Menu
Close

製品の紹介

Trend Micro Apex One

トレンドマイクロ株式会社

トレンドマイクロ株式会社のTrend Micro Apex Oneは、現代に求められるサイバーセキュリティとゼロトラストを実現する新しいセキュリティプラットフォームです。日本国内に保いてもデジタルの変革が進み、従来の防御だけではセキュリティを守ることが難しい状況になりました。情報セキュリティの観点からゼロトラストの考え方により、アカウントに対する権限を絞り込みます。アクセスの都度認証を行うだけでなく、利用統計から有害性を検知します。

最終更新日: 2023/06/21
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

Trend Micro Apex Oneの特徴

1さらに多くのセキュリティレイヤーにおける検知に対応

メールやサーバ、エンドポイント、クラウドワークロードとネットワークを連携させ、より広範な視点と優れた検知システムを提供。脅威を容易に特定することが可能になりました。一か所で調査と対応を実施できるので、イベントチェーン全体を攻撃中心の視点から把握できます。従来より迅速な対応が可能になるでしょう。

2XDRを使用する組織は攻撃だけでなく、従業員の削減に

米調査会社ESGによると、XDRを使用している組織は、攻撃の成功を50%減らせます。また8人分のフルタイム従業員の働きを得る事ができ、人件費を削減することが可能です。また攻撃発覚まで、滞留時間を65%減らせるので、被害の拡大を食い止める事が可能。会社に大きなメリットをもたらします。

3リスクを可視化し、迅速に問題に対応可能

セキュリティ体制の評価基準やトレンドを、役割ベースで確認できます。主要な検知機能や各種攻撃技術を観測。危険なデバイスやユーザーのランク付きリストなどを利用し、様々なリスク要因を総合的に把握。今まで以上に迅速かつプロ意識を持って対応することが可能になるでしょう。

導入の傾向

よく導入している
業種
IT・情報通信 建設 その他
よく導入している
企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名

基本情報

ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能
ID管理 認証 ファイアウォール アンチウィルス アンチスパム DDos対策 不正侵入検知システム VPN インターネット分離 メールセキュリティ サンドボックス SSLサーバ証明書 脆弱性診断 端末向け WEBフィルタリング 入退室管理 メール誤送信 WEBセキュリティ クラウドセキュリティ
ID管理 認証 ファイアウォール アンチウィルス アンチスパム DDos対策 不正侵入検知システム VPN インターネット分離 メールセキュリティ サンドボックス SSLサーバ証明書 脆弱性診断 端末向け WEBフィルタリング 入退室管理 メール誤送信 WEBセキュリティ クラウドセキュリティ
推奨環境 スマートフォンブラウザ Windowsアプリ Macアプリ 
サポート 電話 メール チャット
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし

料金プラン

初期費用0円 初期費用は発生しません。
Apex One SaaS オーダータイプ F3,670円
ApexOneSaaSEndpointSensorオーダータイプF5,500円
ApexOneSaaSCloudSandboxOptionオーダータイプF750円

※税込と表記されている場合を除き全て税抜価格を記載しています。

運営企業情報

商号
トレンドマイクロ株式会社
本社
東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
創立
1989年10月24日
代表者名
代表取締役社長 (CEO) エバ・チェン
資本金
195億8,500万円 (2022年12月31日付)
URL
https://www.trendmicro.com/ja_jp/

よく比較されている
「セキュリティソフト」の製品:10件

10件中 1~4件表示

セキュリティソフト

デジタルアーツ株式会社のi-FILTERは、導入実績No.1のWebセキュリティプログラムです。セキュリティを意識することのない安全な環境をWebに構築できます。i-FILTERの「ホワイト運用」で、危険なサイトへのアクセスをブロックします。「Anti-Virus&Sandbox」で巧妙化する攻撃をリアルタイムに徹底検知します。また、情報システム部門の運用負荷軽減と運用コスト削減を現実化できます。

製品のおすすめポイント

  • 「ホワイト運用」を可能にした全く新しいDB
  • 組織運用ルールに合わせてWebアクセスを制御できます
  • 日本語による分かりやすい利用状況レポートを活用するWebアクセスのログ管理
運営企業情報 デジタルアーツ株式会社
ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 セキュリティソフト アンチウィルス サンドボックス SSLサーバ証明書 WEBセキュリティ 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 公共機関・非営利団体 金融
よく導入している企業の規模 1,001名以上 301名-1,000名

セキュリティソフト

ブルースター株式会社のPC Matic Pro は、未調査のすべての実行可能ファイルをマルウェア分析官の手で、新種や亜種のマルウェアが存在していないか科学捜査を行い、善良と判断されたもののみを実行可能とすることで、すべての新種マルウェアを阻止します。これは対処療法的なセキュリティではなく、「そもそも感染しない仕組み」にするという方式であり、米国国防総省がCMMC(サイバーセキュリティ成熟度モデル認証)の最高レベルとして規定しました。

製品のおすすめポイント

  • 軍や社会インフラ企業でも採用された国防レベルのセキュリティを実現
  • ホワイトリスト方式を採用することで未知のウイルス感染を確実に拒否
  • ランサムウェアにも影響されず、感染ゼロの記録更新中
運営企業情報 ブルースター株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 ID管理 認証 ファイアウォール アンチウィルス アンチスパム DDos対策 不正侵入検知システム VPN インターネット分離 メールセキュリティ サンドボックス SSLサーバ証明書 脆弱性診断 端末向け WEBフィルタリング 入退室管理 メール誤送信 WEBセキュリティ クラウドセキュリティ 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 1年間
よく導入している業種 その他 製造 小売・流通
よく導入している企業の規模 不明

セキュリティソフト

デジタルアーツの m -FILTER は i-FILTER と同様に、リリースから約4年でご利用のお客様約900万人のマルウェア感染被害0の実績を誇っています。ホワイト運用と偽装判定により、安全が確認されたメールのみを受信します。また、外部から受信したメールは、クラウド上のデータベースへ通知され、その情報をデジタルアーツで精査し、安全な発信元IPアドレス、ドメインの組み合わせの情報を再配信することでDBの網羅率を維持しています。

製品のおすすめポイント

  • 高度な技術でメールによる外部攻撃対策を実現
  • メールの無害化や、誤送信対策を行うことで安全な業務環境を提供します
運営企業情報 デジタルアーツ株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 ファイアウォール アンチウィルス アンチスパム DDos対策 不正侵入検知システム VPN インターネット分離 WEBフィルタリング メール誤送信 WEBセキュリティ クラウドセキュリティ 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 
トライアル
最低利用期間 別途お見積り
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

キングソフト株式会社のKINGSOFT Internet Security 20 は全世界のユーザー数が1億人を突破したセキュリティソフトです。パソコン初心者の方でも分かりやすい画面や操作性、セキュリティソフトにありがちな「動作の重さ」を感じることがない「圧倒的な軽さ」を実現しています。「動作の重さ」を解消するために、クラウドウイルススキャン技術を導入しています。これによりユーザー側の無駄な処理を減らし、画期的に動作が速く・軽くなっています。

製品のおすすめポイント

  • 検出率99.5%の優れたウイルススキャンからパソコンを保護
  • 見落としがちなシステム管理の領域も監視できます
  • インターネット利用によるウイルス感染をブロック
運営企業情報 キングソフト株式会社
ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 ファイアウォール アンチウィルス アンチスパム DDos対策 不正侵入検知システム WEBフィルタリング WEBセキュリティ 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 
トライアル
最低利用期間 1年間
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1587件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる