Menu
Close

製品の紹介

RoboTANGO

スターティアレイズ株式会社

スターティアレイズ株式会社のRPAツールRoboTANGOは、業務度自動化によりミスを削減。人による確認作業を自動化、手作業を無くし、業務改善と効率化を行えます。今までのRPAで当たり前だった、高額かつ拠点間しか使えない部分と、ロボ作成が難しい部分を改善。RoboTANGOを使い、人で不足で回っていなかった作業を自動化することで、人手不足を解消できます。また単純作業から解放する事で、人間の仕事を価値を生み出すものに集中できるのです。

最終更新日: 2021/12/01
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 約8万件にも及ぶ膨大な患者データを旧電子カルテから抽出し、新システムへ移行したい
    • 分かり易いレクチャーとリーズナブルな価格が決め手となりRoboTANGOを導入
    • 従業員のリソースを使わずに、費用を大幅に抑えてデータ移行が可能になった

    製品を導入することになった背景

    医療法人社団 創福会では、訪問診療を中心に様々な医療サービスを提供しておりましたが、旧式の電子カルテシステムの更新と、膨大な患者データの移行が迫る中、従来の方法では対応が困難であるという認識を強く持っていました。特に、データ移行作業は人手では追いつかず、ITツールの導入が必要不可欠であるとの結論に至りました。また、担当者の退職などによる知識の喪失リスクへの対策も求められていました。こうした状況の中、医療のDX化を推進する目的で、展示会でRoboTANGOとの出会いがありました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    創福会は、旧電子カルテのサーバー型であり、Windows7対応のため、クラウド型への移行が避けられない課題でした。4,000人以上の患者様の診療録、約8万件のデータ移行は人手では到底不可能で、ITツール無しには進められない状況でした。また、業務の属人化が進み、担当者が退職するとその知識が失われ、業務に支障を来すリスクが常に存在していました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するため、創福会はRPAの導入を決定しました。RoboTANGOは、シナリオ作成のレクチャーがわかりやすく、月額費用もリーズナブルであることから選ばれました。操作が直感的で、一般的なリテラシーレベルでも扱いやすい点が評価され、導入が決定しました。また、スターティアレイズの充実したサポート体制も導入の決め手となりました。

    製品の導入により改善した業務

    RoboTANGOの導入により、1日あたり200件のデータ移行が可能となり、人手では数年かかる作業が大幅に短縮されました。また、業務の見える化により、無駄な作業の削減や、業務プロセスの最適化が進み、職員一人ひとりの作業効率が向上しました。今後は、院内のあらゆる部署でのRoboTANGOの活用を拡大し、業務改善や課題解決に更に貢献していく予定です。
  • この導入事例のポイント
    • 手作業でのデータ入力・確認作業に膨大な時間がかかっており、デジタル化を図りたい
    • 勤怠管理システムによる勤怠管理、書類のデータ化に『RoboTANGO』を活用した
    • 丸1日かかっていた勤怠管理業務が半日未満に短縮し、人的エラーの軽減にもつながった
    • 書類の電子化にかかる時間が80%短縮、情報収集業務で1,000時間分の短縮に成功

    製品を導入することになった背景

    スターティアウィル株式会社では、VBAの使用が主流でしたが、専門知識が必要で敷居が高いという課題がありました。直感的に使えるRPAに魅力を感じ、2020年4月にRPA「RoboTANGO」を導入しました。この導入は、スターティアグループがデジタルシフトを図るタイミングと合致し、デジタル化を進める必要性を強く感じていたからです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    導入前、同社はVBAを使用していましたが、これには専門知識が必要で、全ての従業員が使いこなせるものではありませんでした。特に、大量のデータのエクセルへの転記や、手作業でのデータ確認など、膨大な時間が必要な作業が課題となっていました。

    導入前の課題に対する解決策

    これらの課題を解決するために、同社はRPA「RoboTANGO」とAI-OCRツール「DX Suite」を導入しました。特に、RPAは直感的に使えるため、従業員自身がメンテナンスできるというメリットがありました。また、VBAとRPAを組み合わせることで、ダブルチェックが可能になり、作業の信頼性が向上しました。

    製品の導入により改善した業務

    製品の導入により、勤怠データの不備チェックや印税の計算など、多くの業務が自動化され、作業時間が大幅に削減されました。特に、勤怠管理においては、作業時間が半日未満に短縮され、ヒューマンエラーも減少しました。また、AI-OCRツールの導入により、書類のデータ化が効率化され、作業量が以前の20%にまで減少しました。これらの改善により、同社は約1,000時間の作業短縮を実現しました。
  • この導入事例のポイント
    • マニュアル作業のために従業員の残業時間も長く、会社から問題提起されていた
    • 独自システムからExcelへのデータ転記などの定常業務にRoboTANGOを活用
    • 定常業務をなくして、年間4,000万円分の経費削減・業務効率化を目指している

    製品を導入することになった背景

    株式会社ソミック石川では、長年にわたる膨大なマニュアル作業と残業時間の増加に直面していました。特に、自社独自のシステムからExcelへのデータ転記作業が多く、従業員の負担が大きくなっていました。この問題を解決するために、他社がRPAを効果的に活用しているとの情報を得たことが、RoboTANGOを検討するきっかけとなりました。複数の業務効率化ツールを比較検討した結果、定常業務の削減に最適な解決策としてRPAの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社ソミック石川は、生産計画の作成や現場との調整など、多くの時間を要する業務に直面していました。特に、独自のシステムからExcelへのデータ転記などのマニュアル作業が多く、従業員は本来の業務に集中することが困難でした。残業時間の増加も問題となり、業務効率の改善が急務とされていました。

    導入前の課題に対する解決策

    他社の成功事例を聞き、RPAの導入を検討した株式会社ソミック石川は、複数の製品を比較しました。その中で、RoboTANGOがフローティングライセンスを提供している点、テスト運用での高いパフォーマンス、そして活用のイメージがしやすかったことが決め手となり、RoboTANGOの導入を決定しました。RPAの導入により、定常業務の自動化と業務効率の大幅な改善が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    RoboTANGOの導入により、株式会社ソミック石川は年間で1,633時間、月に換算して136時間分のマニュアル作業を自動化することができました。これにより、年間約4,000万円分の業務効率化が達成される見込みです。また、特定の従業員に依存していた業務が分散され、在宅勤務の可能性が拡がりました。さらに、業務プロセスの見える化が進み、無駄な作業時間の削減にも繋がりました。今後は、更なる業務効率化を目指し、RoboTANGOの活用を他部署にも拡大していく計画です。
  • この導入事例のポイント
    • 営業部で事務作業などにより長時間残業が発生していたため、残業の削減が必要だった
    • 事務作業の機械化ツールとして初期費用がリーズナブルなRoboTANGOを導入
    • 3名のRPA推進担当者でサポートプラン「リモレク」を活用し15個ものロボットを作成
    • 2~3時間から10分程度に短縮された業務もあり、事務担当者に余裕が生まれた

    製品を導入することになった背景

    白山印刷株式会社は特殊な印刷物の取り扱いを得意としており、総務部がRoboTANGO関連業務を担当しています。営業部の残業を削減する目的でRPAの導入を決意しました。導入の決め手となったのは、信頼できるスターティア社からRoboTANGOを紹介されたこと、そして初期費用がリーズナブルであったことです。

    導入前に企業が抱えていた課題

    白山印刷株式会社では、印刷管理ツールを用いて売上管理を行っていましたが、このツールの操作が煩雑で時間がかかっていました。また、ツールの動作が遅く、従業員が仕事に集中できない状況がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    導入前には、多くのRPAツールを比較検討しました。特に海外製品はアフターケアに不安があり、最終的には信頼できるスターティア社から紹介されたRoboTANGOを選びました。RoboTANGOには、印刷管理ツールから必要な情報を抜き出し、それをExcelで加工する機能があり、これにより業務効率が向上すると考えられました。

    製品の導入により改善した業務

    RoboTANGOの導入により、売上管理や発送伝票の作成などが効率化されました。特に、2~3時間かかっていた業務が10分程度に短縮されるなどの効果がありました。また、従業員が仕事に集中しやすくなり、事務担当者が営業担当のサポートができるようになるなど、業務範囲が広がりました。
  • この導入事例のポイント
    • 非常に多くの定型業務が存在し、月初に作業負荷が集中するなど業務負荷が大きかった
    • 自分でロボを扱えるRPAであり、複数使用も可能な「RoboTANGO」を導入
    • 会計業務やリスト作成の作業時間の削減に成功し、社員の負担軽減につながった

    製品を導入することになった背景

    東芳紙業株式会社は、新聞などの定期刊行物を中心に、印刷用紙の卸売を主な事業としています。日々の定型業務や毎月月初のピーク時にも正確に対応できるロボットを導入したいという思いから、RoboTANGOを採用することを決意しました。また、業務の省力化のための取り組みも、RoboTANGO導入の背景として挙げられます。

    導入前に企業が抱えていた課題

    東芳紙業株式会社は、請求書の発行や支払いなどの会計業務や、お客様にお出しする配達物のリスト作成など、定型的な業務に多くの時間を割いていました。特に締日周辺には業務が集中し、効率的な業務処理が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    RPA導入担当の方がネットでの検索を通じてRoboTANGOの存在を知り、その魅力に引かれました。他のRPA製品も検討しましたが、RoboTANGOは1ライセンスにつき最大5人が使用できる点や、自分で扱える点が大きな決め手となりました。また、RoboTANGOはPC操作を録画してロボット作成ができるという特徴を持っており、これにより業務の自動化が容易になると考えられました。

    製品の導入により改善した業務

    RoboTANGOの導入により、会計業務や配達物のリスト作成などの定型業務が大幅に効率化されました。特に、月次の売上や仕入の計上業務は、以前は手打ちで行っていたものが、RoboTANGOによってわずか30分足らずで完了するようになりました。また、新聞用紙の売上明細を販売管理システムに取り込む作業も、RoboTANGOの導入により効率的に行えるようになりました。これにより、業務の属人化を防ぎ、ミスの発生を大幅に減少させることができました。
  • この導入事例のポイント
    • 従来使用していたRPAツールは、サポート体制が不十分という問題点が存在した
    • 手厚いサポート体制が魅力である 「Robo TANGO」の導入を決めた
    • 担当者が外勤の場合でも作業を進めることができ、業務負荷の軽減にも繋がった

    製品を導入することになった背景

    東邦レオ株式会社は、土壌改良材のメーカーとしてスタートし、現在は緑化資材、造園資材、建築資材の開発を行っています。特に、屋上緑化用の土壌やシステム、壁面緑化の分野に特化しており、高い認知度とシェアを持っています。RPAに関しては、社内の従業員が取り組んでおり、無料のRPAツールを使用していましたが、サポート体制が不十分であると感じていました。そこで、スターティアレイズの展示会での出会いをきっかけに、RoboTANGOの導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    東邦レオ株式会社は、基幹システム内のデータを顧客管理ツールのデータベースに毎日手動でアップロードしていました。この作業は1日10分程度とはいえ、毎日の手作業として継続的に行う必要がありました。特に、営業担当者が外出している際にもこの作業は欠かせないため、自動化の必要性を感じていました。

    導入前の課題に対する解決策

    無料のRPAツールを使用していたものの、サポート体制の不足や操作の難しさから、より信頼性の高いRPAツールの導入を検討していました。スターティアレイズのRoboTANGOは、顧客の要望をしっかりと聞き入れる姿勢や、一緒にシステムを構築してくれるサポート体制が魅力的であり、これにより東邦レオ株式会社はRoboTANGOの導入を決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    RoboTANGOの導入により、基幹システム内のデータを顧客管理ツールのデータベースに自動でアップロードする業務が効率化されました。これにより、1日10分の手作業が省略され、営業担当者が外出中でも自動でデータがアップロードされるようになりました。今後は、資材の注文を受け付けるシステムの統一や、さまざまなデータのアップロード・ダウンロード作業をRPAが代行することを期待しています。
  • よく比較されている
    「RPAツール」の製品:16件

    16件中 1~4件表示

    ソフトバンク株式会社によるRPAソフトSynchRoidは、ノンプログラミングでロボット開発が可能な開発インターフェースです。コンパクトでユーザーに優しい設計のRPAなので、スモールスタートが可能。PC上の操作を記録し、人の代わりに作業できます。PCでの事務作業をソフトウェアロボットが代行することで、コスト削減や品質向上、業務スピード向上が見込めます。繰り返されるルーチンワークによる人為的ミスを減らし、カスタマーのさらなる発展に寄与できるのです。

    製品のおすすめポイント

    • 日常的に繰り返されるPC業務を代行し、作業を効率化
    • ユーザーに優しい開発インターフェースにより業務を効率化
    • 手厚いサポートと無料トライアルで安心したスタートを
    運営企業情報 ソフトバンク株式会社
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 データの転記作業 メール送信 データ集計 
    推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ Macアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 IT・情報通信 その他 不動産
    よく導入している企業の規模 1,001名以上 6名-20名 51名-100名

    シー・システム株式会社のAI JIMY Paperbot は、AI OCRにRPAを搭載したデータ入力自動化ツールです。次世代型データ⼊⼒⾃動化ツール「AI JIMY Paperbot」では、AIを活用し、データ入力業務に必要な機能をすべて搭載しています。文字認識が可能な高精度AI OCRに加え、取引先や帳票の種類を判別できるAI仕分け機能、ファイル名を自動で変更できるリネーム機能、業務システムの操作が可能なRPA機能を搭載しています。

    製品のおすすめポイント

    • 誰でもカンタンに一つのツール・1クリックで業務完了
    • 注文書の明細行を抽出し、発注内容をテキストデータ化
    • FAXを自動検出し、業務システムに自動入力
    運営企業情報 シー・システム株式会社
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 データの転記作業 紙資料の電子化 PDF変換 ワークフロー 自動補正機能 非定型帳票対応 手書き文字対応 画像読み取り 準定型帳票対応 Excel変換 Word変換 
    推奨環境 Windowsアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    株式会社大崎コンピュータエンヂニアリングのOCEVISTASは、国内RPA市場を牽引するRPAテクノロジーズ社製BizRobo!をベーステクノロジーとする自治体向けRPAソリューションです。長年のSIで培ったノウハウを基にインテグレーションを行い、自治体のDX推進を支援しています。利用者に対してバーチャルスタッフを提供して、顧客の負荷となる事務を高品質・高速処理で代行して大幅に削減します。

    製品のおすすめポイント

    • 自治体のDX化に最適なRPAで事業改革に貢献します
    • ロボットと協働し、よりクリエイティビティな業務への労働力シフトの実現
    • 社会変化に応じる様々なビジネスを迅速にサポートします
    運営企業情報 株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 エラー処理 タスクレポート 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 一年間
    よく導入している業種 公共機関・非営利団体
    よく導入している企業の規模 不明

    ラディックス株式会社のRaBitは、利用する企業ごとにオーダーメイドで定型業務の自動化が可能な専用ロボットを提供しているRPAツールです。専用ロボットを用いてPCでの単純作業の98%を削減可能で、それらの業務にかけていた時間やコスト、人手の有効活用により戦略業務の体制強化などを図ることができます。導入の際には専門的な知識を必要とせず、専任のエンジニアとのヒアリングで希望を言うだけで専用のロボットが入手可能となっています。

    製品のおすすめポイント

    • 専門的な知識は不要のまま、希望通りの業務ロボットを入手可能
    • RaBitの導入により、定型業務に割く人員や時間、コストを大幅に削減
    • 優れた費用対効果とプロによる充実のサポートで安心して利用できる
    運営企業情報 ラディックス株式会社
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 
    推奨環境 Windowsアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 旅行・宿泊・飲食 小売・流通 ビジネスサービス
    よく導入している企業の規模 1-5名 21名-50名 51名-100名

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる