Menu
Close

AI帳票OCRの導入事例

最終更新日: 2022/05/02

IT・情報通信 1,001名以上

業務 OCRソフト

財務・経理・総務 業務を効率化したい 作業を自動化したい

受注伝票の確認作業を70%削減した成功の秘訣とは? ~お客様への確実なサービス提供に貢献する「帳票OCR」~

※出典:キヤノンシステムアンドサポート株式会社様 | 導入事例 | AI-OCR対応ソフト「AI帳票OCR Ver.9(WisOCR)」」 | Panasonic

この事例のポイント

  • 処理ミスを確認するための作業負荷が大きいことでありこれらの問題を解決することが課題
  • 同センターで利用しているパナソニックの「帳票OCR」は、まず2012年末に導入
  • チェック作業の大幅時間短縮、処理ミス撲滅の取り組みが脚光を浴び、賞を受賞

今回導入した製品

OCRソフト

AI帳票OCR

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

OCRソフト

AI帳票OCR

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

株式会社パナソニックソリューションテクノロジーのAI帳票OCRは、FAXで送受信された帳票のかすれた文字などの低品質文字にも強い高精度なAI-OCRエンジンを搭載のOCRソフトウェアです。複数タイプの帳票が混在する場合でも、まとめて電子化を行ってデータの確認・修正も簡単にできます。認識結果は、CSVファイル形式で保存でき、Excelファイルなど、他のアプリケーションでも活用でき、幅広い業務で役立ちます。

  • 様々な帳票タイプに対応する使い勝手の良さ
  • 位置補正機能と帳票自動識別機能による認識力の高さ
  • スキャンデータのファイル名を自動設定し、フォルダ-仕分けも自動に
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 英語対応 自動補正機能 手書き文字対応 撮影画像対応 データベース共有 Excel変換 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 1年
よく導入している業種
IT・情報通信 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模
51名-100名 1,001名以上

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

OCRソフト

OCRとはスキャンした画像データからテキスト部分を読み取り、文字データに変換・保存する機能です。文字画像の文字を手動で打ち込む作業を大幅に削減することができ、仕事や作業の効率を高めるためには欠かせないソフトです。本記事ではOCRの概要説明から重要視されている背景、導入メリット、そしておすすめのOCRソフトを紹介していきます。この記事を読めばどのOCRソフトが人気なのか、そして何がその理由なのかわかるはずです。OCRソフトの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

AI帳票OCR

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

  • 様々な帳票タイプに対応する使い勝手の良さ
  • 位置補正機能と帳票自動識別機能による認識力の高さ
  • スキャンデータのファイル名を自動設定し、フォルダ-仕分けも自動に

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る