Menu
Close

【2024】おすすめ名刺管理ソフト26選を徹底比較。無料アプリも紹介!

この記事で解説すること

「名刺管理ソフト」を導入し、名刺交換後の顧客情報を社員に共有することで営業に活用する企業が増えています。以前までは名刺をExcelなどで集計してファイルに入れて保管し、管理する体制が一般的でしたが名刺の枚数が増えていくにつれて管理が難しくなります。

名刺管理ソフトを活用することで、名刺の取り込みや検索、情報の共有がより簡単にできるようになるため業務効率が格段に上がります。本記事では、名刺管理ソフトの概要やメリット、サービスを選定するにあたって何を注意すべきかなどを解説し、名刺管理ソフト・アプリの製品についてもご紹介します。

「名刺管理ソフト」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • スマホスキャン取込
    • 公開・非公開設定
    • 撮影取込
    • 報告管理
    • 多言語化
    • 認識精度判定
    • URL名刺交換
    • ニュース通知
    • 自動メンテナンス
    • ダウンロード機能
    • データ連携
    • 名寄せ機能
    • メール配信
    • タグ・ラベル付け
    • 組織図表示
    • GPS報告
    • SFA・MA連携
    • 連絡帳連携
    • 専用スキャナー取込
    • 顧客管理
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
価格 別途お問い合わせ
制限なし
ホットプロファイルの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
すでに保有している名刺をデータ化するための費用です。
過去の名刺情報や人脈をすべて可視化することで、導入直後からデータベースを活用できます。
運用支援費用 要相談
備考
Sansanの導入や運用支援を行うための費用です。
8,000社の実績と蓄積されたノウハウで、継続的な運用や活用促進をサポートします。
ライセンス費用 月額
備考
企業規模や用途に合わせて複数のライセンス体系を用意しています。
オプション費用 月額
備考
用途に合わせてさまざまな機能を追加することで、データベースをさらに便利に活用できます。
Sansanスキャナ 月額
備考
顧客情報の一つである名刺を簡単にデータ化できます。
1年間
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
基本パッケージ (50ライセンス) 1,650,000円(税込)
追加ライセンス (50ライセンス) 739,200円(税込)
追加ライセンス (100ライセンス) 1,210,000円(税込)
追加ライセンス (500ライセンス) 4,950,000円(税込)
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
THE 名刺管理 On-premise(50ユーザー登録版) 1,100,000円(税込)
THE 名刺管理 On-premise(100ユーザー登録版) 1,980,000円(税込)
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
無料版Eight 無料
備考
◎名刺データ化枚数、無制限
◎クラウド保存容量・期間、無制限
◎名刺のおもて面に記載された情報をデータ入力
Eightプレミアム 月額600円
備考
◎名刺データ化枚数、無制限
◎クラウド保存容量・期間、無制限
◎名刺の両面に記載された項目をデータ化します。
◎優先的にデータ入力
◎名刺データのダウンロード
◎お礼メール
◎画像メモ機能
◎連絡先アプリと連携
◎PFU社製スキャナー「ScanSnap」連携用ソフトウェア「PC用 Eight scan β版」の利用
◎共通の知り合いの確認
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
無料プラン 0円
備考
◎広告表示あり
◎登録できる名刺の枚数は500枚
有料プレミアムプラン 月額480円
備考
◎広告費表示
◎複数デバイス
◎登録できる名刺の上限なし
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
要相談
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ライセンス 8580円(税込)
5ライセンス 33000円(税込)
10ライセンス 60500円(税込)
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ベーシックプラン 660円/月額(1ユーザー)
ネクスタ・メイシプラス 990円/月額(1ユーザー)
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
基本利用料 0円
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません
基本プラン 3000円/月額(5ユーザー)
備考
価格は5ユーザーの場合のものです。それ以上は下記のとおりとなります。
ApeosPlus Cards R 10ユーザー:5,500円/1ヵ月
ApeosPlus Cards R 15ユーザー:8,250円/1ヵ月
ApeosPlus Cards R 20ユーザー:10,000‬円/1ヵ月
ApeosPlus Cards R 25ユーザー:12,500‬円/1ヵ月
ApeosPlus Cards R 30ユーザー:13,500‬円/1ヵ月
ApeosPlus Cards R 50ユーザー:20,000円/1ヵ月
1ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
STANDARD 1700円/月額(1IDごと)
備考
最低利用ID数は5IDから
PROFESSIONAL 2500円/月額(1IDごと)
備考
最低利用ID数は5IDから
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 2500円/月額
備考
1IDごと
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
基本利用料 12000円/月額
アカウント料 500円/月額(一人当たり)
備考
2023年6月1日から1名あたりのアカウント料が400円から500円に価格変更されました
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ID 1,300円/月額
備考
6ライセンス(システム管理者 1名+ユーザ5名)からの契約となります。ライセンス数によって様々なプランがあります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
お問い合わせ 別途相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
SFAスタンダード 50,000円/月額
備考
容量は5GBまで利用可能です。超過1GBあたり8,750円/月額かかります。毎月500枚までで、超過1枚40円かかります。
SFAプロフェッショナル 80,000円/月額
備考
容量は50GBまで利用可能です。超過1GBあたり8,750円/月額かかります。毎月1,000枚までで、超過は1枚につき40円です。
グループウェア 10000円/月額
備考
GRIDYグループウェアのみ利用のプラン。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
基本プラン 2,178円(税込)/月額
名刺100枚 4,400円(税込)
名刺500枚 19,800円(税込)
名刺2500枚 96800円(税込)
名刺5000枚 137500円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
基本利用 0円
名刺100枚以上の登録 2,640円(税込)/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
基本パッケージ(50ライセンス) 1,650,000円(税込)
備考
保守サポートを提供する年間サポートサービスは10%の150,000円(税込165,000円)で可能になります。
追加ライセンス(10ライセンス) 184,800円(税込)
追加ライセンス(50ライセンス) 672,000円(税込739,200円)
追加ライセンス (100ライセンス) 1,210,000円(税込)
追加ライセンス(500ライセンス) 4,950,000円(税込)
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料で利用可能 0円
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
基本料金 30,000円/月額
備考
20万枚を超えた場合、20万枚毎に3,000円/月額が追加されます。
オプション機能・メール配信 3,000円/月額
備考
1,001通~は2円/通になります。
名刺デジタル化料金 40円/枚
備考
名刺スキャン後、専用オペレータが名刺データを入力します。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

「名刺管理ソフト」を導入し、名刺交換後の顧客情報を社員に共有することで営業に活用する企業が増えています。名刺管理ソフトを活用することで、名刺の取り込みや検索、情報の共有がより簡単にできるようになるため業務効率が格段に上がります。

本記事では、名刺管理ソフトの概要やメリット、サービスを選定するにあたって何を注意すべきかなどを解説し、名刺管理ソフトの製品についてもご紹介します。

名刺管理ソフトとは?

名刺管理ソフトとは? イメージ

名刺管理ソフトとは、紙の名刺をスキャナまたはスマートフォンを使いデータ化し、一元管理するソフトのことを指します。名刺をデジタル化することによって、紙で管理をする必要が無くなるため紛失の心配をする必要もありません。またデジタルデータでの管理になるため社内での共有が容易になる、検索機能により必要なデータを簡単に探すことができるようになるといったメリットがあります。

名刺管理ソフトで営業力の向上や顧客の育成などを図りたい場合は、法人向けのサービスの導入を検討しましょう。自社で利用する機能が搭載されたサービスを比較・検討することで、費用を抑えつつ業務効率化を図ることができます。

名刺管理ソフトを導入するメリット5つ

名刺管理ソフト 導入メリット

導入することで「今よりどれくらい業務が改善されるのか」が注目される点になります。名刺管理システムを企業が導入すると下記5つのメリットが得られます。

  1. 大量の名刺を管理することが可能に
  2. 検索機能で必要な名刺をすぐに見つけることができる
  3. 名刺情報を利用者が入力せずにデータ化できる
  4. 名刺情報以外にも来社や打ち合わせの記録など、様々な情報を残せる
  5. 社員同士の情報共有が簡単になる

1.大量の名刺を管理することが可能に

名刺管理ソフトを導入する一番のメリットは「名刺をデータ化し、ソフト上で一元管理することができる」ことにあります。管理する名刺数が多い場合、スペースの問題以外にも紛失や目的の名刺を探しづらくなるなどの問題も発生します。

名刺管理ソフトを活用すればスキャナーやスマートフォンから名刺を簡単に読み取ることができるため登録の手間を減らすことができます。また名刺情報は一度登録すればデータが消えることはないため紛失のリスクを防ぐことができ、より効率的な名刺管理が可能になります。

2.検索機能で必要な名刺をすぐに見つけることができる

管理する名刺が増えていくにつれ名刺がどこにあるのか分からず、探す手間や時間がかかり業務効率も下がっていきます。名刺管理ソフトを導入すれば氏名はもちろんのこと会社名や電話番号、部署名などでの検索が可能なため簡単に名刺を探し出すことができます。クラウドタイプの名刺管理ソフトではPC以外にもスマートフォンやタブレットなどで名刺情報を確認することが可能なため、訪問先でも簡単に名刺の内容を確認することができます。

3.名刺情報を利用者が入力せずにデータ化できる

名刺をExcelで管理している場合、名刺の内容を全て手入力することになるため登録時に非常に負担が掛かってしまいます。現在販売されている名刺管理ソフトの多くは名刺をスキャナーやスマートフォンなどでスキャンした後、名前などのデータを入力することなく名刺管理ソフトに登録されます。これは光学文字認識(ORC)を利用することで、利用者が入力しなくても記載されている情報が入力される仕組みとなっています。中には正しく名刺情報を読み取れなかった場合、オペレーターが手動で入力するサービスを用意しているソフトもあります。

4.名刺情報以外にも来社や打ち合わせの記録など、様々な情報を残せる

名刺管理ソフトは名刺をただ管理する以外にも活用方法があります。例として来社や打ち合わせなどの情報を記録することなどが挙げられます。紙の名刺の場合、名刺に情報を書き込むことはなく、来社などの記録は別の場所で管理する場合が多いと思われます。しかし名刺管理ソフトの活用次第では備考欄などに様々な情報を記録することができ、名刺以上の情報を登録することが可能です。来社履歴や打ち合わせ内容などの情報を全て名刺管理ソフト上で一元管理することができます。

5.社員同士の情報共有が簡単になる

紙の名刺は個人管理になり情報共有が難しいことから、社員の連携が上手くいかず販路拡大や会社全体の利益に影響を及ぼしてしまいます。名刺管理ソフトを導入することで社内の名刺情報を全社員に共有できれば、業務効率は向上し連携もより上手く取ることができるでしょう。社内での連携が高まることにより、未開拓だった販路の獲得や商談のセッティングなど思わぬビジネスチャンスを生み出すきっかけとなるかもしれません。

組織の営業力を高めるには「営業推進とは?組織営業力を高める方法や施策を解説!」もご覧ください。

名刺管理ソフトの代表的な機能7選

名刺管理ソフト 機能7つ

名刺をデータ化し、営業やマーケティングで利活用できる名刺管理ソフトには、多くの機能が搭載されています。今回は名刺管理ソフトのコア機能ともいえる、代表的な機能7選を紹介します。

  1. 名刺スキャン機能
  2. 名刺データ整理と管理機能
  3. 名刺データの編集と更新機能
  4. 自動連絡先同期機能
  5. 検索とフィルタリング機能
  6. メモとタスク管理機能
  7. バックアップとデータの保護

1.名刺スキャン機能

名刺スキャン機能は、OCR(Optical Character Recognition)技術を用いて、氏名・会社名・役職・連絡先情報など名刺上のテキスト情報を自動的に読み取ります。この機能の利点は、手動で名刺情報を入力する手間を省き、正確かつ迅速なデータ収集が可能となることです。名刺情報を手入力する必要がなくなるため時間と労力を節約し、ヒューマンエラーを最小限に抑えることができます。

さらに、名刺スキャン機能はデータの一貫性を確保するためにも役立ちます。名刺情報はデジタルデータベースに保存されるため、紙の名刺が紛失したり破損したりしても、データは安全に保管されます。また、データベース内で名刺情報を編集・更新することも可能です。

【2024】OCRとは?OCRを搭載したおすすめ名刺管理ソフトも紹介! 

2.名刺データ整理と管理機能

名刺管理ソフトでは、名刺データをさまざまなデータ項目に基づいて整理することができます。例えば、氏名・会社名・連絡先情報・役職などのデータ項目を活用して、名刺をカテゴリ分けやグループ化することが可能です。これにより特定の企業や個人との関係性に基づいて名刺を整理し、効率的に情報を管理することができます。

さらに名刺管理ソフトでは、タグ付け機能を利用することもできます。名刺に関連する特定のタグを設定することで、さらなるカスタマイズや分類が可能です。例えば、取引先・顧客・見込み客・イベント参加者などのタグを付けることで、名刺をさらに細かく分類し、特定のグループに関連付けることができます。

3.名刺データの編集と更新機能

名刺データの編集と更新機能が搭載されていれば、手動で名刺の情報を追加・編集・更新することができます。連絡先の電話番号やメールアドレスなど、登録していた名刺情報が変更された場合にも新しい情報に編集して対応することができます。

さらには、新たに獲得したビジネスコンタクトや顧客情報を効率的にデータベースに追加することも可能です。常に最新の情報を保持し、正確なコンタクト情報を維持することができるという利点があります。

4.自動連絡先同期機能

自動連絡先同期機能は、名刺管理ソフトが他のデバイスやアプリケーションとスムーズに連携するための機能です。名刺データを異なるプラットフォームやアプリケーション間で自動的に同期し一元管理することで、繁雑な手動の同期作業を削減することができます。

まず、スマートフォンの連絡先と連携し名刺データを相互に同期する機能があります。スキャンした名刺データを名刺管理ソフトに保存すると、自動的にスマートフォンの連絡先と同期されます。逆にスマートフォンで新しい連絡先を追加した場合も、名刺管理ソフトに自動的に反映されます。これにより名刺データの一元管理が実現され、連絡先情報の一貫性が保たれます。

またMicrosoft OutlookやGmailなどメールアプリケーションと連携して名刺データを同期することも可能です。新しい名刺をスキャンすると、自動的に連絡先リストに追加され、メールクライアントにも同期されます。これによりメールの送受信時に名刺データを利用できるようになり、スムーズなコミュニケーションが可能となります。

5.検索とフィルタリング機能

検索機能ではキーワードや条件で名刺データベース内の情報を検索することができます。氏名や会社名などキーワードで検索することで、特定の名刺を素早く見つけることができるようになります。

またフィルタリング機能により、特定の属性やカテゴリに基づいて名刺を絞り込むことができます。たとえば、会社名による絞り込みや特定のタグに基づく絞り込みで、特定の条件に合致する名刺のみを表示することができます。検索とフィルタリング機能を組み合わせることで、必要な名刺情報に迅速かつ効果的にアクセスできます。

6.メモとタスク管理機能

会議や商談の内容やや特記事項など、名刺に関連するメモやタスクを追加し、それらのアクションを管理することが可能です。特定の名刺に対してフォローアップが必要な場合、リマインダー機能を使用してリマインド通知を設定することができます。これにより名刺と関連したアクションやタスクを忘れることなく管理することができます。

さらにタスク管理機能を使用して名刺に関連するタスクを追跡することが可能です。名刺に対して特定のアクションやタスクが必要な場合、それらをタスクとして登録し、進捗状況や期限を管理することもできます。これにより名刺と関連する活動やタスクを簡単に把握し、効果的な管理の実現が可能になります。

7.バックアップとデータの保護

名刺管理ソフトでは、名刺データを定期的にバックアップすることができます。バックアップにより名刺データを保護し、データの紛失や損失に備えることができます。定期的な自動バックアップを設定すれば、常に最新の名刺データにアクセスできる状態を維持できます。

データの保護と安全性も名刺管理ソフトの重要な機能です。名刺データはクラウドサーバやデバイス内の安全な場所に保存されます。さらに名刺管理ソフトでは、アクセス制御やデータの暗号化などのセキュリティ対策も提供されているため、不正なアクセスからデータを保護し、機密性を確保することができます。

選び方のポイント9点をおすすめ製品と共に紹介

名刺管理ソフト 比較イメージ

名刺管理ソフトを選定する場合、どのようなポイントに注目する必要があるのでしょうか。いくつか押えておくべきポイントがあるため、以下にご紹介いたします。

  1. 法人向けか個人向けか
  2. 無料版か有料版か
  3. 名刺の取り込み方法で選ぶ
  4. クラウド型かオンプレミス型か
  5. 名刺の取り込み精度が高いか
  6. 操作がしやすいか
  7. 利用料金やオプションの費用が妥当か
  8. 外部ツールと連携が可能か
  9. サポート体制が整っているか

1.法人向けか個人向けか

名刺管理ソフトには大きく分けて個人向けと法人向けがあります。両者には価格はもちろんのこと、搭載される機能についても違いがあります。法人向けの名刺管理ソフトには名刺管理機能に加えて、以下のような営業活動において便利な機能が搭載されています。

  • 社内全体で名刺情報を共有する機能
  • 社内や取引先の人脈の繋がり(人脈ツリー)を可視化する機能
  • 名刺情報以外の情報(商談内容など)を登録する機能
  • 取引先の人事異動を通知する機能
  • 営業メールの配信機能
  • SFA・CRMとの連携機能

またトラブル時のサポート・アフターケアといったサポートが手厚いことから、企業で導入する際には法人向けのソフトをおすすめします。

◎法人向け名刺管理ソフト:CAMCARD BUSINESS

名刺管理ソフト 選定ポイント:法人向け名刺管理ソフト CAMCARD BSINESS

  • スピーディな名刺データ化と管理の実現
  • 幅広い情報や人脈の獲得と活用
  • グローバルな利用環境の提供
【公式】CAMCARD BUSINESSでビジネスを加速させる

◎個人向け名刺管理ソフト:Wantedly People

名刺管理ソフト 選定ポイント:個人向け名刺管理ソフト Wantedly People

  • その場で複数の名刺を同時に読み取ることができる
  • スキャンした情報で社内外の関係性構築促進につながる
  • セキュリティ対策が充実しているため、安心して利用可能
【公式】Wantedly People | 名刺管理が驚くほど簡単な無料アプリ、ウォンテッドリーピープル

2.無料版か有料版か

費用の有無は選定において重要なポイントの1つになります。ただし無料版の名刺管理ソフトは名刺をデータ化するのみの機能に限ったものが多く、一部機能が制限されていることもあるため注意が必要です。大量の名刺を管理し営業効率を高めたいという場合には、人脈ツリーや社内の情報共有など豊富な機能が搭載された有料ソフトの導入を検討してみましょう。運用コストなどのバランスを考慮しつつ名刺管理ソフトを選択することが重要なポイントになります。

◎無料版名刺管理ソフト:myBridge

名刺管理ソフト 選定ポイント:無料版名刺管理ソフト myBridge

  • スマホで撮影するだけですべての名刺情報を正確にデータ化し、いつでも検索可能
  • 共有機能や他サービスやシステムとの連携機能が充実
  • myBridgeのすべての機能が無料かつ無制限で利用できる
【公式】myBridge – サクッと名刺管理

3.名刺の取り込み方法で選ぶ

現在会社に配備されているスキャナーで名刺を取り込む場合、導入費用を抑えることができます。また会社のスキャナーでの取り込みが難しい場合にも、名刺管理ソフトによっては専用のスキャナーを提供している場合があります。より名刺の取り込みが簡易的なサービスもあるため、導入時には取り込み時の負担についても注目してみましょう。

また名刺取り込みの重要なポイントとして「スキャナーなどが無い環境でも取り込むことが可能であるか」が挙げられます。顧客の会社に来社する際など、近くにスキャナーが無い場合には名刺のスキャンを忘れてしまう可能性があります。しかしスマートフォンやタブレットによる名刺取り込みに対応した名刺管理ソフトを利用していれば、その場で登録が可能になるためスキャンし忘れる心配もありません。名刺を漏れなく管理することができ、かつクイックに登録が可能なため業務の効率化が図れます。

名刺管理アプリに関する詳しい記事はこちらから!

◎名刺の取り込み機能が充実している名刺管理ソフト:アルテマブルー

名刺管理ソフト 選定ポイント:名刺の取り込み機能充実 アルテマブルー

  • 機能と運用の組み合わせにより、名刺管理の業務負担を軽減
  • 導入前のコンサルティングとトライアルで使い方を確認できる
  • 人脈の可視化と営業活動への利活用
【公式】アルテマブルー | 営業力に差をつける法人向け名刺管理

4.クラウド型かオンプレミス型か

名刺管理ソフトは大きく分けると「クラウド型」と「オンプレミス型」の2種類があります。現在はクラウド型のサービスが大半を占めていますが、概要を簡単にご紹介します。

クラウド型

クラウド型の名刺管理ソフトは提供する会社のサーバー上でシステムが動いており、名刺のデータなども同じ会社のサーバーに保存されます。クラウド型には以下のような特徴があります。

  • 自社でサーバーを用意する必要が無いため初期費用がかからない
  •  セキュリティに関しても提供会社が対応するため安心して利用できる
  •  システムの運用や保守などは提供する会社が行うため利用者はメンテナンスの必要はない

後ほど紹介する「オンプレミス型」の場合、初期費用が100〜200万円する場合があり、導入のハードルが高く感じる場合があります。クラウド型は基本的にサーバーの設置は不要なため初期費用が発生せず、比較的導入を検討しやすい傾向にあります。また、名刺は個人情報であるためセキュリティの心配がありますが、こちらも提供会社が対応するため専門的な知識もさほど必要なく安心して利用することができます。

◎クラウド型の代表的な名刺管理ソフト:sansan

名刺管理ソフト 選定ポイント:クラウド型名刺管理ソフト sansan

  • 高精度な名刺データ化と効率的な管理
  • 社内の人脈を活用した強力な営業支援
  • 拡張性の高い連携機能と柔軟な活用
【公式】Sansan – 営業DXサービス

オンプレミス型

簡潔にご紹介すると自社にサーバーを準備して設置し、そこに名刺管理ソフトをインストールして運用する方法になります。メリットとしてはクラウド型が1利用者につき費用が発生するのに対して、オンプレミス型の場合は買い切りであるため利用者が増えても費用に変動が無いことが挙げられます。

デメリットはサーバーの運用・保守は全て自社で行う必要があり、セキュリティの対策も必要になるため専門的知識をもった人員の確保が必須になるという点です。またPCなどのデバイスの機種が限られる場合があり、Windowsは対応可能であってもMacは対応していない場合などがあるため注意が必要です。以上のことから、基本的にはクラウド型のサービスの方がより柔軟な対応が可能でかつ利便性も高いためこちらをおすすめします。

◎オンプレミス型の代表的な名刺管理ソフト:やさしく名刺ファイリング

名刺管理ソフト 選定ポイント:オンプレミス型名刺管理ソフト やさしく名刺ファイリング 

  • 直観的に操作・確認できる名刺管理画面や豊富な検索機能などによって使いやすい
  • 高性能OCRで簡単に登録でき、名刺情報の自動付与が実現できる
  • パッケージ型ながら、スマートフォンとの連携ができる
【公式】名刺管理ソフト|やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0

5.名刺の取り込み精度が高いか

多くの名刺管理ソフトはスキャナーやスマートフォンのカメラから光学文字認識(OCR)技術により自動で読み込み、名刺情報を検索できるデータとして取り込みます。読み取った情報に誤りがあると修正作業が必要になってしまうため、名刺情報をいかにスムーズにシステムに登録できるかが大きなポイントになります。

特にOCR機能は各会社によって文字認識の精度が異なるため、無料トライアルで実際の使用感を試すことをおすすめします。また中には名刺情報をオペレーターが手動で修正するサービスを提供している場合があります。より正確な名刺情報がシステムに登録されるため法人利用では非常に役立つサービスになるでしょう。

◎名刺の取り込み制度が高い名刺管理ソフト:Smart Visca

名刺管理ソフト 選定ポイント:取り込み機能が充実している名刺管理ソフト SmartVisca

  • 高精度AI-OCRで名刺のデジタル化を1分で完了
  • 名刺交換情報を、クラウド連絡帳で一元管理
  • Salesforceをプラットフォームで利用しているため、高レベルの機能が満載
【公式】SmartVisca(スマートビスカ)|名刺管理から生まれたSalesforceの顧客データ登録・活用ソリューション

6.操作がしやすいか

システムを選ぶ際、操作性の良さも重要な選定基準となります。操作が煩雑だとせっかく導入しても社内に浸透しなくなる可能性があります。そのため、操作がしやすいかをしっかりと検討し、導入後も操作の説明会を行うなどの体制を整えておくとよいでしょう。

◎専門知識がなくても簡単に操作できる名刺管理ソフト:Eight Team

名刺管理ソフト 選定ポイント:簡単に操作できる名刺管理ソフト Eight Team

  • 共有した名刺を社員同士で閲覧/検索でき、人脈を広げることができる
  • 名刺情報の一元管理によって、社内のデジタル化を実現できる
  • 営業活動に欠かせない顧客管理や外部からの業務依頼の効率化を実現できる
【公式】Eight Team – 中小企業向け名刺管理サービス

7.利用料金やオプションの費用が妥当か

名刺管理ソフトの料金体系については製品によって様々です。先程ご紹介した「クラウド型」か「オンプレミス型」かにもよりますが、多くのソフトが「クラウド型」であることから初期費用は0円で月額の利用料金が発生するという場合が多いです。

月額料金の計算方法は大きく分けて以下の2つに分けられます。

  1. 1ユーザー増えるたびに加算される(1ユーザーあたり1000円など)
  2. 月額料金が定額制(月額50,000円など)

費用を最小限に抑えたい場合は、名刺管理ソフトを利用する人数によって料金体系を意識する必要があります。利用者が20人いる場合は1つ目のプランの方が費用が安くなります。しかし、利用者が100人いる場合は1つ目のプランだと100,000円発生するのに対して2つ目のプランでは50,000円で固定のため、こちらの方が費用を抑えて利用することができます。またオプションサービスによって費用が加算される場合もあるため、その点にも注意する必要があります。

◎格安で利用できる名刺管理ソフト:ネクスタ・メイシ

名刺管理ソフト 選定ポイント:格安で使える名刺管理ソフト ネクスタメイシ

  • 名刺情報を効率的に管理しながら、営業活動などに利活用できる
  • 圧倒的なコストパフォーマンスと使いやすさが魅力的
  • 世界最高峰の開発エンジニア陣によって、最先端の機能を搭載
【公式】NEXTa Meishi ネクスタ・メイシ – 月々660円ではじめる法人企業向け名刺管理

8.外部ツールと連携が可能か

名刺管理ソフトを法人用として利用する場合、SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)との連携が可能であるかは大きなポイントになります。外部ツールとの連携が可能な商品を選ぶことで、人脈ツリーの可視化や打ち合わせ・商談情報の管理などが可能になるほか、名刺情報を他のシステムでも活用することができるようになるといったメリットがあります。例えば登録した名刺情報に商談の内容などを記録することで、商談の履歴を確認することができるほか、過去の内容からどのような部分を次回話し合うべきかなど営業活動をさらに強化することができます。

◎外部ツールとの連携がしやすい名刺管理ソフト:名刺ソナー

名刺管理ソフト 選定ポイント:外部ツールと連携している名刺管理ソフト 名刺ソナー

  • 名刺に載せられていない企業情報を会社情報に紐づけ可能
  • 名刺の入力工数を削減、自動メンテナンスも行う
  • CRM/SFA連携が可能、取引先や商談の進行情報を把握可能
【公式】名刺からビジネスの未来が見えてくる | 名刺ソナー

9.サポート体制が整っているか

万が一のトラブルへの対処やソフト導入時の使い方ヘルプなど、手厚いサポートを提供しているソフトを選びましょう。導入してある程度使い方が浸透してきた場合でも、名刺データの誤削除やシステムの不具合などの際にすぐにサポートを受けることができれば、利用者からすると非常に安心して使うことができます。

◎サポート体制が整っている名刺管理ソフト:ホットプロファイル

名刺管理ソフト 選定ポイント:サポートが充実している名刺管理ソフト ホットプロファイル

  • 営業支援ツールの組み合わせより低コストを実現可能
  • 顧客画面を1画面に集約し、営業活動を支援
  • 高い拡張性と盤石なセキュリティにより安心して利用できる
【公式】クラウド型名刺管理・営業支援ツール『ホットプロファイル』名刺

中小企業におすすめの名刺管理ソフト3選

ここからは、中小企業に特におすすめしたい名刺管理ソフトを厳選して紹介します。自社の規模に応じて、適切なシステムを導入しましょう。

  1. Eight team
  2. アルテマブルー
  3. CAMCARD BUSINESS

1.Eight Team

名刺管理ソフト 中小企業向け Eight Team  

SanSan株式会社のEight teamは、3,000社を超えるさまざまな業種の企業に導入されている中小企業向け名刺管理サービスです。ユーザーは300万人を超え、名刺情報を正確にデータ化して管理できる無料アプリ「Eight」の基本機能はもちろん、社内Eightユーザーが保有する名刺情報を一括管理・共有できます。社員による名刺交換を会社の資産として有効活用し、「見込み顧客」の育成につなげることができるソフトです。

  1. チームでの名刺共有と連携
  2. 名刺データの一元管理と柔軟なデータ移行
  3. 人脈の拡大と営業活動の効率化

1.チームでの名刺共有と連携

Eight teamは、異動や退職しても名刺をチーム内で共有できる機能があります。これにより、お客様情報の引き継ぎやメール配信のリスト増加などに活用できます。また、HubSpotとの同期も可能であり、名刺情報からHubSpotのコンタクトを作成することができます。

2.名刺データの一元管理と柔軟なデータ移行

Eight teamでは、Excelや他の名刺管理サービスのデータをスムーズに取り込みます。これにより、チームの情報資産を一元化し、共有・活用することが可能です。さらに、名刺情報はCSV形式で一括ダウンロードできるため、メールマーケティングや顧客育成などの活動にも利活用できます。

3.人脈の拡大と営業活動の効率化

Eight teamでは、共有した名刺を社員同士で閲覧・検索する機能が搭載されています。これにより、同僚や役員が持つ名刺情報を活用し、新たな人脈を広げることができます。さらに、社内の人脈を可視化することで、会いたい人を紹介してもらい営業活動の幅が広がります。営業活動に必要な顧客管理や業務依頼の効率化も実現できます。

名刺管理ソフト 中小企業向け Eight Team 機能一覧

Eight teamが中小企業向け名刺管理ソフトである理由

  • 手頃な価格帯と使いやすさにより、中小企業でも導入しやすい
  • 専門知識がなくても簡単に操作できるため、社内のスタッフが迅速に活用できる
  • 効果的なデジタルマーケティングが実現でき、限られた予算でも効果を最大化できる
  • 顧客関係構築と成約率向上に特化しており、中小企業の成長と競争力を支援する
  • 名刺管理ソフトとの連携が容易であり、情報の一元管理と共有がスムーズに行える
  • チームの協力と連携を強化し、情報共有と業務効率を向上させることができる
  • 名刺管理ソフト
    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名刺管理ソフト 名寄せ機能 組織図表示 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 URL名刺交換 メール配信 データ連携
    サポート メール
    トライアル 無し
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種

2.アルテマブルー

名刺管理ソフト 中小企業向け アルテマブルー

キヤノンエスキースシステム株式会社のアルテマブルーは、現場の使いやすさを考えた豊富な機能を兼ね備えたクラウド型で提供される法人向けの名刺管理ソフトです。導入企業の業界/業種や規模は多岐にわたります。従来の名刺管理ソフトのように名刺をデータ化&共有して終わりではなく、データの活用を促進するために、人脈の見える化を実現する機能や失敗を防ぐ事前コンサルティングなどによって、営業力を最大化させます。主要なSFA/CRMとの連携も可能です。

  1. 機能と運用の組み合わせにより、名刺管理の業務負担を軽減
  2. 導入前のコンサルティングとトライアルで使い方を確認できる
  3. 人脈の可視化と営業活動への利活用

1.機能と運用の組み合わせにより、名刺管理の業務負担を軽減

アルテマブルーは、スピーディかつ正確に名刺を取り込むことができ、外部オペレーターによる文字補正も行われます。さらに、名刺の一元管理や異動・昇進情報の自動取得など、運用に関する機能も提供されるため、効率的な名刺管理を実現できます。

2.導入前のコンサルティングとトライアルで使い方を確認できる

アルテマブルーでは、導入前に無料のコンサルティングと二週間のトライアルが用意されています。専任担当者との事前ヒアリングを通じて、会社の要望や業務課題に合わせた使い方や活用方法を提案してもらえます。これにより、導入のリスクを最小限に抑えながら、満足度の高い契約を行うことができます。

3.人脈の可視化と営業活動への利活用

アルテマブルーは、人脈を可視化する人脈マップを提供し、社内外の人脈をわかりやすく管理できます。営業活動のために必要な情報を登録し、大手企業のSFAやCRMとの連携により、顧客データベースを構築できます。名刺から得られた情報を活かして営業活動を強化し、より効果的な顧客管理を実現します。

名刺管理ソフト 中小企業向け アルテマブルー 機能一覧

アルテマブルーが中小企業向け名刺管理ソフトである理由

  • 小規模でも導入しやすい、手頃な価格で利用可能
  • 使いやすく、導入の際の教育コストが低い
  • 中小企業のニーズに合わせた機能とカスタマイズが可能
  • 専任担当者がサポートし、迅速な対応が受けられる
  • 中小企業の成長に合わせて柔軟に拡張・アップグレードが可能
  • ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名刺管理ソフト 名寄せ機能 専用スキャナー取込 組織図表示 顧客管理 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け SFA・MA連携 データ連携
    サポート 電話 メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種

3.CAMCARD BUSINESS

名刺管理ソフト 中小企業向け CAMCARD BUSINESS

ワウテック株式会社の名刺管理ソフトCAMCARD BUSINESSは世界最高クラスの画像補正・OCR(文字認識)機能で、名刺画像を5秒で鮮明にデータ化することが可能なためスムーズな名刺管理を実現できるソフトです。また、取り込んだ名刺はオペレーターによるデータ修正によって精度99%で補正できます。さらに簡易SFA機能や外部サービス連携が備え付けられているため、一枚の名刺から幅広い情報や人脈を獲得することができます。

  1. スピーディな名刺データ化と管理の実現
  2. 幅広い情報や人脈の獲得と活用
  3. グローバルな利用環境の提供

1.スピーディな名刺データ化と管理の実現

CAMCARD BUSINESSは、世界最高クラスの画像補正・OCR(文字認識)機能を備えており、名刺画像をわずか5秒で鮮明にデータ化できます。また、取り込んだ名刺情報をオンライン上で簡単に交換・共有することも可能です。名刺の取り込みからデータ化、名刺情報の利活用まで、スムーズで効率的な管理が実現できます。

2.幅広い情報や人脈の獲得と活用

CAMCARD BUSINESSでは、取り込んだ名刺情報を高精度で修正し、さまざまな情報や人脈を獲得することができます。簡易SFA機能を活用して商談情報やタスクを紐付け、効果的な営業活動ができます。さらに、様々な外部サービスとの連携により、社名や連絡先などの名刺情報を簡単に入力できます。

3.グローバルな利用環境の提供

CAMCARD BUSINESSは、世界に1.1億以上のユーザーがいる法人向けサービスであり、日本語を含む全17ヶ国語に対応しています。そのため、国内だけでなくグローバル企業でも利用が可能です。セキュリティ面でも万全であり、安心して利用できます。また、オンライン上での名刺情報の交換・共有も容易に行えるため、場所や時間に制約されずに情報を共有できます。

名刺管理ソフト 中小企業向け CAMCARD BUSINESS 機能一覧

CAMCARD BUSINESSが中小企業向け名刺管理ソフトである理由

  • 低コストな料金プランで中小企業の予算に合わせた利用が可能
  • スマホで手軽に名刺管理ができ、煩雑な業務を効率化
  • 商談情報やタスクを紐付けて管理でき、営業支援に適している
  • 外部連携が豊富で他のツールとの統合が容易
  • オンライン上で名刺情報を共有し、全社的な情報共有が可能
  • 導入実績が多く、中小企業にとって信頼性のある選択肢
  • ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名寄せ機能 専用スキャナー取込 多言語化 組織図表示 認識精度判定 顧客管理 撮影取込 スマホスキャン取込 SFA・MA連携 メール配信 データ連携
    サポート 電話 メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種

大企業に企業におすすめの名刺管理ソフト3選

続いて、大企業に特におすすめしたい名刺管理ソフトを厳選して紹介します。自社の規模に応じて、適切なシステムを導入しましょう。

  1. Sansan
  2. ホットプロファイル
  3. SmartVisca

1.Sansan

名刺管理ソフト 大企業向け Sansan

Sansan株式会社の営業DXサービスSansanは、シェアNo.1で83%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されています。業種や従業員規模、売上高、役職者情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点がある・ないに関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積します。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。

  1. 高精度な名刺データ化と効率的な管理
  2. 社内の人脈を活用した強力な営業支援
  3. 拡張性の高い連携機能と柔軟な活用

1.高精度な名刺データ化と効率的な管理

Sansanは、名刺をスキャンするだけでほぼ100%の精度でデータ化することができます。AI技術とオペレーターの手入力によるデータ処理を組み合わせており、質の高い名刺データベースを構築できます。これにより、煩雑な名刺管理作業を大幅に削減し、効率的な顧客情報の管理が可能となります。

2.社内の人脈を活用した強力な営業支援

Sansanは、人と人のつながりを共有することで営業力を強化します。社内に蓄積された顧客データを統合し、組織全体で利用できるため、生産性の向上や営業チャンスの拡大に寄与します。さらに、名刺情報を起点にしたソリューションを提供しており、取引先のコンプライアンスチェックなど法人向けのニーズにも対応しています。

3.拡張性の高い連携機能と柔軟な活用

Sansanは、名刺データを他の機能と連携させることでさまざまな業務効率化を図ります。Sansan Plusと連携することで、契約管理やクラウドサインなどの機能を活用し、営業や法務の業務を効率化できます。また、11ヶ国語に対応しており、グローバルな環境でも利用できます。そのため、多様な業種や部門でSansanを活用し、名刺データの有効活用を実現できます。

名刺管理ソフト Sansan 機能一覧

Sansanが大企業向け名刺管理ソフトである理由

  • 膨大な顧客情報を網羅的に管理できる
  • 精度の高い仮説立てによる質の高い提案が可能
  • 多様なチャネルから顧客にアプローチできる
  • 外部システムとの連携・統合が容易
  • 名刺情報の正確なデータ化と効率的な管理
  • クラウド型で利便性が高く、場所を選ばず利用可能
  • 自動名寄せ機能による組織全体の情報の把握
  • SFAやCSV連携による営業活動の効率化が実現可能
  • 名刺管理ソフト 企業データベース
    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 人物データベース 顧客分析 API自動連携 マーケティングタグ リストからメール配信可 ニュース配信 名刺管理 名寄せ機能 専用スキャナー取込 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 ニュース通知
    サポート 電話 メール
    トライアル 無し
    最低利用期間 1年間
    よく導入している業種

2.ホットプロファイル

名刺管理ソフト ホットプロファイル 

株式会社ハンモックのホットプロファイルは、ITreview Grid Award 2023 Winterで名刺管理・SFA・MA・CRM部門の4部門を受賞した名刺管理ソフトです。名刺管理だけでなく、営業支援(SFA)や見込み客発掘も可能であり、企業の売り上げアップと生産性を向上する機能を1つにまとめたソフトとなっています。基本的な名刺管理機能のほか、有料オプションを利用することでビジネス管理や地図連携、人事異動情報の確認だけでなくSalesforceとの連携も可能です。

  1. 安全性と信頼性の確保
  2. 柔軟で使いやすい機能性
  3. 充実したサポート体制

1.安全性と信頼性の確保

ホットプロファイルは、経済産業省の『クラウドセキュリティガイドライン』に準拠し、万全のセキュリティ対策を講じています。第三者認証を取得しており、お客様に安心して利用できる環境を提供しています。データの保護とプライバシーの確保を重視し、セキュリティ面でのリスクを最小限に抑えています。

2.柔軟で使いやすい機能性

ホットプロファイルは、必要な機能のみを選択して利用できるため、企業のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。段階的な機能追加に対応し、利用者は使い慣れた操作感で作業を行うことができます。また、他社製品からの移行もスムーズに行えるため、既存のシステムに依存せずにホットプロファイルへの切り替えが容易です。

3.充実したサポート体制

ホットプロファイルは初めて利用する方でも安心して使用できるよう、充実したサポート体制を提供しています。専任のスタッフがホットプロファイルの運用をサポートし、管理者向けの初期設定ガイドやセミナー、FAQサイトなどのリソースを提供しています。お客様の要望に合わせたトレーニングやカスタマイズも行い、円滑な導入と運用をサポートします。

大企業向け 名刺管理ソフト ホットプロファイル 機能一覧

ホットプロファイルが大企業向け名刺管理ソフトである理由

  • 万全のセキュリティ対策と第三者認証による安心環境
  • 段階的な追加で、営業現場の浸透に手間や時間がかからない
  • データ移行や他システム連携のサポートでスムーズな乗り換えを実現
  • 専任スタッフのサポートとオンボーディング支援を提供
  • 複数ツールの統一で使いやすく、コスト削減と生産性向上に貢献
  • Zoom商談での名刺交換や正確な相手情報把握が可能
  • 組織ツリー作成やMA機能で情報把握と売り上げ向上に寄与
  • 名刺から顧客管理まで実用的な機能を提供
  • 名刺管理ソフト SFA MAツール 顧客管理システム
    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 SFA 予実管理 顧客管理 商談管理 ToDo管理 営業日報 MAツール 名刺管理 報告管理 名寄せ機能 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 自動メンテナンス 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 GPS報告 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 ニュース通知 CRM 顧客対応管理 ファイル共有
    サポート 電話 メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種

3.SmartVisca

大企業向け 名刺管理ソフト SmartVisca 

株式会社サンブリッジのSmartViscaは、名刺管理や顧客データの構築・活用を行うソフトウェアです。紙名刺のデジタル化やオンラインの名刺簡単が簡単に行え、対面からオンラインまであらゆる顧客データをSalesforceに登録・更新します。顧客データの蓄積と使いやすい操作画面でSalesforceの活用が一気に進みます。また、顧客を含む社内外の人物データをひとつの連絡帳にして、電話着信の通知や人脈可視化が可能になります。

  1. Salesforceとの一体化による効果的な営業成果と顧客管理の実現
  2. 業種に対応した高い拡張性
  3. 高度なセキュリティとコンプライアンス対策

1.Salesforceとの一体化による効果的な営業成果と顧客管理の実現

SmartViscaはSalesforceと連携し、名刺から得られる情報をSalesforceの機能と組み合わせて営業成果や顧客管理を最大限に活用します。Salesforceと同じIDやパスワードでの管理やユーザー管理の一元化など、サンブリッジの長年にわたるSalesforceのパートナーシップにより、親和性が高い名刺管理アプリです。

2.業種に対応した高い拡張性

SmartViscaは高い拡張性を持ち、どのような業種にも対応します。顧客管理や案件管理のできるSales Cloudや、ダイレクトメール配信のできるMAとの連携、さらには4,000以上の他社アプリとの連携が可能です。これにより、各業種において顧客データの効果的な活用方法を実現し、業務の効率化と成果の最大化を図ることができます。

3.高度なセキュリティとコンプライアンス対策

SmartViscaはセキュリティとコンプライアンス対策においても高い水準を保っています。トラフィックの遮断とSSL/TLSによる通信暗号化など、セキュリティ対策を強化しています。また、名刺データの入力は複数のオペレーターが分割して入力するなど、データの厳密な管理を行っています。さらに、全てのデータはSalesforceのセキュリティ基準に準拠した国内大手のクラウドデータセンターで運用されています。

名刺管理ソフト 大企業向け SmartVisca 機能一覧

SmartViscaが大企業向け名刺管理ソフトである理由

  • Salesforceとの一体化による高度な顧客管理と営業成果の最大化
  • 拡張性の高さであらゆる業種のニーズに対応可能
  • 高いセキュリティとコンプライアンス対策によるデータの安全性確保
  • 高精度AI-OCRによる高速かつ正確な名刺データのデジタル化
  • クラウド連絡帳で名刺交換情報の一元管理と社内連携の強化
  • Salesforceのプラットフォームを活用した豊富な機能とデータ分析の実現
  • 名刺管理ソフト
    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名寄せ機能 組織図表示 自動メンテナンス 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携
    サポート メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種

 

無料で使える名刺管理ソフト・アプリ2選

1.Wantedly People

名刺管理ソフト Wantedly people

ウォンテッドリー株式会社が提供しているWantedly Peopleは、400万人以上が利用している個人用の名刺管理ソフトです。スマートフォンで撮影するだけで複数の名刺をその場でデータ化し、名刺交換相手の情報を入手することができます。また、名刺情報とWantedlyのプロフィールとの連携がされるため、Wantedlyを活用している企業と個人を結びつけることが可能です。

  1. その場で複数の名刺を同時に読み取ることができる
  2. スキャンした情報で社内外の関係性構築促進につながる
  3. セキュリティ対策が充実しているため、安心して利用可能

1.その場で複数の名刺を同時に読み取ることができる

Wantedlypeopleでは、受け取った名刺すべてを一回の撮影で同時に10枚まで瞬間データ化できます。そして、読み込んだデータは即時連絡帳に追加され、「使える情報」として保存されます。またスマートフォンの撮影から取り込めるので、いつでもどこでも名刺情報のデータ化が可能です。

2.スキャンした情報で社内外の関係性構築促進につながる

スキャンした名刺データから相手に関連する情報をその場で検索可能です。名刺の範囲内での情報以上を把握することができるため、お互いの関係性構築を促進します。また、常に最新情報にアップデートされるため、人材の情報把握に役立ちます。さらに、Wantedly peopleでつながった相手が転職・昇進・異動などで、プロフィールを更新すると、アプリを開いただけで確認が可能です。

3.セキュリティ対策が充実しているため、安心して利用可能

全ての名刺情報は、人工知能によって処理されるので、情報が漏れる心配がありません。 通信はTLS プロトコル v1.2 (SSL)を用いて暗号化されており、 送信されたデータは高い信頼性とセキュリティ水準を持つ データセンターにて厳重に保管されています。

名刺管理ソフト Wantedly people 機能一覧

  • ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 撮影取込 スマホスキャン取込 メール配信 データ連携
    サポート メール
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
引用:Wantedly People | 名刺管理が驚くほど簡単な無料アプリ、ウォンテッドリーピープル

2.myBridge

名刺管理ソフト myBridge

LINE株式会社の事業として開発されたmyBridgeは、スマートフォンで撮影しただけですべての名刺情報をデータ化できる名刺管理アプリです。名刺管理に特化したツールなので無駄な機能が少なく、とてもシンプルな名刺管理ツールです。機能的にも、googleマップやLINE通話との連携、Excel形式でのダウンロードなど、ビジネスパーソンに本当に役立つツールとして、利用者に大好評です。

  1. スマホで撮影するだけですべての名刺情報を正確にデータ化し、いつでも検索可能
  2. 共有機能や他サービスやシステムとの連携機能が充実
  3. myBridgeのすべての機能が無料かつ無制限で利用できる

1.スマホで撮影するだけですべての名刺情報を正確にデータ化し、いつでも検索可能

名刺をスマホで撮影するだけで、OCR文字認識機能とオペレーターによる手作業で名刺情報をデータ化できます。しかも、一日あたりに入力できる名刺枚数・入力項目の上限もないため、無制限で利用できるのが特徴です。そして取り込んだ名刺データをいつでもどこでもスマホで検索可能なので、名刺情報の利活用の幅が広がります。

2.共有機能や他サービスやシステムとの連携機能が充実

myBridgeは社内のメンバーと手軽に名刺をシェアし、共同で管理することができます。一元管理したデータを元に、営業データベースを簡単に構築することができ、新規営業機会の発掘にも効果的に活用することができます。そして共有先を簡単に選択することができるので、同僚の部署異動や退職時にもスピーディに引き継ぎが可能です。

3.myBridgeのすべての機能が無料かつ無制限で利用できる

名刺の撮影だけで正確にデータ化したり、社内で名刺情報を共有したり、連絡先をファイルで保存するなどの機能はすべて無料です。無料で利用できる機能の多さは他社サービスを圧倒しています。さらに、無料サービスの多くは広告が表示されますが、myBridgeは広告が表示されないため安心して使いやすい環境が整っています。

名刺管理ソフト mybridge 機能一覧 
  • 名刺管理ソフト
    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 ダウンロード機能
    サポート メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
【公式】myBridge – サクッと名刺管理

名刺管理ソフト・アプリ26製品を徹底比較

名刺管理ソフトSFAMAツール顧客管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 営業支援ツールの組み合わせより低コストを実現可能
  • 顧客画面を1画面に集約し、営業活動を支援
  • 高い拡張性と盤石なセキュリティにより安心して利用できる

名刺管理ソフト企業データベース

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
  • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
  • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理
トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • カメラを向けるだけで簡単にスキャン可能
  • スキャン結果の確認画面で画像を編集できる
  • スキャンした画像はPDFまたは画像として保存・共有可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • スキャナやスマートフォンを使って簡単に登録可能
  • 全文検索機能で、必要なデータを簡単に見つけられる
  • 名刺以外の情報やドキュメントも併せて管理可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • サーバーで名刺情報を一元管理し、ブラウザで簡単に閲覧できる
  • スマホで名刺を撮影し、簡単にデータ登録できる
  • アプリ不要で、最適化ブラウザで名刺データを閲覧可能
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度認識によるスピーディなデータベース構築
  • 名刺情報を企業資産として一元管理・活用できる
  • 名刺データをセキュリティで守られた環境で安全に運用できる

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 無料で使える使い勝手のいい名刺管理アプリ
  • 名刺の高精度な検索機能
  • 高い入力精度とどこでもスキャン機能

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 高精度な名刺データ取り込み
  • メモとリマインダー機能
  • 効果的なメール配信

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 使いやすい名刺管理画面で、顧客情報の共有をスムーズに
  • 手軽でスマートな名刺登録で、効率的な営業活動をサポート
  • SKY開発商品と連携し、 セキュリティをさらに強化
トライアル 無し
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • 直観的に操作・確認できる名刺管理画面や豊富な検索機能などによって使いやすい
  • 高性能OCRで簡単に登録でき、名刺情報の自動付与が実現できる
  • パッケージ型ながら、スマートフォンとの連携ができる
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 名刺情報を効率的に管理しながら、営業活動などに利活用できる
  • 圧倒的なコストパフォーマンスと使いやすさが魅力的
  • 世界最高峰の開発エンジニア陣によって、最先端の機能を搭載
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 時間や場所を選ばず複数の名刺の読み込み、管理が可能である
  • 充実した検索機能から、社内外の関係性構築促進につながる
  • すべての機能が無料で利用でき、かつ安心のセキュリティ体制が整っている
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 名刺枚数による従量制課金のため、導入コストを抑えられる
  • 国内最高クラスのクラウドデータセンターにて運用し、セキュアな名刺管理を実現
  • 名刺情報がデジタル化されることによる管理の効率化を簡単に実現
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 名刺情報をスムーズで手軽に登録・データ化できる
  • 名刺情報の社内共有で業務を効率化・コミュニケーションを活性化
  • セキュリティに関連した機能も充実している
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • スピーディなデータ化・名刺管理を実現できる
  • 一枚の名刺から幅広い情報や人脈を獲得することができる
  • 日本国内に留まらず、グローバル企業でも利用できる
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 運用のことを第一に考えた機能により、管理者の業務負担の軽減を実現する
  • 使い方を導入前に相談できるコンサルティングサービス
  • 名刺管理によって、営業活動に利活用できる人脈を広げられる

名刺管理ソフト

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 共有した名刺を社員同士で閲覧/検索でき、人脈を広げることができる
  • 名刺情報の一元管理によって、社内のデジタル化を実現できる
  • 営業活動に欠かせない顧客管理や外部からの業務依頼の効率化を実現できる

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度AI-OCRで名刺のデジタル化を1分で完了
  • 名刺交換情報を、クラウド連絡帳で一元管理
  • Salesforceをプラットフォームで利用しているため、高レベルの機能が満載
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 社内メンバーとのコミュニケーションを適切かつ強固にする
  • 社外の名刺管理や、社内の人探しも効率的に
  • 社用携帯・BYOD端末の連絡先をセキュアに一元管理しながら業務効率化
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 名刺に載せられていない企業情報を会社情報に紐づけ可能
  • 名刺の入力工数を削減、自動メンテナンスも行う
  • CRM/SFA連携が可能、取引先や商談の進行情報を把握可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ビジネスに必要な機能がオールインワンで入っている
  • マルチデバイス対応でいつでもどこでも利用可能
  • セキュリティ性を損なわず、利用機能を追加料金なしで利用可能
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 確認しやすい管理画面で社内の人脈も可視化
  • 高いセキュリティ性で社内・社外でも安心して閲覧
  • 名刺を高い精度でスキャン、モバイルで活用可能

名刺管理ソフト

トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • アプリ版も利用できる、充実した機能性と安定性
  • 安い価格でありながら充実したサポート・チェック機能
  • 個人情報管理に優れ、外出先・海外でも利用可能
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 簡単に名刺データを登録しアプリで活用可能
  • 高いセキュリティ性で、安心して利用できる
  • データ共有機能だけでなく訂正サービスも提供
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 大量の名刺データを、安全に一元管理可能に
  • スキャナーでまとめてスキャン可能、簡単に名刺情報を登録
  • 専用のサーバーに名刺情報をアップロード、保守サポートも

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • スマートフォンで撮影し名刺をデータ化、いつでも検索可能に
  • 共有名刺帳で名刺を一括管理、Excelでダウンロード可能
  • オンライン名刺機能が利用可能
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 30,000円/月額のわかりやすい料金体系
  • ヤマトグループだからこそできる安心のセキュリティ
  • オプション無しでも充実した機能を使用可能

名刺管理ソフトを導入する前に知っておくべき注意点5つ

名刺管理ソフト 注意点

ここまで名刺管理ソフトのメリットをご紹介しましたが、もちろん注意すべきポイントもあります。導入においての注意点についても押えておきましょう。

  1. 場合によっては名刺登録に時間がかかる
  2. 費用が高額な場合がある
  3. 多重の登録が必要になる場合がある
  4. 急な導入は混乱を招く可能性がある
  5. 多機能だと使いこなせない可能性がある

1.場合によっては名刺登録に時間がかかる

紙媒体からデータ化するにあたり、今までの名刺を全てデータ化するとなるとかなりの手間と時間を要する場合があります。また、名刺交換の機会が日常的に多い場合は登録作業に負担を感じる場合もあるでしょう。時間を掛けずに登録を済ませたい場合は登録代行サービスなどを活用する事で手間を省く事ができます。

2.費用が高額な場合がある

個人向けの名刺管理ソフトの場合、多くは無料で利用できるものが多いです。一方で法人向けの名刺管理ソフトの場合は有料のものが多く、利用料を支払う必要があります。もちろん有料版の方が無料版に比べて機能が充実していますが、スタートアップ企業や中小企業など従業員が少ない組織の場合はあまり費用対効果が高くならない場合があります。名刺管理ソフトは機能に合わせて価格帯も様々なため、組織の規模や予算に合わせて選定する必要があります。

3.多重の登録が必要になる場合がある

営業活動で用いられる営業支援システムや顧客管理システムを既に導入していて名刺をシステム上に登録している場合、連携ができないと新しく導入する名刺管理システムで再び名刺を登録する必要があるかもしれません。導入する際は既存のシステムと連携ができるかを確認しておくとよいでしょう。

4.急な導入は混乱を招く可能性がある

社内で導入前に周知したり、管理体制を整えたりと事前に準備しておきましょう。事前準備を怠って急に導入してしまうと、社内で反発が起きる可能性やスムーズな運用ができない可能性などが出てきます。また、いきなり全ての部署で導入するのではなく、一部の部署から導入するようにしてスモールスタートから始めてみると混乱のリスクを軽減できるでしょう。

5.多機能だと使いこなせない可能性がある

システムを導入する際、多機能が魅力でシステムを選んでしまうと導入後に使いこなせず定着しなくなるかもしれません。また、多機能であるほどコストがかかる場合もあります。そのため、必要な機能をあらかじめピックアップしてシステムを選ぶことで適度な機能のシステムを選べるようになるでしょう。

名刺管理をエクセルで行うメリット・デメリット

実は名刺管理を、ソフトを使わずにエクセルで行うこともできます。エクセルを利活用することで、無料もしくは低コストで名刺管理が実践できるのです。特に、企業で既にエクセルが導入されており、使い慣れている方にとっては、最適な手段とも言えます。しかし、エクセルで名刺管理をする場合にも、メリットとデメリットがあります。両方の側面を理解して、導入を検討しましょう。

◎エクセルで名刺管理を行うメリット

  • 低コスト
  • カスタマイズ性
  • 即時利用可能
  • オフラインアクセス

1.低コスト

エクセルを使用して名刺管理を行う最大のメリットは、低コストで導入できる点です。多くの中小企業にとって、高価な名刺管理ソフトウェアを導入する予算は限られています。しかし、エクセルは既に多くの企業で使われており、追加のソフトウェア購入費用がかからないため、コストを抑えることができます。また、エクセルを使用するスキルを持つスタッフがいる場合、専門のトレーニングや外部の専門家を雇う必要もありません。

2.カスタマイズ性

エクセルは柔軟なカスタマイズ性を提供します。名刺管理のニーズは企業によって異なるため、エクセルを使用することで独自の名刺管理システムを簡単に作成できます。列やフィールドを自由に追加、削除し、必要に応じてデータベースの構造を調整できます。これにより、企業の特定の要件に合った名刺管理システムを効率的に構築できます。

3.即時利用可能

エクセルはほとんどのパソコンに標準でインストールされており、すぐに利用できます。特別なソフトウェアのインストールや設定が不要です。新しい名刺情報をすぐに入力し、データベースを作成できます。名刺を受け取った直後から、エクセルを使って情報を整理し管理できるため、効率的な業務が実現します。

4.オフラインアクセス

エクセルはオフラインで動作するため、インターネット接続がない環境でも名刺情報にアクセスできます。営業担当者や社内スタッフは、外出先や顧客先でも名刺情報を確認でき、必要なデータにアクセスできます。オフラインアクセスの柔軟性は、ビジネスの機会を逃すことなく、スムーズなコミュニケーションを確保します。

◎エクセルで名刺管理を行うデメリット

  • データ整合性の欠如
  • スケーラビリティの限界
  • セキュリティリスク
  • 共同作業の難しさ

1.データ整合性の欠如

エクセルで名刺管理を行う際、データの整合性を確保するのが難しい点があります。複数のスタッフが異なるエクセルファイルにデータを入力すると、重複や矛盾が生じる可能性が高まります。このため、情報の正確性と信頼性が損なわれ、データの品質管理が難しくなります。

2.スケーラビリティの限界

中小企業が成長し、名刺データの量が増加すると、エクセルのスケーラビリティの限界が顕著になります。大量の名刺情報を処理するには、エクセルのパフォーマンスが低下し、処理速度が遅くなることがあります。また、データベースの構造を柔軟に変更することが難しいため、成長に対応するのが難しくなるでしょう。

3.セキュリティリスク

エクセルはセキュリティ機能が限定的であるため、名刺情報の保護が難しい点がデメリットです。ファイルが紛失したり、不正アクセスを受けたりするリスクが高まります。特に機密性の高い情報や個人情報を扱う場合、セキュリティ上の懸念が生じます。

4.共同作業の難しさ

エクセルは同時に複数のユーザーが編集するのには向いていません。名刺情報を複数のスタッフが共有しながら更新する場合、競合やデータの衝突が発生しやすくなります。その結果、データの整合性が損なわれ、情報の不整合が生じます。共同作業をスムーズに行うためには、専門的な共有ツールやデータベースが必要です。

Excelによる顧客管理・名刺管理の実践方法はこちらから

名刺管理ソフトの導入手順を徹底解説

名刺管理ソフト 導入手順

ここからは、名刺管理ソフトを導入していくための導入手順について解説します。自社に合う名刺管理ソフトを選定し、名刺管理ソフトのメリット・導入前の注意点を把握しただけでは、自社の名刺管理における業務効率が上がるとは限りません。実際に、名刺管理ソフトの導入におけるアクションまで落とし込むことで、初めてその効果やメリットを実感できます。導入手順を一つ一つ理解し、自社における名刺管理ソフトの導入イメージの解像度を上げましょう。

1. ニーズの明確化と目標設定

名刺管理ソフトを導入する前に、組織内のニーズを明確にしましょう。どのような課題を解決したいのか、どの程度の効率改善を目指すのかを定義します。目標設定は具体的で測定可能なものであるべきで、例えば名刺のデータ化時間を50%短縮する、データの正確性を向上させるなどといった目標を立てます。

2. 名刺管理ソフト選定とデモの実施

比較記事・市場で利用可能な名刺管理ソフトを調査し、組織のニーズに合致するものを選定します。選定したソフトウェアについて、名刺管理ソフトの比較記事を参照したり、ベンダーからデモンストレーションを受けたりすることで、実際の操作手順や機能を理解します。複数のオプションを比較し、最適なものを選びます。詳しくは「名刺管理ソフトを選ぶ際の比較ポイント9つ」をご参照ください。

3. スモールスケールでのテスト導入

名刺管理ソフトウェアを全社に導入する前に、スモールスケールでテスト導入を行います。一部の部署や従業員を対象にし、ソフトウェアのパフォーマンスや適用性を評価します。問題点が浮き彫りになった場合、修正や調整を行います。ソフトによっては、無料トライアルが可能なソフトもございます。テスト導入を検討する場合は、無料トライアルの有無も重要な選定ポイントになるでしょう。

4. データの整理と準備

名刺管理ソフトを使っていくためには、名刺データの整理と準備が不可欠です。古いデータのアーカイブ、データベースのクレンジング、データのフォーマット統一などを行います。クリーンで正確なデータを用意することで、効果的な運用が可能になります。

5. 簡易な操作トレーニング

全ての従業員が名刺管理ソフトウェアを効果的に使用できるように、簡易な操作トレーニングを提供します。基本的な機能の使い方やデータの登録方法を説明し、従業員が最低限必要なスキルを習得できるようサポートします。

6. 評価と改善

テスト導入後、ソフトウェアの評価を行います。ユーザーフィードバックを収集し、問題点や改善の余地を特定します。ソフト提供元の企業や、ソフトウェアベンダーと協力して、必要な修正や調整を行い、効率と効果を向上させます。

7. 全体導入とトレーニング

スモールスケールのテスト導入が成功したら、名刺管理ソフトを全社に導入します。全ての従業員に対して詳細なトレーニングセッションを実施し、高度なスキルと最適な利用方法を提供します。

8. 定期的なフォローアップ

名刺管理ソフトウェアの導入後も、定期的なフォローアップが重要です。ユーザーのフィードバックを継続的に収集し、システムのパフォーマンスやニーズに合わせて調整を行います。変化する業務環境に適応し続け、最適な利用を実現します。名刺管理ソフトによっては、導入後のサポート体制が充実しているものもあります。名刺管理ソフトを比較する際は、導入後のフォローアップの有無も含めて、慎重に選定していきましょう。

名刺管理ソフト利用者の声を紹介

名刺管理ソフト 導入事例 sansan

では、実際に名刺管理ソフトを導入することで、具体的にどのような効果を得られるのでしょうか?ここでは、Sansan株式会社が提供する「営業DXサービスSansan」の導入事例を3つ紹介します。業種や会社の規模などもそれぞれ異なるので、自社の形態に近いものを参考に、自社への導入を検討していただければと思います。

CASE1.事業内容:求人・就活サイト運営、従業員数:1001名以上

名刺管理ソフト Sansan 導入事例 ①

アイデム株式会社様は、新型コロナウイルスの影響でオンライン商談の増加と、顧客情報の正確な管理が難しい状況下で、Sansanを活用することでオンライン名刺を効果的に利用し、顧客情報の一元管理を実現しました。これにより、オンライン名刺を活用した受注増加、メールマーケティングの改善、精度の高い商談を実現しました。

①Sansan導入前の課題

まず、新型コロナウイルスの影響で対面商談が減少し、オンライン商談が増加したことから、正確な顧客情報が得づらくなりました。また、従来、名刺は担当者個人ごとに管理されており、お客様との接点が透明ではありませんでした。担当者の引継ぎや新規開拓の際に、接点情報が不足し、商談の機会を失うことがありました。顧客情報の蓄積・維持も難しく、正確な情報が必要でした。

②Sansan採用の決め手

Sansanでのオンライン名刺を活用することで、訪問時と同様に顧客情報を取得し、接点情報を可視化しました。担当者ごとに名刺を一元管理し、営業活動を効率的に行えるようになりました。さらに、SansanをSalesforceやMAと連携させ、顧客情報を一元管理することで、マーケティングにも活用でき、メールマーケティングの反応率が向上しました。オンライン名刺の活用により、新規顧客情報の登録数が約6倍に増加し、正確な情報を基に営業活動の質を向上させました。

③業務中によく使うSansanの機能

Sansanで重宝している機能は、オンライン名刺の管理と活用です。営業担当者はオンライン名刺を設定し、顧客情報を取り込むために自分の名刺を事前に登録し、オンライン名刺用の画像も作成します。これにより、オンライン名刺の交換がスムーズに行え、訪問時と同様の正確な情報を取得できます。また、SansanをSalesforceやMAと連携させ、顧客情報を営業活動やマーケティングに活用します。その結果、営業活動の効率化、メールマーケティングの改善、商談の精度向上に貢献しました。 Sansanは、アイデムの営業スキームの中心となり、顧客情報の正確な管理と活用を可能にし、成果を大きく伸ばしました。

Sansan の導入事例 | アイデム株式会社

CASE2.事業内容:鉄鋼業、従業員数:21-50名以上

名刺管理ソフト Sansan 導入事例 

丸喜鋼業株式会社様は福岡県北九州市に本社を置く中小企業で、パイプの卸売・小売業を主力事業としていました。2008年のリーマン・ショック以降、業績が低迷し、3期連続の赤字に直面していました。しかし、名刺管理ソフト「Sansan」を導入したことで、営業活動と人脈管理に革命をもたらし、業績のV字回復を実現しました。Sansanを活用し、名刺情報や営業情報の一元管理と可視化を図り、人とのつながりを強化。営業活動の効率化と情報共有基盤の構築に成功し、業績が向上しました。

①Sansan導入前の課題

まず、営業活動の効率化が難しく、営業日報の導入など試みたものの、情報の収集や共有が不十分でした。名刺情報や営業情報が分散しており、有効な情報の活用が難しかったことも課題でした。また、営業の実績や動向を組織全体で共有する仕組みが不足しており、組織運営にも支障をきたしていました。

②Sansan採用の決め手

以前に名刺管理ソフトのEightを利用した経験があり、その利便性に感銘を受けました。Sansanは名刺情報のスキャンと一元管理が可能であり、これによって人脈情報の蓄積が容易になると期待しました。また、Sansanは組織図を提供し、企業情報を整理して表示できるため、関係者の情報を迅速に把握できる点も魅力でした。さらに、営業活動のトラッキング機能を活用すれば、営業の進捗をリアルタイムで把握でき、組織全体で情報共有が可能になりました。

③業務中によく使うSansanの機能

Sansanの名刺情報の集約と管理機能により、営業担当者が名刺をスキャンするだけで名刺情報がデジタル化され、会社内で共有可能になりました。これにより、多くの人との出会いから得られる情報が効率的に蓄積され、ビジネスの資産として活用されました。また、Sansanのコメント欄機能の活用を通じて、個別の情報や印象、特徴などを迅速に記録できるようになりました。これにより、次回の会合や商談の前に相手に関する情報を簡単にアクセスでき、パーソナライズされたコミュニケーションが可能になりました。相手の関心事や趣味などを把握し、会話を豊かにし、信頼関係を築く手助けをしました。

Sansan の導入事例 | 丸喜鋼業株式会社

CASE3.事業内容:PC製造・販売、従業員数:301-1000名

名刺管理ソフト Sansan 導入事例 ③

レノボ・ジャパン合同会社様は2015年にSansanを導入しました。Sansanでは名刺情報を一元管理し、CRMデータベースと連携させ、顧客情報のタイムリーアップデートを実現。名刺情報の手動入力にかかる時間を削減し、営業効率向上に貢献。営業アプローチの改善、名刺の可視化、過去情報の活用により、飛び込み営業を減少させ、ワークスタイル変革を推進しています。

①Sansan導入前の課題

導入前には顧客情報、特に名刺情報の管理に課題がありました。営業担当者はCRMデータベースに手動で名刺情報を入力し、情報のタイムリーアップデートが難しく、入力作業に時間がかかりました。顧客情報が増えるにつれて、新規顧客へのアプローチが困難になり、情報の非効率的な管理が問題でした。

②Sansan採用の決め手

Sansanは名刺情報を簡単にデジタル化でき、それが会社のデータとして共有できることが決め手でした。営業担当者はSansanを通じて他の社員が持つ名刺情報を検索し、新しいお客様にアプローチできるようになりました。名刺情報の一元化により、チームメンバー同士が連携しやすくなり、顧客情報のアップデートがタイムリーに行えるようになりました。

③業務中によく使うSansanの機能

Sansanの活用により、営業アプローチが改善し、名刺情報が可視化され、過去の営業データの利活用が促進されました。具体的な機能としては、名刺情報のデジタル化、組織ツリーの活用、過去の情報確認、営業活動の可視化などが挙げられます。これらの機能は、効率的な営業活動をサポートし、営業担当者のモチベーション向上にも繋がっています。将来的にはCRMデータベースとの連携を強化し、営業拡販を目指す計画です。

Sansan の導入事例 |レノボ・ジャパン合同会社

導入した製品:Sansan

  • 名刺管理ソフト 企業データベース

    Sansan株式会社の営業DXサービスSansanは、シェアNo.1で82*%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されています。業種や従業員規模、売上高、役職者情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点がある・ないに関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。さらに、Sansanに取り込んだデータを外部システムと連携・統合することで、企業ガバナンスの強化といった営業やマーケティング以外の目的でのデータ活用も後押しします。
    * 出典:営業支援DXにおける名刺管理サービスの最新動向2023 (2022年12月 シード・プランニング調査)

    製品のおすすめポイント

    1 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く

    Sansanは名刺データを会社・人物単位で自動的に集約し、管理できます。全社の人脈を活用し、ビジネスチャンスを逃しません。またダイヤモンド社やEightの人事異動情報や企業の最新ニュースを受け取れるので、新しいビジネスチャンスも生み出せます。名刺をきっかけに企業に大きな利益をもたらします。

    2 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる

    名刺をスキャンすると、名刺データとして保管され、メモや議事録に紐づけることが可能になります。過去にした会話や議事録をふまえ、最適なコミュニケーションや決定を行うことが可能です。人事が適切な評価を下せるだけでなく、退職や異動時の引継ぎがスムーズになり業務が円滑になります。

    3 オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理

    専用アプリを利用し、社外でもSansanを活用可能です。訪問前にスマートフォンから相手の部門や連絡先、過去のやり取りを確認でき、取引先に迷惑をかけません。同時に本来社外に持ち出していた個人情報をITで管理できるため、紛失のリスクを無くせます。また金融機関でも認められた高いセキュア性を有しているため、安心です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 人物データベース 顧客分析 API自動連携 マーケティングタグ リストからメール配信可 ニュース配信 名刺管理 名寄せ機能 専用スキャナー取込 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 ニュース通知
    サポート 電話 メール
    トライアル 無し
    最低利用期間 1年間
    よく導入している業種
    運営企業:
    Sansan株式会社
    本社:
    東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
    創立:
    2007年6月11日
    代表者名:
    寺田 親弘
    資本金:
    66億33百万円(2023年8月31日時点)
    URL:
    https://jp.corp-sansan.com/
    導入事例44件をみる

営業活動の強化には名刺管理ソフトの導入が必須

営業活動の強化には名刺管理ソフトの導入が必須

企業が名刺管理ソフトを導入することで名刺管理をデータで一元管理することができるようになり、業務の効率化を図れます。一元管理が可能になることで、他の社員との連携も強化されます。商談の効率化や商談記録を残すこともできるため、更なるビジネスチャンスをつかめる場合もあるでしょう。

ただし、名刺管理ソフトにはメリットや注意点があり、料金体系やサービス内容についても各社それぞれ違いがあるため様々な視点から名刺管理ソフトを選ぶ必要があります。本記事でご紹介した名刺管理ソフトはユーザーから利便性や料金の妥当性、信頼性において定評があるものばかりです。導入の際にはぜひ参考にしていただき、ご検討ください。

よくある質問

名刺管理ソフトとはどんなソフト?

名刺管理ソフトとは、紙の名刺をスキャナまたはスマートフォンを使いデータ化し、一元管理するソフトのことを指します。

法人向けと個人向けの名刺管理ソフトは何が違う?

名刺管理ソフトの個人向けと法人向けには、価格や機能などに違いがあります。利用目的が名刺管理のみの場合、個人向けの製品でも十分対応できることがあります。
しかし、会社で導入する場合は法人向けがおすすめです。法人向けの名刺管理ソフトは有料のものが多いですが、名刺管理機能のほかに以下のような営業活動におけるあらゆる便利な機能が搭載されています。

1.社内全体で名刺情報を共有する機能
2.社内や取引先の人脈の繋がり(人脈ツリー)を可視化する機能
3.名刺情報以外の情報(商談内容など)を登録する機能
4.取引先の人事異動をお知らせする機能
5.営業メールの配信機能
6.SFA・CRMとの連携機能

また、トラブル時のサポートやアフターケアなどが提供される場合もあり、いざという場合でも安心してご利用いただけます。営業力の向上や顧客の育成などを目指す場合、法人向けのサービスの導入を検討しましょう。

無料と有料の名刺管理ソフトは何が違う?

無料版の名刺管理ソフトは、名刺をデータ化するのみの機能に限ったものが多く、それ以外のビジネスシーンで活用できそうな機能はあまり搭載されていません。
また、一部機能が制限されていることもあるため、大量の名刺管理や営業効率を高めるためにはあまりおすすめはできません。
有料版の名刺管理ソフトは、人脈ツリーや社内での情報共有などが可能です。また、営業メールの配信やSFAやCRMとの連携機能など業務や営業において役に立つ機能が搭載されています。法人の場合は有料版の名刺管理ソフトを導入するケースが多いです。

名刺管理ソフトを選ぶ際の比較ポイントとは?

名刺管理ソフトを選ぶ際の比較ポイントは以下9つが挙げられます。
1.法人向けか個人向けか
2.無料版か有料版か
3.名刺の取り込み方法で選ぶ
4.提供形態で選ぶ
5.名刺の取り込み精度が高いか
6.操作がしやすいか
7.利用料金やオプションの費用が妥当か
8.外部ツールと連携が可能か
9.サポート体制が整っているか

名刺管理ソフトを導入するメリットとは?

名刺管理ソフトを導入するメリットは以下5つが挙げられます。
1.大量の名刺を管理することが可能に
2.必要な名刺を検索機能ですぐに見つけることが可能に
3.名刺情報を利用者が入力せずにデータ化できる
4.名刺情報以外にも来社、打ち合わせの記録など、様々な情報を残せる
5.社員同士の情報共有が簡単になる

名刺管理ソフトを導入する前に知っておくべき注意点とは?

名刺管理ソフトを導入する前に知っておくべき注意点は以下の5つが挙げられます。
1.場合によっては名刺登録に時間が掛かる
2.費用が高額な場合がある
3.多重の登録が必要になる場合がある
4.急な導入は混乱を招く可能性がある
5.多機能だと使いこなせない可能性がある

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1553件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる