークプロバイダーを介して接続しています。PoPソフトウェアは、様々な問題を継続的に監視して、最適なルートを即時サポートすることが可能です。予測不能なパブリックインターネットよりも優れた接続性を、低コストでの利用が可能になります。

導入の傾向

よく導入している
業種
IT・情報通信
よく導入している
企業の規模
不明

基本情報

ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能
LAN監視 マルチホーミング セカンドHQ メールセキュリティ対策 トンネリング マネージセキュリティレポート 暗号化 ロードバランサー Webアクセスセキュリティ対策 コンテンツフィルタ ホットスタンバイ 拠点間VPN リモートVPN 端末セキュリティ対策 ウィルスプロテクション ウェブフィルター ファイアウォール カプセル化
LAN監視 マルチホーミング セカンドHQ メールセキュリティ対策 トンネリング マネージセキュリティレポート 暗号化 ロードバランサー Webアクセスセキュリティ対策 コンテンツフィルタ ホットスタンバイ 拠点間VPN リモートVPN 端末セキュリティ対策 ウィルスプロテクション ウェブフィルター ファイアウォール カプセル化
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール チャット
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし

料金プラン

要相談要相談

※税込と表記されている場合を除き全て税抜価格を記載しています。

運営企業情報

商号
Cato Networks株式会社
本社
東京都 港区 赤坂2丁目11番7号ATT新館11階Mazars・Japan式会社内
創立
2020年10月01日
代表者名
Shlomo Kramer
資本金
URL
https://www.catonetworks.com/

よく比較されている
「VPN」の製品:9件

9件中 1~4件表示

株式会社 USEN ICT SolutionsのマネージドUTM ビジネスセキュリティは、UTMアプライアンスとソフトウェア、さらに保守がパッケージになったサービスです。世界基準のICSA Labs Firewall認定を日本で唯一取得しており、導入から運用まで一括にワンストップ対応されます。オプション機能が豊富で組み合わせて契約することが可能でニーズに合わせたカスタマイズで簡単に利用でき、手厚い運用サポートを受けることが可能です。

製品のおすすめポイント

  • VSRシリーズ採用でしっかりとしたセキュリティ
  • しっかりとした連携と運用・サポート体制
  • 様々な機能によって簡単に業務移行が可能に
運営企業情報 株式会社 USEN ICT Solutions
ソフト種別 なし 
基本的な機能 LAN監視 ウィルスプロテクション ウェブフィルター コンテンツフィルタ セカンドHQ ファイアウォール ホットスタンバイ マネージセキュリティレポート マルチホーミング リモートVPN ロードバランサー 拠点間VPN 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 1年間
よく導入している業種 製造 広告・放送・出版 公共機関・非営利団体
よく導入している企業の規模 1,001名以上 不明 101名-300名

ソフトバンク株式会社のSmartVPNは、IPトラフィックの爆発的な増加やクラウド市場の急速な拡大を背景に、クラウドとの親和性の高さをコンセプトに開発された新しいVPNサービスです。様々なニーズに合わせて20のサービスを展開しており、組み合わせて利用することができます。シームレスなクラウド機能によって、閉域ネットワーク内でもパブリッククラウドサービスに接続可能でビジネスリソース管理の効率化が期待できます。

製品のおすすめポイント

  • VPN設計の簡略化でマルチアクセスが可能に
  • トータル管理と個人管理でカスタマイズ
  • プロビジョニングと独自技術で防御性と安定化
運営企業情報 ソフトバンク株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 リモートVPN マネージセキュリティレポート 拠点間VPN ウェブフィルター コンテンツフィルタ LAN監視 Webアクセスセキュリティ対策 端末セキュリティ対策 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート チャット 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 小売・流通 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 101名-300名 1,001名以上 301名-1,000名

株式会社 網屋のクラウドVPN Veronaは、2,900社の導入実績を誇るオンデマンドVPNサービスです。アクセスが大量に集中する拠点に適したハイスペックモデル、リモートアクセスに適したスタンダード、拠点間通信に適したベーシックの3つのタイプがあり、単独でのスモールスタートなど多様化する業務形態やニーズに応じて利用できます。VeronaUserViewを活用して社外からでも通信状況の把握でき、技術的サポートから運用サービスまで利用可能です。

製品のおすすめポイント

  • オールインワンのクラウド管理で簡単に運用
  • 独自で高度なセキュリティ対策で安全な通信
  • 目的に合わせたクラウドへのアクセス手段
運営企業情報 株式会社網屋
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 拠点間VPN リモートVPN 端末セキュリティ対策 マルチホーミング ファイアウォール 暗号化 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 30日
よく導入している業種 製造 IT・情報通信 公共機関・非営利団体
よく導入している企業の規模 1,001名以上 不明 51名-100名

株式会社NTT PCコミュニケーションズのMaster's ONE CloudWANは、SD-WANを活用したVPNサービスです。オーバーレイタイプとセキュアパッケージタイプがあります。回線種別を問わない拠点間通信が可能で、突発的なトラフィック輻輳を回避することもできるのが特徴です。申込日から4営業日で納期・導入が完了し、既存回線も流用可能で「初期費用0円・最低1か月から」利用できるので、スモールスタートも可能です。

製品のおすすめポイント

  • アプリケーション可視化と制御で輻輳の回避
  • 社内システムと連携・一元管理により業務を効率化
  • ファイアウォール機能実装で安全な通信
運営企業情報 株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
ソフト種別 クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 コンテンツフィルタ リモートVPN ウィルスプロテクション ウェブフィルター マルチホーミング 暗号化 拠点間VPN 
推奨環境 なし 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 医療・化学 その他
よく導入している企業の規模 301名-1,000名 1,001名以上

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1421件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる