Menu
Close

LINEで安否確認|詳細や使い方をわかりやすく紹介します

目次

この記事では、災害時や緊急事態におけるLINEで安否確認の重要性と効果的な方法について詳しく解説します。LINEを活用した安否確認は、家族や仲間、組織内での安全確認や迅速な連絡手段として大切な役割を果たします。安否確認の基本から注意点、他の手段との比較、未来展望まで幅広く網羅し、読者の安全を守るための情報を提供します。安心で安全な社会を築くために、是非LINE安否確認の活用を検討してみてください。

LINEの安否確認とは何か

LINEの安否確認の基本と目的

LINEの安否確認とは、災害時や緊急事態において、登録している連絡先に自分の無事を伝える機能です。安否確認の目的は、家族や仲間に安否を報告するだけでなく、組織や企業内でも社員の安否確認を円滑に行い、迅速な対応を可能にすることにあります。遠方にいる関係者との連絡を取る手段としても重要です。

災害時や緊急時の重要性

災害時や緊急事態では通信網が寸断されることがあり、電話やメールが使えなくなることがあります。しかし、インターネット環境が整っている場合でもLINEのようなメッセージアプリは使えることが多いため、安否確認に役立ちます。LINEはテキストメッセージだけでなく、写真や動画も送受信できるので、より具体的な情報の共有にも適しています。

LINE安否確認のメリットとデメリット

LINEの安否確認のメリットは、無料で利用できることや、登録している仲間や家族と迅速に安否確認できる点です。また、リアルタイムでメッセージのやり取りができるので、迅速な情報伝達が可能です。一方で、LINEはインターネット接続が必要であり、災害時に通信環境が不安定になる可能性がある点がデメリットです。さらに、登録している相手がリアルタイムで確認していない場合は、安否確認が遅れる可能性もあります。

ケーススタディ:実際の事例から学ぶ

過去の災害や緊急事態でLINEの安否確認が活用されたケーススタディを紹介します。例えば、大規模地震が発生した際に、交通網がマヒし、直接の連絡が取れない状況でも、LINEを利用して家族や友人同士で無事を確認し合うことができました。その結果、不安な気持ちを和らげることができ、迅速な支援活動にもつながった事例があります。

LINEでの安否確認の方法

LINEの安否確認機能の使い方

LINEの安否確認機能を使用するには、まずLINEアプリにログインしてください。次に、左上のメニューボタンから「設定」を選択し、「安否確認」の項目を見つけてください。安否確認を開始すると、登録している連絡先に安否情報が自動的に送信されます。さらに、登録したグループチャットや個別チャットでも安否確認を行うことができます。

グループチャットを活用した確認方法

グループチャットを活用すると、一斉に複数の相手に安否確認のメッセージを送信できます。家族や仲間など、特定のグループを事前に設定しておくことで、災害発生時に効率的な確認が可能です。特に、企業や団体内での安否確認には有効な手段です。

個別チャットでの安否確認の手順

個別チャットでは、特定の相手に直接安否確認のメッセージを送信します。登録している相手一人ひとりとコミュニケーションを取ることができるため、より詳細な情報交換が可能です。個別チャットは、家族や親しい友人との安否確認に適しています。

安否確認リストの作成と活用

LINEでは、安否確認リストを作成しておくことで、災害発生時にスムーズに確認を行うことができます。リストには家族や仕事仲間、友人など重要な連絡先を登録しておきましょう。また、頻繁に利用する連絡先を優先的に表示させることで、緊急時に素早く安否確認を行えるようにすることもおすすめです。

より効果的な安否確認を行うためのコツ

安否確認をより効果的に行うためには、以下のコツを活用しましょう。

事前に安否確認のルールを確定する

災害発生前に、組織や家族で安否確認のルールを確定しておくことが重要です。確認の頻度や手順、連絡手段などを明確にすることで、混乱を避け、円滑な連絡を図ることができます。

複数の連絡手段を併用する

LINEの安否確認だけでなく、メールやSNSなど、複数の連絡手段を併用することで、通信障害が生じた場合でも確認のチャンスを増やします。特に重要な連絡先に対しては、複数の手段を用意しておくことが重要です。

定期的な確認を習慣づける

安否確認は災害発生時だけでなく、定期的に行う習慣を身につけることが大切です。定期的な確認を行うことで、連絡先の変更や情報の最新化を行い、緊急時にスムーズな連絡ができる状態を維持します。

LINE安否確認の注意点と問題解決

プライバシーやセキュリティに関する懸念

LINEの安否確認において、プライバシーやセキュリティに対する懸念があるかもしれません。そのため、安否情報は必要最小限の相手にのみ伝えるようにし、不要な情報の拡散を避けることが重要です。また、パスワードや指紋認証などのセキュリティ機能を有効に活用し、不正アクセスから情報を守る対策も行いましょう。

確認が取れない場合の対処法

災害や緊急事態では通信環境が不安定になることがあり、確認が取れない場合が発生することがあります。このような場合は、落ち着いて連絡を待つと同時に、他の連絡手段を利用して確認を試みることが重要です。何度も連絡を試みることで、通信が復旧した際に相手に確認が届く可能性が高まります。

誤った情報によるトラブル回避策

情報の信頼性は安否確認において非常に重要です。確認を受けた情報を鵜呑みにせず、複数の情報源を照らし合わせることで、誤った情報によるトラブルを回避できます。特に、公式機関の情報を優先して確認するようにし、信頼性の高い情報源を活用することが大切です。

LINE安否確認と他の手段との比較

LINEと従来の安否確認手段の違い

従来の安否確認手段では、電話やメールが主な手段でした。しかし、通信網が寸断される場合や回線が混雑する場合には、確認が困難となることがあります。それに対して、LINEはインターネット環境さえあれば利用できるため、より頼りにされる手段となっています。さらに、写真や動画を送信できることから、状況確認がより具体的に行える点も大きな違いです。

メールやSNSとの連携の有用性

LINEの安否確認と並行して、メールやSNSとの連携を図ることで、より広範な相手に確認メッセージを送信できます。SNSの投稿により、複数の人に一斉に安否情報を伝えることができるため、迅速な確認が可能です。しかし、情報拡散の際には情報の正確性に注意し、不確かな情報の拡散を避けるよう心掛けましょう。

LINE安否確認の未来展望

今後の改善や機能追加の可能性

LINEの安否確認機能は、さらなる改善や機能追加の可能性が広がっています。例えば、位置情報を活用して被災地の安否情報をリアルタイムで共有する機能や、自動返信機能を導入することで、安否確認の手間を軽減することが期待されています。また、AI技術の導入により、より高度な情報分析や迅速な対応が可能になるかもしれません。

ソーシャルメディアの進化と安否確認への影響

ソーシャルメディアの進化により、安否確認への影響も考えられます。SNS上での情報共有や避難情報の拡散が増えることで、より多くの人が安否確認を行うことが予想されます。その一方で、ソーシャルメディア上でのデマや誤った情報も広がるリスクがあります。そのため、正確な情報の発信と情報の鵜呑みにせず、確認の重要性が高まるでしょう。

活用のポイント

安否確認を効果的に行うために

LINEの安否確認は、災害や緊急事態において大切な連絡手段となります。事前に安否確認のルールを決め、複数の連絡手段を併用することで、円滑な確認ができるようになります。また、定期的な確認を習慣づけることで、緊急時に素早い対応が可能となります。

ビジネスにおける安否確認の活用法

ビジネスにおいてもLINEの安否確認は有用です。従業員の安否を迅速に確認することで、災害時のリスクを軽減し、事業の継続性を確保することができます。さらに、従業員同士の連携強化や安心感の向上にも寄与します。企業内でのルールを整備し、積極的に活用していくことが大切です。
以上の内容を踏まえて、LINEの安否確認の基本や方法、注意点、他の手段との比較、未来展望、そしてビジネスにおける活用法を理解していただけることを目指しています。安否確認の大切さを認識し、万が一の際にも確実な連絡が行えるように準備してください。

LINE安否確認の実践と効果

安否確認の実践方法と効果的な活用

実際に安否確認を行う際には、以下の方法を活用することで効果的に実践できます。
事前に安否確認のリストを整備する:災害発生前に安否確認リストを作成し、登録しておく連絡先を整理しておきましょう。大切な家族や仲間、ビジネスパートナーの連絡先を把握しておくことで、緊急時にスムーズな確認が可能となります。

災害時の緊急連絡手段を確認する:災害が発生した際には、通信網が混雑する可能性があるため、複数の連絡手段を用意しておくことが重要です。LINEの他にも、メールやSNS、電話などを活用し、確実な連絡手段を確認しておきましょう。

定期的な確認を徹底する:安否確認は災害発生時だけでなく、定期的に行う習慣を身につけることが重要です。特に、ビジネスの場では従業員の安否を定期的に確認し、情報の最新化を図ることが重要です。

安否確認の効果と成功事例

安否確認は、万が一の災害や緊急事態において大きな効果を発揮します。例えば、過去の災害ではLINEを活用した安否確認により、被災者の無事が確認され、家族や友人同士の不安が和らぐと同時に、迅速な救援活動につながった成功事例が数多くあります。
また、ビジネスにおいても安否確認の実践により、従業員の安全を確保し、業務の継続性を確保することができます。特に多くの従業員を抱える企業や組織では、LINEの安否確認を活用することで、迅速な対応が可能となり、従業員の信頼と安心感を向上させることができるでしょう。

 

「安否確認システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 掲示板
    • 外部サービス連携
    • ファイル添付
    • 外国語対応
    • 日時予約送信
    • ユーザー情報連携
    • 自動一斉送信
    • マルチデバイス
    • 感染症確認
    • 自動集計
    • 健康状態管理
    • グループ管理
    • メールアドレスクリーニング
    • GPS安否確認
    • 位置情報通知
    • 災害訓練
    • 緊急連絡網
    • メールテンプレート
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 要相談
備考
ご利用人数とオプションを選択していただくだけで、簡単にお見積りできます。
プロプラン 要相談
備考
ご利用人数とオプションを選択していただくだけで、簡単にお見積りできます。
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ライトプラン 11,000円/月額(税込)
備考
初期費用0円、利用人数1~1,000名です。
お手軽導入プラン 11,400円月額(税込)
備考
初期費用100,000円、利用人数10~100,000名です。
通常プラン 11,400円月額(税込)
備考
初期費用200,000円、利用人数10~100,000名です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
50ユーザー 3,500円/月額
100ユーザー 7,000円/月額
200ユーザー 10,500円/月額
300ユーザー 14,000円/月額
500ユーザー 17,000円/月額
1000ユーザー 21,000円/月額
1500ユーザー 30,000円/月額
3000ユーザー 51,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 100ユーザー 6,800円/月額
備考
50ユーザー
プレミアプラン 8,800円/月額
備考
50ユーザー
ファミリープラン 10,800円/月額
備考
50ユーザー
エンタープライズ 14,800円/月額
備考
50ユーザー
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
シンプル 550円(税抜500円)/ID
スタンダード 1,540円(税抜1,400円)/ID
プレミアム 3,300円(税抜3,000円)/ID
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 150,000円(税別)
人数分課金 80円~/月額(税別)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 105,000円
ビジネス Edition 21,500円/月額
ノーマル Edition 18,000円/月額
スタート Edition 15,000円/月額
プロ Edition 30,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 12,000円~
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
基本料金 40,000円/月額
備考
100名まで
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 一律 55,000円(税込)
100名まで 19,800円/月額(税込)
500名まで 37,400円/月額(税込)
1,000名まで 48,400円/月額(税込)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
100名以下 12,000円/月額
200名以下 14,000円/月額
300名以下 16,000円/月額
400名以下 18,000円/月額
500名以下 20,000円/月額
600名以下 22,000円/月額
700名以下 24,000円/月額
800名以下 26,000円/月額
900名以下 28,000円/月額
1000名以下 30,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタンダードユース 1,250円/月額
備考
利用人数:1~50
上記人数を超えた場合は50名毎に1,250円ずつ加算。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
100人以下 12,300円/月額
200人以下 15,500円/月額
300人以下 18,400円/月額
400人以下 22,500円/月額
500人以下 25,700円/月額
600人以下 28,500円/月額
700人以下 31,500円/月額
800人以下 30,500円/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
A 4,400円/月額
備考
100人までの価格です。
B 7,700円/月額
備考
200人までの価格です。
C 15,400円/月額
備考
400人までの価格です。
D 20,000円/月額
備考
600人までの価格です。
E 24,000円/月額
備考
800人までの価格です。
F 27,000円/月額
備考
1,000人までの価格です。
G 33,000円/月額
備考
1500人までの価格です。
H 44,000円/月額
備考
2,500人までの価格です。
I 66,000円/月額
備考
4,000人までの価格です。
J 110,000円/月額
備考
7,000人までの価格です。
K 154,000円/月額
備考
10,000人までの価格です。
L 要相談
備考
10,001人以上
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期使用400 48,000円
備考
400人までの初期費用です。
初期使用1000 68,000円
備考
1,000人までの初期費用です。
初期使用10000 148,000円
備考
10,000人までの初期費用です。
初期費用50,000 400,000円
備考
50,000人までの初期費用です。
1〜100人 9,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
101〜200人 12,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
201〜300人 15,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
301〜400人 18,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
401〜500人 21,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
501〜600人 23,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
601〜700人 25,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
701〜800人 27,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
801〜900人 29,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
901〜1,000人 31,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
1,001〜2,000人 49,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
2,001〜3,000人 71,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
3,001〜4,000人 83,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
4,001〜5,000人 95,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
5,001〜6,000人 101,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
6,001〜7,000人 108,800円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
7,001〜8,000人 113,300円
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
8,001〜9,000人 119,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
9,001〜10,000人 126,300円/月額
備考
※家族登録人数は「ご利用人数」に含まれません。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
※ご利用人数テーブルを変更する際は、変更作業手数料5,000円が発生致します。
10,001〜50,000人 248,000円/月額
備考
※初期費用には導入支援サービスが含まれます。
ご利用人数は、家族登録人数を含めた人数となります。家族登録は、ご利用人数1人につき最大6人まで登録可能です。
1年間
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
6ヵ月
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
~50名 61,560円/年額
備考
初期導入は25,000円 です。

100名 66,120円/年額
備考
初期導入は50,000円 です。
150名 84,360円/年額
備考
初期導入は57,500円 です。
200名 102,600円/年額
備考
初期導入は65,000円 です。
250名 116,280円/年額
備考
初期導入は72,500円 です。
300名 127,680円/年額
備考
初期導入は75,000円 です。
350名 147,060円/年額
備考
初期導入は84,000円 です。
400名 165,300円/年額
備考
初期導入は90,000円 です。
450名 177,840円/年額
備考
初期導入は96,500円 です。
500名 189,240円/年額
備考
初期導入は100,000円 です。
550名 196,080円/年額
備考
初期導入は105,000円 です。
600名 202,920円/年額
備考
初期導入は110,000円 です。
650名 209,760円/年額
備考
初期導入は115,000円 です。
700名 216,600円/年額
備考
初期導入は120,000円 です。
750名 222,300円/年額
備考
初期導入は125,000円 です。
800名 229,140円/年額
備考
初期導入は130,000円 です。
850名 235,980円/年額
備考
初期導入は135,000円 です。
900名 242,820円/年額
備考
初期導入は140,000円 です。
950名 249,660円/年額
備考
初期導入は145,000円 です。
1,000名 256,500円/年額
備考
初期導入は150,000円 です。
1,100名 267,900円/年額
備考
初期導入は151,500円 です。
1,200名 279,300円/年額
備考
初期導入は153,000円 です。
1,300名 290,700円/年額
備考
初期導入は154,500円 です。
1,400名 303,240円/年額
備考
初期導入は156,000円 です。
1,500名 314,640円/年額
備考
初期導入は157,500円 です。
1,600名 326,040円/年額
備考
初期導入は159,000円 です。
1,700名 337,440円/年額
備考
初期導入は160,500円 です。
1,800名 349,980円/年額
備考
初期導入は162,000円 です。
1,900名 361,380円/年額
備考
初期導入は163,500円 です。
2,000名 372,780円/年額
備考
初期導入は165,000円 です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
プランフリー 0円
備考
20人まで、無料で使用できます。
プラン25 1,000円/月額
備考
25名までです。
プラン50 2,000円/月額
備考
50名までです。
プラン100 4,000円/月額
備考
100名までです。
プラン200 6,000円/月額
備考
200名までです。
プラン300 8,000円/月額
備考
300名までです。
プラン400 10,000円/月額
備考
400名までです。
プラン500 12,000円/月額
備考
500名までです。
プラン600 14,000円/月額
備考
600名までです。
プラン700 16,000円/月額
備考
700名までです。
プラン800 18,000円/月額
備考
800名までです。
プラン900 20,000円/月額
備考
900名までです。
プラン1000 22,000円/月額
備考
1,000名までです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
社員数 : ~30名 総登録者数 : 300名 3,000円/月額
社員数 : ~50名 総登録者数 : 500名 5,000円/月額
社員数 : ~100名 総登録者数 : 1000名 10,000円/月額
社員数 : ~200名 総登録者数 : 2,000名 20,000円/月額
社員数 : ~300名 総登録者数 : 3,000名 30,000円/月額
社員数 : ~400名 総登録者数 : 4,000名 40,000円/月額
社員数 : ~500名 登録者数 : 5,000名 50,000円/月額
社員数 : ~600名 総登録者数 : 6,000名 60,000円/月額
社員数 : ~700名 総登録者数 : 7,000名 70,000円/月額
社員数 : ~800名 総登録者数 : 8,000名 80,000円/月額
社員数 : ~900名 総登録者数 : 9,000名 90,000円/月額
社員数 : ~1,000名 総登録者数 : 10,000名 100,000円/月額
社員数 : 1,001名~ 総登録者数 : お問い合わせ対応 要相談
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 100,000円
プラン1 23,500円/月額
備考
従業員100名の場合(100ID)です。家族安否機能・危機管理情報メールなども料金に含みます。
プラン2 37,500円/月額
備考
従業員500名の場合(500ID)です。家族安否機能・危機管理情報メールなども料金に含みます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 55,000円(税込)
基本料金 11,000円(税込)/月額
備考
3,000ユーザー登録可能
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

 

安否確認システムについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

https://digi-mado.jp/category/back-office/safety-confirmation-system/

まとめ

この記事では、LINE安否確認の基本から具体的な方法、注意点、他の手段との比較、そして未来展望に至るまでを詳細に解説しました。災害時や緊急事態において、LINE安否確認は家族や仲間、組織内での安全確認や効率的な連絡手段として非常に重要な役割を果たします。
この記事を通じて、安否確認の重要性や効果的な実践方法を理解していただけたことでしょう。事前の準備と定期的な確認を徹底することで、災害時や緊急事態において迅速な対応が可能となります。

LINE安否確認は、従来の手段と比較しても優れた特徴を持ち、今後さらなる進化が期待されています。ソーシャルメディアの進化も影響を与え、安全な社会の構築に向けた新たな可能性が広がるでしょう。

災害や緊急事態への備えは決して無駄になることはありません。ぜひこの記事で得た知識を活用し、安全で安心な日々を送るためにLINE安否確認を活発に導入してください。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる