Menu
Close

無料の電子契約サービス5選を紹介|選び方や比較表で機能やプランを確認

目次

この記事では、電子契約の無料サービスに焦点を当て、導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点などを解説します。ビジネスパーソンが知りたい情報をわかりやすくお届けし、検索したキーワードに関するニーズを満たす内容となっています。電子契約を利用して効率的でスムーズな契約プロセスを実現し、ビジネスの競争力を強化しましょう。

電子契約サービスとは

電子契約サービスの基本的な概要

電子契約サービスは、従来の紙ベースの契約プロセスをデジタル化し、電子的に取引を行う仕組みです。契約参加者は物理的に同じ場所にいる必要はなく、オンライン上で合意文書に署名できます。これにより、契約締結の効率とスピードが向上します。

電子契約サービスの導入目的とは

電子契約サービスの導入目的は、煩雑な契約手続きを簡素化し、ビジネスプロセスをスムーズにすることです。また、紙文書の使用を削減し、環境への負荷を減らすことも重要な目標の一つとなっています。

電子契約サービスの主な機能

電子契約サービスは、契約書の作成・配布、電子署名の取得、契約書の管理、文書の保存と追跡など、多岐にわたる機能を提供します。これらの機能により、契約プロセスがシームレスに実行されます。

電子契約サービスの利点とは

電子契約サービスの利点は、時間とコストの節約、契約プロセスの透明性向上、誤りや漏れの防止、遠隔地での契約締結の実現、ファイリングと検索の簡便化などです。これらの利点により、ビジネスの生産性が向上します。

電子契約サービスのデメリットとは

電子契約サービスのデメリットには、セキュリティ上の懸念、データの漏洩リスク、一部の法的要件の遵守が挙げられます。また、古くからのシステムへの移行には課題もありますが、これらのデメリットに対する対策が重要です。

電子契約サービスの選び方

選ぶ際の重要なポイント

適切な電子契約サービスを選ぶ際に重要なポイントは、セキュリティ対策、カスタマイズ性、サポート体制、スケーラビリティなどです。自社のニーズに最適なサービスを選択するために、評価基準を明確にしましょう。

プロバイダーの比較と検討

複数の電子契約サービスプロバイダーを比較検討しましょう。料金体系、機能、セキュリティ対策、カスタマーサポートなどを評価し、契約プロセスに最適なサービスを見つけます。

ユーザーレビューと評判の確認

他のユーザーのレビューや評判を調査することで、実際の利用者の満足度や不満点を知ることができます。信頼性やパフォーマンスを把握するために重要なステップです。

カスタマイズ性と柔軟性の検証

自社のニーズに合わせて、カスタマイズ性と柔軟性があるかを確認しましょう。特定の業界や契約プロセスに適合したサービスが重要です。

セキュリティと法的要件の遵守

セキュリティ対策や法的要件の遵守が十分に行われているかを確認しましょう。個人情報の保護や法的な有効性を確保するために、信頼性のあるサービスを選択します。

電子契約サービスの導入手順

導入前の準備と計画

導入前に、導入の目的や範囲を明確に定義し、関係者とのコミュニケーションを行います。現行の契約プロセスを洗い出し、改善点を特定します。

システム設定とカスタマイズ

選んだ電子契約サービスを導入する際に、必要なシステム設定とカスタマイズを行います。契約書のテンプレート作成や通知メールの設定など、業務フローに合わせた運用を構築します。

チームへの導入とトレーニング

導入されるチームメンバーに対して、新しい契約プロセスの説明とトレーニングを行います。操作方法や電子署名の手順を実践的に学び、スムーズな移行をサポートします。

実際の契約手続きと運用

実際の契約手続きが始まります。契約書の作成、配布、電子署名の取得をオンライン上で行います。運用段階では、トラブルシューティングやサポートを提供し、円滑なプロセスを確保します。

導入後のフォローアップと評価

導入後の改善点を把握するために、定期的なフォローアップと評価を行います。利用者のフィードバックを収集し、必要に応じて調整を行いながら、効果的な契約プロセスの継続的な改善を図ります。

電子契約サービスの注意点

法的なリスクと注意すべき点

電子契約は法的に有効ですが、特定の契約内容や業界によっては細心の注意が必要です。法的リスクを理解し、対応するために法律の専門家と相談することが重要です。

データのセキュリティとプライバシー保護

電子契約には重要なデータが含まれるため、セキュリティ対策が欠かせません。データ漏洩を防止するために、暗号化やアクセス制限などのセキュリティ対策を厳格に実施しましょう。

契約内容の明確化と確認

電子契約では、文書を物理的に確認する機会がないため、契約内容の明確化が重要です。契約書の文言や条件を慎重に検討し、全ての参加者が内容を理解していることを確認しましょう。

システムの障害やアクセス制限に対する対策

電子契約システムの障害やアクセス制限が発生した場合、ビジネスプロセスに影響を及ぼす可能性があります。冗長性を持たせたシステム構築やバックアッププロセスの確立を行い、事前に対応策を準備しておきましょう。

契約解除や移行時の手続き

契約解除や他のプロバイダーへの移行を検討する場合、契約書やデータの移行手続きについて注意深く対応する必要があります。スムーズな移行を実現するために、事前に計画を立てておくことが重要です。

電子契約サービスのビジネスへのメリット

コスト削減と業務効率化

電子契約により、用紙や印刷物のコストを削減し、手作業にかかる時間とコストを大幅に削減します。契約プロセスの自動化によって、業務効率が向上し、従業員の生産性が向上します。

タイムリーな契約締結とスピードアップ

電子契約を利用することで、契約締結のタイムラグが大幅に短縮されます。遠隔地にいる参加者間で即座に合意を形成し、ビジネスのスピードを加速させます。

ペーパーレス環境の実現

電子契約により、紙文書の使用を削減し、環境にやさしいペーパーレス環境を実現します。環境への負荷を軽減し、持続可能なビジネス活動を推進します。

カスタマーエクスペリエンスの向上

電子契約サービスは顧客とのコミュニケーションを円滑にします。便利で迅速な契約プロセスは、顧客の満足度を高め、信頼関係を築くのに役立ちます。

データ解析と契約管理の強化

電子契約サービスには、契約データの記録や追跡が容易に行える機能があります。データ解析によって、契約パフォーマンスの評価やビジネス戦略の改善に役立ちます。

電子契約サービスのビジネスへのデメリット

導入コストとランニングコスト

電子契約サービスの導入には初期投資が必要であり、ランニングコストも発生します。ただし、導入後のコスト削減や業務効率化により、長期的なメリットが期待できます。

システムの複雑さとトレーニングコスト

複雑なシステム導入には、トレーニングコストと従業員の適応期間が必要です。適切なトレーニングを実施し、スムーズな運用を確保することが重要です。

法的要件と規制への対応

一部の業界や地域では、電子契約に対する法的要件や規制があります。これらに適合するために、法的なアドバイスを受けることが必要です。

インターネット接続に依存するリスク

電子契約はインターネット接続を必要とするため、接続障害が発生した場合に影響を受けるリスクがあります。バックアップ接続の確保など、冗長性の対策が重要です。

従来の方法との比較と検討

電子契約を導入する際には、従来の紙ベースの契約方法との比較と検討が必要です。コスト対効果や利便性を総合的に評価し、最適な選択を行います。

無料の電子契約サービス5選を紹介

DX-Sign

株式会社クロスベイターのDX-Signは、契約に関する業務効率化とコスト削減を両立させる電子契約書サービスです。電子契約に必要となる電子署名、タイムスタンプ、契約締結、電子印影などの一般的な機能はもちろん、固定ワークフローや書類のインポート、フォルダ公開設定などの便利機能も標準搭載しています。無料のフリープランがあるので、まず電子契約を試してみたいという企業にとっては、特に嬉しいサービスと言えます。

DX-Signの製品詳細はこちら

freeeサイン

フリーサイン株式会社のfreeeサインは、弁護士監修による信頼性の高い電子契約システムです。文書の作成、締結、管理まで、契約業務の煩雑なプロセスをこれ1つでオンラインで完結します。2020年6月の外部調査「電子契約サービスを対象にしたサイト比較イメージ調査」では「使いやすさNo.1」に選ばれています。また、導入企業のみならず「契約相手」のサポートも実施している手厚い支援体制も魅力です。迅速に疑問・課題を解決します。

freeeサインの製品詳細はこちら

みんなの電子署名

株式会社ベクターの「みんなの電子署名」は、機能制限なしで全ての機能を無料で使える立会人型の電子契約書です。1年以上の文書保管に関しては有償サービスですが、1文書1か月あたり10円とリーズナブルなので、他社と比べて安く利用できます。無料で利用できるうえに、セキュリティ性も最高水準を提供しており、長年ソフトウェア関連の事業を行ってきたベクターだからこそできる機能が多くあります。企業だけでなく、個人やフリーランスの方にもおすすめできるソフトです。

みんなの電子署名の製品詳細はこちら

GMOサイン

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社のGMOサインは、自治体でも採用されている、導入企業数260万社以上の電子契約書です。大和証券やミズノ、三条市などに使われており、多くの実績があります。導入企業数電子契約のNo.1ソフトとなっており、業務の効率化だけでなくコストの削減、ガバナンスの強化が可能です。スマートフォンを活用するGMOサインのスマホアプリも展開しており、スマホ上で契約締結業務を完了できます。

GMOサインの製品詳細はこちら

BtoBプラットフォーム契約書

株式会社インフォマート のBtoBプラットフォーム契約書は、80万社以上に導入され、20年以上の安心と実績を持つ、取引先の利用が無料の電子契約書です。産経デジタルやエイブル、野村證券など、さまざまな企業に導入されており、ブロックチェーン技術で契約内容の信用性と機密性を確保します。電子帳簿保存法改正に対応しており、法的効力のある安全な電子契約サービスです。ハンコと紙で行っていた契約を「電子契約」にきりかえ、電子署名とタイムスタンプで行い業務を円滑化します。

BtoBプラットフォーム契約書の製品詳細はこちら

「電子契約書」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 印影登録
    • 書類自動入力
    • コメント機能
    • 手書きサイン機能
    • 押印機能
    • SMS送信機能
    • 2段階認証
    • 一括アップロード
    • 操作ログ
    • テンプレート登録
    • マルチデバイス対応
    • 期限通知
    • 差戻し機能
    • シングルサインオン(SSO)
    • 法務相談
    • 外部連携
    • 外国語対応
    • アクセス・参照制限
    • ワークフロー設定
    • 一括承認
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
備考
ご利用人数に応じて金額が変動します。
利用料金 要相談
備考
ご利用人数に応じて金額が変動します。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
intra-mart Procurement Cloud 契約ライフサイクル管理の資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Free 0円
備考
小規模事業所向けのプランです。アカウント数は1名に限定。まずはお試しならこちらがお薦めなプランです。
Normal 8,800円(税込)/月額
備考
電子契約で良く使われる基本機能はすべて標準装備、アカウントも送信も無制限に利用可能なプランです。
Enterprise 55,000円~(税込)/月額
備考
高度な電子契約サービスを利用したい場合や拡張機能を求める場合にお薦めのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタータープラン 2,200円(税込)/月額
備考
送信件数 10 件/月、ユーザー数 1 名のプランです。
ベーシックプラン 6,600円(税込)/月額
備考
送信件数 50 件/月、ユーザー数無制限のプランです。
利用数No.1でおすすめのプランです。
プレミアムプラン 9,900円(税込)/月額
備考
送信件数 100 件/月、ユーザー数無制限のプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
料金 要相談
12か月~
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料プラン 0円
備考
本格導入に向けて使いやすさを体感したい方におすすめのプランです。毎月の送信数は1通までで、アカウント数は1です。
Lightプラン 4,980円/月額
備考
毎月の送信数が50通までの方におすすめのプランです。アカウント数は1です。
Light Plusプラン 19,800円/月額
備考
文書の一括作成・送信ができ、送信数に上限がないプランです。アカウント数は6です。
Pro/Pro Plusプラン 50,000円~/月額
備考
ワークフローで内部統制もしっかりしたプランです。アカウント数は要相談です。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 300円/締結1件
備考
当事者型【実印版】締結料です。3件/月まで無料です。別途、電子証明書発行料が発生します。
プラン2 100円/送信1件
備考
立会人型・事業者署名型【認印版】送信料です。10件/月まで無料です。
プラン3 10,000円/月額
備考
PDFが添付された文書データ管理料です。左記は5,000件ごとの料金です。累計10件まで無料です。
最低利用期間の設定はありません
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
月額基本料金 22,000円(税込)/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
月額基本料 0円
文書保管 11円(税込)/1文書
備考
1年以上経過した文書の保管料金です。50文書単位でのご利用となります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
プランによって変動いたします。
Standard 100 要相談
備考
アカウント数は100、年間契約数は300件までとなっております。
Standard 300 要相談
備考
アカウント数は300、年間契約数は600件までとなっております。
Standard 500 要相談
備考
アカウント数は500、年間契約数は900件までとなっております。
Professional 要相談
備考
アカウント数、年間契約数は要お見積りです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
Acrobat Standard (個人版) 1,518円(税込)/月額
備考
電子サインと基本的なPDFツールでシンプルな文書管理を実現します。
Acrobat Pro (個人版) 1,980円(税込)/月額
備考
すべての変換・編集機能、高度な保護、強力な電子サイン機能を備えた包括的なPDFソリューションです。
Acrobat Standard (法人版) 1,848円(税込)/月額
備考
電子サインと基本的なPDFツールでシンプルな文書管理を実現します。
Acrobat Pro (法人版) 2,380円(税込)/月額
備考
すべての変換・編集機能、高度な保護、強力な電子サイン機能を備えた包括的なPDFソリューションです。
Acrobat Sign Solutions (法人版) 要相談
備考
アプリケーション連携、APIなどを利用してビジネスの拡大を目指すチームに最適なプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
お試しフリープラン 0円
契約印&実印プラン (立会人型&当事者型) 9,680円(税込)円/月
備考
契約印タイプ(立会人型)110円 / 件、実印タイプ(当事者型)330円 / 件で利用できます。セキュリティパックは55,000円(税込) / 月額です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
パーソナルミニ 800円/月額
備考
個人向けのプランです。
副業などで確定申告をする必要のある方におすすめです。
パーソナル 980円/月額
備考
個人向けのプランです。
自営業、個人事業主として
確定申告をする必要のある方におすすめです。
1か月無料となっております。
パーソナルプラス 2,980円/月額
備考
個人向けのプランです。
確定申告の操作が不安で
電話サポートを受けたい方におすすめです。
小規模事業者向け スモールビジネス 2,980円/月額
備考
法人向け(30名以下の方)のプランです。
部門管理が不要な企業や、請求業務の少ない小規模事業者向けプランです。
中小企業向け ビジネス 4,980円/月額
備考
法人向け(30名以下の方)のプランです。
バックオフィス業務全般を効率化したい、中小企業向けプランです。
IPO準備・中堅〜上場企業向け 要相談
備考
法人向け(30名以下の方)のプランです。
別途ご案内いたします。
小規模〜中小企業向け 機能制限版 2,980円~/月額
備考
法人向け(31名以上の方)のプランです。
お得に電子契約に対応したプランです。
IPO準備・中堅〜上場企業向け フル機能版 要相談
備考
法人向け(31名以上の方)のプランです。
書類の一元管理・システム連携に対応プランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Light 11,000円(税込)/月額
備考
個人事業主や少人数の企業向けプランです。
送信件数ごとに別途220円(税込)かかります。
Corporate 30,800円(税込)/月額
備考
電子契約・書類管理の機能を備えた一般企業向け標準プランです。
送信件数ごとに別途220円(税込)かかります。
Business 要相談
備考
内部統制・セキュリティを強化する機能を備えたプランです。
送信件数ごとの料金は要相談です。
Enterprise 要相談
備考
全社利用を想定された企業向けの書類管理機能を備えたプランです。
送信件数ごとの料金は要相談です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Personal (個人向け) 1,100円/月額
Standard (企業向け) 2,800円/月額
Business Pro (企業向け) 4,400円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
フリープラン 0円
備考
まずはお試しを希望される方向けのプランです。
シルバープラン 10,000円~/月額
備考
電子契約機能のみでスタートしたい方向けのプランです。
ゴールドプラン 30,000円~/月額
備考
電子契約機能だけでなく
保管機能を利用したい方向けのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

電子契約サービス15選

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • カテゴリ別で分類したチャット機能で行うリーガルチェック
  • 紙も電子も一元管理で契約書のデジタル化、効率化
  • ダッシュボードにより締結中の契約がどの段階にいるかが明確に

労務管理システム電子契約書マイナンバー管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 人事労務業務の効率向上が可能
  • 従業員情報の一元管理ができる
  • 自社に合わせて、 必要な機能だけを導入

文書管理システム文字起こしソフトナレッジマネジメントシステム電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • Legaledgeで契約書のマネジメント業務とドキュメンテーション業務をシームレスに連携
  • 契約書情報を自動で解析してデータ化
  • 契約書のレビュー・作成をより快適に
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 分かりやすい操作や記録など充実した機能の数々
  • 検討段階から導入後まで、課題を解決し続けるサポート
  • 契約データを守るために、安心のセキュリティ体制
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 契約締結を証明する、より証拠力の高い電子署名を利用可能
  • グループ機能を活用して、 契約書の整理・閲覧範囲の設定が可能
  • 契約の保存や検索も、スムーズに実施できる

文書管理システム電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 電子契約に必要な機能を多く揃えた、信頼性の高いサービス
  • 堅牢なセキュリティで、 契約書データを安全に管理・保存
  • 設計から導入、運用まで充実したサポートを提供
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 契約、受発注業務にフィットした便利な機能を多数搭載
  • さまざまな契約業務にノンプログラミングで適用可能
  • 外部システム連携ツールにより、購買、販売、会計システムなどと連携可能
  • 取引先の参加を得やすくするサポート、機能、契約形態

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 文書のテンプレート登録やクラウド上で完結するワークフローにより業務を効率化
  • タイムスタンプの付与など信頼性が担保された契約の締結
  • 外部からの不正なアクセスを防ぐための多重の予防措置

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 既存の「紙の書面契約」と「電子契約書」を簡単に一元管理
  • 電子証明書を利用した当事者型署名と、メール認証による立会人型・事業者署名型署名
  • 充実のセキュリティで、多くの外部認定を受ける
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 一般財団法人日本データ通信協会の認定を受けた、独自のタイムスタンプ機能
  • 長期署名の国際標準規格に対応、裁判でも証拠として扱われる
  • 紙で締結した契約書もスキャンして電子化可能
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 無料で全機能が利用可能、有償なのは1年以上の文書保管のみ
  • AATLや長期署名にも対応している、最高水準のサービス
  • 通信・保管の両面で高いセキュリティ性を持っている

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 法務相談を契約書に紐つけて管理可能、コンプライアンスリスクを回避
  • 最適な契約プロセスを自社向けにカスタマイズできる
  • 契約書のワークフローを柔軟に管理可能、効率化を進める
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 世界で利用できるレベルのコンプライアンスとセキュリティ対応
  • MicrosoftやSalesforceなど、外部アプリとの連携に対応
  • PDFと電子サイン機能で生産性を向上できる

電子契約書電子印鑑ソフト

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 契約印タイプの送信料は1件当たり110円で使える
  • 部外秘の文書も権限設定や閲覧制限で安心保管できる
  • 電子帳簿保存法に対応し、安心して利用可能

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • DX化を推進させるワークフロー機能も搭載
  • 管理機能によって、紙の契約と電子契約を一元管理できる
  • 電子契約に必要な機能だけでなく、アラート通知など便利な機能も
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 官公庁・金融機関も利用している、堅牢なセキュリティ性
  • 弁護士監修で電子署名法にも準拠、使いやすいデザイン
  • 各社の課題に合わせて柔軟に導入、運用が可能
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 世界中で利用されているため、グローバルに利用できる
  • 契約内容のカスタマイズも可能、AIによってチャンスやリスクの発見も行う
  • 世界レベルのセキュリティとプライバシー保護が可能

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 最大5社間の電子契約を締結可能、相手側は利用が無料
  • 契約書類をクラウド上で保管・共有・契約できる
  • 電子帳簿保存法にも対応しており、充実したサポート体制

おさらいと展望

無料の電子契約サービスの活用のまとめ

無料の電子契約サービスは、ビジネスプロセスの効率化やコスト削減、環境への配慮など、多くのメリットをもたらします。適切な導入と運用により、ビジネスの競争力を強化することができます。

将来の電子契約サービスの可能性と発展

電子契約サービスは技術の進化と共に進化を続けます。AI技術やブロックチェーンの導入により、さらなるセキュリティ向上や効率化が期待できます。

ビジネスにおける電子契約の重要性

ビジネスにおいて電子契約は、効率性と迅速性を重視する現代のビジネス環境において不可欠なツールとなっています。競争が激化する中で、スムーズな契約プロセスは重要な競争要因となります。また、リモートワークが増加している現在では、オンライン上で契約を締結するニーズも高まっています。

電子契約の未来展望

電子契約の未来は非常に明るいです。AI技術の成熟により、契約文書の自動生成や重要事項の抽出など、さらなる自動化が進むでしょう。また、ブロックチェーン技術の導入により、契約の透明性とセキュリティが向上し、改ざんや不正を防ぐことが期待されます。

さらに、デジタルアイデンティティやバイオメトリクス技術の発展により、より信頼性の高い電子署名の方法が実現する可能性もあります。これにより、法的要件を満たす高度なセキュリティレベルの契約が可能となります。

電子契約サービスは、ビジネスの効率性と競争力を向上させる革新的なツールであり、その進化は今後も続くことでしょう。ビジネスがより円滑に運営され、利益と成果を最大化するために、積極的に活用していくことが重要です。

まとめ

この記事では、電子契約の無料サービスについて詳しく解説しました。電子契約サービスは、従来の紙ベースの契約プロセスをデジタル化し、効率的で迅速な契約締結を実現します。導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点など、多岐にわたる情報をお伝えしました。

無料の電子契約サービスを活用することで、ビジネスには多くのメリットがあります。コスト削減、業務効率化、ペーパーレス環境の実現などが挙げられます。また、将来的にはAI技術やブロックチェーンの進化により、さらなる発展が期待されます。

ただし、導入には法的リスクやシステムの複雑さにも注意が必要です。適切な選択とトレーニング、法的なアドバイスの活用が大切です。ビジネスの生産性と競争力を向上させるために、無料の電子契約サービスの活用を積極的に検討してください。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる