Menu
Close

名刺管理ソフトの導入事例10選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

目次

本記事では、企業が名刺管理ソフトを導入することで、どのような効果を得られたのかについて紹介します。導入した企業の業種と規模を確認し、導入前の課題から改善の施策、導入後の効果を知ることで名刺管理ソフトを導入する際の参考にしましょう。

導入事例1:株式会社日本投資環境研究所(導入製品:ホットプロファイル)

名刺管理ソフト 導入事例 ホットプロファイル①

業種 企業規模
金融 51名-100名

導入前の課題

上場企業向けのIRコンサルティング事業では、顧客情報を一元化して効果的に活用するツールの探求が行われました。これまではExcelを使用して顧客リストを管理していましたが、手作業が多く非効率な状況に悩まされていました。手動で行わなければならない作業が多いため、経営資源である情報を効率的に利用する仕組みが必要でした。顧客リストを一元管理するだけでなく、蓄積された情報を活用して顧客に応じたコミュニケーションを取る体制を整えたいという思いがありました。

改善の施策

ツールの導入を検討し、求める機能は4つでした。まず、顧客情報の一元化と簡単なデータ更新が必要でした。次に、セミナー案内メールの送信リストを作成する機能が求められました。さらに、メールの配信とその結果の可視化も重要でした。最後に、オンラインセミナー後のアンケートの配布、回収、集計を効率的に行う機能が必要でした。複数のツールやリストを組み合わせて作業していた現状を改善し、これらの機能を一つのパッケージで提供してくれるツールを探しました。

導入後の効果

ホットプロファイルの導入により、いくつかの効果が現れました。まず、業務効率が格段に向上しました。顧客情報の変更が一箇所で済むようになり、作業効率が大幅に改善されました。また、セミナー案内メールの配信リスト作成にかかる時間も短縮されました。

さらに、お客様情報の修正やアンケートの回収・集計など、これまで複数のリストやツールを使って行っていた作業がホットプロファイルだけで完結できるようになりました。これにより、属人化が解消され、他の担当者でも対応できるようになりました。メール配信の自由度も上がり、スピード感をもった情報発信が可能になりました。

名刺管理ソフトの比較記事はこちらから

導入事例2:エイトレント株式会社(導入製品:ホットプロファイル)

名刺管理ソフト 導入事例 ホットプロファイル②

業種 企業規模
ビジネスサービス 101名-300名

導入前の課題

約10年間、当社は他社製の名刺管理サービスを利用していましたが、営業活動の効率化やSFA機能の強化において顕著な不満がありました。また、将来的な改善の見通しも立たず、フォローアップ体制においても充実感を得ることができませんでした。

改善の施策

ホットプロファイルへのリプレイスでは、以前のサービスに合わせた運用ルールを維持しつつ、営業支援系機能を充実させました。営業やカスタマーサクセス部門は課題解決に取り組み、SFA機能の活用方法を実現するためのサポートを提供しました。

導入後の効果

ホットプロファイルの導入により、営業活動は可視化・効率化され、営業担当者にとって使いやすい環境が整いました。継続契約の管理や営業数字の把握が容易になり、効果的な営業支援機能も活用されるようになりました。さらに、変更記録の追跡やメール配信・Webサイト訪問者の一元管理が可能になり、営業の範囲も広がりました。その結果、メールマーケティングの実施や効果の測定が簡単になり、施策のスピードと効果の実感が向上しました。

導入事例3:株式会社OAG(導入製品:ホットプロファイル)

業種 企業規模
ビジネスサービス 301名-1,000名

導入前の課題

OAGグループは、14のグループ会社からなる企業であり、それぞれが経営コンサルティング、税務管理、内部監査などの業務を担当していました。しかし、顧客情報の可視化と共有が不十分であり、お客様の多様なニーズに効果的に対応することが課題でした。各社ごとに顧客管理を行っていたため、情報が分散しており、グループ全体での連携と情報共有が困難でした。

改善の施策

OAGグループは、顧客情報を統合し、お客様がどの会社とどのような接点を持っているかを可視化するシステムの構築を急務としました。そのために、導入していた顧客管理システムを見直し、コストメリットの高いサービスを求めました。ホットプロファイルというシステムを選択し、ライセンス数を増やすことで多くの社員が利用できるようにしました。さらに、使いやすさと操作性の良さを重視し、導入後の使い方に合わせてカスタマイズしました。

導入後の効果

導入後、OAGグループは複数の効果を実現しました。最初に、利用ユーザーの増加と報告の簡素化により、情報の蓄積量が増加しました。これにより、顧客の情報と接点が可視化され、お客様との関係性が把握できるようになりました。さらに、社内の情報共有が円滑に行われ、報告の共有スピードも向上しました。営業報告の詳細な共有も容易になり、お客様への対応が迅速化しました。また、個々の社員にとっても、情報の検索や登録が容易になり、業務の効率化が実現されました。

名刺管理ソフトの比較記事はこちらから

導入した製品:ホットプロファイル

  • 名刺管理ソフト SFA MAツール 顧客管理システム

    株式会社ハンモックのホットプロファイルは、ITreview Grid Award 2023 Winterで名刺管理・SFA・MA・CRM部門の4部門を受賞した名刺管理ソフトです。名刺管理だけでなく、営業支援(SFA)や見込み客発掘も可能であり、企業の売り上げアップと生産性を向上する機能を1つにまとめたソフトとなっています。基本的な名刺管理機能のほか、有料オプションを利用することでビジネス管理や地図連携、人事異動情報の確認だけでなくSalesforceとの連携も可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 営業支援ツールの組み合わせより低コストを実現可能

    名刺管理機能だけでなく、SFAやMA機能も搭載されているため、それぞれ別のソフトを買うより低コストでDX化を推進出来ます。クラウド型の営業支援ツールによりあらゆる情報をデジタル化し、自動で整理。一目で名刺や関連情報を確認できるため、営業の組織力の強化と効率的な活動を進められます。

    2 顧客画面を1画面に集約し、営業活動を支援

    重要な商談前にホットプロファイルの「お客様カルテ」を見るだけで、顧客の最新情報や興味、関心、営業活動が簡単に把握、欲しい情報をすぐに得られます。また課題に合わせてプランを選択でき、営業力の強化、もしくはマーケティング力の強化を選択可能です。企業の強みをさらに強化し、大きな利益をもたらします。

    3 高い拡張性と盤石なセキュリティにより安心して利用できる

    APIを利用しシステムを連携させ、機能を拡張できます。既存業務フローへの統合や自動化により、業務の円滑化を進めることが可能です。項目のカスタマイズも可能で、技術的な面に不安がある人でもかんたんにできます。またクラウドセキュリティガイドラインに準拠した運用を行っており、第三者認証も取得しているので安心して利用できる体制が整っています。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 SFA 予実管理 顧客管理 商談管理 ToDo管理 営業日報 MAツール 名刺管理 報告管理 名寄せ機能 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 自動メンテナンス 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 GPS報告 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携 ニュース通知 CRM 顧客対応管理 ファイル共有
    サポート 電話 メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社ハンモック
    本社:
    東京都新宿区大久保1-3-21 ルーシッドスクエア新宿イースト3F
    創立:
    1994年 4月 1日
    代表者名:
    若山 大典
    資本金:
    3,648万円
    URL:
    https://www.hammock.jp/company/#company_profile
    導入事例41件をみる

導入事例4:日本ビジネスシステムズ株式会社(導入製品:Sansan)

名刺管理ソフト Sansan 導入事例①

業種 企業規模
ビジネスサービス 1,001名以上

導入前の課題

Sansan Data Hubの導入前、顧客データの精度に課題がありました。顧客データが古く更新されず、情報の抜け漏れや重複が問題となっていました。特に、同一人物のデータが複数登録され、最新のデータを特定することが難しい状況でした。

改善の施策

Sansan Data Hubを導入し、顧客データの課題を解決するための施策を実施しました。Sansan Data Hubは、顧客データの表記揺れを修正し、重複データを統合して正規化する機能を提供しています。約4200件の顧客データの重複が解消されると共に、データクレンジングを進め、さらなる顧客データの正規化・統合を期待しています。

導入後の効果

導入後、顧客データの精度が向上しました。過去に顧客データの古さによる郵便物の返送が問題となっていましたが、Sansan Data HubによりMicrosoft Dynamics 365の顧客データが整備され、返送を減らすことが期待されます。また、見積書作成や商談管理などのビジネスプロセスもMicrosoft Dynamics 365の正確な顧客データに基づいて行われ、より正確かつ効率的になりました。さらに、Sansan Data Hubは企業情報や登記情報の付与も可能であり、与信管理など他の活用領域にも期待しています。

また、Sansanのオンライン名刺を活用することで、オンライン会議の質を高める効果もあります。オンライン会議の冒頭でオンライン名刺交換を行うことで、アイスブレイクとなり、コミュニケーションを円滑にします。SansanとMicrosoft Teamsの連携により、自動的にオンライン名刺を送ることも可能になりました。この活用により、コミュニケーションの質向上やDXの推進が期待されます。

導入した製品:Sansan

  • 名刺管理ソフト 企業データベース

    Sansan株式会社の営業DXサービスSansanは、シェアNo.1で82*%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されています。業種や従業員規模、売上高、役職者情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点がある・ないに関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。さらに、Sansanに取り込んだデータを外部システムと連携・統合することで、企業ガバナンスの強化といった営業やマーケティング以外の目的でのデータ活用も後押しします。
    * 出典:営業支援DXにおける名刺管理サービスの最新動向2023 (2022年12月 シード・プランニング調査)

    製品のおすすめポイント

    1 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く

    Sansanは名刺データを会社・人物単位で自動的に集約し、管理できます。全社の人脈を活用し、ビジネスチャンスを逃しません。またダイヤモンド社やEightの人事異動情報や企業の最新ニュースを受け取れるので、新しいビジネスチャンスも生み出せます。名刺をきっかけに企業に大きな利益をもたらします。

    2 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる

    名刺をスキャンすると、名刺データとして保管され、メモや議事録に紐づけることが可能になります。過去にした会話や議事録をふまえ、最適なコミュニケーションや決定を行うことが可能です。人事が適切な評価を下せるだけでなく、退職や異動時の引継ぎがスムーズになり業務が円滑になります。

    3 オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理

    専用アプリを利用し、社外でもSansanを活用可能です。訪問前にスマートフォンから相手の部門や連絡先、過去のやり取りを確認でき、取引先に迷惑をかけません。同時に本来社外に持ち出していた個人情報をITで管理できるため、紛失のリスクを無くせます。また金融機関でも認められた高いセキュア性を有しているため、安心です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 人物データベース 顧客分析 API自動連携 マーケティングタグ リストからメール配信可 ニュース配信 名刺管理 名寄せ機能 専用スキャナー取込 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 顧客管理 連絡帳連携 撮影取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 SFA・MA連携 URL名刺交換 スマホスキャン取込 メール配信 データ連携 ニュース通知
    サポート 電話 メール
    トライアル 無し
    最低利用期間 1年間
    よく導入している業種
    運営企業:
    Sansan株式会社
    本社:
    東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
    創立:
    2007年6月11日
    代表者名:
    寺田 親弘
    資本金:
    66億33百万円(2023年8月31日時点)
    URL:
    https://jp.corp-sansan.com/
    導入事例44件をみる

導入事例5:株式会社アルム(導入製品:やさしく名刺ファイリング)

名刺管理ソフト やさしく名刺ファイリング 導入事例

業種 企業規模
ビジネスサービス 51名-100名

導入前の課題

弊社営業部門は、新商品「Join」の発売に伴い、全国の医療機関および関係者への営業活動を行っていました。このため、多くの名刺を受け取り、その管理と活用方法に課題がありました。具体的には、名刺の数が増加し続ける中で、安価な方法で効率的に管理する必要があり、また、出張後の名刺登録作業も効率化したいというニーズがありました。

改善の施策

名刺の管理と活用のため、営業部門では効率性を重視しました。まず、名刺の管理には「やさしく名刺ファイリング PRO v.9.0」というパソコン用の名刺管理ソフトを導入しました。これにより、名刺をデータベース化してパソコン上で管理できるようになりました。さらに、出張後の名刺登録作業を効率化するため、スキャナ「ブラザー JUSTIO ADS-2500W」を導入しました。このスキャナは、一度のスキャンで30枚程度の名刺を両面取り込むことができ、非常に便利です。また、営業担当者ごとに名刺を管理するため、個別のフォルダも導入しました。

導入後の効果

上記の施策により、名刺管理と活用において以下の効果が得られました。まず、名刺の管理はパソコン上で行われるため、効率的かつ簡便に行えるようになりました。また、スキャナの導入により、一度の作業で多くの名刺をスキャンできるようになりました。さらに、営業担当者ごとに名刺を個別に管理することで、フォルダごとに整理された名刺管理が可能となりました。これらの施策により、名刺管理の効率化と情報の整理が実現されました。

導入した製品:やさしく名刺ファイリング

  • 株式会社NTTデータNJKの名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO」は、専用のスキャナなどから名刺を取り込み、名刺に記載されている社名や住所、名前、メールアドレスなどを文字認識(OCR)することでテキストデータに変換し、付属のデータベースで管理・検索・活用する名刺管理ソフトです。万が一に備えた自動バックアップや住所録や筆ソフトにデータを転送して活用できるなど、パッケージ型ならではの機能も満載です。

    製品のおすすめポイント

    1 直観的に操作・確認できる名刺管理画面や豊富な検索機能などによって使いやすい

    名刺データはフォルダツリーで管理され、登録名刺は画像とテキストデータを並べて表示させることができます。フォルダは99個まで作成できるので、用途ごと・担当者ごとにわけるなど大量の名刺管理も容易です。氏名や社名の一部から名刺を簡易検索したり、 名刺の登録日や面会した日、またタグ付けした情報からも検索することができます。

    2 高性能OCRで簡単に登録でき、名刺情報の自動付与が実現できる

    スキャナなどから登録した名刺は国内最高峰のOCRエンジンを使ってテキストデータ化され、自動で氏名・社名・住所などの各項目に自動で振り分けられます。「登録者」や「名刺交換場所」などの属性値を事前設定しておけば、その後に一括登録したデータ全てに情報が付与されます。

    3 パッケージ型ながら、スマートフォンとの連携ができる

    スマートフォン用名刺閲覧アプリが無料で付属。PCから登録したデータをスマートフォンで閲覧することができます。氏名や社名から検索・閲覧することはもちろん、管理する名刺データの住所位置を地図にまとめて表示したり、訪問先の会社の位置を地図にまとめて表示させ、訪問先のルートを確認することができます。

    ソフト種別 パッケージ型ソフト
    基本的な機能 名寄せ機能 多言語化 組織図表示 認識精度判定 専用スキャナー取込 スマホスキャン取込 SFA・MA連携 メール配信 データ連携 タグ・ラベル付け ダウンロード機能
    サポート 電話 チャット
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社 NTTデータNJK
    本社:
    東京都中央区新富二丁目3番4号 NJKビル
    代表者名:
    横田 武
    URL:
    https://www.njk.co.jp/
    導入事例8件をみる
名刺管理ソフトの比較記事はこちらから

導入事例6:株式会社埼玉新聞社(導入製品:ネクスタ・メイシ)

業種 企業規模
ビジネスサービス 101名-300名

導入前の課題

社内の名簿情報が分散しており、管理コストの削減が課題でした。情報の一元化と共有の不足により、部署や立場によって異なる人脈が可視化されず、名簿の管理や引継ぎにも課題がありました。

改善の施策

名刺管理アプリの導入により、名簿情報の集約と一元化を実現しました。社内での名刺交換やネットワーキングイベントで取得した名刺をアプリに取り込み、社員全体で共有することで、リアルタイムでの人脈の共有と可視化を図りました。

導入後の効果

名刺管理アプリの導入により、管理コストが削減されました。情報の一元化により名簿も一本化され、社内の交流イベントや催しにおいても名簿の管理が容易になりました。社長を含むトップ層の積極的な利用により、リアルタイムでの人脈共有が実現され、社員のネットワーキングが促進されました。さらに、名刺の詳細画面において交換回数やつながりの深さが可視化されるため、イベントへの招待やビジネス展開においても効果的な人脈活用が可能になりました。

導入した製品:ネクスタ・メイシ

  • 東日印刷株式会社のネクスタ・メイシは、名刺情報を効率的に管理するためのシステムです。ネクスタ・メイシでは法人企業単位で名刺を管理できるので人脈共有が進み販売ロスや機会ロスを低下させることができます。「誰にとっても使いやすく、誰にとってもお求めやすいツール」というコンセプト通り、リーズナブルな価格ながら、選び抜かれた機能が誰でも直感的に使え、シンプルでわかりやすいインターフェースを兼ね備えているのも魅力的です。

    製品のおすすめポイント

    1 名刺情報を効率的に管理しながら、営業活動などに利活用できる

    ネクスタ・メイシの名刺取り込みは推奨のスキャナーとモバイルアプリケーションだけで、名刺のデータ化が実現できます。登録枚数にも制限はなく、一度に100枚の名刺を登録することが可能です。また、一斉送信メール機能やCSVインポート・エクスポート機能によってデータを営業活動に利活用することができます。

    2 圧倒的なコストパフォーマンスと使いやすさが魅力的

    ネクスタ・メイシは、シンプルでわかりやすい画面設計が特長です。また名刺を探すときも、検索エンジンのような絞り込み機能によって簡単に利用できます。さらに、多くの機能を兼ね備え、高品質であるのに660円であることが最大の魅力です。「660円でここまでできる」ネクスタ・メイシのユーザーからはそんな声が寄せられます。

    3 世界最高峰の開発エンジニア陣によって、最先端の機能を搭載

    ネクスタ・メイシはインド工科大学のコンピューターサイエンス学科出身のエンジニアが開発しました。特に、名刺の読み取り精度向上を目的としたAIによる機械学習機能はネクスタ・メイシの機能の中でも最大の特徴です。名刺を読み取り、次回以降の編集の際に候補が表示されるようになるので、効率的に名刺情報を管理できます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名寄せ機能 多言語化 組織図表示 認識精度判定 顧客管理 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 データ連携
    サポート チャット
    トライアル 有り
    最低利用期間 1年
    よく導入している業種
    運営企業:
    東日印刷株式会社
    本社:
    東京都江東区越中島2-1-30
    代表者名:
    武田 芳明
    URL:
    https://tonichi-printing.co.jp/
    導入事例9件をみる

導入事例7:株式会社りそな銀行(導入製品:名刺ソナー(sonar))

名刺管理ソフト 名刺ソナー 導入事例

業種 企業規模
金融 1,001名以上

導入前の課題

株式会社りそな銀行は中小・零細企業向けのマーケティング強化を図るため、「ユーソナー(uSonar)」という企業データベースを導入しました。しかし、戦略策定に必要な企業属性や法人番号の付与に課題を感じていました。また、全社で名刺情報を共有する際に重複や競合が生じることも課題となっていました。

改善の施策

この課題に対処するため、株式会社りそな銀行は「ユーソナー(uSonar)」と「Sales Cloud」というSFAを連携させることでデータ統合を実現し、企業属性や法人番号の付与を自動化しました。さらに、名刺管理アプリ「名刺ソナー」を200ID導入し、名刺の全社共有とリアルタイムなデータ活用を実現しました。

導入後の効果

これにより、株式会社りそな銀行はデータを有効活用するためのシステム基盤を構築することに成功しました。名刺の全社共有やデータ統合・法人番号の付与が自動化されたことで、効率的なマーケティングが可能となりました。

導入した製品:名刺ソナー(sonar)

  • 株式会社ランドスケイプの名刺ソナー(sonar)は、法人企業データベースLBCを利用し企業情報の補正・属性情報の付与を行える名刺管理ソフトです。CRM/SFAとの連携も可能で、取引状況や商談情報を参照可能。常に会社データが更新されるため、名刺登録後に会社の移転などが行われても、同期するためデータが常に最新に保たれます。名刺交換以前の営業活動だけでなく、名刺交換後の管理まで高いベネフィットをもたらすことが可能なのが名刺ソナー(sonar)の特徴です。

    製品のおすすめポイント

    1 名刺に載せられていない企業情報を会社情報に紐づけ可能

    名刺ソナー(sonar)は、名刺情報に企業規模や資本系列情報、ニュースやテナント情報に紐づけし、営業活動に役立つ各種情報を名刺管理ソフトだけで確認可能です。企業に関する知識を網羅することで、営業チャンスの幅を広げ、業務を更に広げる可能性にjも繋がります。

    2 名刺の入力工数を削減、自動メンテナンスも行う

    スマートフォンの名刺の撮影だけでなく、スキャナやメール署名、QRコードでの登録が可能、さまざまな形態でデータを保存できます。大量に取得した名刺の保存や、オンラインでの名刺交換といったシチュエーションごとに登録ができるため、データ登録の工数を削減。会社情報に関しても常にアップデートされるため安心。

    3 CRM/SFA連携が可能、取引先や商談の進行情報を把握可能

    CRM/SFAと連携し、名刺情報だけでなく取引情報や活動情報の把握が可能です。営業活動に対して高いインセンティブを提供します。また自社の関わっていないターゲット企業を可視化できるため、新しい営業チャンスを発掘し、精度や効率の良い営業活動が可能になります。結果的に自社の利益につなげることが可能です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名寄せ機能 組織図表示 自動メンテナンス スマホスキャン取込 SFA・MA連携 URL名刺交換 メール配信 ニュース通知
    サポート 電話
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社ランドスケイプ
    本社:
    東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ15F
    創立:
    1990年9月10日
    代表者名:
    福富 七海
    資本金:
    100,000,000円
    URL:
    https://www.landscape.co.jp/company/about.html
    導入事例6件をみる
名刺管理ソフトの比較記事はこちらから

導入事例8:株式会社明治ゴム化成(導入製品:THE 名刺管理 Business)

名刺管理ソフト THE 名刺管理 Business

業種 企業規模
製造 101名-300名

導入前の課題

営業推進チームはクロスセルの効果を高めるため、各事業部間の情報共有と顧客情報の透明性が必要であると認識していました。しかし、現状では情報共有が不十分であり、顧客へのアプローチに制約がありました。

改善の施策

営業勉強会や同行セールスなどのクロスセル活動を行ってきましたが、これに加えて名刺情報の一元管理と各事業部での共有を実現するツールが必要であると判断しました。THE 名刺管理 Businessを導入することで、顧客情報の共有とアプローチの透明性を確保することを目指しました。

導入後の効果

THE 名刺管理 Businessの導入により、名刺登録業務が簡素化され、営業アシスタントの負担が軽減されました。名刺のスキャンは高速で行われ、担当者への返却も迅速に行われるようになりました。また、各事業部と営業推進チームが名刺データを共有できることで、顧客との関係性や機会を把握し、クロスセルにつながる動きが期待されます。名寄せ機能により重複を避け、名刺データの最新化も容易になりました。サポートの充実もあり、適切な回答を迅速に得ることができています。

導入した製品:THE 名刺管理 Business

  • 株式会社NTTデータNJKのTHE 名刺管理 Businessは、高いセキュリティ性とシンプル操作が特徴の、顧客管理プラットフォームSalesforceで動作する名刺管理ソフトです。ユーザーは名刺をスキャンするだけで簡単にデジタル化が可能。データは企業で共有して一元管理できます。データベースは世界でシェアNo.1のSalesforceと同じセキュリティ性で管理されるので安心して利用可能です。名刺の閲覧や共有、メール配信といった基本機能のほかに、オプション機能では訂正サービスなどを利用できます。

    製品のおすすめポイント

    1 確認しやすい管理画面で社内の人脈も可視化

    名刺画像と氏名、会社名などの情報は並べて表示され、確認しやすくデザインされています。また名刺の人物と同じ会社に属している人物の名刺を同時に表示できるため、人脈を可視化。訪問状況なども管理できるので、状態確認や引継ぎも容易に行え業務をさらに円滑にできるようになります。

    2 高いセキュリティ性で社内・社外でも安心して閲覧

    名刺を登録するだけで社内ではパソコンで確認、出先ではスマートフォンなどのモバイル端末で検索・閲覧が可能です。名刺データはクラウド上でセキュアに管理され、企業の資産を個人情報流出などのリスクから守ります。ローカルにデータを置かないため、スマートフォンの紛失などが起きても安心です。

    3 名刺を高い精度でスキャン、モバイルで活用可能

    専用アプリ、複合機やスマホアプリなど、使い慣れた手段で名刺をスキャン。自社認識エンジンを利用し、常に最新にアップデートされた認識技術で表記ゆれなどを自動的に訂正します。訂正回数に応じて料金を請求するため、低コストを実現。またスマートフォンも専用連携アプリを用意しており、モバイル上でデータを活用できます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名寄せ機能 多言語化 公開・非公開設定 組織図表示 自動メンテナンス 認識精度判定 スマホスキャン取込 メール配信 データ連携
    サポート メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社NTTデータNJK
    本社:
    東京都中央区新富二丁目3番4号 NJKビル
    創立:
    1970年4月20日
    代表者名:
    横田 武
    URL:
    https://mediadrive.jp/company
    導入事例4件をみる

導入事例9:株式会社EPOCH(導入製品:メイシー)

名刺管理ソフト メイシー

業種 企業規模
人材サービス 21名-50名

導入前の課題

自社では様々な名刺管理サービスを検討しましたが、機能的にお会いした方の名刺を正確かつ迅速にデータ化し、モバイルでも簡単にアクセスできる名刺管理の価値をシンプルかつ安価に提供してもらえるサービスを求めていました。以前は小さいデザインの名刺で自分の名刺と頂いた名刺を分けて箱に保管するという方法で管理していましたが、活用度は低く、名刺の重要性に対して不十分でした。

改善の施策

メイシーの導入により、私やスタッフの名刺だけでなく、監督やクリエイターなど現場で頂いた名刺も管理できるようになりました。会議や取引先での面談の履歴が可視化され、誰がいつどの方と会ってどの仕事を行ったのかが明確になりました。さらに、メイシーを利用してコンタクトリストの管理や顧客管理を行っており、メルマガを用いたターゲットメールの送信なども行っています。また、クリエイティブ業界においては優れたクリエイターや監督の名刺も多く、これまで私だけが把握していた過去の仕事履歴を名刺情報とともに社内スタッフと共有することができるようになりました。

導入後の効果

メイシーのシンプルな機能と直感的な操作性は、新入社員にもすぐに使いこなせる点が評価されています。名刺情報の共有により、社内スタッフ全員が監督やクリエイターの情報を理解することができるようになりました。特に、業界特有の長い部署名や同姓同名の方がいる場合において、メイシーの利用は受付業務において頻繁に活用されており、大変便利です。

さらに、メイシーの低コストで正確かつ迅速な名刺データ化、綺麗な名刺画像の提供にも満足しています。これにより、年間700件以上の案件を扱う私たちにとって、名刺情報は非常に重要な情報となっています。メイシーの導入により、私たちは名刺情報を効果的に管理し、業務の幅や受注確率の向上につなげています。

導入した製品:メイシー

  • 株式会社もぐらのメイシーは、たまった名刺を送るだけで簡単に名刺管理ができる名刺管理ソフトです。BOXIL SaaS AWARD 2021やGRID AWARD 2021 Fallなどを受賞しており、カスタマイズ性やサービスの安定性、機能性に優れています。アプリ版も用意されており、メイシーに契約しアカウントを発行するだけで利用ができます。データはISMSを取得したセキュリティ性の高いデータセンターに格納され、SNSのように勝手にユーザー同士をつなげたり宣伝メールを送ることが無いため安心です。

    製品のおすすめポイント

    1 アプリ版も利用できる、充実した機能性と安定性

    社内で名刺情報を共有、整理機能といった基本的な機能はもちろん、会社株価などの紐づけやメール送信機能など充実した機能性が特徴です。またアプリ版も利用することができ、名刺を見てすぐに電話をかけられます。また地図上に会社情報を表示して確認できるので、道に迷っても安心。相手方に迷惑をかけることがありません。

    2 安い価格でありながら充実したサポート・チェック機能

    コンプライアンスチェックや出張スキャンサービスなど、追加料金を払うことで従来の名刺管理サービスにおいて面倒な部分を代替できます。手動1件あたり300円、自動では120円で利用でき、反社会的勢力と付き合うことで起きる損失やリスクを避けることが可能です。また企業に応じて柔軟に課金制度を変えられます。

    3 個人情報管理に優れ、外出先・海外でも利用可能

    集められた名刺情報はISMS取得のデータセンターに格納され、通信もSSLで暗号化されているため安心して利用可能です。外出先や海外でも利用可能であり、安心・安全な通信をいつでも利用できます。管理や営業活動の見える化を促進しつつ、同時にセキュリティ性も両立しビジネスの効率化を達成します。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名刺管理ソフト 名寄せ機能 公開・非公開設定 組織図表示 顧客管理 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 SFA・MA連携 メール配信 データ連携
    サポート チャット
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    株式会社もぐら
    本社:
    大阪市淀川区東三国4-2-4 インザグレイス東三国201
    創立:
    2007年3月
    代表者名:
    小林 伸泰
    URL:
    https://maysee.jp/company
    導入事例42件をみる
名刺管理ソフトの比較記事はこちらから

導入事例10:株式会社阪急阪神エクスプレス(導入製品:名刺de商売繁盛)

名刺管理ソフト 名刺de商売繁盛

業種 企業規模
運輸・物流 1,001名以上

導入前の課題

営業の働き方革新(WSI)プロジェクトの一環として、名刺管理システムの導入が検討されました。これまで、個々の営業担当者が名刺を個人で管理していたため、名刺は重要な顧客情報でありながら、会社の資産として十分に活用されていませんでした。また、顧客情報の集約を目指し、名刺情報をCRMへの統合も検討されていました。しかし、ユーザー数が約1,000人と多く、セキュリティとコストの面で懸念事項がありました。

改善の施策

様々な名刺管理システムを比較した結果、名刺de商売繁盛というシステムの固定の月額利用料金に魅力を感じました。さらに、CRMとの連携を可能にするために、最初は名刺de商売繁盛でデータ化した名刺情報をCSV形式で出力し、手動でCRMに顧客情報として取り込んでいました。しかし、後にAPI連携のオプションサービスが提供されたため、手間と時間を大幅に削減することができました。これにより、初訪問の相手先でも名刺de商売繁盛に情報が登録されていれば、事前に予備知識を得ることができ、商談がスムーズに進むようになりました。

導入後の効果

名刺de商売繁盛を使えば、外出先でもタブレットなどを利用して名刺情報や地図情報を検索できるため、顧客からの急な要望にも素早く対応できるようになりました。また、CRMの取引先担当者マスタへの自動取り込みにより、入力の工数を削減し、データの品質を確保することができています。これらのデータを多角的に分析し、営業のPDCAサイクルに活かしていくことが今後の目標です。名刺管理システムの導入により、名刺情報の活用が向上し、効率的な営業活動が実現しました。

導入した製品:名刺de商売繁盛

  • ヤマトシステム開発株式会社の名刺de商売繁盛は、名刺管理の効率化を進め、働き方改革を実現する名刺管理ソフトです。何人で使用しても30,000円/月額固定で、煩雑な処理が必要ありません。クロネコヤマトでも有名なヤマトグループの会社の1つであり、長年の実績と経験により安心して名刺管理をクラウド上で行えます。名刺をスキャンしスマートフォンやタブレットに送信、データベース化し、全社員の名刺を共有し資産を見える化。事業のチャンスを逃しません。

    製品のおすすめポイント

    1 30,000円/月額のわかりやすい料金体系

    利用者数に関係無く、何人で使用しても30,000円/月額固定で利用できます。利用者数に応じた従量課金は人数が大きくなるほどコストが高くなりますが、ランニングコストを大幅に抑えることが可能です。またメール配信や、オペレーターによる名刺のデジタル化はオプションで利用できます。業務に合わせて柔軟に対応可能です。

    2 ヤマトグループだからこそできる安心のセキュリティ

    ヤマトグループの1つであるヤマトシステム開発株式会社は長年個人情報の扱いに携わっており、プライバシーマーク認証制度が施行された直後より認証を取得しています。データセンターの情報漏洩対策や災害対策、システム障害対策だけでなく、従業員の教育を実施しているため安心して利用可能です。

    3 オプション無しでも充実した機能を使用可能

    組織のツリー表示や名寄せ機能といった、基本的な機能は基本料金で利用可能です。ほかにもCSVファイル出力で年賀状やお歳暮に利用したり、スマートフォンでワンタッチするだけで電話を掛けたりする機能があります。またオプション機能を利用すればメール配信やアンケート機能も利用できる充実した機能性があります。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 名寄せ機能 専用スキャナー取込 組織図表示 顧客管理 スマホスキャン取込 GPS報告 SFA・MA連携 メール配信 データ連携
    サポート 電話
    トライアル 無し
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    運営企業:
    ヤマトシステム開発株式会社
    本社:
    東京都江東区豊洲5-6-36(SIA豊洲プライムスクエア)
    創立:
    1973年1月20日
    代表者名:
    星野 芳彦
    資本金:
    18億円
    URL:
    https://www.nekonet.co.jp/company/profile

名刺管理ソフト21製品の比較一覧

名刺管理ソフトSFAMAツール顧客管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 営業支援ツールの組み合わせより低コストを実現可能
  • 顧客画面を1画面に集約し、営業活動を支援
  • 高い拡張性と盤石なセキュリティにより安心して利用できる

名刺管理ソフト企業データベース

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
  • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
  • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • スキャナやスマートフォンを使って簡単に登録可能
  • 全文検索機能で、必要なデータを簡単に見つけられる
  • 名刺以外の情報やドキュメントも併せて管理可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • サーバーで名刺情報を一元管理し、ブラウザで簡単に閲覧できる
  • スマホで名刺を撮影し、簡単にデータ登録できる
  • アプリ不要で、最適化ブラウザで名刺データを閲覧可能
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度認識によるスピーディなデータベース構築
  • 名刺情報を企業資産として一元管理・活用できる
  • 名刺データをセキュリティで守られた環境で安全に運用できる

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 無料で使える使い勝手のいい名刺管理アプリ
  • 名刺の高精度な検索機能
  • 高い入力精度とどこでもスキャン機能

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 高精度な名刺データ取り込み
  • メモとリマインダー機能
  • 効果的なメール配信

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 使いやすい名刺管理画面で、顧客情報の共有をスムーズに
  • 手軽でスマートな名刺登録で、効率的な営業活動をサポート
  • SKY開発商品と連携し、 セキュリティをさらに強化
トライアル 無し
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • 直観的に操作・確認できる名刺管理画面や豊富な検索機能などによって使いやすい
  • 高性能OCRで簡単に登録でき、名刺情報の自動付与が実現できる
  • パッケージ型ながら、スマートフォンとの連携ができる
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 名刺情報を効率的に管理しながら、営業活動などに利活用できる
  • 圧倒的なコストパフォーマンスと使いやすさが魅力的
  • 世界最高峰の開発エンジニア陣によって、最先端の機能を搭載
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 時間や場所を選ばず複数の名刺の読み込み、管理が可能である
  • 充実した検索機能から、社内外の関係性構築促進につながる
  • すべての機能が無料で利用でき、かつ安心のセキュリティ体制が整っている
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 名刺枚数による従量制課金のため、導入コストを抑えられる
  • 国内最高クラスのクラウドデータセンターにて運用し、セキュアな名刺管理を実現
  • 名刺情報がデジタル化されることによる管理の効率化を簡単に実現
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 名刺情報をスムーズで手軽に登録・データ化できる
  • 名刺情報の社内共有で業務を効率化・コミュニケーションを活性化
  • セキュリティに関連した機能も充実している
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • スピーディなデータ化・名刺管理を実現できる
  • 一枚の名刺から幅広い情報や人脈を獲得することができる
  • 日本国内に留まらず、グローバル企業でも利用できる
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 運用のことを第一に考えた機能により、管理者の業務負担の軽減を実現する
  • 使い方を導入前に相談できるコンサルティングサービス
  • 名刺管理によって、営業活動に利活用できる人脈を広げられる

名刺管理ソフト

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 共有した名刺を社員同士で閲覧/検索でき、人脈を広げることができる
  • 名刺情報の一元管理によって、社内のデジタル化を実現できる
  • 営業活動に欠かせない顧客管理や外部からの業務依頼の効率化を実現できる

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度AI-OCRで名刺のデジタル化を1分で完了
  • 名刺交換情報を、クラウド連絡帳で一元管理
  • Salesforceをプラットフォームで利用しているため、高レベルの機能が満載
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 社内メンバーとのコミュニケーションを適切かつ強固にする
  • 社外の名刺管理や、社内の人探しも効率的に
  • 社用携帯・BYOD端末の連絡先をセキュアに一元管理しながら業務効率化
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 名刺に載せられていない企業情報を会社情報に紐づけ可能
  • 名刺の入力工数を削減、自動メンテナンスも行う
  • CRM/SFA連携が可能、取引先や商談の進行情報を把握可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ビジネスに必要な機能がオールインワンで入っている
  • マルチデバイス対応でいつでもどこでも利用可能
  • セキュリティ性を損なわず、利用機能を追加料金なしで利用可能
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 確認しやすい管理画面で社内の人脈も可視化
  • 高いセキュリティ性で社内・社外でも安心して閲覧
  • 名刺を高い精度でスキャン、モバイルで活用可能

名刺管理ソフト

トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • アプリ版も利用できる、充実した機能性と安定性
  • 安い価格でありながら充実したサポート・チェック機能
  • 個人情報管理に優れ、外出先・海外でも利用可能
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 簡単に名刺データを登録しアプリで活用可能
  • 高いセキュリティ性で、安心して利用できる
  • データ共有機能だけでなく訂正サービスも提供
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 大量の名刺データを、安全に一元管理可能に
  • スキャナーでまとめてスキャン可能、簡単に名刺情報を登録
  • 専用のサーバーに名刺情報をアップロード、保守サポートも

名刺管理ソフト

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • スマートフォンで撮影し名刺をデータ化、いつでも検索可能に
  • 共有名刺帳で名刺を一括管理、Excelでダウンロード可能
  • オンライン名刺機能が利用可能
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 30,000円/月額のわかりやすい料金体系
  • ヤマトグループだからこそできる安心のセキュリティ
  • オプション無しでも充実した機能を使用可能
名刺管理ソフトの比較記事はこちらから
デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる