Menu
Close

ProActive C4 個人番号管理の導入事例

最終更新日: 2022/03/10

小売・流通 1,001名以上

バックオフィス マイナンバー管理システム

労務管理を効率化したい

「ProActive for SaaS」により、1か月で約10時間の業務効率化とシステムのTCO低減を実現

※出典:プリモ・ジャパン株式会社 | クラウドERP ProActive-SCSK

この事例のポイント

  • 旧システムでは対応していない業務の手作業が多く、法改正の対応にも不安があった
  • 従業員数の増加や法改正への対応が可能な「ProActive C4」を導入
  • 法改正の対応やバックアップなどがクラウド上で可能なため、システムの負荷を削減
  • ProActiveで一元管理されたデータを使うことでレポート作成の負荷が軽減

今回導入した製品

マイナンバー管理システム

ProActive C4 個人番号管理

SCSK株式会社

マイナンバー管理システム

ProActive C4 個人番号管理

SCSK株式会社

SCSK株式会社のProActive C4 個人番号管理は、クラウドERPソフト「ProActive C4」に属するマイナンバー管理機能です。ProActiveは国産初のERPとして28年間、6300社、280の企業グループを超える導入実績を持ち、環境に強いため永く使えることが特徴となっています。その新シリーズとなる「ProActive C4」では、これまで多数のERP導入実績で培ってきた業務プロセスのノウハウとSCSKグループの総合力が活かされています。

  • マイナンバーの収集から廃棄まで、マイナンバー管理をサポートする豊富な機能
  • セキュアな環境で運用するための安全管理措置に対応した仕組み
  • システムの利用状況に合わせて選べるサポートプランで手厚いサポートを実現
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 提出状況確認 帳票出力 権限管理 二重認証 一括削除 アクセス制御 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模
1,001名以上

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

マイナンバー管理システム

マイナンバー管理システムとは、社員のマイナンバー情報を収集・保管し、活用してから情報を破棄するまでの一連の作業を、全てクラウド上で完結できるサービスのことです。

紙で情報を保管するよりも、情報漏洩のリスクが少なく、社内のペーパーレス化を推進することができるというメリットがあります。マイナンバー管理システムを利用することで、セキュアな環境でマイナンバーの情報を管理できるだけでなく、バックオフィス業務の効率化を図ることができるでしょう。
マイナンバー管理システムで有名なものとしては、「マネーフォワード クラウドマイナンバー」や「オフィスステーション マイナンバー」などが挙げられます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

ProActive C4 個人番号管理

SCSK株式会社

  • マイナンバーの収集から廃棄まで、マイナンバー管理をサポートする豊富な機能
  • セキュアな環境で運用するための安全管理措置に対応した仕組み
  • システムの利用状況に合わせて選べるサポートプランで手厚いサポートを実現

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る