Menu
Close

クラウド電子契約サービス15選を比較|選び方や導入手順、注意点を解説

目次

この記事では、電子契約と書面契約についての特徴や比較、電子契約クラウドの導入メリットとデメリット、選び方、注意点などを詳しく解説します。ビジネスパーソンが検索ニーズを満たし、効果的な電子契約の活用方法を理解するための情報が盛りだくさんです。クラウドを活用した電子契約がビジネスプロセスを効率化し、顧客とのコミュニケーション改善にも貢献するポイントをお伝えします。電子契約クラウドの導入に向けたステップや注意点にも触れながら、確実な導入のための参考になる内容です。

電子契約とは何か?

電子契約の基本的な定義と概要

電子契約とは、インターネットやデジタルメディアを介して締結される法的な契約のことを指します。従来の書面契約と異なり、紙の文書に代わり、デジタルデータの形式で取り交わされる点が特徴です。

電子契約の法的地位と信頼性

電子契約は、多くの国や地域で法的に認められており、書面契約と同等の法的効力を持っています。デジタル署名技術の進化により、契約の信頼性も向上しており、改ざん防止や当事者の確認が可能となっています。

電子契約と書面契約の違いとは?

電子契約は手軽で迅速な取引が可能であり、地理的な制約を受けません。一方、書面契約は物理的な文書のやり取りが必要ですが、特定の業種や取引においては依然として重要な手段となっています。

電子契約の利点とデメリット

電子契約の利点は、時間の節約、ペーパーレス化による環境への貢献、業務プロセスの効率化などが挙げられます。一方、セキュリティ対策やデジタルリテラシーの向上が必要なデメリットもあります。

電子契約の普及とメリットの事例

近年、多くの企業が電子契約を導入し、その効果を実感しています。例えば、営業契約の締結が数日から数時間に短縮され、クライアントとの関係強化につながったという事例が挙げられます。

書面契約と電子契約の比較

書面契約の特徴と利用シーン

書面契約は従来の手法であり、特に重要な取引や法的効力が求められる契約に利用されます。不動産取引や法的文書などに頻繁に用いられています。

書面契約の課題と限界

書面契約では文書の郵送や直接の対面が必要であり、時間とコストがかかることが課題です。また、データの管理や検索が煩雑になることもあります。

書面契約から電子契約への移行のメリット

電子契約への移行により、取引プロセスが効率化され、契約書類の整理や検索が容易になります。また、遠隔地の取引もスムーズに行えるため、ビジネスの拡大に貢献します。

電子契約が向いている業種と事例

特にSaaS(サービス提供型)企業やグローバル展開する企業など、デジタル化に適応した業種で電子契約の活用が進んでいます。例えば、リモートワークを推進する企業が増加しており、電子契約は重要な役割を果たしています。

書面契約と電子契約の比較ポイント

書面契約は伝統的な手法で信頼性が高い一方、電子契約は迅速で効率的です。適切な取引には目的や契約の性質に応じて、どちらを選択するか慎重に検討する必要があります。

電子契約のメリット

効率的な業務プロセスと時間短縮

電子契約は、契約書類の作成から署名までのプロセスをオンライン上で行えるため、取引のスピードが向上します。契約当事者が場所や時間を問わずに参加できるため、リードタイムが大幅に短縮される利点があります。

顧客とのコミュニケーション改善

電子契約は、クライアントとのコミュニケーションをスムーズにし、不要な誤解やミスを防ぎます。遠隔地の顧客ともリアルタイムでやり取りできるため、信頼関係の構築やサービスの向上に寄与します。

コスト削減と環境への貢献

ペーパーレスで契約を進めることにより、用紙や印刷、郵送にかかるコストを削減できます。また、環境にも優しく、持続可能なビジネス運営に貢献します。

データの正確性とセキュリティ

電子契約プラットフォームはデータの整合性を確保し、記録の精度を高めます。また、専用のセキュリティ対策により、機密情報の保護が行われるため、情報漏洩リスクを軽減できます。

電子契約のデメリット

技術的な障壁と導入コスト

電子契約を導入するには、適切なプラットフォームの選定や従業員の教育が必要です。また、導入にかかる初期コストや運用コストも検討する必要があります。

法的リスクと法令遵守

電子契約は法的に有効であるため、契約書の内容や署名に慎重さが求められます。また、国や地域によって異なる電子契約のルールに従う必要があります。

利用者への教育と変革の課題

従来の書面契約から電子契約への移行は、従業員や取引先の教育が必要です。抵抗感や習慣の変化を乗り越えるためのサポートが重要です。

システム障害やサービス中断への対策

電子契約プラットフォームの運用に際しては、システム障害やサービス中断への備えが必要です。バックアップやアクセス制御の強化などを実施し、リスクを最小限に抑えることが重要です。

電子契約の選び方

導入前の検討ポイント

自社の契約ニーズやビジネス要件を把握し、必要な機能や要件をリストアップします。従業員の意見やフィードバックも収集して、合理的な選定を行います。

機能とニーズのマッチング

選定候補となる電子契約プラットフォームの機能や利便性を評価し、自社のニーズとマッチするかを確認します。操作性やデータ管理機能が重要な要素となります。

サービス提供元の信頼性と評価

電子契約プラットフォームの提供元の評判や信頼性を確認し、過去の実績や顧客の声を参考にします。セキュリティ対策やカスタマーサポートも重要なポイントです。

カスタマーサポートとアフターケア

電子契約の導入後もサポート体制が整っているかを確認します。トラブルシューティングやカスタマーサポートの対応速度などが重要な要素となります。

クラウド電子契約サービス15選を紹介

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • カテゴリ別で分類したチャット機能で行うリーガルチェック
  • 紙も電子も一元管理で契約書のデジタル化、効率化
  • ダッシュボードにより締結中の契約がどの段階にいるかが明確に

労務管理システム電子契約書マイナンバー管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 人事労務業務の効率向上が可能
  • 従業員情報の一元管理ができる
  • 自社に合わせて、 必要な機能だけを導入

文書管理システム文字起こしソフトナレッジマネジメントシステム電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • Legaledgeで契約書のマネジメント業務とドキュメンテーション業務をシームレスに連携
  • 契約書情報を自動で解析してデータ化
  • 契約書のレビュー・作成をより快適に
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 分かりやすい操作や記録など充実した機能の数々
  • 検討段階から導入後まで、課題を解決し続けるサポート
  • 契約データを守るために、安心のセキュリティ体制
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 契約締結を証明する、より証拠力の高い電子署名を利用可能
  • グループ機能を活用して、 契約書の整理・閲覧範囲の設定が可能
  • 契約の保存や検索も、スムーズに実施できる

文書管理システム電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 電子契約に必要な機能を多く揃えた、信頼性の高いサービス
  • 堅牢なセキュリティで、 契約書データを安全に管理・保存
  • 設計から導入、運用まで充実したサポートを提供
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 契約、受発注業務にフィットした便利な機能を多数搭載
  • さまざまな契約業務にノンプログラミングで適用可能
  • 外部システム連携ツールにより、購買、販売、会計システムなどと連携可能
  • 取引先の参加を得やすくするサポート、機能、契約形態

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 文書のテンプレート登録やクラウド上で完結するワークフローにより業務を効率化
  • タイムスタンプの付与など信頼性が担保された契約の締結
  • 外部からの不正なアクセスを防ぐための多重の予防措置

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 既存の「紙の書面契約」と「電子契約書」を簡単に一元管理
  • 電子証明書を利用した当事者型署名と、メール認証による立会人型・事業者署名型署名
  • 充実のセキュリティで、多くの外部認定を受ける
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 一般財団法人日本データ通信協会の認定を受けた、独自のタイムスタンプ機能
  • 長期署名の国際標準規格に対応、裁判でも証拠として扱われる
  • 紙で締結した契約書もスキャンして電子化可能
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 無料で全機能が利用可能、有償なのは1年以上の文書保管のみ
  • AATLや長期署名にも対応している、最高水準のサービス
  • 通信・保管の両面で高いセキュリティ性を持っている

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 法務相談を契約書に紐つけて管理可能、コンプライアンスリスクを回避
  • 最適な契約プロセスを自社向けにカスタマイズできる
  • 契約書のワークフローを柔軟に管理可能、効率化を進める
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 世界で利用できるレベルのコンプライアンスとセキュリティ対応
  • MicrosoftやSalesforceなど、外部アプリとの連携に対応
  • PDFと電子サイン機能で生産性を向上できる

電子契約書電子印鑑ソフト

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 契約印タイプの送信料は1件当たり110円で使える
  • 部外秘の文書も権限設定や閲覧制限で安心保管できる
  • 電子帳簿保存法に対応し、安心して利用可能

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • DX化を推進させるワークフロー機能も搭載
  • 管理機能によって、紙の契約と電子契約を一元管理できる
  • 電子契約に必要な機能だけでなく、アラート通知など便利な機能も
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 官公庁・金融機関も利用している、堅牢なセキュリティ性
  • 弁護士監修で電子署名法にも準拠、使いやすいデザイン
  • 各社の課題に合わせて柔軟に導入、運用が可能
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 世界中で利用されているため、グローバルに利用できる
  • 契約内容のカスタマイズも可能、AIによってチャンスやリスクの発見も行う
  • 世界レベルのセキュリティとプライバシー保護が可能

電子契約書契約書管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 最大5社間の電子契約を締結可能、相手側は利用が無料
  • 契約書類をクラウド上で保管・共有・契約できる
  • 電子帳簿保存法にも対応しており、充実したサポート体制

電子契約の導入手順

導入プロジェクトの計画と段階

電子契約の導入は計画的に進めることが重要です。プロジェクトの目的とスケジュールを明確にし、段階的な導入を検討します。関係者との協力体制も整えます。

ステークホルダーの参加と合意形成

導入プロジェクトには経営陣や関係部門のステークホルダーの参加が必要です。電子契約のメリットや導入の意義を説明し、合意形成を図ります。

データ移行とシステム連携

過去の契約書類や顧客データを適切にデジタル化し、電子契約プラットフォームとの連携を確立します。既存のシステムとの連携もスムーズに行います。

テストと評価の実施

導入前にシステムのテストを実施し、機能やセキュリティの確認を行います。テスト結果をもとに、改善点を洗い出し、修正を行います。

本格導入とトラブルシューティング

全体導入に向けて、従業員の教育やトレーニングを実施します。導入後のトラブルシューティング対応を考慮し、アフターケア体制を整えます。

電子契約の注意点

法的リスクと契約書の適合性

電子契約においても、契約書の内容が正確で法的に適合していることが重要です。書面契約と同様に、専門家のチェックや契約書の整備が欠かせません。

個人情報保護とセキュリティ対策

電子契約においては、顧客の個人情報を適切に保護する必要があります。セキュリティ対策の徹底やアクセス制御の強化が必要となります。

利用規約と重要事項の明示

電子契約プラットフォームの利用規約や契約書には、利用者にとって重要な事項を明示することが求められます。分かりやすく説明することが大切です。

契約解除や変更の手続き

電子契約の場合も、契約解除や変更を行う際には適切な手続きが必要です。手続きの詳細を利用者に周知し、円滑な取引をサポートします。

バックアップとデータ復旧策

重要な契約データは定期的にバックアップを行い、万が一のデータ損失に備えます。データ復旧策を検討し、リスクを最小限に抑えます。

まとめ

この記事では、電子契約と書面契約の特徴や比較、そして電子契約の導入メリットやデメリットについて詳しく解説しました。電子契約はクラウドを活用した効率的な取引手法であり、多くのビジネスパーソンにとって魅力的な選択肢となっています。

クラウドを活用した電子契約は、業務プロセスの時間短縮やコスト削減、顧客とのスムーズなコミュニケーションを実現します。さらに、環境への貢献やデータのセキュリティ向上といった利点もあります。

ただし、導入に際しては法的リスクやセキュリティ対策の重要性にも留意する必要があります。適切なプラットフォームの選定やステークホルダーの協力が、円滑な導入に欠かせません。

電子契約クラウドの選び方や導入手順も重要なポイントです。自社のニーズに合わせた適切なプラットフォームを選択し、従業員の教育やトレーニングを通じて成功へのステップを踏み出しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる