Menu
Close

【2024・比較表】OCRソフトおすすめ38選!機能や料金を徹底比較

目次

OCRとはスキャンした画像データからテキスト部分を読み取り、文字データに変換・保存する機能です。文字画像の文字を手動で打ち込む作業を大幅に削減することができ、仕事や作業の効率を高めるためには欠かせないソフトです。本記事ではOCRの概要説明から重要視されている背景、導入メリット、そしておすすめのOCRソフトを紹介していきます。OCRソフトの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

「AI OCR」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 準定型帳票対応
    • 名刺スキャン
    • PDF編集
    • 撮影画像対応
    • 自動補正機能
    • Excel変換
    • ワークフロー
    • Word変換
    • スマホでスキャン可
    • データベース連携
    • タイムスタンプ
    • ベリファイ機能
    • RPA連携
    • レイアウト維持
    • 確認・修正・運用体制構築まで対応
    • 英語以外の言語対応
    • 帳票種類分け(タグ付け)
    • 英語対応
    • 縦書き対応
    • 手書き文字対応
    • 画像読み取り
    • 取消線対応
    • API連携
    • 非定型帳票対応
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
DenHo(デンホー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料トライアル 要相談
スターター 9,980円/月額
備考
同時利用制限数は1で、月間アップロード上限は10です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
ビジネス 49,800円/月額
備考
同時利用制限数は5で、月間アップロード上限は100です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
制限なし
OPTIM Contractの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
3ヵ月
スマートOCRの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ヶ月トライアルプラン 30,000円/月額
スモールプラン(クラウド版) 36万円/年(月額3万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数1.2万枚前後
スタンダードプラン(クラウド版) 96万円/年(月額8万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数6万枚前後
エンタープライズプラン(クラウド版) 240万円/年(月額20万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数26万枚前後
オンプレミスプラン(オンプレミス版) お客様に最適な プランをご提案いたします
備考
初期費用は不要!
1年
SmartReadの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
DX Suite Lite 30,000円/月額
備考
無料枠18,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
DX Suite Standard 100,000円/月額
備考
無料枠50,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
DX Suite Pro 200,000円/月額
備考
無料枠200,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
1か月
DX suiteの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 無料
無料トライアル 月額無料
備考
年間アップロード上限:120(月間上限:10)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:6ヶ月
スターターS1 月額 9,980円(税抜)
備考
年間アップロード上限:1,200(月間上限:100)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS2 月額 19,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:6,000(月間上限:500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS3 月額 29,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:12,000(月間上限:1,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
ビジネスB1 月額 34,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:18,000(月間上限:1,500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB2 月額 39,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:24,000(月間上限:2,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB3 月額 49,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:36,000(月間上限:3,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン1(エントリプラン)) 30,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン2(SMBプラン)) 100,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン3(ラージプラン)) 200,000円/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
クラウド版 300万円/年間
オンプレミス版 360万円/年間
1年
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
利用料金 3万円~/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
DynaEye 11 Entry Lite 4.2万円/月額
DynaEye 11 Entry Lite AI-OCR 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry AI-OCR 16.8万円/月額
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
invoiceAgent AI OCR Entry 3万円/月額
備考
OCR 年間96,000画像~
invoiceAgent AI OCR DEEPREAD Lite CPU 25万円/月額
備考
OCR 500画像/時~
最低利用期間制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Free 0円
備考
読み取り枚数:300枚
追加料金:追加利用不可
Basic 3,300円/月額
備考
読み取り枚数:1,500枚
追加料金:1,501枚目~(5.5円/1枚)
Standard 33,000円/月額
備考
読み取り枚数:15,000枚
追加料金:15,001枚目~(4.4円/1枚)
Advanced 110,000円/月額
備考
読み取り枚数:50,000枚
追加料金:50,001枚目~(3.3円/1枚)
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(クラウド型) 0円
備考
クラウド型を導入する場合は初期費用は発生しません。
初期費用(オンプレミス型) 300万円〜
クラウド型 5万円〜/月額
オンプレミス型 40万円〜/月額
1か月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
Small 30,000円/月額
Medium 100,000円/月額
Enterprise 150,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
クラウド版 1,200,000円~
オンプレ版  2,000,000円~
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Trial 0円
備考
試してみたい方向け
・月間契約→14日間無料
・AI OCR(上限枚数)→30枚
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Starter 120,000円/年間 (1ヵ月あたり1万円 )
備考
コストを抑えたい方向け
・月間契約→12,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→100枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→✕(制限あり)
Standard 600,000円/年間 (1ヵ月あたり5万円 )
備考
一般的なプラン
・月間契約→60,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→2000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Pro 1,800,000/年間 (1ヵ月あたり15万円 )
備考
処理枚数が多い方向け
・月間契約→180,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→10000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 660,000円(税込)
年間保守サービス 99,000円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 33,000円/月額(税込)
備考
※6,000項目まで
※6,000項目以上は従量利用料金、1項目3.3円(税込)
プラン2 110,000円/月額(税込)
備考
※60,000項目まで
※60,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
プラン3 220,000円/月額(税込)
備考
※200,000項目まで
※200,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
導入料金はお問合せください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
備考
WisOCR Basicのみ初期費用は100,000円です。
WisOCR Standard 100,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は5万フィールドまでです。
WisOCR Pro 200,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は20万フィールドまでです。
WisOCR Basic 15,000円/月額
備考
AI活字対応。月額での処理可能量は10万フィールドまでです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
OmniPage 19.2 Ultimate 54,757円
備考
外国製ですので、為替相場で費用が変動することがあります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
5 ダウンロード版 3,480円
5 パッケージ版 3,980円
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
読取革命Ver.16 12,980円
備考
1台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 35,000円
備考
3台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 57,500円
備考
5台用/ダウンロード版
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
トライアル導入 30,000円/月額
備考
本格的な導入の前にトライアルを利用できます。正式導入の費用は要問合せです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円~500,000円
備考
・トライアル 初期費用なし
・ミニ 初期費用なし
・ライト/スタンダード 初期費用50万円
トライアル 50,000円/月額
備考
・月間300枚
超過費用150円/枚
ミニ 10,000円/月額
備考
・月間100枚
上限枚数に達した場合は利用停止
ライト 100,000円/月額
備考
・月間1000枚
超過費用75円/枚
スタンダード 30,0000円/月額
備考
・月間5000枚
超過費用60円/枚
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
パッケージ版 21,780円(税込)
ダウンロード版 14,080円(税込)
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
シングルライセンススタンダード 25,000円(税込)
備考
年間保守費用不要
PC1台(1ユーザー) に 1ライセンスが必要です。
バッチ処理機能は搭載されていません。
シングルライセンスコーポレート 35,000円(税込)
備考
年間保守費用不要
PC1台(1ユーザー) に 1ライセンスが必要です。
バッチ処理機能が搭載されています。
シートライセンススタンダード 35,000円(税込)
備考
表示は1ラインセンス
5ライセンス以上での購入です。
バッチ処理機能は搭載されていません。
ライセンス料には初年度の年間保守料が含まれています。
年間保守料は自動更新となり保守費用は別途毎年発生します。
シートライセンスコーポレート 37,800円(税込)
備考
表示は1ラインセンス
5ライセンス以上での購入です。
バッチ処理機能が搭載されています。
ライセンス料には初年度の年間保守料が含まれています。
年間保守料は自動更新となり保守費用は別途毎年発生します。
1年
オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 220,000円(税込)~
備考
プランにより初期費用が異なります。
クラウド(SaaS)版Sコース 11,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 100 枚
クラウド(SaaS)版Mコース 33,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 500 枚
クラウド(SaaS)版Lコース 55,000円/月額(税込)
備考
読取枚数 1,000 枚
オンプレミス スタンドアロン版 211,200円/年額(税込)
備考
読み取りの制限なし
オンプレミス サーバ版(サブスクリプション型)Trial 1,056,000 円/年額(税込)
備考
読取枚数 1,000 枚 / 月
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
月額費用 50,000円~/月額
備考
※プランによって異なる
※詳細なお見積りについてはお問い合わせください。
3か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 30,000円/月額
備考
読取箇所は月6,000項目までです。
プラン2 100,000円/月額
備考
読取箇所は月60,000項目までです。
プラン3 200,000円/月額
備考
読取箇所は月200,000項目までです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
スキャナーとインターネット接続環境があれば初期費用は無料です。
プラン1(小型)通常版 33,000円/月額(税込)
備考
読取箇所が月6千までです。
プラン2(中型)通常版 110,000円/月額(税込)
備考
読取箇所が月6万までです。
プラン3(大型)通常版 220,000円/月額(税込)
備考
読取箇所が月20万までです。
30日
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

OCRソフトとは?

OCRとはOptical Character Recognitionの略称で、直訳すると光学的文字読取を意味します。先述したように、画像データのテキスト部分から文字を認識し、文字データに変換・保存する機能です。従来の紙からパソコンへデータを手動入力する作業をコンピューター上で自動的に行います。入力ミスは劇的に減少し、チェック作業も短縮するため大幅な作業効率の向上化が期待できます。

学生や研究者はOCRを紙の論文や資料を文字データとして認識させてから保存するために使用しています。そのことにより、必要になったときには検索可能なデータとして扱えます。同様に、企業がOCRソフトを使うことで会議資料や名刺の検索方法と保存方法が劇的に向上するのです。

【OCRの意味や仕組みについてより詳細に解説した記事はこちら】

OCRとは?意味や仕組み、利用メリットなどを徹底解説!

OCRソフト注目されている背景

近年、OCRが重要視されている背景にはどのようなものがあるのでしょうか?急激な社会の変化に対応するためにデジタル化が推奨されている中で、多くの企業がOCRソフトを導入しています。それは下記4つの背景からOCRソフトの重要性が増しているからです。それぞれについて確認し、OCRソフトの必要性を検討してみましょう。

デジタル化の進行や電子帳簿保存法に対応するため

デジタル変革が政府の支援を受けて急速に進行しており、多くの企業が従来の紙ベースの文書管理からデジタルデータへの移行を進めています。特に契約書や会計帳簿などは電子保存が急速に広まっており、準備を早めに行うことが推奨されています。

電子帳簿保存法では、紙の文書をスキャンして画像データとして保存することが求められており、これには請求書や領収書なども含まれます。また、新型コロナウイルスをきっかけにリモートワークが広まり、多くの企業が文書の物理的なやり取りからデジタル化へ移行していて、データを取り扱う量も増加しています。

以前は紙の文書がオフィス内で保管されていたため、リモートワークではこれらの文書の参照が困難でした。しかし、OCRソフトウェアの導入により、過去の文書データを容易に検索・参照できるようになり、オフィス外でも効率的に作業を行うことが可能です。

参考:どうすればいいの?「電子帳簿保存法」 | 経済産業省 中小企業庁」

人手不足による生産性の低下を防ぐため

日本は現在、急激な少子高齢化に直面しており、2050年までに人口が約1億人にまで減少すると予測されています。この状況は、15歳から64歳までの労働年齢層の数の減少、そしてその割合の目立つ低下を意味しています。このため、国全体として労働力の不足が生じることが懸念されます。そうした中、貴重な労働力をデータ入力などの基本的なタスクに割り当てるのは賢明ではありません。効率化の対策として、OCRを導入することで基本的なタスクの作業量を減らし、生産的な業務に従事する時間を増やすことが可能です。

参考:経済産業省「2050年までの経済社会の構造変化と政策課題について」

デジタル化への施策としてのハードルが低い

新しいIT技術の導入には、初期費用、運用費用、習得のためのコストなど、さまざまな費用が伴います。とはいえ、これらの出費を避けて現状を維持する選択も、結局は高額なコストにつながることが少なくありません。このような状況において、コストパフォーマンスに優れるOCRソフトの採用は、DXへの入門として最適です。多くのOCRソフトには無料のトライアル版が提供されているため、まずはこれを活用して業務自動化の効果を実感してみるのが良いでしょう。

OCRソフトの主な機能

OCRソフトには紙の文書を電子化するだけでなく、下記のように便利な機能が備わっています。本章では、OCRソフトに備わっている基本的な機能について解説します。

  • PDF編集
  • 画像読み取り
  • 自動補正
  • 取消線対応
  • ベリファイ機能
  • 多言語対応機能
  • RPA連携機能

PDF編集

PDF編集機能は、PDF文書内のテキストを認識し、編集可能な形式に変換する技術です。この機能を使うと、スキャンされたPDF文書や画像ベースのPDFからテキスト情報を抽出し、通常のテキストエディタで編集できるようになります。例えば、スキャンされた契約書や報告書のテキストを編集したり、誤字を修正したりすることが可能です。また、テキストの抽出後は、フォントやレイアウトを変更し、新しいPDFとして保存することもできます。

画像読み取り

画像読み取り機能は、写真やPDFファイルなどの画像ファイルから文字を識別し、編集可能なテキストフォーマットに変換します。この機能は、文書のデジタル化、データ入力作業の効率化、検索可能な文書の作成に役立ちます。

自動補正

自動補正機能は、曲がったり歪んだりした文字も正確に認識できるように画像を自動的に修正します。例えば、スキャンしたページが少し傾いていたり、照明の影響で文字が不鮮明になっていたりする場合、OCRソフトが問題を検出し、画像を適切に調整してから文字を抽出します。

取消線対応

取消線対応機能は、文書や画像内の打ち消し線が引かれたテキストを認識し、正しいほうの文章を読み込む機能です。例えば、契約書や手書きメモにおいて、後から訂正や追記で打ち消し線が引かれた部分があった場合、OCRソフトはその取消線付きテキストを読み取り、どの部分が変更されたかをユーザーに伝えることが可能となります。

ベリファイ機能

ベリファイ機能とは、OCRソフトが一度目と二度目のスキャンで異なる結果を示した場合、その差異を検出してユーザーに正しい情報の選択を促す機能です。これにより、ユーザーはスキャンされたデータの正確さを確保でき、間違いの修正や確認作業が容易になります。これは、特に長い文書や複雑なフォーマットの文書において、効率性と精度を大幅に向上させる重要な機能です。

多言語対応

多言語対応機能は、さまざまな言語で書かれたテキストを認識し、デジタル形式に変換する能力を指します。この機能により、OCRソフトは英語、日本語、中国語など、多数の言語で書かれた文書や画像内のテキストを正確に読み取り、編集可能なテキストファイルへと変換できます。これにより、異なる言語間での文書のやり取りが容易になり、国際的なビジネスや学術研究でのコミュニケーションが大幅に向上します。

RPA連携機能

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)連携機能は、文書や画像からテキストデータを自動で抽出し、それをRPAツールによって様々な業務プロセスを自動化する機能です。たとえば、紙の書類やPDFファイルからのデータ入力作業を自動化することができます。OCRソフトが文書内のテキストを読み取り、そのデータをRPAが受け取り、指定されたフォーマットでデータベースへの入力や、他のアプリケーションでのデータ処理を行います。これにより、時間のかかる手作業を削減し、効率化と精度の向上が期待できます。

OCRソフトを導入するメリット6つ

OCRソフトを導入することで、企業は具体的にどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。本章では3つの観点から実務に役立つベネフィットをそれぞれ確認していきましょう。

  1. 入力作業を効率化できる
  2. データを正確に抽出でき、ミスを防げる
  3. 自動的にデータを振り分けられる
  4. 電子データ保存による整理と分類、一元管理が可能に
  5. 単純作業の効率化による従業員の負担減少

1.入力作業を効率化できる

従来の手動入力作業に比べ、OCRソフトは大量の文書を短時間で処理でき、時間の節約と作業効率の向上を実現します。さらに、手作業による入力ミスが減少し、データの正確性が向上します。このように、OCRソフトはビジネスにおいて時間とコストを削減し、データ管理をスムーズかつ正確に行うための強力なツールとして活躍しています。

2.データを正確に抽出でき、ミスを防げる

OCRはドキュメントから関連データを特定し、正確に抽出する機能があります。これにより、必要な情報だけを高精度で取得できるため、業務の正確性が向上します。結果として、誤りの少ない情報処理が実現し、組織全体の生産性の向上が期待できます。

3.自動的にデータを振り分けられる

スキャンした文書や画像からテキストデータを抽出し、そのデータを企業や組織内の適切なシステムや部署に自動的に振り分けられます。例えば、受信した請求書を会計システムに、顧客からの問い合わせをカスタマーサポート部門に自動的に送ることができます。これにより業務の連携や情報共有が効率的になり、時間と労力の節約につながります。また、人的ミスの減少や迅速な対応が可能となるため、全体的な業務効率が向上します。

4.電子データ保存による整理と分類、一元管理が可能に

読み取り保存された文字データが電子データとしてコンピューター上に保存されることにより、文書管理の手間が大幅に軽減されます。大量のドキュメントを取り扱う際、特にこの機能が役立ちます。保存されたデータは過去の記録として蓄積され、必要に応じて簡単に検索することができます。さらに、情報資産の共有や活用により、異なる部署間での連携もスムーズになります。

5.単純作業の効率化による従業員の負担減少

OCRソフトは紙の資料から文字を読み取ってデータに変換する作業を自動で行ってくれるため、大幅な作業効率化が期待できます。これにより単純な作業量が減少するため、労働力不足への対策となるほか、従業員をより生鮮性のある仕事へ集中することができます。さらに従業員の残業を減らすことによる従業員の負担減少と人件費のコスト削減にもつながります。

6.RPAとの連携で完全な自動化も実現

OCRソフトの導入に合わせてRPAを導入することで作業の完全な自動化を達成できます。RPAではOCRソフトで読み取った文字データに対してコンピューター上でそのまま別の処理を加えることが可能であり、人の手が関与しない完全な自動化を実現できます。完全な自動化でより優れた作業効率化が実現できます。

OCRソフトのデメリット5つ

OCRを導入するにあたってメリットは大きいものの、やはりデメリットが生じる懸念もあります。そこで本章では主に発生しやすいデメリットを5つ紹介します。メリットとデメリットの双方を把握しておくことで自社に本当に必要なのか、また導入するにしてもどこに注目して選定すべきかに役立ちます。

  1. 認識精度が低い場合がある
  2. 高度な設定が必要
  3. 言語やフォントの制限
  4. コストがかかる
  5. データセキュリティの懸念

1.認識精度が低い場合がある

手書き文書や低品質スキャン、複雑なレイアウトのドキュメントにおいて、文字を正確に認識することが難しいことがあります。これはOCRソフトの最大の課題の一つであり、特にこれらの条件下では誤認識が生じ、データの正確性が損なわれる可能性があります。

2.高度な設定が必要

高い精度を得るためにはソフトウェアの繊細な調整やカスタマイズが不可欠であることが多いです。これには初心者や非専門家にとっては難易度が高く、時間がかかるという課題が伴います。OCRを利用する際には、この高度な設定に慣れる必要があります。

3.言語やフォントの制限

特定のOCRソフトが一部の言語や特殊なフォントに対応していない場合があります。これは多言語や複雑なフォントを使用する文書を処理するときに問題となり、制限を確認し適切なソフトを選定する必要があります。

4.コストがかかる

高品質なOCRソフトウェアやクラウドベースのサービスがライセンス料や使用料が高額であることが多いです。予算に合わせた選定が必要で、コストを適切に管理しながら、ニーズに応じた効果的なOCRソフトを選ぶことが重要です。

5.データセキュリティの懸念

OCRソフトの「サイバーセキュリティへの対応策」は、定期的なセキュリティパッチや新機能のアップデートをOCRソフトベンダーから適用することが重要です。最新版のソフトウェアを使用することで、バグ修正や最新のセキュリティ対策が行われ、システムの安全性が向上します。

OCRソフトの選定ポイント

OCRソフトの導入の際には搭載されている機能に応じて最適な商品を選ぶことが大切です。下記4つの観点から最適な製品を選定するポイントを解説していきます。

  • 読み取り精度はどのくらいか
  • 対応している言語はどの範囲までか
  • レイアウトの認識はどこまでか
  • 文字はどのくらい見やすいか
  • 費用対効果が得られるか
  • サポート体制が優れているか

読み取り精度はどのくらいか

OCRソフトを選ぶうえで最も重要になるのがこの読み取り精度です。読み取り精度は搭載しているシステムによって大きく異なります。有料ソフトは無料ソフトより精度が高いですが、その中でも製品によって精度の違いは大ききくなっています。精度を確認するためにはレビュー等を参照したり、無料体験版を試したりすることがおすすめです。また、100%の精度を誇るOCRソフトは存在しないことにも注意が必要です。

さらに認識文字範囲が異なる場合があります。日本語の読み取りを中心に扱うときに重要なのは漢字の対応範囲です。日本産業規格に収録されているJIS漢字コードのどの水準に対応しているかで、旧字体をどこまで反映できるかが決まります。旧字体も扱う場合には忘れずに覚えておきましょう。

対応している言語はどの範囲までか

外国語で書かれた文書を読み取りたい場合は複数の言語に対応したOCRソフトを選択する必要があります。対応している言語には限りがあるため、必要な言語をカバーしているソフトを選びましょう。同じソフトでも日本語よりも外国語の読み取り精度は悪くなる可能性があります。さらに日本語と外国語が混在した文章も読み取れるかどうかも製品を選定する重要なポイントとなります。また、外国語を専門的扱う場合は海外産のOCRソフトの導入を検討してもよいでしょう。

レイアウトの認識はどこまでか

OCRソフトが認識する画像データは2種類以上のレイアウトが混ざっている場合が多いでしょう。特に資料や本を読み取る場合、複雑なレイアウトなだけではなく、写真と文章が混在しているものもあります。レイアウトを正確に認識できないと、読み取りたい文字が写真として認識されてしまう場合があります。

さらに縦書きと横書きでレイアウトの認識が大きく変わる場合もあります。どのソフトも横書きでのレイアウト認識は高い水準を誇りますが、縦書きでのレイアウトは違います。それは縦書きが英語圏には存在しないレイアウトだからです。縦書きの画像データも読み込む場合に日本製のOCRソフトを選ぶべき理由はこの一点につきます。特に段落を正確に把握できているかが重要なポイントとなります。

文字はどのくらい見やすいか

OCRソフトで画像データから文字を読み込んだ後はファイルに出力されます。通常圧縮と高圧縮ではファイルサイズによって表示画質が異なります。ソフトによって圧縮の割合や表示画質が変わるため、使用頻度や容量とも相談してソフトを選択してください。もともと読み込んだ画像データの状態がかなり悪い場合には表示画質も悪くなる可能性が高く、通常圧縮で出力することをおすすめします。しかし通常の文章では高圧縮でもある程度の視認性が確保されているため、特に問題はないでしょう。

費用対効果が得られるか

選定においては、現在必要な機能だけでなく、将来的に必要になるかもしれないオプション機能(例:外国語対応、非定型帳簿対応など)も考慮することが重要です。自社の将来計画や他部署との連携を踏まえ、総合的な費用対効果を見極めることが、最適なOCRソフト選びの鍵となります。このアプローチにより、一時的な費用削減にとどまらず、長期的なビジネス戦略に沿った投資判断が可能になります。

サポート体制が優れているか

長期的な使用を考慮すると、問題が発生した際に迅速で適切なサポートを受けられるか、ソフトが常に最新の状態を保てるよう定期的なアップデートが提供されているかを確認しましょう。優れたサポート体制は、使用中のトラブルへの対応をスムーズにし、アップデートによって新しい機能の追加やセキュリティの強化が期待できます。これらを総合的に評価し、組織のニーズに合ったOCRソフトを選ぶことで、効率的かつ安全なドキュメント処理が実現します。

おすすめのOCRソフト38選を紹介

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • AI-OCR市場シェアNo1。あらゆる書類を高精度でデジタルデータ化
  • 高速処理のための分散コンピューティングと高いセキュリティレベル
  • AIがすべて自動で行うから設定不要で帳票のまるごと読み取りが可能

文書管理システムAI OCR電子帳票システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ラクラク電子保存、 AIが自動で分類・データ化
  • 全ての保存帳票の文字列を検索可能(全文検索)
  • どこからでも確認・検索OKでテレワークを促進
  • 手書き文字の帳票もデータ化
  • 大手企業で実績のある安心の技術

文書管理システムAI OCR契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • AIが自動で、契約書の管理台帳を作成
  • スキャンした契約書をOCR処理でテキストデータ化
  • 電子帳簿保存法に則して電子契約を保管可能
  • セキュリティ対策も万全

文書管理システムAI OCR

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 基本の特長となる高精度な文字認識と全自動変換
  • 各書類への対応力が高い、頼れるデータ抽出エンジン
  • 操作画面もユーザー管理も分かりやすく、セキュリティも安心の設計
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 元の資料を再現する高精度のOCRエンジン
  • 斜めになっている文章も、自動補正で綺麗に読み取り
  • 簡単テキスト化と名刺管理の便利なソフトを搭載

文書管理システムAI OCR

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度な文書仕分け&読み取りで データ入力時間やコストを大幅削減
  • 誰でも使いやすいUI/UXだから 導入・運用・全社展開もスムーズ
  • 充実した外部連携機能で データをすぐに活用できる

文書管理システムAI OCR電子帳票システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • うんざりする台帳記入は全部AIにお任せ
  • 請求書・領収書・注文書など様々な取引関係書類をデータ化
  • 電子帳簿保存法・インボイス制度の保存要件に対応
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 経理業務・会計業務の定型業務の自動化を促進
  • 電子帳簿保存法に対応したデータの紐付け処理
  • 高い読み取り精度で、確認や転記・修正時間の短縮へ
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度な読み取り機能により、すぐに書類のデータ化
  • シンプルなUIで初めての方でも使いやすい画面
  • 手厚いサポート体制のため安定した運用の実現が可能に
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ディープラーニングを応用した独自エンジンを搭載
  • 自社在籍の専門家による24時間のサポート体制
  • さまざまな帳票の形式に対応し、幅広い業務に対応
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • AI-OCR導入から運用までの手厚いサポート体制
  • 最安コスト最短スピードの入力業務を促進します
  • 各種業務に応じた複数AI×OCRエンジン
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • テキスト化、システムへの登録までを自動化
  • お客様自身で書類の振り分け精度の調節が可能
  • 手書き文字を含めた文字認識率99.2%を実現
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度な文字認識により、確実なデータ化を実現
  • 誰でも操作しやすい帳票設計で業務を標準化
  • 年中無休の手厚いサポート体制で、安定した運用へ
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 帳票の定義が全て不要!帳票定義レス型のOCR
  • 帳票判別機能を搭載し、大量の帳票を種類別に選別
  • 最先端のAI技術で高度な文字認識を実現
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 多種類のドキュメントに対応し、正確にデータ化
  • 高度なデータ確認・補正機能で、作業の負担軽減へ
  • 複数の導入から運用支援サービス展開しています
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 柔軟な連携機能でAI-OCRの機能をさらに拡張
  • 書類の高速読み取りとPDF化するスキャナー
  • 電子帳簿保存法に対応したデータ保存に対応
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 文字の認識精度99.2%、幅広い文字種に対応
  • 誰でも簡単に操作できるインターフェースで楽々導入に
  • OCR結果の効率的な確認・修正作業におすすめ
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 5つのOCR搭載により、認識率の向上へ
  • 請求書・領収書のデータ化に特化したAI OCR
  • 確認・修正作業の負担を軽減する機能を搭載
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 文字認識の精度の高さ計6分野で世界No.1
  • 様々な書類に対応し、手間のかからない事前設定に
  • オンライン本人確認で、手続き時間の短縮に
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 豊富な管理機能により、万全なセキュリティー対策に
  • APIの連携に対応!一部業務の自動化を促進へ
  • 高精度な読み取り・確認機能により業務効率化へ
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 独自のイメージング技術(画像補正)を搭載
  • スキャナや複合機の連携により、拠点を分散したスキャンが可能
  • マルチエンジンに対応し、読み取り精度の向上へ
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 認識結果の確認機能により、より迅速な修正作業に
  • 誰でも操作しやすい帳票設計で業務を標準化
  • データ入力現場の意見に即した豊富な機能を多数搭載
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰でもカンタンに一つのツール・1クリックで業務完了
  • 注文書の明細行を抽出し、発注内容をテキストデータ化
  • FAXを自動検出し、業務システムに自動入力
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 高精度な文字認識技術により、高認識率を実現
  • 取り扱いには複雑な専門知識不要。短期導入も実現可能
  • 面倒な確認作業の負担を軽減し業務効率化へ
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 特許技術OCRエンジンWOCRによる高精度なデータ化が可能
  • クラウドワーカーによる目視確認でより精度の高いデータ化
  • 圧倒的な低価格を実現
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 手書き書類のデータ化が驚異の95%以上を達成
  • NOC RPAと連携することで社内システムまでスムーズ登録
  • 運用から見直せる現場視点のフルサポートプランあり
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 請求処理の自動化で、作業の時間や手間を削減
  • AIを活用し、綺麗なデータに書き換えるOCR処理技術基盤
  • 専用の管理画面を活用し、請求書の実画像と処理結果を確認
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 様々な帳票タイプに対応する使い勝手の良さ
  • 位置補正機能と帳票自動識別機能による認識力の高さ
  • スキャンデータのファイル名を自動設定し、フォルダ-仕分けも自動に
トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • PDFやフォームを、編集、共有し、アーカイブ可能なドキュメントに変換
  • 広範囲かつ様々なケースに対応可能なグローバル設計
  • モバイルドキュメントのスピーディな変換や、デバイス対応の広さ
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 約18万語を収録した充実の辞書機能に、対応文字追加も可能
  • OCRソフトが初めての方でも使いやすい安心設計
  • 高精度なOR機能に加え、付属ソフトの便利さも見逃せない
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • AI-OCRによる高い文字認識率と、進化する精度
  • 使いやすいインターフェイスと、テンプレート設定不要の高い効率性
  • 複雑な帳票・多種類の読み取りに強みを持つ
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 紙のデータに特化して活字、手書き文字でも理論上100%のデータ化を実現
  • テキスト出力やAPIの利用により業務システムとのシームレスな連携が可能に
  • 分散入力や暗号化によりセキュリティへの配慮も万全
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 豊富な機能で活字をスピーディにOCR変換可能
  • 縦書き内の横書き英字やピンボケ画像にも対応の新機能
  • 高精度な認識機能による元原稿の高い再現性を実現
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高い読み取り精度と、豊富な出力形式に多数の言語が対応
  • 夜間処理なども得意なバッチ処理に対応したエディション
  • 外部クラウドストレージとの連携により、ファイル送受信が簡単に
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • クラウド、オンプレミスの選択が可能な柔軟な導入シナリオ
  • AIを用いた自動仕分け機能と自然言語処理による読み取り機能の拡張
  • スムーズな外部連携を実現するREST API
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • AIの文字学習機能により読み取り精度は99%を実現可能
  • 帳票の仕分けや傾き補正など様々な便利機能が標準装備
  • クラウド版だけでなく、オンプレミス版も選択可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • AI+人の目で高精度なデータ化を実現。精度は驚きの99.98%
  • 24時間365日対応可能なクラウドワーカーと連携でスピーディーなデータ化が可能
  • 直感的にわかりやすい操作画面と自動分類機能
  • 書類のスキャニングもオプションで対応可能
  • 個別サーバーにより万全のセキュリティ体制を確保
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高精度なOCR(光学文字認識)機能で読み取り
  • 企業のペーパーレス化・業務効率化をサポート
  • シンプルなユーザビリティと、セキュリティへの配慮
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • AIを利用した技術でこれまでにない読取精度を実現
  • マウスひとつで設定が完了できるシンプルで簡単な操作
  • 社内システム等と連携することで稼働時間の削減を実現

OCRソフト導入後の活用方法

本章ではOCR導入後、それらをどのように活用すべきかを解説いたします。せっかくコストをかけて導入するソフトですので、本章で紹介する3つの活用方法を実施し、最大限の効果を発揮させることを目指しましょう。

  • 従来業務の効率化と生産性向上
  • 新たな業務展開とビジネス拡大
  • データ管理・検索の改善と利点

従来業務の効率化と生産性向上

手作業業務が自動化され、作業時間が大幅に削減されます。これにより、従業員はより高度な業務に注力でき、業務全体の生産性が向上。繁雑なタスクの軽減により、効率的な業務プロセスが確立されます。

新たな業務展開とビジネス拡大

データを素早く抽出・分析でき、これによって新たな業務領域やビジネス展開が可能になります。例えば、顧客データの分析に基づくマーケティング戦略の構築や、顧客サービスの向上などにOCRデータを有効に活用でき、事業の拡大や競争力の向上が期待できます。

データ管理・検索の改善と利点

デジタルデータ化された文書がデータベースで管理しやすくなります。これにより、必要な情報を素早く検索・取得でき、迅速な意思決定が可能になり、ビジネスの効率化が促進されます。

OCRソフトの具体的な導入事例(DX suite)

導入先の会社:株式会社ジェーシービー

※出典:株式会社ジェーシービー|AI-OCR市場シェアNO.1のDX Suite

今回導入された製品

  • AI inside 株式会社のDX Suiteは、これまで手入力で行っていた帳票のデジタル化を効率的に実現し、企業の課題解決に貢献するAI-OCRサービスです。あらゆる書類を高精度でデジタルデータ化できます。読み取りは日本語、英語に加え多数の言語をカバーします。コマかな設定作業は不要で、種類の違う帳票をまとめて読取りできるので、大幅な時間削減につながります。まとめてアップロードした書類の自動仕分け機能と連携することで、数百種類の帳票を瞬時に仕分けることが可能です。

    サポート 電話 メール
    トライアル 有り
    最低利用期間 1か月

本事例のポイント

  • 紙をデータに置き換えることで、RPAとの連携や新たな業務プロセスの構築を行いたい
  • DX Suiteの導入の決め手は高いOCR読み取り精度に優れ、正確性も優れていた
  • 従来の2名で行っていた作業が1名分をカバーし、全体として50-60%の効率向上

製品を導入することになった背景

株式会社ジェーシービーは、デジタルトランスフォーメーションを全社で推進する中核として、DX Suiteの導入を決定しました。この決定に至った背景には、全世界で進むキャッシュレス化の波に対応し、組織全体の効率化や最適化を図る必要があったことが挙げられます。特に、紙媒体の情報をデジタル化するという課題があり、これを解決するためには、高い正確性と即時性を実現できる技術が求められていました。DX Suiteは、その期待に応える製品として選ばれたのです。

導入前に抱えていた課題

導入前、株式会社ジェーシービーは、紙・郵便・電話を主要な顧客との接点としており、これらの手段では顧客のニーズに迅速に対応することが難しい状況にありました。特に、膨大な紙媒体の情報を効率的にデジタル化する必要性が高まっていました。また、キャッシュレス化の流れが加速する中で、多様な決済サービスを提供するためには、デジタル化をさらに進める必要があったのです。

導入前の課題に対する解決策

株式会社ジェーシービーは、導入前の課題を解決するために、DX Suiteを選択しました。この製品は、高い正確性を誇るOCR技術を用いて紙媒体の情報をデジタル化することが可能であり、RPAとの連携により業務の自動化と効率化を図ることができます。特に、商品交換申込書のデータ化を始めとする具体的な業務において、DX Suiteの導入が大きな効果を発揮することが期待されました。

導入後の効果

DX Suiteの導入により、株式会社ジェーシービーは業務効率化を大幅に実現しました。具体的には、従来2名で行っていたキーパンチャーの業務のうち1名分をAI-OCRで代替し、全体として50%~60%の効率化を達成しました。また、この導入は、手書き文字のデータ化だけでなく、業務プロセスの再設計(BPR)の選択肢を広げ、組織全体の最適化に寄与しました。さらに、DX Suiteを活用することで、セキュリティ面でも大きな進歩があり、顧客情報の取り扱いにおける「安全・安心」の実現にも繋がったのです。

OCRのその他の導入事例を詳しく紹介した記事はこちら

AI-OCRの導入事例10選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

OCRソフトの注意点とセキュリティ対策の方法

OCRの導入や運用にあたっての注意点とセキュリティ対策の方法を紹介します。セキュリティ対策をしっかりと行い、安心・安全の運用を心がけましょう。

  • 個人情報漏洩への対策
  • 著作権とライセンスの遵守
  • サイバーセキュリティへの対応策
  • 定期的なソフトウェアアップデートの重要性

個人情報漏洩への対策

OCRソフトの個人情報漏洩への対策では、大量のデータ取り扱いがリスクとなり得ます。セキュリティ対策として、適切なアクセス制御や暗号化の導入が必要です。これにより、個人情報への不正アクセスや漏洩を防ぎ、データの安全性を確保します。

著作権とライセンスの遵守

OCRソフトの利用時には著作権とライセンスの遵守が肝要です。他者の著作物を無断で使用したり、ライセンス契約に反する行為は法的な問題を引き起こします。合法的な使用を確保するために、正規のライセンスを取得し、利用規約を厳守しましょう。

サイバーセキュリティへの対応策

OCRは情報をインターネット経由でやり取りすることがあり、サイバーセキュリティへの意識を高めることが必要です。不正アクセスやウイルス感染などのリスクからシステムを保護するため、最新のセキュリティ対策を実施しましょう。

定期的なソフトウェアアップデートの重要性

サイバーセキュリティへの対応策は、定期的なセキュリティパッチや新機能のアップデートをOCRソフトベンダーから適用することが重要です。最新版のソフトウェアを使用することで、バグ修正や最新のセキュリティ対策が行われ、システムの安全性が向上します。

AI OCRの登場により文字認識性能が格段に向上

従来のOCR技術が進化し、近年ではより読み取りの精度が高いAI OCRのシェアが拡大しています。本章ではそんなAI OCRがそもそもどういうものなのか、どういうメリットがあるのかについて解説します。

AI OCRの定義と特徴

AI OCRは、人工知能(AI)技術を応用した最新のOCR手法です。AIによるOCRは、従来のルールベースのアプローチよりも柔軟で、高度なコンテキスト理解が可能です。これにより、画像の複雑な条件やレイアウトの変化にも対応でき、より高い精度と頑健性を持ちます。

AI OCRがもたらす利点と可能性

AI OCRの利点は多岐にわたります。高い精度により手作業の必要性が減少し、生産性向上が期待できます。さらに、大規模なデータの処理もスピーディーに行えるため、リアルタイムな応用やビッグデータ分析に適しています。AI OCRは将来的に、自動翻訳や知識抽出などの応用領域を拡大させ、より便利なサービスの提供に貢献することが期待されています。

【AI OCRについてさらに詳しく解説した記事はこちら】

AI OCRとは?OCRとの違いやテキスト化の仕組み、メリットを解説

 

「AI OCR」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 準定型帳票対応
    • 名刺スキャン
    • PDF編集
    • 撮影画像対応
    • 自動補正機能
    • Excel変換
    • ワークフロー
    • Word変換
    • スマホでスキャン可
    • データベース連携
    • タイムスタンプ
    • ベリファイ機能
    • RPA連携
    • レイアウト維持
    • 確認・修正・運用体制構築まで対応
    • 英語以外の言語対応
    • 帳票種類分け(タグ付け)
    • 英語対応
    • 縦書き対応
    • 手書き文字対応
    • 画像読み取り
    • 取消線対応
    • API連携
    • 非定型帳票対応
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
DenHo(デンホー)の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料トライアル 要相談
スターター 9,980円/月額
備考
同時利用制限数は1で、月間アップロード上限は10です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
ビジネス 49,800円/月額
備考
同時利用制限数は5で、月間アップロード上限は100です。
ユーザー作成上限数・ファイル容量制限・ファイル保存期間はすべて無制限です。
制限なし
OPTIM Contractの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
3ヵ月
スマートOCRの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
1ヶ月トライアルプラン 30,000円/月額
スモールプラン(クラウド版) 36万円/年(月額3万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数1.2万枚前後
スタンダードプラン(クラウド版) 96万円/年(月額8万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数6万枚前後
エンタープライズプラン(クラウド版) 240万円/年(月額20万円相当)
備考
初期費用は不要!処理可能枚数26万枚前後
オンプレミスプラン(オンプレミス版) お客様に最適な プランをご提案いたします
備考
初期費用は不要!
1年
SmartReadの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
DX Suite Lite 30,000円/月額
備考
無料枠18,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
DX Suite Standard 100,000円/月額
備考
無料枠50,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
DX Suite Pro 200,000円/月額
備考
無料枠200,000円分含む
無料枠を超過する読取は従量課金制
DX Suite 標準サポート
・メールサポート
・活用サポートコンテンツ
オンボーディングサポート(2か月)
・専任担当者による導入・運用支援
・帳票定義設定サービス
・Web会議による個別サポート
1か月
DX suiteの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 無料
無料トライアル 月額無料
備考
年間アップロード上限:120(月間上限:10)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:6ヶ月
スターターS1 月額 9,980円(税抜)
備考
年間アップロード上限:1,200(月間上限:100)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS2 月額 19,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:6,000(月間上限:500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
スターターS3 月額 29,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:12,000(月間上限:1,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
ビジネスB1 月額 34,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:18,000(月間上限:1,500)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB2 月額 39,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:24,000(月間上限:2,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
ビジネスB3 月額 49,800円(税抜)
備考
年間アップロード上限:36,000(月間上限:3,000)
ユーザー作成上限数:無制限
ファイル容量制限:無制限
ファイル保存期間:無制限
IPアドレス制限
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン1(エントリプラン)) 30,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン2(SMBプラン)) 100,000円/月額
おてがる! AI-OCR(通常版_プラン3(ラージプラン)) 200,000円/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
クラウド版 300万円/年間
オンプレミス版 360万円/年間
1年
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
利用料金 3万円~/月額
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
DynaEye 11 Entry Lite 4.2万円/月額
DynaEye 11 Entry Lite AI-OCR 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry 8.4万円/月額
DynaEye 11 Entry AI-OCR 16.8万円/月額
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
invoiceAgent AI OCR Entry 3万円/月額
備考
OCR 年間96,000画像~
invoiceAgent AI OCR DEEPREAD Lite CPU 25万円/月額
備考
OCR 500画像/時~
最低利用期間制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Free 0円
備考
読み取り枚数:300枚
追加料金:追加利用不可
Basic 3,300円/月額
備考
読み取り枚数:1,500枚
追加料金:1,501枚目~(5.5円/1枚)
Standard 33,000円/月額
備考
読み取り枚数:15,000枚
追加料金:15,001枚目~(4.4円/1枚)
Advanced 110,000円/月額
備考
読み取り枚数:50,000枚
追加料金:50,001枚目~(3.3円/1枚)
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(クラウド型) 0円
備考
クラウド型を導入する場合は初期費用は発生しません。
初期費用(オンプレミス型) 300万円〜
クラウド型 5万円〜/月額
オンプレミス型 40万円〜/月額
1か月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
Small 30,000円/月額
Medium 100,000円/月額
Enterprise 150,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
クラウド版 1,200,000円~
オンプレ版  2,000,000円~
12か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Trial 0円
備考
試してみたい方向け
・月間契約→14日間無料
・AI OCR(上限枚数)→30枚
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Starter 120,000円/年間 (1ヵ月あたり1万円 )
備考
コストを抑えたい方向け
・月間契約→12,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→100枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→✕(制限あり)
Standard 600,000円/年間 (1ヵ月あたり5万円 )
備考
一般的なプラン
・月間契約→60,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→2000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
Pro 1,800,000/年間 (1ヵ月あたり15万円 )
備考
処理枚数が多い方向け
・月間契約→180,000円/月額
・AI OCR(上限枚数)→10000枚/月
・AI帳票仕分け→無制限
・AI類似変換→無制限
・RPA→〇
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 660,000円(税込)
年間保守サービス 99,000円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 33,000円/月額(税込)
備考
※6,000項目まで
※6,000項目以上は従量利用料金、1項目3.3円(税込)
プラン2 110,000円/月額(税込)
備考
※60,000項目まで
※60,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
プラン3 220,000円/月額(税込)
備考
※200,000項目まで
※200,000項目以上は従量利用料金、1項目1.1円(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
導入料金はお問合せください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
備考
WisOCR Basicのみ初期費用は100,000円です。
WisOCR Standard 100,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は5万フィールドまでです。
WisOCR Pro 200,000円/月額
備考
AI手書き・AI活字対応。月額での処理可能量は20万フィールドまでです。
WisOCR Basic 15,000円/月額
備考
AI活字対応。月額での処理可能量は10万フィールドまでです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
OmniPage 19.2 Ultimate 54,757円
備考
外国製ですので、為替相場で費用が変動することがあります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
5 ダウンロード版 3,480円
5 パッケージ版 3,980円
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
読取革命Ver.16 12,980円
備考
1台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 35,000円
備考
3台用/ダウンロード版
読取革命Ver.16 57,500円
備考
5台用/ダウンロード版
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール /