Menu
Close

ArchiCADの導入事例

最終更新日: 2022/03/21

小売・流通 不明

業務 CADソフト

業務・情報を可視化したい ペーパーレス化したい 作業を自動化したい 個人の生産性を高めたい

エクステリアからインテリアまでArchicadをフル活用する地域密着型の工務店

※出典:エクステリアからインテリアまでArchicadをフル活用する地域密着型の工務店

この事例のポイント

  • 数ミリ単位の設計が必要な家具づくりには、細かく再現できるCADソフトが必要
  • エクステリアは周辺環境とのバランスを見る必要があった
  • 素材や形状、サイズもすぐに変更でき、家具を置いたイメージを視覚化することもできるようになった
  • 色々な角度から見た様子を顧客に“見える化”することができ、イメージと現場のシンクロ率が高くなった
  • 1カ所修正すればすべてに反映されるので、複数部門での共有不足による現場ミスが低減される

今回導入した製品

CADソフト

ArchiCAD

グラフィソフトジャパン株式会社

CADソフト

ArchiCAD

グラフィソフトジャパン株式会社

グラフィソフトジャパン株式会社のArchicadは世界初のBIMソフトであり、世界中の企業で利用されています。建築家の思考に基づいて開発されており、図面作成や2Dと3Dの変換などの煩雑な作業を簡単にすることでクリエイティブな作業に集中することができます。作成したモデリングデータは加工しやすいため、設計や建築に関する知識のない方へのプレゼンテーションでも役に立つでしょう。BIMによって世界中のチームメンバーとプロジェクトの規模に関係なく作業することができます。

  • シンプルかつ直感的な操作感が業務を効率化
  • 設計者の創造性を引き出す機能
  • 最適な建築かどうかの入念な検証
  • 世界中の仲間とのチームワークを実現
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 ワークシェアリング機能 建築用cad 平面図作成 BIM対応 3次元対応 2次元対応 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
建設 小売・流通
よく導入している企業の規模
不明

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

CADソフト

近年、製図や設計は手書きからコンピューター上で行うことに変化してきています。その際にも欠かせないツールとなっているCADソフト。私たちの生活を支えている家、車、スマートフォンなどの家電は全てCADソフトで作成された設計図から製作されています。本記事ではCADについての説明から導入効果とCADソフトを選ぶ際のポイント、そしておすすめのCADソフトを紹介していきます。導入を検討している方、CADに興味がある方はぜひ参考にしてください。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

ArchiCAD

グラフィソフトジャパン株式会社

  • シンプルかつ直感的な操作感が業務を効率化
  • 設計者の創造性を引き出す機能
  • 最適な建築かどうかの入念な検証
  • 世界中の仲間とのチームワークを実現

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る