Menu
Close

製品の紹介

WinActor

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のRPAツールWinActorは、国内7,000社以上が導入している純国産のRPAツールです。プログラミングの知識が不要で利用でき、導入から運用後もトータルでサポートしてくれます。純国産なので日本語環境下の現場でも安心して利用でき、コンサルを含めた手厚いサービスを利用可能。ソフト自体もNTT研究所で開発、継続的に改善されており、機能性でも充実しています。

最終更新日: 2021/11/05
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 派遣先企業の負荷がかかる作業を、ロボットに置き換えて自動化し、効率化を図りたい
    • 純日本製のRPAであり、日本語対応が可能などの理由から『WinActor』を導入
    • 例①:導入後の作業時間は6.5時間短縮され、約23%の作業軽減が達成された
    • 例②:15時間かかっていた作業を3時間で完了でき、80%の業務効率アップを達成
  • この導入事例のポイント
    • 業務改善の推進施策の一環として、業務効率化できるRPAツールの導入を検討していた
    • すべて日本語であることや初心者でも扱いやすい製品として『WinActor』を選択
    • 行内のバックオフィス業務と職員の身の回り業務に活用することで、高い評価を獲得

    製品を導入することになった背景

    株式会社みずほ銀行では、中期経営計画の一環として「オペレーショナル・エクセレンス」という業務改善の施策を推進しておりました。2016年の夏から始まった複数のRPAツールの検証試験と製品選定を経て、2018年度に「WinActor」の導入へと踏み切ったのです。この導入は、職員の働き方改革を目指し、業務効率化を図るための重要なステップでした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    みずほ銀行では、業務効率化を目指す中で、特に「オペレーショナル・エクセレンス」の推進において、職員の身の回り業務やバックオフィス業務の効率化が課題となっていました。これらの業務は、時間と手間を要するものが多く、職員の負担軽減と業務のスムーズな運営が求められていたのです。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するため、「WinActor」は二つのアプローチで導入されました。一つ目の「アプローチ1」では、バックオフィス業務を対象に業務分析や要件定義を行い、最適なソリューション製品でシステムを構成。二つ目の「アプローチ2」では、職員の身の回り業務を対象に、「WinActor」を自由に活用してもらうことで、業務の効率化を図ることとしました。

    製品の導入により改善した業務

    「WinActor」の導入により、特に「アプローチ2」での業務改善が顕著でした。職員が自らの業務に「WinActor」を活用することで、例えば、行内システムからの情報取得といった定期的な業務が効率化されました。具体的な効果の数値化は行っていないものの、職員からの評判は良く、「WinActor」の取り掛かりやすさが評価されています。
  • この導入事例のポイント
    • 行政サービスの向上、業務の効率化などを図るためデジタル技術を活用したいと考えた
    • プログラミングの知識のない職員にも使えることから「WinActor」を選定
    • 年間約77000件の証明書発行を自動化!市民の待ち時間が減り、業務負荷も軽減!
    • 勤務整理を自動化するシナリオも!手作業で1週間かかっていたのが数日で完了
    • 今後は、全職員が当たり前にデジタル技術を利活用できるようにすることを目指したい

    製品を導入することになった背景

    埼玉県深谷市は、市民約15万人の生活を支える深谷市役所で、行政サービスの向上や業務の効率化を目指してICT推進室を設け、デジタル化の取り組みを進めていました。2019年10月から、全職員がRPAやその他のデジタル技術を活用できるようにするために、WinActorの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    深谷市役所では、市民向け窓口の証明発行業務や非常勤職員の出勤簿エラーチェック、人口統計処理など、多岐にわたる業務を手作業で行っていました。これらの業務は、時間がかかる上に、ヒューマンエラーのリスクも伴っていました。

    導入前の課題に対する解決策

    深谷市役所は、複数のRPA製品を比較検討した結果、プログラミングの知識がない職員でも使えるWinActorを選定しました。2ヶ月間のトライアルを経て、その効果を検証し、正式に導入を決定しました。さらに、各課からRPA担当者を選出し、操作方法やシナリオ作成の研修を実施することで、RPAの導入を進めました。

    製品の導入により改善した業務

    WinActorの導入により、市民向け窓口の証明書発行業務が自動化され、市民や職員の手間や待ち時間が大幅に削減されました。また、非常勤職員の勤務整理簿のデータチェックやシステム入力も自動化され、従来数日かかっていた作業が数時間で完了するようになりました。これらの取り組みにより、業務の効率化とヒューマンエラーの削減が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 拠点毎に紙とデジタルの異なる保存方法だったため、システム入替に合わせ1本化を検討
    • 確実な法対応と、リーズナブルな従量課金制から「WinActor」を導入
    • 導入後は、年間264000枚の紙と人による作業960時間分を削減できた!
    • 単なるデジタル化だけではなく、業務の抜本的な効率化も同時に見込める新運用を構築!
    • 新たなフローによって、1日1~2時間かかっていた紙書類のスキャン作業が不要に

    製品を導入することになった背景

    2022年に電子帳簿保存法(電帳法)が改正され、電子取引データのデジタル保存が義務化され、違反時の罰則も強化されました。三菱造船株式会社では、これまで使用していた文書管理システムのサービス終了を機に、新しいシステムの導入を検討しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三菱造船株式会社は、資材の調達業務で大量の書類、如何に見積書や注文書などを取り扱っていました。これらの書類は以前は紙ベースでのやり取りが主であり、特に下関では紙のみでの保存が行われていました。しかし、既存の文書管理システムのサービスが2023年3月に終了する予定であり、新しいシステムの導入が必要となりました。

    導入前の課題に対する解決策

    新しいシステムとして、電帳法に対応したクラウド型文書管理サービス「ClimberCloud」を導入することを決定しました。ClimberCloudは、電帳法の要件を満たすJIIMA認証を取得しており、法的な懸念を解消することができました。また、WinActorの導入により、文書管理の運用を自動化することが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    ClimberCloudとWinActorの導入により、紙ベースでの業務を大幅にデジタル化することができました。特に、購入要求書のデジタル化を先行して行い、その後の業務フローもデジタル化されました。これにより、年間で264,000枚の紙と、960時間分の作業時間を削減することができ、コストも大幅に削減されました。
  • この導入事例のポイント
    • 早朝対応や商品のマスター登録など、PCを用いた手作業に負荷がかかっていた
    • バックエンドで発生する諸問題の解決に向け、自動化ツール「WinActor」を導入
    • WinActorの導入により、社員自ら率先してロボットを開発し業務効率化を実現!
    • WinActorは流通・小売のバックエンドで発生する諸問題を解決できると確信!
    • 誰でも使えるRPAの良さを活かすため、間接部門の社員をインストラクター候補に!

    製品を導入することになった背景

    株式会社リンネットは、流通・小売・食品製造業に特化したシステム開発を行っており、顧客の業務効率化やビジネス改革のサポートを提供しています。しかし、流通・小売業界においては、様々なシステムが独立して稼働し、それらの間でのデータのやり取りに人の手が不可欠でした。特に、卸売業の運用オペレーションでは、商品カテゴリーごとのPOS実績データの取り込みなど、時間に追われる作業が日常的であり、スタッフには大きな負担がかかっていました。これらの課題を解決するため、同社はRPAツールのWinActorに注目し、その導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社リンネットの顧客は、流通・小売業界が中心で、24時間365日のオペレーションが求められる業界です。システム間のデータのやり取りに人の作業が必要で、特に卸売業の運用オペレーションでは、商品カテゴリーごとに毎日特定の時間までに行わなければならない業務があり、スタッフの負担が大きかったです。また、商品のマスター登録など、年間1万アイテムを手作業で行うなど、ミスを防ぎながら作業の軽減を図る必要がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、株式会社リンネットは、業務自動化ツールのWinActorを導入することにしました。NTTデータの展示会でWinActorを知り、その効率性と使いやすさに注目。導入に際しては、繰り返しや重複する作業を自動化することが得意分野とされ、実証実験を行う業務に選定しました。また、一般事務など間接部門のスタッフも操作できることから、社内のインストラクターとしての育成も行いました。

    製品の導入により改善した業務

    WinActorの導入により、毎日の定型作業やデータの取り込み、商品のマスター登録などが自動化され、作業時間の短縮やミスの削減が実現されました。特に、事務社員が自ら開発したロボットが業務削減を実現し、全社の働き方改革を推進。また、間接部門のスタッフがRPAのインストラクターとして活躍するなど、新たな働き方が生まれ、業務の効率化だけでなく、社員のモチベーション向上にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 発注票をつくる作業が複雑になり、ヒューマンエラーが発生するようになっていた
    • 他部署の経理処理などで自動化の実績があったことから「WinActor」を導入
    • 導入後は人的ミスが減り、1件あたり5分かかっていた発注票作成が1分に短縮!
    • 現場ではすっかりWinActorに慣れてしまったため、これが止まると非常に困る
    • 将来的には、出前館を利用してe.デパチカを展開している他店舗にも横展開可能!

    製品を導入することになった背景

    新型コロナウィルスの感染拡大により、多くの業界が経済的打撃を受けていました。しかし、株式会社そごう・西武はコロナ禍の中で消費者ニーズに応え、新しいサービスを提供することで窮地を乗り越えようとしていました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社そごう・西武は「e.デパチカ」という食品売り場の商品を顧客のもとへ届けるサービスを開始しました。しかし、このサービスの注文が増加する中で、ブランドごとの発注票作成が複雑となり、ヒューマンエラーが増加していました。特に、注文数が一日40~50件を超えた2021年4月頃からは、発注票の間違いや処理の遅れが顕著になっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    課題の解決策として、RPAソリューション「WinActor」の導入が検討されました。株式会社そごう・西武の他部署では、WinActorが日報作成や経理処理などに利用されており、その効果を知った関係者は「e.デパチカ」の業務にもWinActorを導入することを決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    WinActorの導入により、発注票の自動作成が可能となり、作業エラーが削減されました。手動での発注票作成にかかっていた時間が大幅に短縮され、担当者の業務負担も減少しました。これにより、他の業務にも注力することができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 月30000件以上の手続き代行依頼があり、業務の負担を軽減したいと考えた
    • プログラミング知識のない社員にも抵抗感なく使えることから「WinActor」を導入
    • WinActorを24時間365日稼動させることで、煩雑な作業から人が解放された
    • 自動で記録したダウンロード・ファイル数を、業務負荷の指標として利用可能となった
    • 細かい業務も拾い上げて自動化し、社員一人ひとりの業務改善に役立てていきたい
  • この導入事例のポイント
    • 中期計画の一環として、業務効率化に向け最適なITソリューションを模索していた
    • 業務の可視化が行え、安価でスモールスタートなことから「WinActor」を導入
    • 「人」と「ロボット」のハイブリット運用によって、対象業務全体の約70%を自動化!
    • 複数システムからの情報取得を自動化したことで、年間約270時間の削減に成功!
    • 職員からも高評価 RPA化の要望が沢山でており優先順位をつけて対応を進めている

    製品を導入することになった背景

    「エネルギーの自由化」が進行し、それまでの1エリア1社の形式から複数社の競争が可能となったことで、東京ガス株式会社は競争力の強化を迫られました。この状況に対応するため、同社は5ヵ年の中期計画の中で「ITを活用した業務効率の向上」を掲げ、業務効率化を図るための最適なソリューションを模索しました。その結果、短期間での導入効果が期待できる「RPA」ツールの導入に至りました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    東京ガス株式会社では、高圧電力の新規申込の契約内容を複数の社内システムに登録する業務や、お客様に提供する明細報告書を作成する業務など、複雑かつ煩雑な作業が日常的に行われていました。これらの業務は、複数のシステム間での情報のやり取りが必要であり、手作業による入力が主流でした。その結果、作業時間が長引き、効率性に欠けるという課題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、東京ガス株式会社は「WinActor」を選択しました。その理由として、安価でスモールスタートが可能である点、シナリオの作成と同時に業務の可視化が可能である点、そして日本語での取り扱いが容易である点が挙げられます。特に、新規申込の契約内容登録業務では、人とロボットのハイブリット運用を採用。担当者がエクセルファイルに契約内容を集約した後、WinActorがそれを各社内システムに登録するという方法を取りました。

    製品の導入により改善した業務

    「WinActor」の導入により、対象業務全体の約70%を自動化することに成功しました。具体的には、高圧電力の新規契約の登録業務において、人とロボットの協働により、業務効率が大幅に向上。また、明細報告書の作成業務では、年間で約270時間の作業時間削減が実現しました。これらの改善により、東京ガス株式会社は業務効率の大幅な向上を達成し、競争力強化に寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 手動による業務の種類が多く煩雑なため、作業工数の圧縮を行いたいと考えた
    • サーバー構築が不要でクイックに始められることから「WinActor」を導入
    • 12種類の作業でWinActorの動作実証を行った結果、約75%の削減効果が!
    • 準備段階でのシナリオ作成を通して、今までの業務を見直す良いきっかけになった
    • WinActorは、ミスを犯さない作業効率向上のソリューションで大変満足!

    製品を導入することになった背景

    楽天カード株式会社は、膨大な量のデータ処理と増加する手作業によるPC作業の中で、人手不足や働き方改革を背景に業務自動化を必須の課題と感じていました。特に金融サービス業界において、RPAによる業務自動化の進展は急務であり、その中で楽天カードは、効率的な業務運営と質の高いサービス提供を目指していました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    楽天カードでは、システムからのログ抽出やデータ加工、分析作業など、約200種類に及ぶイレギュラーな手作業が存在していました。これらの作業は不定期かつ多種多様であり、作業工数の圧縮が必要とされていました。また、カード決済システムは本番稼働中に停止することができず、その中での作業は大きな負担となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題に対処するため、楽天カードはNTTデータのRPAツール「WinActor」の導入を決定しました。WinActorは、クライアントPCで迅速に開始でき、サーバー構築の必要がないなどの利点がありました。導入にあたっては、慎重に計画を立て、POC(概念実証)を通じて、作業の自動化に適したアプリケーションを調査し、多くのアプリケーションでの検証を行いました。

    製品の導入により改善した業務

    WinActorの導入により、楽天カードは作業時間や人数を約75%削減することができました。特に、Excelなどの表計算ソフトでの繰り返し作業が大幅に軽減され、スタッフの作業負担が減少しました。また、業務自動化を通じて、これまで気づかなかった業務の改善点も明らかになり、作業品質の向上にも寄与しています。
  • この導入事例のポイント
    • 自社のRPAによる業務効率化をきっかけに、全国にWinActorを普及させたいと考えた
    • 北海道地域のコミュニティ活動や、全国のイベントでの講演などに積極的に参加
    • ロボットを渡したユーザー部門の社員から感謝の言葉があり、普及の原動力になった
    • ユーザーが、気軽にリアルな本音で話し合えるコミュニティを目指したいと考えている
    • 先進的な技術に取り組んでいることをアピールすれば、採用活動の一環にもつながる

    製品を導入することになった背景

    株式会社ダイナックスでは、IoT推進チームの数人でWinActorによる業務自動化を開始しました。その背景には、業務効率化の必要性や、WinActorの機能性に魅力を感じたことが挙げられます。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ダイナックスは、自動車部品の製造業として活動しており、業務の効率化や先進的な技術の導入が求められていました。また、社員の働き方改革や業務の煩雑さを解消するための方法を模索していました。

    導入前の課題に対する解決策

    WinActorの導入を検討し、その機能性や使いやすさから、業務自動化のツールとしての導入を決定しました。また、社内での認知度や理解度を向上させるための活動を行い、全社展開の土壌づくりを進めました。

    製品の導入により改善した業務

    WinActorの導入により、株式会社ダイナックスは年間10,000時間の作業効率化を目指し、その目標に近づいています。また、社員からのフィードバックにより、業務の効率化だけでなく、働き方改革も実現していることが伺えます。
  • この導入事例のポイント
    • WinActorを全社展開するために、社員の認知度・理解度を上げる必要があった
    • RPAの理解を深めるため、社内報への掲載、グループウェアなどさまざまな施策を実行
    • 一番効果があったのは社員食堂で流したデモ動画!無音よりも興味を持ってもらいやすい
    • 役員へのプレゼンの際、食堂での映像によってすぐに全社展開への理解を得られた
    • 映像によってRPAに興味を持った社員も!業務手順の見直しまで現場でやってもらえた
  • この導入事例のポイント
    • 人手で処理しなければいけない定型作業が社内に数多く存在し、入力ミスも多発していた
    • 誰でも簡単に扱えること、及び高いコストパフォーマンスからWinActorを導入
    • 導入後は、年間130時間を要していた入力作業がわずか30時間にまで短縮された!
    • 入力ミスがなくなったことに加え、作業担当者の精神的な負担が解消されたことは大きい
    • 定型作業から解放された時間を有効活用し、提案書の作成などが行えるようになった

    製品を導入することになった背景

    三井物産株式会社は、多角的なビジネス展開と総合力で新たな価値創造を続けている企業です。近年、同社は"攻めのIT経営"に注力しており、特に「RPA(Robotic Process Automation)」の技術に目を向けていました。RPAは、ホワイトカラーの業務をソフトウェアにより自動化する仕組みで、社内の定型作業の効率化に大きな効果を発揮します。この背景から、使い勝手の良さとコストパフォーマンスの高さを持つ「WinActor®」を導入することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    三井物産株式会社は、人手で処理しなければならない定型作業が多く存在していました。特に、取引先メーカーのWebシステムに対する単価訂正業務は、明細数が多く、入力ミスや入力後の確認作業に多くの時間がかかっていました。さらに、Webシステムのレスポンス遅延やフリーズにより、作業担当者は精神的な負担を感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    三井物産株式会社は、定型作業の効率化を目指し、RPAに関する簡易調査を開始しました。その結果、NTTデータの業務システム向けRPAツール「WinActor」を導入することとなりました。WinActorは、誰でも簡単に使える操作性を持ち、シナリオ作成に専門知識は不要で、コストパフォーマンスも高いという特徴がありました。

    製品の導入により改善した業務

    「WinActor」の導入により、三井物産株式会社は、年間130時間かかっていた入力作業をわずか30時間に短縮することができました。入力ミスが減少し、作業担当者の精神的な負担も大幅に解消されました。また、定型作業から解放された時間を有効に活用することができ、業務の大幅なプロセス改善が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • 全社の取組みとして、2017年より「ワークスタイル変革」を進めることが課題
    • 事務作業時間削減の手段として、知多製造所では、話題となっていたRPAの導入を検討
    • 知多製造所内の「組織全体での仕事の質が徐々に向上している」という効果を感じた
  • この導入事例のポイント
    • 事業拡大で後回しされていたバックオフィス業務改善の着手、業務属人化解消を図りたい
    • 「WinActor」を導入、煩雑なオペレーションの自動化や業務属人化解消を図った
    • 作業自動化により、1時間の作業が約4分に短縮されるなど、他業務の生産性が向上した
    • WinActorと他ソフトの組合わせにより、高価なシステム導入の必要がなくなった
    • 集計結果に間違いがなくなり、分析結果の差異が生まれず業務精度が向上した
  • この導入事例のポイント
    • 紙の書類を使った業務、その転記作業が非常に多く、自動化できるRPAを導入したい
    • 「WinActor」を導入、RPAによる業務自動化やブラックボックス解消を図った
    • OCRとRPAの連携による業務効率化を実現、データ加工集計、照合や転記作業自動化
    • WinActorを利用したIT教育で、社員のITリテラシー向上が可能になった

    製品を導入することになった背景

    東急カード株式会社は、業務効率化を目指してRPAツールの導入を検討していました。その中で、多くのRPAツールが存在する中、WinActorを選択することとなりました。WinActorは、他のRPAツールと比較しても導入コストが低く、また、日本国内でのサポート体制が整っている点が魅力でした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    東急カード株式会社は、業務の中で多くの手作業を行っていました。特に、複数のシステム間でのデータのやり取りや、定型的な業務の繰り返しによる作業時間の増加が課題となっていました。これらの手作業は、ミスのリスクを伴うだけでなく、業務効率の低下をもたらしていました。

    導入前の課題に対する解決策

    東急カード株式会社は、これらの課題を解決するためにRPAツールの導入を検討しました。WinActorの導入を決定した理由は、低コストでの導入が可能であること、そして、日本国内での充実したサポート体制があることでした。WinActorには、業務の自動化をサポートする多くの機能が備わっており、これにより手作業の削減や業務効率の向上が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    WinActorの導入により、東急カード株式会社は業務の自動化を実現しました。特に、複数のシステム間でのデータのやり取りや、定型的な業務の繰り返しを自動化することで、作業時間の削減やミスのリスクの低減が実現されました。また、WinActorの機能を活用することで、業務効率の向上や新たな業務の創出も可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • AI-OCRとRPAによりデータベース作成にかかる時間を1ヶ月から1週間に短縮
    • 作成した購買データとツールを使用して3〜5日かかっていたデータ調査が即時可能に
    • 外部委託していたデータベース登録作業のコストと時間を削減することができた

    製品を導入することになった背景

    NTTデータ購買部では、原価を圧縮するための相見積もりを取るビジネスプロセスがありました。しかし、見積価格が相場に対して適切かどうかを調査するのには多くの時間と手間がかかっていました。そのため、各部門が取得した見積書を集め、製品やサービスごとに分類・データベース化する仕組みを整え、BIツールを通じて社内に公開することで、価格の比較・分析を容易にしました。このデータベース作成業務を効率化するために、2019年からAI-OCRとWinActor®を導入しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    NTTデータ購買部は、各部門からの見積書を収集し、それをデータベース化する業務を行っていました。しかし、見積書のフォーマットは各サプライヤーごとに異なるため、データベースへの登録作業には多くの時間とコストがかかっていました。また、データベース化された情報を活用して価格の比較・分析を行うための仕組みも必要でした。

    導入前の課題に対する解決策

    NTTデータ購買部は、データベース作成業務の効率化とコスト削減を目指し、AI-OCR「DX Suite®」とRPAツール「WinActor」を導入しました。DX Suite®を使用して、異なるフォーマットの見積書を標準化し、データベースに登録する作業を自動化しました。また、WinActorを使用して、データベースへの登録作業を効率化しました。これにより、データベース作成にかかる期間を1ヶ月から1週間に短縮することができました。

    製品の導入により改善した業務

    製品の導入により、NTTデータ購買部は、データベース作成業務の効率化とコスト削減を実現しました。具体的には、データベース登録にかかる期間を1ヶ月から1週間に短縮し、外部委託していたデータ登録作業のコストも削減できるようになりました。また、データベースとBIツールの連携により、3~5日かかっていた価格調査を即座に実施することが可能となりました。これにより、全社的な調達コスト削減や業務の時短が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • クライアントの情報量の増加に採用が追い付いておらず、生産体制変革を図りたい
    • 様々な経理業務を自動化可能で属人化解消も期待できる「WinActor」を導入
    • 自動で請求書の仕訳処理・納付書作成を行い、年間900時間の業務削減が実現した
    • 店頭納付時に発生していた銀行訪問の回数・滞在時間削減、さらなる業務時間削減が実現
    • 社員に業務標準化のマインドセットを定着化、業務の属人化も改善することができた

    製品を導入することになった背景

    JCアカウンティング株式会社は、業務効率化を目指してRPAツールの導入を検討していました。その中で、WinActorを知り、その多機能性や使いやすさに魅力を感じ、導入を決意しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    JCアカウンティング株式会社は、複数の業務を手動で行っていました。これにより、業務の効率が低下し、ミスのリスクが増加していました。特に、複数のシステムを連携させる作業や、データの入力作業に時間がかかっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    JCアカウンティング株式会社は、業務の自動化を実現するために、WinActorの導入を決意しました。WinActorは、複数のシステム間の連携やデータの入力作業を自動化する機能を持っており、これにより業務の効率化やミスのリスクの削減が期待できました。

    製品の導入により改善した業務

    WinActorの導入により、JCアカウンティング株式会社は、複数のシステム間の連携やデータの入力作業を効率的に行うことができるようになりました。これにより、業務のスピードが向上し、ミスのリスクも大幅に削減されました。また、WinActorの多機能性を活用して、さまざまな業務の自動化が実現され、業務の質も向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 経費精算や勤務情報登録、資材発注申請を自動化、高付加価値の業務に取り組みたい
    • 「WinActor」を導入、様々な経理・採用業務の自動化や効率化を図った
    • システム導入後、様々な業務が自動化されて他業務に時間を割けるようになった
    • 教育プログラム開発にも携わっている企業との連携により、困ったことを相談できた
  • よく比較されている
    「RPAツール」の製品:16件

    16件中 1~4件表示

    ソフトバンク株式会社によるRPAソフトSynchRoidは、ノンプログラミングでロボット開発が可能な開発インターフェースです。コンパクトでユーザーに優しい設計のRPAなので、スモールスタートが可能。PC上の操作を記録し、人の代わりに作業できます。PCでの事務作業をソフトウェアロボットが代行することで、コスト削減や品質向上、業務スピード向上が見込めます。繰り返されるルーチンワークによる人為的ミスを減らし、カスタマーのさらなる発展に寄与できるのです。

    製品のおすすめポイント

    • 日常的に繰り返されるPC業務を代行し、作業を効率化
    • ユーザーに優しい開発インターフェースにより業務を効率化
    • 手厚いサポートと無料トライアルで安心したスタートを
    運営企業情報 ソフトバンク株式会社
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 データの転記作業 メール送信 データ集計 
    推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ Macアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 IT・情報通信 その他 不動産
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 6名-20名 51名-100名

    シー・システム株式会社のAI JIMY Paperbot は、AI OCRにRPAを搭載したデータ入力自動化ツールです。次世代型データ⼊⼒⾃動化ツール「AI JIMY Paperbot」では、AIを活用し、データ入力業務に必要な機能をすべて搭載しています。文字認識が可能な高精度AI OCRに加え、取引先や帳票の種類を判別できるAI仕分け機能、ファイル名を自動で変更できるリネーム機能、業務システムの操作が可能なRPA機能を搭載しています。

    製品のおすすめポイント

    • 誰でもカンタンに一つのツール・1クリックで業務完了
    • 注文書の明細行を抽出し、発注内容をテキストデータ化
    • FAXを自動検出し、業務システムに自動入力
    運営企業情報 シー・システム株式会社
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 データの転記作業 紙資料の電子化 PDF変換 ワークフロー 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 画像読み取り 準定型帳票対応 Excel変換 Word変換 
    推奨環境 Windowsアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    株式会社大崎コンピュータエンヂニアリングのOCEVISTASは、国内RPA市場を牽引するRPAテクノロジーズ社製BizRobo!をベーステクノロジーとする自治体向けRPAソリューションです。長年のSIで培ったノウハウを基にインテグレーションを行い、自治体のDX推進を支援しています。利用者に対してバーチャルスタッフを提供して、顧客の負荷となる事務を高品質・高速処理で代行して大幅に削減します。

    製品のおすすめポイント

    • 自治体のDX化に最適なRPAで事業改革に貢献します
    • ロボットと協働し、よりクリエイティビティな業務への労働力シフトの実現
    • 社会変化に応じる様々なビジネスを迅速にサポートします
    運営企業情報 株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 エラー処理 タスクレポート 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 一年間
    よく導入している業種 公共機関・非営利団体
    よく導入している企業の規模 不明

    ラディックス株式会社のRaBitは、利用する企業ごとにオーダーメイドで定型業務の自動化が可能な専用ロボットを提供しているRPAツールです。専用ロボットを用いてPCでの単純作業の98%を削減可能で、それらの業務にかけていた時間やコスト、人手の有効活用により戦略業務の体制強化などを図ることができます。導入の際には専門的な知識を必要とせず、専任のエンジニアとのヒアリングで希望を言うだけで専用のロボットが入手可能となっています。

    製品のおすすめポイント

    • 専門的な知識は不要のまま、希望通りの業務ロボットを入手可能
    • RaBitの導入により、定型業務に割く人員や時間、コストを大幅に削減
    • 優れた費用対効果とプロによる充実のサポートで安心して利用できる
    運営企業情報 ラディックス株式会社
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 
    推奨環境 Windowsアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 旅行・宿泊・飲食 小売・流通 ビジネスサービス
    よく導入している企業の規模 1-5名 21名-50名 51名-100名

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる